ミスト(The Mist)のネタバレ解説・考察まとめ

『ミスト』とは、スティーブン・キング原作フランク・ダラボン監督・脚本の2007年のアメリカ映画。
嵐が来た翌日突然正体不明の濃い霧が町を覆い、デヴィッドと息子ビリーは買い物先のスーパーから動けなくなってしまう。スーパーの倉庫で霧の中の“何か”と遭遇したデヴィッドは他の客に危険を知らせ、店のものを使いバリケードを施した。しかしその夜再び“何か”が店内まで侵入し皆パニックに陥る。正体不明の霧とその中に潜む“何か”、そしてスーパーに取り残された客たちの心理状態を描いたホラーサスペンス映画である。

『ミスト』の概要

立ち込める霧に怯える客たち

『ミスト』とは、2007年のアメリカのホラーサスペンス映画。日本では2008年公開。『The Mist』というキングの中編小説が原作である(編集者カーヴィ・マッコリーが編纂したホラー小説集 『Dark Forces』やキング自身の短編集 『Skeleton Crew』に収められている)。
監督・脚本をつとめたダラボン監督は、過去にもキング原作の映画『ショーシャンクの空に』や『グリーンマイル』を手がけている。

アメリカの田舎町を激しい嵐が襲った翌朝、自宅に大きな被害が出たデヴィッド・ドレイトンは、修理道具など買い出しに行くため息子ビリーとスーパーへ出かけた。スーパーはデヴィッドたちと同じように買い出しをしようとする客でごった返す中、突然けたたましいサイレンが鳴り数メートル先も見えないほどの濃い霧が立ち込めてきた。スーパーから動けなくなったデヴィッドは、倉庫で霧の中の“何か”と遭遇したので、すぐに他の客に危険を知らせ、“何か”から身を守ろうと様々な対策や行動を起こそうとする。スーパーという閉鎖された環境の中、正体不明の霧やその中の“何か”に怯えた客たちはパニックに陥り、次第に客同士の間で問題が起こり始める。
立ち込める霧や得体の知れない“何か”に対する人間の恐怖だけでなく、スーパーという狭い空間の中で恐怖の真っ只中に置かれた人間が、2日半ほどの間で様々に変わっていくその心理状態も描いた作品である。

キングの原作では、主人公デヴィッドたちの未来に少し希望をもたせつつ、どうなるのかははっきりとは言及せずに終わるが、映画では原作のエンディングとは違う衝撃的なバッドエンドとなっている。キングはダラボン監督考案のこのエンディングを賞賛し「この結末は衝撃。恐ろしい。だがホラー映画を見に行く人々は必ずしもポリアンナ・エンディング(楽天的な・ポジティブな終わり方)を望んでいるわけではない」と語った。

ダラボン監督は、映画『パンズ・ラビリンス』で視覚効果を担当したスタジオをギレルモ・デル・トロ監督本人に勧めてもらい採用した。劇中では、翼竜のような怪物や、人よりも大きなクモなど、謎の生物と人間が戦う姿がリアルに描かれており、人形を使ったモーションキャプチャー技術(人物や物体の動きをデジタル的に記録する技術)で作られている。

『ミスト』のあらすじ・ストーリー

大嵐の後で

湖の向こう側の山の方から霧が発生

アメリカのとある町に激しい嵐が吹き荒れた。大嵐が町を襲った次の朝、映画のポスターを描く仕事をしているデヴィッド・ドレイトンは、家の窓や湖の畔にあったボート小屋が破壊されているのを見つける。
ボート小屋を破壊したのは隣人で弁護士でもあるブレント・ノートン宅の木だった。デヴィッドは以前家の敷地に関してノートンといざこざがあったため、いやいや彼の家を訪ねる。
保険会社へ連絡をするようにノートンに頼み立ち去ろうとするデヴィッドだったが、ノートンに「街に行く予定はあるか?」と尋ねられる。ノートンも昨夜の嵐の影響で自身の愛車が壊れてしまっており、買い物に行こうにも足がない状態だった。

丁度買い出しに行く用事があったため、デヴィッドは8歳の息子のビリーとノートンと共に車で近くのスーパーマーケットへ向かった。店は嵐の影響で客たちで賑わっていたが冷蔵庫以外は停電していた。
デヴィッドたちが買い物をしていると、店外ではパトカーや救急車が走り回り、突然サイレンが鳴り始める。その直後、鼻血を流した老齢の男性ダン・ミラーが店内へ逃げ込み「霧の中に何かがいる」と叫ぶ。店内の一同が戸惑うなか、店の外は辺り一面の白い霧に包まれていく。ダンの言葉に恐怖を抱いた客たちは店内へ閉じこもる。

狂信者のミセス・カーモディは「霧は死で、聖書の終末の始まりだ」と考える。ミセス・カーモディは街でも有名な変人であり、非常事態でも奇行を繰り返すのだった。
そんななか「自宅に2人の子供を残してきた女性」がおり、スーパーから出たいと主張する。必死に留まるように説得するダンだったが、子供たちが心配な女性の店から出る決心が揺らぐことはなかった。
女性は誰か一緒に車で付いて来てくれるように懇願したが、皆に拒否され、「全員地獄に落ちればいい」と言い残して1人で霧の中へと出ていってしまう。

未知との初遭遇

巻き付いた触手を切ろうと斧を振り下ろすオリーと、ノームを脇から引っ張って連れて行かれまいとするデヴィッド

そんな中、デヴィッドとビリーは教師のアマンダ・ダンフリーと仲良くなる。息子のビリーもアマンダには懐いている様子だった。
デヴィッドはビリーが熱っぽいという理由から、副店長のオリー・ウィークスにブランケットはないかと尋ねると、倉庫のソファにあるというので、ひとり倉庫へとむかう。
倉庫に着くと発電機がけたたましい音とともに異臭を放っていた。異臭を放つ発電機を止め、ソファを探すデヴィッドだったが、突如裏口のシャッターを強く叩く”何か”を目撃する。

怖くなって逃亡したデヴィッドはメカニックのマイロン、ジム、若い店員のノーム、そしてオリーと共に再び倉庫を調べに戻る。しかし、男たちはデヴィッドの話を信用せず、発電機の電源を再び入れる。異臭の原因が店外の排気口に何か詰まっていることだと確信した男たちは、やめるよう騒ぐデヴィッドそっちのけでシャッターを開ける。

開いた先は濃い霧だけで何もないと笑うノームだったが、突如シャッターの下からタコのような巨大な謎の触手が侵入し、ノームを襲う。デヴィッドやオリーの奮闘虚しくノームは触手に連れ去られてしまう。
シャッターを急いで閉じ、シャッター内に残った触手の先端をデヴィッドは手斧で切断する。デヴィッドたちは店の外に”何か”がいることを皆に伝えるため、弁護士であるノートンの助力を仰ぐべく倉庫での出来事を説明する。しかしノートンは自分をからかっていると決めつけ話を信じずデヴィッドと対立する。

店長のバドは当初は懐疑的だったが、倉庫でデヴィッドが切断したノームを襲った触手の残骸を見ると態度を一変させ、店の防御を固めるよう促す。

揺れ動く人々

やがて外が危険であるということに懐疑的な者たちは、救助を要請するためにスーパーから脱出することを主張しだしてしまう。
そこでデヴィッドは彼らがどこまで行けるのかを調べるため、車にショットガンを持っているという1人の男にロープを結びつけ、ショットガンを取りに行ってもらうことにする。
ノートンたちが霧の中に消え、ロープは少しずつ引き寄せられるが突然ロープがとても強い力で引っ張られる。

ロープを引っ張っていた力がなくなりたぐり寄せると、男の下半身だけが帰ってきた。男は霧に潜む何かに襲われたのだった。

闇に蠢くものたち

夜になると、店内が放つ光に引き寄せられて巨大な羽虫が出現し始める。窓ガラスに張り付いた羽虫を食べるため翼竜のような怪物が何体もガラスにぶつかり、ついにはガラスを破り店内に侵入してしまう。
デヴィッドたちはなんとかこの怪物を撃退するが店内で死亡者が出てしまう。その混乱を受けミセス・カーモディの狂信的発言を信じる者が現れ始めてしまう。

デヴィッドたちは負傷者を治療するためスーパーの隣にある薬局へ医療品を取りに行くことを決意する。薬局で薬を回収するデヴィッドたちだったが店内は巨大な蜘蛛の糸に覆われており、デヴィッドたちは柱に縛りつけられたMP(ミリタリー・ポリス、軍警察)を発見する。
なぜか瀕死の状態でひたすら謝り続けるMPだったが、突如MPの体から無数に5センチほどの蜘蛛のような生物が飛び出す。巨大蜘蛛の襲撃を受けたデヴィッドたちは犠牲者を出しつつもなんとかスーパーへと逃げ戻る。

暴徒と化した人々と事件の真相

店に戻ると、デヴィッドたちは蜘蛛に襲われたMPがずっと謝っていたことが気になり、スーパー内に3人いた軍の兵士から話を聞こうと考える。兵士を探すデヴィッドだったが、兵士の一人であるウェイン二等兵のみがレジの近くにうずくまっており、他の二人は見当たらなかった。
兵士を捜索するデヴィッドたちだったが倉庫を調べると2人が自殺しているのを発見する。後悔の気持ちからの自殺だと悟ったデヴィッドはウェインに「何か知っているんだろ」と問い詰める。
しかし、そのことをミセス・カーモディの信者となったジムに聞かれてしまう。

ウェインはジムによって大衆の前に引きずり出され、白状するように迫られる。ウェインは「軍が異次元世界を観察する『アローヘッド計画』を実行しようとしており、その結果異次元から異形の生物が来襲している」という噂について白状し、自分ではなく科学者たちに非があると泣いて訴える。しかしミセス・カーモディは「ウェインに責任がある、ウェインを生け贄に捧げるべきだ」と演説する。

ウェインは店内の暴徒と化した人々に暴行され、ナイフで何度も刺されたうえ店外に放り出される。瀕死の状態で「助けてくれ」と涙ながらに懇願するウェインだったが、直後に触手のような何かに捕まり、霧の中へと連れ攫われてしまう。

脱出決行

ミセス・カーモディとその信者たちが暴徒と化していることを恐れたデヴィッドと一部の生存者たちは、食料等を集めて店外への脱出を計画する。
夜が明けてデヴィッドたちは動き出すが、店の入り口でミセス・カーモディが彼らの前に立ちはだかる。ミセス・カーモディは「より多くの生贄がなければ神の怒りは静まらない、子供の生贄が必要だ、ビリーを生贄に差し出せ」と要求する。

これに激昂したデヴィッドは暴徒と化した信者たちと戦う。信者の男たちとの戦いのなかオリーは持っていた拳銃でミセス・カーモディを射殺し、店内の脱出に成功する。

店から車へ向かう最中、運悪く仲間たちからはぐれてしまったオリー、マイロン、コーネルが怪物の餌食となり、バドは間に合わず慌てて店内に引き返す。
結局、デヴィッドの車に乗り込むことができたのは彼とアマンダ、ビリー、ダン、小学校教諭の老婆アイリーンの計5名であった。信者たちが静観する中、デヴィッドの車はスーパーから走り去っていく。

悲劇の結末

泣き叫ぶデヴィッド

デヴィッドはなんとか自宅へ辿り着くものの、妻のステファニーは屋外で蜘蛛の糸に巻かれて死んでいた。
悲しみをこらえ南に向かうデヴィッドたちだったが生存者に遭うことも無く、崩壊した街や何百メートルもある巨大生物を目撃する。ついにデヴィッドの車のガソリンが尽き、彼ら4人の大人は眠ってしまったビリーの横でもはや生還は不可能だと考える。

以前デヴィッドはビリーに「僕を怪物に殺させないで」と懇願されていたことを思い出し、デヴィッドは拳銃を取り出す。しかしそれには弾丸が4発しか残っていなかったため、彼は「自分は何とかする」と述べてビリーら4人を射殺する。

やけになったデヴィッドは車を飛び出して「自分を殺せ」と怪物たちに向かって叫ぶ。だがその直後、霧の中から現れたのは戦車と火炎放射器で怪物たちを焼き殺す兵隊たちだった。さらに霧が発生してすぐに店を出ていった女性と彼女の2人の子供を含む生存者らを載せたトラックもデヴィッドの横を通り過ぎていく。

仲間と息子を無駄に殺害してしまったことを悟ったデヴィッドは霧が晴れていくなかひとり絶叫し続ける。

『ミスト』の登場人物・キャラクター

デヴィッド・ドレイトン(演:トーマス・ジェーン、日本語吹替:堀内賢雄)

inm114519z7
inm114519z7
@inm114519z7

Related Articles関連記事

グリーンマイル(The Green Mile)のネタバレ解説・考察まとめ

グリーンマイル(The Green Mile)のネタバレ解説・考察まとめ

『グリーンマイル』とはホラー小説家スティーヴン・キングのファンタジー小説が原作で、1999年にアメリカで公開されたフランク・ダラボン監督の映画。トム・ハンクスなどの豪華キャストで製作された感動傑作で、2000年度のアカデミー賞で4部門にノミネートされている。物語は1935年のある刑務所の死刑囚棟が舞台で、主人公は看守主任のポール。そこに死刑囚として送られてきた不思議な力を持つ大男の黒人ジョンと、他の看守や死刑囚、ネズミのMr.ジングルスたちとの交流を描いたファンタジーヒューマンドラマである。

Read Article

ウォーキング・デッド(海外ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

ウォーキング・デッド(海外ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ウォーキング・デッド』(海外ドラマ)とは、ある日を境にアメリカ中がゾンビで溢れかえってしまった世界で生きる人間たちのサバイバルドラマである。主人公のリックとその仲間たちがゾンビと闘いながら生きる術を探していく。登場人物がそれぞれ恐怖と闘い、心も身体も成長していく。別れもあり、絶望の世界で育まれる恋も描かれる。各動画サイトで配信されており、2022年配信のシリーズ11がファイナルシーズンであることが明らかになった。2016年に最優秀ホラー・テレビシリーズに選ばれている。

Read Article

ショーシャンクの空に(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ショーシャンクの空に(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ショーシャンクの空に』とは、1992年にアメリカ合衆国で制作されたヒューマン・ドラマ映画である。1940年代のメイン州ポートランドを舞台に、妻とその愛人を殺したとして逮捕されたアンドリュー・デュフレーンと、刑務所で出会った囚人のエリス・ボイド・レディング。寡黙で真面目な銀行員だったアンドリューは、ショーシャンク刑務所へ収監された後も自らの力で希望を切り開き、エリス・ボイド・レディングも、アンドリューとの出会いで人生が大きく変わることとなる。ラストシーンでの大どんでん返しが話題を呼んだ人気作だ。

Read Article

【バッドエンド】衝撃的な結末!映画「ミスト」の恐怖まとめ【悲惨すぎる】

【バッドエンド】衝撃的な結末!映画「ミスト」の恐怖まとめ【悲惨すぎる】

『ミスト』という映画をご存知でしょうか。「後味の悪い映画」、「悲惨な映画」、「バッドエンドな映画」を1つ答えよといわれたとき、必ず挙がってくるのが本作です。「ホラーの帝王」と呼ばれるスティーヴン・キングの小説を原作としているだけあって、結末は衝撃的…。閲覧する勇気のある方はこのままお進みください。

Read Article

覚悟して見て!トラウマレベルの名作・問題作洋画まとめ【セブン、ムカデ人間など】

覚悟して見て!トラウマレベルの名作・問題作洋画まとめ【セブン、ムカデ人間など】

衝撃の結末やグロテスクな描写が大きな話題となった洋画の中で、特に注目の名作・問題作をまとめました。ストーリーが秀逸なサスペンス「セブン」や、発想も描写も衝撃的すぎるホラー「ムカデ人間」、歌手ビョーク主演の感動作「ダンサー・イン・ザ・ダーク」など、様々なジャンルからおすすめ作品を選定。見どころなどを交え、作品の魅力を徹底的に紹介していきます。

Read Article

ホラーの帝王!スティーヴン・キング原作のホラー・サスペンス映画まとめ【キャリー、シャイニングほか】

ホラーの帝王!スティーヴン・キング原作のホラー・サスペンス映画まとめ【キャリー、シャイニングほか】

ホラー映画界の重鎮である「スティーヴン・キング」をご存じだろうか。アメリカを代表する作家のうちの一人で、特にモダンホラーを得意としていることから「ホラーの帝王」と呼ばれている。彼の真骨頂であるモダンホラーは、アメリカのごく一般的な普通の日常を作品の舞台としていることが多く、距離感の地下さがより恐怖を引き立てる。本記事ではスティーヴン・キング原作のホラー・サスペンス映画を厳選して紹介する。

Read Article

【アルマゲドン】地球崩壊・人類絶滅・自然災害を描いたパニック・ディザスター洋画13選【ミスト】

【アルマゲドン】地球崩壊・人類絶滅・自然災害を描いたパニック・ディザスター洋画13選【ミスト】

数ある映画作品の中には、私たち人間の今後について考えさせられるものがたくさんあります。地球崩壊や人類滅亡、自然災害をテーマにした作品がこれに該当するでしょう。人間では太刀打ちできない脅威が迫ってきた時、どう立ち向かうべきなのか。そんなことを考えさせられる洋画をまとめました。

Read Article

【ウォーキング・デッド】ダリルとキャロルの関係は!?気になる展開をネタバレ解説!

【ウォーキング・デッド】ダリルとキャロルの関係は!?気になる展開をネタバレ解説!

2010年にアメリカで制作されたドラマ『ウォーキング・デッド』。2022年時点でシーズン11までありますから、その人気の高さがわかりますね。作中にはダリルとキャロルという男女が登場するのですが、この2人がシーズンを追うごとにどんどん親密になっており、関係が気になるという声が挙がっています。この記事で2人についてまとめたので、ドラマファンの方はおさらいがてらチェックしてみてください。

Read Article

【ウォーキング・デッド】シーズン1~7の登場人物一覧!

【ウォーキング・デッド】シーズン1~7の登場人物一覧!

ゾンビによって崩壊した世界と、その中で懸命に生き延びる人々の姿を描いたアメリカのテレビドラマ『ウォーキング・デッド』シリーズ。2010年に放送開始し、国内外から多くのファンを獲得して11シーズンもの長期シリーズとなった人気作品である。 そんな『ウォーキング・デッド』シリーズの、シーズン1~7の登場人物を一覧で紹介する。

Read Article

安くても名作!2000円台で楽しめるおすすめPS4ソフトまとめ【風ノ旅ビトほか】

安くても名作!2000円台で楽しめるおすすめPS4ソフトまとめ【風ノ旅ビトほか】

ゲームソフトは「とにかく値段が高い」という印象を持っている人はとても多いのではないだろうか。作品によっては一万円近いものも多数あり、財布をやりくりしなければなかなか購入することができない。しかし一方ではダウンロード版のゲームなどを探すと、何と2000円台で楽しめる面白いゲームもたくさんあるのだ。本記事では2000円台で楽しめるPlayStation 4ソフトの中でも、特に「面白い」と評判のソフトを厳選して紹介する。

Read Article

【ウォーキング・デッド】ゾンビ好きにはたまらない!ドラマの撮影画像まとめ

【ウォーキング・デッド】ゾンビ好きにはたまらない!ドラマの撮影画像まとめ

2010年の放送以来、シリーズ化されているアメリカの人気ドラマ『ウォーキング・デッド』。ゾンビ好きやホラー好きの間では非常に有名な作品で、日本でもその名が知られています。この記事では、そんな本作の撮影時における秘蔵画像についてまとめました。特殊メイクが施される様子や小道具の制作途中の画像を見ていると、1つ1つのこだわりがすごいなと感じます。ドラマにかけるスタッフたちの熱い想いが伝わってきますね!

Read Article

【アイアムアヒーロー】ハマること間違いなし!おすすめのゾンビ映画・ドラマまとめ【ウォーキング・デッド】

【アイアムアヒーロー】ハマること間違いなし!おすすめのゾンビ映画・ドラマまとめ【ウォーキング・デッド】

日本にゾンビ映画旋風を巻き起こした「アイアムアヒーロー」や、全世界で大ヒットした海外ドラマ「ウォーキング・デッド」など話題となったゾンビ作品全10作品をまとめました。作品のあらすじや見どころを、ファンの声を交えながらどんどん紹介していきます!

Read Article

【ウォーキング・デッド】ゾンビが題材のお化け屋敷・アトラクション・ゲーム・メイク・バー・ウォーク・キャンプまとめ【バイオハザード】

【ウォーキング・デッド】ゾンビが題材のお化け屋敷・アトラクション・ゲーム・メイク・バー・ウォーク・キャンプまとめ【バイオハザード】

ホラーが苦手な人にとってはゾンビは恐怖以外の何物でもないですが、好きな方にとってはドキドキワクワクの対象!世の中にはホラー好きが多いのか、ゾンビを題材にした作品やアトラクションなどがたくさんあります。この記事では、その代表的なものをご紹介!ゾンビが好きな方ならすでにご存知かもしれませんが、おさらいがてらチェックしてみてください。

Read Article

【タイタニック】今すぐ見るべき「名作映画」ランキングTOP30!【ゴッド・ファーザー など】

【タイタニック】今すぐ見るべき「名作映画」ランキングTOP30!【ゴッド・ファーザー など】

これだけ観ておけば話の種に困ることはない、名作だけに絞った映画ランキングを作りました!タイタニックやゴッド・ファーザーなど、映画好きなら全て観ておいて当たり前の作品ばかりです!もしまだ観たことがない映画があれば、この機会に是非鑑賞してみてください!

Read Article

【メメント】そんな結末あり!?ラストが衝撃的な映画まとめ【ショーシャンクの空に】

【メメント】そんな結末あり!?ラストが衝撃的な映画まとめ【ショーシャンクの空に】

映画を観ようと思った時、それが初見の作品だったりすると「どんな結末なんだろう…」と想像するのが楽しかったりしますよね。でも、いざその結末を見てみると、「こんなのアリ!?」と思わずツッコミたくなるような、衝撃的なものが多々あります。この記事では、そんな映画作品を集めてみました。ストーリーの内容にある程度触れているものもあるので、予備知識がまったく無い状態で作品を鑑賞したい方は読まずにご退出ください。

Read Article

【ショーシャンクの空に】一度は必ず観たい!ヒューマン系の名作映画まとめ【海の上のピアニスト】

【ショーシャンクの空に】一度は必ず観たい!ヒューマン系の名作映画まとめ【海の上のピアニスト】

映画には様々なジャンルがありますが、中でも人間ドラマを描いた作品は心の琴線に触れるものが多く、映画史上に残る名作がたくさんあります。この記事では、そんなヒューマン系映画の中から絶対に一度は観たいものをピックアップしてまとめました。誰でも知ってる有名なものばかりを厳選しています。映画にあまり馴染みがないという方にこそ観ていただきたいラインナップ!

Read Article

見逃してない!?絶対観るべき定番映画30選【メジャーどころ】

見逃してない!?絶対観るべき定番映画30選【メジャーどころ】

「名作」と呼ばれる映画には、観る人の心を激しく揺さぶる不思議な力があります。その中には、時代や世代を超えて親しまれているものも。この記事では、そんな素晴らしい定番映画を国内外問わず30個厳選して紹介しています。あなたはもう全部観ましたか?見逃しているならもったいないですよ!

Read Article

【羊たちの沈黙】オススメのミステリー映画30選 最後まで謎が解けない名作だらけ!【ショーシャンクの空に】

【羊たちの沈黙】オススメのミステリー映画30選 最後まで謎が解けない名作だらけ!【ショーシャンクの空に】

オススメのミステリー映画をランキング形式で30作紹介。 同名のベストセラーを原作とし、アカデミー賞の主要部門を総なめした「羊たちの沈黙」、希望を持って生きることの大切さを教えてくれる名作「ショーシャンクの空に」など。最後まで謎が解けないハラハラドキドキ感を楽しめる作品ばかり。

Read Article

目次 - Contents