SUPER BEAVER(スーパービーバー)の徹底解説まとめ

SUPER BEAVERとは、2005年に結成された4人組ロックバンド。2009年にメジャーデビューし、2011年にインディーズへと活動の場所を移した。順風満帆に見えた彼らには様々な苦労があった。だが自分たちのやりたい音楽と向き合った結果、今でも日本のロック界を走り続けている。2020年に結成15周年を迎え、同時にメジャー再契約を発表。今までの経験と日本語をフル活用した真っ直ぐな歌詞は、彼ら最大の魅力である。

「都会のラクダ"ホール&ライブハウス"TOUR2019〜立ちと座りと、ラクダ放題〜」では、「目の前にあなたがいてくれるというこの事実は、俺たちにとってはかけがえのない宝物です」とファンに感謝の思いを伝えた。「"生きてて良かった"と思わせてくれた、あなたの"生きてて良かった"になりたいです。そうやって繋がれていることが何よりも宝物です。財産です。それしか持ってません。地に足つけて精進して、バチバチかっこいいバンドマンやってきますんで、安心してついてきてください」とファンにメッセージを送った。今までの経験や出会いから紡がれる言葉だからこそ、ファンの心に届いている。

SUPER BEAVERの裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

一度メジャーを離れたのはもう一度4人で戦うため

2005年に結成し、2006年に「TEENS' MUSIC FESTIVAL」で優勝した彼らは、2009年にメジャーデビューを果たす。順風満帆に見える彼らだったが、大人と戦う術を知らなかった4人は、言われた通りに音楽を作ることしかできず、その結果自分たちがやりたかった音楽を見失ってしまう。メンバーの仲も悪くなっていき、限界がきたボーカルの渋谷は倒れて入院。病床で当時のマネージャーに「音楽やめます」とこぼすほど、渋谷は追い詰められていた。渋谷の退院後、話し合いをしたメンバーは「4人でもう一度やろう」という結論に至る。自分たちの弱さを認め、再び4人で戦うためにメジャーを離れることを決めた。

活動資金のためアルバイト三昧の日々

メジャーを離れた四人は腹と財布を満たすために、渋谷は居酒屋、柳沢はハンバーガー屋、上杉はラーメン屋、藤原は柳沢とは別のハンバーガー屋でアルバイトを始める。しかし、年間100本のライブを開催するため、アルバイトになかなか入れず金銭面では苦労が多かった。そのため移動先の土地では、メンバー全員で同じ場所に宿泊し同じ食事をとるのではなく、その時の経済状況に応じてそれぞれが宿泊場所やその日の食事を決めるというルールができていた。この時経験した苦労や出会った人たちへの感謝の気持ちは、SUPER BEAVERの曲に影響を与え続けている。

okonim6
okonim6
@okonim6

目次 - Contents