プラネット・ウィズ(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『プラネット・ウィズ』とは、「J.C.STAFF」製作のオリジナルアニメーション作品。2018年に放送。本作は漫画家「水上悟志」が書き下ろしたネームを元に製作されている。漫画版は水上悟志自らが描いている。主人公「黒井宗矢」は記憶喪失の状態で「先生」「黒井銀子」の二人と暮らしていた。ある日、街に「ネビュラウェポン」と呼ばれる謎の飛行物体が現れ、それをヒーロー7人が倒す。しかし宗矢は銀子にヒーロー達を倒すように言われるのであった。

『プラネット・ウィズ』の概要

『プラネット・ウィズ』とは、2018年に放送された「J.C.STAFF」製作のオリジナルアニメーション作品。
漫画家「水上悟志」が書き下ろした1074ページのネームを元に作られている。
水上悟志の初アニメ作品。
漫画版は水上悟志自らが描き、『ヤングキングアワーズ』で2018年6月から連載開始。
メカのデザインは「いづなよしつね」「上津康義」。
いづなよしつねは「トップをねらえ2!」のメカデザイン、アニメ「ガドカード」の原作を手がけている。

公式HPには水上悟志と、メカデザイン・いずなよしつね、漫画家・石黒正数、監督・吉浦康裕との対談が載せられている。
他にも水上悟志を詳しく紹介する記事や、キャストコメント、PV、小山力也がフィギュアで遊ぶ動画などが載せられている。
最終回直前の2018年9月22日には東京TOHOシネマズ六本木ヒルズで最終回先行上映が行われ、ゲストにキャスト陣、司会をアニメライター「小林治」が務めた。

主人公「黒井宗矢」は記憶を失い、ゴスロリ少女「黒井銀子」と猫のような姿をした「先生」と暮らしていた。
宗矢は通いはじめた学校で委員長の「高天原のぞみ」と出会い、授業中に謎の飛行物体「ネビュラウェポン」が世界各地に現れた。
そこに「グランドパラディン」と呼ばれる7人ヒーローが現れ、巨大なメカ「念動巨神装光」に変身してネビュラウェポンと闘う。
その様子を宗矢が見ていると銀子から電話があり、宗矢は7人のヒーローと戦うように言われる。
わけが分からない宗矢であるが、ヒーローの一人「虎居英雄」を倒し、変身する時に使う力の源と呼ばれる白い砂の入った小瓶を奪う。
小瓶を見た瞬間に宗矢は記憶が戻り、自分は地球人ではなく龍に滅ぼされた惑星「シリウス」のたった一人の生き残りであった事を思い出すのであった。
小瓶には龍の力が宿っており、宗矢は憎き龍の力を使って闘うヒーローたちとその司令官「竜造寺隆」と戦う事になる。
何故シリウスは滅ぼされたのか、先生や銀子は何なのか、ネビュラウェポンは何なのか、龍とは何なのかなどの伏線が少しずつ回収されていく、熱血王道ストーリー。

『プラネット・ウィズ』のあらすじ・ストーリー

ネビュラソルジャーとグランドパラディン

本作のメインキャラクター、記憶喪失の主人公「黒井宗矢」(中央)、ゴスロリ少女「黒井銀子」(右)、猫のような姿の「先生」(左)。

記憶喪失の高校生黒井宗矢(くろい そうや)は、姉の黒井銀子(くろい ぎんこ)、二足歩行する人間サイズの猫のような姿をした先生(せんせい)と一緒に暮らしていた。しかし突如出現したネビュラウェポンという謎の兵器が人類を攻撃してきた際、銀子から「グランドパラディンと戦ってほしい」と頼まれる。
グランドパラディンとは、国民安全管理局特殊防衛課の竜造寺隆(りゅうぞうじ たかし)が組織した、対ネビュラウェポンの特殊チームの名前だった。有無をも言わせぬ銀子に押し切られ、先生と念力合体してネビュラソルジャーという形態になってグランドパラディンの面々と戦う宗矢だったが、グランドパラディンが戦う際に使用する“力の源”が入った小瓶を見て、自身の記憶を取り戻す。

実は宗矢は地球人ではなく、シリウスという星に生まれた異星人だった。そのシリウスは“龍”と呼ばれる存在によって根こそぎ滅ぼされ、生命の存在しない星となっていた。グランドパラディンが使用していた“力の源”は、その龍を由来とする代物だったのである。
家族を、故郷を滅ぼした龍を激しく憎み、それを由来として戦うグランドパラディンたちを次々と打ち破っていく宗矢。一方、純粋な地球人たちで構成されたグランドパラディンの面々もまた、「ネビュラウェポンとはなんなのか、何も知らされないまま戦わされていていいのか」とそれぞれに悩み、ある者はチームを離れ、ある者は宗矢に手を貸すようになるなど、様々に動きを見せていく。宗矢の側もまた彼らに感化され、クラスの友人たちとの交流を重ね、次第にただ復讐のためだけでなく「地球を守るためにも、危険な龍の力は回収しなければならない」との思いを抱いていく。

龍との邂逅

龍と化した隆と戦う、宗矢のネビュラソルジャー(右)。

ネビュラウェポンは、宇宙を生きる様々な民たちの共同体ネビュラによって地球に送り込まれる兵器だった。彼らは戦争を繰り返す地球人類が悪しき種族へと進化することを懸念しており、ネビュラの中でも封印派と呼ばれる者たちを中心に、「これ以上人類が宇宙に進出しないよう地球に封印する」ことを目的に活動していた。一方、地球人類の行く末を決めつけるのはまだ早いとして封印処置に反対する穏健派と呼ばれる者たちも存在し、先生と銀子はそちらに属して行動を続けていた。
宗矢の故郷シリウスも、かつてはリエルという星を侵略しており、ネビュラ風にいえば「悪しき種族」だった。シリウスの民の所業に激怒した龍は、その圧倒的な力を振るってシリウスを滅亡させる。しかし力に力で対抗した彼もまた「悪しき種族」と見なされ、ネビュラによって時空の彼方に追放されることとなる。

先生と銀子が宗矢を連れて地球に来たのも、シリウスの民の全てが悪しき種族ではないと彼自身に証明させるためだった。彼らの行動とその意図を理解した封印派の筆頭たる閣下(かっか)は、そのような甘い考え方ではシリウスの悲劇を繰り返すだけだと言いつつ、宗矢たちのことを注視するようになる。
全てのグランドパラディンから“力の源”を回収した宗矢の前に現れたのは、龍とまったく同じ気配を放ち、まったく同じ思想を語る隆だった。強大無比の念力をまとって巨大なドラゴンの姿となる隆を相手に、宗矢は先生と共に奮闘。互いの念力が尽き、生身の戦いとなり、最後は「家族や故郷の復讐のためではなく、大切な友人たちを守るために、暴走するこの男をなんとしても倒さなければならない」との強い決意で決戦に臨んだ宗矢に軍配が上がる。力尽きた隆は、その場で灰となって崩れ落ちるのだった。

封印派との決戦

グランドパラディンという障害が消えたことで、閣下らネビュラ封印派は本格的に人類の封印を開始する。宗矢は「自分にはもう戦う理由は無い」と傍観を決め込もうとしていたが、そんな彼の前に死んだはずの兄が現れる。それは実際には兄ではなく、その姿を借りて現れたネビュラの上位存在こと「楽園の民」だった。彼から「龍はまだ月の裏側で生きている」と教えられ、復讐を果たし終えたつもりでいた宗矢は愕然とする。
かつてグランドパラディンに所属していた人々が代わりに戦うも、ついに封印派の攻撃で地球全土の人類が我欲や執着を失い、生きているだけの人形に等しい状態にされてしまう。楽園の民の助力で難を逃れた宗矢は、戦わなければならない時に戦おうとしなかったことを悔やみ、龍を倒すことを条件に楽園の民の力を借りる。楽園の民の強大なテレパス能力で世界中の人々と意識を共有した宗矢は彼らに必死で呼びかけ、封じられた我欲や執着を蘇らせることに成功する。

ここに至って、閣下は「宗矢たちが健在なままでは人類の完全な封印は不可能」と悟り、彼らに決着をつけようと提案。宗矢たちはこれを承諾し、絶海の孤島で正々堂々の決闘が繰り広げられる。
未熟な知的生命体が宇宙に進出することは危険だ、非情になって人類を封印するべきだと主張する閣下。他者を愛し、許すことこそネビュラの本懐であり、地球の人々もそのステージまで成長する可能性を秘めているとして人類の封印に断固反対する先生。地球の命運をかけた戦いとあれば黙っていられないと、かつて戦ったグランドパラディンの面々もここに駆けつける。

シリウスやリエルの悲劇を繰り返したくない一心で心を鬼にしていた閣下だったが、その実力と高潔さを誰よりも認める先生の「そのためにお前が手を汚さなくてもいいんだ」という言葉と、リエルの姫である銀子の「もう少し地球の人々のことを見守ってほしい」という願いに敗北を認める。封印派と穏健派の戦いは、こうして決着したのだった。

愛の進化種族

龍を倒すのではなく、救うために、宗矢たちは最後の戦いに臨む。

封印派と穏健派の決着から5年。月の裏側で休眠状態にあった龍が、ついに目覚める時がやってきた。5年かけてネビュラの者たちと様々に準備を進めていた宗矢は、龍に会いに行くために地球を出立する。その心にもはや龍への憎しみはなく、故郷を滅ぼされた自分だからこそ、彼に「許す」と伝えて手を差し伸べたいとの思いがあった。
先生や銀子と共に過ごした日々と戦いは、宗矢を“復讐に猛る少年”から“他者を愛し、その罪を許し、共に歩み続ける青年”へと成長させていた。それはネビュラの掲げる「愛の進化種族」という理想を、かつて彼らが危険視したシリウスの民が体現したことを意味していた。

グランドパラディンやネビュラの戦士たちと共に月の裏側へと向かった宗矢は、そこで復活した龍と再会。なおも「シリウスを滅ぼした自分の正義は間違っていない」と語る龍だったが、故郷を滅ぼした自分を「許す」というシリウスの民の宗矢、方法は正しくないにしても自分の星の民を救ってくれたことへの感謝を伝えるリエルの姫の銀子、そして2人が姉弟として互いを支えて想い合う様を見て言葉を失う。
「全ての物事に側面がある。愛をもって視点を変えれば…見ろ、宇宙は祝福に満ちている。龍よ、私は証明したぞ」と言って微笑む先生。龍は呆れつつも宗矢たちが真の意味で愛の進化種族であることを、かつて自分がシリウスを滅ぼしたことは過ちだったことを認める。妄執を捨てた龍は楽園の民の一員として迎え入れられることとなり、かつて“夢”という形で過ごした地球人としての日々を懐かしみながら去っていく。休眠していた頃の龍の強大な力の一部が、地球人類という形で顕現していたものこそが竜造寺隆であり、かつてグランドパラディンたちに与えた“力の源”の正体だったのだ。

龍の強大な力で亜空間に取り残されていた宗矢たちが脱出すると、そこは滅亡したはずのシリウスだった。荒涼とした大地に、しかし一輪の花が咲いているのを見て、宗矢は星に命が蘇ろうとしていることを知って涙する。
地球の仲間やネビュラのメンバーを乗せた宇宙船が迎えに現れる中、霊か幻か宗矢は生前の兄の姿を見る。「お帰り、大きくなったな」と語り掛ける兄に、宗矢は「お陰様で」と言葉を返して微笑むのだった。

『プラネット・ウィズ』の登場人物・キャラクター

主要人物

黒井 宗矢(くろい そうや)

CV:阿部敦

本作の主人公。
はじめは記憶喪失で、交通事故で昏睡状態になり両親も死亡、目覚めた後は先生と銀子が身元引受人になったということになっていた。
しかしグランドパラディンと戦う事になり、虎居の持っていた小瓶「力の源」を見た事で記憶が戻り、龍に対する復讐心を露にする。
宗矢は惑星シリウスに住んでいたシリウス人であった。
シリウスが惑星リエルに対して侵略行為をしたことにより、シリウスは龍によって滅ぼされてしまう。
宗矢は気絶した状態で一人生き残りシリウスに助けに来た先生と銀子によって保護され、記憶喪失の状態で目を覚ました。
記憶が戻った後は龍への復讐として、龍の力を使うグランドパラディンから小瓶を取り上げる活動をし、グランドパラディンの司令官の隆と闘う。
隆の正体が龍であったことで復讐をやり遂げ闘う理由がなくなるが、葉介が封印装置を使って行った集団意識喪失事件で先生・銀子・のぞみが巻き込まれ、自分が守りたい人を守るために闘うという意思を持つ。
この時楽園の民の協力で眠りについた地球人たちにメッセージを飛ばし、8割を目覚めさせる事に成功する。
夢から目覚めた人たちは宗矢を覚えていたため、「目覚めの使者」という呼び方をされた。
その後大学生となり、のぞみと交際しながらサイキック能力の才能を伸ばし、ネビュラと協力して龍を解放するための戦闘へ赴く。
シリウス人は成長速度が地球人とは異なり、宗矢は大学生になって急に身長が伸び、虎居の背を越す。
龍との決戦時、亜空間からの脱出に手間取る虎居たちを庇い、先生・銀子と共に亜空間に閉じ込められてしまう。
アズラバラクラ本体と会話した後、亜空間の出口を見つけ、惑星シリウスへ不時着し、助けに来た閣下やのぞみたちと再会した。
好物は肉。しかしリエル人が肉を食べないため、家で肉が出てくることは無く肉に飢えている。
下駄をカッコイイと思い、修行に下駄を使ったり、ここぞと言う所で下駄パンチで相手を倒す。
兄を尊敬しており、龍に復讐するのも兄を失ったのが大きく、同じく兄を失った葉介や、兄の立場である楽園の民に共感を示す。
性格はぶっきらぼうであるが優しく、他人の痛みや弱さに共感しながらも、自分の意思を貫く強さを持っている。
また、年齢相応に女体には興味を持っている。

先生(せんせい)

CV:小山力也

ネビュラに属する「きぐるみ族」と呼ばれる種族の一人。本名は「ラシャヴェラク」。
ネビュラの穏健派に属し、「混沌の黒の穏健派」と呼ばれている。
猫のような外見をしており、通常「うにゃ」というセリフしか言わず、銀子の通訳が必要になる。
宗矢・銀子と一緒に住んでいる。
家に飾ってある美少女フィギュアのパンツが気になっているが、銀子や宗矢の前では気になってないフリをしている。
宗矢と念力合体する事で「ネビュラソルジャー」に変身し、先生がロボのようになり中で宗矢が操縦する。
合体方法は先生が宗矢を背後から飲み込む。
ネビュラソルジャーとはグランドパラディン側がつけた名称で、正式名称は不明。
グランドパラディンたちの念動巨神装光と戦い、必殺技「ギガキャットハンマー」で打ち倒していく。
またワンカップに似た飲み物キャットドーピング「コスモマタンビZ」を使うと、翼が生えて空を飛んだり鋭利な爪を使えるようになって戦闘能力が上昇する。
その代わりに次の日、先生と宗矢双方が二日酔い状態になってしまう。
先生の外見をした巨大な猫型宇宙船と合体する事もでき、その場合は先生と銀子も操縦に参加できる。
必殺技もギガキャットハンマーからテラキャットハンマーに進化する。
ネビュラの一員としてシリウスに襲われるリエルを救いに行き銀子たちを救うが、それと入れ替えに龍がシリウスへ行きシリウスを滅ぼしてしまう。
その事を、事前に防げなかった自分の力不足だと捉え、罪滅ぼしとシリウス人でも愛や正義は芽生えるという龍への証明から宗矢を育てる。
結果宗矢は自分とは関係ない地球を救い、守りたい人たちのために闘う、愛を持った優しい人間に育った。
性格は生粋のヒーロー体質で、龍や閣下など自分と敵対したもの含め全てのものを救おうと思っている。

go-1153073611621474720257
go-1153073611621474720257
@go-1153073611621474720257

Related Articles関連記事

とある魔術の禁書目録(インデックス)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

とある魔術の禁書目録(インデックス)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

「とある魔術の禁書目録」は、鎌池和馬によって書かれたライトノベル作品。 科学によって超能力を発現する「能力開発」をカリキュラムに組み込んだ、大規模な教育機関「学園都市」。その街に住む高校生「上条当麻」のもとにある日現れたシスター「インデックス」を巡って、上条は魔術の世界に踏み込んでいく。オカルトと科学、相反する二つの世界を描くバトルアクションとして、深いストーリーや名言の評価が高い作品である。

Read Article

とある魔術の禁書目録(第1期)のネタバレ解説・考察まとめ

とある魔術の禁書目録(第1期)のネタバレ解説・考察まとめ

『とある魔術の禁書目録』とは、鎌池和馬のライトノベル『とある魔術の禁書目録』を原作とする、J.C.STAFF制作によるサイエンス・ファンタジーアニメ作品。第1期は、2008年10月から2009年3月まで放送された。第1期以降、2020年までには、第2期、第3期までが放送されている。『とある科学の超電磁砲』、『とある科学の一方通行』などと合わせて「とある」シリーズと呼ばれており、本作『とある魔術の禁書目録』はその中核的な位置づけの作品である。

Read Article

ウィッチクラフトワークス(Witch Craft Works)のネタバレ解説・考察まとめ

ウィッチクラフトワークス(Witch Craft Works)のネタバレ解説・考察まとめ

『ウィッチクラフトワークス(Witch Craft Works)』とは、講談社『good!アフタヌーン』に掲載されている水薙竜のファンタジー漫画、およびそれを原作とするアニメ作品。 とある普通の高校生(多華宮君)と全校生徒から姫様と敬愛される美少女クラスメートの魔女(火々里さん)を中心に多華宮君を巡って繰り広げられる魔女たちと多華宮君の物語である。

Read Article

探偵オペラ ミルキィホームズ(ゲーム・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

探偵オペラ ミルキィホームズ(ゲーム・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『探偵オペラ ミルキィホームズ』とは偵都ヨコハマを舞台にしたアニメで、探偵を目指す四人の少女を中心としたものである。ゲーム版『探偵オペラミルキィホームズ』を原作にしており、J.C.STAFFによって製作された。2010年10月から12月まで1期が、2012年1月から3月まで2期が放送された。2013年7月から9月から3期が、2015年1月から3月まで4期が放送された。

Read Article

NEW
惑星のさみだれ(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

惑星のさみだれ(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『惑星のさみだれ』とは、地球の未来を懸けた超常の戦いに巻き込まれた青年の葛藤と成長を描いた、水上悟志による漫画作品。水上にとっては2本目の長期連載作品であり、そのクオリティの高さから漫画家としての彼の評価を確固たるものとした出世作となった。 大学生の雨宮夕日は、ある日言葉をしゃべるトカゲから「世界を救う騎士」に選ばれたと告げられる。一笑に付す夕日だが、彼が守るべき姫と同じく騎士に選ばれた人々、そして倒すべき敵の存在を知って信じざるを得なくなる。戸惑い、困惑し、夕日は戦いの中で成長していく。

Read Article

殺戮の天使(第1話『Kill me... please.』)のあらすじと感想・考察まとめ

殺戮の天使(第1話『Kill me... please.』)のあらすじと感想・考察まとめ

見覚えのないビルの最下層で目を覚ました少女、レイチェル。わけもわからないまま、出口を求めてビルの中をさまよっていると、顔を包帯で覆い、大きな鎌を持った殺人鬼、ザックが現れる。 「3秒数えてやる。だからさぁ、逃げてみろよ!」 今回は「殺戮の天使」第1話『Kill me... please.』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents