SUPER BEAVER(スーパービーバー)の徹底解説まとめ

SUPER BEAVERとは、2005年に結成された4人組ロックバンド。2009年にメジャーデビューし、2011年にインディーズへと活動の場所を移した。順風満帆に見えた彼らには様々な苦労があった。だが自分たちのやりたい音楽と向き合った結果、今でも日本のロック界を走り続けている。2020年に結成15周年を迎え、同時にメジャー再契約を発表。今までの経験と日本語をフル活用した真っ直ぐな歌詞は、彼ら最大の魅力である。

1989年2月21日生まれ。SUPER BEAVERのギター担当。愛称は「やなぎ」。ほぼ全ての楽曲の作詞作曲を手掛けている。バンドの楽曲だけでなく、SCANDAL「会わないつもりの、元気でね」「声」、井上苑子「線香花火」「青とオレンジ」「なみだ」「右足」「ふたり」を作詞作曲。Shout it Outのメジャーデビューシングル『青春のすべて』では全曲をプロデュースし、バンド内外でその能力を発揮している。

上杉研太

1988年1月26日生まれ。SUPER BEAVERのベース担当。バンドのリーダーを務めているため、愛称は「リーダー」。渋谷とは高校の同級生である。猫とラーメンが好きで、バンド仲間などとラーメン店を巡る「上杉ラーメン部」というTwitterのアカウントを設立している。ライブ前に正座をして精神統一をする事がある。

藤原広明

1988年6月1日生まれ。SUPER BEAVERのドラム担当。愛称は「ひろぽん」。柳沢とは幼馴染である。老け顔と言われるため自身のSNSアカウントの名前に「藤原○才広明」と年齢を入れている。公式サイトやライブ中でも年齢を入れて紹介されることが多い。

SUPER BEAVERのディスコグラフィー

シングル

『深呼吸』

2009年6月3日リリース

1. 深呼吸
2. 満員電車
3. 境界線
4. 道標

メジャー1枚目のシングル。表題曲の「深呼吸」はテレビアニメ『NARUTO-ナルト-疾風伝』のEDテーマに、「道標」は『NARUTO-ナルト-少年編』のテーマソングに抜擢された。4人の、今と未来への思いが詰まった、疾走感抜群のロック・サウンドが収録されている。

『二つの旅路』

2009年8月26日リリース

1. 二つの旅路
2. サイン
3. Conto'nroll

「二つの旅路」は、彼らのポップ性がロックに暴れまくった、SUPER BEAVERの真骨頂といえる楽曲である。

『シアワセ』

2009年11月4日リリース

1. シアワセ
2. シアワセ-Acoustic version-
3. なんとなく
4. へその緒

「シアワセ」は、シングルリリースの1年以上前からライブで必ず歌われている定番曲。渋谷の心の叫びとも、決意表明ともいえる一曲だ。Acoustic versionも収録されており、聴きごたえ抜群の1枚となっている。ちなみに「なんとなく」の作詞・作曲はベースの上杉が担当している。

『歓びの明日に』

2012年4月6日リリース

1. 歓びの明日に
2. Hello,World

自主レーベル「I×L×P× RECORDS」から、会場限定で販売された。会場限定にしたのは「ライブに来て欲しい」という意図からである。カップリングの「Hello,World」はライブではおなじみの曲。

『あなた(Another Ver.)』

okonim6
okonim6
@okonim6

目次 - Contents