RIZE(ライズ)の徹底解説まとめ

RIZE(ライズ)とは、代表曲「カミナリ」を歌う日本のロックバンドである。1996年に結成され、ハードコア・パンクロックの楽曲を数多く生み出している。デビュー当時から勢いのあるパンクロックサウンドを貫いており、一時期はアメリカに活動拠点を置いていたが、2005年に帰国し主に日本で活動している。メンバーはJESSE、金子ノブアキ、KenKenの3名から構成され、2017年の日本武道館公演を最後にそれぞれソロ活動が活発化していき、実質の活動休止状態にある。

RIZEの概要

RIZE(ライズ)とは、1996年に結成されたロックバンド。漢字表記の際は「雷図」とされ、RIZEのファンは「RIZER(ライザー)」と呼ばれる。ヴォーカル・ギターのJESSE(ジェシー)、JESSEと幼馴染であるドラムの金子ノブアキ、唯一女性メンバーであったベースのTOKIEの3名で構成された。2001年にTOKIEが脱退し、ベースのu:zo(ユーゾー)、ギターの中尾宣弘(なかおよしひろ)が加入するも、u:zoは2005年に、中尾は2008年にそれぞれ脱退。その後、金子の実弟KenKenがサポートメンバーとしてベースを弾いており、2006年には正式にRIZEのメンバーとなった。また、時折ギターを弾くJESSEだが、激しいヴォーカルパフォーマンスのために自身が弾くことは少なく、サポートメンバーのRioがギターを担当している。

結成当初、東京都下北沢を中心に活動を行っていたRIZE。2000年に『カミナリ』でメジャーデビューを果たした。瞬く間にファンは増え、メジャーデビューから僅か3年で渡米。活動拠点をロサンゼルスに移したものの、思うようにライブ活動ができず2004年に活動休止となってしまう。翌2005年に活動再開し、パワーアップしたRIZEに再びファンは沸き上がった。その後、再びヒット曲を出し続け、2017年にはロックバンド初の日本武道館でのライブを行った。しかし、日本武道館公演を最後にRIZE主催のライブは行われておらず、各々ソロ活動をしており実質の活動休止に入ってしまった。

RIZEの活動経歴

東京・下北沢で結成

1996年に東京都下北沢で結成。幼馴染であったギター・ヴォーカルのJESSEとドラムの金子ノブアキで結成され、唯一の女性メンバーであるベースのTOKIEも加わり、スリーピースバンドとして活動を始めた。RIZEは結成当初のインディーズ時代から熱いライブパフォーマンスを続けており、結成からわずか3年の2000年にメジャーデビューを果たす。RIZEの代表曲ともなった、デビュー曲「カミナリ」がヒットした勢いで同年にシングル『Why I’m me』、アルバム『ROOKEY』もリリース。

渡米と活動休止

しかし、メジャーデビューから翌年の2001年、他バンドとも掛け持ちしていたベースのTOKIEが多忙を理由にRIZEを脱退。それを期に、ベースのu:zoとギターの中尾宣弘が加入し、RIZEは4人での活動をスタートさせた。またこの時期、初のツアーを開催した他、ラジオパーソナリティをJESSEと金子が務めたり、RIZEがドラマ出演する等メディアにも多く露出することとなる。2003年にはRIZEは活動拠点を日本からアメリカ・ロサンゼルスに移すことを決意。Phunk Junkees(ファンク・ジャンキーズ)、Kottonmouth Kings(コットンマウス・キングス)などのバンドと全米ツアーも行うも、活動が軌道に乗らず、メンバーがそれぞれストレスを抱えて溝ができ始めていたことから翌年には「TIME OUT」と発表し、活動休止した。

世界的にも認められたRIZE

2005年、日本へ活動拠点を戻し、RIZEは再開した。しかし、11月に中尾が脱退したため、金子の実弟KenKenがサポートメンバーとして加入。2度のメンバーチェンジを経てなお、熱いライブパフォーマンスを織りなすRIZEは、世界同時7か国で配信されたLIVE EARTHにも出演するなど、日本国外で着々と人気を高めていった。2006年にはベースのKenKenがサポートメンバーから正式にメンバーとなった。

散り散りになったメンバー

そんな中、2008年に中尾が脱退。再びスリーピースバンドとなったRIZEはRUSH BALLや京都大作戦など数々の野外フェスに出演。サポートメンバーとしてギターのRioが加入し、結成20周年を迎えた翌年2017年にはロックバンドとして初の武道館公演を成功させる。しかし、武道館公演を最後にRIZE主催のライブは行われず、JESSE、金子、KenKenの3人ともがソロとしての活動が増えていき、実質の活動休止状態となる。更に2019年7月、JESSEとKenKenがそれぞれ大麻取締法違反で逮捕され有罪判決が下された。

RIZEのメンバー

現役メンバー

JESSE(ジェシー)

ヴォーカル・ギター担当。1980年8月11日生まれ。父にギタリストのChar、母に作詞家のKannna S.McFaddinを持つJESSEは東京都品川区で生まれるが、国籍はアメリカ合衆国となっている。15才でギターを始め、父のツアーについて楽器の搬入出や物販スタッフをしていたこともある。
また、父への反発から当初はロックではなくラップを主とした音楽を好んでおり、RIZEの楽曲にも色濃く影響している。
2012年からはJESSEがヴォーカル・ギターを担当するミクスチャーロックバンド、The BONEZ(ザ・ボーンズ)としても活動している。

金子ノブアキ

ドラム担当。1981年6月5日生まれ、東京都下北沢出身。父はドラマーのジョニー吉長、母は歌手の金子マリ。幼少期より両親の影響から芸能活動をしており、ドラマーとしてはもちろん、テレビドラマや映画、CMなど俳優としても活躍している。
金子の叩くドラムは非常に正確で、フロントマンとして激しいパフォーマンスを行うJESSEやKenKenとは違い、常に冷静にリズムを刻んでいる。RIZEの音楽の要となる部分を担っているといっても過言ではない金子のドラムは、結成当初からのRIZEに必要不可欠な存在となっている。

KenKen(ケンケン)

S_Nakamura
S_Nakamura
@S_Nakamura

Related Articles関連記事

クローズZERO II(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

クローズZERO II(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『クローズZERO II』とは、漫画家の高橋ヒロシの作品『クローズ』を原作とした映画。前作『クローズZERO』で鈴蘭高校の覇権争いを制した滝谷源治たちと、ライバル校・鳳仙学園との間で抗争が発生。鈴蘭をまとめるために苦心する源治、彼に敗れて以降沈黙を貫く芹沢、2年前の仇を討つため虎視眈々と鈴蘭を狙う鳳仙の頭・鳴海の3人を軸にストーリーが展開される。葛藤を抱えながら喧嘩に臨む高校生達を描く。小栗旬や山田孝之、桐谷健太など人気俳優が多数出演したことでも話題となった。監督は三池嵩史。

Read Article

B: The Beginning(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

B: The Beginning(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『B: The Beginning』とはNetflixのオリジナルアニメ作品。とある連続殺人事件の中で天才刑事と超常の力を持つ少年が交流し、共に犯人を追いかける様を描いている。刑事ドラマとヒーロー物を組み合わせた重厚な物語が特徴で、国内外から高い評価を受けた。群島国家クレモナでは、「Killer B」の通称で知られる連続殺人犯が人々の恐怖と話題の対象となっていた。一線を退いた天才刑事キース・風間・フリックが対策のために呼び戻される一方、黒羽という超常の力を持つ少年が事件の裏で暗躍する。

Read Article

麒麟がくる(大河ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

麒麟がくる(大河ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『麒麟がくる』とはNHK大河ドラマの59作目として、2020年1月19日から2021年2月7日まで放送された作品である。裏切り者や悪人として描かれてきたことの多い明智十兵衛光秀(あけちじゅうべえみつひで)を主人公にしている。平和な世の中になると現れる「麒麟(きりん)」を呼べる人物を探しつつ足利義昭(あしかがよしあき)や織田信長(おだのぶなが)に仕え、戦のない大きな国を作ろうとする十兵衛の一生が描かれている。定説とは全く正反対の側面から描かれた十兵衛や、戦国武将たちの姿が見どころの1つである。

Read Article

【麒麟が来る】本能寺の変を起こしたのは明智光秀じゃなかった!本当の黒幕は豊臣秀吉か【都市伝説】

【麒麟が来る】本能寺の変を起こしたのは明智光秀じゃなかった!本当の黒幕は豊臣秀吉か【都市伝説】

織田信長の家臣であるものの、のちに本能寺の変を起こして信長を自害させた人物・明智光秀。ここでは、この騒動を起こしたのは光秀ではなく、豊臣秀吉が黒幕だったのではないかという噂についてまとめました。光秀の生涯を描いた大河ドラマ『麒麟がくる』のあらすじ・ストーリーを交えながら、噂について検証していきます。

Read Article

目次 - Contents