鉄人28号(Gigantor)のネタバレ解説・考察まとめ

『鉄人28号』とは、横山光輝による漫画を原作とする、日本初の巨大ロボットものシリーズである。
少年探偵「金田正太郎」と、彼に操られる巨大ロボット「鉄人28号」の活躍を描く。
元々は少年探偵漫画だった所に「巨大ロボット同士のプロレス」という内容が加わった事で、昭和30年代に凄まじい人気を誇った。
『鉄腕アトム』と並び、我が国の漫画・アニメ黎明期における金字塔に輝く作品として、強く日本人の記憶に残り続ける作品である。

鉄人28号より、ひとつ前に制作された鉄人。
当初はこれが鉄人28号になるはずだったが、デザイン人気が青いロボット(後の鉄人28号)に集中したため、そちらにお株を奪われた。
そして、このロボットは「鉄人27号」だったという事にされ、破壊されてしまったのである。

バッカス

「ガーッ」と言っているロボット。

不乱拳博士が制作したロボット。
対鉄人戦闘を念頭に置かれており、飛行能力や火炎放射能力を備える。
しかし全体的には鉄人より劣っており、最終的には鉄人の攻撃で破壊された。

ギルバート

頭から三本の角が生えているロボット。

ドラグネット博士の制作したロボット。
細身のボディながら、鉄人を上回る怪力を誇り、飛行能力も高い。
作中最強のロボットであり、これを倒すには鉄人とブラックオックスが二体同時にかかる必要があったほどだ。

ファイア2世

肩に鳥が乗っているロボット。

ビッグファイア博士の作ったロボット。
オプション兵器の「鳥メカ」を引き連れている。完全な自律行動ができ操縦者を必要としない高性能ロボットだが、雪山を登山するというデモンストレーション中に滑落し、壊れてしまった。

ファイア3世

黒いロボット。

ビッグファイア博士が作ったロボット。
ファイア2世が事故で失われたために、急きょ製造された後継機。
急造の割に2世を上回る性能であり、鉄人と対戦した際もかなり善戦していた(最終的には敗北し、破壊される)。

サターン

「ギギーッ」と言っているロボット。

某国(そういう設定で、国名がぼかされている)の国王軍が購入したロボット。
反乱を起こした革命軍を倒すために使われたが、正太郎と鉄人が革命軍に味方したため、これに破れた。

カロリア鉄人(偽鉄人28号)

左側。

S国が鉄人28号を奪取を企み、本物とすり替えるために用意したロボット。
外見とリモコンだけは完全に本物と同一であり、正太郎さえ操縦するまですり替えられたと気づかなかった。
しかし、性能が本物より劣るため「どちらが本物かは両方を衝突させればわかる(無事だった鉄人が本物だろうという考え)」という、身も蓋もない作戦で破壊された。

ギャロン

恐竜型のロボット。

陰謀団の作ったロボット。
全身がバラバラになって行動できるという特殊能力を備える。

VL2号

3jkendo_kashin
3jkendo_kashin
@3jkendo_kashin

目次 - Contents