キャットストリート(漫画・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『キャットストリート』とは2004年から2007年の3年間神尾葉子が『別冊マーガレット』で連載したヒューマンストーリーである。かつて人気子役だった主人公・青山恵都(あおやま けいと)。9歳で芸能界を引退してからは不登校になり、ずっと引きこもりの生活を送っていたが、16歳の彼女の前にフリースクール「エル・リストン」へ誘う男が現れる。「エル・リストン」で様々な人間と出会い再び恵都は女優復帰を目指す。2008年にNHKでドラマ化され、谷村美月が主演を演じた。

『キャットストリート』の概要

『キャットストリート』とは2004年から2007年の3年間神尾葉子が『別冊マーガレット』で連載したヒューマンストーリーである。『キャットストリート』を連載するまで、神尾は長期の休みを取っている。その間寝て起きて本を読んだり遊びにいったり、原稿の締め切りに縛られない生活を送っていた。そしてまた1から漫画を描こうと『別冊マーガレット』に戻ってくる。その作品がこの『キャットストリート』なのだ。単行本は全8巻発売されているが、神尾は「5巻までしか描く予定がなかった」と語っている。『花より男子』をはじめラブコメディーが多い神尾の作品のなかでは、この『キャットストリート』はシリアスな人間の成長を扱っており、他の作品とは異なった作風である。
2008年8月にNHKでドラマ化された。放送枠は毎週木曜日の20:00~20:43である。放送は全6回であった。主人公の青山恵都(あおやま けいと)役を谷村美月が演じた。そのほか勝地涼、黒川智花、木村了、生瀬勝久が出演している。2008年8月28日の放送を前に、横浜で会見が行われ谷村美月ら出演者たちの意気込みが語られた。もともと谷村は『キャットストリート』を読んだことがあり、原作のファンであった。そのため、主人公の恵都役に決まった時は感激している。会見で谷村は「恵都の役を演じることが嘘っぽくならないように気をつけながら演じていきたい」と語っている。原作に登場する恵都の仲間、佐伯玲(さえき れい)はドラマでは登場せず、もう1人のキャラクター・峰浩一(みね こういち)が玲の役も担当している。この役を演じたのは勝地涼であった。勝地は会見に出席し、「学校に疑問を抱いたり、授業に希望を持てなくなるのは誰しもが経験すること。だから誰にでもどこか引っ掛かる作品だと思う」と語っている。また、原作に登場しないドラマオリジナルキャラクターも登場している。吃音をもつ鈴木剛太(すずき ごうた)で、木村了が演じている。「原作にはいない役なので最初は悩んだが、だんだん感情をつかめるようになった」と木村は話している。ほかにも、現在多くの映画やドラマで活躍する俳優・田中圭、吉田羊、大島優子や峯岸みなみらが脇をかためており、まだ初々しい彼らの演技を見ることができる作品でもある。
主人公の青山恵都(あおやま けいと)は、小学生の頃天才子役として名を馳せていた。オーディションでは満面の笑みで審査員を和ませ、涙の演技では惹きつける。天才的な芝居で数々の仕事をこなしていた恵都が9歳の時、ロングランミュージカル「サニーデイズ」の主役の話が舞い込む。Wキャストで主演が組まれ、同じ子役・園田奈子(そのだ なこ)と恵都の2人が主役のサニーを演じることになった。奈子は恵都に憧れて芸能界に入ったと話し、2人はきついレッスンを「一緒に」乗り越える。恵都は奈子に出会うまで友達がひとりもおらず、孤独に頑張ってきたため奈子と「一緒に頑張ること」が何よりも嬉しかった。しかし、本番当日、奈子は恵都の分身のような演技を見せつけ観客の声援を独り占めする。そして「あんたにいいとこなんてあげないから。友達ひとりもいないなんて気持ちわるい人」と恵都を裏切る。奈子に裏切りを受けた恵都は自分の出番で何も喋ることができず、立ちすくみ大失態をしてしまう。そのまま芸能界を引退し、学校も不登校になった。16歳になっても不登校と引きこもりの生活をダラダラと過ごし、夢も希望もない毎日である。そんな恵都の前に現れたのが、フリースクール「エル・リストン」の学長だった。生徒の自主性や個性を尊重する「エル・リストン」に通い始めながら、恵都は高校を退学した者、いじめに遭った者など様々な事情をもつ生徒たちと出会う。初恋・友情と経験するうちに徐々に恵都は心を取り戻していき、再び女優復帰を果たすまで成長していく。

『キャットストリート』のあらすじ・ストーリー

元天才子役の負った深い傷

恵都(右)に向かって、「友達ひとりもいないなんて気持ちわるい人」と奈子(左端)が言い放つ場面。

16歳の青山恵都(あおやま けいと)は、学校に通わず、家に引きこもっている。かつて恵都は5歳から芸能活動をし、天才子役だった。しかし恵都は、芸能の仕事が優先だったため学校には友達がいない孤独な状況だった。そんな折、恵都のもとにロングミュージカル「サニーデイズ」の仕事が舞い込む。主演はダブルキャストで、主役のサニーは恵都と、園田奈子(そのだ なこ)であった。友達がいない孤独な恵都には、奈子の存在が心の支えになった。だが本番当日、奈子は恵都に向かって「あんたにいいとこなんてあげないから。友達ひとりもいないなんて気持ちわるい人」と言い放ったのだ。奈子の裏切りは恵都の心に深い傷をつけた。恵都は放心状態になり恵都の芸能人生が終わった。

初めての友達

16歳になった恵都は街でフリースクール「エル・リストン」のスクール長、小島(こじま)と出会う。小島は恵都をエル・リストンに誘ってきたが恵都は断る。だが、エル・リストンに通う佐伯玲(さえき れい)が恵都の子役時代を知っていた。「ケイト、来てみれば?エル・リストン。なんか変わるかもよ」と恵都に言う。さらに小学校の同級生の原沢大洋(はらさわ たいよう)と再会し、大洋から「俺も頑張ってセリエA(セリエア)の選手になるからお前も頑張れよ」と励ましを受ける。

こうして恵都は、玲と大洋に背中を押されてエル・リストンに入学する。エル・リストンには峰浩一(みね こういち)がいた。浩一は、高校に入学するも周りとなじめず、退学している。IQ200の頭脳を持つ天才プログラマーなのだ。寡黙で不愛想な浩一だが、恵都の妹の知佳(ちか)がカツアゲに遭っているところを浩一はプログラミングを使い、救った。恵都は浩一に感謝し、友達になった。翌日エル・リストンで恵都は野田紅葉(のだ もみじ)と出会う。彼女は服を自分で作るのが趣味である。紅葉は高校在学中、みんなと同じ制服を着ているのが嫌で、ロリータファッションで登校した。その時周りから仲間外れにあい、高校を中退した。でも今の紅葉は前向きで自分の好きなことに夢中である。

紅葉は浩一と恵都をファミレスへ誘う。玲のアルバイト先である。ファミレスでは、玲が高校在学中に所属していたサッカー部の部員たちが飲食しながら玲を馬鹿にする。玲は在学中にプロレベルの実力だったが、部員から反感を買いサッカー部を辞め高校も退学したのだった。恵都と紅葉は玲をかばい部員たちと揉め、店の中がぐちゃぐちゃになった。この一件で玲はアルバイトをクビになる。でも玲は、恵都や紅葉がかばってくれたのが嬉しかった。恵都は紅葉と浩一にかつて自分が子役の青山恵都であることをカミングアウトしようとした。だが紅葉や浩一は、恵都が子役だったことを気にしない。「だってあたし達みんな野良猫みたいなもんだもの」と紅葉が言った。彼らは今の恵都を受け入れているのだ。恵都はこのとき7年ぶりに笑った。恵都にとって、玲、浩一、紅葉は初めてできた本当の友達である。

初恋の失恋

玲が押し殺していたサッカーへの気持ちが大洋とのサッカーで再燃する。大洋のクラブチームで玲はサッカーの能力の高さを発揮した。それに感銘を受けた大洋は玲にクラブコーチになってくれるようにお願いし、玲は大洋のクラブコーチになる。玲が大洋のサッカーチームのコーチになったことで、紅葉、浩一、恵都の3人はサッカーの練習を見に行く。練習後、大洋と恵都は一緒に帰る。その時大洋は小学生の頃の恵都のタイムカプセルを見せた。ずっと持っててくれていた大洋は、小学生の頃に恵都のことが好きだったと告白してきた。このとき恵都は大洋への恋心を確信する。

だが大洋は既に、クラブのマネージャーの平野(ひらの)と交際していた。2人が仲睦まじくデートの予定を話す姿を見て、恵都は一緒にいた紅葉と浩一の前から突然姿を消す。喪失状態で街でへたり込んでいる恵都を救ったのは、平野だった。平野の前で、赤ん坊のように恵都は泣いた。初恋の失恋は心に大きな衝撃を与えたが、平野の慰めで恵都は立ち直った。恵都は平野と笑顔で別れ、紅葉や浩一の元へ戻った。

過去と決着

歌のテーマ「ひとり暮らしを始めたての女の子」を、演じる恵都(上)。恵都は、役の世界に入り込み、見ているスタッフ達や奈子のマネージャー(右下)を驚かせる場面。

エル・リストンで恵都は元モデルのマーサに出会う。仕事で、奈子のヘアメイクを担当するマーサはエル・リストンで恵都を見つけ、恵都の今の状況を奈子に報告していた。そして奈子は、エル・リストンにやってきて恵都に明るく挨拶してきた。恵都は今一緒にいてくれる本当の友達を信じ、「奈子、あたし今違う世界にいるの。あの時のわたしじゃないよ。がんばってね」と恵都は奈子に言う。奈子の下で仕事をしていたマーサも、恵都の前向きな発言に感化され奈子の元を去る。

エル・リストンからの帰り道、雨の中1人で立っている奈子がいた。奈子は恵都に「私の周りには誰もいないの。助けてよケイト」と言い出した。恵都は奈子の真意がわからず戸惑い、その場から立ち去った。恵都がネットで調べると、奈子は誹謗中傷され芸能活動が上手くいっていない状況だった。そして翌日奈子は予定していた仕事場に現れず、失踪した。奈子のマネージャーが、恵都に奈子の代理を引き受けるように頼む。恵都は戸惑ったが「とり返せ、あたしの失敗を。肩にのしかかる記憶を自分の力でふきとばせ」と心の中で決意した。恵都はマネージャーの依頼を承諾。急いで駆け付けたミュージックビデオの撮影で、恵都は潜在的な実力を発揮し撮影は成功した。

その後、マーサから舞台「サニーデイズ」のチケットをもらった恵都は、舞台を観に行き、奈子と再会する。奈子は恵都を越える女優になることを誓い、恵都は肩にのしかかっていたかつてのサニーから解放された。

交差する思い

恵都がエル・リストンに来たときから彼女をずっと見てきた玲は、恵都が純粋で逞しくなっていくところに惹かれて、恵都に真剣に恋愛をし告白をする。恵都は、玲が自分を今まで自分を正しい道へと導いてくれたことを思い返して、玲の気持ちに応える。そして2人は付き合い始めた。

紅葉は高校在学中に片思いしていた山口(やまぐち)に告白するが、過去の紅葉のファッションを馬鹿にされ、山口の恋人の妙子(たえこ)に公園の噴水に突き落とされる。紅葉が泣く姿を見た恵都は、山口への復讐を考える。恵都は、山口のアルバイト先へ行き、彼のタイプの女優の情報を入手する。その女優のDVDを浩一の家で一緒に見た。仕草や声まで真似をし、その女優にそっくりな女子高生になりすました恵都はその姿で山口と会う。そして山口を公園へと誘った。あらかじめ警察を呼び、山口と公園に到着した。恵都に触れてきた山口に大声で叫び噴水へ突き落とした。そこへ警察が到着し、山口は連行される。

玲は恵都が家に帰ってくるまで恵都の家の前で待っていたが、恵都がなぜ女子高校生の格好をしているのかわからない。その理由を知るため玲は浩一に聞いた。すると浩一が恵都と一緒に恵都が仮装するために部屋でDVDを見たことを告げ、それに嫉妬した玲が浩一を引っ叩く。この喧嘩から、浩一はエル・リストンに来なくなった。すると復活した紅葉が経済雑誌をもってきた。そこには浩一が「コックスコーム」と言う名のセキュリティソフト会社を設立した記事が載っていた。さらに浩一はエル・リストンを辞めて、引越ししていた。何も知らない恵都は浩一に会いに行くが「もう来るな」と拒否される。浩一は玲との喧嘩で恵都を避けているのだ。恵都は素直になれず浩一と恵都は喧嘩別れになった。

それぞれの道を歩く4人

玲は恵都が浩一のことばかり話すことと、玲に頼らず浩一に頼って紅葉の復讐を企てたことにショックを受けて恵都に別れを告げた。玲に別れを告げられた恵都は浩一からも拒否されたこともあり、自分は誰も幸せにできないと落ち込む。だが小島は「与えられる幸せを受け取るのではなく、恵都自身が幸せになれ」と説く。恵都の幸せは、女優復帰し、人に夢を与えることだ。恵都はドラマのオーディションを受ける。漢字が読めなかったり、大根役者の女優と共演し苦労するが、恵都は映画の仕事をもらえるまで成長した。

エル・リストンに通うことがなくなった恵都は、突然の浩一からの電話で、玲がブラジルへ旅立つことを知る。紅葉と浩一と一緒に恵都は玲を見送る。浩一は会社が忙しく、紅葉はマーサのアシスタントをしている。それぞれの道を歩む4人だ。

結ばれる2人

車での移動中、ポスターを見つめる浩一(右)を見つけた恵都(左)。2年ぶりの再会に驚いてる場面。

2年後、恵都は女優として活躍し、世間に認知されていく。因縁の仲だった奈子とも良き女優友達となり、付き合いは続いている。そして2年ぶりに浩一、紅葉、玲とファミレスで再会する。浩一は事業規模を拡大し、120名の社員を抱える会社の社長になっていた。玲は本拠地をイギリスに置き、海外で活躍するサッカー選手だ。紅葉はアパレルショップでアルバイトしている。再会して近況を報告し合うなかで、小島が肝臓の病を患っていることを知る恵都。小島が亡くなるとエル・リストンもなくなってしまう。4人はエル・リストンを失いたくなかった。

ファミレスからの帰り道に、恵都は玲から、浩一の会社名「コックスコーム」は「けいとう」という花の名を英訳したもので、それは恵都の名から由来したことを教えられた。恵都はエル・リストンにいた頃、自分の名前「けいと」が花の「けいとう」と一緒にされると浩一に話したことがあったのだ。そして玲は、浩一がずっと恵都のことが好きだったということを恵都に伝えた。さらに妹の知佳から、浩一が2年前に恵都に会いに来ていたことも告げられた。意地の悪かった知佳は、恵都が自宅にいるにも関わらず浩一に噓をつき、浩一と恵都は会えないまま時間が過ぎていったのだった。これらのことで、恵都は浩一の事を考えた。玲と付き合っていた時も浩一のことばかり考えていたし、浩一から拒否された時は本当にショックだった。だから恵都は浩一への恋心を確信する。恵都は小島の「動きだすことに早いとか遅いとかはないよ」という言葉に背中を押され、浩一に告白。浩一は臆病で恵都のことを想っていたものの、本気で恋愛をして自分が傷つくのを恐れていたのだ。しかし浩一は恵都のことを諦められなかった。「俺はやっぱり恵都の人生から出ていきたくない」と浩一は自分の気持ちを伝える。恵都は浩一を抱きしめ、2人は結ばれた。

結ばれる2人

19歳の恵都(左)と、9歳の恵都(右)が手を繋いで舞台へとあがる場面。仮想の存在の9歳の恵都だが、2人は共に過去を受け入れて新しい舞台へと立つ。

恵都は、男女二人組のなつみと隆(たかし)に誘拐される。この事件の原因は、生活に居場所のないなつみと隆が恵都の活躍に妬みをもっていたことだった。恵都はなつみに殴られ、意識を失う最悪の事態になる。だが浩一が会社一丸となり恵都を助けに行き、事態は収束する。

そして浩一と恵都は、なつみと隆のような居場所のない人間のために、エル・リストンを再建する必要があると考えた。ちょうどその頃スクール長の小島が亡くなり、エル・リストンは存続の危機に陥っていたのだ。自分たちも野良猫のように居場所がなく、小島に助けられ今に至る。そして浩一が全財産を使い、エル・リストンを再建した。浩一がスクール長になり、なつみと隆もエル・リストンに通うようになった。恵都は、今の自分を作ってくれたエル・リストンに感謝した。そして春に恵都は浩一と結婚する。

これから先、迷い悩みながらも、浩一、紅葉、玲と共に人生を歩んでいく恵都はもう1人ではないのだ。

『キャットストリート』の登場人物・キャラクター

daisukekun
daisukekun
@daisukekun

Related Articles関連記事

虎と狼(漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

虎と狼(漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『虎と狼』とは2009年から2012年の3年間神尾葉子が『別冊マーガレット』で連載した青春ストーリーである。「ひまわり食堂」を切り盛りするヒロイン鳥沢美以(とりさわ みい)と、客としてやってきた男2人、大上謙(オオカミ)と千谷虎次(トラ)の3人が織りなす青春ストーリーである。冷酷なオオカミと優しいトラは対照的な二人であるが、美以の人生に様々な影響を及ぼし彼女を成長させてゆく。

Read Article

まつりスペシャル(漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

まつりスペシャル(漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『まつりスペシャル』とは2007年から2009年まで、集英社『ジャンプスクエア』で連載された青春漫画である。作者は神尾葉子。主人公の羽生まつり(はにゅう まつり)は女子高校生でありながら、覆面レスラーとして日々実家の「まごころプロレス」のリングにあがる。プロレスラーとしての顔は秘密にしているが、ある日クラスメイトの重松荒太(しげまつ あらた)に正体がバレてしまう。少女漫画要素の「恋愛」と、少年漫画要素の「格闘技」を織り交ぜた作品である。かつ神尾が初めて少年漫画として連載した漫画だ。

Read Article

花のち晴れ〜花男 Next Season〜(花晴れ)のネタバレ解説・考察まとめ

花のち晴れ〜花男 Next Season〜(花晴れ)のネタバレ解説・考察まとめ

『花のち晴れ〜花男 Next Season〜(花晴れ)』とは、神尾葉子の漫画『花より男子』の続編として、2015年から『少年ジャンプ+』で連載されていた漫画である。2018年にはドラマ化もされた。 F4卒業から2年後の英徳学園を舞台に、学園に相応しくない資産状況の生徒を追放する「C5(コレクト5)」のリーダー神楽木晴(かぐらぎ はると)と、元社長令嬢で現在は庶民の主人公・江戸川音(えどがわ おと)を中心としたラブコメディーだ。 『花男』と同一世界の物語のため、前作のキャラクターも登場する。

Read Article

目次 - Contents