シュラ・サーペンタイン(ガンダムSEED FREEDOM)の徹底解説・考察まとめ

シュラ・サーペンタインとは、『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM』のキャラクター。アウラ・マハ・ハイバルによって人工的に作り出された、世界を統治するための人類の上位種「アコード」の1人であり、近衛師団ブラックナイツの団長を務める。
生身においても、人型機動兵器MSの操縦においても優れた技量を持ち、作中では剣での戦いで世界平和監視機構コンパスのシン・アスカを圧倒する。総合的な戦闘力に優れたアスラン・ザラを「最強の戦士」と目して戦うことを切望していたが、彼の老獪な戦術の前に敗れ去った。

シュラ・サーペンタインの概要

シュラ・サーペンタインとは、『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM』のキャラクター。遺伝子工学の権威であるアウラ・マハ・ハイバルによって人工的に作り出された、世界を統治するための人類の上位種「アコード」の1人。アウラたちが表向きの拠点として作り上げた新興国家ファウンデーションでは、近衛師団ブラックナイツの団長を務めている。
作中世界では、普通の人間であるナチュラルと、出生前に遺伝子レベルでの強化処置を受けたコーディネイターとの人種的対立が深刻化し、幾度かの大きな戦争までもが巻き起こっている。この対立と戦争の構図を抜本から変えるために考え出されたのが、全人類を遺伝子情報によって管理するデスティニープランだった。アウラはデスティニープランを管理するための存在として、コーディネイターを超える種であるアコードを生み出すが、彼女の目的は次第に「アコードたちによるデスティニープランを用いての世界の支配」へと変わっていった。

シュラは仲間たちと共に己の戦闘技術を鍛え上げ、いつか来る蜂起の時に向けて準備を進めていた。この時、世界中で起きた様々な戦闘のデータも蓄積しては検証しており、その中で「生身においても、人型機動兵器MSのパイロットとしても当代最高峰の実力者」であるアスラン・ザラという兵士に注目。いつか彼と戦い、これを倒して自身の最強を証明することを望むようになる。
やがてアウラの命令でアコードが一斉に動き出す中、彼らを止めようとする者たちに加勢したアスランと対峙。自身の全ての力で彼を倒そうとするも、アコードの存在と能力について調べ上げていたアスランにそれを逆手に取られて動揺し、なお肉薄するも力及ばず敗死した。

シュラ・サーペンタインのプロフィール・人物像

CV:中村悠一

生身においても、人型機動兵器MSの操縦においても優れた技量を持つ、武人肌の青年。作中では剣での戦いで世界平和監視機構コンパスの兵士シン・アスカを圧倒している。戦闘能力に重きを置いているためか、選民的な思想を持つアコードの中では比較的フラットな物の見方をする方である。
アコードは身体能力や才能などの面において常人のそれを超えるスペックを持ち、さらに他人の思考を読み取る能力を有している。これは数人で協力することで特定の対象に幻覚を見せることも可能で、作中ではこれを用いて最強のコーディネイターであるキラ・ヤマトをも一次的に操っている。

自身と同じく生身でもMSの操縦技術でも当代最高峰の技量を持つアスランを「最強の戦士」と目し、彼と戦うことを密かに切望していた。シュラの実力自体は最低でもアスランに匹敵、あるいは上回っていた可能性もある。しかし戦う前にアコードのことを調べ上げていたアスランは、「心を読む」というシュラの能力を逆手に取った罠を用意しており、これに嵌まって実力をフルに発揮できずに敗れ去った。

シュラ・サーペンタインの来歴・活躍

アコードの誕生

作中世界である「C.E.」(コズミック・イラ)は、普通の人間であるナチュラルと、出生前に遺伝子レベルでの強化処置を受けたコーディネイターとの人種的対立が深刻化し、幾度かの大きな戦争までもが巻き起こっていた。この対立と戦争の構図を抜本から変えるために考え出されたのが、全人類を遺伝子情報によって管理するデスティニープランだった。
遺伝子工学の権威であるアウラ・マハ・ハイバルは、デスティニープランを管理するための存在としてコーディネイターを超える種であるアコードを生み出す。その内の1体がシュラ・サーペンタインだった。

人類の恒久平和のために生み出されたアコードたちだったが、彼らの高い能力を見たアウラは次第に増長し、自身の目的を「アコードたちによるデスティニープランを用いての世界征服」へと変えていく。そのための準備として、アウラはシュラたちと共にファウンデーションという新興国家を作り、自身はここの女王として君臨。アコードたちの中でも特に戦闘能力に優れるシュラは、近衛師団ブラックナイツの団長として軍部を率いる立場となった。
やがてアウラとは別の形でデスティニープランを運用しようとしたスペースコロニー国家プラントの最高評議会議長ギルバート・デュランダルが、「最高のコーディネイター」キラ・ヤマトによって倒されると、アウラは「今こそ好機」と水面下で進めていた「アコードによる世界征服」を実行に移していく。シュラはキラの親友で彼と共に戦ったアスラン・ザラというプラントの兵士に注目し、「人型機動兵器MS(モビルスーツ)のパイロットとしてはキラとアスランはほぼ互角だが、生身での戦闘力はアスランの方が圧倒的に上だ。アコード以外で最強の戦士はアスランだ」と考え、自身の最強を証明するために彼を倒すことを望むようになる。

アスランとの邂逅

デュランダルを倒したキラは、世界平和監視機構コンパスという組織に所属し、世界に平和をもたらすべく戦い続けていた。「ファウンデーションに潜伏する国際テロリストの拿捕もしくは抹殺」という形でコンパスを自国内に招き入れたシュラたちは、“他人の心を操る”というアコード特有の能力で「キラの暴走によって隣国との間に戦端が開かれた」風を装いつつ、コンパスを壊滅させる。さらに自分たちは離脱した上で隣国から核ミサイルを撃たせ、「コンパスと隣国の策略によって我らは国を失った」という体裁を作る。
この作戦中、キラを追い詰めてトドメを刺さんとしたシュラの前に、突如としてアスランの駆るMSが現れる。ファウンデーションのことを極秘に調査していたアスランは、親友の危機と見て戦場に駆け付けたのだった。シュラは相手がアスランと知って嬉々として勝負を挑むも、核ミサイルの着弾が迫っていたこともあってやむなく撤退。「あれが本物のアスランなら、この程度で死にはしないはずだ。彼がアコードの計画を阻止せんとするのなら戦う機会は必ずまたやってくる」と考え、再びアスランと戦う機会を待ち続ける。

見せつけられた戦士としての格の違い

その後シュラたちは密かに月へと向かい、この地に用意していた大量破壊兵器レクイエムによって地上を攻撃。「核ミサイルによって自国を吹き飛ばされた報復である」との名目で自分たちの力を誇示しつつ、デスティニープランの復活を宣言する。
順調に見えたシュラたちの計画だったが、アスランによって命拾いしたキラが「お前たちの不正の証拠を握っている」とのメッセージを送りつけてきたことで一転して追い込まれる。アコードに連れ去られた仲間を助けるため、キラたちは月面基地へと接近。シュラはこれを迎撃するため、ブラックナイツを率いてMSで出撃する。

仲間との連携で再びキラを追い詰めるシュラだったが、ここにアスランが割って入る。ついに待ち望んだ「最強の戦士との戦い」だとシュラは心躍らせるが、ファウンデーションでアコードについて調べ上げていたアスランは、彼らの持つ“心を読む”能力のことを知って対策を用意していた。
アスランの心を読んで相手の動きを先読みしようとしたシュラは、「アスランの恋人が裸でキスを迫ってくる」イメージを送り込まれて混乱。「バカにしているのか」と激昂して攻撃するも、アスランの機体は彼自身が心で思い描いたものと異なる機動でこれを回避。実はアスランは、アコードとの対決に備えて、一次的に自機のコントロールを遠隔で他人に預けていたのだった。

面食らったシュラは「この男相手に心を読んでも、それが正確な情報かどうか分からない」と認識するに至り、自身の大きな強みである読心能力を封じられる。アスランは「意外と使えんヤツだ」とシュラを挑発すると同時に本気を出し始め、相応のダメージを負いつつもシュラの機体を撃破する。勝負を分けたのは両者の実力ではなく、「自分の力を活かして相手の強みを潰す」戦士としての格の違いだった。

シュラ・サーペンタインの関連人物・キャラクター

アウラ・マハ・ハイバル

ファウンデーションの女王。少女のような姿をしているが、実年齢は50歳。遺伝子工学の専門家という裏の顔を持ち、自身の技術で超人種「アコード」を作り出した。常に泰然としているように見えるが、自分たち以外の者を見下しているだけで、予想外のことが起きると途端に感情的になる。
アコードからは「母上」と慕われているが、強さという独自の指標を持つシュラは、絶対の忠誠を誓いつつも比較的アウラと心理的距離を保つ立ち位置にいる。

アスラン・ザラ

生身でもMSの操縦技術でも当代最高峰の実力を持つ青年。元プラントの兵士だが、上からの命令に従うまま親友キラ・ヤマトと殺し合ったことを後悔し、彼と和解した後は「世界に混乱と戦争をもたらそうとする者」と戦うようになっていった。
シュラたちがデスティニープランを再発動させようとする少し前からファウンデーションのことを調べており、アコードが持つ心を読む能力のことも突き止めていた。作中では「戦闘中に“裸になった恋人が自分にキスをせがむ姿”をイメージして、心を読んだ相手を戸惑わせる」、「戦闘中に一次的に仲間に機体のコントロールを預けて自分の思考とは異なる挙動を見せつける」という方法でシュラを困惑し、「この男相手に心を読んでも正確な情報かどうか分からない」との認識を植え付けることで彼の力を封じて撃破する。

renote.net

カガリ・ユラ・アスハ

地球にあるオーブ連合首長国の代表。アスランとは恋仲だが、それぞれ「プラントの英雄」と「オーブの公人」という複雑な立場にあるため現在は距離を置いている。
戦闘中、シュラの読心能力への対策として、アスランが思い浮かべたのは彼女が裸で自分にキスをせがむ姿だった。シュラはこれに大いに混乱し、アスランの術中に嵌まって実力を出し切れないまま敗れ去ることとなる。

シュラ・サーペンタインの名言・名セリフ/名シーン・名場面

「なんと破廉恥な!」

念願のアスランとの戦いが始まり、早速読心能力で相手の思考を読もうとするシュラ。彼がそうすることを見越していたアスランは、悠然と笑みを浮かべて愛するカガリのことを思い浮かべる。「若いとはいえ一国の代表が裸になってキスをせがんでくる」という衝撃以外の何者でもない絵図を見せられたシュラは混乱し、思わず「なんと破廉恥な!」と声を上げる。
アスランが裸のカガリをイメージしたのは確かに破廉恥といえば破廉恥だが、勝手に他人の心を覗き見るシュラたちも大概恥知らずである。アコードたちの中では紛れもなく最強のパイロットだったシュラだが、結局は「自分たちのやっていることの方が破廉恥だと気付かない」、「“敵を倒すためならどんな戦術でも使う”のが本当の戦場であることを知らない」という驕りによって命を落とすこととなった。

YAMAKUZIRA
YAMAKUZIRA
@YAMAKUZIRA

Related Articles関連記事

機動戦士ガンダムSEED FREEDOM(シード フリーダム)のネタバレ解説・考察まとめ

機動戦士ガンダムSEED FREEDOM(シード フリーダム)のネタバレ解説・考察まとめ

『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM』(きどうせんしガンダムシード フリーダム)とは、TVアニメ『機動戦士ガンダムSEED』シリーズのその後を描いた、福田己津央監督による2024年公開のアニメ映画。キャッチコピーは「私の中にあなたはいます。 あなたの中に私はいますか?」 。 2度に渡って世界を絶滅戦争の危機から救ったキラ・ヤマトは、仲間たちと共に地球の小国に招かれ、策謀によって全滅の危機に陥る。この時恋人のラクス・クラインが誘拐されたことを知ったキラは、彼女を取り戻すべく再び戦場に赴く。

Read Article

ラクス構文とは!?元ネタ・使い方・トリビア・反応など徹底解説!

ラクス構文とは!?元ネタ・使い方・トリビア・反応など徹底解説!

「ラクス構文」とは、アニメ映画『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM』でヒロインのラクス・クラインが発したセリフを元にしたネットスラング。 敵であるアコードから主人公キラ・ヤマトへの愛情が必要から生じたものだと揶揄されたラクスは、「必要だから愛しているのではありません、愛しているから必要なのです」と反論。理路整然としながらも彼女の心情を適切に表した言葉として、作品を代表する名言・名セリフの1つとなった。ラクス構文とはこれを現実に持ち出して、「より正確な因果関係の順序」を訴えるものである。

Read Article

キラ・ヤマト(機動戦士ガンダムSEED)の徹底解説・考察まとめ

キラ・ヤマト(機動戦士ガンダムSEED)の徹底解説・考察まとめ

キラ・ヤマトとは、『機動戦士ガンダムSEED』の主人公。続編の『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』でも「主軸となる3人の人物」の1人を演じている。 ヘリオポリスコロニーの学生だったが、地球連合軍の秘密兵器「ガンダム」を目撃してしまったことで、地球連合とプラントの戦争に巻き込まれていく。強化人種コーディネイターの中でも最高傑作とされる「スーパーコーディネイター」であり、身体能力や機械への適性などあらゆる能力が極めて高い。幾多の悲劇を経験しながら、戦いを終わらせる術を模索していった。

Read Article

シン・アスカ(機動戦士ガンダムSEED DESTINY)の徹底解説・考察まとめ

シン・アスカ(機動戦士ガンダムSEED DESTINY)の徹底解説・考察まとめ

シン・アスカとは、『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』の主人公の1人。遺伝子レベルで強化されたコーディネイターであり、スペースコロニー国家プラントが擁する軍事組織ザフトの新兵。 地球にあるオーブ連合首長国で生まれたシンは、戦争で家族を失い、「守りたいものを守れる力」を欲するようになる。新たな戦争が始まると、ザフトの若きエースパイロットとして活躍するも、力を求める姿勢を権力者に利用されていく。「平和のため」と言いくるめられてオーブを滅ぼす作戦に参加し、敗れた後に故郷の無事を知って涙した。

Read Article

アスラン・ザラ(機動戦士ガンダムSEED)の徹底解説・考察まとめ

アスラン・ザラ(機動戦士ガンダムSEED)の徹底解説・考察まとめ

アスラン・ザラとは、『機動戦士ガンダムSEED』の登場人物。続編の『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』では「主軸となる3人」の1人を演じている。 アスランは遺伝子レベルで強化されたコーディネイターで、スペースコロニー群プラントが擁する軍事組織ザフトの若きエースパイロットである。プラント最高評議会の議長パトリック・ザラを父に持つ。親友のキラ・ヤマトと戦場で殺し合うことに苦悩し、後に彼と共に「戦争と憎悪の連鎖を止める」ために戦い始める。真面目で高潔な少年で、様々な女性から思いを寄せられた。

Read Article

オルフェ・ラム・タオ(ガンダムSEED FREEDOM)の徹底解説・考察まとめ

オルフェ・ラム・タオ(ガンダムSEED FREEDOM)の徹底解説・考察まとめ

オルフェ・ラム・タオとは、『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM』のキャラクター。アウラ・マハ・ハイバルによって人工的に作り出された、世界を統治するための人類の上位種「アコード」の1人であり、その中でも実質的な総司令官として活躍する。 オルフェは表向き新興国家ファウンデーションの若き宰相として活躍する一方、裏では全人類を遺伝子情報によって管理するデスティニープランの復活を目論んだ。自身の番として生み出されたラクス・クラインに執着し、計画を進めると同時に彼女を手に入れようと暗躍する。

Read Article

イングリット・トラドール(ガンダムSEED FREEDOM)の徹底解説・考察まとめ

イングリット・トラドール(ガンダムSEED FREEDOM)の徹底解説・考察まとめ

イングリット・トラドールとは、『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM』のキャラクター。アウラ・マハ・ハイバルによって人工的に作り出された、世界を統治するための人類の上位種「アコード」の1人。 普段は新興国家ファウンデーションの国務秘書官を務め、アコードの実質的なリーダーであるオルフェ・ラム・タオを補佐している。オルフェを愛しているが、彼がラクス・クラインに執心しているため想いを明かせずにいた。そのラクスから「愛に理由などいらない」ことを学び、敗死するオルフェと共に果てる道を選んだ。

Read Article

ガンダムシリーズの歴代OP・ED主題歌・挿入歌まとめ

ガンダムシリーズの歴代OP・ED主題歌・挿入歌まとめ

ガンダムシリーズの主題歌・挿入歌を「宇宙世紀」、「アナザーガンダム」、「外伝作品」の3種に分けて一挙に紹介する。同シリーズは日本のアニメ文化を代表する作品の1つであり、その人気も知名度も非常に高い。それだけに作品の顔とも呼べるOPやEDの曲を任されるアーティストは実力派ぞろいで、時に華々しく時に切なく物語を盛り上げてきた。

Read Article

TM NETWORK(ティーエム・ネットワーク)の徹底解説まとめ

TM NETWORK(ティーエム・ネットワーク)の徹底解説まとめ

TM NETWORKとは小室哲哉、宇都宮隆、木根尚登の三人で構成される日本の音楽ユニット、エレクトロニカバンドである。 1984年4月21日にデビューの後、1987年リリースの「Get Wild」などのヒット作がある。1994年TMNの「プロジェクト終了」のち1999年TM NETWORKとして再始動。個々の活動をしながらTM NETWORKとして活動をする。2015年充電期間に入る。

Read Article

アニメ「ガンダム」シリーズにおける顔パロディ

アニメ「ガンダム」シリーズにおける顔パロディ

アニメ「ガンダム」シリーズでは、過度な感情表現から、普段はまともなキャラクターたちの顔がとんでもないことになるシーンが多々あります。あの味方からあの敵キャラだけでなく、油断しているところで思わず変顔になっている場面など、見ているだけでとにかく笑えます。今回はそんないろんな「パロディ顔」を集めてみました。

Read Article

《クイズ形式》あなたは読める!?ロボット作品の独特な読み方

《クイズ形式》あなたは読める!?ロボット作品の独特な読み方

「機動戦士ガンダム」を主に、日本では様々なロボットアニメや漫画が人気を博していますよね。しかし、そんな中で度々出てくるのが、その独特な読み方の数々。それはもはや、《読めない=知らない=にわかファン》と言われても言い返せないほどです。今回はそんな独特な読み方をする作品からワードを集めて、クイズ&面白くまとめてみました。

Read Article

最新!ハマる家庭用カードゲームまとめ

最新!ハマる家庭用カードゲームまとめ

カードゲームしてますか?カードゲームはシリーズやメーカーによって、様々なタクティクスを必要とするので、非常にやりごたえのあるゲームです。今回は最新の3DSやPSPなどで楽しめる家庭用ゲーム機で遊べるカードゲームをご紹介します。カードゲーム好きの方なら必見、そうでない方でもカード集めるのは面倒だけどソフト化されているものなら、大金払わなくてもガッツリ遊べますよb

Read Article

【ガンダムシリーズ】フルHD!PC・スマホ向けの壁紙特集!

【ガンダムシリーズ】フルHD!PC・スマホ向けの壁紙特集!

1979年の初代以来、根強いファンを獲得し続けているガンダムシリーズ。ゲームやプラモデルなどの商品化もされていることから、その人気のすさまじさがわかりますね。この記事では、そんなガンダムシリーズの壁紙をたくさん集めました。カッコイイ機体をいつでも自分のPCやスマホで見られると思ったら、それだけでワクワクしてきちゃいますね!

Read Article

【機動戦士ガンダム】宇宙世紀シリーズの出来事を時系列順にまとめてみた

【機動戦士ガンダム】宇宙世紀シリーズの出来事を時系列順にまとめてみた

初代の登場から半世紀近く経った今でも多くのファンを獲得している『機動戦士ガンダム』シリーズ。その中にもさらに種類があって、大きく分けると「宇宙世紀」シリーズと「アナザーガンダム」があります。この記事では宇宙世紀シリーズを中心に、作品がどう絡み合っているのか、作中で起こった出来事などを時系列順で解説していきます。ガンダム好きの方は必見!

Read Article

プラモデルでは味わえない重量感!「METAL BUILD」シリーズの最新ガンダム3選!

プラモデルでは味わえない重量感!「METAL BUILD」シリーズの最新ガンダム3選!

ガンダム関連の玩具は色々と発売されていますが、今回オススメするのは「METAL BUILD」シリーズ!文字通りMETAL=金属で作られた可動フィギュアです。このシリーズは金属の重量感とフィギュアとしての可動性、そしてそれらを活かした独特のデザインアレンジでガンプラとは一味違った高級感があります。今回、新発売のものを中心に最新の3点をご紹介します!

Read Article

①最近のアッガイ・アッガイさんアニメ・漫画まとめ

①最近のアッガイ・アッガイさんアニメ・漫画まとめ

「ガンダム」でお馴染みのアッガイ・アッガイさんですが、近年ではその爆発的(?)な人気のため、いろいろなアニメ。漫画が制作・販売されているのはご存知でしょうか?アニメの脇役から、主人公:アッガイの漫画など、その他パロディーなど当たり前!そんなアッガイ・アッガイさんの勇姿をとくとご覧あれ!ww

Read Article

機動戦士ガンダムΖΖ入門(メカ編)

機動戦士ガンダムΖΖ入門(メカ編)

1986年に日本サンライズにより制作された、「機動戦士ガンダムΖΖ」は今年で放送開始から30周年となる。富野監督本人による評価もいまひとつで、いささか微妙な位置づけの作品だ。しかし、ユニークなキャラクターやメカニクスは独特の魅力もあり、ユニコーンガンダムにも繋がる設定もある。そんな「ΖΖ」を「10種のメカ」という視点から紹介したい。

Read Article

【岡田将生】ロリコン趣味があるとウワサされる芸能人まとめ!逮捕歴がある人も…?【小室哲哉】

【岡田将生】ロリコン趣味があるとウワサされる芸能人まとめ!逮捕歴がある人も…?【小室哲哉】

芸能界は一見するときらびやかな世界ですが、芸能人たちは常にマスコミや悪質なファンから追いかけ回されています。そのストレスが原因なのかどうかはわかりませんが、中には変な趣味を持っているとウワサされている芸能人が多数…。その変な趣味というのが、ロリコン。この記事では、ロリコン疑惑のある芸能人についてまとめました。あくまでウワサですから、信じるか信じないかはあなた次第です。

Read Article

【ガンダムシリーズ】壁紙に最適!歴代モビルスーツの画像まとめ

【ガンダムシリーズ】壁紙に最適!歴代モビルスーツの画像まとめ

1979年に初代ガンダムが放送されて以来、これまでに様々な新作が発表されてきた『機動戦士ガンダム』シリーズ。基本カラーの青・白・赤のトリコロールが印象的ですよね。この記事では、そんな大人気シリーズのモビルスーツを中心に、壁紙にピッタリな画像を厳選してまとめました。全部サイコーにカッコイイから、どれを選べばいいか逆に迷っちゃうかも!?

Read Article

一年戦争に登場したガンダムとガンダムタイプのモビルスーツまとめ

一年戦争に登場したガンダムとガンダムタイプのモビルスーツまとめ

『機動戦士ガンダム』シリーズといえば、かっこいいメカや人型ロボット「ガンダム」が登場することで有名ですよね。作中のエピソードである「一年戦争」には、一体どんなガンダムが登場していたのでしょうか。この記事でまとめました。もしあなたがおじさま世代の方なら、きっと懐かしい気持ちになれることでしょう。

Read Article

②最近のアッガイ・アッガイさんグッズまとめ

②最近のアッガイ・アッガイさんグッズまとめ

最近のアッガイ・アッガイさんの人気は、すごいものですね。月日が経つとともに、様々なグッズが登場します。そこには、フィギュアやぬいぐるみなどに留まらず、誰が期待したor欲したのかわからないようなグッズも存在するのです(笑)。ただいずれにしても、見ているとなぜか欲しくなってくるものばかりです。

Read Article

機動戦士ガンダムシリーズのおすすめSS・二次小説まとめ!SEED&00&UC&AGEの人気キャラクターが大活躍!

機動戦士ガンダムシリーズのおすすめSS・二次小説まとめ!SEED&00&UC&AGEの人気キャラクターが大活躍!

『機動戦士ガンダム』シリーズの、おすすめSSや二次創作小説を紹介する。平成後期に放送された作品のものが中心で、物語の「if」を描いたものから転生系まで様々なタイプのものがある。原作のストーリーを思い返しながら読むと、さらに楽しくなること請け合いだ。

Read Article

ドウシテコウナッタ「ガンプラ」編

ドウシテコウナッタ「ガンプラ」編

「ガンプラ」ことガンダムのプラモデルですが、近年は正規のMSやMAだけでなく様々なものが制作・販売されています。しかしその中には、ドウシテコウナッタ?と疑問符を抱くものも多々あるのです。今回はそんなドウシテコウナッタ「ガンプラ」を、公式に販売されているものから、ファンの方が作られたものまで、まとめてみました。

Read Article

2013年上半期に結婚・離婚・熱愛・破局した芸能人まとめ!堺雅人&菅野美穂など

2013年上半期に結婚・離婚・熱愛・破局した芸能人まとめ!堺雅人&菅野美穂など

1年を通して世間を賑わせる話題、それが芸能人の恋バナ。結婚や離婚、熱愛から破局まで日々、さまざまな芸能人カップルのニュースが伝えられる。2013年上半期も、堺雅人と菅野美穂の結婚や、中村昌也と矢口真里の離婚、落合モトキと橋本愛の熱愛から、西川貴教と菜々緒さんの破局まで、話題が尽きなかった。

Read Article

復帰する日は来ない…?小室哲哉が語ったKEIKOの様子と厳しい現実まとめ

復帰する日は来ない…?小室哲哉が語ったKEIKOの様子と厳しい現実まとめ

2011年にくも膜下出血で倒れてしまったglobeのKEIKO。当時の夫・小室哲哉の献身的な支えの中で懸命にリハビリに励んでいたそうですが、小室によるとKEIKOの歌手復帰はかなり厳しいとのこと…。再び彼女の歌声を聴ける日を夢見るファンにとって、あまりにも辛い現実でした。2021年に小室と離婚したKEIKOがボイトレを始めるという報道がありましたが、その後の動向はわかりません。彼女の歌手復帰は、やはり夢のままなのでしょうか…。

Read Article

目次 - Contents