ダウンタウン(DOWNTOWN)の徹底解説まとめ

ダウンタウン(DOWNTOWN)とは、浜田雅功と松本人志からなるお笑いコンビである。タレント養成所・NSCへの入学を期に1982年に結成。よしもとクリエイティブ・エージェンシー(吉本興業)所属。多数の冠番組の他ソロとしても司会者、俳優、歌手、声優、著述等幅広く活躍しており、それぞれ日本を代表するお笑いタレントである。とんねるず、ウッチャンナンチャンらとともにお笑い第三世代の代表格に数えられる。

概要

ダウンタウン(DOWNTOWN)とは、浜田雅功と松本人志からなるお笑いコンビである。吉本興業が創立したタレント養成所・NSC(大阪校)に浜田が松本を誘う形で第一期生として入学することをきっかけに1982年に結成された。よしもとクリエイティブ・エージェンシー(吉本興業)所属。多数の冠番組の他、ソロとしても司会者、俳優、歌手、声優、著述等幅広く活躍しており、それぞれ日本を代表するお笑いタレントである。とんねるず、ウッチャンナンチャンらとともにお笑い第三世代の代表格として数えられる。

メンバー

浜田雅功(はまだ まさとし)

ダウンタウンのツッコミ担当。出演番組では主に司会、仕切り役に回ることが多い。
1963年大阪生まれ、その後尼崎市へ移り松本と出会う。小学校、中学校ともに松本と同じ学校に通っていたが、高校は別の三重にある当時全寮制の日生学園高等学校(現在は桜丘高等学校)に入学。2年次に移動した日生学園第二高等学校(現在は青山高等学校)を卒業する。高校卒業後、競艇選手の試験を落第したことをきっかけに松本を誘い、吉本興業により創立されたばかりのタレント養成所・吉本総合芸能学院(NSC)に入学する。それと同時に松本とコンビを結成、「松本・浜田」「ひとしまさし」「てるお・はるお」「ライト兄弟」などのコンビ名を経て最終的に「ダウンタウン」となった。
先輩芸人や大御所芸能人に対して臆することなく呼び捨て、タメ口をきいたり、容赦なくツッコミを入れたりするなど、粗暴で傍若無人なキャラクターで知られる一方、司会や番組回しなどは出演者への目配り細やかにそつなくこなし、お笑い業以外に俳優、声優、歌手としても活躍するなど器用な側面を両立させている。
妻はタレントの小川菜摘、長男はOKAMOTO'Sのメンバー(ベース担当)、ハマ・オカモトである。

松本人志(まつもと ひとし)

ダウンタウンのボケ担当。出演番組では浜田とともに司会を務めることも多いが、基本的に仕切りや番組回しよりも話を振られたり拾ったりした際のコメント役、ボケ役を主に演じている。
1963年兵庫県尼崎出身。兵庫県立尼崎工業高等学校卒業後、印刷会社への就職が決まっていたが、小学校・中学校の同級生で友人である浜田に誘われNSCに第一期生として入学、ダウンタウンを結成する。
笑いに対する人一倍強い情熱から独自のお笑い論を持っており、これまでそうした考えを『遺書』『松本』等の著書において積極的に発信するなど、1990年代以降のお笑いに多大な影響を与えてきた。アドリブ時の頭の回転の速さや発想力に特徴があり、漫才、フリートークを問わず発揮されるシュールなボケが持ち味である。また、タレント業のほか番組の企画・構成の担当をはじめとして、著述、作詞、映画監督等、多方面でマルチな才能を発揮している。
2009年に元タレントの伊原凛と結婚、同年10月に長女が生まれている。

来歴

出会い

松本が通っていた小学校に浜田が転校してきた事をきっかけとしてお互い顔見知りになる(ただし、松本の著書『遺書』をはじめとするそうした情報の他に、幼稚園から知り合いであったとする説もある。どちらも本人たちによる発言であるため、真偽のほどは定かではない)。松本は浜田の第一印象を「異性をタップリ意識した立ち居振る舞いは、俺に嫌われる要素を十二分に満たしていた」と語っている。浜田は松本の第一印象を「真っ黒。正露丸みたいやった」と語っており、松本が抱いたほどには悪印象ではなかったようである。当初は取り立てて仲が良かったわけではないが、中学2年のときに同じクラスになったことをきっかけに「親友」の間柄になる。その後、別々の高校に進学し、特に浜田が全寮制で厳しい校風で知られる日生学園高等学校に入学したことからしばし交流は途絶えるが、学園を脱走した浜田を松本が数日かくまうというエピソードなどから、疎遠というほどでもなかったようである。

吉本入り

高校卒業後、競艇選手の試験に落ちた浜田が松本を誘い創立したばかりの吉本総合芸能学院(NSC)に第一期生として入学、同時にコンビを結成する。コンビ名は「松本・浜田」「ひとしまさし」「てるお・はるお」「ライト兄弟」等を経て最終的に「ダウンタウン」となる。当時お笑い芸人を目指す者は業界で実績を持つ師匠へと弟子入りするのが一般的だった中、特定の師匠を持たず養成所からスタートする「ノーブランド」芸人のはしりとなった。同期生にはトミーズ、ハイヒール、内場勝則、浜根隆、前田政二などがいる。

下積み~ブレイク

NSC在学中からすでにその実力は評価・注目されており、デビュー2ヶ月目にはテレビ初出演となった毎日放送の「素人名人会」にて名人賞を獲得、同時期に「第3回今宮子供えびすマンザイ新人コンクール」で福笑い大賞を受賞するなど順調なスタートを切る。その後しばし停滞期を経験するが、1984年には「NHK上方漫才コンテスト」で優秀賞、「ABC漫才・落語新人コンクール」で漫才の部・最優秀新人賞を獲得、1987年から放送開始した関西ローカル番組「4時ですよーだ」にて本格的にブレイクし、翌1988年に放送開始した「夢で逢えたら」で東京進出、共演したウッチャンナンチャンらとともに全国区の人気を得るに至る。

トップタレントへ

ブレイクのきっかけであり、ダウンタウンの看板番組である「4時ですよーだ」が平日夕方の帯番組だったこともあり彼らの主戦場は関西だったが、1989年に同番組が最終回を迎えたことをきっかけにダウンタウンは本格的に東京進出を果たすことになる。
同年「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」が放送開始、過激なものからシュールなものまで多岐にわたる企画や、アドリブとは思えないほど完成度の高いフリートークが人気を博す。特に「笑ってはいけないシリーズ」は、現在も「NHK紅白歌合戦」の裏枠として根強い人気を保っている。1991年には日曜夜20時台のゴールデンタイムで「ダウンタウンのごっつええ感じ」が放送開始、ダウンタウンが得意とするシュールなコントとそこで演じられる多様なキャラクターは全国的な人気を不動のものとする。1993年に放送開始の「ダウンタウンDX」や1994年に放送開始した「HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP」など、俳優や歌手など異なる業界の人間がゲストとして出演することが多い番組を手がけることになるが、そこでも見事にゲストの魅力を引き出しつつもダウンタウンの軽妙なコンビトークをいかんなく発揮し、お笑いに留まらず多方面へと活躍の幅を広げることになる。1990年代の中盤まででダウンタウンは日本のトップタレントに上り詰めることになる。

ソロ活動の充実

東京進出以降コンビとしての活動は継続しつつも、それぞれ方向性の異なるソロ活動も充実のときを迎えることになる。
浜田は「ADブギ」「人生は上々だ」「竜馬におまかせ!」等数々のドラマに出演し俳優業をこなす一方、1995年には小室哲哉と結成した音楽グループ「H Jungle with t」により出された第1弾シングル「WOW WAR TONIGHT 〜時には起こせよムーヴメント」がセールス200万枚の大ヒットとなり歌手としてブレイク、同年のNHK紅白歌合戦への出演を果たす。
松本は1994年に入場料1万円のライブ「寸止め海峡(仮題)」、1995年には日本武道館で初のお笑い芸人の単独ライブ「松風'95」を開催するなど独自の笑いを追求し続ける傍ら、週刊朝日に連載していた主に自身のお笑いに対する考えを綴ったエッセイをまとめた単行本『遺書』『松本』で、それぞれ250万部、200万部を売り上げベストセラーとなる。

「ダウンタウンのごっつええ感じ」打ち切り

1997年番組改編期でもない11月に「ダウンタウンのごっつええ感じ」が突如打ち切りとなる。発端は放送予定であったスペシャル版が、前日にマジックナンバー「1」が点灯し、その日優勝が決定する可能性があるヤクルトのプロ野球中継に急遽差し替えられたことだった。事前連絡すらなかったことや、このスペシャル放送の日に合わせて番組の人気キャラクター「エキセントリック少年ボウイ」のCD発売が行なわれており、番組内容がそのCDに関係する作りになっていた事から、「このスペシャルはその日に放送しなければ意味がない」ものとして、松本が激怒したことによる。松本は当初フジテレビの出演全番組の収録をボイコットをするというスタンスを見せていたが、最終的に手打ちとして「ダウンタウンのごっつええ感じ」のみの打ち切りということで事は一応の収まりを見せた。松本は多方面から批判を受けることになり、特に野球好きで知られる萩本欽一からは名指しで非難されることとなった。ただ、実はその事件以前から番組スタッフに制作をめぐる熱意のギャップを感じており浜田ともども不信感を抱いていた。報道では松本一人のワガママという内容が一人歩きしていたが、番組を辞めることに関してはダウンタウン二人で決めたという旨が後に浜田の口から語られた。結局そのスペシャルはお蔵入りとなり、ダウンタウン不在のまま急遽作られた総集編で番組は終了することになるが、出演していたフジテレビの他番組の変動はなかった。

2000年代以降~現在

2000年代に入ってからもダウンタウンとしては「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」や「ダウンタウンDX」など長寿冠番組を継続しつつ、それぞれソロとしても「ジャンクSPORTS」(浜田)や「人志松本のすべらない話」(松本)をはじめ数々の人気番組を世に送り出し、二人は安定的な人気を保ち続ける。
2001年に放送開始したドラマ「明日があるさ」では、主演の浜田を筆頭に同ドラマの主要メンバーである吉本芸人たちで「Re:Japan」を結成、主題歌「明日があるさ」で同年のNHK紅白歌合戦に出場、2004年には「HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP」で槇原敬之がゲスト出演した際のトークをきっかけに、槇原が作曲したメロディに松本が自身の貧しい少年時代のエピソードを盛り込んだ詞を乗せ、浜田がメインボーカルをとったクリスマスソング「チキンライス」をリリース、オリコン初登場2位を記録する。2011年松本がソロで出演する「松本人志のコントMHK」のレギュラー放送第1回目にてゲストとして出演した浜田とともに、ダウンタウンとしては2001年に一夜限りの復活スペシャル「ダウンタウンのものごっつええ感じスペシャル」以来約10年振りのコントを披露。2014年の「笑っていいとも! グランドフィナーレ 感謝の超特大号」では一部不仲説が囁かれていたとんねるずや爆笑問題と約20余年振りの、また戦友でもあるウッチャンナンチャンとも共演を果たしている。

hellowella9
hellowella9
@hellowella9

Related Articles関連記事

ダウンタウンのごっつええ感じのネタバレ解説・考察まとめ

ダウンタウンのごっつええ感じのネタバレ解説・考察まとめ

『ダウンタウンのごっつええ感じ』とは、フジテレビ系列で放送されていた伝説のお笑い番組である。通称は『ごっつ』。ダウンタウン、今田耕司、130R、東野幸治、YOU、篠原涼子、西端弥生などが出演していた。1991年から1997年まで放送されていて、「ゴレンジャイ」、「兄貴」、「オカンとマー君」、「MR. BATER」といった数多くのコントを生み出した。また、セクハラや暴力が頻繁にあり、いじめや差別につながるかも知れない企画などが多いため、クレームが殺到していたことも有名である。

Read Article

ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!(ガキ使)のネタバレ解説・考察まとめ

ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!(ガキ使)のネタバレ解説・考察まとめ

『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』とは日本テレビ系列で1989年10月から放送されている伝説のお笑いバラエティ番組である。出演者はダウンタウンの松本人志、浜田雅功、月亭方正、ココリコの田中直樹、遠藤章造。日テレ系列の番組では『笑点』に次ぐ長寿番組である。ダウンタウンの漫才から始まったが徐々にフリートークを行い、罰ゲーム、サイレント図書館、笑ってはいけないといったさまざまな名物企画を生み出した。特に名物企画の中でも笑ってはいけないは大晦日特番として民放の中で視聴率1位を何度も取っている。

Read Article

ダウンタウンのごっつええ感じ(ごっつ)のネタバレ解説・考察まとめ

ダウンタウンのごっつええ感じ(ごっつ)のネタバレ解説・考察まとめ

「ダウンタウンの伝説の番組」といえば「ごっつええ感じ」を抜きには語れない。1991年12月~1997年11月まで放送されたこのバラエティー番組は、見ないと学校で月曜日の話題に取り残されたものだった。この番組の人気は、ダウンタウンだけではなく、メインキャストの名を一気に全国区に押し上げていくこととなる。90年代に少年時代を過ごした人達にとっては、忘れられない衝撃だった。

Read Article

HITOSI MATUMOTO VISUALBUM(ビジュアルバム)のネタバレ解説・考察まとめ

HITOSI MATUMOTO VISUALBUM(ビジュアルバム)のネタバレ解説・考察まとめ

『HITOSI MATUMOTO VISUALBUM(ビジュアルバム)』とは、お笑いコンビのダウンタウン・松本人志が企画、構成した映像作品である。構成は、「システムキッチン」、「げんこつ」、「古賀」、「都‥」、「ミックス」、「ZURU ZURU」、「マイクロフィルム」、「む゙ん」、「いきなりダイヤモンド」、「ゲッタマン」、「診察室にて…」、「寿司」、「巨人殺人」、「荒城の月」、「園子」である。テレビでは表現できない、そして松本人志が魂込めて作ったコント作品である。

Read Article

水曜日のダウンタウン(水ダウ)のネタバレ解説・考察まとめ

水曜日のダウンタウン(水ダウ)のネタバレ解説・考察まとめ

水曜日のダウンタウン(WEDNESDAY DOWNTOWN)とは、TBS系列で放送中のバラエティー番組。2014年4月23日から放送開始。芸能人が世に蔓延る様々な「説」を立証するべくプレゼンし、検証するスタイルの番組である。検証部分はVTRになっており、それをスタジオにいるパネラーが見ながらトークをする。ダウンタウンの冠番組だが、浜田雅功は進行、松本人志はパネラーという立ち位置になっている。

Read Article

松本人志の放送室(ラジオ)のネタバレ解説・考察まとめ

松本人志の放送室(ラジオ)のネタバレ解説・考察まとめ

『松本人志の放送室』とは、ダウンタウンの松本人志と放送作家の高須光聖によるラジオ番組のことである。2001年10月4日の深夜1時半から2009年3月28日の第391回まで放送が行われた。お笑いファン以外にも同業者のお笑い芸人から注目されていた。また中学校時代に放送部をやっていたため、番組名に「放送室」と付けた。『松本人志の放送室』から数々の企画が生み出された。 冒頭の挨拶ボケ、カプリチョーザ杯、面雀など、テレビでは見せない素の松本人志を楽しめる番組である。

Read Article

ダウンタウン松本人志の流 頭頭(TOZU・トウズ)のネタバレ解説・考察まとめ

ダウンタウン松本人志の流 頭頭(TOZU・トウズ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ダウンタウン松本人志の流 頭頭』とは、お笑い芸人のダウンタウン・松本人志が1993年に制作した映像作品である。小さな町工場で松本人志演じる男には悩みがあった。一緒に住んでいる父が認知症になってしまい家族に迷惑をかけていることだった。やがて父を老人ホームへ送ろうと相談する。 平凡な家族の風景だが、1つだけ非日常な体験をしていた。それは「頭頭」という食べ物を食べていることだった。その「頭頭」をクローズアップしていく映像作品である。

Read Article

松紳(松本紳助)のネタバレ解説・考察まとめ

松紳(松本紳助)のネタバレ解説・考察まとめ

『松紳(松本紳助)』とは、島田紳助とダウンタウンの松本人志による番組のことである。2000年から2006年まで日本テレビ系列で放送された。基本的には喫茶店のようなスタジオにて、話芸のスペシャリストである2人のトークで番組が進んでいく。お互いのお笑い論から恋愛、趣味嗜好などが聞ける。また感動話を紹介する企画の「メルヘンな話」や松本と紳助でロケをする「初ロケ!アオリイカのヤエンイカ釣り」などのロケ企画もある。

Read Article

寸止め海峡(仮題)のネタバレ解説・考察まとめ

寸止め海峡(仮題)のネタバレ解説・考察まとめ

『寸止め海峡(仮題)』とは1994年に入場料1万円で行われたライブ。松本人志のほかに、今田耕司、東野幸治、板尾創路が出演している。「引っ張る男」「柳田という男」「ランジェリーヤクザの男」「大病の男」「恩返しされた男」「赤い車の男」と〇〇男シリーズで構成されている内容である。コントライブは滅多にやらない松本人志の渾身の作品である。

Read Article

松本人志のコントMHKのネタバレ解説・考察まとめ

松本人志のコントMHKのネタバレ解説・考察まとめ

『松本人志のコントMHK』とはダウンタウン松本人志がNHKでコントを披露した番組。松本のテレビコント作成は10年振り。豪華なゲストメンバーとして、今田耕司、東野幸治、板尾創路、木村裕一、浜田雅功などが参加している。結婚して子供が産まれた芸人・松本人志が仕掛ける新しい新作コントはNHKでどんな内容が流れるのか業界・茶の間で非常に注目された。

Read Article

浜田雅功が怖いのは都市伝説?実は泣けるほど超いい人だった!【ダウンタウン】

浜田雅功が怖いのは都市伝説?実は泣けるほど超いい人だった!【ダウンタウン】

テレビなどの言動から、怖いというイメージが強いダウンタウンの浜田雅功。しかしそれに反し、実は超いい人だったことが判明。華原朋美や細川茂樹、石田純一など、仕事に悩んだり、どん底を経験した芸能人たちを励ます言葉を贈っていたのです。思わず涙してしまう浜田雅功のいい人っぷりが分かるエピソードを紹介していきます。

Read Article

松本人志の浜田雅功イジリまとめ!【ダウンタウン】

松本人志の浜田雅功イジリまとめ!【ダウンタウン】

ここでは人気お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志の浜田雅功イジリをまとめた。ベトナムで休暇を過ごしたという浜田に「お父さん元気でした?」と尋ねたり、他の人が痛い目にあうところが大好きな浜田を「こいつは他人がやられてる時猿8匹分くらいの声で笑うねん」と表現したりと、松本人志独特のセンスが光っている。

Read Article

【ガキ使】一体どうなる!?年末恒例「笑ってはいけないシリーズ」の行方【ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!】

【ガキ使】一体どうなる!?年末恒例「笑ってはいけないシリーズ」の行方【ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!】

「笑ってはいけないシリーズ」とは、お笑いバラエティ番組『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』の特別番組として放映されていた罰ゲーム企画の名称。2006年からは年末の恒例番組としてお茶の間を賑わせた。 番組のレギュラーメンバーは、企画名の通り「笑ってはいけない」というルールが課され、笑ってしまうと過酷な罰ゲームを受ける仕様となっている。

Read Article

「絶対に笑ってはいけない科学博士24時」の出演者やファンの反応まとめ【ベッキーサプライズ復帰か?】

「絶対に笑ってはいけない科学博士24時」の出演者やファンの反応まとめ【ベッキーサプライズ復帰か?】

「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!大晦日年越しSP」の人気企画「絶対に笑ってはいけない科学博士24時」の放送前に明かされた情報やファンの反応をまとめました。毎年放送を楽しみにしているファンの声をはじめ、当時出演が決定していた松坂桃李や蝶野正洋について、また、鈴木亮平やベッキーなど番組への登場が噂されていた芸能人について紹介しています。

Read Article

【松本人志】クリスマスソングの常識を覆した名曲『チキンライス』の歌詞を紹介 【浜田雅功と槇原敬之】

【松本人志】クリスマスソングの常識を覆した名曲『チキンライス』の歌詞を紹介 【浜田雅功と槇原敬之】

浜田雅功と槇原敬之名義で発表されたコラボシングル『チキンライス』。松本人志が作詞を担当しており、自身の貧しい幼少期の思い出を歌詞にしたことが大きな反響を呼びました。槇原に「クリスマスソング=恋愛ソングという常識を覆した名曲」や「歌詞を見た瞬間涙が出た」と言わせ、2004年のオリコン初登場では2位を記録。ここでは話題となった歌詞や、曲を聴いたファンの感想を紹介しています。

Read Article

松ちゃんの奥さんってどんな人?伊原凛の知られざる過去まとめ

松ちゃんの奥さんってどんな人?伊原凛の知られざる過去まとめ

2009年、ダウンダウンの松本人志との結婚を発表した伊原凛。元お天気キャスターとして活躍してきた彼女は、一体どんな過去を生きてきたのでしょうか。この記事では、そんな伊原凛の知られざる人生についてまとめています。あの松ちゃんと結婚するなんて、ほんと芸人の奥さんって芯の強いしっかりした方が多いですよね。ただただ尊敬です。

Read Article

【向井理】あの人も右派だった…?愛国心の強い有名人まとめ【松本人志】

【向井理】あの人も右派だった…?愛国心の強い有名人まとめ【松本人志】

ニュースなどでよく耳にする「右翼」。その意味は、保守的だったり国粋主義的な思想傾向、もしくはその立場に身を置く人や団体のことをいいます。自分の国を愛することは大切なことですが、あまりにも保守的だとちょっと接しづらいなと感じてしまいますよね。この記事では、テレビなどでの発言から右翼と思われる有名人についてまとめました。信じるか信じないかは、あなた次第です。

Read Article

「ダウンタウン」松本人志(松っちゃん)と仲が悪い&共演NGとされている芸能人まとめ!森脇健児や中山秀征も!?

「ダウンタウン」松本人志(松っちゃん)と仲が悪い&共演NGとされている芸能人まとめ!森脇健児や中山秀征も!?

人気芸人の「松っちゃん」こと「ダウンタウン」松本人志と、不仲であると言われていたり共演がNGとされていたりする芸能人をまとめた。また、その理由をエピソードとともに詳細に記載している。 松本人志と不仲&共演NGとされている芸能人の中には、森脇健児や中山秀征、「浅草キッド」の水道橋博士も含まれているという。

Read Article

坊主頭・スキンヘッドが似合うイケメンで男前な芸能人・スポーツ選手まとめ!松本人志など

坊主頭・スキンヘッドが似合うイケメンで男前な芸能人・スポーツ選手まとめ!松本人志など

坊主頭やスキンヘッドの人って、端からみるとちょっと怖そうな印象がありますよね。でも、芸能人やスポーツ選手の中には好んでこのスタイルにしている人もいて、これがまた非常に似合ってるんです。この記事では、坊主頭やスキンヘッドが似合う著名人について国内外問わずにまとめてみました。あなたの好きな人の画像はありましたか?

Read Article

ダウンタウンの浜田雅功に不倫報道!お相手の吉川麻衣子についてまとめました!

ダウンタウンの浜田雅功に不倫報道!お相手の吉川麻衣子についてまとめました!

大人気のお笑いコンビ・ダウンタウンの浜田雅功さんに、なんと不倫騒動が。お相手とされるのは大阪出身のグラビアアイドルの吉川麻衣子さん。フライデーが報じたこの浜ちゃんの不倫騒動。お相手の吉川麻衣子さんとはどんな人なのか、また騒動のその後についてまとめました。ぜひ最後までご覧ください!

Read Article

松本人志批判騒動で姿を消した「オリエンタルラジオ」中田敦彦のその後の活躍ぶりを紹介!

松本人志批判騒動で姿を消した「オリエンタルラジオ」中田敦彦のその後の活躍ぶりを紹介!

本記事ではお笑い界の大御所松本人志を批判したとして大きな騒動を巻き起こし、表立った芸能活動からは姿を消した「オリエンタルラジオ」中田敦彦の、その後の活躍ぶりについてまとめて紹介している。松本を「オワコン」と評した脳科学者茂木健一郎を全面支持した中田は、その後レギュラー番組を卒業したり「SNS休止宣言」をするなど、表舞台から姿を消したように見られていた。しかし中田は家族との時間を大切に考え、「イクメン」としてしっかり活躍していたのだ。

Read Article

松本人志が伊原凛と結婚を決意した理由をまとめてみた!

松本人志が伊原凛と結婚を決意した理由をまとめてみた!

トップクラスの人気を誇るお笑い芸人、「ダウンタウン」の松本人志。『M-1グランプリ』の審査員を務めることでも有名な彼が、2014年2月23日放送のフジテレビ『教訓のススメ』に出演。結婚を決意した理由を公の場で初めて語った。 普段私生活のことを語りたがらない松本が、どのようにして妻を選んだのかを紹介していく。

Read Article

「サッちゃん」の歌詞に関する都市伝説と松本人志が語った怖い話

「サッちゃん」の歌詞に関する都市伝説と松本人志が語った怖い話

「サッちゃん」の歌をご存知でしょうか。「サッちゃんはね」で始まるあの歌です。童謡として広く知られているので、日本人なら誰もが一度は聴いたことがあるはず。そんな「サッちゃん」、実はいろいろと都市伝説があり、聞く人を恐怖に陥れているそう。一体どんな内容なのでしょうか。関連して、ダウンタウンの松本人志が語った怖い話も載せているので、併せてチェックしてみてください。ホラーな話が苦手な人は要注意!

Read Article

かわいすぎて羨ましい!?お笑い芸人の奥様まとめ

かわいすぎて羨ましい!?お笑い芸人の奥様まとめ

お茶の間に笑いを届けるために日々奮闘する芸人たち。彼らの中には、結婚し所帯を持っている方も多くいます。しかも、奥様はなぜかみんな超美人ばかり!この記事では、そんな芸人たちの美しすぎる奥様について紹介しています。それにしても、こんなに綺麗な人たちと一体どうやって知り合うのか…羨ましいですね。

Read Article

【松本人志】あの人はどこに住んでる?芸能人の実家・生家・自宅まとめ【志村けん】

【松本人志】あの人はどこに住んでる?芸能人の実家・生家・自宅まとめ【志村けん】

芸能人が生まれ育った実家や自宅がどこにあるのか、どんな外観をした建物なのか、気になる方は多いのではないでしょうか。この記事では、各界で活躍する有名人たちの家についてまとめました。「ここに住んでるんだ!」と意外な発見があるかもしれませんね。でも、この記事を読んだからといって、くれぐれも現地にまで押しかけたりなんかしないように!そうしたい気持ちはわかるけど、常識の範囲内で…。

Read Article

目次 - Contents