サザンオールスターズ(Southern All Stars)の徹底解説まとめ

サザンオールスターズ(Southern All Stars)は、日本を代表するポップスバンドである。一般的には「サザン」と略して呼ばれている。
大学生の頃、音楽好きの仲間が集まった”音楽サークル”から生まれた「サザン」は、今では日本音楽界を代表するバンド。誰もが一度は耳にしたことのあるヒット曲を連発する、世代を超えた人気グループである。

サザンオールスターズの概要

青山学院大学の学生達による“音楽サークル”がきっかけで、1974年頃から活動が始まった「サザンオールスターズ」。
1978年「勝手にシンドバッド」で本格的にデビュー。その後「いとしのエリー」「チャコの海岸物語」「涙のキッス」「愛の言霊 〜Spiritual Message‎」「TSUNAMI」など数々のヒット曲を世に送り出している、オリコンチャートの常連バンドである。
独特の世界観とかつてない強烈なサウンド、個性的なボーカルで人気を誇る「サザン」は、デビュー40年経った今でも老若男女、親子でファンをも抱える日本の音楽界をリードするバンドだ。

サザンオールスターズのメンバー

桑田佳祐(ボーカル)

1956年2月26日神奈川県茅ヶ崎市生まれ。
「サザン」のリーダーで、多くの楽曲の作詞・作曲・ボーカル・ギターを担当している。妻は同じバンドメンバーである原由子。ファンからは“ケイちゃん”や“すけちゃん”などの愛称で呼ばれている。
しゃがれた声が特徴の桑田は、バンド活動と共に「桑田佳祐」としてソロ活動も行っているが、ソロライブやツアーでは「サザン」の楽曲が歌われることはあまりなく、バンドとソロとの舞台を桑田なりに区別している。
2010年に初期の食道癌を患っていることが発覚。治療に専念するため一時音楽活動を休止していたこともあるが、それ以降も以前と変わらぬ活躍ぶりである。
容姿が俳優の「長門裕之」に似ていることをネタにいろいろな人のものまねや、芸人のような笑わせ上手とも言うべき、コメディアン要素を持つボーカリストである。

原由子(キーボード)

1956年12月11日神奈川県横浜市生まれ。
キーボードを担当している原は、“原坊(ハラボー)”と呼ばれ、「サザン」のお母さん的な存在である。原は青山学院大学入学後、桑田佳祐が所属していた音楽サークルに参加して以来、現在に至る。
在学中から交際していた桑田佳祐と1982年に結婚。音楽仲間でもあり、妻である原は公私ともに献身的に桑田を支え、桑田もまた原のピアノテクニックには一目置いている。
桑田と同様ソロ活動も行ってあり、サザンではあまり見せない“女性らしさ”が好評で、女性シンガーソングライターとしても活躍している。

ちなみに11枚目のシングル『シャ・ラ・ラ』は、桑田佳祐と原由子の初めてのデュエット曲である。桑田が原以外のメンバーとデュエットした曲はこの曲以外存在せず、貴重な“おしどり夫婦曲”である。

関口和之(ベース)

1955年12月21日新潟県阿賀野市生まれ。
“ムクちゃん”と呼ばれている関口は、「サザン」では主にベースを担当しているが、小説家、漫画家、エッセイスト、俳優、ウクレリアンなどマルチな才能の持ち主でもある。1974年に桑田とバンドを結成して以来、今の関係が続いている。
口ひげと帽子がトレードマークの関口は、ウクレレとテディベアを取り揃えたショップ『のほほんベアーズ(現・ポエポエ)』を営み、ウクレレやフラダンスなどの教室も兼ねている。運が良ければ店頭で会えるかも知れない。

松田弘(ドラムス)

1956年4月4日宮崎県宮崎市生まれ。
メンバーからは“ヒロシ”や“ヒロシくん”などと呼ばれ、「サザン」ではリズムの中核を担う、なくてはならないドラマーである。
ライブでは素晴らしいバチさばきのドラムソロで、いつも会場を盛り上げている。そのドラムテクニックは高く評価されており、福山雅治のライブツアーに参加してり、多数の音楽番組のバンドメンバーとしても出演している。
ドラムス担当の松田だが、澄んだハイトーンボイスが魅力的で「松田の子守唄」や「夏の日のドラマ」など、ボーカルとして何曲か参加している。

野沢秀行(パーカッション)

1954年10月19日東京都生まれ。
最年長メンバーの野沢は、毛深いところから“毛ガニ”と呼ばれ、桑田のソロシングル「波乗りジョニー」のPVにまさしく『毛ガニ』として出演するなど、コミカルなムードメーカーである。
バンドの中ではあまり目立たないパーカッション担当の野沢だが、桑田は「毛ガニがいなかったらサザンはとっくに解散している」と語るほど、その腕前と人間性に絶対的な信頼を抱いている。

元メンバー

大森隆志

mirei24f1
mirei24f1
@mirei24f1

Related Articles関連記事

桑田佳祐(サザンオールスターズ)の徹底解説まとめ

桑田佳祐(サザンオールスターズ)の徹底解説まとめ

桑田佳祐(くわた けいすけ)とは、神奈川県茅ケ崎市出身の男性ミュージシャン。バンド、サザンオールスターズのボーカルであり、作詞作曲を担当している。1978年にサザンオールスターズとしてデビューしてから約40年間常に日本の音楽シーンのトップを走り続けた稀代のミュージシャンである。ソロとしてはこれまでに5枚のアルバムを発表している。

Read Article

【サザンオールスターズ】韓国語で聴きたい!日本語曲(J-POPなど)のカバーまとめ【TSUNAMI】

【サザンオールスターズ】韓国語で聴きたい!日本語曲(J-POPなど)のカバーまとめ【TSUNAMI】

日本人なら誰もが一度は聴いたことがあるヒット曲の数々。それらが違う国の言語でカバーされているのを聴くと、また雰囲気が変わって良いですよね。今回はその中から韓国語でカバーされた楽曲についてまとめました。言葉の意味はわからなくても、馴染みのあるメロディを聴いているとなぜか泣けてくるのが不思議です。

Read Article

【ゴールデンボンバー】2014年の紅白事件簿まとめ!ハプニング・サプライズ続出!【サザンオールスターズ】

【ゴールデンボンバー】2014年の紅白事件簿まとめ!ハプニング・サプライズ続出!【サザンオールスターズ】

2014年の大晦日に放送された第65回の『NHK紅白歌合戦』。生放送ということもあり、例年様々なハプニングや放送事故が起こる同番組ですが、どうやら2014年にもいろいろあったようです。この記事では、そんな事件簿の数々についてまとめました。中にはサプライズ演出で出演者を泣かせたりなんかして、良い意味でのハプニングも!

Read Article

離婚や熱愛報道も!年末年始にかけてガセネタが飛び交った芸能人まとめ【ビートたけしほか】

離婚や熱愛報道も!年末年始にかけてガセネタが飛び交った芸能人まとめ【ビートたけしほか】

年末年始は駆け込み結婚・離婚や熱愛報道など、ワイドショーの芸能ニュースが活発になる時期である。だがそこには多くのガセネタが含まれているケースも多々存在しているのだ。本記事では熱愛報道や不仲説、離婚報道などのガセネタが囁かれ、完全否定した芸能人たちをまとめて紹介する。

Read Article

【AAA】2017年紅白出場辞退&落選組にどんな理由が?囁かれる裏事情まとめ【安室奈美恵】

【AAA】2017年紅白出場辞退&落選組にどんな理由が?囁かれる裏事情まとめ【安室奈美恵】

『NHK紅白歌合戦』は恐らく多くの歌手・アーティストにとって憧れの舞台。とはいえ誰もがここに立てるわけではなく、オファーが来ているのに出場を辞退する人や、出ることが有力視されていたのに落選してしまう人もいます。そこには一体どんな理由があるのでしょうか。この記事では、2017年の紅白出場辞退&落選組について囁かれている裏事情についてまとめました。

Read Article

若者にも人気なサザンオールスターズが31年ぶりに紅白出場!年越しライブは9年ぶり!

若者にも人気なサザンオールスターズが31年ぶりに紅白出場!年越しライブは9年ぶり!

サザンオールスターズといえば、昭和を代表するロックバンド!その音楽性は若い世代にも受け入れられています。そんなサザンが、2014年の『NHK紅白歌合戦』に出場!なんと、31年ぶりだそうです。同時に年越しライブも行うことになっており、こちらは9年ぶりの開催。当時メンバー全員すでに還暦近かったはずですが、それでもパワフルに活動を続けるサザンの勢いがすごいですね!

Read Article

安室奈美恵が紅白出場決定!同じく注目されてた桑田佳祐はどうなる?

安室奈美恵が紅白出場決定!同じく注目されてた桑田佳祐はどうなる?

2017年の『NHK紅白歌合戦』は、翌年に引退を控えた安室奈美恵が出場するか否かが大きく注目されていました。最後まで交渉は難航していたようですが、最終的には安室ちゃんの出場が決定!この報道に多くのファンが歓喜したことでしょう。同じ頃、実は桑田佳祐の紅白出場の是非についても注目が集まっていたことをご存知でしょうか。出てくれたらファンとしては嬉しいけど、どうなることやら…。この記事では、彼の出場に期待する声などについてまとめています。

Read Article

【マライア・キャリー】クリスマスに欠かせない王道曲&名曲まとめ【Wham!】

【マライア・キャリー】クリスマスに欠かせない王道曲&名曲まとめ【Wham!】

クリスマスに欠かせない王道曲や名曲を集めました。マライア・キャリーの『All I Want for Christmas Is You』やWham!の『Last Christmas』、ジョン・レノンの『Happy Xmas』といった、誰もが耳にしたことのある3大クリスマスソングや、松任谷由実に桑田佳祐、坂本龍一といった日本を代表するアーティストたちの名曲を動画で紹介していきます。

Read Article

目次 - Contents