伊藤万理華(乃木坂46)の名言・迷言・発言まとめ

伊藤万理華は日本のアイドルグループ「乃木坂46」の第1期メンバー。グラフィックデザイナーの父とファッションデザイナーの母を持つ。伊藤万理華自身も芸術系の才能に長けており、高校卒業後は芸術大学に進学。乃木坂46卒業直前には「伊藤万理華の脳内博覧会」という個展を開催している。2017年12月23日に卒業。卒業後は女優として活躍。本記事ではそんな伊藤万理華のテレビや雑誌のインタビュー等での発言を集めている。

「常に自分の理想形みたいなのはあるんです」

常に自分の理想形みたいなのはあるんです。それに向けて自分で行動していく…例えば制作していくとかそういうのは、6年間頑張ってこつこつやっていって、できるようになってきました。結果に出ることもあると、"ああ続けてよかったな"って思えるんです。
(2017年9月19日『SCHOOL OF LOCK!』)

TOKYO FMをキー・ステーションとして放送されているラジオ番組『SCHOOL OF LOCK!』出演時の発言。この日は桜井玲香と共に番組に参加。パーソナリティのとーやま校長こと遠山大輔(お笑いトリオ・グランジのボケ担当)から「『いつかはこうなりたい!』という理想があるのに、なかなかその一歩が踏み出せない。今夜はそんな生徒の話をキャプテンとまりっかと一緒に聞いていきたいと思う!」という問いに答えた内容。伊藤万理華の場合、他の発言でも見られるが、自身に対してかなりストイックであり、またきちんと自身を俯瞰した言動が多いことが伺える。上の「制作」は、伊藤初の個展『伊藤万理華の脳内博覧会』を指す。尚、この番組の放送日は伊藤が乃木坂46の公式ブログで年内の卒業を発表する約1ヵ月前であった。

「自分を客観的に見て『人からはこういうふうに見えてるんだ』って知った」

レッスン風景を録画した動画を見たとき、「1人だけ新体操っぽい子がいるな~」って思ったら、それが自分だったんです(笑)。手足の動きがやたらフニャフニャで「私ってこんなにダンス下手だったの!?」ってすごくショックでしたね。でも、初めて自分を客観的に見て「人からはこういうふうに見えてるんだ」って知ったので、そこからは改善するようになりました。ダンスは好きだったからこそ、「このグループの中でパフォーマンスを武器にしたい」って思っていました。
(2018年2月23日『スタディサプリ進路』)

伊藤が乃木坂46を卒業してから約2ヶ月後に掲載されたインタビューより。乃木坂46のオーディションに合格、期待と不安の入り混じる中、クラシックバレエを習っていた経験があったので、唯一ダンスに対しては自信があったという。ところがダンス・レッスンを受けた後、録画された自身のダンスをみて、あまりのひどさにショックを受けた。但しここからが伊藤の真骨頂、そこでめげるのではなく「このグループの中でパフォーマンスを武器にしたい」と決心するあたり、ガッツのある伊藤らしい。

「その撮影をしたとき『自分はこういう世界観が好きなんだ』って気づいたんです」

デビューシングルの特典映像で、初めて1人で出演した「ナイフ」っていう個人PVがあって、その撮影をしたとき「自分はこういう世界観が好きなんだ」って気づいたんです。色彩とか手作り感とか「そういえば私、こういうものが昔から好きだったなぁ」って。
(2018年2月23日『スタディサプリ進路』)

2012年2月22日にリリースされた乃木坂46のデビュー・シングル『ぐるぐるカーテン』のTYPE-Bに収録されていたのが伊藤万理華と映像監督柳沢翔による『ナイフ』という個人PVだった(上記映像参照)。アイドルの可愛らしさや清楚さを表現するのではなく、アーティスティックで見方によっては狂気をも孕んでいるような作品で、その後の伊藤の活動を知る者からすれば「いかにも伊藤万理華」という作品に仕上がっている。尚、映像で使用されている挿入歌はAPOGEEによるオリジナル。伊藤はこのPV撮影でAPOGEEの存在を知り、以降好きなアーティストとして椎名林檎らと共にAPOGEEの名前を挙げている。

「『まりっか』と自分自身を表現することに最初は戸惑いもありました」

例えばグループにいた時は、性格もネガティブな部分が大きかったり、ニッチなものが好きだったりしながらも、一方でアイドルは明るくなければいけないという気持ちがあって。「まりっか」と自分自身を表現することに最初は戸惑いもありました(笑)。でも、ご縁があって歌が生まれて、それを褒めてくださるファンの方がいて。自分の中の明るい部分も肯定できた時に、心がすごく軽くなりました。自分が好きな世界だけではなくて、周りが評価してくるものから逃げないで、どちらも自分の個性だと認めることができたんです。
(2020年12月18日『She is』)

2013年3月13日にリリースされた乃木坂46の5枚目のシングル『君の名は希望』のTYPE-Aに収録されていたのが伊藤万理華と映像監督山本真希による『まりっか’17』というPVだった(上記映像参照)。ちなみに上記映像の最初にクレジットされている「山本真純」はクレジットミス。振り付けは乃木坂46の『ハルジオンが咲く頃』や『サヨナラの意味』のMVの振り付けも担当した菅尾なぎさ。クレジットはされていないが作詞は山本真希、作曲は福島節によるものと言われている。尚、山本真希は後に福島節と結婚。福島真希として「まりかっと」、「はじまりか、」など伊藤の映像作品に関わっていくこととなる。ちなみにこの『まりっか’17』は元欅坂46の長濱ねるがオーディションで歌った曲でもある。

「やはり回転寿司ですかね」

元々、そんなに好き嫌いはありませんが、やはり回転寿司ですかね、私、お寿司が好きなんです。テイクアウトでも食べたい!だって、贅沢じゃないですか?一人で楽しむお寿司なんて。毎回は食べられないけど、それがスーパーのお寿司でもチェーン店のお寿司でも、お仕事を頑張って「あ、今日お寿司食べるんだ」って思いながら仕事するのが良いんじゃないかなって思ってます。それだけで、気持ち的にも華やかになりますよね。(好きなネタは?)エンガワです!…エンガワと炙りサーモン!基本的にそこでループですね(笑)。エンガワ、炙りサーモン、エンガワ、炙りサーモン…たまにイカ。
(2021年7月7日『モデルプレス』)

当インタビューが掲載された時期、伊藤はテレビ東京の『木ドラ24』枠において放送された『お耳に合いましたら。』で地上波のテレビドラマ初主演を務めていた。ドラマの内容は、とある漬物会社に勤める会社員の主人公・高村美園(伊藤)があるきっかけからポッドキャスト番組を始めることとなり、配信する番組のテーマとして、主人公が愛してやまない、「どこの街にもある、決して特別ではない、でも欲さずにはいられない」魅惑のチェーン店グルメ・通称“チェンメシ”を紹介する、といったもの。この内容に関連して、「伊藤さんが『仕事が終わって食べたいな』と思うものを教えてください」という質問に対する回答が上の発言。食の好みに対する発言が少ないので、結構貴重なインタビューとなっている。

ファッションについて

「レディースの意味を知らなくて、レディースファッションのレディースをイメージして」

私、ずっとドラマに出たかったから最初に内容を聞かずに「ドラマ出演が決まったよ」と言われたときはすごくうれしかったんです。でも後でレディース役って聞いて……レディースの意味を知らなくて、レディースファッションのレディースをイメージしてすごく女性的な役なのかなって(笑)。それで調べてみたら女性のヤンキーだとわかって、「えっ!? なんで私が?」ってビックリしました。レディースって怖いイメージがあったけど、実際に演じてみると強い女性だけどちゃんと普通の女の子の一面もあって、すごく楽しかったです。
(2013年4月30日『音楽ナタリー』)

上で挙げられているドラマとは、日本テレビで2013年4月7日から6月23日まで放送された『BAD BOYS J』のこと。伊藤万理華はNightsというチームの三上実由役を演じていた。伊藤が17歳の時であり、まだ「レディース」の意味も知らなかったことが可愛らしい。

「白いワンピースに海って、ちょっと王道な感じがしますよね」

海岸では衣装が白いワンピースだったんですけど、メンバーそれぞれデザインが違っていて。スタイリストさんが私たち1人ひとりをイメージして、個性が出たものにしてくれたんです。それで私はいつもどおり、みんなとはしゃいで水鉄砲で遊んだり、足だけ海に入ったりして。私が一番はしゃいでた気がします(笑)。でも白いワンピースに海って、ちょっと王道な感じがしますよね。
(2013年10月21日『音楽ナタリー』)

2013年10月22日に出版された、乃木坂46ファースト写真集『乃木坂派』の撮影時の様子を訊ねられた時の回答。

「母親が元デザイナーで、ショーの服などを作っていました」

母親が元デザイナーで、ショーの服などを作っていました。なので、めちゃくちゃこだわりが強くて、食器がどうの家具がどうのって。子供に着せる服もこだわっていて、小学生・中学生の頃はお母さんが着ていた服しか着ていなくて、なんていうか周りから浮いていました(笑)。兄妹でインディアンの格好をさせられてショーに出たこともあります。「とりあえず歩いてきて」って言われて(笑)。
(2016年3月26日『モデルプレス』)

伊藤は父がグラフィックデザイナー、母がファッションデザイナーという環境の中で育ってきたこともあり、ファッションの感覚には鋭いものがある。伊藤にとってファッションは幼い頃から身近にあったものであり、決して「特別なもの」ではなかったのだろう。兄は伊藤の1つ年上。ちなみに2014年6月9日放送の『乃木坂って、どこ?』第137回「乃木坂46 ゴリ推し推薦文コンテスト」の回で、伊藤の父親が制作したバナナマンのロゴと、母親が制作したバナナマンへのオリジナル衣装が披露されている。

卒業について

「ここで卒業するのが私らしい決断だと」

yamada3desu
yamada3desu
@yamada3desu

Related Articles関連記事

賭ケグルイ(Kakegurui)のネタバレ解説・考察まとめ

賭ケグルイ(Kakegurui)のネタバレ解説・考察まとめ

『賭ケグルイ』とは2014年に原作河本ほむら、作画尚村透によって出版社スクエアエニックス『月刊ガンガンJOKER』で連載が開始されたギャンブル漫画である。名門、私立百花王学園に転校してきた蛇喰夢子(じゃばみ ゆめこ)は大きなリスクを負うことに興奮を感じる通称『賭ケグルイ』だった。 人間の心の闇、執着、醜さと言ったリアルで生々しい表現は、日本国内のみならず世界中から評価されている。2017年7月にアニメ1期『賭ケグルイ』の公開。2019年1月にはアニメ2期『賭ケグルイxx』が公開された。

Read Article

乃木坂46の徹底解説まとめ

乃木坂46の徹底解説まとめ

乃木坂46とは、2011年8月21日に「AKB48の公式ライバル」として誕生したアイドルグループ。AKB48と同じく秋元康プロデュースのグループであり、のちに誕生する「欅坂46」や「日向坂46」など「坂道シリーズ」の第一弾グループでもある。当初はAKB48のライバルということで何かと比較されることが多かったが、現在では第59回、及び第60回の日本レコード大賞を連続受賞するなど、「AKB48の公式ライバル」という看板はもはや不要の「乃木坂46」という唯一無二のアイドルグループとして君臨している。

Read Article

AKB48グループ・坂道シリーズのスキャンダルまとめ

AKB48グループ・坂道シリーズのスキャンダルまとめ

AKB48グループ・坂道シリーズは、秋元康がプロデュースする女性アイドルグループ・AKB48および姉妹グループ、坂道シリーズのことである。恋愛禁止を掲げるアイドルグループとしても有名であるが、スキャンダルや騒動が後を絶えない。ついにはグループに在籍しながら結婚宣言を行ったメンバーも現れ、世間を騒がせている。

Read Article

乃木坂46の家族エピソードまとめ

乃木坂46の家族エピソードまとめ

乃木坂46は秋元康がプロデュースする女性アイドルグループであり、坂道シリーズの第1弾グループでもある。グループ結成とほぼ同時期の2011年10月にテレビの冠バラエティ番組『乃木坂って、どこ?』の放送が開始された。その後2015年4月から後継番組『乃木坂工事中』が放送されている。本記事では、この2番組で放送された内容を中心に乃木坂46のメンバーと家族とのエピソードをまとめて紹介する。

Read Article

乃木坂46のハロウィン仮装まとめ

乃木坂46のハロウィン仮装まとめ

乃木坂46は秋元康がプロデュースする女性アイドルグループであり、坂道シリーズの第1弾グループでもある。グループ結成とほぼ同時期の2011年10月にテレビの冠バラエティ番組『乃木坂って、どこ?』の放送が開始された。その後2015年4月から後継番組『乃木坂工事中』が放送されている。本記事では、ハロウィン時にこの2番組で放送されたメンバーによる仮装の模様や、その後のゲーム大会などをまとめて紹介する。

Read Article

乃木坂46の学力テストまとめ

乃木坂46の学力テストまとめ

乃木坂46は秋元康がプロデュースする女性アイドルグループであり、坂道シリーズの第1弾グループでもある。グループ結成とほぼ同時期の2011年10月にテレビの冠バラエティ番組『乃木坂って、どこ?』の放送が開始された。その後2015年4月から後継番組『乃木坂工事中』が放送されている。本記事では、この2番組で放送された学力テスト企画「頭脳(NO)王決定戦」の内容を紹介する。

Read Article

乃木坂46の名言・迷言・発言まとめ

乃木坂46の名言・迷言・発言まとめ

乃木坂46とは、2011年8月21日に「AKB48の公式ライバル」として誕生したアイドルグループ。AKB48と同じく秋元康プロデュースのグループであり、のちに誕生する「欅坂46(現櫻坂46)」や「日向坂46」など「坂道シリーズ」の第一弾グループでもある。本記事では、乃木坂46が出演したテレビ番組や雑誌等で行なわれたインタビューから、印象深い名言や迷言、発言を集め、加入した期生別・メンバー別(50音順)に紹介する。

Read Article

元・乃木坂46伊藤万理華のおしゃれな私服画像を紹介!メンバーも認めるほどのファッショニスタ【まりっか】

元・乃木坂46伊藤万理華のおしゃれな私服画像を紹介!メンバーも認めるほどのファッショニスタ【まりっか】

記事中では元・乃木坂46伊藤万理華のおしゃれな私服コーデの画像を多数紹介している。乃木坂46には西野七瀬や白石麻衣などファッション誌の専属モデルを務めていたメンバーが多数いたことから、私服もおしゃれな子が多いと評判だった。そんな中でもメンバー達からも「乃木坂で1番のファッショニスタ」と認識されていたのが伊藤万理華である。元ファッションデザイナーの母親の影響ゆえか、個性的なスタイルの洋服もバッチリと着こなしていた。

Read Article

乃木坂46次世代エースは誰!?

乃木坂46次世代エースは誰!?

現在人気のアイドル、乃木坂46。 現在のエースや十福神といったフロントメンバーの人気は非常に高まっており、今や公式ライバルであるAKB48グループをもしのぐものとなっています。 しかし、メンバーの層は厚く、次世代と言われる若手のメンバーの人気も実力も上がってきていると話題になってきています。 そこで、今回はそんな乃木坂46の次世代メンバーを紹介します。

Read Article

【あつ森】乃木坂46を再現したマイデザインがすごい!【マイデザインIDまとめ】

【あつ森】乃木坂46を再現したマイデザインがすごい!【マイデザインIDまとめ】

大人気ゲームシリーズ「どうぶつの森」のニンテンドーSwitch専用ソフト『あつまれ どうぶつの森』では、服やタイルを自由にデザインして作る「マイデザイン」という機能があり、人気を博している。人気アイドルを再現したマイデザインは特に人気だ。Switchオンラインで公開されているマイデザインは自由に使うことができるので、大好きなアイドルと同じ衣装を身に着けることもできる。ここでは「乃木坂46」の衣装を再現したマイデザインを紹介する。

Read Article

乃木坂46メンバーのグラビア画像まとめ!色気漂う水着ショットもあり

乃木坂46メンバーのグラビア画像まとめ!色気漂う水着ショットもあり

本記事ではアイドルグループ「乃木坂46」メンバーのグラビア画像をまとめて紹介している。記事中では衛藤美彩、西野七瀬、白石麻衣、梅澤美波、高山一実、生駒里奈、与田祐希の画像を掲載した。魅力的な水着姿や可愛らしい浴衣姿などを多数紹介しているので、是非チェックしてみてほしい。

Read Article

目次 - Contents