甲鉄城のカバネリ(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

WIT STUDIO制作。2016年4月より6月までフジテレビ『ノイタミナ』枠にて放送されたアニメ。
キャッチコピーは「死んでも生きろ」「貫け、鋼の心を」。
蒸気機関が発達した極東の島国・日ノ本でカバネと呼ばれる不死の怪物とカバネリ、人々の戦いを描く和風スチームパンク作品。

『甲鉄城のカバネリ』の概要

物語は蒸気機関が発達した極東の島国・日ノ本(ひのもと)を舞台が舞台。
「スチームパンク」「時代劇」「バトルアクション」「ゾンビ」「ロードムービー」といった要素が込められている。
なお、タイトルの鋼鉄城とは主人公の乗る装甲機関車の名前である。
装甲蒸気機関車・甲鉄城に乗る人々と不死の怪物・カバネとの戦いが描かれている。

主人公の生駒は無名とカバネリとしてカバネと戦い、やがて将軍家の長男である美馬の策略に組み込まれていく。

「甲鉄城のカバネリ」PV

『甲鉄城のカバネリ』のあらすじ・ストーリー

カバネは噛んだ人間をウィルス感染させ、同族に変えてしまう。
そんなカバネが蔓延る世界、極東の島国・日ノ本(ひのもと)では、人々は駅と呼ばれる砦、駿城(はやじろ)を建て暮らしていた。
生活手段は駅同士を装甲蒸気機関車で往来する、こうしてカバネから隔離された堅牢なインフラを整備することで人々は生き永らえていた。
しかし、砦のひとつである顕金駅に、カバネに乗っ取られた駿城が入ってしまい、カバネによる侵食が始まった。
顕金駅は破棄されることになり、僅かに生き残った住人達は甲鉄城で脱出しようと機関車に集まっていた。
そして、カバネリである無名と自らの研究でカバネリ化した生駒も脱出しようと人々の前に姿を現すが、カバネリという未知の存在に人々は畏怖し二人を迫害してしまう。

『甲鉄城のカバネリ』の用語

カバネ

人間に対して吸血行動をとり、攻撃的である。
身体能力は生前の何倍も強化されており、殺すには核となる「心臓被膜」を破壊する必要があるが、刀や通常の銃弾では貫通困難である。
噛まれた人間はウイルス感染し、同様にカバネとなってしまう。
いずれはカバネリもカバネ化してしまう。

ワザトリ

戦を重ね、刀や体術を駆使し戦い方法を学んだ特殊なカバネ。
それに加えカバネ特有の高い身体能力も健在であり、カバネリでも苦戦する相手である。

融合群体(ゆうごうぐんたい)

黒煙り(くろけぶり)とも呼ばれる無数のカバネが集まった巨大な人型の物体。
人やカバネを吸収し、どんどん大きくなり、その力は一撃で砦の壁を破壊するほど。
また、物体から単体でカバネが飛び出し、攻撃してくるてくることもある。
青白く光る心臓となるカバネを倒せば、群体を霧散させることができる。

鵺(ヌエ)

カバネリを心臓にし、人工的に作られた融合群体。
カバネを狩る精鋭部隊「狩方衆」で研究が行われており、青白い液体を投与することにより作り出している。

カバネリ

人間でもカバネでもない存在。
カバネと同様の身体能力を持つが、カバネと違い人の心と思考がある。
容姿は人間と変わらないが、「心臓被膜」がありカバネ同様、人間の血が活力減となる。

白血漿(しろけっしょう)・黒血漿(くろけっしょう)

狩方衆で開発された薬剤。
白血漿は融合群体の心臓被膜を溶かすことができ、黒血漿はカバネ化の促進剤である。
そのため、黒血漿をカバネリへ打ち込むと強靭な力が得られるがカバネ化が進行してしまう。

駅(えき)

ryogi0
ryogi0
@ryogi0

Related Articles関連記事

四畳半神話大系(小説・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

四畳半神話大系(小説・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『四畳半神話大系』とは、森見登美彦による日本小説、及びそれを原作として制作、放送されたアニメ作品。 小説は単行本では2005年に太田出版から、文庫本では2008年に角川書店から刊行されている。 アニメは2010年に放送された。 そして森見登美彦原作の「夜は短し歩けよ乙女」の映画化を受け、2017年1月から特別放送が開始された。

Read Article

ハチミツとクローバー(ハチクロ)のネタバレ解説・考察まとめ

ハチミツとクローバー(ハチクロ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ハチミツとクローバー』は羽海野チカにより宝島社、集英社に2000年から2006年にかけて連載された漫画作品。及びそこから派生するテレビアニメ、実写映画、テレビドラマである。「ハチクロ」という略称で親しまれる。 テレビアニメ第一期が2005年、第二期が2006年に放送された。 美術大学を舞台に、大学生達の報われない片思いや芸術への想いが描かれている。

Read Article

PSYCHO-PASS サイコパス 3(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

PSYCHO-PASS サイコパス 3(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『PSYCHO-PASS サイコパス 3』とは、2012年10月からフジテレビ「ノイタミナ」にて第1期が放送された、Pruduction I.G制作のオリジナルテレビアニメの第3期。人間のあらゆる心理状態や性格傾向などが数値として計測可能な「シビュラシステム」の導入された東京を舞台に、厚生省管轄の警察組織「公安局」がシビュラシステムのもと治安維持活動に日々尽力する。登場人物達の葛藤やジレンマを追う群像劇や近未来的事件解決の物語は国内外からも厚い支持を受けている。

Read Article

もやしもん(漫画・アニメ・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

もやしもん(漫画・アニメ・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

石川雅之によって『イブニング』と『月刊モーニングtwo』にて連載された日本の漫画作品。『もやしもん(第1期)』、『もやしもん リターンズ(第2期)』としてテレビアニメが放送された。 細菌やウィルスを肉眼で目視でき、なおかつ菌と意思疎通までできる主人公、沢木 惣右衛門 直保(さわき そうえもん ただやす)のその不思議な力ゆえに巻き起こるどたばた学園物語である。

Read Article

ピンポン(松本大洋)のネタバレ解説・考察まとめ

ピンポン(松本大洋)のネタバレ解説・考察まとめ

ピンポンは、松本大洋による卓球漫画、及びそこから派生した実写映画、アニメ作品。 卓球を題材とし、登場人物達の友情や成長描く青春物語で、神奈川県藤沢市が舞台となっている。 週刊ビッグコミックスピリッツ(小学館刊)に1996年から1997年まで連載された。全5巻。 実写映画は2002年7月に劇場公開された。 アニメは2014年4月〜6月に放送された。全11話。

Read Article

ハチミツとクローバー(ハチクロ)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

ハチミツとクローバー(ハチクロ)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ハチミツとクローバー』は羽海野チカにより宝島社、集英社に2000年から2006年にかけて連載された漫画作品、及びそこから派生するテレビアニメ、実写映画、テレビドラマである。「ハチクロ」という略称で親しまれる。 テレビアニメ第一期が2005年、第二期が2006年に放送された。 美術大学を舞台に、不器用な大学生達の報われない恋や自分の才能や生き方について迷う若者達の姿を描いた青春群像劇

Read Article

乱歩奇譚 Game of Laplace(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

乱歩奇譚 Game of Laplace(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

推理作家「江戸川乱歩」が書き上げた作品群の中から「人間椅子」、「影男」、「怪人二十面相」、「ラプラスの島」などを題材として、主人公のアケチ、コバヤシ少年を中心に現代の世界観で起こった怪事件を解決していくアニメオリジナル作品である。 2015年7月~9月までフジテレビ「ノイタミナ」枠で放送された。アニメーション制作はLerche(ラルケ)。

Read Article

うさぎドロップ(漫画・アニメ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

うさぎドロップ(漫画・アニメ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

うさぎドロップとは宇仁田ゆみによる日本の漫画作品。祥伝社「FEEL YOUNG」に2005年10月から2012年1月まで掲載。本編全9巻。番外編10巻。 2011年7月フジテレビ”ノイタミナ”にてアニメ放送。2011年8月に実写映画化。 祖父の葬儀で見知らぬ女の子に出会った独身30歳の男大吉と6歳の女の子りんの物語。

Read Article

海月姫(東村アキコ)のネタバレ解説・考察まとめ

海月姫(東村アキコ)のネタバレ解説・考察まとめ

海月姫(くらげひめ)とは、漫画家・東村アキコにより描かれた少女漫画である。講談社発行の雑誌Kissにおいて連載されている。オタクでニートの女たち、通称”尼~ず”はレトロなアパートの天水館で自らの趣味に没頭して暮らしていた。その一員である主人公の月海はクラゲのクララをきっかけに女装男子の蔵之介と知り合い、天水館売却を阻止すべくクラゲモチーフのドレスデザイナーとして奮闘することになる。

Read Article

クズの本懐(横槍メンゴ)のネタバレ解説・考察まとめ

クズの本懐(横槍メンゴ)のネタバレ解説・考察まとめ

横槍メンゴによる漫画作品、及びそこから派生したアニメ、ドラマ作品である。「月刊ビッグガンガン」(スクウェア・エニックス刊)で2012年Vol.10から2017年Vol.04まで連載された。 報われない恋に悲しむ男女や、誰もが持ちうる孤独に苦しむ人間の姿、そしてその寂しさから抜け出し、未来を歩んでいく人々の強さを描いた作品である。

Read Article

図書館戦争(小説・漫画・アニメ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

図書館戦争(小説・漫画・アニメ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

2006年よりアスキー・メディアワークスより出版された有川浩の小説及びそれらを原作とする漫画、アニメ、実写化作品である。シリーズ作品であり、「図書館戦争」から始まる全4巻と外伝「別冊図書館戦争」全2巻で構成される。舞台は公序良俗を乱し人権を侵害する表現を規制する法律が制定された架空の日本。主人公笠原郁は不当な検閲から本を守るため、表現の自由を守るため図書隊員として戦う。

Read Article

恋は雨上がりのように(恋雨)のネタバレ解説・考察まとめ

恋は雨上がりのように(恋雨)のネタバレ解説・考察まとめ

『恋は雨上がりのように』は、眉月じゅんによる漫画作品。WIT STUDIO制作、ノイタミナ枠でアニメ化された。 クールな女子高生・橘あきらはケガにより陸上競技を諦めた。気を落としていたあきらは、偶然入ったファミレスで優しく声をかけてくれる近藤正己と出会う。 17歳の少女と45歳のおじさんの恋愛を描く。

Read Article

モノノ怪(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

モノノ怪(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

「モノノ怪」とは、2006年にフジテレビのノイタミナで放送されたアニメ「怪 〜ayakashi〜」の中の「化猫」編をスピンオフし、「モノノ怪」というタイトルで2007年に同じくノイタミナで放送されたオリジナルアニメーション。シリーズディレクターは「中村健治」で、スタイリッシュな和製ホラー作品。 人間の情念に憑いたあやかしが「モノノ怪」となり、主人公「薬売り」が退魔の剣でモノノ怪を斬っていく。

Read Article

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のネタバレ解説・考察まとめ

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のネタバレ解説・考察まとめ

『SPY×FAMILY(スパイファミリー)』は、遠藤達哉によるアクションコメディ漫画。『少年ジャンプ+』にて連載中。スパイアクションとホームドラマの融合によるコメディという異色作で、赤の他人だったスパイの男、殺し屋の女、超能力者の少女が「仮初の家族」を築き、偽装家族が互いに秘密を抱えながらも「家族としての普通の日常」を送るために日々のトラブルと奮闘するホームコメディ。物語はスパイの男が与えられた任務を成功させるための行動が主軸になっており、家族の平穏から世界平和まで守る姿が描かれている。

Read Article

王様ランキング(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

王様ランキング(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『王様ランキング』とは、十日草輔によるファンタジー漫画である。 最初はweb漫画投稿サイト『マンガハック』で毎週土曜日に更新されていたところ、徐々にその人気が認められ、現在は様々なweb媒体で読むことが可能であり、KADOKAWA書店(ビームコミックス)より書籍化もされている。絵本のようなやさしいタッチが魅力の作品。 主人公の耳が聞こえず、話すこともできないボッジ王子と友人のカゲが『王様ランキング』で1位になることを目指して奮闘する物語である。

Read Article

進撃の巨人(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

進撃の巨人(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『進撃の巨人』とは、諫山創による日本の漫画作品。アニメが2013年4月から9月まで放送され、BD&DVD第1巻は合計約7万7000枚を売り上げ、1万枚が成功ボーダーとされるアニメ業界で驚異的な記録になった。巨大な壁に守れた人類達の元に、圧倒的な力を持った「巨人」が現れ、主人公「エレン・イェーガー」は母を失くす。人類存亡をかけて巨人との戦いに挑む、ダークファンタジー作品。

Read Article

ヴィンランド・サガ(VINLAND SAGA)のネタバレ解説・考察まとめ

ヴィンランド・サガ(VINLAND SAGA)のネタバレ解説・考察まとめ

『ヴィンランド・サガ』とは、幸村誠による漫画。講談社発刊・月刊アフタヌーンにて連載された。主な舞台は11世紀初頭の北欧。主人公のトルフィンは、幼い頃に父・トールズをヴァイキングに殺され、復讐を果たすために戦士となる。やがてその道程での心の成長と共に、平和な場所『ヴィンランド』を求める旅へ。戦乱や紛争、暴力や罪、愛の中を生き抜く人間たちを描いたアクション・ヒューマンドラマ。

Read Article

魔法使いの嫁(まほよめ)のネタバレ解説・考察まとめ

魔法使いの嫁(まほよめ)のネタバレ解説・考察まとめ

『魔法使いの嫁』とは、ヤマザキコレによるマンガ作品。2014年1月号から9月号まで「月刊コミックブレイド」で連載された後に「月刊コミックガーデン」へと移った。この物語は、夜の愛し仔(スレイ・ベガ)である「チセ」が異形の魔法使い「エリアス」に買われるところから始まる。人ではない者が見えることにより、たくさん傷ついてきたチセは、その能力により様々な出会いを繰り返し自分と向き合っていくのであった。

Read Article

僕だけがいない街(僕街)のネタバレ解説・考察まとめ

僕だけがいない街(僕街)のネタバレ解説・考察まとめ

三部けいによる漫画を原作とするアニメ作品。 2016年よりフジテレビ「ノイタミナ」枠にて全12話が放送された。 「再上映(リバイバル)」と呼ばれるタイムリープ能力を持つ主人公が、自分と周囲の人々を救うために、現在と過去を行き来するミステリー・サスペンス作品である。 終盤の11話の途中からは、原作とはやや違うオリジナルストーリーとなっている。

Read Article

銀の匙(Silver Spoon)のネタバレ解説・考察まとめ

銀の匙(Silver Spoon)のネタバレ解説・考察まとめ

『銀の匙』とは、荒川弘によって2011年より週刊少年サンデーで連載されている漫画及びそれを原作とするアニメ、実写映画。舞台は北海道の「大蝦夷農業高等学校(エゾノー)」。主人公の八軒勇吾は札幌の私立中学に通っていたが受験に失敗し、学力競争と父から逃れるため恩師の勧めもあり大蝦夷農業高等学校に進学する。農業未経験者の八軒は仲間たちと汗と涙と泥にまみれ、農業の厳しい現実にぶつかりながらも成長していく。

Read Article

進撃の巨人の九つの巨人まとめ

進撃の巨人の九つの巨人まとめ

『進撃の巨人』とは、諫山創によるダークファンタジー漫画およびそれを原作としたアニメ・小説・ゲーム・映画などのメディアミックス作品。人類を無差別に殺す謎の生命体「巨人」が存在する世界を舞台に、巨人を駆逐することに執念を燃やす主人公エレン・イェーガーの戦いを描く。作中ではエレン以外に巨人化の能力を持つ人物が登場し、それらは「九つの巨人」と呼ばれている。「九つの巨人」はそれぞれ「始祖の巨人」や「鎧の巨人」などの固有名称を持ち、普通の巨人とは一線を画す特殊技能を持っている。

Read Article

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(あの花)のネタバレ解説・考察まとめ

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(あの花)のネタバレ解説・考察まとめ

『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』とは、A-1 Pictures制作による恋愛やファンタジーを題材としたオリジナルテレビアニメ作品である。2011年4月から6月までフジテレビのノイタミナ枠でアニメが放送された。その後、漫画化、劇場化、実写ドラマ化されている。死んだはずの「本間 芽衣子(ほんま めいこ)」こと「めんま」が主人公の「宿海 仁太(やどみ じんた)」こと「じんたん」の前に現れる。めんまの死によってバラバラになってしまった幼馴染の5人の、過去の傷や葛藤を描いた物語である。

Read Article

ギルティクラウン(GUILTY CROWN)のネタバレ解説・考察まとめ

ギルティクラウン(GUILTY CROWN)のネタバレ解説・考察まとめ

『ギルティクラウン』とは、制作会社プロダクションI.Gが手掛けたオリジナルアニメであり、フジテレビ系列「ノイタミナ」枠にて2クールアニメとして放送された。 物語前半は突如発生した未知のウイルス"アポカリプスウイルス"が蔓延した10年後の日本を舞台にした作品であり、主人公である桜満集がレジスタンスグループの一員として「王の能力」と共に世界と戦い、物語後半はアポカリプスウイルスの第二次パンデミック発生後からアポカリプスウイルスの消滅まで桜満集が「王の能力」と共に世界を救う構成となっている。

Read Article

いぬやしき(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

いぬやしき(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『いぬやしき』とは奥浩哉による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 冴えないサラリーマンの犬屋敷壱郎と高校生・獅子神皓はある日、公園で謎の光に包まれた。その光は宇宙人が起こした事故であり、命を落としていた二人は事故を無かったことにするために改造されて意識を取り戻す。 「人を助けることで生を実感する男」と「人を殺すことで生を実感する男」の戦いが描かれる。

Read Article

さらざんまい(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

さらざんまい(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『さらざんまい』とは、『少女革命ウテナ』『輪るピングドラム』など、ヒット作を多数手がけてきた幾原邦彦が監督を務める、新作オリジナルTVアニメ。東京・浅草を舞台に、人と人との「繋がり」を描いた作品。2019年4月~6月まで、フジテレビノイタミナ他にて放送された。中学生の矢逆一稀、久慈悠、陣内燕太の3人は、謎のカッパ型生命体「ケッピ」と出会う。ケッピは、どんな望みでも叶えることが出来る「希望の皿」を生み出せる唯一の存在だった。希望の皿を手に入れて譲れない繋がりを守る為、3人はケッピの命令に従う。

Read Article

進撃の巨人の壁・地区・歴史情報まとめ

進撃の巨人の壁・地区・歴史情報まとめ

『進撃の巨人』とは、諫山創によるダークファンタジー漫画およびそれを原作としたアニメ・小説・ゲーム・映画などのメディアミックス作品。人類を無差別に殺す謎の生命体「巨人」が存在する世界で、生き残った人類は3重の壁を築き、その内側でかろうじて命脈を繋いでいた。しかしそんなある日、壁を超える巨体を持つ「超大型巨人」によってシガンシナ区の扉が壊され、巨人の大群が壁内に侵入。人類は活動領域の後退を余儀なくされた。巨人に母親を殺されたエレンは、全ての巨人を駆逐することを心に誓う。

Read Article

SPY×FAMILYの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

SPY×FAMILYの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)とは、スパイの男と、殺し屋の女と、超能力者の女の子が仮初の家族となり、互いに自分の秘密がバレないように苦心しながらも“本物の家族”として成長していく様を描いた遠藤達哉の漫画作品。 コミカルなシーンが多い一方、その世界設定は「大国同士が緊張状態にある」という危ういもので、時にテロリズムなどの凄惨なシーンが登場する。それに屈さず、手を血に染めてでも平和のために戦うキャラクターたちの言葉は、普段との落差もあって読者の胸に鋭く突き刺さるものとなっている。

Read Article

SPY×FAMILY(スパイファミリー)の武器まとめ

SPY×FAMILY(スパイファミリー)の武器まとめ

『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)とは、スパイの男と、殺し屋の女と、超能力者の女の子が仮初の家族となり、互いに自分の秘密がバレないように苦心しながらも“本物の家族”として成長していく様を描いた遠藤達哉の漫画作品。 社会の裏側で暗躍する人々を題材としているため、作中には暗器、刀剣、各種銃器、爆弾や手榴弾、さらには生物兵器に至るまで多種多様な武器が登場し、時にはそれ自体を巡っての激しい攻防が描かれる。物語を華々しく、あるいは陰惨に彩るそれらの武器について紹介する。

Read Article

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のイーデン校まとめ

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のイーデン校まとめ

イーデン校とは、遠藤達哉の漫画『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)に登場する、東人民共和国屈指の名門校。物語の中心人物の1人であるアーニャ・フォージャーが入学し、以後多くの時間を過ごすこととなる場所である。 男女共学で、授業は13年制となっており、生徒のほとんどは名家や有力者の子女である。未来の国士を育てるため、愛国教育にも力を入れている。入学には厳しい試験を突破する必要があり、劣等生を強制的に途中退学させる仕組みも存在するなど、名門に相応の峻厳な教育システムで知られている。

Read Article

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のスパイグッズ・道具・アイテムまとめ

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のスパイグッズ・道具・アイテムまとめ

『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)とは、スパイの男と、殺し屋の女と、超能力者の女の子が仮初の家族となり、互いに自分の秘密がバレないように苦心しながらも“本物の家族”として成長していく様を描いた遠藤達哉の漫画作品。 裏家業の人々を題材としているため、盗聴器や暗号といったいかにもな品が数多く登場する。一方で「それぞれの理由で家族を演じなければならない」という事情から、ごく日常的なアイテムが重要な意味を持つことも少なくない。そんな『SPY×FAMILY』に登場する道具の数々を紹介する。

Read Article

SPY×FAMILY(スパイファミリー)の料理・食事・食べ物・飲み物まとめ

SPY×FAMILY(スパイファミリー)の料理・食事・食べ物・飲み物まとめ

『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)とは、スパイの男と、殺し屋の女と、超能力者の女の子が仮初の家族となり、互いに自分の秘密がバレないように苦心しながらも“本物の家族”として成長していく様を描いた遠藤達哉の漫画作品。 裏社会の人々の暗闘だけでなく、主人公たちが各々の事情から作り上げた“家族”も物語のテーマとなっている。そのためごく日常的な食事シーンなどもたびたび描かれており、キャラクターの立ち位置や他者との関係、その変化を表すものとしても重要な意味を持たされている。

Read Article

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のコラボ商品・グッズまとめ

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のコラボ商品・グッズまとめ

『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)とは、スパイの男と、殺し屋の女と、超能力者の女の子が仮初の家族となり、互いに自分の秘密がバレないように苦心しながらも“本物の家族”として成長していく様を描いた遠藤達哉の漫画作品。 2019年に連載が開始されるや読者から高い評価を受け、2022年にアニメ化されてからはさらに注目される作品となった。その人気にあやかる形で様々な企業とのコラボレーションが展開されており、連載初期からのファンや新規の客層を楽しませている。

Read Article

SPY×FAMILY(スパイファミリー)の変装まとめ

SPY×FAMILY(スパイファミリー)の変装まとめ

『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)とは、スパイの男と、殺し屋の女と、超能力者の女の子が仮初の家族となり、互いに自分の秘密がバレないように苦心しながらも“本物の家族”として成長していく様を描いた遠藤達哉の漫画作品。 国家間や組織間で暗躍する人々をメインに扱っているため、作中には様々な変装シーンが存在する。それらは変装した相手の知り合いすら見抜けないほど精巧なものから、ただのコスプレ同然のもの、仮装にもなっていないものなど、種類も質も多種多様。作品を彩る変装の数々を紹介していく。

Read Article

四月は君の噓(君噓)のネタバレ解説・考察まとめ

四月は君の噓(君噓)のネタバレ解説・考察まとめ

四月は君の噓は、新川直司による漫画。全11巻完結。アニメ化、実写映画化もされている。あるテレビ番組ではワンピースで有名な漫画家、尾田英一郎も絶賛していた。 元天才ピアニストの主人公、有馬公生、秘密を隠しているヴァイオリニストのヒロイン、宮園かをりを中心とした中学生の学園青春ストーリー。

Read Article

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のWISE・ワイズまとめ

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のWISE・ワイズまとめ

『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)とは、スパイの男と、殺し屋の女と、超能力者の女の子が仮初の家族となり、互いに自分の秘密がバレないように苦心しながらも“本物の家族”として成長していく様を描いた遠藤達哉の漫画作品。 WISEは作中に登場する組織で、中心人物の1人であるロイド・フォージャーが所属する西国の諜報機関。東人民共和国の要人ドノバン・デズモンドを警戒し、これをより近くで監視するためにオペレーション<梟>を発動。疑似家族を作って東人民共和国に潜伏するロイドを様々にサポートする。

Read Article

目次 - Contents