ぼくの地球を守って(ぼく地球)のネタバレ解説・考察まとめ

『ぼくの地球を守って』とは日渡早紀により制作され、1986年から「花とゆめ」に連載された漫画作品である。コミックス全21巻、文庫版全12巻、愛蔵版全10巻が発刊された。1993年にはOVAが制作され全6巻となっている。物語は「輪廻転生」が大きな鍵となっている。前世で特殊な任務についていた男女7人が任務中に伝染病にかかり全員が命を落としてしまう。現世に転生したその7人が徐々に前世の記憶を思い出し、過去の自分と現代の自分との間で揺れ動き、それぞれの孤独や苦悩を解決していくSF漫画。

星間戦争が激化し母星が消滅した事を知り月基地メンバーは憔悴する。そんな中、サージャリムに選ばれたキチェ=サージャリアンのモクレンに「何とかしてほしい。君ならなんとかできる」と詰め寄るギョクラン。モクレンは自分を1人の人間として対等に話をしてくれる人はいないと諦めかけていたが、シオンだけが「歌う気力もないよな」と対等な人間として接しモクレンは初めて不安を吐き出す事ができた。

すれ違う想い

京都修学旅行中に春彦のテレパスで覚醒を促され額にキチェスの印が現れるほど記憶を取り戻した亜梨子。亜梨子はモクレンはシオンに純潔をささげたのにも関わらず、額の印が消えなかったのはシオンに本当に愛されていなかったからだと誤解しショックを受ける。今までモクレンだった時のムーン・ドリームを見なかったのはその事実を改めて知るのが怖かったからだと涙を流し打ち明ける。

亜梨子の願い

全員のキィ・ワードを集め東京タワーに向かい最後までシオンに飲み込まれないよう輪を説得する亜梨子。シオンより生きてきた年数も短く、思い出の数も少ないかもしれないが輪の未来は輪のものである、なんにでもなれる未来があるそれをシオンに譲ってはいけないと訴える。輪と共に生きて行きたいと思う亜梨子の強い願いが込められている。春彦が田村に宛てた手紙にあった「過去は現在を憐れむためにあるものではない。未来は現在の埋め合わせのためにあるものでもない」という言葉が思い出される。

『ぼくの地球を守って』の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

制作のきっかけ

「ぼくの地球を守って」は、作者である日渡早紀が前作の制作で疲弊していた為「好きなものを全部ぶっ込んだ自分にとって癒しになる作品にしよう」という思いから作られた。

社会現象

一成がオカルト雑誌に投稿して前世の仲間集めをしたシーンがきっかけで、前世の仲間を探す為オカルト雑誌に投稿する若者が急増し作者の日渡早紀が「この作品はフィクションである」と声明を出した。

『ぼくの地球を守って』の主題歌・挿入歌

挿入歌 :森谷美月『Aria~紫苑と木蓮~』

ED(エンディングテーマ):SEIKA 『時の記憶』

ykitamas4
ykitamas4
@ykitamas4

Related Articles関連記事

精霊の守り人(守り人シリーズ)のネタバレ解説・考察まとめ

精霊の守り人(守り人シリーズ)のネタバレ解説・考察まとめ

『精霊の守り人』とは、上橋菜穂子原作の異世界のファンタジーである守り人シリーズのアニメ化作品。 2007年4月~9月にNHK-BS2の衛星アニメ劇場枠で全26話構成で放送された。 100年に一度卵を産む水の精霊に卵を産みつけられた新ヨゴ皇国の第二皇子チャグムとチャグムを守るよう母妃に託された女用心棒バルサ。皇子の命を狙うヨゴ皇国。卵を狙う異世界の生物。二人の過酷で困難に満ちた旅が始まる。

Read Article

劇場版 黒子のバスケ LAST GAME(黒子のバスケ EXTRA GAME)のネタバレ解説・考察まとめ

劇場版 黒子のバスケ LAST GAME(黒子のバスケ EXTRA GAME)のネタバレ解説・考察まとめ

『劇場版 黒子のバスケ LAST GAME』とは、黒子のバスケ原作者・藤巻忠俊が、その続編を描いた『黒子のバスケ EXTRA GAME』を映像化したものである。 また、映像化するにあたり、原作者自らが新エピソードを書き下ろした。 高校2年生になった黒子テツヤやキセキの世代のメンバーたちは、アメリカのチーム「Jabberwock」に挑むため、高校の垣根を超えたドリームチームを結成する。

Read Article

目次 - Contents