王様ランキング(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『王様ランキング』とは、十日草輔によるファンタジー漫画である。
最初はweb漫画投稿サイト『マンガハック』で毎週土曜日に更新されていたところ、徐々にその人気が認められ、現在は様々なweb媒体で読むことが可能であり、KADOKAWA書店(ビームコミックス)より書籍化もされている。絵本のようなやさしいタッチが魅力の作品。
主人公の耳が聞こえず、話すこともできないボッジ王子と友人のカゲが『王様ランキング』で1位になることを目指して奮闘する物語である。

『王様ランキング』の概要

『王様ランキング』は、十日草輔による日本の漫画。漫画投稿サービス『マンガハック』にて2017年5月20日から毎週土曜日に更新されているのである。「みんなが選ぶTSUTAYAコミック大賞2019」6位。発行部数は30万部。
この作品は人を選ぶであろう画風である。絵本チックな絵に、登場人物の一人「デスパー」が美男という設定も普通の漫画からしたら首を傾げてしまうかもしれない。
あらすじは、耳の聞こえない非力な王子「ボッジ」と「カゲ」と呼ばれる不思議な生物の出会いから物語は始まり、だんだんと王子の謎や王様を取り巻く人物たちに関わっていくことになる。
主人公は耳が聞こえない上に木剣すらも持てないほど非力な存在だ。だが、それに負けないほどの大きな器も持っているのである。彼を取り巻く人々も一様に自分の信念を持っているのである。主人公ボッジ王子と友人のカゲはもちろん、ライバルにあたる第二王子の弟ダイダ、義母ヒリング、ボッスとミランジョ、そのキャラクターが織りなす物語がすべてつながっていく。王様ランキングとは一体何なのかその謎はまだ解き明かされない。

『王様ランキング』のあらすじ・ストーリー

しゃべれない王子と孤独なカゲ

しゃべれない王子ボッジ(上)と、暗殺者一族の生き残りの少年カゲ(下)。

一代で王国を築き上げたボッス王が死去し、次代の王を決めることとなる。候補は共にまだ幼い長男のボッジか次男のダイダのいずれかだが、ボッジは生来耳が聞こえずしゃべることもできないというハンデの持ち主だった。「ボッジに王の激務は務まらない、どこかでのんびり暮らしてくれればいい」との王妃ヒリングの配慮から、次代の王にはダイダが選ばれる。
王には選ばれなかったボッジだが、他人の痛みのために涙を流す優しい性格で、王宮内外の少なくない人々に恩義と敬意を抱かれていた。中でも暗殺者としての悪名を轟かせた「影の一族」の生き残りであるカゲはボッジの人柄に惚れ込み、「いついかなる時もボッジの味方になる」ことを誓う。

次代の王となったダイダだが、「ボッジを生かしておいてはあなたの王位も危うくなる」と魔法の鏡に唆され、兄を謀殺することを決意。王国の重臣たちがボッジ派とダイダ派で揺れる中、自分の派閥に就こうとした者に命じてボッジを谷底に突き落とさせる。
しかし密かに行動を共にしていたカゲにより、ボッジは命拾いする。王宮の中の誰が敵で誰が味方なのか分からない今、ボッジ自身が自分の身を守れる強さを手に入れるべきだと考えた2人は、冥府の国にいるという伝説の武術師範に会うための旅に出る。

王国に忍び寄る悪意

魔法の鏡の助言により王宮内での足場を固めていくダイダだが、「強くなれる秘薬」だと称するものを飲まされて、父であるボッスの魂に肉体を奪われてしまう。自身の魂だけがどことも知れぬ暗闇の中に閉じ込められたダイダは、自分が魔法の鏡に利用されていたことを悟り、ボッジたちへの罪悪感に苛まれる。同時に暗闇の中でミランジョという不思議な少女と出会い、凄惨な責め苦を負わされる彼女を見兼ね、これを助けようと足掻いていく。
息子の体を奪う形で復活したボッスだったが、これは彼にとっても予想外の事態だった。それでも自身の復活が魔法の鏡の暗躍によるものだと知ると何も言わずに受け入れ、再び王座に座る。ボッジは行方不明となり、ダイダまで奪われたヒリングは黙っていることができず、必ず息子たちを助けてみせると誓ってボッスと敵対する道を選ぶ。

その頃、ボッジはカゲと共に冥府の王デスハーと面会。彼の弟で、他人を教え導くことだけは抜群にうまい“伝説の武術師範”ことデスパーに師事し、王国の猛者たちすら軽く蹴散らすほどの実力を手に入れていた。修行を終え、王国に危機が迫っていることを知ったボッジは、それを救わんとカゲと共に故郷へ向けて出立する。
一方、デスハーは冥府に囚われていた重罪人たちが解放され、ボッス王国へ向かったことを知る。これがミランジョこと魔法の鏡の企てだと看破したデスハーは、冥府の兵士たちを従えてボッス王国に進軍。黒幕であるミランジョを殺し、逃げ出した重罪人たちを捕まえて、あわよくばそのままボッス王国を占領するのがその目的だった。

冥府軍の介入

オウケン(奥)と戦うボッジ。

まずはダイダを助けようと、部下と共にボッスに戦いを挑んだヒリングだが、魔法の鏡が使役する魔物の軍勢の前に追い詰められてしまう。ここにボッジが現れ、デスパーの下で鍛えた技でヒリングや彼女の部下たちを救う。自ら王国に乗り込んで片を付けるつもりだったデスハーだが、超常の力を持つ彼をしてもボッスには敵わないとのデスパーの助言を聞き入れ、方針を「ボッジとボッスを戦わせて漁夫の利を得る」ことに変更。デスパーと数人の部下だけを王国に向かわせて、自身はいったん引き上げていく。
一方、王国に入り込んだ冥府の重罪人たちは、それぞれが好き勝手に暴威を振るっていた。中でもすさまじい力を見せつけたのが、不死の力を持つ剣士オウケンである。彼はデスハーの末の弟で、かつては2人の兄と共に冥府のために力を尽くしたが、不死身の存在となったことで心が歪み、殺戮を楽しむ人の姿をした怪物と化してしまった。ボッジも、王国の猛者たちが束でかかってもミランジョに操られたオウケンを止めることはできず、戦禍は広がっていく。

同時に、謎に満ちたミランジョの正体が明らかとなっていく。彼女が生まれた国・ホウマは、全人類をその支配から解放するために神々との戦いを繰り広げていた。しかし同盟国の裏切りによってホウマは滅亡し、唯一の生き残りで当時まだ幼かったミランジョは見せしめとして嬲り物にされていた。彼女の一家と交流のあったボッスがこれを助け、共に旅をするようになり、ミランジョは次第にボッスへの依存と慕情を強くしていった。
そのボッスに“誰よりも強くなりたい”という夢があることを知ったミランジョは、どんな願いでも叶える魔神を探し出し、「寿命と自分の息子の力」を捧げることを条件として無敵の力を与える契約を取り付ける。ボッスにより強い力を与えるために、当時世界一強いとされた女性を彼の妻にあてがい、自身は死神と「死後自分の魂を冥府ではなく死神の所有物として捧げる」と契約して魔法の鏡に魂を移す。友人の遺した娘に、我が子のように大切にしていた女にそれほどの運命を背負わせていたことを後になって知ったボッスはミランジョに対して深い負い目を感じ、今なお「愛するボッスと共に旅を続けたい」と願う彼女の言いなりになっていたのだった。

内乱の終結と新たなる道

暴れ回るオウケンを止めたのは、いよいよ決着の時が来たと感じたボッスだった。不死の力でどんな傷も再生してしまうオウケンを「岩に埋め込む」という強引な方法で倒すと、今度はボッジたちの前に立ちはだかる。圧倒的な力を見せつけたボッスを、しかしボッジはあっさりと打ち倒す。オウケンとの相性が最悪だっただけで、ボッジの“技”はボッスの“力”を遥かに凌駕していたのである。
敗北を認めたボッスは、肉体をダイダに返して昇天していく。魔法の鏡を割られたミランジョは、死神との契約通り魂を奪われるも、ダイダとボッジがこれを助ける。この時同時に魔神が現れ、ボッスの魂を我が物にしようとするも、突如その首が落とされる。魔神はその程度では死なないが、これを奪って「返してほしければオウケンから不死の力を無くしてくれ」と要求するのが、今回の騒動を利用して果たそうとしていたデスハーとデスパーの真の計画だった。

しかし暗闇の中でミランジョの悲しい人生を垣間見て、“彼女を救いたい”との思いを抱くようになっていたダイダが割って入り、「ミランジョを生き返らせてほしい」と願う。魔神はこれを叶えて消え去り、デスハーたちは大いに慌てるも、「ミランジョを自分の妻にする。誰にも手出しはさせないが、罪は必ず償わせる」と言い張るダイダの前についには折れ、相応の賠償金を差し出すことを条件に引き下がる。
捕えられたオウケンは再びどこかへと逃走し、弟を救うことを諦められなかったデスハーは王としての立場を捨てて冥府の国を出立。ダイダはボッジに王位を譲り、王国は復興への道を歩み始める。そんな中、「自分のような日陰者が王様の隣にいるわけにはいかない」と考えたカゲは、ボッジには内緒にしたまま王国を去っていく。

しかし、無二の親友であるカゲを1人ぼっちにはさせられないと考えたボッジは、せっかく譲り受けた王位をダイダに返して出奔。呆れるカゲと共に、一緒に新たな冒険に旅立つのだった。

『王様ランキング』の登場人物・キャラクター

ボッジ

ボッス王国の第一王子。
両親共に巨人で力自慢でありながら、普通の子よりも小さく非力で剣すらまともに振るえない。
その上耳も聞こえず言葉も満足に発することができなボッジ王子。
彼は周囲の人間からは「王の器ではない」と思われている。
しかし、カゲという友人を得てから彼の物語は動き出す。
耳の聞こえない非力な王子の物語、こう聞くと何か特別な力があるようにも思える。
しかし本当に耳が聞こえない非力な存在なのだ。
ただしその分、目が良い。
相手の口の動きを読むことで読唇術をも会得している。
自分の劣っている部分を受け入れる器もある。
物語後半では、旅に出てデスパー(後述)という師にであい、自分の戦い方というものを会得する。
そうして作中でも屈指の実力者になり王国の危機に駆けつける。
最終的にボッスを乗っ取られたダイダに完勝してみせ、その強さを示す。

カゲ

見た目は目玉がついたカゲ。
手はあり動くこともできる。
実は絶滅した暗殺集団「影の一族」の生き残りである。
ボッジの言葉を唯一理解できる、そして初めての友達。
幼少時に一族を皆殺しにされて以来、卑屈になりコソ泥のような生活を送っていた。
盗みに入った所で偶然出会ったボッジを最初は騙し彼の衣服を手に入れてそれを売って金に変えていた。
だが、ボッジに興味を持ちその精神と器の大きさに触れたことで「どんな時も味方になる」と近い、友人になる。
とにかくボッジの第一の友人であろうとする、何をするにしても自分だけはボッジを応援すると心に決めている。

ダイダ

makie2
makie2
@makie2

Related Articles関連記事

ぼくの地球を守って(ぼく地球)のネタバレ解説・考察まとめ

ぼくの地球を守って(ぼく地球)のネタバレ解説・考察まとめ

『ぼくの地球を守って』とは日渡早紀により制作され、1986年から「花とゆめ」に連載された漫画作品である。コミックス全21巻、文庫版全12巻、愛蔵版全10巻が発刊された。1993年にはOVAが制作され全6巻となっている。物語は「輪廻転生」が大きな鍵となっている。前世で特殊な任務についていた男女7人が任務中に伝染病にかかり全員が命を落としてしまう。現世に転生したその7人が徐々に前世の記憶を思い出し、過去の自分と現代の自分との間で揺れ動き、それぞれの孤独や苦悩を解決していくSF漫画。

Read Article

精霊の守り人(守り人シリーズ)のネタバレ解説・考察まとめ

精霊の守り人(守り人シリーズ)のネタバレ解説・考察まとめ

『精霊の守り人』とは、上橋菜穂子原作の異世界のファンタジーである守り人シリーズのアニメ化作品。 2007年4月~9月にNHK-BS2の衛星アニメ劇場枠で全26話構成で放送された。 100年に一度卵を産む水の精霊に卵を産みつけられた新ヨゴ皇国の第二皇子チャグムとチャグムを守るよう母妃に託された女用心棒バルサ。皇子の命を狙うヨゴ皇国。卵を狙う異世界の生物。二人の過酷で困難に満ちた旅が始まる。

Read Article

劇場版 黒子のバスケ LAST GAME(黒子のバスケ EXTRA GAME)のネタバレ解説・考察まとめ

劇場版 黒子のバスケ LAST GAME(黒子のバスケ EXTRA GAME)のネタバレ解説・考察まとめ

『劇場版 黒子のバスケ LAST GAME』とは、黒子のバスケ原作者・藤巻忠俊が、その続編を描いた『黒子のバスケ EXTRA GAME』を映像化したものである。 また、映像化するにあたり、原作者自らが新エピソードを書き下ろした。 高校2年生になった黒子テツヤやキセキの世代のメンバーたちは、アメリカのチーム「Jabberwock」に挑むため、高校の垣根を超えたドリームチームを結成する。

Read Article

目次 - Contents