桜井玲香(乃木坂46)の名言・迷言・発言まとめ

桜井玲香は日本のアイドルグループ「乃木坂46」の第1期メンバー。デビュー・シングル『ぐるぐるカーテン』から卒業シングルである24枚目『夜明けまで強がらなくてもいい』まで全て選抜入りしている。他のメンバーから「ポンコツ」といじられながらも2012年6月18日初代キャプテン就任が報告され、卒業まで7年間キャプテンを務める。特にダンスと歌に定評があった。同じく第1期のメンバーである若月佑美とは非常に仲が良かった。2019年9月1日、乃木坂46を卒業。卒業後は女優として映画や舞台で活躍している。

「永島聖羅へ:同じ94年組メンバーが居なくなることはとても寂しいことです」

そして、私がまだ実感が持てていなくて
先日永島聖羅がグループを卒業しましたね、

名古屋で行われた卒業ライブ
最後まで無事見届けることが出来ました。

やっぱり同じ94年組メンバーが居なくなることはとても寂しいことです、、、

でも、らりんの選択は凄い理解出来るし
同い年として本当に頑張ってもらいたいな!

らりんは人から沢山愛される魅力がある子だから、昔からの持ち前の明るさと熱意で
これからの新しい一歩を踏み出して欲しいです

ライブラスト、ステージから帰って来たらりんを観に来てたメンバーで出迎えようと袖で待っていたのですが

一向にライブが終わる気配がない。笑

ラストを惜しむ会場とメンバーの雰囲気で
ラスト曲がどんどん増えていってました!

今までのライブでこんなにもアンコールやった事なかったので。

らりんもみんなも粘るなぁ~笑 とみんなで笑いつつ、そんな粘るらりんの姿から、グループとファンの方への溢れんばかりの愛を垣間見て、

素晴らしいメンバーがまた1人巣立って行ってしまうんだ。と、寂しくなってしまいました。

らりん今何してんだろ??
実家でゆっくりしてるかな?

この約4年間、本当に走りっぱなしだったから
今は少しゆっくりしていて欲しいな(*^^*)

夢追う者同士、
これからは違う道で頑張りましょう!!

お疲れ様でした!
卒業おめでとう!!!
(2016年3月23日:桜井玲香ブログ)

永島聖羅が卒業したのは、2016年3月19日と20日、永島の地元である愛知県・名古屋国際会議場センチュリーホールで行なわれた卒業コンサートでのこと。このコンサートは「乃木坂46 アンダーライブ全国ツアー」の初日でもあったが、この2日間は「乃木坂46 annda-raibu永島が全国ツアー2016 ~永島聖羅卒業コンサート~」と銘打たれていた。
桜井と永島は同い年であり、「華の94年組」と呼ばれていた。「華の94年組」とは、桜井と同じ1994年生まれのメンバーによるユニット。桜井と同じ1994年生まれは井上小百合、柏幸奈、高山一実、中田花奈、永島聖羅、西野七瀬、能條愛未、大和里菜、若月佑美の全10名。このうち柏幸奈と高山一実を除く8名が「華の94年組」と呼ばれていた(柏はこの呼び名が使われ始めた時には既にグループから卒業していた。また高山は早生まれなので他の1994年生まれとは学年が異なるため)。
2019年7月8日、桜井がオフィシャルブログで卒業を発表した際に、永島は翌9日のツイッターに「94年組…( ; ; )」と投稿している。卒業後も「華の94年組」の絆が続いていることが伺える。

「深川麻衣へ:今の乃木坂がメンバーみんな優しく良い雰囲気を持っているのも、深川麻衣の存在感があったから」

そんな今日の私は目がパンパン笑
昨日は乃木坂の聖母 まいまいが卒業した日。

やっぱり泣いちゃうよな~~。
私なりに我慢はしたんだけどさ...

昨日のまいまいは本当に綺麗だった!
最初から最後まで。

あれ?まいまいこんなに綺麗だった⁇って
思うくらい、いつも以上にキラキラしてたなー

そんな姿を見て、良い選択が出来たんだなと
羨ましくもあり、爽やかな気持ちになりました

今回のライブは、念願の静岡ライブであり
彼女の最後のライブであり。

まいまい、ギリギリまで本当に一生懸命で
リハ後も誰よりも最後まで残って微調整してて
凄く丁寧に心を込めてライブをつくっていて、

そんな姿を見てもっともっと力になりたい!!
何かあったら全部私に任せろっっ!
なんて彼女に大口叩いたりもしたのですが、
本番ではまいまいより言葉詰まったし、
ボロボロ涙が溢れるし...。

やっぱり私はまだまだだなー
聖母には敵わなかったよ>_<!!!笑

グループとしては、卒業がかかったライブは
何度か経験しているけれど、毎回客席で見守るばかりで、実際に自分が出るのは初めてで。

やっぱり寂しさが溢れたなぁ。。。
自分に置き換えたら
「最後」に少し恐怖すら感じてしまった。。。

いつか、それぞれにもタイミングが来るのかな

沢山笑って幕を閉じれる彼女の強さを間近で見たし、これからの第2の人生もちゃんと軌道に乗せる力がある人だ!と感じました。

今の乃木坂がメンバーみんな優しく良い雰囲気を持っているのも、深川麻衣の存在感があったからだと私は思っているので。

まいまいが残してくれた、
「人を思いやり、感謝する気持ち」を

これから残る私たちがしっかり伝えていくよ!

どんな場所にいても、
私たちはずーっと仲間!!

まいまい 卒業おめでとう!!!!

深川麻衣が卒業したのは、2016年6月15日と16日、深川の地元である静岡県・エコパアリーナで行なわれた卒業コンサートでのこと。このコンサートは「乃木坂46真夏の全国ツアー2016」の初日でもあったが、この2日間は「乃木坂46 真夏の全国ツアー2016 ~深川麻衣卒業コンサート~」と銘打たれていた。
上で触れられているように、桜井がメンバーの卒業ライブに参加するのは今回が初めて。それが誰からも愛されるお姉さん的存在の聖母まいまいであったのも不思議な縁なのかも知れない。深川はテレビで桜井のモノマネを披露したりするほどに2人はいい関係を結んでいた。
深川も2019年9月1日、明治神宮野球場で開催された「乃木坂46 真夏の全国ツアー2019 桜井玲香卒業ライブ」に駆けつけている。

卒業について

「乃木坂46としてやり切った!という達成感もありました」

いちばんは自分の中で次のステップに進まなきゃいけないタイミングだと思ったからなんですが、乃木坂46としてやり切った!という達成感もありました。去年、レコ大を2連覇できたというのは、めちゃくちゃ大きな到達点でしたから。あとは両親が「玲香にとって今はすごくいいタイミングだと思う」って背中を押してくれたことがあるかもしれません。
もともと3人家族ですごく仲良しなんですけど、少し前に卒業するかしないか迷っていたときから話を聞いてもらっていました。あるとき母には、「今じゃないんじゃない。もうちょっと頑張ってほしいな」ってとめられたこともあったくらいで。
(卒業を告げた時、ご両親は?)
ただ一言「よかったね」と。やっぱり誰よりも私が悩んでいることを知っていてくれたからこその言葉だったと思うんです。正式に卒業が決まった時は、私以上にほっとしていましたね。やっと決まったんだね、と。いろいろなことをやらせてもらい、もう思い残すことはないよね、と。いろいろマイペースすぎる両親なんですけど、いつだって私のことをちゃんと見守っていてくれたんです。
(2019年11月19日『本がすき。』)

乃木坂46卒業後、約2ヵ月後に掲載されたインタビュー。卒業を振り返って多少冷静になった段階での心境だと思われる。上の発言は「(卒業に対して)何か決断するきっかけはあったんですか?」という問いに対する回答。

卒業スピーチ

「自分もそろそろ乃木坂46のその先に続く 新たな道標をつくる立場にまわるべきだと思うようになりました」

今年のツアーも遂に始まりました!
1箇所目は名古屋からのスタート!
2日間ともかなり盛り上がりましたよ〜
勢いあるスタートが無事きれました!
ここから、福岡、大阪、東京と周っていきますが...どんな時も、どこの場所に居てもメンバー全員一心同体。最後まで突っ走ります!!

そんな中、今日は皆さんにご報告。
この度9/1をもって乃木坂46を卒業する事が決まりました。

ここ数年、卒業していくメンバーが増え
色々なフィールドで奮闘する姿を見て、
自分もそろそろ乃木坂46のその先に続く
新たな道標をつくる立場にまわるべきだと思うようになりました。

グループが益々大きくなって、これからもっと素晴らしい景色をみていくんだろうなぁ。と思うと、私も一緒に。と少し寂しく思ったりもしますが。

グループの更なる成長のためにも、未来の新たな仲間のためにも、何より私自身のためにも。早く一人前になって、この人、乃木坂46の初代キャプテンだったんだよ!とみんなの自慢になれる様に頑張らなきゃな!!

自分を成長させてくれた、真夏の全国ツアー。汗も涙も笑顔もたぶん一番多く溢れた、明治神宮野球場でラストを締めれる事が本当に嬉しいです。

卒業までの残り時間があまり多くないのですが。最後まで「乃木坂46」「キャプテン」と向き合っていきたいと思います。

みんな、ラストのラストまで
アイドル桜井をどうぞよろしくお願いします!!
(2019年7月8日:桜井玲香ブログ)

桜井玲香のオフィシャルブログでの卒業発表。上で「ここ数年、卒業していくメンバーが増え」と語られているように、2017年から2019年にかけて、橋本奈々未、中元日芽香、伊藤万理華、川村真洋、生駒里奈、相楽伊織、斎藤ちはる、若月佑美、能條愛未、川後陽菜、西野七瀬、衛藤美彩、伊藤かりん、斉藤優里と多くのメンバー(大半が第1期生)が卒業していった。そんな卒業メンバーの卒業後の活躍等も桜井の刺激になったのかも知れない。

「皆さんにもまた色んな姿をお見せするつもりでいるんで皆さんこれがお別れじゃないですから」

皆さん今日は本当にありがとうございます。
あーもう終わっちゃうなあ。
早いですね。
あのまあ今回は乃木坂46の真夏の全国ツアー2019っていうことで、
グループのライブなんですけど。
こうやって時間を少しだけ貰えたんでちょっとだけ皆さんに感謝の気持ちを今日話したいなーと思うんですけれども。
まずこの神宮には乃木坂46の聖地となってるんですけど
私もすごいいろんな思い出がある場所で。
初めてこの規模の大きいライブをしたのが神宮が初めてで。
当時は今でこそMCって私、頭と最後ぐらいしか喋らなくて、
あとはメンバーみんなで分担してやったりしてるんですけど、
その頃は全部するっと私がMCをやったりしなきゃいけなくて。
初めてこんな大きい会場で覚えることもいっぱいあって、
もうテンパりすぎちゃって。
確か初日オープニング泣きながら出たことがあったんですよね。
それが私の神宮の初めてで。
雨降ったりとか、あと何より復活ライブをしたのもこの神宮で。
実は私3年前の夏とかかな。
一回乃木坂休業したんです。
休業したと言っても一か月半ぐらいだったんですけど。
乃木坂ありがたいことにいろんなお仕事させていただいているんで、
その一か月半という時間でももう山ほどやることがあって。
シングル「裸足でSummer」の時とかかな、
ちょうどリリースが被ってたり、
こうやって全国ツアーもあったりっていう時期で。
私も本当に頑張ろうと思って。
アイドルとしてもキャプテンとしてもめちゃくちゃ頑張んなきゃって。
力んだ結果、自分でコントロールできなくなっちゃって。
どうにもならなくなって休業しちゃったんですけど。
もうその時は本当に私もう終わったなって思ったんですよね。
もうアイドル辞めなきゃダメだなと思ったし。
何よりももう私芸能界たぶんやめたほうがいいなって本当に
目の前が真っ暗になってた時期で。
もうどうしようもなかったんですけど。
なんとね三年越しの今日、私ここに立ってますよね。
それもやっぱりメンバーとスタッフさんと、あとファンの皆さんがめっちゃくちゃ支えてくれたから今日ここに立ててて。
メンバーなんてめちゃくちゃ迷惑かけたのに、
みんな定期的に連絡くれるんですよ。
「元気にしてんの?」
「最近こんな感じだよ」みたいな。
スタッフさんも連絡くれるし。
ファンの方にもすごい気を遣わせちゃって握手会とかで。
何か触れたらいいのか、触れちゃいけないのかみたいな。
なんか最初乃木坂に入った時は、こういう大人数で同世代の女の子がたくさんいるグループ。
でしかも順位がつけられるし、選抜とかアンダーとかあったり。
もうライバルじゃないですかメンバーって言っても。
だから私はちょっと頑張りたいから、もうなんか友達なんていらないと思ってたんです。本当に最初の頃。
もう一人でやってやるくらいの気持ちでいたんですけど。
こんなに、だってもう私皆さんにとっても赤の他人なのに、みんなが自分のことのように私のことを心配してくれるんですよ。
しかも私辞めようと思ってるのに、どうやったら玲香が復活できてどうやったら乃木坂46に戻ってこれるのかっていうのを、もうまるで自分のことかのようにみんながみんないろんなこと考えてくれたんです、
そういうのに支えられて、なんかそのタイミングで本気でこのグループを守らなきゃなって思ったんですよね。
メンバーを絶対に守らなきゃいけないなって思ったのは実はちょっと遅かったかもしれないですけど本気で思えたのはそのタイミングでした。
親にもめちゃくちゃ心配かけて。
もう毎日のように親は泣いてましたね。その時。
だからそう考えると今こうしてね、この神宮、自分にとっていろんな思い出がある神宮で最期を迎えられてるこの姿を皆さんに見せられてるって言うのが奇跡ですね。
本当に人生何があるかわかんないなーってすごい思います。
これから乃木坂辞めたらもう私はこれから先まだ夢があるので一人で頑張って行こうと思ってるんですけど。
なんかちょっと今「うっ」てちょっと気ゆるんだら「うっ」てなるけど、でもなんかあんまり寂しいと感じがなくって不思議と。
私が卒業を決めたのって、なんかもうアイドルいいかなと思ったからとかじゃなくて、卒業してもなんかずっとやっぱり自分にとって乃木坂って一生関わっていくなと思っていて。
メンバーはこれから現役のメンバーとして乃木坂46を作っていくと思いますけど、私は卒業した後に桜井玲香って乃木坂46だったんだよ、しかもキャプテンだったんだよすごくない?って言ってもらえるような人になりたいと思ったので、このタイミングで卒業して早く新しいスタートを切らないとメンバーに背中を見せられるようにならないとと思って卒業を決断したので。
なんかこれからも乃木坂なんだなと思って、だから寂しくないのかなって思いますね。
これからもメンバーとして一緒に活動することはなくなるけど、私は私でこれからも乃木坂46を作り続けていく一人だと私は思っているので、それを胸に刻んでこれからも活動していきたいと思います。
また多分皆さんにもまた色んな姿をお見せするつもりでいるんで皆さんこれがお別れじゃないですから、これからもワクワクして待っていてほしいなと思います。
こんな感じかな。
ありがとうございます。
では今回卒業を記念して初めてのソロ曲を頂いたんです。
秋元康さんが作詞していただいて、杉山勝彦さんが作曲して下さった本当に素敵な曲を頂きました。
本当に私も秋元さんに出会ってなかったらこうやって人前に立ってこうやっていろんな景色を見ることはできなかったと思うので、本当に感謝してます。
そういう感謝の気持ちと、あとは歌詞的にはメンバーとかファンの皆さんに贈るような内容にもなっているので、感謝の気持ちを込めて最初で最後の初披露になりますが聞いていただきたいと思います。
それでは聞いてください。
「時々思い出してください」
(2019年9月1日:明治神宮野球場)

2019年9月1日、明治神宮野球場で開催された「乃木坂46 真夏の全国ツアー2019 桜井玲香卒業ライブ」における桜井玲香最後の挨拶。この卒業ライブには、既に乃木坂46を卒業したメンバー、生駒里奈、深川麻衣、伊藤万理華、斉藤優里、川後陽菜、斎藤ちはる、川村真洋、伊藤寧々、伊藤かりん、宮澤成良、西野七瀬、市來玲奈、そして下の項「なんだよもう。嬉しいじゃん」で取り上げている若月佑美らが駆け付けている。また、テレビ番組『乃木坂工事中』のMCであるバナナマン2人も駆けつけた。

「なんだよもう。嬉しいじゃん」

若月佑美
すいません。
お邪魔しております。
若月佑美です。
卒業生を代表してお花を持って参りました。
玲香ほんとに卒業おめでとう。
そして、よく頑張りました!!
これからは一緒に頑張りましょう。

桜井玲香
今日見つけたの。
見つけたんだけど…
卒業の時にみんないないって寂しいなって思ってたんだけど…来てくれてた。ありがとう。

マイク通して言ってよ。

若月佑美
全部しゃべり終わってからマイク渡すのやめてください。
あのー、ね、卒業メンバーも玲香カッコイイっつって、
最後まで輝いてるな~って言って。
応援してましたんで。

桜井玲香
もっと頂戴。もっと頂戴。

若月佑美
欲しがるな。欲しがるな。
でも8年間本当に頑張ったと思いますけど、
こっからが長いですからね。
こっから共に戦友として頑張りましょう!
(2人でグータッチ)
最後みんなに挨拶してください。
すいませんお邪魔しました。
(2人でカメラに向かってピース)

桜井玲香
頑張る。
ありがとね。若月ありがとう!!
なんだよもう。嬉しいじゃん。
(2019年9月1日:明治神宮野球場)

2019年9月1日、「乃木坂46 真夏の全国ツアー2019 桜井玲香卒業ライブ」が明治神宮野球場で開催された。最後の挨拶も終わり、桜井はグラウンドを一周してスタンドのファンに手を振りながらお別れの挨拶をしていた。そんな時、サプライズとして”相方”若月佑美が花束を持ってグラウンドに現れた。上はそんな相思相愛の2人のやり取り。「なんだよもう。嬉しいじゃん」という台詞がいかにも桜井らしい。

「新たな夢を追って今日からまた頑張ります!」

こんばんは!
皆様、私 桜井玲香 乃木坂46を卒業させて頂きました!!

あー!こんなに純粋に楽しめたライブ
実は久々でした!
いつも何かしら考えちゃって...。
でも、昨日のライブ前はご飯が全然食べれなくて...。やっぱり無意識のうちに緊張していたのかなぁ。

改めて、今まで本当にありがとうございました
自分が8年間もアイドルを続けるとは、自分自身が今一番驚いています!

乃木坂46には、私の夢、青春、想い出が詰まり過ぎていて、全然上手く言葉に出来ないです。

ただ、ただ。
今まで乃木坂46、そして桜井玲香と関わってくれた全ての人にありがとう!!!
皆さんと出会わなければ、今の私はいません。

結成当時、アイドル性が全然無いと言われた私が、ここまで続けられたのは、皆さんが私をアイドルとして作り上げてくれたから。
本当に感謝しかありません。

これから私の目の前に続く道は、かなり険しい山道だと思います。今まで側にいた沢山の味方が居ないというのは、少々不安ですが...。
立派な人間になる為、また初心に戻り、0からのスタートを切ろうと思います。
めちゃくちゃ辛くてどうしようも無い時は、
チラッと皆さんに助けて〜!の目線を送りますね。笑

自信が全く持てなかった私に、勇気とパワーを与え、ずっと支えてくれたメンバー。

どんな時でも、信じてくれて、守ってくれた
スタッフの皆さん。

乃木坂46を一人でも多くの人に届ける為に、
全力でサポートしてくださった、メディア各所の皆様。

感謝してもしきれない位の愛情を注いでくれた
ファンの皆様。

本当にありがとうございました!
必ず大きくなります!
豊かで魅力的な人間になります!
だから、見守っててください!

あ...時々、思い出してくれるだけでもいいか。笑

最高に楽しい8年間でした!
毎日夢をみているようでした!
新たな夢を追って今日からまた頑張ります!
(2019年9月3日:桜井玲香ブログ)

明治神宮野球場での卒業ライブも終了し、乃木坂46としての桜井玲香からの本当の最後の挨拶。オフィシャルブログの最後を「新たな夢を追って今日からまた頑張ります!」という勇ましい言葉で締めくくった。

「一人でも頑張っていきたいと思うので、今後ともよろしくお願いします」

初めての仕事が『乃木坂って、どこ?』からだったと思うので、そう考えるとそれから今まで、いろんなことさせてもらえてすごい、楽しかったです!
え~どうなんだろ、卒業生ってもう出ないんですよね?なんか(卒業生と現メンバーで)対決的な、勝ったらなんか2週分、何かやるみたいな(笑)。なんかのかたちでこれからもちょくちょく出れたらいいなぁと思ったり。
とりあえずまた、一人でも頑張っていきたいと思うので、今後ともよろしくお願いします!
(2019年9月16日『乃木坂工事中』)

『乃木坂工事中』第224回放送「真夏の全国ツアー2019 明治神宮野球場公演にバナナマンが潜入! 後編」の中で発せられた言葉。桜井玲香の卒業ライブに密着した内容で、番組の最後に桜井からの最後の挨拶が行なわれた。上はその時のもので、「なんか(卒業生と現メンバーで)対決的な、勝ったらなんか2週分、何かやるみたいな(笑)。なんかのかたちでこれからもちょくちょく出れたらいいなぁと思ったり」と冗談半分、本気半分のような発言をしているが、未だそれが現実になってはいない。

yamada3desu
yamada3desu
@yamada3desu

Related Articles関連記事

乃木坂46とは【徹底解説まとめ】

乃木坂46とは【徹底解説まとめ】

乃木坂46とは、2011年8月21日に「AKB48の公式ライバル」として誕生したアイドルグループ。AKB48と同じく秋元康プロデュースのグループであり、のちに誕生する「欅坂46」や「日向坂46」など「坂道シリーズ」の第一弾グループでもある。当初はAKB48のライバルということで何かと比較されることが多かったが、現在では第59回、及び第60回の日本レコード大賞を連続受賞するなど、「AKB48の公式ライバル」という看板はもはや不要の「乃木坂46」という唯一無二のアイドルグループとして君臨している。

Read Article

AKB48グループ・坂道シリーズのスキャンダルまとめ

AKB48グループ・坂道シリーズのスキャンダルまとめ

AKB48グループ・坂道シリーズは、秋元康がプロデュースする女性アイドルグループ・AKB48および姉妹グループ、坂道シリーズのことである。恋愛禁止を掲げるアイドルグループとしても有名であるが、スキャンダルや騒動が後を絶えない。ついにはグループに在籍しながら結婚宣言を行ったメンバーも現れ、世間を騒がせている。

Read Article

乃木坂46の家族エピソードまとめ

乃木坂46の家族エピソードまとめ

乃木坂46は秋元康がプロデュースする女性アイドルグループであり、坂道シリーズの第1弾グループでもある。グループ結成とほぼ同時期の2011年10月にテレビの冠バラエティ番組『乃木坂って、どこ?』の放送が開始された。その後2015年4月から後継番組『乃木坂工事中』が放送されている。本記事では、この2番組で放送された内容を中心に乃木坂46のメンバーと家族とのエピソードをまとめて紹介する。

Read Article

乃木坂46のハロウィン仮装まとめ

乃木坂46のハロウィン仮装まとめ

乃木坂46は秋元康がプロデュースする女性アイドルグループであり、坂道シリーズの第1弾グループでもある。グループ結成とほぼ同時期の2011年10月にテレビの冠バラエティ番組『乃木坂って、どこ?』の放送が開始された。その後2015年4月から後継番組『乃木坂工事中』が放送されている。本記事では、ハロウィン時にこの2番組で放送されたメンバーによる仮装の模様や、その後のゲーム大会などをまとめて紹介する。

Read Article

乃木坂46の学力テストまとめ

乃木坂46の学力テストまとめ

乃木坂46は秋元康がプロデュースする女性アイドルグループであり、坂道シリーズの第1弾グループでもある。グループ結成とほぼ同時期の2011年10月にテレビの冠バラエティ番組『乃木坂って、どこ?』の放送が開始された。その後2015年4月から後継番組『乃木坂工事中』が放送されている。本記事では、この2番組で放送された学力テスト企画「頭脳(NO)王決定戦」の内容を紹介する。

Read Article

乃木坂46の名言・迷言・発言まとめ

乃木坂46の名言・迷言・発言まとめ

乃木坂46とは、2011年8月21日に「AKB48の公式ライバル」として誕生したアイドルグループ。AKB48と同じく秋元康プロデュースのグループであり、のちに誕生する「欅坂46(現櫻坂46)」や「日向坂46」など「坂道シリーズ」の第一弾グループでもある。本記事では、乃木坂46が出演したテレビ番組や雑誌等で行なわれたインタビューから、印象深い名言や迷言、発言を集め、加入した期生別・メンバー別(50音順)に紹介する。

Read Article

乃木坂46次世代エースは誰!?

乃木坂46次世代エースは誰!?

現在人気のアイドル、乃木坂46。 現在のエースや十福神といったフロントメンバーの人気は非常に高まっており、今や公式ライバルであるAKB48グループをもしのぐものとなっています。 しかし、メンバーの層は厚く、次世代と言われる若手のメンバーの人気も実力も上がってきていると話題になってきています。 そこで、今回はそんな乃木坂46の次世代メンバーを紹介します。

Read Article

【あつ森】乃木坂46を再現したマイデザインがすごい!【マイデザインIDまとめ】

【あつ森】乃木坂46を再現したマイデザインがすごい!【マイデザインIDまとめ】

大人気ゲームシリーズ「どうぶつの森」のニンテンドーSwitch専用ソフト『あつまれ どうぶつの森』では、服やタイルを自由にデザインして作る「マイデザイン」という機能があり、人気を博している。人気アイドルを再現したマイデザインは特に人気だ。Switchオンラインで公開されているマイデザインは自由に使うことができるので、大好きなアイドルと同じ衣装を身に着けることもできる。ここでは「乃木坂46」の衣装を再現したマイデザインを紹介する。

Read Article

乃木坂46メンバーのグラビア画像まとめ!色気漂う水着ショットもあり

乃木坂46メンバーのグラビア画像まとめ!色気漂う水着ショットもあり

本記事ではアイドルグループ「乃木坂46」メンバーのグラビア画像をまとめて紹介している。記事中では衛藤美彩、西野七瀬、白石麻衣、梅澤美波、高山一実、生駒里奈、与田祐希の画像を掲載した。魅力的な水着姿や可愛らしい浴衣姿などを多数紹介しているので、是非チェックしてみてほしい。

Read Article

目次 - Contents