イコライザー2(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『イコライザー2』とは、2018年に製作されたアメリカのヴィジランテ・アクションスリラー映画で、2014年に製作された『イコライザー』の続編である。普段は配車サービスの会社で運転手として働いている元CIAエージェントだったロバート・マッコールが、CIA時代の同僚スーザンが殺されたことを受けてその復讐に動き出すというストーリーになっている。監督は前作に引き続きアントワン・フークアが務め、主人公のロバート・マッコールも引き続きデンゼル・ワシントンが演じている。

日本語吹替:藤井隼

アメリカで自分の娘を誘拐してトルコまで連れてくるが、マッコールに捕まって娘を解放する。

『イコライザー2』の用語

読むべき100冊

マッコールの亡くなった妻が挙げた読むべき100冊の本。前作では91冊まで読破しており、本作で本屋に買いに来た『失われた時を求めて』が最後の1冊である。

配車サービスの会社Lyft(リフト)

ロバート・マッコールが働いている配車サービスの会社はLyft(リフト)という会社である。ユーザーはスマートフォンのアプリを通じて車を手配することができ、同様のサービスを行っているUber(ウーバー)が競合会社にあたる。ユーザーはサービス終了後にアプリを通じてドライバーを星5つで評価することができ、マッコールはユーザーから高評価を得ている。

隠し部屋

ロバート・マッコールの自宅にある隠し部屋。デイブらがマッコールの自宅へ急襲をかける際、マッコールの自宅にいたマイルズへマッコールが隠れるように指示する時に登場する。本棚にあるボタンを押すと、本棚が動いてその後ろにある隠し部屋へ行くことができる。隠し部屋の側面はマジックミラーになっており、隠し部屋の中から廊下側の様子を確認することができるが、廊下側は鏡になっているので中の様子を確認することはできない。デイブはその廊下側にある鏡を怪しく思って調べるが、そこへマッコールが電話をかけ自分が自宅にいないことを告げたことでその鏡から離れる。マイルズはデイブらがマッコールの自宅から立ち去ったと思って隠し部屋を出たところを、待ち伏せしたデイブらに捕まる。

『イコライザー2』の名言・名セリフ/名シーン・名場面

マッコール「生きている間にチャンスを活かせ。死が何か分かっちゃいない。」

マッコールがマイルズを諭すシーン。左からマッコール、マイルズ。

スプレーで落書きされた壁をきれいにすると申し出ながらその作業を怠っていたマイルズは度々不良たちに声をかけられていた。マッコールはマイルズの後を追うと、とあるマンションの1室に辿り着く。そこでマイルズは不良たちに殺人を促されて自分たちの仲間になるように勧誘されていたのだった。不良たちの銃を奪ってその部屋に入ったマッコールはマイルズを部屋の外に連れ出す。マイルズは画家なんかで稼いでいけるはずもないと感じ、不良の勧誘から殺人に手を染めようとしていたのだった。マッコールからの説得に荒ぶるマイルズに対して、「生きている間にチャンスを活かせ。死が何か分かっちゃいない。」とマッコールは言う。マッコールは妻を亡くし、CIA時代も引退した今も様々な人間の死を目撃している。画家の夢を持つ若者が犯罪の道に逸れることがないように放ったマッコールの心からの言葉である。

マッコール「お前たち全員を殺す。1度しか殺せないのが残念だ。」

マッコールがデイブらに怒りをぶつけるシーン。

スーザン殺しがかつての仕事仲間だったデイブらであることを突き止めたマッコールは、デイブとその手下3人を目の前にして、「お前たち全員を殺す。1度しか殺せないのが残念だ」と言う。マッコールはCIAから引退した後もスーザンと良好な友人関係を築いていた。そのスーザンをかつての仲間に殺されたことで、1度殺すくらいでは済まないくらいに怒っていることを示しているのだ。そして、その直後にマッコールは余裕の笑顔を見せている。

『イコライザー2』の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

デンゼル・ワシントンにとって初の続編出演

俳優として30年以上のキャリアを築き、50以上の映画やテレビに出演してきたデンゼル・ワシントンにとって、同じ役で続編に出演したのは今作が初めてである。初めて続編へ出演することになった理由として、今まで続編へのオファーが少なかったこと、『イコライザー』の続編の脚本が素晴らしかったことを挙げている。

アントワン・フークア監督にとっても初の続編

続編の映画へ初めて出演したデンゼル・ワシントンと同じく、本作の監督を務めたアントワン・フークアにとっても初の続編である。

格闘家タイロン・ウッドリーによるアクション指導

前作以上にリアリティのあるアクションシーンを演じたいと考えていたデンゼル・ワシントンは、格闘家タイロン・ウッドリーからトレーニングを受けて本作の撮影に臨んだ。ちなみにタイロン・ウッドリーは『大脱出2』などのアクション映画に出演している。

『イコライザー2』の主題歌・挿入歌

主題歌:ジェイコブ・バンクス「In The Name Of Love」

konta920e7
konta920e7
@konta920e7

Related Articles関連記事

イコライザー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

イコライザー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『イコライザー』とは2014年に製作されたアメリカ映画で、1980年代にアメリカで放送されたテレビドラマ『ザ・シークレット・ハンター』の初の劇場版である。普段はホームセンターで働く主人公のロバート・マッコールは元CIAのエージェントで、偶然知り合った娼婦を救うためにロシアン・マフィアと戦いを挑むサスペンスアクション。監督はアントワン・フークアが務め、主人公をデンゼル・ワシントンが演じ、マートン・ソーカス、クロエ・グレース・モレッツらが共演した。

Read Article

インデペンデンス・デイ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

インデペンデンス・デイ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『インデペンデンス・デイ』は1996年に公開されたアメリカのSFアクション映画。タイトルの意味は「独立記念日」で、物語の設定がアメリカの独立記念日である7月4日であることから取られている。 ある朝、世界各地の都市に巨大なUFOが突如出現し、大規模なレーザー攻撃で街を破壊していく。圧倒的な力を持つ宇宙人と人類との戦いを描く。

Read Article

ワンダーウーマン 1984(DCEU)のネタバレ解説・考察まとめ

ワンダーウーマン 1984(DCEU)のネタバレ解説・考察まとめ

『ワンダーウーマン 1984(DCEU)』とは、2020年に公開されたアメリカのスーパーヒーロー映画で、2017年世界中で大ヒットした『ワンダーウーマン』の第2作目である。1984年を舞台とし、人々の欲望を叶える「ドリーム・ストーン」を手に入れた実業家による陰謀で世界中に混乱を招くが、その陰謀を阻止すべくワンダーウーマンが立ちはだかる。人間の欲望、愛との狭間での苦悩を描きつつ、陸海空を舞台に壮大なアクションが繰り広げられる。

Read Article

目次 - Contents