異世界居酒屋「のぶ」(蝉川夏哉)のネタバレ解説・考察まとめ

『異世界居酒屋「のぶ」』は、蝉川夏哉によるライトノベルを原作とし、コミカライズ・スピンアウト・アニメ・ドラマと多岐にわたるメディアミックス化をしている。異世界転移というジャンルではあるが、経営している居酒屋の入口が異世界に通じ現代日本の料理と酒で異世界の人々を癒すという異世界転移にグルメジャンルを取り入れた異色のストーリーだ。帝国の古都アイテーリアにある居酒屋「のぶ」。そこはアイテーリアの人々が見たこともないようなお酒や料理を出し訪れた客を暖かく癒やしてくれる不思議な居酒屋だった。

ニコラウス

古参の常連客。彼が多くの人々に居酒屋のぶを紹介している。

CV:森久保祥太郎
演:白洲迅

アイテーリアの衛兵。ハンスの1つ年上の同僚であり親友。年老いてまで自分が衛兵として働くことに疑問を感じており、自分の道を料理人になることと決めたハンスを見てついに除隊。後に自身の情報通なことを生かし水運ギルド『鳥娘の舟唄』へと転職する。水運ギルド『鳥娘の舟唄』のギルドマスター、エレオノーラとは良い雰囲気である。
居酒屋のぶに一番早くに通っていた古参の常連客の1人。元々気さくな性格で大門の番についた時に美味しい店を尋ねられた際には居酒屋のぶを勧めるぐらいにタイショーの料理や酒を気に入っている。
何かとハンスを茶化したり、付き合っている女性の多さを匂わせたり、軽薄なイメージを漂わせているが、上司であるベルトホルトと唐揚げの味付けで本気で討論をしたり、酔った勢いでエレオノーラに秋刀魚の美味しい食べ方をお勧めしたりとノリが良い。
バッケスホーフ事件の時は裏で別れた彼女に頭を下げてなんとかしようとしたり、蛇口を盗もうとしたエーファを庇うシノブ達に洒落のきいた返しをし、魔女狩り事件の時もいつものように店にやってきた3人(残りはゲーアノートとローレンツ)の内の1人だったりと、実は真面目で優しい性格をしている。そんなところは照れ臭いので隠しているが。
鳥料理を好んで食べている。しかし、元々好きではなかった魚も煮物でも生でも食べれるようになり、すっかり通な常連客である。

ベルトホルト

レモンは唐揚げにかけるものだと知らずデザートだと思って食べようとしているベルトホルト。

CV:小西克幸
演:阿部進之介

アイテーリアを守る衛兵隊の中隊長。ハンスとニコラウスの上司であり、ヘルミーナの夫。
鶏肉料理が好物で、ハンスに無理矢理案内させて訪れたのぶにてから揚げとトリアエズナマを食べたことによる両者の出会いから常連客となる。
対してイカには恐怖にも似た苦手意識があるが、イカ漁師の娘(ヘルミーナ)と見合いをするためイカを食べれるようにして欲しい、とのぶの面々に頼んだ。ベルトホルトのイカに対するトラウマは、彼の曽祖父から聞いた巨大なイカの話や自身の左腕に傷をつけた相手(リオンティーヌ)もイカの兜飾りをつけていたためイカは恐ろしいという認識のためだった。しかしタイショーからイカのサイズが自分よりも随分小さいことを知り曽祖父にからかわれていたと認識した途端食べれるようになる。のぶの面々は知らなかったが、実際ヘルミーナの父親が漁をしていたイカはクラーケンと呼ばれるベルトホルトの曽祖父が話した通りの巨大サイズだった。
自身の傭兵としての強さには覚えがあり、周囲からは「鬼」と呼ばれている。そして衛兵の中隊長になっても鬼のようなシゴキを部下にしていて鬼の中隊長と呼ばれている。
山生まれで秋になると南瓜をよく食べさせられていたり、傭兵時代に港町で牡蠣をよく食べていたり、曽祖母が梅干しをつけていたり、実家では大晦日にチーズフォンデュをする風習があったりと割と食に関する情報を多く持っており、だからこそ居酒屋のぶでの異国情緒溢れる料理を受け入れ愛しているのだろう。
ヘルミーナをとても深く愛しており彼女のためなら一晩中アイテーリアを走り回れるほど。勿論、部下に厳しいしごきをするのももし戦に行く事になったように1人でも多くの部下が生きて帰って来れるようにであり、とても愛情深い人である。

とても幸せそうな夫婦である。

ゲーアノート

料理に対するコメントが素晴らしすぎるゲーアノート。

CV:津田健次郎(少年時代CV:岸本彩加)
演:波岡一喜

徴税請負人という役人の代わりに税を徴収し、依頼された税よりも多くの税を徴収することによって差額分のお金を報酬としてもらえる仕事についている。しかもとても優秀であるがため彼のターゲットになったものは骨の髄までしゃぶられるとアイテーリアの人々から言われ嫌われていた。
片眼鏡できっちりとした髪型に服を着ている。
居酒屋のぶにやってきた目的も税をたんまりと徴収しようとするためだった。が、たまたまタイショーが外出しており彼を待っている間にシノブが賄いで食べようとしていたナポリタンを食べたことによって、ゲーアノートは奇跡を体感する。
彼の中の失いかけた何かを呼び戻す味だった。まさに神の愛。
奇跡に触れた彼は人に恨まれるような仕事は辞めよう、と一旦は思うが、しかし辞めずに居酒屋のぶの常連客になっている。
バッケスホーフ事件では市参事会から直々に調査担当として指名された。そこでバッケスホーフの不正を暴き彼を罪人にまで追い込むほどの証拠を突きつける。
全てはナポリタンをもう1度食べるために。
魔女狩り騒動時もほとんどの客が居酒屋のぶに行かなくなったが、彼を含めて3人(残り2人はニコラウスとローレンツ)だけいつものように店にやってきてナポリタンを食していた。

ヒルデガルド

とても偏食家だが、居酒屋のぶでは量が少ないと拗ねるぐらいに気に入った。

CV:南條愛乃
演:葉山カナ

バーデンブルク伯ヨハン・グスタフの姪。先帝コンラート4世の孫親王殿下マクシミリアンの妻。
幼い頃に両親を亡くし、叔父であるヨハンの家で育てられる。寂しい思いをさせないために過保護に育てられたためわがままなところがあり、子供らしく甘えることが出来ず大人よ愛情を試すようなやり方でわがみままを言う。料理人泣かせ。
婚姻前に叔父に居酒屋のぶ連れられ「臭くなくて辛くなくて酸っぱくなくて苦くなくて固くなくてパンでも芋でもお粥でも卵でもシチューでもない、美味しいもの」と言う様々な料理人を泣かせてきた注文を餡かけ湯豆腐という料理で提供され一気に居酒屋のぶの料理が好きになった。
なお、彼女の結婚披露宴でこれまで食べたものの中で1番美味しかったものとして「アンカケユドーフ」をあげたことにより、参列した美食家達の心にその名が刻まれることとなる。

ヨハン

数々の大物を居酒屋のぶに連れてきた。

CV:浪川大輔
演:品田誠

バーデンブルク領伯爵の貴族。姪に子爵家令嬢ヒルデガルド、伯父にアイテーリアも属する帝国の先帝コンラート4世がいる。
ヒルデガルドが嫁ぐ前に、彼女の我儘な注文に答える店を求めて居酒屋のぶにやってくる。正直小さな酒場であるのぶにその願いが叶えられるとは思っていなかったが、ヒルデガルドの子どもらしい表情を久々に見れ色々と心配していたことが杞憂にすぎなかったと安堵した。
バッケスホーフ事件の後、先帝コンラート4世を居酒屋のぶへ案内し、トリアエズナマを飲ませる。そして″法律で禁じられてるラガーではない″との証言を聞く。
ヒルデガルドのわがままにも笑顔でこたえることが出来るぐらいに懐の深い男性。

エトヴィン

昔は髪と説教が長い真面目な人と言われていた。昔は。

CV:チョー
演:田山涼成

衛兵達の詰所の隣にある教会に就任してきた助祭。
異教徒や異文化を嫌う聖職者もいるなか、就任してすぐの段階で居酒屋のぶの常連客になっている。好物はイカの塩辛や酒盗など珍味と呼ばれるものばかりで冷酒や熱燗を一緒に飲むかなりの飲兵衛。
春分までは粗食ですごす教会の教えになんやかんや言いながら居酒屋のぶに通う生臭坊主。
しかしエーファに読み書きや計算を教えたり、バッケスホーフ事件の際はベルトホルトとヘルミーナの教導聖省最高権威である枢機卿からの婚姻確認書を入手したり、自分より上の地位ではあるが若く真面目なトマスのことを案じたりしている。居酒屋のぶで何か揉め事があると意見を求められるほど頼りにされ快く相談に乗っている。
実はヒュルヒテゴッド枢機卿の懐刀と呼ばれるほどの実力を持つ。

ブランターノ

良質のエールを飲ませたい!と大量のエールを持ってきてくれる。

CV:諏訪部順一
演:木下ほうか

アイテーリアの周辺に領地を持つ男爵位の貴族。ヒルデガルドの言っていた「アンカケドーフ」を探し出して居酒屋のぶにやってきた美食家である。
豚肉料理が好きで初来訪時の注文は「シュニッツェル」。ただ居酒屋のぶの面々はその料理がどんなものか分からず、タイショーがどんな料理かを聞きに行っている間シノブとエーファの2人きりになってしまう。その際シノブが余っていたタマゴを使って作った賄いであるサンドイッチを食べた。その食べやすさを気に入ったものの、すぐに食べきってしまいもっと腹に溜まる具でのお代わりを追加したことにより、シノブがヒレカツサンドを提供する。
実は「シュニッツェル」とはカツレツのことであり、それをサンドイッチという見たことのない形で提供されその美味しさに感動。
サンドイッチはアイテーリアではなかったレシピで、シノブが作ったレシピとして広めないか?と提案するが、その時シノブが「サンドイッチを考えた人は確かにいて、私がそれを横取りしたら失礼になる。でも男爵様に美味しいと言ってもらえてきっとその方も嬉しいと喜んでいると思います」と答えられて、感銘を受けた。
その後ダミアンを解雇。居酒屋のぶにも度々やってくるようになる。バッケスホーフ事件の時もラガー禁止令の撤回を議会に訴え掛けた。
食の吟遊詩人であるクローヴィンケルを連れて来たのも彼である。

ホルガー

真剣な眼差しでタイショーの包丁と包丁捌きを見ている。

omiyasan77
omiyasan77
@omiyasan77

目次 - Contents