SAKAMOTO DAYS(漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『SAKAMOTO DAYS』とは、『週刊少年ジャンプ』において漫画家・鈴木裕斗が描くバトル・アクション漫画である。2020年から連載がスタートした。次にくるマンガ大賞2021」ではコミック部門では9位に入り、さらに特別賞U-NEXT賞を受賞している。
引退した伝説の殺し屋・坂本太郎が前と変わらぬ強さを武器に、家族と普通の日常を守っていく物語。主人公・坂本太郎のもとに様々な困難が舞い込んでくるが、圧倒的な強さで解決する爽快アクションストーリーでもある。

CV:伊藤節生(VOMIC)

1話から登場し、坂本の相棒のようになってくるキャラクター。人の考えや思考が分かるという能力を持つエスパー。なぜエスパー(人の心が読めるようになったのか)その生い立ちなどは3巻〜4巻で描かれる。
坂本の元部下であったシンは、組織を抜けた坂本を殺すようにボスに命令され坂本に挑む。しかし坂本の強さと優しさに、歯向かうことができずにボスに坂本を見逃す代わりに自分が死ぬと伝えるが、ボスは心の中では認めていなかった。心の中を読めるシンは組織と交戦し、絶体絶命の状況になるが坂本に助けられた。それ以来、坂本商店で店員として働いている。
3巻からはシンが育ったラボから狙われるも、シンに間違ってルーが拐われた。ルーを助けるために里帰りと称して坂本とラボに向かうが、そこにはラボの科学者ではなくそこを占領した、殺し屋たちが待ち受けていた。シンを育てた所長と色々あったが助け出した末、仲直りすることができた。

陸 少糖(ルー・シャオタン)

陸 少糖(ルーシャオタン)中国マフィア一家の娘。4話から登場する。ルーの持つマフィア一家の宝が入った部屋の鍵を狙いに命を狙われるが、ちょうど中華街に神肉まんを買いに来ていた坂本たちとバッタリ出会う。
その時に神肉まんが潰れてしまった、坂本は助ける代わりに肉まんを作ってくれと頼み、マフィアとの対決になる。坂本の圧倒的な強さでマフィアを崩壊させる。その後ルーは坂本商店で肉まん担当の店員になった。
坂本を殺しにくる殺し屋を倒すのに手を焼くことがあるが、親をマフィアに殺された事により身内がいないため坂本家の一員としていられることが嬉しい。シンの代わりにラボの人間に連れ去られたりするも、いつも前向きでもの怖じしない性格である。

眞霜 平助(ましも へいすけ)

坂本を殺しにきた凄腕のスナイパー。
殺しの会社をやめ貧乏生活に明け暮れている時に、坂本の懸賞金を見つけ殺すことを決意。しかし坂本が太っており、初めは気づけなかった。偶然、賞金100万円のサバゲー大会に坂本たちと出る事になるがルーのせいで太っていた人物こそが坂本であることがわかる。その後、全面対決となり坂本の強さには勝てず負けてしまうが坂本に「ここまで凄腕のスナイパーは初めてだ」と言われ坂本商店の廃棄の肉まんを食べにくる仲になった。

勉強も運動も人より劣っていた学生時代から、殺し屋養成所では射撃だけが人並みにこなせた。そのことを武器に殺し屋の会社に入るも、新人が仕事を選ぶんじゃないとナイフや運動神経のいる現場に連れて行かれ足を引っ張っていたため会社を辞めた。

坂本家

坂本 葵(さかもと あおい)

CV:齋田華帆(VOMIC)

坂本が殺し屋時代にコンビニでバイトをしているときに坂本に一目惚れされた。坂本に人を殺すことはダメだということを教え、今後殺したら離婚するという奥さん葵。
坂本には今後は殺した分、人を助けて生きてと伝える。

坂本 花(さかもと はな)

CV:琴石ゆうひ(VOMIC)

坂本太郎と坂本葵の長女、元気はつらつで明るい花。この子のことを坂本がどれだけ溺愛しているかは2巻で明らかになる。坂本は花が欲しいと言った数量限定のランドセルを異常に強いおばさん達と取り合いをし、ダメージを負いながらもどんなことがあろうが諦めずに最後は手に入れるほど溺愛している。

中国マフィア商弾会

王(ワン)会長

弾商会の会長。中国の闇市場を支配したいがためにマフィアである、ルーの親を皆殺しにした。そして殺し屋にルーの殺害とルーの持つ鍵を奪取するように頼む。

バチョウ

法外な値段と引き換えに、狙った獲物は確実に殺す。どちらも殺戮に快楽を覚えるシリアルキラー。殺した相手の首を持って帰って、部屋でスケッチをする趣味の変態。
王会長にルーの殺害を依頼される。

ソンヒ

yudai1018v1
yudai1018v1
@yudai1018v1

目次 - Contents