園崎詩音(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

園崎詩音(そのざき しおん)とは、『ひぐらしのなく頃に』の登場人物で、同作ヒロインの一人園崎魅音の双子の妹。物語の舞台である雛見沢村に隣接する興宮で両親と暮らし、全寮制の学校に通っているがサボりがちで、「エンジェルモート」という店でウェイトレスのアルバイトをしている。魅音とは瓜二つで、服や髪型をそろえると見分けがつかないほど。勝気かつ男勝りでやや強引な性格の魅音とは正反対に、女の子らしさを前面に出している。北条悟史に想いを寄せているが、魅音が好意を抱く前原圭一の事も気になっている。

園崎詩音のプロフィール・人物像

性別:女
学年:中学3年生
誕生日:7月10日
血液型:B型
CV:雪野五月

園崎詩音(そのざき しおん)とは、『ひぐらしのなく頃に』の登場人物で、外面はですます調で喋るお嬢様な性格だが、素顔はかなりしたたかで双子の姉の魅音すら手玉に取る。外見は魅音に似ており、入れ替わると家族も含めて殆どの人には区別がつかない。さばさばしたリアリストだが思考パターンは感情的であり、やや重度の妄想癖も見られる。基本的に人と話す時は敬語が多い。
初登場は「綿流し編」。「目明し編」で主人公となり、『ひぐらしのなく頃に』シリーズの主人公をつとめた一人である。
ファミリーレストラン「エンジェルモート」でウェイトレスのアルバイトをしている。興宮の学校に通っているが、よくサボっている。
髪はライムグリーンで、腰まである長いロングを一部まとめて黄色のリボンでハーフアップにしている。私服はハイネック・ノースリーブの白いニットに黒のロングスカート、または短めのタイトスカートを着用している。制服はとしてグレーのジャケットに赤いネクタイ、紺の短めのプリーツスカート、白いハイソックスの靴下を着用することもある。護身用にスタンガンを携帯している。
行動力があり、相手を自分のペースで引っ張って行く。仲のいい相手をからかっては面白がり、魅音に対してもよくからかっていることが多い。
好きな男性のタイプも魅音と似通っており、綿流しの祭りの数日後に失踪してしまった北条悟史(ほうじょう さとし)に好意を抱いていた詩音は、魅音が好きになった圭一に悟史の面影を見出して少し心を揺らす。
世話好きな性格で、面倒を見ると決めた相手に対しては献身的に尽くす。基本的に冷静だが、激情しやすく、自分の立場や状況を忘れて行動しがちであるが、その激情の根底に義侠心や責任感があることも多い。出たとこ勝負なところがあり、暴走したり、一度間違った方向に行動して、後に引き返せなくなることも。女性であることを武器に自分が有利な状況に持ちこむ作戦に長けている。
園崎家には魅音と詩音の双子が生まれ、その時に本来であれば血筋争いを避けるために妹を殺すことになっていた。だが、お魎の情けから詩音は生かされ、雛見沢の外で育てられた。
園崎家次期当主には鬼の入れ墨を彫るのが習わしとなっており、魅音も入れ墨を掘ることが決まっていた。しかし入れ墨を彫る当日、詩音が「どうしても宴会の鯛の刺身を食べたい」と言い出した。この日が入れ墨を彫る日だと知らない2人は入れ替わり、そのまま詩音に入れ墨が入れられることになってしまった。このことを言い出せなかった詩音はそのまま魅音として生きることになり、双子は入れ替わってしまったのである。
魅音(元は詩音)は当主の座を奪ってしまったこと、詩音(元は魅音)は当主の座を押し付けてしまったことに対して、それぞれが罪悪感を感じている。
作中で、魅音は詩音から跡取りとしての居場所を奪ってしまった罪悪感から、詩音に強気な態度を取っていない。饅頭を貰った時は必ず半分姉にあげ、飴を貰った時は姉が了承するまで決して口に入れようとはしなかった。そして、好きな人(悟史)まで姉に譲ってしまった。

園崎詩音の装備・能力

雛見沢症候群

雛見沢村のみに蔓延する微生物が引き起こした、風土病。空気感染するため、病気が拡散しやすいのが特徴。現実に存在するウイルス性脳炎ともある程度の共通点はあるが、悪化すると麻薬中毒の禁断症状にも似た重度の精神的・肉体的な症状も出てくるため、非常に危険である。その段階に応じて、L1〜L5までランク付けされており、数字が大きいほど重症で、L5は末期症状となっている。L1〜L3程度なら大した自覚症状もないのだが、雛見沢のほぼ全体に感染が及んでいる。重症化すると、首を血が出るまで掻きむしり、死んでしまうことがある。
「綿流し編」では、ゲーム屋の店長にもらった人形の処分に困った圭一が、「魅音には似合わない」と言って部活の仲間の一人で“かぁいいもの”を愛好する竜宮レナ(りゅうぐう れな)にそれをプレゼントしたことで、魅音に「傷ついた」と泣きつかれる。
悟史がいた頃は悟史を気になっていた魅音だったが、魅音にとって悟史はもう過去の人になってしまった事、自分の想い人である悟史は失踪してしまって悩むことすら出来ないと、魅音に対し蟠りを抱く。その後、綿流しのお祭りの会場で入江診療所の看護婦を務めている鷹野三四(たかの みよ)に会い、禁断の地である祭具殿に入らないかと唆され、圭一を連れて祭具殿に侵入してしまう。その深夜、魅音とお魎が鷹野とその協力者の富竹ジロウ(とみたけ じろう)が殺されたと話しているのを聞いてしまう。盗み聞きされた事に気づいた魅音は詩音を拘束しようとするが、詩音は自分も消されるのではないかという強迫観念を抱き、雛見沢症候群を発症し、魅音をスタンガンで返り討ちにし幽閉し、悟史がいなくなってしまったのは園崎家だと思い込みお魎を殺害し暴走した。
「目明し編」では、「綿流し編」同様雛見沢症候群を発症し、悟史に甘えっぱなしだった沙都子を憎み殺してしまう。悟史が疾走する前に「沙都子のことを頼んだよ」といわれていたのにも関わらず、自分の大切な人の大切な人を殺してしまったと自分の行いを後悔した。

スタンガン

護身用として葛西に用意させた違法改造されたスタンガンを所持しており、通常のスタンガンでは出せない大出力を出せる危険な代物。
「綿流し編」、「目明し編」で綿流しの夜、祭具殿に侵入してしまったことを魅音とお魎に知られてしまい、スタンガンを使用して魅音を気絶させる。悟史が失踪したのは園崎家が関与しているのか聞くため、お魎にも気絶させるため使用するが死んでしまっていた。

園崎詩音の来歴・活躍

出生から昭和57年までの過去

魅音と同時に出生するが、跡継ぎの双子を問題視し、忌避する園崎家の因習により忌み子として扱われる。魅音は園崎本家を継ぐ者として名前に「鬼」がつく字を、詩音は出家させて寺へ閉じ込める者として「寺」が入った字を名前に込められている。
園崎家次期当主には鬼の入れ墨を彫るのが習わしとなっており、魅音も入れ墨を掘ることが決まっていた。しかし入れ墨を彫る当日、詩音が「どうしても宴会の鯛の刺身を食べたい」と言い出した。この日が入れ墨を彫る日だと知らない2人は入れ替わり、そのまま詩音に入れ墨が入れられることになってしまった。魅音と詩音は入れ替わり、魅音は詩音として、詩音は魅音として生きていくことになる。魅音(元は詩音)は当主の座を奪ってしまったこと、詩音(元は魅音)は当主の座を押し付けてしまった事にお互い罪悪感を感じていた。入れ墨を入れた翌日、興宮で両親と暮らしていた詩音は次期当主である魅音となり、雛見沢の本家で跡継ぎ修行をし、次期当主として本家でお魎と暮らしていた魅音は詩音となり、興宮にある全寮制の学校へ強制入学させられる。

昭和57年〜

学校での生活を嫌い、詩音の護衛をしている葛西辰由(かさい たつよし)の助力を得て脱走。その後、興宮のマンションを住居に、密かに連絡をとった魅音と打ち合わせをし、外出する時は魅音になりすまして過ごす生活を送っていた。
ある日、詩音は不良に絡まれ、不良を陥れようと勘案していたいたところを悟史に助けられ、想いを寄せるようになる。悟史の傍にいるために少年野球チーム「雛見沢ファイターズ」のマネージャーの役割を果たすようになるが、詩音と名乗る事は出来ず、ずっと魅音と偽って接していた。

家族構成

雛見沢の麓の街である興宮に両親とともに住んでいる。魅音は園崎本家で祖母である園崎お魎(そのざき おりょう)と生活しているため、離れて暮らしている。潜伏に利用していた興宮のマンションを自分の部屋として利用することもある。家族ではないが、詩音のお目付け役・執事のような存在として、父が組長をつとめる暴力団「園崎組」の幹部である葛西が護衛していることも多い。

綿流し編

綿流しのお祭りの会場で鷹野に禁断の地である祭具殿に入らないかと唆され、悩みはしたが仄かな好奇心と悟史の失踪との関係があるかもしれないという思いから誘いに乗り、圭一を連れて祭具殿に侵入してしまう。その深夜、魅音とお魎が鷹野とその協力者の富竹が殺されたと話しているのを詩音が盗み聞きし、魅音が気づき詩音を拘束しようとする。詩音は自分も消されるのではという強迫観念を抱き、雛見沢症候群を発症して 魅音をスタンガンで気絶させ園崎家の地下にある牢獄に閉じ込めた。お魎には悟史が失踪した事に園崎家は関与しているのか問いただそうとスタンガンで気絶させたが、既にショック死していた。
詩音は圭一に鷹野と富竹が死んだ事を伝える。その翌日、圭一の通う学校では村長である公由喜一郎(きみよし きいちろう)が行方不明だという噂が流れていた。その夜、詩音は公由に祭具殿に侵入してしまった事を打ち明けたため、殺されてしまったのではないかという事を圭一に伝える。この話が本当であれば、圭一は祭具伝に侵入したことを梨花に話しており、梨花が危ないと思い、魅音とレナとともに梨花と沙都子の家に向かうが誰もいなかった。
翌朝、レナが梨花と沙都子は醤油を分けてもらいに園崎家に行ったのではないかという推理をし、圭一とレナが園崎家へ訪れた。魅音に成り済ました詩音は、圭一とレナに梨花、沙都子、富竹、鷹野、村長を殺害したことを自供する。そして「圭一と2人きりになりたい」と、圭一を園崎家の地下牢へ連れて行く。圭一は牢獄に閉じ込められていた詩音(魅音)を見つけ声をかけるが、詩音はその背後から圭一を殴り気絶させる。目覚めた圭一に詩音は、「あの人形を自分にではなく、レナにあげたことから狂ってしまった」と告げ、スタンガンを押し付け再び気絶させた。圭一は救出され、数日後に雛見沢を離れた。
ある日の夜、詩音は圭一の元へやって来て、包丁で圭一を刺殺した。その後、詩音は殺す予定であった人を全て殺し、やり切ったと浮かれながら自宅のマンションに戻り、ベランダ伝いに部屋に戻る途中、柱に服が引っかかりバランスを崩し転落死した。

目明し編

初恋

魅音の容姿をした詩音(左)が輩に絡まれているところ、悟史(右)が助けに来て「大丈夫か」と、詩音の頭を撫でる。

「綿流し編」を詩音目線で描いた「目明し編」。詩音が悟史と初めて出会った頃から話は始まる。
窮屈な生活に飽き飽きした詩音は学園を脱走し、魅音に少しの間入れ替わってほしいと頼む。だが、詩音が脱走したことがお魎に知られ、その事を魅音から聞いた詩音はしばらく身を隠すため、食糧を買い溜めし大量の荷物を両手に持ちながら歩いていると、道端に止めてあったバイクに荷物が引っ掛かり、荷物が散乱してしまう。「こんな所ににバイクを止めやがって」と詩音が蹴ったバイクが倒れてしまい、持ち主の輩に路地の奥に連れ込まれてしまったところに智が助けに現れる。ケンカの強くない悟史は助けに来たつもりが輩にやられ始めてしまう。そこに他の通行人が呼んだ警官が現場に現れ、事なきを得る。魅音だと思っている悟史は「魅音、大丈夫?」と詩音の頭を撫でる。このことがきっかけで詩音は悟史を好きになる。
詩音は悟史の事をもっと知るため魅音に聞くと、2年目のオヤシロ様の祟りで両親を失い、沙都子と一緒に叔父夫婦に預けられている事、ダム戦争に賛成し村の仇として憎まれていた北条夫妻の血筋ということで、村八分状態である事を知る。
翌日、悟史が所属する野球チーム・雛見沢ファイターズの練習を見学に行き、監督である入江にも話を聞いた詩音。沙都子に対する叔母のあたりが強く、沙都子を守るため雛見沢ファイターズを辞めようとしているという事だった。詩音は悟史に庇われる沙都子への不満が募った。
悟史が気になり、詩音は代わりに学校に行かせ欲しいと魅音に頼んだ。叔母から虐待を受けている沙都子を庇っていた悟史は、疲れ切った様子で登校してきた。詩音は「元気?」と声をかけるが「これが元気に見えるのかよ」といわれてしまう。詩音は昼休みに一緒に弁当を食べようと悟史を誘うが「一人にしてくれ」と断られ、悟史は教室を出て行ってしまった。その時沙都子は弁当箱を床に落とし「にーにー、にーにー!助けてよ、にーにー」と泣き始める。沙都子の悟史に甘えっぱなしの様子に詩音は苛立ち、沙都子を叩き、蹴り、教科書を投げつけ「あんたが悟史君を苦しめてるんだ。泣けばいいと思うな。いつまでも悟史君に泣きつけばいいと思うな。死んでしまえ。お前なんか死んでしまえ」と叫ぶ。梨花とレナが間に入り詩音を止めようとするが、沙都子が悟史にすぐ頼るせいで悟史は辛い思いをしているんだと、沙都子に対する苛立ちを止められない詩音は、沙都子に振り上げた椅子を振り下ろそうとする。ちょうどそのタイミングで戻ってきた悟史が詩音を突き飛ばし「どういうことだ?僕たちが何をしたよ。両親を村ぐるみで追い詰めて。今度は僕たち。それが、園崎家のやり方なのか?」といわれてしまった。家に帰った詩音は電話で魅音に「私の立場を、考えてほしいな」といわれるが反省は全く無く、詩音は今年のオヤシロ様の祟りで、叔母と沙都子がいなくなればいいと考える。

ケジメ

魅音からまた電話があり、悟史から昨日の騒ぎの事を謝りたいという電話があったが、それは詩音が受けるべきだと思うからと、悟史に電話をかけるようにいわれる。詩音は悟史に電話をかけお互い騒ぎの事を謝罪した。悟史は「沙都子は擦り切れる寸前なんだ。だから、一晩くらいは嫌なことを忘れさせてやりたくて。綿流しのお祭り、沙都子を連れて行ってくれないか?」と詩音に頼む。「悟史は行かないのか」と尋ねるが、「用事があるから」といい、「沙都子のこと頼んだよ」といわれた。悟史の用事とは、沙都子のために叔母を殺す事だった。綿流しの祭りの日、悟史はダム工事現場の跡地で叔母を金属バットで撲殺した。
綿流しの祭りの翌日、詩音は興宮のおもちゃ屋の前で悟史を見つける。悟史が見ていたのは、大きなクマのぬいぐるみだった。魅音のふりをして悟史に声をかけると、沙都子の誕生日にプレゼントしようと、バイトをして買おうとしているぬいぐるみで、売れてしまわないか心配でたまに見に来ているとのことだった。そこへ、興宮の警察署の刑事である大石蔵人(おおいし くらうど)が悟史の叔母が殺された件で、悟史に話を聞きに来る。叔母殺しの犯人である悟史はアリバイがない。詩音はとっさに「悟史君はその日、興宮のファミレスにいました」というが、「魅音さんは綿流しの祭りで目撃されている」と大石にいわれ、詩音は「魅音じゃありません。わたし、魅音の妹の詩音です」と正体を明かす。悟史は驚きはしたものの、「たまに教室の魅音と話が合わなかったから。違和感はあったんだ。これで納得がいったよ」と詩音の存在を知る。大石は詳しい話をするため2人を警察署へ連行する。聴取が終わり警察署から出た詩音を待っていたのは、園崎本家の人間。そのまま詩音は本家の敷地内にある地下祭具殿へ連れて行かれる。お魎に脱走した事と北条家の人間と親しくしていた事を怒られるが、詩音は「北条家の人間だからと、いつまでそんなことを言ってるんですか?親のやったことに子供は関係ない。私は北条悟史君が大好きです!」と反論をする。そんな詩音に次期当主である魅音は「もう結構です」といい、詩音の反論を止める。そして、学園を抜け出したため、葛西と、詩音を可愛がってくれていた親戚の義郎おじさんが捕らわれていることを詩音は知らされる。魅音は「詩音が当主に謝罪し、けじめをつければ、2人は助かるかもしれません」と告げ、けじめをつけるため爪を剥ぐ道具を用意する。詩音は爪を3枚剥がしたら葛西、義郎おじさん、悟史を助けてもらえると思い、爪を剥がした。詩音はケジメをつけたため、葛西と義郎おじさんは無事解放され、詩音も元の生活に戻った。園崎家からは、「もう北条悟史のことは忘れろ」と忠告されてしまった。
久しぶりに街に出た詩音は、興宮のおもちゃ屋にある、悟史が買おうとしていたぬいぐるみが無くなっていることに気付く。そこへ大石に出会い、詩音は再び警察に聴取のためと連れて行かれ、悟史のアリバイについて聞かれる。詩音は「それは前にも言った通り、興宮のファミレスで」と話すが、大石は「違うんですよ。私が聞きたいのは、北条悟史君の昨日のアリバイなんです」といわれ、なぜそんな事を聞くのか詩音はわからないでいると、「北条悟史さんは昨日の夕方以降、失踪されました」と大石に告げられた。詩音の爪のうちの1枚は、悟史のためのケジメだったのにとショックを受けた。

鬼の血脈

yuh1002b2
yuh1002b2
@yuh1002b2

Related Articles関連記事

ひぐらしのなく頃にのネタバレ解説・考察まとめ

ひぐらしのなく頃にのネタバレ解説・考察まとめ

『ひぐらしのなく頃に』とは、竜騎士07原作のアニメ作品。原作はビジュアルノベルで、2006年から断続的にアニメ化された。小説や実写映画なども制作され、2000年代後半から2010年代前半を代表する人気作品となった。 雛見沢村に引っ越してきた少年前原圭一は、同じ学校に通う部活仲間の竜宮レナや園崎魅音らと平和に暮らしていた。しかしある時フリーカメラマンの富竹ジロウという人物から、過去に村で起きた殺人事件の話を聞く。事件のことを調べ始めた圭一の周囲で不穏な事態が相次ぎ、凄惨な惨劇が繰り返されていく。

Read Article

ひぐらしのなく頃に卒(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

ひぐらしのなく頃に卒(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ひぐらしのなく頃に卒』とは、竜騎士07原作のアニメ作品で、2020年放送の『ひぐらしのなく頃に業』の続編。同シリーズは2006年から断続的にアニメ化されてきた人気作である。 繰り返される昭和58年6月の中、日本の田舎町・雛見沢村で次々に起きる怪事件。その全ては、村を出て行こうとする古手梨花を引き留めるために、北条沙都子が裏で糸を引いたものだった。果たして沙都子は事件の裏でどのように暗躍していたのか、無数の惨劇を重ねた彼女たちの行く先に何が待ち受けるのか。物語は真の結末に向けて動き出していく。

Read Article

ひぐらしのなく頃に業(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

ひぐらしのなく頃に業(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ひぐらしのなく頃に業』とは、竜騎士07原作のアニメ作品。2006年から断続的にアニメ化されてきた同シリーズ7年ぶりの新作である。序盤の展開は過去作と同じものだが、リメイクではなくリブートだと公式から発表されている。 雛見沢村に引っ越してきた少年前原圭一は、同じ学校に通う部活仲間の竜宮レナや園崎魅音らと共に平和に暮らしていた。しかしある時フリーカメラマンの富竹ジロウという人物から、過去に村で起きた殺人事件の話を聞く。事件のことを調べ始めた圭一に、レナら村人たちは不穏な一面をさらけ出していく。

Read Article

竜宮レナ(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

竜宮レナ(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

竜宮レナ(りゅうぐう れな)とは、『ひぐらしのなく頃に』の登場人物で、「かぁいいもの」を偏愛する女子中学生。元々雛見沢の出身だが、幼い頃に親の仕事の都合で茨城県に引っ越し、昭和56年までをここで過ごし、その後昭和57年に故郷へ戻った。転校してきたばかりの前原圭一の面倒を見たりと、優しく献身的な性格で、無自覚な善意の塊。本名は「竜宮礼奈(れいな)」だが、幼少期に実母が不倫相手との子供を妊娠したことで、両親が離婚したことをきっかけに、「レナ」と自称するようになり、周りにもそう呼ばせるようになった。

Read Article

北条沙都子(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

北条沙都子(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

北条沙都子(ほうじょう さとこ)とは、『ひぐらしのなく頃に』の登場人物でトラップの名手であり、様々なトラップを自在かつ効果的に駆使する女子小学生である。生意気な性格で年上である前原圭一に、事あるごとにちょっかいをかけたり、憎まれ口を叩いたりしている。古手家の一人娘である古手梨花と親友で、互いに両親を亡くした者同士、寝食を共にする仲である。沙都子の兄である北条悟史を強く慕っており、兄のやっていた野球では、圭一が事前交渉で投げさせたスローボールを見事に打ち取った。活発で運動神経は大変良好である。

Read Article

園崎魅音(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

園崎魅音(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

園崎魅音(そのざきみおん)とは、『ひぐらしのなく頃に』の登場人物で、姐御肌のムードメーカーであり、通っている学校では委員長を務めている。勝気かつ男勝りでやや強引な性格で、一人称に「おじさん」を使うことが多い。趣味で集めているゲームを、皆で遊ぶ事を主旨とする「部活」の部長をつとめる。毎日放課後に部活を開き、持ち前の明るさでメンバー達を盛り上げている。転校してきた前原圭一に好意を抱いており、親友である竜宮レナとは親友であり良きライバルでもある。雛見沢村で権力を誇る御三家の園崎家の次期頭首の顔も持つ。

Read Article

古手梨花(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

古手梨花(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

古手梨花(ふるで りか)とは、『ひぐらしのなく頃に』の登場人物で、古手神社の一人娘。同学年の北条沙都子と同じ家で生活をしている。毎年6月に行われる「綿流し祭」では、巫女役を務めている。周囲をいつも和ませるが、時に年齢に似合わぬ冷静さも見せる不思議な雰囲気の女の子。自分のことを「ボク」と呼び、「み〜」「にぱ〜」などの口癖を持つ。村人からオヤシロ様の生まれ変わりであると崇められているが、実はオヤシロ様の正体は羽入という少女の見た目をした存在であり、梨花は羽入の姿を唯一目にする事のできる存在である。

Read Article

前原圭一(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

前原圭一(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

前原圭一(まえばら けいいち)とは、『ひぐらしのなく頃に』の登場人物で、シリーズ通しての主人公であり、昭和58年5月に東京から雛見沢に引っ越してきた中学2年生の少年である。直情的な熱血漢である反面、デリカシーがなく無神経だったり女心に鈍感なところがある。明るく気さくな性格であり、転校して来てすぐに同じクラスの竜宮レナ(りゅうぐう れな)や園崎魅音(そのざき みおん)といった複数の友人を作った。 都会にいた頃から学業に優れ、優秀な知力を持ち「口先の魔術師」と呼ばれる程非常に口が達者。

Read Article

鷹野三四(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

鷹野三四(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

鷹野三四(たかの みよ)とは、『ひぐらしのなく頃に』の登場人物で、雛見沢村にある入江診療所に勤務する看護婦。普段は知的で物腰柔らかいが、時に他人を見下したような態度をとり、ヒステリックな面も見せる。 筋金入りのオカルトマニアで、フリーのカメラマンである富竹ジロウとは親しい間柄。劣悪な環境の孤児院で育ち、ここを脱走して雛見沢村で医者をしていた鷹野一二三の養女となる。養父の生涯を賭した研究が闇に葬られようとしているのを知り、これを阻止するために軍隊による雛見沢住民の虐殺・雛見沢大災害を画策した。

Read Article

羽入(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

羽入(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

羽入(はにゅう)とは、『ひぐらしのなく頃に』の登場人物で、本作の「皆殺し編」から姿を現し、「祭囃し編」では主人公を務める、雛見沢の守り神であるオヤシロ様そのもの。オヤシロ様の生まれ変わりといわれている古手梨花以外の人間には、羽入の姿は認識できない。「祭囃し編」にて、古手家最後の生き残りとして、部活メンバー達の前に現れる。性格は内気で頼りなく子供っぽく、困ったり興奮したりすると「あうあう」としゃべる癖があるが、時折神のように非常に厳粛な喋り方をすることもある。

Read Article

大石蔵人(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

大石蔵人(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

大石蔵人(おおいし くらうど)とは、『ひぐらしのなく頃に』の登場人物で、定年退職を間近に控えた興宮署の刑事。雛見沢で毎年起きている連続怪死事件を追いかけており、綿流しの祭りが近づくと頻繁に雛見沢を訪れるようになる。最初の連続怪死殺人事件の犠牲者となったのが、ダムの現場監督であり、大石が「おやっさん」と呼んで慕っていた男であるため、捜査に執着する要因となっている。強い正義感の持ち主だが、定年退職を間近に控えており、刑事でいられる内に真相を突き止めようと強引な捜査手法を用いることがある。​​

Read Article

北条悟史(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

北条悟史(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

北条悟史(ほうじょう さとし)とは、『ひぐらしのなく頃に』の登場人物で、北条沙都子の兄である。園崎魅音と園崎詩音と同学年であり、魅音が立ち上げた当初の部活メンバーの一員である。大人しい性格をしており、よく読書をしており、人の頭をよく撫でる癖がある。困ったときにはよく「むぅ…」と口にしてしまう。入江京介が監督を務める少年野球チーム「雛見沢ファイターズ」に参加していたが、本番に弱いため目立った活躍はなかった。前原圭一が雛見沢に来る前の昭和57年6月の綿流しの日に失踪し、現在行方不明となっている。

Read Article

富竹ジロウ(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

富竹ジロウ(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

​​富竹ジロウ(とみたけ じろう)とは、『ひぐらしのなく頃に』の登場人物で、野鳥や風景を撮るフリーのカメラマンである。物腰柔らかく、真面目で大らかな男性。雛見沢村の住人ではないが、村で起きたダム戦争の少し前から季節毎に雛見沢を訪れ、一週間ほど滞在していく。村人とも面識があり、温厚な性格ゆえ評判も悪くない。村の診療所の看護婦である鷹野三四と交際中で、よく一緒に散策する姿を目撃されているが、普段は彼女の尻に敷かれている。実は自衛隊の人間で、雛見沢村への来訪も独立組織を有する鷹野の監視が目的である。

Read Article

入江京介(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

入江京介(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

入江京介(いりえ きょうすけ)とは、『ひぐらしのなく頃に』の登場人物で、雛見沢村唯一の医療機関、入江診療所の所長である。 その口調や仕種から落ち着いた大人の印象を与え、基本的に真面目な性格。本業の医師のほか、少年野球チーム「雛見沢ファイターズ」の監督も務める。東京から雛見沢に引っ越してきた前原圭一たちからは親しみを込めて「監督」と呼ばれている。村のイベントにも積極的に関わり、村民からも年代問わず厚く信頼されているが、雛見沢の風土病である雛見沢症候群の研究者という裏の顔を持つ。

Read Article

赤坂衛(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

赤坂衛(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

赤坂衛(あかさか まもる)とは、『ひぐらしのなく頃に』の登場人物で、警視庁公安部に所属する刑事であり、階級は警部。真面目で正義感が強い性格であり、曲がったことが嫌いな熱血漢。入庁試験、警察学校では優秀で将来有望だが、捜査官としては新米で未熟。建設大臣の孫が誘拐された事件の極秘捜査をする為に雛見沢を訪れ、そこで大石蔵人と古手梨花に出会う。愛妻家であり、同僚達の間では熱愛夫婦として知られており、妻の雪絵は出産を目前にしている。学生時代は麻雀に熱中しており、「馬場の衛」の異名を持つプロ級雀士だった。

Read Article

ひぐらしのなく頃にの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

ひぐらしのなく頃にの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ひぐらしのなく頃に』とは、竜騎士07が考案した同人ゲームで、アニメ化や実写映画化など、多数のメディア展開がなされている。昭和の田舎を舞台としたミステリーで、残酷で切ない物語や惨劇に立ち向かう強さを描いたストーリーが世間では高く評価されている。意味深なセリフや、仲間との絆を感じさせるセリフが、人々の心に深く刻まれている。

Read Article

Fateシリーズ(Fate/stay night)のネタバレ解説・考察まとめ

Fateシリーズ(Fate/stay night)のネタバレ解説・考察まとめ

2004年にTYPE-MOONから発売されたテレビゲームおよびそれらを原作としたアニメ、小説、漫画作品。あらゆる願いを叶える万能の杯「聖杯」に選ばれた7人の魔術師と対になる7人の英霊たちが、己の願いを叶えるべく、最後の1組となるまで殺し合う「聖杯戦争」。聖杯戦争に巻き込まれた少年・衛宮士郎は、偶然にも召喚した英霊の少女・セイバーと共に、苦難の道を歩み始める。

Read Article

Fate/stay night(フェイト ステイナイト)のネタバレ解説・考察まとめ

Fate/stay night(フェイト ステイナイト)のネタバレ解説・考察まとめ

『Fate/stay night』とは、TYPE-MOONが開発するビジュアルノベルゲームのアニメ作品で、「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り7人の魔術師(マスター)と7騎の英霊(サーヴァント)の物語を描いている。本作はその原作のストーリーのひとつであるセイバーがヒロインにしたルートを脚本にしている。2006年1月から6月まで全24話で放送された。

Read Article

六花の勇者(ラノベ・漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

六花の勇者(ラノベ・漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

「六花の勇者」とは2015年7月から9月まで放送された日本のテレビアニメ作品。アニメ制作会社のパッショーネが製作した。全12話。原作は同名の小説で著者は山形石雄。 世界を支配しようと復活を目論む魔神を倒すために選ばれたのは「六花の勇者」と呼ばれる六人の勇者たち。しかし集まったのは七人だった。王道のファンタジーとミステリーを絡めた異色作。

Read Article

citrus(シトラス)のネタバレ解説・考察まとめ

citrus(シトラス)のネタバレ解説・考察まとめ

「citrus」は、サブロウタ原作の2018年冬アニメである。原作は『コミック百合姫』(一迅社)にて2013年1月号より連載している。 同性愛(いわゆる「百合」)を描いた作品である。キスシーンなど、情熱的なシーンが多い。 主人公、藍原柚子と、母親の再婚相手の娘である藍原芽衣の友情・姉妹の枠を超えた絆の物語である。 ピュアな柚子が懸命にクールで寡黙な芽衣の気持ちを理解し、自分の気持ちを伝えようと歩み寄ろうとする。

Read Article

ひなこのーと(Hinako Note)のネタバレ解説・考察まとめ

ひなこのーと(Hinako Note)のネタバレ解説・考察まとめ

『ひなこのーと(Hinako Note)』とは、三月による4コマ漫画。またそれを原作として2017年4月から6月まで、全12話にわたって放送されたアニメ作品のことである。漫画は4コマ漫画専門雑誌『コミックキューン』にて連載中。少女たちの同居生活や学生生活、また演劇に向き合う姿を可愛らしいタッチで描いている。アニメのキャッチコピーは『元かかし少女の演劇コメディ!』

Read Article

《閲覧注意!》身の毛もよだつグロ・恐怖アニメ . ゚Д゚))))))ガクガクブルブル

《閲覧注意!》身の毛もよだつグロ・恐怖アニメ . ゚Д゚))))))ガクガクブルブル

BPO(放送倫理機構)様の御目がある中でも、ちょくちょくOKをもらって放送されているグロアニメ。原作はもちろん、そのグロさや恐怖さはとんでもないですが、アニメではいろいろ調整もあって別の意味での恐ろしさに変わっているのです。今回はそんな恐怖蔓延のアニメをまとめましたので、ご紹介いたします。※もし気になる方は、ぜひご自身の御目でご確認ください。(ちなみに「まど☆マギ」は入れてませんw違うでしょ)

Read Article

実写化して失敗したor失敗しそうなアニメ・漫画まとめ

実写化して失敗したor失敗しそうなアニメ・漫画まとめ

アニメ・漫画の実写化というと、どうしてでしょう?なにか嫌な予感しかしないのは…。しかしそれでも、いつかはと、人はアニメ・漫画の実写化で爆発的な人気を出そうとしているのです。諦めていないのです。けれども結局は、「人は過ちを繰り返す」とは言ったものですね。今回はそんな実写化して完全に爆死(不評・批評)の嵐にあった作品と、その予定作をまとめました。

Read Article

知らない人が多い「ひぐらしのなく頃に」の巷で話題の神ゲー3タイトル!

知らない人が多い「ひぐらしのなく頃に」の巷で話題の神ゲー3タイトル!

一時期は社会現象にもなった「ひぐらしのなく頃に」。根強いファンがたくさんいるだけでなく、様々なグッズやゲームが今でも数多く制作・販売されています。しかしながらその一方で、今では完全に日陰に位置してしまっている「ひぐらしのなく頃に」ですが、その展開されているゲームがどれもとても面白い神ゲーなのです。今回はそんなあまり知られていないものをまとめました。

Read Article

ホラー、グロ、鬱...ブラックな魅力満載の怖いアニメまとめ【ひぐらしのなく頃に他】

ホラー、グロ、鬱...ブラックな魅力満載の怖いアニメまとめ【ひぐらしのなく頃に他】

ここではホラー、グロテスク、鬱など、子ども向けとは言えない怖いアニメをまとめた。同人サークルのコンピュータゲームから一代コンテンツに成長を遂げた『ひぐらしのなく頃に』や、日本アニメの金字塔『新世紀エヴァンゲリオン』、短編連作ホラーアニメ『闇芝居』などを紹介している。

Read Article

【地獄少女】閲覧注意!主要人物が危機に陥るトラウマ級アニメのまとめ【進撃の巨人】

【地獄少女】閲覧注意!主要人物が危機に陥るトラウマ級アニメのまとめ【進撃の巨人】

世の中に溢れ返っているアニメ作品には、視聴者に恐怖を植え付けるものがあります。中には、登場人物やキャラクターの見た目はめちゃくちゃかわいいのにストーリーがグロすぎるといったギャップが大きいものもあり、一度観たらずっとトラウマになってしまいそうですよね…。この記事では、そんなヤバいアニメを集めました。グロい系なものが苦手な方は閲覧注意!

Read Article

ISLAND(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

ISLAND(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『ISLAND』とは、フロントウイング原作のノベルゲーム『ISLAND』のTVアニメ版である。 離島の浦島に流れ着いた青年・切那は、「世界を救う」という使命以外の記憶を失っていた。彼は浦島御三家の一つである御原家の跡取り娘・凛音の家で使用人として働きながら、自身の記憶と世界の謎を解き明かしていく。古の伝承や風土病、本土との確執などの伏線が散りばめられたSFファンタジー。

Read Article

中間管理録トネガワ(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

中間管理録トネガワ(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

「中間管理録トネガワ」とは言わずと知れた「カイジ」作中に登場する宿敵、利根川幸雄のスピンオフアニメ作品である。 大勢の部下(黒服)達を束ねる幹部でありながら、帝愛グループ会長である兵藤和尊のご機嫌を常に最も身近で気にしなければならない、いわば中間管理職に位置する男、利根川幸雄の苦悩と葛藤を描いた物語である。

Read Article

中間管理録トネガワ(第1話『始動』)のあらすじと感想・考察まとめ

中間管理録トネガワ(第1話『始動』)のあらすじと感想・考察まとめ

「賭博黙示録カイジ」において主人公カイジと出会う前、日々の業務と会長のご機嫌を伺いながら仕事をこなす利根川を会長・兵藤和尊は突然呼び出し、自身の退屈を紛らわせる企画を利根川に命じる。週末の予定がなくなることに苦悩しながらも1、1人のメンバーと共に第一回の会議に利根川は臨んでいく。 今回は「中間管理録トネガワ」第1話『始動』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ISLAND(第12話『てをつないでアシタへ』)のあらすじと感想・考察まとめ

ISLAND(第12話『てをつないでアシタへ』)のあらすじと感想・考察まとめ

「玖音はリンネなのか?」と切那は疑問を抱き、玖音が指輪をしていたかどうか、そして、玖音の過去を調べる。そして先代の御原家当主・典正の日記を読んだ切那は、衝撃的な真実を知ってしまう。時を超えた伝承のリンネとセツナの物語。伝承の本当のエンディングが今明かされる。 今回は「ISLAND」第12話『てをつないでアシタへ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

citrus(第1話『love affair!?』)のあらすじと感想・考察まとめ

citrus(第1話『love affair!?』)のあらすじと感想・考察まとめ

主人公、藍原柚子は母親の再婚がきっかけで女子高に編入することとなった。 登校初日から校則違反が目立ったため、生徒会長の藍原芽衣に目を付けられる。 その日、新しい家族として芽衣が迎え入れられ、二人の共同生活が始まる。 今回は「citrus」第1話『love affair!?』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

NEVER ISLAND(第10話『モウクヤミタクナイカラ』)のあらすじと感想・考察まとめ

NEVER ISLAND(第10話『モウクヤミタクナイカラ』)のあらすじと感想・考察まとめ

札なしの子どもたちの救出に向かった切那とカレン、サラ。しかし子どもたちは既に殺されおり、大司教の陰謀で3人は枢機卿を殺害したテロリストに仕立て上げられる。リンネの機転で命からがら街から逃げ出したが、運命は容赦なく4人を襲う。 今回は「NEVER ISLAND」第10話『モウクヤミタクナイカラ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ISLAND(第11話『またあえたけどアナタは』)のあらすじと感想・考察まとめ

ISLAND(第11話『またあえたけどアナタは』)のあらすじと感想・考察まとめ

切那は浦島に戻ってきて凛音や夏蓮、沙羅と改めて出会い、3人を次々と良い方向に変えていく。そして凛音の死という未来を変えるために突き進むが、切那は更なる衝撃の真実に気づく。それは、玖音が切那が愛したリンネではないか、という事実だった。 今回は「ISLAND」第11話『またあえたけどアナタは』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ISLAND(第1話『またあえたねあなたと』)のあらすじと感想・考察まとめ

ISLAND(第1話『またあえたねあなたと』)のあらすじと感想・考察まとめ

離島の浦島に流れ着いた青年・切那は、「世界を救う」という使命以外の記憶を失っていた。彼は浦島御三家の一つである御原家の跡取り娘・凛音の家で使用人として働くことになる。凛音と切那は昔会ったことがあるようだが、凛音も5年前以前の記憶を失くしていた。二人の出会いにより、失くした記憶の謎が深まる。 今回は「ISLAND」第1話『またあえたねあなたと』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents