ピアノ・レッスン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ピアノ・レッスン』とは、1993年にオーストラリアで制作された恋愛映画である。口が利けない女性エイダは、まだ見ぬ夫スチュアートが住むニュージーランドへ娘フローラとピアノと共に渡る。海辺でピアノを弾くエイダに惹かれたスチュアートの友人ベインズは、土地と交換でエイダのピアノを手に入れる。荒々しくも情熱的なベインズに戸惑いながら、ピアノを介してベインズに惹かれていくエイダの燃えるような恋愛が官能的に描かれていく。ホリー・ハンターが主演を務め、ジェーン・カンピオンが監督を務めた。

『ピアノ・レッスン』の概要

『ピアノ・レッスン』とは、1993年にオーストラリアで制作された恋愛映画である。

まだ見ぬ夫が住むニュージーランドへ渡った口が利けない女性エイダ・マクグラスが、自身の感情と言葉を表現する手段であるピアノを介して夫の友人で粗野な性格でありながらも情熱的な男ジョージ・ベインズに惹かれていく姿が官能的に描き出されていく。

6歳の頃から口が利けない女性エイダ・マクグラスは、娘フローラ・マクグラスと共にまだ見ぬ夫アリスディア・スチュアートが住む未開の地ニュージーランドへ渡る。
口が利けないエイダにとってピアノは彼女の感情表現の手段であり、相手に自分の思いを伝える言葉でもある。
しかし、スチュアートは「重すぎる」という理由でピアノを運ぶことを拒否し、浜辺に置き去りにしてしまう。

スチュアートの友人であり、ニュージーランド先住民マオリ族に同化した地主ジョージ・ベインズはある日、海辺でピアノを弾いて喜びをみなぎらせているエイダに惹かれていく。
エイダに心惹かれたベインズはスチュアートに「土地とピアノを交換したい」と申し出る。

ベインズはエイダに「ピアノの弾き方を教えてくれたら返す」と提案し、戸惑いながらもエイダはベインズの提案を受け入れる。
ベインズの提案とは、鍵盤の数に応じてエイダにキスをしたり、スカートを上げさせたりしていくというものであった。

ベインズにはピアノの弾き方を覚えるという気持ちはなく、ただエイダとの情事に身を焦がしていたいという気持ちがあったのだ。
やがて服を脱がせる、ベッドに横になるなどベインズの要求は大きくなっていくが、粗野な性格でありながら情熱的なベインズにエイダはレッスンの度に惹かれていくのであった。

しかし、「エイダを淫売にしてしまっては自分が情けない。夫を持つ女と愛し合えない」という思いから、ベインズはピアノをエイダに返すのであった。

第66回アカデミー賞で作品賞、監督賞、主演女優賞、助演女優賞、脚本賞、撮影賞、編集賞、衣装デザイン賞の8部門にノミネートされ、
口が利けない女性エイダ・マクグラス役を演じたホリー・ハンターは映画の中で自らピアノ演奏を披露してアカデミー主演女優賞を受賞した。

エイダの娘フローラ・マクグラス役を演じたアンナ・パキンはアカデミー助演女優賞を、受賞当時当時史上2番目の若さである11歳で手にした。

監督は『ある貴婦人の肖像』、『パワー・オブ・ザ・ドッグ』などで知られるジェーン・カンピオンが務め、アカデミー脚本賞を受賞した。

『ピアノ・レッスン』のあらすじ・ストーリー

遠く離れた未開の地ニュージーランドへ

1852年、スコットランド。
エイダ・マクグラスは6歳の頃に母親を亡くして以来、話すことをやめている。彼女はピアノを弾くことで自身の喜怒哀楽を表現しており、ピアノはエイダにとって何よりも大切なものであった。
エイダは夫となる男アリスディア・スチュアートが住むニュージーランドへ嫁ぐことになり、一人娘フローラ・マクグラスと共にスコットランドを離れる。

荒れ狂う海を渡って未開の地ニュージーランドへたどり着いたエイダとフローラは、天候が悪かったことから海岸でテントを張って一夜を過ごした。

翌朝、ニュージーランドの先住民マオリ族を引き連れてスチュアートがエイダとフローラを迎えに来た。
エイダの荷物を運び始めるが、彼女のピアノだけは「重過ぎる」という理由でスチュアートは運ぶことを拒否した。

エイダは娘フローラを通して「ピアノを運んで欲しい」と懇願するが、スチュアートは聞く耳を持たなかった。
エイダは海岸に置き去りにされたピアノをただ見つめ続けるだけであった。

エイダに惹かれていくジョージ・ベインズ

エイダ(画像左)は海岸で愛おしそうにピアノを弾く。

ぬかるんだ道を歩いて住まいに到着したエイダであるが、気持ちは浜辺に置き去りにされているピアノに向いていた。結婚式を挙げることを拒んだエイダは夫となったスチュアートと写真だけ撮ったが、写真に入れてもらえないエイダの娘フローラは不機嫌になった。

フローラはスチュアートの叔母モラグに、母親エイダが言葉を話さなくなった理由は「結婚式の日に父親が雷に打たれて死んだから」と作り話をして同情してもらった。

次の日、スチュアートはニュージーランドの先住民マオリの土地を買い付けに行くために数日の間家を留守にした。
エイダは娘フローラと共に夫スチュアートの友人でマオリに同化しているジョージ・ベインズの住む小屋を訪ねる。
「ピアノが置き去りにされている浜辺へ連れて行って欲しい」と頼むが、ベインズは「できない」と言って拒否する。

いつまでもエイダとフローラが小屋の前にいることを目にしたベインズはついに根負けし、エイダとフローラをピアノが置き去りにされている浜辺へ連れていった。

エイダは浜辺に連れてきてもらってすぐ、ピアノを弾き始める。生き生きとした表情を見せながらエイダはピアノを弾き、その音に合わせてフローラは砂浜の上で踊る。
ベインズはピアノを弾くエイダと彼女が奏でる音色に心を奪われていく。

ベインズからの提案

ある日、ベインズはエイダの夫で友人でもあるスチュアートに「土地とピアノを交換したい」と持ちかけた。
スチュアートは「音楽好きのベインズか」と驚きを見せながらベインズからの提案を受け入れた。

エイダは自分の大切なピアノが土地と交換されたことに激しい怒りを見せるが、「犠牲に耐えることが家族だぞ」とスチュアートはエイダに怒鳴り、ベインズにピアノの弾き方を教えるように言うのであった。

ピアノは海風にさらされ、ベインズが住む小屋に運ばれるまでに何度も落とされてしまう。
自分の大切なピアノが無事であると思っていないエイダはベインズにレッスンをする気持ちなどなかった。

しかしベインズは調律師を雇い、エイダのピアノの調律を依頼した。
エイダがベインズの住む小屋にやって来てピアノを弾くと、調律されていることにエイダは驚きを隠せなかった。

エイダはベインズにピアノを教えることを承諾するが、ベインズは「ピアノを弾いているところを聞いて覚える」と言った。

雨が降るある日、ベインズの小屋でエイダはピアノを弾いていた。突然、ベインズはエイダの首筋にキスをした。
あまりに突然の事に驚くエイダに対し、ベインズは「ピアノを取り戻す方法がある。ピアノを取り戻したいだろう?」とエイダに言った。

「白鍵ひとつにつき体を触らせろ」とベインズはエイダに持ちかける。エイダは自分の大切なピアノを取り戻すために「黒鍵ならば」とベインズの提案を受け入れたのであった。

燃え上がるエイダの恋

エイダ(画像手前)は荒々しくも情熱的なベインズ(画像奥)に次第に惹かれていく。

レッスンをするという名目でエイダはベインズと情事を重ねていく。
「ピアノの鍵盤の数だけやりたいと思っていることをさせてくれれば、大切なピアノを返す」とベインズはエイダに言う。

エイダは自分の言葉であるピアノを取り戻したいがためにベインズの提案を受け入れるが、彼の要望は次第にエスカレートしていく。
「スカートを上げろ。服を脱げ、体に触らせろ」と鍵盤の数を増やしてベインズは自分のやりたいことを実行していった。
さらには添い寝をすることまでベインズはエイダに要求していく。

教会で上演される感謝祭の演劇にエイダの娘フローラが出演することになり、スチュアートとエイダは劇を見に行く。その場にベインズもやって来るのだが、エイダの隣に座ることを拒否されてしまう。
ベインズはエイダの手を握るスチュアートの姿を目にして我慢がならず、退席してしまうのだった。

真剣にベインズはエイダが弾くピアノの音に耳を傾け、いつしかエイダはベインズに惹かれていく。
荒々しくも情熱的なベインズに対してエイダは鍵盤5鍵で裸になって体を触らせることを許すのであった。

母親エイダとベインズの情事をエイダの娘フローラは板の隙間から覗いていた。
外に締め出されていたフローラはエイダに対して不満を持っており、義理の父親に対して「ベインズはピアノを弾いてなんかいない。ただ聞いているだけだ」と話した。

スチュアートの怒り

アリスディア・スチュアート(画像左)はエイダ・マクグラス(画像右)の人差し指を斧で切り落とす。

ベインズは裸になったエイダの体に触れたことを恥ずかしく思い、無償で彼女が大切にしているピアノを返すことに決めた。ベインズはピアノを小屋から運び出し、スチュアートの家に運んだ。
エイダは「なぜピアノを返すのか?」と尋ねるが、「エイダを淫売にしてしまっては自分が情けない。夫を持つ相手と愛し合えない」とベインズは言い、ピアノをエイダに返した。
ピアノが返されたことでスチュアートはピアノと交換した土地を返さなければならないと慌てるが、「無償でピアノを返す」と言って、スチュアートを安心させた。

スチュアートは妻であるエイダに「ピアノを弾いてくれ」と頼むが、エイダはベインズの行動に納得がいかないことからピアノを弾くことを拒否し、娘フローラに弾かせた。
エイダはベインズの気持ちがわからなくなり、途方に暮れるだけだった。ピアノは弾きたいものの、ベインズのことが気になって仕方がないのだ。

娘が止めるのにも構わずにエイダはベインズが住む小屋に向かっていった。「君を不幸にすることなどできない」とベインズは本当の気持ちをエイダに告白した。
それを聞いたエイダは心打たれ、ベインズとエイダは体を重ねるのであった。

エイダに裏切られたと感じたフローラは義理の父親であるスチュアートにエイダとベインズの関係を話してしまう。
スチュアートはこっそりとベインズが住む小屋へ行き、妻であるエイダが友人のベインズと抱き合う様子を目にしてしまうのであった。

自分が目にした妻の行動に不信感を募らせたスチュアートはエイダと無理矢理体を重ねようとするが、エイダは決してスチュアートを受け入れなかった。夫であるスチュアートの不満を知ったエイダはベインズと会わない代わりにスチュアートを安心させるために彼の体に触れ、満足させる。

ある日、スチュアートがまた仕事で家を留守にすることになり、エイダはそれを見計らってピアノの鍵盤を外してベインズに対する愛の言葉を刻んだ。
愛の言葉を刻んだ鍵盤を「ベインズに渡して欲しい」と言って、フローラに預ける。

だが、ベインズのことを認められないフローラはエイダから渡された鍵盤をスチュアートに渡してしまう。
鍵盤に刻まれた言葉を見て激しい怒りを覚えたスチュアートは家へ急いで戻り、エイダに詰め寄ると斧でエイダの人差し指を切り落とした。

エイダは泣き叫ぶことなく呆然とし、雨に打たれながら泥の中に座り込むだけだった。

愛する人と愛する娘との新しい生活

母親エイダが義理の父親スチュアートによって斧で指を切り落とされた光景を目にしたフローラは、自分の行動が招いた恐ろしい結果を知った。
スチュアートから渡されたエイダの指と伝言を持って泣き叫びながらベインズの小屋へと向かっていった。

泣き叫ぶフローラから伝言を聞いたベインズは悲しみと怒りを覚えるが、泣き叫ぶフローラから「またあなたに会うのなら、エイダの指を切り落とす」と聞かされる。

エイダを愛したいと思っていたスチュアートは熱に浮かされた彼女を無理に犯そうとする。その時、エイダは目を見開いてじっと見つめ、スチュアートは声なき声を聞いたと感じた。
スチュアートはベインズの住む小屋へ行き、「エイダと共に出て行くがいい」と伝えた。

エイダはベインズとフローラと共に今まで住んでいた土地を離れることになった。大切なピアノと共にボートに乗ったエイダであったが、「ピアノを捨てて欲しい」と告げる。
彼女の言葉通りピアノは海に捨てられるが、ピアノに結ばれたロープにエイダは自分の足を絡ませてしまう。
海に沈もうとしていたエイダであったが、ピアノだけを海に沈め、自分は沈まずに海上へと出てきた。

ニュージーランドの北にある町でエイダはフローラとベインズと共に新しい生活を始めた。
ベインズに義指を作ってもらったエイダはニュージーランドの北にある町でピアノ講師となった。
話す訓練を始めたエイダであるが、夜になると海に沈んだピアノのことを考えるのであった。

『ピアノ・レッスン』の登場人物・キャラクター

主人公

エイダ・マクグラス(演:ホリー・ハンター)

日本語吹き替え:戸田恵子
口が利けない女性。6歳の頃に母親を亡くして以来話すことをやめ、ピアノで自身の感情を表現している。娘フローラ・マクグラスと共にまだ見ぬ夫アリスディア・スチュアートが住む未開拓のニュージーランドへスコットランドから移り住む。スチュアートの友人で、ニュージーランドの先住民マオリに同化している白人ジョージ・ベインズに興味を持たれる。ベインズが土地と交換で手に入れたピアノを取り戻すために、黒鍵の数だけベインズにピアノの弾き方を教えていく。戸惑いながらも、荒々しくも情熱的なベインズに次第に惹かれていく。娘フローラはベインズとエイダが情事を重ねていることを密告し、怒り狂ったスチュアートに斧で右手の人差し指を切り落とされてしまう。
ベインズと娘フローラと共にニュージーランドを出て、ある町で新しい生活を始めることに決めた。

エイダ・マクグラスの家族

Tofu_S
Tofu_S
@Tofu_S

Related Articles関連記事

グランド・ブダペスト・ホテル(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

グランド・ブダペスト・ホテル(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『グランド・ブダペスト・ホテル』は、ウェス・アンダーソン監督、レイフ・ファインズ主演で製作された。ズブロフカ共和国にあるグランド・ブダペスト・ホテルが物語の舞台である。コンシェルジのグスタヴと部下のムスタファを主人公に、常連客をめぐる殺人事件と遺産争いに巻き込まれた二人が、ホテルの威信のためにヨーロッパ中を駆け巡り事件解明に奔走する。本作は1930年代、1960年代、1985年、現在と4つの時間軸で展開されていく。

Read Article

ジュラシック・パーク(Jurassic Park)のネタバレ解説・考察まとめ

ジュラシック・パーク(Jurassic Park)のネタバレ解説・考察まとめ

『ジュラシック・パーク』とは、1993年に公開されたSF映画である。スリラー、ホラー、パニック、アクション、ドラマなど様々な要素で構成されている。マイケル・クライトンによる同名小説を原作としており、監督はスティーヴン・スピルバーグ。後に続編が公開されるジュラシック・パークシリーズの第1作。 バイオテクノロジーにより作られた恐竜が暴走し、恐竜に追われる恐怖と、仲間を守ろうとする主人公達の絆を描いており、生命や科学技術に関する倫理観が問われている。

Read Article

レッド・ドラゴン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

レッド・ドラゴン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『レッド・ドラゴン』とは、トマス・ハリスの小説をもとにして2002年に公開されたアメリカのサスペンス映画である。 監督はブレット・ラトナー、主演をアンソニー・ホプキンスである。人食いハンニバルと呼ばれる精神科医の殺人犯ハンニバル・レクター(アンソニー・ホプキンス)に殺されかけた過去を持つ、元FBI捜査官であるウィル・グレアム(エドワード・ノートン)との戦いを描く。見どころは、レクター博士とウィルの頭脳戦と徐々にレッド・ドラゴンと呼ばれる猟奇殺人犯を追い詰めていく所である。

Read Article

パルプ・フィクション(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

パルプ・フィクション(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『パルプ・フィクション』とは、クエンティン・タランティーノ監督による1994年公開のクライム映画である。主演はジョン・トラボルタ、共演はサミュエル・L・ジャクソン、ユマ・サーマン等。アカデミー賞脚本賞とカンヌ映画祭パルムドール賞を受賞した。ギャングであるヴィンセントと相棒ジュールズは、ボスからの命令でスーツケースを取り返すべく、アパートに潜入する。3つの異なる犯罪エピソードから構成されており、ストーリーの時系列と映画の時系列が異なる構成が話題を呼んだ。バイオレンスと乾いた笑いに満ちた傑作群像劇。

Read Article

ジュラシック・パークIII(Jurassic Park III)のネタバレ解説・考察まとめ

ジュラシック・パークIII(Jurassic Park III)のネタバレ解説・考察まとめ

『ジュラシック・パークⅢ』とは、2001年にアメリカで製作されたSFアドベンチャー映画である。1993年製作の『ジュラシック・パーク』、2作目の『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』に続くジュラシックシリーズ3作目である。前作から4年、古生物学者のアランは研究の資金難に陥っていた。そこにある夫妻が現れ、恐竜の島のガイドを頼まれる。当初は難色を示すアランだったが、しぶしぶ了承する。しかし、本当は行方不明になった少年の救出が目的であった。スピノサウルスに襲われながら、一行は島からの脱出を目指す。

Read Article

デイブレイカー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

デイブレイカー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『デイブレイカー』とは、オーストラリア出身のスピエリッグ兄弟の監督・脚本によるSFアクション・ホラー。人口の9割以上がヴァンパイアと化した近未来を舞台に、人間の減少により血液不足に陥った状況を解決するために代用血液の開発を進めていたヴァンパイアの男が、人間とヴァンパイアの双方を救う新たな道を探ろうとする。09年・オーストラリア・アメリカ製作。

Read Article

テルマ&ルイーズ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

テルマ&ルイーズ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『テルマ&ルイーズ』(Thelma and Louise)とは、1991年5月にアメリカで公開されたロードムービーである。平凡な主婦テルマが、友人のウェイトレス、ルイーズと共にドライブに出かけた。途中のドライブインで、テルマが見知らぬ男たちにレイプされそうになった時、ルイーズは男たちを射殺してしまう。二人はそのまま銀行強盗をして逃避劇を繰り広げる。二人の女性の日常から転落していく様を描いたバイオレンス作品。

Read Article

天使にラブ・ソングを…(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

天使にラブ・ソングを…(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『天使にラブ・ソングを…』とは、1992年にアメリカで上映されたコメディ映画である。リノのラウンジでしがない歌手をしていたデロリス・ヴァン・カルティエは、殺人現場を目撃してしまったことから修道院へと身を潜めることとなった。派手で堕落的な生活を送っていたデロリスは、厳格な生活を送る修道院のシスター達と歌を通して心を通わせていく。コメディ映画でありながら、ハートフル要素も含んだ大ヒット映画だ。全世界で合わせて2億の興行収入を記録し、ゴールデン・グローブ賞では作品賞にノミネートされた。

Read Article

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生(DCEU)のネタバレ解説・考察まとめ

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生(DCEU)のネタバレ解説・考察まとめ

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』とは、2016年に公開されたアメリカ合衆国のヒーローアクション映画。「DCコミックス」から出版された人気アメリカン・コミック『バットマン』と『スーパーマン』を原作とした、実写映画作品である。『マン・オブ・スティール』で、地球の危機を救ったスーパーマンだが、その戦いでの被害は甚大なものであった。地球外から来た異星人は追放すべきだと世論が強まっていく中、バットマンも自社のビルを破壊されて社員を失ったことから、スーパーマンを危険視してしまう。

Read Article

【映画紹介】タランティーノの真骨頂!『パルプ・フィクション』の色褪せない名シーン3選

【映画紹介】タランティーノの真骨頂!『パルプ・フィクション』の色褪せない名シーン3選

クエンティン・タランティーノといえば、ずばり『パルプ・フィクション』ですよね!1994年に公開され、気付けば21年も経ってしまいましたが、何回観ても、何年経っても色褪せない面白さ&スタイリッシュさ。賛否両論ある作品ではありますが、改めて本作の魅力を名シーンと共に振り返りたいと思います。

Read Article

家族で楽しめるおすすめ映画30選!子供と観れる『天使にラブ・ソングを…』『ナイト ミュージアム』などの良作ばかり!

家族で楽しめるおすすめ映画30選!子供と観れる『天使にラブ・ソングを…』『ナイト ミュージアム』などの良作ばかり!

ここでは数ある映画の中でも、子供を含めた家族みんなで楽しめる30作品についてまとめている。過激な発言や暴力などのシーンがないものに限定し、それぞれの作品のあらすじ・ストーリーの他、動画や画像、続編についての情報も掲載した。 紹介している作品の中には、しがないクラブ歌手が偶然かくまわれた修道院を舞台に巻き起こす騒動を描いた『天使にラブ・ソングを…』や、夜になると展示物が動き出す不思議な博物館を舞台にした映画『ナイト ミュージアム』などがある。

Read Article

【ダイ・ハード】華麗なる活躍!ハリポタ俳優たちの若かりし頃の出演映画まとめ【天使にラブ・ソングを…】

【ダイ・ハード】華麗なる活躍!ハリポタ俳優たちの若かりし頃の出演映画まとめ【天使にラブ・ソングを…】

『ハリー・ポッター』シリーズは児童文学ということもあり、映画でも子役たちの活躍が注目されました。しかし、映画を盛り上げたのはこれまで数々の作品に出演してきた大御所たちの存在があったことも忘れてはいけません。この記事では、そんな彼ら/彼女らの出演映画についてまとめました。さすがは大ベテラン、貫禄ありますね!

Read Article

唐突なダンスシーンが印象的な映画8選!パルプ・フィクションやナポレオン・ダイナマイト(バス男)といった名作ばかり!

唐突なダンスシーンが印象的な映画8選!パルプ・フィクションやナポレオン・ダイナマイト(バス男)といった名作ばかり!

ここではミュージカル映画ではないのに突然始まるダンスシーンが印象的な映画をまとめた。クエンティン・タランティーノ監督による『パルプ・フィクション』、『バス男』という日本語題が物議をかもした『ナポレオン・ダイナマイト』など、名作ばかりだ。

Read Article

【オーロラの彼方へ】永久保存版!「何度観ても面白い」洋画・映画を大特集!【アルマゲドン】

【オーロラの彼方へ】永久保存版!「何度観ても面白い」洋画・映画を大特集!【アルマゲドン】

世界的な文化として、国も人も問わずに日々楽しまれている映画。物語の中で描かれる喜びに、あるいは悲しみに、思わず涙してしまった人も少なくないはず。 ここでは、「何度も観てしまう、何度観ても感動できる」と高い評価を受ける名作映画をまとめて紹介する。

Read Article

【シザーハンズ】クリスマス気分を堪能できる名作映画9選【ラブ・アクチュアリー】

【シザーハンズ】クリスマス気分を堪能できる名作映画9選【ラブ・アクチュアリー】

クリスマス気分を堪能できる名作映画をまとめました。クリスマスを舞台にしたコメディ映画『ホーム・アローン2』や美しい歌声に圧倒される『天使にラブソングを』、名作ラブストーリー『シザー・ハンズ』など、クリスマスを舞台にした様々なジャンルの映画9作品。簡単なあらすじやキャスト情報などを紹介していきます。

Read Article

【DCEU】ベン・アフレックのバットマン配役決定に批判殺到?【バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生】

【DCEU】ベン・アフレックのバットマン配役決定に批判殺到?【バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生】

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』でバットマン役にキャスティングされたベン・アフレック。本人も熱烈なバットマンファンであり、『デアデビル』ですでにヒーロー役を演じたこともあります。しかし一部のファンからは「ミスキャスティングだ」と批判殺到。ここではベン・アフレックが批判された理由や、本人の反応、また彼を擁護する声をまとめました。

Read Article

スター・ウォーズのあの子も激変!海外映画に出演した子役のビフォーアフター画像まとめ

スター・ウォーズのあの子も激変!海外映画に出演した子役のビフォーアフター画像まとめ

映画を彩るキャスト陣には子役も欠かせません。可愛らしかったり大人顔負けの演技力で見る人を驚かせたりした子役たちのその後が気になる人も多いのではないでしょうか。今回は名作映画に出演した海外子役たちのビフォーアフター比較クイズを作ってみました!主演級の有名どころから脇役まで集めてみました。

Read Article

【しあわせの隠れ場所】疲れた心に癒しを!心温まるオススメ映画10選【天使にラブ・ソングを…】

【しあわせの隠れ場所】疲れた心に癒しを!心温まるオススメ映画10選【天使にラブ・ソングを…】

自分の人生が嫌になってしまった…。もう仕事なんかしたくない、働きたくない…。そう思ってしまうあなたは、ちょっと心が疲れているのかもしれません。でも、そんな時があってもいいんです、人間だもの。たまには時間を忘れて、自宅でまったりゆっくり映画でも観ませんか?この記事では、心が癒されるオススメ映画についてまとめています。登場人物たちと一緒に思いっきり泣いて笑ってリフレッシュしましょう!

Read Article

大人気映画の続編まとめ!2016年から2018年にかけて公開された作品を紹介

大人気映画の続編まとめ!2016年から2018年にかけて公開された作品を紹介

映画がヒットすると必ずといっていいほどファンが期待するのが「続編の制作」である。2016年から2018年にかけて『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』『アバター』『デッドプール』『ブレードランナー』など、大ヒット作の続編が次々と公開されて大きな話題となっていた。記事内では上記作品の続編制作決定時のトピックや、映画ファンのツイートなどを掲載している。

Read Article

ディズニー制作『天使にラブ・ソングを…』リメイク版のウーピー・ゴールドバーグの出演はある?

ディズニー制作『天使にラブ・ソングを…』リメイク版のウーピー・ゴールドバーグの出演はある?

名作『天使にラブ・ソングを…』(原題: Sister Act)のリメイクが進められていることが2015年6月に発表された。本作は1992年にウーピー・ゴールドバーグ主演で製作され大ヒットし、続編も公開されミュージカルにもなった。ウーピー演じる黒人クラブ歌手のデロリスが、殺人事件の証人の保護のため女子修道院に匿われる。デロリスは厳格な修道院に窮屈を感じながらも徐々にシスター達と交流を深めていく。

Read Article

【MCU】2016年公開作品に登場したアメコミキャラクターを紹介【DCEU】

【MCU】2016年公開作品に登場したアメコミキャラクターを紹介【DCEU】

ヒーロー映画が大ブームとなる中、2016年にはマーベル作品から「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」や「デッドプール」、「X-MEN:アポカリプス」などが、DCからは「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」や「スーサイド・スクワッド」が公開されました。ここでは、各作品に登場するキャラクターを画像付きで紹介していきます。

Read Article

2014年の本当に評価が高かった映画を紹介!『グランド・ブダペスト・ホテル』や『シンプル・シモン』など

2014年の本当に評価が高かった映画を紹介!『グランド・ブダペスト・ホテル』や『シンプル・シモン』など

興行収入順ではなく、本当に評価の高かった2014年公開の映画を紹介する。高級ホテルを取り仕切るコンシェルジュと彼を慕うベルボーイが繰り広げる冒険を描いた群像ミステリー『グランド・ブダペスト・ホテル』や、アスペルガー症候群のシモンを中心に描かれるラブコメディー『シンプル・シモン』など、魅力的な作品をまとめた。

Read Article

究極の実写化!2016年公開のアメコミヒーロー超大作映画まとめ

究極の実写化!2016年公開のアメコミヒーロー超大作映画まとめ

スパイダーマンやキャプテン・アメリカなど、数々の魅力的なキャラクターで人気を集めるアメコミ作品。日本でもコミック実写化は人気ですが、ハリウッド版の実写化作品は迫力満点です。『アベンジャーズ』や『アイアンマン』などの人気を追いかけるように、どんどん新作も公開されています。ここでは2016年公開の実写化作品についてまとめました!

Read Article

目次 - Contents