TIME LOCKER(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『TIME LOCKER』はSotaro Otsukaが開発し、2016年にスマートフォン・タブレット用に配信開始されたシューティングゲームである。Otsukaが一人で制作したインディゲームであるにも関わらず、世界で100万ダウンロードを突破しており、30を超す国々でプレイされている。
「障害物を避けてどれだけ前に進めるか」というシンプルなゲームでありながらも、個性豊かなキャラクター、多彩な強化アイテム、時間を自在に操れる不思議な操作性などの魅力も併せ持ち、人気を博している。

ROCKET LOCKER

2台目の販売機で買える、高火力の特製二連装式ROCKETを持つキャラクター。ボスなど大型の敵に強い。

HOMING HOPPER

2台目の販売機で買える、左右に4つ飛ぶHOMING SHOTが特徴的なキャラクター。

BIG LINE LOCKER

2台目の販売機で買える、標準ショットのサイズと威力がでかいキャラクター。標準ショットが強化される武器「LINE」を取れば大きく化ける。

D RIFLE LOCKER

3台目の販売機で買える、「RIFLE LOCKER」を二丁式にしたようなキャラクター。

MISSILE MASTER

3台目の販売機で買える、MISSILEが二連装式になったキャラクター。攻撃面は優秀だが、自機の当たり判定がやや大きい。

HOMING ICE BOT

3台目の販売機で買える、誘導型ICE CANONを持つキャラクター。本来は当たりにくいICE CANONの命中率が高い点が強み。

FLAP SNIPER

4台目の販売機で買える、桁外れな威力のショットを発射できるキャラクター。ボスですら2発当てればほとんど撃破できる。

MINIGUN LOCKER

4台目の販売機で買える、専用ミニガンを装備したキャラクター。前方火力が高い点が特徴。

BEAM WALKER

4台目の販売機で買える、BEAMが連装砲化されたキャラクター。ザコには滅法強い一方、見た目に反してボス戦はそこまで得意ではない。

WAR MANMOTH

5台目の販売機で買える、WIDE SHOTとSIDE SHOTが強化されたキャラクター。前方に強いが後方には弱い。

THE DOG

5台目の販売機で買える、BEAMとMISSILEを所持したキャラクター。バランスが良いものの、武器性能の変化がない。

ICE BEAM ROCKER

5台目の販売機で買える、敵を凍結させるBEAMを撃てるキャラクター。凍結BEAMにはダメージがない。

sssaqj6
sssaqj6
@sssaqj6

目次 - Contents