窮鼠はチーズの夢を見る(漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『窮鼠はチーズの夢を見る』とは水城せとな原作の漫画である。2006年2月から2009年5月、大人の女性向けコミック誌『NIGHT judy』で連載される。大人の男同士の甘くない恋愛模様を描いたボーイズラブ作品である。本作は人を好きになることの喜びや痛み、そのリアルな恋愛描写が話題となり多くの女性から支持されている。ある日主人公・大伴恭一の元へ妻から浮気調査を依頼されたという調査会社の男が訪ねてきた。彼は大学の後輩今ヶ瀬だった。今ヶ瀬はずっと好きだったと恭一に告白し恭一はその言葉に翻弄されてゆく。

恭一「恋愛は業だ」

たまきに別れを告げに行く恭一。

今ヶ瀬を選んだ恭一はそのことによってずっと抱えていた全てを失いそうな思いに押しつぶされそうになった。恭一はどんなに辛くても今が瀬との絆が欲しいと思った。苦しみながらもたまきと別れる決意は固かった。押し潰されそうな痛みを抱えることが恋愛というならもう二度としたくないこれが恋愛なら「恋愛は業だ」と思った。「業(ごう)」とは前世の善悪によって現世で受ける報いという意味である。

来年の誕生日もワインをくれると聞いた時の今ヶ瀬の表情

よりリアルに表現された映画版の今ヶ瀬。

誕生日に北京ダックが食べたいと言っていた今ヶ瀬だが、恭一は今ヶ瀬の生まれ年のワインも用意していた。前日の深夜、0時を過ぎると恭一は今ヶ瀬にサプライズでプレゼントした。嬉し過ぎる今ヶ瀬は「勿体無いから開けません」と言ったが、恭一は「また来年もあげるからいいだろ」と言った。さりげなく来年も誕生日に一緒にいるという意味に今ヶ瀬は感激して胸を熱くさせた。

『窮鼠はチーズの夢を見る』の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

今ヶ瀬ならではの恋愛映画に残る名セリフ

映画版の恭一(左)と今ヶ瀬(右)

そのセリフとは「心底惚れるって全てにおいてその人だけが例外になっちゃうってことなんです」。
たまきと出会ったあと、別れることを決めた恭一と今ヶ瀬は最後の思い出として朝日を見に海にドライブへ行く。今ヶ瀬は愛されたいのに信用しないで相手の気持ちを次々嗅ぎ回る恭一のことを「俺、そんなやつ大っ嫌いなんですけどね」と言った。そして「心底惚れるって全てにおいてその人だけが例外になっちゃうってことなんです」と言った。
映画版の監督・行定勲はこのセリフについて恋愛映画史に残る名言を落とし込めたと思っていると言った。このセリフに出会った時「そうだよな、1番とか2番じゃないんだよな」と気付かされたそうだ。
原作者の水城せとなは行定監督の言葉を受けてこう答えている。

「今ヶ瀬は恋愛脳だから、言葉がドラマティックになっちゃうんですよね。その状態が彼にとってもどこか気持ちがよくて、アドレナリンが出まくっているんだと思います(笑)。」

出典: cinemore.jp

行定監督はそう聞いて納得していた。こういうセリフは誰かが言ってたやこう言ってたよなど間接的に使われることが多いのだという。
要するに、このロマンチックで深みのあるセリフは、ゲイである今ヶ瀬本人が言うセリフだからこそ生まれたセリフなのだ。ロマンチストでナルシストな今ヶ瀬というキャラクターの世界観がこの言葉を作り上げたのだ。

ほとんど素「ちちくり合いシーン」撮影秘話

映画版のみのオリジナルシーンである。物語の序盤のワンシーン。一緒に暮らしていた恭一と今ヶ瀬は今ヶ瀬の恭一の女関係が原因で喧嘩し、一週間後仲直りしてまた一緒に暮らし始める。その後の順調な二人の仲睦まじい様子が描かれたシーンである。
行定監督は脚本上では「ただ二人がいる」ということしか書かれていなかったため「何ができるだろう」と考えていた。その時昔は流行っていたちちくり合うゲームを思い出したという。今ヶ瀬役の成田凌はこの服の上から乳首の場所を当てるというゲームを知らず「なんですかこれ」と笑っていた。一方中学の時やっていたという恭一役の大倉忠義は当時を思い出して楽しんでやったという。
一応のキャラ設定を守りつつ、ほぼ素の状態の二人の自然な仲の良さが微笑ましいシーンである。

『窮鼠はチーズの夢を見る』の主題歌・挿入歌

映画『窮鼠はチーズの夢を見る』主題歌:Jes Hudak『Different Worlds』

映画『窮鼠はチーズの夢を見る』音楽:半野喜弘『The Cornered Mouse Dreams of Cheese OST by YOSHIHIRO HANNO』

gundamaniat0
gundamaniat0
@gundamaniat0

Related Articles関連記事

失恋ショコラティエ(漫画・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

失恋ショコラティエ(漫画・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『失恋ショコラティエ』(しつれんショコラティエ)とは、水城せとなが『月刊フラワーズ』本誌にて連載していた漫画。物語は完結しており、単行本は同社のフラワーコミックスαから全9巻発行されている。 また、松本潤主演でテレビドラマ化されており、2014年1月から3月まで放送された。 ショコラティエである主人公・爽太を中心に、高校時代からの憧れの女性サエコ、チョコレートショップの同僚で年上の薫子、片思い仲間のえれなとの間の、甘くほろ苦い恋愛模様とそれぞれの切ない思いを描いた恋愛ストーリーとなっている。

Read Article

翔んで埼玉(映画・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

翔んで埼玉(映画・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『翔んで埼玉』とは、魔夜峰央によるギャグ漫画作品、およびそれを原作としたコメディ映画作品である。。二階堂ふみやGACKTを始め、豪華なキャスト陣が本気でふざけた内容が大きな話題となる。埼玉県民が東京都民に虐げられてきた架空の世界が舞台となり、埼玉解放を求めて他の県を巻き込みながら全面戦争へと発展していく。

Read Article

愛がなんだ(小説・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

愛がなんだ(小説・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『愛がなんだ』とは、角田光代による恋愛小説、およびそれを原作とした今泉力哉監督による実写映画作品。 映画作品では、岸井ゆきのが主役のアラサーOL・テルコを、成田凌がテルコの片思い相手であるマモルを演じ、独立系の低予算作品としてはあまり例を見ないロングランヒットを記録した。テルコはマモルに一目惚れをしてからマモル一筋の毎日を送るが、マモルはテルコのことを都合のいい女と思っている。テルコとマモルのどうしても埋まらない距離感がリアルに描かれている。

Read Article

糸(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

糸(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『糸』とは、2020年に公開された日本の恋愛映画で、中島みゆきの楽曲『糸』にプロデューサーの平野隆が着想を得て制作された。監督は瀬々敬久。平成元年生まれの高橋漣(たかはしれん)と園田葵(そのだあおい)は、美瑛で出会い恋に落ちる。しかし大人たちの都合で引き裂かれ別々の人生を歩む。出会ってから18年経って平成という時代も終わりを迎えるとき、互いを忘れられなかった漣と葵は再び手を取り合うために動き出していた。この物語は、漣と葵、その周辺の人々の軌跡を「平成」という時代にのせて描く作品となっている。

Read Article

六本木クラス(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

六本木クラス(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『六本木クラス』とは2022年に日韓共同プロジェクトによって製作された日本のドラマ。2020年に韓国で放送された『梨泰院クラス』のリメイク作品で、主演を竹内涼真が務めた。主人公の宮部新は交通事故によって父親を亡くす。しかし事故は大手外食チェーンの長屋ホールディングスの息子・長屋龍河が起こしたもので、その不祥事が明るみに出ないよう、父・長屋茂によって真実は隠蔽された。新は復讐を誓い、長屋ホールディングスを潰してのし上がる計画を立てる。数年後、飲食店の経営者となった新は下剋上に挑む。

Read Article

まともじゃないのは君も一緒(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

まともじゃないのは君も一緒(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『まともじゃないのは君も一緒』とは2021年3月19日に公開されたヒューマンドラマ映画である。人とのコミュニケーションが苦手な数学一筋の予備校教師・大野康臣と、予備校に通う恋愛をしたことは無いが恋愛の知識だけ豊富な女子高生・秋本香住。2人は交流を重ねる中で、「普通」とはなにかについて模索していく。性格が真逆な香住と大野によるテンポの良い思わずクスッと笑える会話劇もこの映画の魅力の1つだ。

Read Article

スマホを落としただけなのに(小説・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

スマホを落としただけなのに(小説・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『スマホを落としただけなのに』とは、志駕晃(しがあきら)のミステリー小説および、中田秀夫が監督を務めたミステリー映画である。原作は第15回『このミステリーがすごい!』大賞で最終候補に残った人気シリーズだ。賞には落選したが、編集部推薦の「隠し玉」としてシリーズ化され、全3巻が刊行された。 主人公の麻美の彼氏である富田がスマホを落とした日から、麻美の周囲で不可解な出来事が起こり始める。やがて事態はネットに留まらず連続殺人事件、そして麻美の秘密をも暴いていくことになる。

Read Article

スパイダーマン:ホームカミング(MCU版)のネタバレ解説・考察まとめ

スパイダーマン:ホームカミング(MCU版)のネタバレ解説・考察まとめ

スパイダーマン:ホームカミングとは2017年に公開されたアクション映画である。監督はジョン・ワッツ、主演はトム・ホランドが務めている。マーベル・コミックのスパイダーマンを原作とした作品でアクション映画だが超能力を得た高校生の主人公が高校生活とヒーロー活動の両立に悩みながら成長していく人間ドラマも描かれている。

Read Article

関ジャニ∞(エイト)の徹底解説まとめ

関ジャニ∞(エイト)の徹底解説まとめ

関ジャニ∞とは、2002年12月18日に結成。2004年8月25日にシングル『浪花いろは節』で関西地区限定でCDデビューをしたグループ。同年9月22日、同曲で全国デビューを果たした。関ジャニ∞のエイトが無限大標記なのは、無限大の可能性という意味がこもっている。 ジャニーズ事務所に所属するアイドルでありながら、ロックフェスに出演したりバラエティーで活躍を見せたり個々でも舞台やドラマなど幅広く活躍の場を広げているグループである。

Read Article

モデル体型が自慢!関ジャニ∞大倉忠義の迷言と伝説【カレーのおかずに天丼】

モデル体型が自慢!関ジャニ∞大倉忠義の迷言と伝説【カレーのおかずに天丼】

関ジャニ∞の中でも屈指のイケメンとして知られる大倉忠義。そんな甘いマスクを持つ彼には、数々の伝説が存在していました。思わず「えっ!?」と驚いてしまうような迷言も!この記事では、そんな大倉忠義の不思議エピソードについてまとめました。これを読めば、さらに彼のことが好きになること間違いなし!?

Read Article

【大倉忠義】「クローバー」ってどんな映画?あらすじ・ストーリー・キャスト・主題歌・感想を徹底解説!【武井咲】

【大倉忠義】「クローバー」ってどんな映画?あらすじ・ストーリー・キャスト・主題歌・感想を徹底解説!【武井咲】

稚野鳥子原作の大人気少女漫画『クローバー』。職場恋愛を題材にしたこの物語は2014年に実写映画化され、主演を武井咲、相手役を関ジャニ∞の大倉忠義が務めたことで話題になりました。この記事では、そんな本作についてあらすじ・ストーリー・キャスト・主題歌などを感想を交えて解説していきます。まだ観ていない方はネタバレにご注意ください。

Read Article

【ゲスの極み乙女。】ドラマー「ほな・いこか」の可愛い画像まとめ

【ゲスの極み乙女。】ドラマー「ほな・いこか」の可愛い画像まとめ

4人組バンド「ゲスの極み乙女。」でドラマーとして活躍する「ほな・いこか」。バンド名のインパクトもさることながら、彼女の名前も関西地方の方言を彷彿とさせて面白いですよね。この記事では、そんな「ほな・いこか」の可愛い画像についてまとめました。普段の彼女とは少し違った一面を、とくとご覧あれ。

Read Article

関ジャニ∞大倉忠義が出演!24時間テレビのドラマ「はなちゃんのみそ汁」のあらすじ・ストーリー・キャスト・感想をネタバレ解説

関ジャニ∞大倉忠義が出演!24時間テレビのドラマ「はなちゃんのみそ汁」のあらすじ・ストーリー・キャスト・感想をネタバレ解説

1978年から続く長寿チャリティー番組の『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』。その中では実際の闘病記などをもとにしたドラマが放送されることが恒例となっており、2014年は『はなちゃんのみそ汁』が題材に。関ジャニ∞の大倉忠義が主演、芦田愛菜が娘の「はな」を演じたことで話題になりました。この記事では、ドラマのあらすじ・ストーリーやキャスト陣についてネタバレありきで紹介しています。

Read Article

大竹しのぶの紅白歌合戦での関ジャニ∞・大倉忠義や嵐・松本潤とのエピソード・裏話まとめ

大竹しのぶの紅白歌合戦での関ジャニ∞・大倉忠義や嵐・松本潤とのエピソード・裏話まとめ

2016年の『NHK紅白歌合戦』に出場した大竹しのぶ。過去に審査員やゲストとして同番組に出たことはあったものの、実は歌手として出場するのはこの時が初めてでした。その時のエピソードや裏話がいろいろあるようで、大竹しのぶ本人がTwitterにUPしています。その内容をこの記事でまとめました。関ジャニ∞の大倉忠義や嵐の松本潤の名前が出てきますよ!

Read Article

「マスカレード・ホテル」など話題作続々!年末年始に地上波初放送された映画一覧

「マスカレード・ホテル」など話題作続々!年末年始に地上波初放送された映画一覧

懐かしの名作や話題の邦画・洋画が連日放映される年末年始。今回は2019年の年末年始に地上波初放送された映画を紹介する。北川景子主演の「スマホを落としただけなのに」や木村拓哉主演の「マスカレード・ホテル」といった大ヒット作が放映され、SNSなどでも大きな盛り上がりを見せた。

Read Article

【爆笑】面白すぎる関ジャニ∞伝説をまとめてみた!【ジャニーズ】

【爆笑】面白すぎる関ジャニ∞伝説をまとめてみた!【ジャニーズ】

人気ジャニーズグループ関ジャニ∞の面白すぎる伝説をまとめました!ぜひ最後までご覧ください!関ジャニ∞は、日本の男性アイドルグループ、ロックバンドである。芸能事務所はジャニーズ事務所。所属レーベルは、ジェイ・ストーム内に設立した自主レーベル『INFINITY RECORDS』。公式ファンネームは『eighter』。

Read Article

【あつ森】関ジャニ∞を再現したマイデザインがすごい!【マイデザインIDまとめ】

【あつ森】関ジャニ∞を再現したマイデザインがすごい!【マイデザインIDまとめ】

大人気ゲームシリーズ「どうぶつの森」のニンテンドーSwitch専用ソフト『あつまれ どうぶつの森』では、服やタイルを自由にデザインして作る「マイデザイン」という機能があり、人気を博している。人気アイドルを再現したマイデザインは特に人気だ。Switchオンラインで公開されているマイデザインは自由に使うことができるので、大好きなアイドルと同じ衣装を身に着けることもできる。ここでは「関ジャニ∞」の衣装を再現したマイデザインを紹介する。

Read Article

【グループ内相関図が】「関ジャニ∞」のいちゃいちゃ画像特集!【カオス】

【グループ内相関図が】「関ジャニ∞」のいちゃいちゃ画像特集!【カオス】

歌にダンスにトークまで、様々な活躍でファンを魅了する関ジャニ∞。グループのメンバー同士の仲が良いことでも知られており、ファンの間では彼らの親し気な様子や付き合いの度合いを話題にして楽しむこともごく当たり前に行われている。 ここでは、そんな関ジャニ∞の“いちゃいちゃ”画像を紹介する。今回で第4弾となる人気アイドルの仲良し画像をぜひ楽しんでいただきたい。

Read Article

【銀魂】関ジャニ∞で実写化するなら?ファンの妄想まとめ

【銀魂】関ジャニ∞で実写化するなら?ファンの妄想まとめ

『銀魂』とは、攘夷戦争の英雄・坂田銀時の奔放な活躍を描いた、空知英秋によるSF時代劇コメディ漫画。 2017年、実写映画化が公開。人気のある作品だけに、「どんな俳優が誰の役を演じるのか」でファンは盛んに議論を交わした。ジャニーズアイドル『関ジャニ∞』のファンが夢想した、「『関ジャニ∞』で『銀魂』を実写化した場合の配役」について紹介する。

Read Article

【横山裕】仲良すぎ?関ジャニ∞のいちゃいちゃ画像集!【村上信五】

【横山裕】仲良すぎ?関ジャニ∞のいちゃいちゃ画像集!【村上信五】

2002年に結成され、多くのファンに支えられながら活動を続けてきた関ジャニ∞。個々のメンバーの魅力もさることながら、この手のアイドルユニットとしても特にメンバー同士の仲が良いことでも知られている。 ここでは、そんな関ジャニ∞のメンバーたちの親しげな様子を映した「いちゃいちゃ画像」を紹介する。

Read Article

関ジャニ∞のロケ現場なう!遭遇&目撃情報などのツイートまとめ

関ジャニ∞のロケ現場なう!遭遇&目撃情報などのツイートまとめ

ジャニーズ事務所の人気アイドル関ジャニ∞。彼らは関西出身なのでそちらでの知名度はやはりバツグンに高いですが、全国ネットのテレビ番組などへの出演を通して関西以外の地域でもすっかり有名になりました。この記事では、そんな関ジャニ∞のメンバーの遭遇&目撃情報などのツイートをまとめています。ネット社会はなんでもリアルタイムで情報を手にできる反面、デマも簡単に流れます。ツイートに惑わされないよう注意してくださいね。

Read Article

関ジャニ∞が7人になった経緯とその後をまとめてみた!

関ジャニ∞が7人になった経緯とその後をまとめてみた!

ジャニーズの人気グループ関ジャニ∞。多くの女性ファンに支えられ、アイドルとしてだけでなくバラエティ番組などでもマルチな活躍を見せている。 その関ジャニ∞が、かつては“関ジャニ8”という8人のグループだったことはあまり知られていない。関ジャニ∞がいかにして今の関ジャニ∞になっていったのか、その経緯と活躍を紹介する。

Read Article

歴代最低の視聴率!紅白歌合戦2015年の舞台裏まとめ【ももクロ落選!?】

歴代最低の視聴率!紅白歌合戦2015年の舞台裏まとめ【ももクロ落選!?】

水樹奈々やももクロなど、人気も実力も申し分ないアーティストが落選したことも話題となった2015年紅白歌合戦。前評判の悪さ通り、視聴率は史上最低を記録してしまいました。そんな評判の悪かった2015年紅白歌合戦の裏側をまとめました。司会者・出場者予想で盛り上がっていた頃から、当日の舞台裏まで、徹底的に紹介していきます。

Read Article

目次 - Contents