BEAST COMPLEX(ビーコン)のネタバレ解説・考察まとめ

『BEAST COMPLEX(ビースト コンプレックス)』とは、擬人化した肉食獣と草食獣が織り成す社会模様を描いた、板垣巴留(いたがき ぱる)による漫画作品。
スマホなども存在する現代風の世界。そこでは二足歩行する能力と高い知性を持った動物たちが、文明的な生活を謳歌していた。それでいて彼らは獣としての本能を捨て切れず、肉食獣は隣人たる草食獣の肉を欲してやまず、潜在的にそれを理解している草食獣は肉食獣を恐れている。危うい均衡で成立する社会の中、苦悩しながらも歩み続ける獣たちを描いた短編集。

『BEAST COMPLEX』の概要

『BEAST COMPLEX(ビースト コンプレックス)』とは、擬人化した肉食獣と草食獣が織り成す社会模様を描いた、板垣巴留(いたがき ぱる)による漫画作品。
週刊少年チャンピオンの2016年14号から17号、同2017年39号、別冊少年チャンピオン2017年11号に掲載。その後世界観を共有する『BEASTARS』を挟み、2021年1月から再び週刊少年チャンピオンで短期集中連載された。ファンからは「ビーコン」と略されている。

板垣巴留にとってデビュー作であり、『マンガ大賞2018』で大賞を獲得した『BEASTARS』の事実上の前身作品である。その動物に対する深い知識と作者の瑞々しい感性が合わさり、ユニークかつ歪で残酷な社会と、その中で生きる獣たちの生々しくも暖かい交流を描いている。
断続的に描かれた短編集ながら本作は読者から高い評価を受け、新人漫画家だった板垣巴留は一躍注目される存在となり、後の躍進と成功に続いていった。

スマホなども存在する現代風の世界。そこでは二足歩行する能力と高い知性を持った動物たちが、文明的な生活を謳歌していた。それでいて彼らは獣としての本能を捨て切れず、肉食獣は隣人たる草食獣の肉を欲してやまず、潜在的にそれを理解している草食獣は肉食獣を恐れている。危うい均衡で成立する社会の中、獣たちは苦悩しながらも手と手を取り合い、自らの本能と生態に翻弄されながらも歩み寄っていく。

renote.net

『BEAST COMPLEX』のあらすじ・ストーリー

※本作の登場人物は全て擬人化した動物であるため、人数を数える場合は“匹”を用いる。本記事でもそれに準ずる。

第1話「ライオンとコウモリ」

教師に言われて様子を見に来たラウル(右)に、アズモ(左)は慄くような真実を告げる。

ライオンのラウルは、自身の種族に並みならぬ誇りを持つ男子学生。“百獣の王”の名にふさわしい完璧な優等生として振る舞い、周囲から称賛されることに愉悦を感じていた彼は、ある時教師から「引きこもりのコウモリのアズモの様子を見てきてほしい」と頼まれる。
これを引き受け、彼の家を訪れたラウルは、「外面を取り繕うことに汲々としている」とアズモに嘲笑されて激昂。牙を剥きだしにして掴みかかってきたラウルに、アズモはその牙も目も息遣いも経験済みだと、自分の両親が去年“ライオンに食い殺された”ことを打ち明ける。この衝撃的な一件が、アズモが不登校となるきっかけだったのである。

あまりの衝撃に、何も言えずにアズモの前から立ち去るラウル。あの時暴力に訴えようとした自分は、結局はアズモの両親を殺したライオンの犯罪者と何も変わらないのではないか。自分の目指していた“立派なライオン”とはそんな程度のものだったのか。悩んだあげく、ラウルは再びアズモの下を訪れて先日のことを詫びた上で、彼がいつでも学校に復帰できるよう一緒に勉強するようになる。
静かで奇妙な交流を重ね、二匹は友情を紡いでいく。ある日ラウルは、かつてアズモに掴みかかった際、自分の中に潜む凶暴さに慄いて震えていたことを打ち明ける。しかしアズモは、「震えていたのは自分の方だ」と言葉を返す。両親が死んでから何もかもどうでもよくなっていたはずなのに、あの時強烈に「生きたい」と願い、まだ自分の中にそんな気持ちが、未来を望む気持ちがあることに気付かされたという。

続けてアズモは、「今夜この街を出ていく」と唐突に言い出す。彼がどのような思いの中でその結論に達したのか察したラウルは、友との別れを言葉少なに受け入れ、アズモを静かに送り出すのだった。

第2話「トラとビーバー」

肉食獣と草食獣は、10歳以降から体格差が顕著になっていく。そのためとある全寮制の学校では、10歳になると肉食獣と草食獣を別々の寮に入れることとなっていた。トラのゴンは、そんな理由で幼馴染のビーバーのモグと別々に暮らすことになるのが我慢ならないでいた。
教師の目を盗んで一緒に遊んでいたゴンとモグは、上級生の肉食獣が草食獣の生徒をイジメている現場を目撃する。彼を助けようとしたゴンが証拠となる写真を撮影するも、肉食獣の上級生たちに気付かれてしまい、2匹は慌てて逃げ出す。

写真を奪おうとする肉食獣の上級生たちの追跡から逃れて、ゴンは並みならぬ気迫を発揮してモグを叱咤し、ギリギリで校長室へと逃げ込む。こうして上級生たちのイジメの件は学校側に知られることとなり、草食獣の生徒は救われる。
一方、モグは上級生から逃れる中でゴンが見せた迫力の中に、“肉食獣としての強さ”を感じ、同時にそれが自分の中にはないことも理解していた。やはり自分たちは違う生き物なのか、これ以上友達ではいられないのかと嘆くゴンに、モグは「それは全然悲しいことじゃない」と語りかけるのだった。

第3話「ラクダとオオカミ」

最後の仕事のはずだった記事を執筆していた夜、ガロム(1コマ目)は美しいメスオオカミ(2コマ目)に出会う。

ラクダのガロムは、自分の仕事に限界を感じていた。「草食獣の肉を食べたがる肉食獣の気持ちが知りたい」という一心で記者の仕事を続けてきたが、それが理解できるとっかかりも見つからないままもう10年。激務に疲れ果てた彼は、今の記事を自分の記者としての最後の仕事にしようと決めて喫茶店で作業を進めていた。
そんな彼の前に、白い毛並みをした美しいオオカミが現れる。アビーと名乗ったその若い女に心惹かれたガロムは、彼女に乞われるまま一夜限りのデートを楽しむ。その最後に、アビーは「あなたのことを食べたくなった」と言い出し、ガロムは驚きつつもこれを了承する。

さらに10年後、ガロムはまだ記者を続けていた。アビーとのデートの記憶は夢のように曖昧なものとなっていたが、「全部もらうのは悪いから」と言って彼女が食べていった失われた自分の小指が、あの夜の出来事は真実なのだと語っていた。
後輩の記者に「どうして会ったばかりのオオカミに指を食べさせたのか」と尋ねられたガロムは、「“食われたくない”なんて平凡な本能に従うには彼女は魅力的過ぎた」と答える。あの幻想のような思い出を胸に、ガロムは今日も仕事に励むのだった。

第4話「カンガルーとクロヒョウ」

とある郊外地域は最近すっかり治安が悪くなり、観光業が軒並み大きなダメージを受けていた。安ホテルの管理をしているカンガルーの男にとってもそれは深刻な問題で、近々開催される花火大会が状況を変えるきっかけになってくれればいいと同業者と愚痴り合うのが常となっていた。
そんなある日、ホテルにクロヒョウのメグという少女が大荷物を抱えてやってくる。どう見ても10代半ば程度にしか見えない彼女が1匹で宿を取ろうとしていることを訝しむカンガルーだったが、客も少ない今背に腹は代えられないとしてメグを受け入れる。

その後メグはホテルの部屋に籠ったままで、何かを待っているようだった。それでも暇なのかカンガルーにたびたび話しかけてくるようになり、男はメグが見た目通りの無邪気な少女でしかないことを理解していく。
しかしそんな中、郊外を荒らし回っていた“草食獣の肉の密売”を主な収入源とする犯罪組織が一斉逮捕されるというニュースが出回り、それを聞いて呆然とするメグを見て、カンガルーは彼女がその関係者であることに気付いてしまう。彼女の大荷物の中には、草食獣の肉が入っていたのだ。

護身用の拳銃を突きつけ、「草食獣を殺した連中の仲間だったのか」と詰問するカンガルー。恐怖に涙しながら「やりたくてやってるわけじゃない」と答えるメグ。その時、空に花火の光が広がり、それに見惚れるメグを見て、カンガルーは彼女が本当に無邪気な少女でしかないことを思い出し、なんらかの事情で運び屋をやらされているだけだと察する。
2度と犯罪に関わるな、次にこんなことをしたら殺す。そう言い含めて、カンガルーはメグを見逃す。律儀にお礼を告げてホテルを後にするメグを見送りながら、どうか来年も再来年も、無邪気に花火を見上げていた無邪気なままの君でいてほしいとカンガルーは願うのだった。

第5話「ワニとガゼル」

20年の長きに渡って放送されてきた料理番組「ハピハピクッキング」。しかし最近は視聴率の低迷に悩み、メインを張っていた料理獣の引退を機に大きくテコ入れされることとなった。そのために新たな呼ばれたのか、イリエワニで料理研究家のベニーである。今まで調理助手を努めていたガゼルのルナは、それが不満で仕方がない。
肉食獣は草食獣の肉を食べる。それはこの世界の公然の秘密であり、同時に絶対のタブーだった。しかしベニーはこのタブーに関する危ういジョークを平然と口にし、伝統ある番組の気品を守ろうとするルナの心を逆撫でする。

ついには面と向かって口論を始めるも、プロ根性を発揮した2匹の手は止まらない。そうやって完成した料理は、不思議なことにかつてないほど美味しいものになっていた。意図せずして始まったこの新しいスタイルは好評となり、ルナにとっては不本意ながら、彼女とベニーのコンビは売れっ子となっていくのだった。

第6話「キツネとカメレオン」

とある中学校に、キツネの少女とカメレオンの少年がいた。2匹はクラスメイトで、配布係として一緒に作業をする間柄だった。高校受験を控え、種族ごとに配布するプリントの量も増え、とんだ貧乏クジだとぼやくキツネの少女。そういうタイプでないことは知っているけど自分に押し付けてサボらないようにと彼女が釘を刺すと、カメレオンの少年は大丈夫だと応じる。
こうして2匹で作業している時、カメレオンの少年は擬態して透明になってしまう。普段教室で授業を受けている時は普通に姿を見せていることを知っているキツネの少女はそれが不思議で、配布係の仕事が終わった後に理由を尋ねる。カメレオンの少年はしどろもどろになりながら、「君に見られるのがなんだか恥ずかしい」と答える。

そのキツネ少女は、教室で同じキツネの生徒たちからイジメを受けていた。キツネには「気性が荒くやさぐれている」というイメージがあり、それに迎合しようとしない彼女は爪弾き者にされたあげく「攻撃してもいい存在」として認識されてしまったのである。
そこに“姿の見えない誰か”が割って入って彼女を救う。イジメっ子たちが退散していった後、姿を消したカメレオンの少年が自分を助けてくれたのだと彼女は悟る。好きな女の子を堂々と助けることもできない自分を卑下するカメレオンの少年に、キツネの少女は「あんたらしくてサイコー」だと捻くれたお礼を言うのだった。

第7話「ブタとクジャク」

クジャクのガーベラ(1コマ目)の美しさに、オイゲンは魅了される(2コマ目)。

「強さも弱さも美も醜も全て含めて、あらゆる生き物にはそれぞれの美しさがある」ことを信条とするブタのオイゲンは、死者の遺体を剥製にすることを生業としていた。そんな彼の店を、ある日ガーベラというクジャクの警官が来訪する。オイゲンの仕事は合法的なものではあったが、死体の扱いはグレーゾーンなところもあり、ガーベラは彼を見張るために店にやってきたのだった。ガーベラは死体を扱う剥製屋の仕事に対して、多少の偏見も交えたようなことを口にするも、オイゲンは彼の“生物としての美しさ”にただただ圧倒される。
あまりいい出会いではなかった2匹だが、後に一緒に飲みに出掛けるほどの仲となる。そんなある日、ガーベラは特に治安の悪い地域への異動が決まり、遠からずそこで自分は命を落とすことになると確信。美しい今の姿のまま、剥製にして永遠に残してほしいとオイゲンに頼み込む。

オイゲンはこれを承諾するも、約束の日に彼の店を訪れたガーベラの前に広がっていたのは、同じ“ガーベラ”の名を持つ花が店内を埋め尽くす様だった。オイゲンは異動祝いだと言ってこれをガーベラに贈り、「君にはドライフラワーではなく、手間のかかる生花でいてほしい」と伝える。それはつまり、ガーベラに“生きる望みを失わないでほしい”というオイゲンの願いだった。
花の美しさに圧倒され、自分の中にまだ何かを愛でる心が、“生きたい”という気持ちがあることに気付かされたガーベラは、苦笑しながらオイゲンの願いを受け入れる。大量の生花はガーベラの異動先で配られることとなり、そこに暮らす荒んだ獣たちの心に暖かなものを残すのだった。

第8話「シバイヌとシバイヌ」

YAMAKUZIRA
YAMAKUZIRA
@YAMAKUZIRA

目次 - Contents