チア・アップ!(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『チア・アップ!』とは、2020年7月に公開されたハートフル・コメディである。余命が短いことを知った70代前半のマーサは長年住み慣れたニューヨークを去る。静かな余生を楽しむつもりで南部のバージニア州にあるシニアタウンに引っ越した。予想外の友情に恵まれたマーサは、高校時代に挫折したチアリーダーへの夢を叶えることを決意する。病魔と闘いながらかけがえのない絆で結ばれた仲間と全米チア・ダンスコンテストに挑戦する。その姿は老いに屈しない強い精神力への賛歌であり、長寿社会を生き抜くアイコンとなった。

『チア・アップ!』の概要

『チア・アップ!』とは、2019年5月にアメリで公開されたハートフル・コメディである。日本では2020年7月に公開となった。全米2750館で上映。興行収入は全世界で16,418,218ドル。批評家からのレビューも多く寄せられ、高い評価を得ている。誰もがいつかは直面せざるを得ない「老い」をテーマにした本作は、アメリカの実在のシニアチアリーディングクラブがモデルだ。
ヘイズ監督は当初、シニアチアリーディングチームのドキュメンタリー映画を作成しようと考えていた。だが、年齢をものともしない女性たちの物語として深く掘り下げるには、映画という手法を用いた方がより効果的だという結論をだす。老いてもなお夢をあきらめず努力することの素晴らしさを、ザラ・ヘイズ監督は辛らつかつ、ユーモラスに描く。そして、ファッショニスタとして映画界を牽引してきたダイアン・キートン演じる元教師のマーサの描き方にもこだわった。ただの老女の奮闘記にはせず、不治の病に怯えながらも余力を振り絞り、文字通り命を削って夢の実現を目指す女性として描いた。主要キャストも多様な女優を揃えた。マーサを支える親友を、オーストラリア女優のジャッキー・ウィーヴァ―が務める。チアクラブのメンバーにはパム・グリア、リー・パールマン、フィリス・サマーヴィル、パトリシア・フレンチ、ジニー・マッコール、キャロル・サットンを適用。マーサたちに敵対するヴィッキーには、セリア・ウェストンなど。

なかでも、ジャッキー・ウィーヴァー演じるシェリルの存在感には目を見張るものがある。良識ある行動を重視しがちな性格のマーサにおかまいなく、いつも行き当たりばったりで破天荒な言動で、マーサの生活に彩りを添えていく。シェリルの明るさと思いやりの深さが、余命わずかのマーサに全力で生き抜く力をもたらす。ジャッキーがキャストとして参加することがダイアンの出演の決め手になったのもうなずける。マーサが立ち上げたチアクラブのメンバーたちはチアリーディングの特訓を受けたが、ラストの「南部最大のチアダンスコンテスト」での演技は圧巻だ。

70代になったマーサは、46年間住み慣れたニューヨークのアパートを引き払い、南部のシニアタウンに引っ越す決意をする。不要となった家財道具の売りつくしセールを終え、がらんとした暗い部屋に別れを告げる。道中自家用車で颯爽と南部を目指すマーサと主治医との電話での会話がはさまれ、マーサが末期がんに侵されており、余命わずかであることが明かされる。
長いドライブの末にたどり着いたシニアタウン「サン・スプリングス」では、引越し早々、リーダーシップを発揮したがる独裁者のようなヴィッキーとその取巻きを始め、マーサが理想としていた静かな余生にさざ波を引き起こすお節介な隣人のシェリルの存在が待ち受けていた。ここでの生活がやがてマーサの人生を180度ひっくり返すことになるのだ。

感情の行き違いなど紆余曲折を経て、すっかり親友となったシェリルが、ある日マーサの高校時代のチアリーダーのユニフォームを見つける。シェリルが軽い気持ちでマーサに「チアリーディングをまたやってみたら」とすすめたことで、2人の運命が意外な方向へと動き出す。当初は、今さらチアリーダーなんてと思っていたマーサに心境の変化が起こり、シェリルとチアクラブ設立を目指すようになっていく。メンバー募集のためのオーディションにやって来た5人の演技を見終わったマーサとシェリルは、オーディションに来なかった最後の1人であるアリスを自宅に訪ねる。典型的な主婦層の代表とも言えるアリスは、夫からクラブ入りを反対されている。しかし、その夫が数日後にタイミングよくなくなったことで晴れて入部を果たす。クラブ設立に必要な6人を確保したマーサとシェリルは正式にチアクラブを立ち上げる。いよいよリーダーとして、ズブの素人相手に奮闘するマーサの新しい日課が始まった。
本作は、老いたからといって自分の大切な夢や希望をあきらめることはないのだと教えてくれる。「老人はおとなしくその日を過ごせばいいのだ」などというような古い概念を跳ね返し、どれだけ年齢を重ねようとも「未来へ羽ばたく」という生き方もあることを、ヘイズ監督はチアリーディングを通して見事に表現した。老いと病いという命題を深刻になり過ぎず、どこまでも楽観的に描いたヘイズ監督の姿勢は、本作に出演した俳優陣の演技にも如実に表れている。「老いてもなお楽しめることがある」という高揚感を与えてくれるのだ。

『チア・アップ!』のあらすじ・ストーリー

終いの住処へ

マーサ(左端)を歓迎する「サン・スプリングス」の仕切り屋・ヴィッキー(中央)と取り巻きのバーバラ(右から2番目)とゲール(右端)。

ニューヨークで長年教師をしてきたマーサ・ウォーカーは、46年間住み慣れた家を離れる決意をする。末期ガンを患い、自分の余命が残り少ないことを知ったからだった。人生最期の住まいは、ジョージア州の老人コミュニティ「サン・スプリングス」に決めている。

家具や思い出の詰まった小物などをアパート前での「遺品セール」で売りさばき、出発する前夜に手早く荷物を箱詰めするマーサの手が止まる。高校時代に夢中になったチアリーダーのユニフォームが出てきたのだ。感傷に浸りながらも、思い出の数々を無造作に段ボール箱に詰めこんでいく。

翌朝。ジョージア州へと車を走らせる途中で主治医に、今後のガンの治療はやらないと電話で告げる。痛みが襲ってきた時の為に、処方された薬はバッグに入れてあった。

「サン・スプリングス」に到着したマーサを、古参のヴィッキーと、その友人であるゲールとバーバラが迎えてくれた。敷地内を走るカートの中で、ヴィッキーからここで活動できる100以上あるクラブの説明を受ける。「サン・スプリングス警備」に案内されたマーサは、警備隊長であるカールの安全講習を受けた後に、ようやく自宅に入ることができた。

段ボール箱を玄関から室内に入れようとしていると、隣に住むシェリルがさっそく挨拶に現れた。毎週やっている自宅でのポーカーへの勧誘だったが、長旅で疲れているからとやんわり断る。その夜、マーサがベッドで本を読んでいると、隣のシェリルの家の騒音が聴こえてきた。隣の玄関をノックしても誰も出てこない。マーサが警備室に電話を入れると、カールと見習いのドリスがシェリルの家の前にカートで来てくれた。

慌てたシェリルはポーカー仲間を引き連れて、マーサの家に逃げ込む。その中にはシェリルの孫で、庭師をやっているベンもいた。夜通し騒ぐシェリルたちを残して、自室で眠りにつくマーサ。引越し早々、彼らの雑音でなかなか寝付かれない夜になってしまった。

翌日。家も片付き散歩に出かけたマーサに、カートに乗ったシェリルが近づいてきた。「ランチ」への誘いだった。ここで言う「ランチ」とは、お通夜の家に上がり込み、並べられたご馳走にありつくことを言う。厚かましいことに、シェリルは持参したビニール袋に手当たり次第に料理を詰めこみだした。

それを見て嫌気がさしたマーサは、ひとりで足早に立ち去る。デリカシーに欠けるシェリルから毎日のように誘いの電話が来るが、マーサは取り合わない。そんなある日、マーサはトイレで嘔吐し、病気の悪化を実感する。
その後、何気なく見ていたテレビで、「遺灰を花火にして空に打ち上げ、故人を盛大に見送る」というサービスを知る。

ある夜。寝静まったマーサの家の前で不審な物音がした。防衛のために植木鉢を抱えたマーサが室内を見回ると、シェリルの姿が目に入った。植木鉢を床に落とし、叫び声を上げるマーサ。シェリルはマーサが電話に出ないことで心配して、様子を見に来てくれたらしい。

夜中だったが、すっかり目が覚めたマーサはシェリルとおしゃべりをすることにした。シェリルが、自分の座っている椅子の横に置いてある段ボール箱に目を付ける。そして、中に入っていたチアリーダーのユニフォームを取り出す。マーサは、高校時代にチアリーダーをやっていたことを打ち明けた。

チアリーダーの選考オーディションに3回落ちたが、最後の学年でやっと入部がかなう。だが、デビュー戦の前日に母の重い病気が判明し、チアを諦めて母の看病をした。マーサは、憧れのチアリーダーのユニフォーム姿で人前に立ったことは一度もない。

そんなマーサの気持ちを察したシェリルが、「またチアをやってみたら?」と冗談まじりに言う。マーサは昔の夢だからと相手にしない。ユニフォームを借りたシェリルは家に持ち帰った。マーサは段ボール箱から写真を取り出す。そこには、チアリーダーのユニフォームを着た誇らしげな自分が写っていた。苦い思い出に涙が止まらなくなってしまった。

翌日マーサがシェリルの家のドアをノックすると、孫のベンが出てきた。シェリルはベンの高校で代理講師をしているという。高校にやって来たマーサは授業中のシェリルに窓から合図を送った。授業が終わると、2人でスタンドに座ってグラウンドで練習するチアリーダーたちを眺める。

マーサがシェリルに、「チアリーディングのクラブを立ち上げる」と唐突に宣言する。1人ではできないからシェリルの協力が必要だというのだ。シェリルは、マーサがベンに車の運転を教えるという約束で承諾する。

チアクラブ始動

マーサとシェリルは、ヴィッキーが理事長を務める「サン・スプリングス」の理事会にクラブ設立申請を提出し、部員募集のオーディションを行うことにした。理事会の規定では、8人が最低必要人数となっている。
応募してきた6人のうち、5人はチアリーダー経験なしの素人ばかり。

夫とタンゴを習っているオリーブ。ディスコダンスのフィリス。ヨガの経験者エヴァリン。エアロビクスが得意で陽気なビール。バトントワリングでカーニー郡の準ミスのヘレンという5人だった。

マーサとシェリルが、最後の応募者アリスの自宅を訪問する。昔からチアリーダーに憧れを抱いていたアリスは、夫から「どうしても入部したいなら、俺が死ぬまで待て」と言われて落胆していた。

ところが、数日後にアリスの夫が急死する。出棺に立ち会ったマーサが「それにしても早かったわね」と言うと、シェリルは「ご主人は薬を飲み間違えたの。アリスに殺意はないわ」と言ってのける。ちょうどその時2人と顔を合わせたアリスは、ハンカチを握りしめながら小さい声で「チアの練習で会いましょう」とささやいた。それを聞いたマーサとシェリルはどう取っていいのか分からずに顔を見合わせた。

「サン・スプリングス」の娯楽室で初めての練習が始まるが、メンバーはそれぞれになにかしらの持病を抱えていたことが判明する。チアリーディングどころではないメンバーの現状を踏まえ、マーサはまず柔軟体操からはじめなければならなかった。

初回練習を終え、披露困憊で帰宅するマーサを待っていたのはヘレンの息子トムだった。トムはヘレンの資産を管理している。トムはチアクラブへの100ドルの会費さえケチるありさまで、ヘレンのクラブ参加を猛烈に反対していたのだ。

そんなある日、ヴィッキーはマーサのクラブの練習時間の延長申請を却下してきた。もうすぐ行われるシニア発表会に出る古株のクラブの練習を、優先させるとの理由だった。シニア発表会へのチアクラブの参加を密かに願っていたマーサは、練習時間が減ることへの不安から食べた物を吐いてしまう。病気は明らかに進行している。

メンバーのスキルアップには練習場の確保が必要だと実感したマーサは、シェリルに協力を依頼する。ベンの高校で臨時講師を勤めるシェリルが、仲の良い校長に掛け合った結果、高校の施設を利用できることになった。マーサには内緒だったが、その夜に行われる壮行会出場が条件だった。

興味深々でロッカールームに行ったマーサたちは、壮行会のことを知り動揺する。そこへ現役のチアリーダーたちが現れ、マーサたちのせいで自分たちの演技時間を削られたと非難し、年齢のことでも冷笑を浴びせる。

壮行会でのチアリーダーたちの見事な演技に圧倒されたメンバーたちは、萎縮した演技に終始した。さらに、アリスとぶつかったヘレンが床に倒れ、さらなる醜態をさらしてしまう。入院したヘレンを見舞いに行ったマーサは、大衆の前での演技はまだ早いというマーサの意見を無視したシェリルに怒りをぶつけた。

険悪な雰囲気に追い打ちをかけたのは、ベンが見せてくれた動画だった。高校のチアリーダーのクロエが撮った動画がアップされており、すでに2万回再生されていたのだ。マーサはベンに動画の削除を頼むが、動画をアップした者でなければ削除はできないと断られた。

翌日の「サン・スプリングス」の理事会でも緊急会議が開かれ、チアクラブは活動禁止に追い込まれる。練習がなくなったメンバーたちは、寂しさを感じるようになっていく。シニア発表会の夜。会場の前には車に乗ったマーサの姿があった。できればみんなで発表会に出たかったのだ。シェリルに会いに行ったマーサの失意を感じ取ったシェリルは、あの動画の再生回数が50万回になったことを教える。動画に録音されていた犯人の声がチアリーダーのクロエだと知った2人は翌朝、クロエの家に行く。

昨夜のパーティ会場となったクロエの自宅に入ると、クロエが後片付けをしている最中だった。マーサに動画のことで詰問されたクロエは、動画は自分の許可を得ずに、アップされたと謝る。謝罪を受け入れる条件として、チアクラブのコーチを頼まれたクロエは仕方なく引き受けてくれた。

チアクラブ、練習を再開

マーサ(左)に寄り添うシェリル(右)

チアクラブの練習が再開された。クロエが見守るなか、メンバーの熟練度が増していく。クラブ全体にも明るいムードが戻ってきた。練習後にマーサの自宅に集まったシェリルとクロエとともにくつろいでいたマーサが、パソコンの画面を見せる。それは「南部最大のチアダンスコンテスト」のサイトだった。

マーサから、このコンテストに出場したいと言われたクロエは即座に断った。全国から参加者が集まる大きな大会で、参加者は1年をかけて練習するとのことだ。メンバーの現段階での演技披露は無謀すぎるとクロエは訴えるが、マーサとシェリルは聞く耳を持たない。しかも、大会は3週間後に迫っていた。

「南部最大のチアダンス」に出場目標を立てたマーサたちは、練習にも気合が入る。クロエの指導でチアの基礎的な動きを徹底的に身体に叩き込む。チアクラブに時間を取られるようになったクロエは、高校のチアリーディングの練習に遅刻が続いていた。リーダー格のメンバーから今度遅刻したら退部だと勧告されてしまう。

一方、「サン・スプリングス」でも、問題が発生していた。チアクラブの復活にヴィッキーが異議を唱えたのだ。マーサたちに規律を守らせるようにカール隊長に迫る。そんなことにはめげないマーサはクロエに、何か目立つ動きを取り入れたいと提案する。大会への決意を感じとったクロエは、その振付を受け入れる。
練習が波に乗ってきたころ、休憩を取っていたマーサは自分の身体に異変を感じ、トイレで嘔吐する。病を押して練習を重ねることで、病状は悪化の一途をたどっていた。翌日マーサは、「ティム・ニコルズ葬儀花火」のサイトにアクセスする。自分の最期の身の振り方を決めたのだ。

娯楽室で練習できない日は、マーサの自宅のガレージを使うようにした。そこへヘレンの息子トムがまた文句を言いにやってきた。チアコンテストへの出場をやめないなら、ヘレンを退部させると脅す。

チアダンス部は練習意外にも施設内でのボーリングなど、親交を深めていた。あのしとやかだったアリスにはいつの間にか、ボーイフレンドができていた。楽しい時間が終わり、帰宅途中で路上に倒れたマーサは入院することになった。
見舞いにきたシェリルは、マーサのガンを知らされたうえに、翌日行われる大会には出ないと聞いてショックを受ける。引きずってでもコンテストに連れて行くというシェリルにマーサは、「私はもうすぐ死ぬの」とポツリと言った。そして「死ぬのが恐い」と本音を打ち明けたマーサに寄り添うシェリル。

「南部最大のチアダンス」コンテスト出場

演技を終え、感動の涙を流すマーサ。

コンテスト当日。病気を押して出場する決意をしたマーサは、息子のトムに監視され、家から出してもらえないヘレンを連れ出す計画を実行。カール隊長の協力で借りた「サン・スプリングス」の送迎バスで大会へと出発した。

コンテスト会場にギリギリで間に合ったメンバーたちは急いで控え室へと向かう。しかし、受付をするマーサに難問が持ち上がった。大会の責任者から、出場できるのは若い女性だけだと断られてしまったのだ。万事休す状態に陥ったマーサに、強力な助っ人が現れる。カール隊長が「参加を認めないと、年齢差別で罰するぞ」と脅しをかけて無理やり出場を認めさせた。

控え室では、シェリルたちとチアクラブの出場を知った高校のチアリーダーたちが睨み合っていた。クロエは、自分がマーサのチアクラブのメンバーの一員であることを告げる。そして、「おばあちゃんが8人もできたことを誇りに思う」と、チアリーダーたちのあざけりを一蹴する。

控室に飛び込んできたマーサはメンバーと円陣を組み、「この仲間でいられて幸せよ。みんなのこと大好きだからね」と言葉をかける。

マーサたちの演技が始まると、会場は静まりかえる。猛特訓の甲斐があり、元気いっぱいに踊るマーサたちを見た観客は総立ちとなる。平均年齢72歳のチアリーダーの誕生だった。マーサはシェリルと顔を見合わせ「ありがとう」と声を出さずに伝えた。
それからほどなくして、「サン・スプリングス」の夜空に、マーサの遺骨の花火が上がった。

1年後。「サン・スプリングス」のチアクラブのメンバーは、「南部最大のチアダンス」コンテスト会場にいた。今回の大会は、マーサの追悼を兼ねて行われる。控え室で円陣を組み、シェリルから「マーサに捧げる踊りよ」と声がかかると、全員で「マーサのために」と唱え、涙をこらえながら舞台に出ていく。マーサの思い出を胸に抱きしめて。

死を目前にしたマーサの「チアリーダーになりたい」という強い気持ちは、メンバーたちの人生をも変えた。チアダンスコンテストの模様がネットに拡散されると、世界中で「サン・スプリングス・シニアチーム」のダンスが流行する。世界各地から動画が次々とアップされ、社会現象となる。マーサの夢が人々の間にまで広がり、大輪の花を咲かせたのだ。

『チア・アップ!』の登場人物・キャラクター

マーサ(演:ダイアン・キートン)

余命わずかとなったマーサは元教師。長年住み慣れたニューヨークを離れ、南部のシニアタウン「サン・スプリングス」で余生を送ることになる。静かな生活を望んでいたものの、高校時代の憧れであったチアリーダーへの夢が再熱し、チアクラブを立ち上げ、仲間と共に「南部最大のチアダンスコンテスト」出場を目指す。
特訓を積んだおかげでコンテストに出場を果たしたマーサとメンバーにはやり切ったという思いがあふれた。やがてマーサが亡くなり、翌年のコンテストは新メンバーが加入。彼女たちはマーサの思い出を胸に演技のステージへと向かう。

ダイアン・キートン
1946年アメリカ・ロサンゼルス出身。高校卒業後に俳優活動を開始、ブロードウェイの舞台に立ちながら、1970年から映画界へも進出。一時期公私を共にしたウディ・アレン監督作の1977年『アニー・ホール』でアカデミー主演女優賞を獲得。名実ともに映画界を支える名優として今なお大活躍をしている。
彼女の代名詞となった『アニー・ホール・ルック』と呼ばれたメンズ・アイテムは、映画界に衝撃を与え、以後ダイアンの定番となる。
主な出演作は、19720年『ゴッドファーザー』、1972年『ボギー!俺も男だ』、1974年『ゴッドファーザーPART Ⅱ』、1975年『ウディ・アレンの愛と死』、1977年『ミスター・グッドバーを探して』、1979年『マンハッタン』、1991年『花嫁のパパ』、1996年『マイ・ルーム』、2003年『恋愛適齢期』、2007年『恋とスフレと娘とわたし』、2013年『グリフィン家のウェディング』、2014年『ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります』、2014年『最高の人生のつくり方』、2017年『ロンドン、人生はじめます』、2018年『また、あなたとブッククラブで』他。

シェリル(演:ジャッキー・ウィーヴァー)

ポーカーとお節介が趣味という、どこまでも陽気なマーサの隣人。
自己中心的と見なされる面を持ってはいるが、実は人情に厚く面倒見が抜群にいい。ユーモアのセンスもあり、人を引っ張っていく才能は他の誰にも負けない。そのバイタリティーで次第にマーサの警戒心を解いていき、2人は無二の親友となる。マーサと立ち上げた「チアクラブ」を通して、マーサのチアリーダーになる夢を手伝う。

ジャッキー・ウィーヴァー
1947年オーストラリア・シドニー出身。映画だけでなく、テレビ・舞台で活躍。1971年の『Stork』でオーストラリア映画協会賞主演女優賞を獲得。1990年代から舞台でも活躍する。映画では2010年『アニマル・キングダム』で注目され、アカデミー助演女優賞などにノミネート。以後、ハリウッド進出に成功する。2012年『世界にひとつのプレイブック』でアカデミー助演女優賞に再ノミネートを果たすなど躍進し続けている。
主な出演作は、1975年『ピクニックatハンギング・ロック』、2013年『イノセント・ガーデン』、2013年『パークランド ケネディ暗殺、真実の4日間』、2014年『ミッシング・デイ』、2015年『ロスト・エモーション』、2020年『ザ・グラッジ 死霊の棲む屋敷』、2020年『ステージ・マザー』、2020『ペンギンが教えてくれたこと』他。

アリス(演:リー・パールマン)

画像中央の人物がアリス

高圧的な夫に人生を支配されてきた主婦生活から解放され、マーサのチアクラブに入ることで長年憧れていたチアリーダーへの道が開かれる。素直な人柄がマーサとシェリルの心を捉え、ぜひメンバーにと勧誘された。肩痛の持病を抱えながらも、チアに対する情熱がやがてアリスの人生観をも変えていく。結婚時代には考えられなかった自分への肯定感も身に付け、新しい第2の人生に踏み出す。

リー・パールマン
1948年アメリカ・ニューヨーク出身。1972年『Hot Dogs for Gauguin』で映画デビュー。テレビシリーズ『チアーズ』に出演し、エミー賞を獲得するなど、コメディエンヌとしての才能を発揮。俳優のダニー・ベヴィートと1982年に結婚。
主な出演作は、1993年『恐竜大行進』、1995年『ジョン・キャンディの大進撃』、1996年『マチルダ』他。
テレビでは、1985年~1987年のNBCドラマシリーズ『世にも不思議なアメージング・ストーリー』、2001年『アリーmy Love』、2008年『LAW&ORDER:性犯罪特捜班』、2013年FOXテレビ『ブルックリン・ナイン-ナイン』他。

doublejumperw5
doublejumperw5
@doublejumperw5

Related Articles関連記事

ロンドン、人生はじめます(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ロンドン、人生はじめます(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ロンドン、人生はじめます』とは、2017年に公開されたイギリスのコメディ・ドラマ映画である。監督はジョエル・ホプキンス、主演をダイアン・キートンとブレンダン・グリーソンが務めた。 ロンドン郊外の高級マンションに住む未亡人のエミリーは、お金の問題や上辺の近所付き合いに頭を悩ませていた。ひょんなことでで、自由に生きているホームレスのドナルドと出会った事で、エミリーは自分の人生を見つめなおすというストーリー。見どころは、正反対の二人の恋の行方である。

Read Article

ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります』とは、2014年に製作されたアメリカのコメディドラマ映画である。 監督はリチャード・ロンクレイン。 カ―ヴァ―夫妻は、ニューヨークブルックリンの眺めのいいアパートメントの五階で、40年暮らしていた。 妻ルースの悩みは、アパートメントにはエレベーターがないことであった。夫婦共に歳を取り、階段の上り下りも楽ではなかった。ルースは思い切って長年住んだ部屋を売りに出すことにした。戸惑う夫アレックスを余所に売却の話はどんどん進むのであった。

Read Article

目次 - Contents