ラブデスター(漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ラブデスター』とは、『少年ジャンプ+』にて2015年2月25日から2018年4月25日まで毎週水曜に配信された、榊健滋による恋愛デスゲーム漫画である。家庭環境が原因で自身は決して恋をしないと決めていた主人公・若殿ミクニは、一か月以内に両思いが成立すれば帰還・失敗すれば死というデスゲーム、「愛試死(ラブデスター)」に巻き込まれる。そんな主人公がルールを理解していないキャラとの対立や仲間たちとの交流を通し、真実の愛を見つけていく姿を時にコミカルに、時に真摯に描く物語である。

『ラブデスター』の概要

『ラブデスター』とは、『少年ジャンプ+』にて2015年2月25日から2018年4月25日まで毎週水曜に配信された、榊健滋によるデスゲーム漫画である。一か月以内に両思いが成立すれば帰還・失敗すれば死というデスゲーム、「愛試死(ラブデスター)」に巻き込まれる。そんな主人公がルールを理解していないキャラとの対立や仲間たちとの交流を通し、真実の愛を見つけていく姿を時にコミカルに、時に真摯に描く物語である。
主人公たちは終始真剣なのだが、展開のトンチキさ、対立関係になるモブが概ねルールを理解していないことから突っ込みどころが多い展開になる事に定評がある。作者曰く、「ラブデスターはゾンビやサメ映画を観る感じで見てください」とのこと。だがその展開を乗り越えた終盤、登場人物たちがそれぞれの愛情や友愛に真摯に向き合っていく展開は圧巻の一言に尽きる。
2016年12月14日のNO.85公開後、作者の出産のために休載していたが、2017年6月21日より連載を再開した。単行本は全12巻だが、4巻以降は電子版のみとなっている。

『ラブデスター』のあらすじ・ストーリー

ラブデスター開始

理不尽なデスゲームの始まりを告げるファウスト。

月代中学校に通う若殿 ミクニ(わかとの ミクニ)、皇城 ジウ(すめらぎ ジウ)、愛月 しの(あいづき しの)の3人は生徒会に所属している。ミクニが生徒会長、ジウは副会長、しのが書記だ。それと同時に3人は幼いからいつも一緒にいる幼なじみだった。

そんなある日ジウはしのに告白することを決意し、ミクニに打ち明けた。ミクニはそれを聞き、「自分は恋愛をしない」と固く決めていることをジウに話す。ミクニの両親は、愛し合って一緒になり自分を生んだはずなのに離婚。その後ミクニのことも放置気味だった。そのことからミクニは自分も両親と同じ道を辿るのではないかと恐怖し、恋愛することを拒絶していたのだ。しかしジウから見ればミクニがしののことを好きなのは一目瞭然。ジウはそんなミクニの態度に苛立つ。

そんな折、ミクニは自分の家の庭に落ちていた奇妙なバンドを拾った。次の瞬間、いつの間にかミクニの手首には謎のバンドがハメられ、周りの景色が歪むとミクニの周りは廃墟と化していた。崩れ落ちている自宅を見て唖然としながらミクニは誰かいないか探す。すると同じ奇妙なバンドを手首につけたジウとしのを見つけることができた。3人は一緒に廃墟になった街を進み、人の気配がする月代中学校に向かう。すると同じバンドを手首にハメた生徒が140人ばかりいた。

状況が飲み込めずざわつく生徒達の前にファウスト(1.st)と名乗る異星人が現れる。そしてミクニ達を含む140人が「愛試死(ラブデスター)実験」のために選ばれたことを説明した。互いのバンドを触れさせ合って愛の「告白」を行い、「告白」した者とされた者、両者の心からの想い人が互いであると一致すればパートナーが成立。帰還することができる。だが失敗すれば「告白」した側が死に、期間内に帰還できなくとも死亡するという。ミクニはそれに反発。愛を知らないミクニは、告白などしなくても絶対に自分達は家に帰ると宣言した。

そもそもこの「ラブデスター」はファウスト達の種族が愛を知るための実験だった。ファウストは愛を知っているはずの人間という種族であるミクニが愛を知らないことを、自分達に似ていると興味を示す。そして嘲笑って空を見るように促した。そこには青い地球が浮かんでいた。ミクニ達は月へと連れてこられていたのだった。

肝試し編

「ラブデスター」への恐怖が濃くなる中、一組のカップルが告白を成立させる。そのカップルは無事地球への帰還を果たした。それを見た生徒達は告白が成功すればきちんと帰還することができるとわかり、わずかな希望を見出す。生徒達の間で告白が活性化した。そしてファウストは更に告白を促すために、「肝試し」を開催することを発表する。

「肝試し」は、2日間男女が一組のペアで行動し、町にばらまかれたペア数分準備された「告白」に役立つアイテムを入手して学校に戻ってくるというものだった。ペア同士は10m以上離れると爆死するし、アイテムを入手できなくても、学校に戻ってこれなくとも爆死するというルールもあり、それぞれが必死に「肝試し」の臨む。

ジウのペアはレディースの姐切ななせ(あねぎり ななせ)、しののペアは特進組の転入生である神居クロオ(かむい クロオ)、ミクニのペアは女子生徒が足らないため、ミクニに思いを寄せる同性愛者の男子生徒・姫夜カオル(ひめや カオル)だった。

ミクニは生き残っている生徒全員が無事に「肝試し」を終えられるよう尽力する。しかしパートナーと10m以上離れてしまった者や、クロオがアイテムを密かに破棄したことでアイテムを手に入れることができなかった者達が死亡してしまった。

フィーリング測定器編

「肝試し」から数日後、B組の三卜ももこ(みうら ももこ)が屋上から飛び降りて自殺する事件が起きた。この事件にはももこの彼氏である猛田トシオ(たけだ トシオ)が関与していた。猛田はクロオが「肝試し」で手に入れた「フィーリング測定器」というアイテムを譲り受けており、それを利用して「告白」を成立させるためのパートナーとして大量にキープしようとしていた。

ももこの自殺の調査の過程で「フィーリング測定器」の存在を知ったミクニは、これ以上「フィーリング測定器」の使用は危険だと猛田に忠告する。しかし猛田は「フィーリング測定器」を使って他の生徒からの指示を得、ミクニを生徒会長の座から引きずり落とそうと画策し始めた。やがて生徒達はミクニ達生徒会を追いつめ、猛田を生徒会長に据える新生徒会が発足した。

しかしミクニ達も黙ってはいない。ミクニはファウストをも利用して、猛田が生徒達を騙していたことをスクリーンで生中継し、猛田の悪巧みを暴いた。追い詰められた猛田は錯乱し、キープしていた女子に告白して回る。そして全員にフラレて死亡した。

その傍らで一組のカップルが成立し、地球へと帰還する。すると突然、腕輪が膨らみ爆発までのカウントダウンが始まった。三組のカップルが成立した時点でラブデスターは終了する予定だったようで、残された者達は爆死するようセットされていたのだ。しかし意外にもそれを止めたのはファウストだった。ファウストは自分が実験の責任者だとして、忠告をしてきた誰かの声に聞く耳を持たなかった。

その後ミクニはファウストに人気のないところへ連れて行かれ、ファウスト達の種族「凪」について語り、実験の行く末が自分とミクニにかかっていると告げた。

バレンタイン編

姐切に宥められる錯乱したジウ。

月代中学校一帯の季節設定が冬へと変更され、次なるイベント「バレンタイン」が開催される。期日は3日間。その間に女子からチョコレートをもらえなかった男子、チョコレートを渡せなかった女子が死亡するというのだ。この時点で生き残っているのは、女子が43名、男子が49名であり、女子全員がチョコレートを誰かに渡したとしても、男子陣に必ず死者が出ることになる。ミクニはそれに激昂して、ファウストにルールの変更を交渉するが、ファウストはそれを受け入れなかった。

女子達はそれぞれチョコレートを作る。そんな中ジウはしの以外からチョコレートはもらわないとし、しのに告白することを決意する。しかしジウがいざしのに告白しようとしたその時、突然ジウが意識を失った。赤西えり(あかにし えり)という女子が、肝試しの時に手に入れた「魅了剤」という薬をジウに投与したのが原因だった。突然ジウが倒れたことに驚いたしのはミクニを探しにその場を離れる。ジウはその間に赤西に攫われてしまった。

赤西は「魅了剤」を打っても「心に決めた人がいる」と揺らがないジウに、大量の「魅了剤」をジウに打ち込む。「魅了剤」の過剰摂取によりジウの意識は朦朧とし、重篤な幻覚症状に陥った。眼の前の赤西がしのに見え始めたジウ。そんなジウに痺れを切らし、赤西はついにジウに告白してしまう。当然告白は不成立に終わり、赤西は死亡する。しかし赤西がしのに見えているジウにとってその光景はしのが爆死したように見えていた。しのが死んでしまったと勘違いしたジウは激しく動揺し、錯乱状態に陥る。ジウの絶叫を聞き駆けつけた姐切がなんとかジウを落ち着かせた。ジウは姐切の姿を認識すると、気を失ってしまった。

女子達が作ったチョコレートがなくなったり、そのチョコレートをミクニが探しに行ったりする中、このイベント「バレンタイン」のルールの抜け穴が判明する。既に誰かと思いが通じ合っている女子は、チョコレートを受け取れていない男子に自分のチョコレートを渡してから、意中の人に告白して帰還する。これによって男子のほとんどがチョコレートを受け取ることができる計算になり、残る犠牲者枠は一人になった。

ミクニは自分がチョコレートを受け取らずにこのまま死ねば、自分に執着しているファウストは実験に興味をなくすかもしれないと考える。そして誰からもチョコレートを受け取らないために、身を隠そうとした。しかし自分の机の中にフィーリング測定器騒動の時に自分を励ましてくれた「A」からのチョコレートが入っていることに気がつく。「A」のチョコレートを受け取らねば「A」が死んでしまう。だが自分がチョコレートを受け取れば他の誰かが死亡する。ミクニがそのことに葛藤していると、突然教室が崩れ始めた。慌てたミクニはその中で「A」のチョコレートを手に取り死を免れた。

敬王中学編

「バレンタイン」終了後、ジウはミクニがしのからチョコレートを受け取ったことに気がついていた。しかしミクニは「A」がしのであることを知らないし、ジウはしのが「A」と本名を隠してチョコレートを渡したことを知らない。ジウはミクニがしのからチョコレートをもらったことを自分に隠していると勘違いし、次第に疑心暗鬼に陥っていく。

そんな時、月代中学校の敷地内に見慣れない男子生徒が倒れているのが発見された。その男子は名家の子息が多く通う敬王大学付属中等部の生徒だった。狐森ショウ(こもり ショウ)と名乗った男子生徒は、敬王中学でもラブデスターが行われていると告げる。実験の責任者はファウストの同胞「凪」のレイディだった。狐森の罠にハマり、ミクニ達は敬王中学に連れ去られてしまう。

自由恋愛で全員帰還を目指す月代中学に対し、敬王中学は見合い制度を取っていた。指名した者同士がペアを組み、愛を育んで告白を成功させるという手法であり、それによって多くの告白成功者を出していた。しかしその裏では当然告白がうまくいかなかった者達もいる。そんなあぶれてしまった生徒のペアを埋めるためにミクニ達は攫われてきたのだった。ミクニはそれに憤るが、敬王中等部生徒会長の綾鷹めいか(あやたか めいか)は自分には敬王中学の生徒を守る責務があると言って引かない。ミクニ達はひとまずめいかのやり方に従うことになった。

そんな中ジウは組まされた大手銀行頭取の一人娘、兎見まい(うさみ まい)という少女が後先考えずポイントを消費するため満足な食事ができず、空腹状態で精神が不安定になっていく。加えて「バレンタイン」の時に赤西に打たれた「魅了剤」の後遺症に苦しんだ。その末にまいを死に至らしめてしまう。ジウはめいかによって、更生部屋と呼ばれる牢獄のような部屋に送られてしまった。当然ミクニはジウを出すように抗議する。だがまいかは更生部屋の実績を話し、自分の双子の妹であるまいかもそこにいると告げ、ミクニの要求をきかなかった。

ミクニはしのやファウストの助力を経て敬王中学からの脱出を試みるが、この混乱を引き起こした責任を取れとレイディは、月代中学の生徒を攫ってしまう。そして裏切り者のファウスト共々処刑を宣告した。めいかはそれに関して、「生徒と妹を危険に晒した以上、処刑は仕方ない」と目を瞑る。だが、一度その場から離脱していたミクニがまいかの亡骸を抱いて戻ってきたことでめいかは目を覚ました。まいかはとっくに更生部屋で首を吊って自殺しており、レイディはその事実をめいかに隠してきたのだ。めいかはまいかを生き返らせてほしいと懇願するが、死者を生き返らせることは誰にもできないとレイディに拒否される。

ミクニはファウストや他の生徒と協力し、レイディを倒すことに成功した。そしてめいかを激励する。めいかはミクニにほのかな思いを抱き始め、もう一度頑張ってみると立ち上がる。ミクニはめいかをはじめとする敬王中学の生徒と共に月代中学へと戻ることができた。しかしミクニ達生徒会を失い残された月代中学の生徒達は暴走し、50人近くいた生徒はわずか9人にまで減っていた。ミクニは生き残った4人の女子に「A」の存在を尋ねるが、誰も知らないと言う。ミクニは「A」を失ったことに深く絶望した。

キスデスター編

さらなるイベント「キスデスター」が始まる。生き残っている生徒達は全員巨大な客船へと連れて行かれた。3日間の間に異性と互いに同意の上でキスできなければ爆死する、というのが「キスデスター」のルールだ。なので恋愛感情がなくても”同意の上で”あれば成立する。感情面をどうするかという問題はあるが、今までのイベントと比べると爆死を回避できる可能性が高いと思われた。

ジウはファウストに呼び出され、「ミクニを殺せばジウを帰還させてやる」という条件を突きつけられる。当然ジウは断った。そして絶望して立ち尽くすしのに遭遇する。しのはミクニに自分が「A」であることを告白しようとしていた。しかししのがその事実を告げる間に、ミクニに「しのとこの話(Aについて)はしたくない」と拒絶されたのだ。立ち尽くすしのにジウはキスをしようとした。しかししのが泣き出してしまい、キスをすることができなかった。ジウは「しのは自分を拒んで泣いたのだ」と勘違いし、落ち込む。そんなジウに姐切は「しのに幼馴染を助けたいからではなく女として好きだ、と告げないままキスしようとしたからびっくりしてしのが泣いたのではないか」と指摘した。それでも尚落ち込むジウに、姐切は「喝入れだ」とキスをした。

制限時間が30分を切った頃、しのは暗がりでミクニと遭遇する。「A」の正体を知らないミクニに改めて好きだと告げられ、しのはキスをされた。それを偶然ジウが目撃してしまう。2人の女子にキスを迫られていたジウは、精神的に追い詰められ今まで死なせた女子達の幻覚を見た。そして2人を拒絶し、爆死させてしまう。そんな状況で偶然ミクニがしのにキスするところを見たジウは、ミクニに殺意を抱いたことで完全に心を壊してしまうのだった。

多くの犠牲を出した「キスデスター」はこうして終結する。

仮想空間編

ファウストは、「愛に興味を抱き触れようとした」ことを理由に、実験の成功責任者であるフィオロに被検体として回収されてしまう。新たな責任者としてやってきたのは、死んだはずのレイディだった。ファウストやレイディ達「凪」という種族は、「ある処置」を施せば生き返ることが可能だと言う。

現れたレイディは、「ラブデスター」に新たなルールを2つ追加した。1つ目は二組の「告白」が成立した時点で「ラブデスター」は終了。残った生徒は皆爆死するという先着制。2つ目は「仮想空間(ホログラム)」という機能をリングに追加することだった。「仮想空間」は個々が理想的な状況を作り出し、その中に意中の相手を引きずり込むことができる機能だ。ここから「ラブデスター」はさらに激化していく。

ミクニはフィオロに「凪」の本拠地である飛行船に呼び出される。そこで拘束されたファウストを見せられ、もうファウストの助力が得られないことを見せつけられた。しかしミクニはそこで試験官リングの存在を知る。「ラブデスター」の環境設定や爆死の制御などは全て試験官リングで行われており、リングには使用限界があった。限界に達したリングは飛行船で燃料チャージしなければ再使用はできない。

そこでミクニ達はレイディに限界まで試験官リングを使わせる計画を立てた。ミクニ達がレイディと戦う中で、何故か突然飛行船が街に落下してきて、多くの生徒が死亡、または負傷する。それはジウの仕業だった。ジウがかつて一度は拒否した「ミクニを殺せばジウを帰還させてやる」という取引をレイディと交わし、実行に移したのだ。ただ生還できる枠を自分ではなく、しのにするという条件でジウは取引をした。そのためしのはバリアに守られ負傷することもなかった。ジウはミクニだけでなく、生徒全員とレイディやフィオロ「凪」達も全て殺害しようと目論んでいた。飛行船の爆破は、フィオロ達にとっても予想外の出来事だったのだ。

その後も生き残った生徒を皆殺しにしようとジウは行動する。その中でついにミクニを手にかけた。しかしミクニは飛行船落下の際に開放されたファウストによって蘇ることができた。自分がジウに殺されたおとを思い出すミクニは、ジウが凶行に走ったのは自分のせいだとしてファウストに自分の命を使ってジウに殺された生徒達も生き返らせてほしいと懇願する。しかしファウスト達の種族が自由に生き返ることができるとしてもそれには限界があるとミクニは知らされた。

そこでファウストは、「ミクニが真実の愛を手に入れることができたら、残った被験体全員を生還させる」と約束をする。恋愛だけでなく、ジウとの友愛からも目を逸らして逃げていると指摘されたミクニはジウと向き合う決意をする。対峙したミクニとジウは今まで押し込めていた感情をぶつけあいながら殴り合う。「自分と一緒に死んでくれ」と泣くジウをミクニは抱きしめ、ミクニは死んだとしてもジウと共にあることを選んだ。そこへしのも加わり、3人は無事に仲直りすることができたのだった。

地球への帰還

心停止した姐切とふたり、飛行船に残るジウ。

騒動の中で二組の「告白」が成立し、残された生徒達は処分されようとしていた。街が崩れ落ちる中、生徒達はファウストによって飛行船へと救助される。しかしそこでジウが突然倒れてしまった。後悔と絶望に圧し潰され、ジウの精神に限界が来たのだ。姐切りは咄嗟に「仮想空間」を作り出しジウをその中に引き入れる。その世界はジウが自殺できないように設定されており、ジウが自殺をしないと生き方を改めれば「仮想空間」から出してやると姐切は言う。ジウは姐切が作った空間で、長い時間を穏やかに暮らした。そして姐切が老いて死ぬという段階になってジウはようやく大切なもの達に気づくことができ、「仮想空間」から元の世界に戻ることができた。

ジウと姐切が目覚め、ミクニ達は力を合わせて「凪」から一隻の舟を奪うことに成功する。それに乗れば地球に帰ることができるのだ。ミクニ達がその舟に乗り込んでいると、ファウストは「好きだよ。君たち人間が」と別れを告げる。ファウストのおかげで追手も止み、ミクニ達を乗せた舟は順調に地球へ向けて航行した。

しかし転送機で地球に戻れるほど舟が進んだ時、姐切が突然倒れてしまう。「仮想空間」で長きに渡り生きた姐切の脳は限界を迎えてしまったのだ。心停止した姐切は転送機を使うことができないため、他の生徒は姐切を舟に残していくしかなかった。姐切を思って泣く生徒をジウは、「彼女なら生き残った者を優先させる」と説得し転送機に乗り込む。だがジウは転送機が稼働する直前に転送機から飛び降りた。姐切と共に舟に残ることをジウは選んだのだ。「お前がいないとダメなんだ」と泣くミクニに、「今のミクニなら大丈夫だ」とジウは送り出す。そして「大好きだよ 親友(ミクニ)」と最後の言葉を投げかけた。残されたジウは、まるで眠っているかのような姐切に、「月がきれいだな」と呟いた。

ミクニは転送機によって他の生徒達と共に無事に地球への生還を果たす。そしてようやくしのと結ばれるのだった。

『ラブデスター』の登場人物・キャラクター

物語主要人物

4f0zm2k-031pt
4f0zm2k-031pt
@4f0zm2k-031pt

目次 - Contents