信長協奏曲(信コン)のネタバレ解説・考察まとめ

『信長協奏曲』は2009年から『ゲッサン』(小学館)で石井あゆみが連載中の歴史漫画であり、第57回小学館漫画賞少年向け部門を受賞した。2014年からはフジテレビ開局55周年プロジェクトとしてアニメ・実写ドラマ・実写映画化を果たしている。勉強が苦手な普通の高校生サブローが、川沿いで足を滑らせて戦国時代にタイムスリップしてしまうところから物語は始まる。そこで出会ったサブローに瓜二つの織田信長に頼まれて、身代わりとして乱世を生きていくことになってしまう。

柴田勝家(しばたかついえ)

出典: neoapo.com

CV:小山力也
ドラマ・映画:髙嶋政宏
織田家の筆頭家臣の一人。当初は信長の弟である信行についていたが、将の器の違いを感じて信長に忠誠を誓う。作中では恒興同様、サブローの近くにいることが多い。武勇の面でも家中では一目置かれており、四人の軍団長のうちの一人に選ばれている。家臣団の中では髭をたたえた渋い強面であるため、作者自身も「一番武将っぽい」とコメントしている。サブローからの信頼も厚く、「シバカツさん」と呼ばれている。

丹羽長秀(にわながひで)

出典: neoapo.com

CV:高橋伸也
ドラマ・映画:阪田マサノブ
織田家家臣で、四人の軍団長の内の一人。寡黙で表情が読めないが、冷静で視野が広く柔軟に物事にあたる。サブローからは重要な居城である安土城の築城を任された普請奉行でもあり、武勇よりは隊を率いて着実に計画を遂行していく行政力が買われている。

前田利家(まえだとしいえ)

出典: neoapo.com

CV:浅沼晋太郎
ドラマ・映画:藤ヶ谷太輔(Kis-My-Ft2)
織田家家臣で幼名は犬千代。若い頃から血気盛んで喧嘩っ早い性格。好敵手となる同じく織田家家臣の佐々成政との喧嘩中に、その元気の良さをデート中のサブローに買われて家臣となった。家臣団随一の長身で、力自慢。武勇に秀でており、戦場では自慢の長槍でサブローを守る。出会った頃の幼名である犬千代を気に入ったサブローに、元服してからもそう呼ばれるが本人は満更でもない様子である。呼ばれると「わん」と叫ぶことが多い。

ドラマでは、勝家の前に突然平伏して仕官する。

佐々成政(さっさなりまさ)

出典: neoapo.com

CV:三宅健太
ドラマ・映画:阿部進之介
織田家家臣の一人で、信条を曲げない男気ある真っ直ぐな性格。真面目で実直だがそのおかげで堅物な面もあり、やんちゃな利家とはよく喧嘩をしている。負けず嫌いな性格から、利家と張り合いながら織田家の中で頭角を表していく。

ドラマでは利家同様に勝家の前に平伏して仕官する。

竹中重治(たけなかしげはる)

出典: neoapo.com

CV: 櫻井孝宏
ドラマ・映画:藤木直人
織田家家臣の一人。通称は半兵衛。元は斉藤道三の孫、斉藤竜興に仕えていたが稲葉山城を乗っ取る。その後サブローに織田家へ来るよう言われるが、一度は断る。サブローの上洛後に弟の重矩とともに仕官して家臣となる。涼やかで儚げな美形であり、冷静沈着で物静かな性格。しかし時に大胆な発想と行動力でサブローを初め、あらゆる武将に一目置かれる軍師でもある。秀吉の裏切りやサブローと光秀の秘密にもいち早く勘付き、探りを入れていた。サブローには「半兵衛ちゃん」と呼ばれている。

ドラマでは斉藤家の間諜として織田家に潜り込む。しかしサブローの天下泰平の志を聞き、自身のかつての目標を思い出したことで自ら織田家へと加入する。秀吉の正体を光秀に告げるが、秀吉と繋がっていた光秀によって斬殺されてしまう。

竹中重矩(たけなかしげのり)

ドラマ・映画:上山竜治
織田家家臣の一人で、半兵衛の弟。姉川の戦いでは、浅井家筆頭の遠藤直経を討ち取ることでサブローの命を守る軍功をあげる。半兵衛とは違い、おしゃべりで明るい正直者。寡黙で背負うものの多い兄を心配し、気にかけていた優しい一面が作中には表れていた。兄の亡き後は秀吉の近くでその代わりをつとめ、光秀に秀吉の動向を伝えたりしている。

堀秀政(ほりひでまさ)

出典: neoapo.com

CV:石田彰
織田家家臣の一人。通称は久太郎。家臣随一の美形で、女性の扱いに慣れており度々「営業スマイル」で女中たちを虜にしている。信長の小姓として世話係や伝言を伝えたりなどなんでもそつなくこなす。森蘭丸をはじめとする小姓たちのお目付役でもあり、指導役として目を光らせている。物腰は柔らかいが隙がなく、サブローへの忠誠心も高い。サブローからは「キューちゃん」と呼ばれている。

細川藤孝(ほそかわふじたか)

ドラマ・映画:市川知宏(第7・9話 - 第10話)
足利義昭を信長上洛と繋げて将軍に就かせた人物。しかし義昭に将軍の器がないことを感じ、裏切って織田家に仕える。細川家の安泰のために動き、情に流されることのない冷静な男。自身にとって得な方につく強かさがあるため、サブローにも完全に心を許してはいない。光秀とは織田家に仕える前から親交があり、その素顔を知る唯一の人物であるがそれ以上は知らないため二人の秘密に興味を持っている。

森家

森可成(もりよしなり)

maki_lattem5
maki_lattem5
@maki_lattem5

Related Articles関連記事

『信長協奏曲』現代からタイムスリップしてしまったキャラクターとは

『信長協奏曲』現代からタイムスリップしてしまったキャラクターとは

『信長協奏曲』は、テレビアニメや実写ドラマ化、さらに実写映画化もされた大人気作品です。主人公・サブローは戦国時代へタイムスリップしてしまいましたが、その他にも数名同じ境遇の者がいるようで…? 今回は、現代から戦国時代へ来てしまったキャラクターをまとめてみました。

Read Article

【小栗旬】「信長協奏曲」ってどんな作品?実写ドラマ&映画のあらすじやキャストを徹底解説!【向井理】

【小栗旬】「信長協奏曲」ってどんな作品?実写ドラマ&映画のあらすじやキャストを徹底解説!【向井理】

2014年にドラマ化、2016年に映画化されて話題を集めた『信長協奏曲』。現代から戦国時代へとタイムスリップした主人公のサブローが織田信長として生きることになってしまうというストーリーを描いたこの作品は、放送初日の視聴率が15.8%という数字で好発進しました。この記事では、本作のあらすじやキャストについて、ネタバレありで徹底解説しています。まだ観ていない方は閲覧注意!

Read Article

月9初の時代劇ドラマ『信長協奏曲(信コン)』は主演・小栗旬&主題歌・Mr.Childrenなどいろいろ豪華だった!

月9初の時代劇ドラマ『信長協奏曲(信コン)』は主演・小栗旬&主題歌・Mr.Childrenなどいろいろ豪華だった!

小学館『ゲッサン』の人気漫画、石井あゆみの『信長協奏曲(のぶながコンツェルト)』、略して「信コン」は、主人公の男子高校生のサブローが戦国時代にタイムスリップ。いろいろあって、織田信長として生きていくことになるという物語。SFかと思いきやジャンルは歴史漫画だ。大人気を博した「信コン」は、2014年7月にTVアニメ化され、同年10月に実写ドラマ化される。そしてフジテレビ系の月9ドラマ初の時代劇ドラマとなった。主演は小栗旬で、主題歌はMr.Childrenという豪華な布陣に、当時世間の注目を集めた。

Read Article

月9ドラマ「信長協奏曲」のあらすじ・キャスト・ネタバレ・感想まとめ【小栗旬・藤ヶ谷太輔・山田孝之】

月9ドラマ「信長協奏曲」のあらすじ・キャスト・ネタバレ・感想まとめ【小栗旬・藤ヶ谷太輔・山田孝之】

2014年に放送された『信長協奏曲(のぶながコンツェルト)』。人気俳優の小栗旬が主演を務めたこと、そして月9枠では初の時代劇モノだったことから大きな話題になりました。この記事では、そんな本作のあらすじ・ストーリー、キャスト陣、感想などを解説していきます!まだドラマを観ていない方はネタバレに注意してくださいね。

Read Article

濱田岳の画像まとめ!「信長協奏曲」徳川家康役や「予告犯」ノビタ役でお馴染み!【HERO・アオイホノオ】

濱田岳の画像まとめ!「信長協奏曲」徳川家康役や「予告犯」ノビタ役でお馴染み!【HERO・アオイホノオ】

濱田岳(はまだがく)といえば、様々な役を演じ分けられる俳優として有名ですよね。身長は160cmと小柄ですが、そのバツグンの演技力で存在感を光らせてきました。この記事では、そんな彼が演じてきた役柄の画像をいろいろとまとめています。『信長協奏曲(のぶながコンツェルト)』では徳川家康役、『予告犯』ではノビタ役、他にもいろいろ出てますよー。あなたは彼のどの役が一番お好きですか?

Read Article

お市の方が信長協奏曲などのドラマに登場!水原希子や内田恭子が演じた女性の生涯まとめ

お市の方が信長協奏曲などのドラマに登場!水原希子や内田恭子が演じた女性の生涯まとめ

お市の方といえば、織田信長を兄に持つことで有名な女性ですよね。その立場もあってか、戦国時代を題材にしたドラマなどの作品には必ずといっていいほど登場しています。過去には、水原希子や内田恭子らがお市の方を演じてきました。そんな彼女の生涯を、この記事で簡単にまとめています。これを読めば、もっと作品が面白くなるかも!?

Read Article

目次 - Contents