ウィッチウォッチの魔法まとめ

2021年から篠原健太によって『週刊少年ジャンプ』に連載されている『ウィッチウォッチ』。見習い魔女のニコが、幼馴染で鬼の末裔の乙木守仁、天狗の風祭監志、狼男の真神圭護、吸血鬼の霧生美晴と共同生活を送りながら、ドタバタした日常を過ごしていくファンタジー漫画である。作中ではニコの使用する魔法によって様々な予測不可能な事態が日常的に発生しており、それに巻き込まれる守仁たちの反応が大きな魅力となっている。本記事では『ウィッチウォッチ』に登場する魔法を紹介する。

『ウィッチウォッチ』(WITCH WATCH)の概要

『ウィッチウォッチ』とは篠原健太によって2021年から『週刊少年ジャンプ』に掲載されている、見習い魔女ニコと彼女を見守る4人の使い魔たちの日常生活や、彼らを取り巻く陰謀との戦いを描いたファンタジー漫画である。

鬼の末裔として人並外れた力を持っていた乙木守仁(おとぎもりひと)は、幼いころ友達を傷つけてしまったトラウマを抱え、人とのかかわりを避けてなるべく一人で過ごしていた。ある日守仁は父親の乙木嶺仁(おとぎれいじ)から、突如幼馴染の見習い魔女若月ニコ(わかつきニコ)との同居を命じられる。唐突な話に困惑する守仁に対し嶺仁は「鬼は魔女の使い魔であり、有事の際には使い魔は主である魔女を護らなければならないという盟約が残っている」と説明した。実はニコの母親若月伊吹(わかつきいぶき)から「1年以内にニコに災いが降りかかる。それを回避するには使い魔の力が必要」という予言が出ていたのだ。

戸惑いながらもニコとの同居生活をスタートさせた守仁だが、ニコが使用する魔法によって次々と予測不可能なトラブルが発生し、守仁はそれに巻き込まれていく。しかし守仁は鍛え上げられた鬼の力を使って困難を乗り越えていくのだった。またニコに降りかかる「災い」との戦いの中で天狗の風祭監志(かざまつりかんし)、狼男の真神圭護(まがみけいご)、吸血鬼の霧生美晴(きりゅうみはる)という「使い魔」と出会い、彼らは共同生活を行いながらニコを護っていくこととなった。

作中ではニコや息吹の他、隣町に住む魔女の名門の娘宮尾音夢(みやおねむ)や、瞬間移動を使える倉持桃(くらもちもも)といった味方の魔女たちも登場している。一方ニコを狙う勢力「黒魔女(ウォーロック)」には鬼と「不死の魔女」と言われた黒魔女の混血である大嶽蘭(おおたけらん)や、ニコを狙う何者かにそそのかされた「付与の魔女」牧之瀬文子、水を操る淵亮平(ふちりょうへい)などが存在している。
物語はニコの魔法によるドタバタを描いた日常生活が中心だが、「黒魔女」の勢力による襲撃は非常にシリアスな展開が描かれており、日常とのギャップが魅力的な作品である。

魔法について

かつて魔女は一人でも多数の魔法を操ることができたが、血が薄まっている現代の魔女は「杖で空を飛ぶ」「物を浮かせる」などの基本魔法の他は、自分の特性に合った「固有魔法」をいくつか使用できるのみである。一方ニコは他の魔女では考えられないほどの膨大な魔力を持っており、「千の魔女」と呼ばれている。ニコは1人で100以上の魔法を使用することができ、日々の出来事にインスピレーションを受けて自分で魔法を開発する姿も描かれている為、魔法の才能は作中でも随一である。

魔女は白魔法を信奉する「魔女(ウィッチ)」と黒魔法を信奉する「黒魔女(ウォーロック)」に分かれており、長きにわたって争いを繰り広げてきた。やがて勃発した大戦によって「黒魔女」は滅びたとされているが、魔女が恐れや孤独を抱いたり、魔法を攻撃手段として用いると「黒魔女」へと変化する。
その為見習い魔女には魔法を攻撃に用いないために魔法がかけられており、幼いころから情操教育が行われている。またすべての魔女には「黒魔女」が接近すると反応する魔法がかけられている。

『ウイッチウォッチ』(WITCH WATCH)の魔法

見習い魔法使い

攻撃制御魔法(リミッター)

魔法使いが悪意を持って魔法を攻撃に使用すると「黒魔女」に変化する可能性があるため、すべての見習い魔女には攻撃制御魔法(リミッター)がかけられている。その為守仁はニコを狙う「付与の魔女」の使い魔だったウルフ(真神圭護の別人格)との闘いで苦戦を強いられた。

全ての白魔女(ウィッチ)

警戒心号(アラート)

かつて行われた「白魔女」と「黒魔女」との戦いの末、「黒魔女」は滅びたとされている。しかし通常の魔女が闇に心を囚われたことで「黒魔女」に変化することがあるため、すべての魔女には「黒魔女」が近づいたときに感知できる魔法「警戒心号(アラート)」がかけられている。効果範囲は半径200メートル以内であり、遠距離からの攻撃には反応しない。その為渕亮平は川の水を利用してニコたちを拘束した。

若月ニコ(わかつきニコ)

マジョリカバリー

破損してしまったものを元に戻す魔法。代償としてその人が大切にしているものが必要であり、思い入れが強いものほど効果を発揮する。代償となったものは破壊される。

ペラペランコ

人間を含め、物体を紙のようにペラペラにする魔法。ニコは自分に魔法をかけて風に飛ばされてしまい、壁と壁の間の隙間に挟まるというトラブルに見舞われた。

メッチャライト

人物や物を軽くする魔法。人間に掛けた場合には性格まで軽くなる。一方副反応もあり、魔法が切れるとすべての物が重くなる。人間に「メッチャライト」を掛けていた場合には非常に精神的に重い状態になる。

ビッグーン

mtm
mtm
@mtm

Related Articles関連記事

ウィッチウォッチ(漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

ウィッチウォッチ(漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ウィッチウォッチ』とは、篠原健太による少年漫画。集英社出版の『週刊少年ジャンプ』にて、2021年10号より連載されているロマンティックコメディである。鬼の末裔であるモリヒトこと乙木守仁には、千年に一度誕生するといわれる魔力を持つ魔女の若月ニコという幼馴染がいた。その魔力を狙う黒魔女たちからニコを守るよう、彼女の母親から頼まれたモリヒト。こうしてモリヒトとニコの同棲生活は始まった。

Read Article

ウィッチウォッチの種族まとめ

ウィッチウォッチの種族まとめ

篠原健太によって2021年から『週刊少年ジャンプ』で連載されている漫画『ウィッチウォッチ』。作中には修行中の魔女である若月ニコや、幼馴染で鬼の末裔である乙木守仁、天狗の風祭監志、狼男の真神圭護、吸血鬼の霧生見晴といった様々な種族のキャラクターが登場している。本記事では「魔女」「鬼」「天狗」「狼男」「吸血鬼」達が持つそれぞれの特徴や特殊能力をまとめた。

Read Article

ウィッチウォッチの必殺技・特殊能力まとめ

ウィッチウォッチの必殺技・特殊能力まとめ

2021年から篠原健太によって『週刊少年ジャンプ』に連載されている『ウィッチウォッチ』。魔女見習いであるニコが、「鬼」「天狗」「狼男」「吸血鬼」という4人の「使い魔」と共にドタバタした日常を過ごしたり、彼らを取り巻く陰謀と戦っていくファンタジー漫画だ。4人の使い魔たちはそれぞれ特殊能力を持っており、日々襲い掛かる様々なトラブルに対処している。本記事では『ウィッチウォッチ』に登場する必殺技や特殊能力を紹介する。

Read Article

彼方のアストラ(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

彼方のアストラ(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『彼方のアストラ』とは、篠原健太が『少年ジャンプ+』で2016年5月から2017年12月まで連載していた漫画、及びをそれを原作としたTVアニメ作品。 舞台は宇宙への往来が当たり前になった近未来。宇宙空間で何者かに狙われ遭難した、9人の少年少女のサバイバルを描く。宇宙船という閉鎖空間で、彼らを襲った犯人が仲間の中にいるというサスペンスと、仲間達との友情と恋愛を描く学園ドラマのような要素、そしてギャグが融合した作品となっている。

Read Article

SKET DANCE(スケットダンス)のネタバレ解説・考察まとめ

SKET DANCE(スケットダンス)のネタバレ解説・考察まとめ

『SKET DANCE(スケットダンス)』とは、篠原健太によって、『週刊少年ジャンプ』で2007年から2013年まで連載された学園コメディ漫画である。2011年にはテレビアニメが放映された。ギャグを中心に、シリアスな面や謎解き要素など、様々なストーリーを楽しめることが魅力的な作品となっている。 開盟学園で生徒の学園生活をサポートする活動を行う学園生活支援部、通称「スケット団」。ここに所属するボッスン、ヒメコ、スイッチの3人を中心に、学校での様々な事件やハプニングの様子が描かれていく。

Read Article

彼方のアストラの回収済み・未回収の伏線・謎まとめ

彼方のアストラの回収済み・未回収の伏線・謎まとめ

『彼方のアストラ』とは、日本の漫画家・篠原健太によるSFミステリー漫画。集英社のウェブコミック配信サイト『少年ジャンプ+』で2016年5月から2017年12月にかけて連載していた。2019年にTVアニメ化している。単行本は全5巻。 主人公のカナタ・ホシジマ達は9人は宇宙船に閉じ込められてしまう。その中に自分達の命を狙う刺客がいることが判明し、犯人を見つけ、無事に故郷へ帰るために奮闘する。作中では多くの謎が散りばめられており、最終回までにその謎や伏線が鮮やかに回収されていると読者の評価が高い。

Read Article

SKET DANCE(スケットダンス)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

SKET DANCE(スケットダンス)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

「SKET DANCE」は、篠原健太によって「週刊少年ジャンプ」に連載された漫画作品。 学園生活支援部、通称「スケット団」は、生徒の楽しい学園生活を守る人助けの部活である。主人公であるリーダーの「ボッスン」は、「ヒメコ」と「スイッチ」の二人と共に、個性的な生徒達から舞い込む数々の相談事を解決していく。ギャグが軸でありながら、人助けにまつわる深い名言が数多く存在する。

Read Article

彼方のアストラの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

彼方のアストラの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『彼方のアストラ』とは、篠原健太による漫画作品。 学校行事で惑星マクパへと向かったケアード高校B5班の生徒達だったが、突如現れた謎の球体に吸い込まれ、気が付くとそこは宇宙空間だった。偶然近くにあった宇宙船へと逃げ込んだB5班の9人は、現在地がマクパから5千光年の彼方である事実を知る。 宇宙で遭難した生徒達が力を合わせて5千光年を旅するサバイバルを描く漫画である。長い旅の中で数多くの名言も生まれている。

Read Article

【人気漫画】2007年~2018年の週刊少年ジャンプ打ち切り・終了マンガまとめ!

【人気漫画】2007年~2018年の週刊少年ジャンプ打ち切り・終了マンガまとめ!

2007年~2018年の間に『週刊少年ジャンプ』で打ち切り・終了したマンガをまとめました。作品は2007年1号以降に終了したものです。『銀魂』『BLEACH』『NARUTO』『こちら葛飾区亀有公園前派出所』といったジャンプを代表するマンガはもちろん、残念ながら打ち切りになってしまった作品、内容は悪くなかったのに読者に響かなかった隠れた良作を紹介していきます。

Read Article

【空知英秋】『銀魂』×『SKET DANCE』のコラボ回の画像まとめ【篠原健太】

【空知英秋】『銀魂』×『SKET DANCE』のコラボ回の画像まとめ【篠原健太】

『週刊少年ジャンプ』誌上で連載されアニメ化も果たしたSF時代劇『銀魂』作者の空知英秋と、同じくアニメ化している『SKET DANCE』作者の篠原健太は、師弟関係である。 2011年、双方の作品がコラボレーション回を展開。互いの物語の舞台に互いの主人公一行が乱入して一騒ぎ起こしていくという内容で、そのハチャメチャな展開を「いかにも『銀魂』と『SKET DANCE』らしい」とファンは大いに喜んだ。

Read Article

【空知英秋】『銀魂』と『SKET DANCE』のコラボアニメへの反応まとめ【篠原健太】

【空知英秋】『銀魂』と『SKET DANCE』のコラボアニメへの反応まとめ【篠原健太】

「宇宙人にむりやり開国させられた江戸の町」を舞台に、攘夷戦争の英雄・坂田銀時の奔放な活躍を描く『銀魂』。開盟学園高等学校を舞台に、学生たちの困りごとを解決する"スケット団"の活躍を描いた『SKET DANCE』。それぞれの作者である空知英秋と篠原健太は、師弟関係であることが知られている。 この縁から、『銀魂』と『SKET DANCE』のアニメで双方のキャラクターが同時に登場するコラボ回が放送されることが決定。ファンの反応を紹介する。

Read Article

マンガ大賞2019にノミネートされた作品の魅力に迫る!【彼方のアストラ、ブルーピリオド他】

マンガ大賞2019にノミネートされた作品の魅力に迫る!【彼方のアストラ、ブルーピリオド他】

「マンガ大賞」とは書店員を中心とした有志による選考委員が、誰かに薦めたいと思う“今一番フレッシュなマンガ”を投票で決める大賞だ。2008年から始まったこの大賞。第12回となるマンガ大賞2019は、見事大賞を受賞した『彼方のアストラ』をはじめ、2021年10月からアニメ化される『ブルーピリオド』など、素晴らしい作品がノミネートされた。

Read Article

目次 - Contents