松本人志の放送室(ラジオ)のネタバレ解説・考察まとめ

『松本人志の放送室』とは、ダウンタウンの松本人志と放送作家の高須光聖によるラジオ番組のことである。2001年10月4日の深夜1時半から2009年3月28日の第391回まで放送が行われた。お笑いファン以外にも同業者のお笑い芸人から注目されていた。また中学校時代に放送部をやっていたため、番組名に「放送室」と付けた。『松本人志の放送室』から数々の企画が生み出された。
冒頭の挨拶ボケ、カプリチョーザ杯、面雀など、テレビでは見せない素の松本人志を楽しめる番組である。

『松本人志の放送室』の概要

放送室のジャケット写真

『松本人志の放送室』とは、2001年10月4日から2009年3月28日までTOKYO FMをキーステーションにJFN37局ネットで放送されていたラジオ番組である。出演者は、ダウンタウン・松本人志、高須光聖である。ダウンタウンの松本人志と、小学校、中学校で同級生だった放送作家の高須光聖の2人による1時間のトークをするのがメイン。番組名は2人が中学生代に放送部であったことが理由である。番組当初のコンセプトは「誰にも言うな、バレたら消せ」。お互い好き勝手話ができるラジオ番組を目指していたため、こういったコンセプトになったが、意に反して業界内視聴率は高かった。ダウンタウンの番組を担当することも多い放送作家の高須光聖は、『松本人志の放送室』で松本人志と同級生であることと名前を世に知らしめたことでも有名。番組の途中で松本と高須が毎回交互に選曲した音楽を流すのが一般的な構成。また『M-1グランプリ』が始まった年と重なるため、『M-1グランプリ』の舞台裏や審査基準、松本が印象に残ったネタ、ギャグに悪かったネタ、数年後には『キングオブコント』の審査やネタのクオリティなどをテレビでは聞けない話をしていた。他には、小学校、中学校、高校、NSCの話や浜田との出会い、お笑いの誘い、就職活動、大阪の仕事の話、東京進出の話、ごっつええ感じ、ガキの使い、ビジュアルバム、芸人の話、ニュースで流れる事件についてのコメント、異を唱えたい番組やCM、お題に沿った物の名称を会話の中にたくさんかつ面白く入れたものが優勝のカプリチョーザ杯、映画について、『大日本人』について、戦争について、いじめについて、自殺についてなどさまざまなジャンルのお題について台本なしの松本人志の考えや思いを聞くことができる。

『松本人志の放送室』の歴史

『松本人志の放送室』のCDジャケット

放送開始

2001年10月4日の深夜にJFN37曲フルネットで放送が始まった。当時は、「誰にも言うなよ」がテーマであり、ダウンタウン・松本人志と放送作家・高須光聖が世間にバレないようにヒソヒソと喋りながら世間のことやお笑いのことを話していた。しかし、すぐに噂は広まり、注目される番組となった。最初は、第50回までは、50音順にテーマを用意して話していた。そして次第にフリートークをしていく内容に切り替わっていった。2003年からたまにゲストを呼んでのトークを行うこともあった。

ゲストで千原ジュニアと木村祐一が登場

2003年1月16日に木村祐一と千原ジュニアを呼んで自分たちが一番面白いと思う言葉を選んで文章を作成する「面雀(オモジャン)」を行った。当時はまだ千原ジュニアは冠番組やレギュラー番組がなかったため、千原ジュニアの面白さを理解している人は少なかった。

松本と高須の母親登場

2003年1月30日には電話での出演で松本と高須のお互いの母親が出た。松本はこれ以降、「高須のおかんはほんまに面白くない」とことあるごとに言うようになった。

ゲストで山崎邦正登場

2003年7月17日には山崎邦正が出演した。山崎のおすすめの風俗や若い頃、松本と毎日いつも一緒に遊んでいたため、松本の元彼女の話や松本の性的嗜好などを話していた。

日本武道館で公開収録

2003年12月27日には史上最大の公開収録を日本武道館で行った。タイトルは「高須ちゃん生誕40周年祭り」である。あの日本武道館に大勢のファンが無料で観覧しにきた。松本と高須の他にゲストとして、小中学校の同級生・わんちゃん、イトウのオッサン、藤井、テレビ関係のヘイポー、清水、城間などが登場した。そしてサプライズゲストとして浜田雅功が出演した。武道館終わりに高須光聖からプレゼントをもらいたいと松本と浜田に言う。高須の欲しいプレゼントの内容とは松本と浜田のコントライブが見たいとのことだった。松本と浜田は嫌々ながらも時間があったらとお茶を濁した。

カプリチョーザ杯開始

2004年12月16日、2005年1月6日、2005年4月23日、2005年9月9日、2005年3月31日、2006年1月14日にはカプリチョーザ杯と呼ばれた大会を行った。カプリチョーザ杯とは電話による後輩芸人のダジャレ大会である。参加者には事前に与えられたテーマに関する言葉を松本と高須との電話での会話の中に織り交ぜる。そしてそのフレーズの面白さや言い方を工夫して面白さを競う。優勝者に後日カプリチョーザから食事券がプレゼントされる。

ゲストで清水宏泰と城間康男が登場

2005年8月27日には清水宏泰と城間康男が出演した。フジテレビの裏事情やディレクターの話などをして盛り上がった。

ゲストでトータス松本がサプライズ登場

2007年4月28日トータス松本が飛び入りゲストとして出演した。トータス松本は龍谷大学で高須の後輩に当たる。学生時代の昔話やトータスの楽曲について話をした。

松本の代わりに宮川大輔・千原ジュニア登場

2008年12月20日、12月27日には松本は『大日本人』という映画の撮影のため欠席していたので代役として宮川大輔、千原ジュニアを迎えて放送を行った。

番組終了発表から最終回へ

mzk_91194
mzk_91194
@mzk_91194

Related Articles関連記事

ダウンタウンのごっつええ感じ(ごっつ)のネタバレ解説・考察まとめ

ダウンタウンのごっつええ感じ(ごっつ)のネタバレ解説・考察まとめ

「ダウンタウンの伝説の番組」といえば「ごっつええ感じ」を抜きには語れない。1991年12月~1997年11月まで放送されたこのバラエティー番組は、見ないと学校で月曜日の話題に取り残されたものだった。この番組の人気は、ダウンタウンだけではなく、メインキャストの名を一気に全国区に押し上げていくこととなる。90年代に少年時代を過ごした人達にとっては、忘れられない衝撃だった。

Read Article

HITOSI MATUMOTO VISUALBUM(ビジュアルバム)のネタバレ解説・考察まとめ

HITOSI MATUMOTO VISUALBUM(ビジュアルバム)のネタバレ解説・考察まとめ

『HITOSI MATUMOTO VISUALBUM(ビジュアルバム)』とは、お笑いコンビのダウンタウン・松本人志が企画、構成した映像作品である。構成は、「システムキッチン」、「げんこつ」、「古賀」、「都‥」、「ミックス」、「ZURU ZURU」、「マイクロフィルム」、「む゙ん」、「いきなりダイヤモンド」、「ゲッタマン」、「診察室にて…」、「寿司」、「巨人殺人」、「荒城の月」、「園子」である。テレビでは表現できない、そして松本人志が魂込めて作ったコント作品である。

Read Article

ダウンタウン松本人志の流 頭頭(TOZU・トウズ)のネタバレ解説・考察まとめ

ダウンタウン松本人志の流 頭頭(TOZU・トウズ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ダウンタウン松本人志の流 頭頭』とは、お笑い芸人のダウンタウン・松本人志が1993年に制作した映像作品である。小さな町工場で松本人志演じる男には悩みがあった。一緒に住んでいる父が認知症になってしまい家族に迷惑をかけていることだった。やがて父を老人ホームへ送ろうと相談する。 平凡な家族の風景だが、1つだけ非日常な体験をしていた。それは「頭頭」という食べ物を食べていることだった。その「頭頭」をクローズアップしていく映像作品である。

Read Article

寸止め海峡(仮題)のネタバレ解説・考察まとめ

寸止め海峡(仮題)のネタバレ解説・考察まとめ

『寸止め海峡(仮題)』とは1994年に入場料1万円で行われたライブ。松本人志のほかに、今田耕司、東野幸治、板尾創路が出演している。「引っ張る男」「柳田という男」「ランジェリーヤクザの男」「大病の男」「恩返しされた男」「赤い車の男」と〇〇男シリーズで構成されている内容である。コントライブは滅多にやらない松本人志の渾身の作品である。

Read Article

ダウンタウン(DOWNTOWN)の徹底解説まとめ

ダウンタウン(DOWNTOWN)の徹底解説まとめ

ダウンタウン(DOWNTOWN)とは、浜田雅功と松本人志からなるお笑いコンビである。タレント養成所・NSCへの入学を期に1982年に結成。よしもとクリエイティブ・エージェンシー(吉本興業)所属。多数の冠番組の他ソロとしても司会者、俳優、歌手、声優、著述等幅広く活躍しており、それぞれ日本を代表するお笑いタレントである。とんねるず、ウッチャンナンチャンらとともにお笑い第三世代の代表格に数えられる。

Read Article

水曜日のダウンタウン(水ダウ)のネタバレ解説・考察まとめ

水曜日のダウンタウン(水ダウ)のネタバレ解説・考察まとめ

水曜日のダウンタウン(WEDNESDAY DOWNTOWN)とは、TBS系列で放送中のバラエティー番組。2014年4月23日から放送開始。芸能人が世に蔓延る様々な「説」を立証するべくプレゼンし、検証するスタイルの番組である。検証部分はVTRになっており、それをスタジオにいるパネラーが見ながらトークをする。ダウンタウンの冠番組だが、浜田雅功は進行、松本人志はパネラーという立ち位置になっている。

Read Article

【向井理】あの人も右派だった…?愛国心の強い有名人まとめ【松本人志】

【向井理】あの人も右派だった…?愛国心の強い有名人まとめ【松本人志】

ニュースなどでよく耳にする「右翼」。その意味は、保守的だったり国粋主義的な思想傾向、もしくはその立場に身を置く人や団体のことをいいます。自分の国を愛することは大切なことですが、あまりにも保守的だとちょっと接しづらいなと感じてしまいますよね。この記事では、テレビなどでの発言から右翼と思われる有名人についてまとめました。信じるか信じないかは、あなた次第です。

Read Article

松ちゃんの奥さんってどんな人?伊原凛の知られざる過去まとめ

松ちゃんの奥さんってどんな人?伊原凛の知られざる過去まとめ

2009年、ダウンダウンの松本人志との結婚を発表した伊原凛。元お天気キャスターとして活躍してきた彼女は、一体どんな過去を生きてきたのでしょうか。この記事では、そんな伊原凛の知られざる人生についてまとめています。あの松ちゃんと結婚するなんて、ほんと芸人の奥さんって芯の強いしっかりした方が多いですよね。ただただ尊敬です。

Read Article

松本人志が伊原凛と結婚を決意した理由をまとめてみた!

松本人志が伊原凛と結婚を決意した理由をまとめてみた!

トップクラスの人気を誇るお笑い芸人、「ダウンタウン」の松本人志。『M-1グランプリ』の審査員を務めることでも有名な彼が、2014年2月23日放送のフジテレビ『教訓のススメ』に出演。結婚を決意した理由を公の場で初めて語った。 普段私生活のことを語りたがらない松本が、どのようにして妻を選んだのかを紹介していく。

Read Article

【松本人志】あの人はどこに住んでる?芸能人の実家・生家・自宅まとめ【志村けん】

【松本人志】あの人はどこに住んでる?芸能人の実家・生家・自宅まとめ【志村けん】

芸能人が生まれ育った実家や自宅がどこにあるのか、どんな外観をした建物なのか、気になる方は多いのではないでしょうか。この記事では、各界で活躍する有名人たちの家についてまとめました。「ここに住んでるんだ!」と意外な発見があるかもしれませんね。でも、この記事を読んだからといって、くれぐれも現地にまで押しかけたりなんかしないように!そうしたい気持ちはわかるけど、常識の範囲内で…。

Read Article

松本人志が絶賛!ゲーム・ワンダと巨像の監督上田文人を紹介!

松本人志が絶賛!ゲーム・ワンダと巨像の監督上田文人を紹介!

知る人ぞ知る名作ゲーム『ワンダと巨像』。フィールド内にいる「巨像」を倒すのみという非常にシンプルなルールだが、グラフィックスの美しさや音楽に特にこだわりを持って作られており、国内外で様々な賞を受賞した。このゲームを監督したのは「上田文人」という人物で、ダウンタウンの松本人志が、テレビやラジオなどでたびたび話題にあげて大きな反響を呼んでいる。本記事ではゲーム監督「上田文人」とはどのような人物なのか、まとめて紹介する。

Read Article

【松本人志】坊主頭・スキンヘッドが似合うイケメン・男前な芸能人・スポーツ選手まとめ【ウィル・スミス】

【松本人志】坊主頭・スキンヘッドが似合うイケメン・男前な芸能人・スポーツ選手まとめ【ウィル・スミス】

坊主頭やスキンヘッドの人って、端からみるとちょっと怖そうな印象がありますよね。でも、芸能人やスポーツ選手の中には好んでこのスタイルにしている人もいて、これがまた非常に似合ってるんです。この記事では、坊主頭やスキンヘッドが似合う著名人について国内外問わずにまとめてみました。あなたの好きな人の画像はありましたか?

Read Article

「サッちゃん」の歌詞に関する都市伝説と松本人志が語った怖い話

「サッちゃん」の歌詞に関する都市伝説と松本人志が語った怖い話

「サッちゃん」の歌をご存知でしょうか。「サッちゃんはね」で始まるあの歌です。童謡として広く知られているので、日本人なら誰もが一度は聴いたことがあるはず。そんな「サッちゃん」、実はいろいろと都市伝説があり、聞く人を恐怖に陥れているそう。一体どんな内容なのでしょうか。関連して、ダウンタウンの松本人志が語った怖い話も載せているので、併せてチェックしてみてください。ホラーな話が苦手な人は要注意!

Read Article

NEW
【松本人志】各界から苦言続出…紅白出場歌手選考に対する批判の声まとめ【明石家さんま】

【松本人志】各界から苦言続出…紅白出場歌手選考に対する批判の声まとめ【明石家さんま】

大晦日の恒例行事といえば、『NHK紅白歌合戦』!数多くの歌手・アーティストたちが出場する豪華な歌の祭典なのですが、その選考に対する苦言の声が各界から寄せられているので、この記事でまとめました。「なんであの人が出てるの…?」と疑問に思わずにはいられないような名前は確かにありますよね…。でも、そもそも紅白に対する思い入れ自体がそんなにない人が増えてきたから、時代の流れと考えれば仕方ないのかもしれません。

Read Article

目次 - Contents