動物のお医者さん(漫画・テレビ)のネタバレ解説・考察まとめ

『動物のお医者さん』とは佐々木倫子による日本の少女漫画。白泉社「花とゆめ」に連載された。獣医師を目指す西根公輝が北海道札幌市にあるH大学獣医学部で個性豊かな友人や教授、動物と関わりながら成長していくコメディ作品。主人公・ハムテルの飼い犬・チョビが話題を呼び、シベリアンハスキーブームを起こし、H大のモデル、北大獣医学部に志望者が殺到するなどの社会現象を起こした。2003年にテレビドラマ化された。

中川(なかがわ)

ハムテルや二階堂と同期の獣医学生。繁殖学講座所属。
坊ちゃん刈りのような髪型をしている。笑顔を絶やさない明るい性格だが、空気が読めないこともある。
漆原教授にガブリエルという名の猫をもらったが、ガブリエルが周囲の猫と馴染めないということでハムテルの家のミケに教育してもらおうとしたことがある。
卒業後は、九州F県のカンガルーワールドに勤務。学会で訪れたハムテルたちにカンガルーの糞掃除を手伝わせている。

嶋田 小夜(しまだ さよ)

ハムテルや二階堂の1期上の先輩。公衆衛生学講座所属。以前は漆原教授の病院学講座に所属していたが、漆原教授のガサツさに耐え切れず転属した。
普段は大人しいのだが、室内があまりに片付かず我慢の限界が来ると爆発して怒り出してしまうので、所属の菅原教授はビクビクしてしまう。
しかし、連日泊まり込みをしていた漆原教授が公衆衛生学講座の室内の水道で、体を洗うという事件が発生し、漆原教授よりは公衆衛生学講座の散らかり具合は全然マシだと気づいた小夜は、爆発を少し抑えるようになった。

小林(こばやし)

ハムテルの後輩の獣医学生。小林動物病院の一人息子。ハムテルと同じ病院講座に所属。
父親に強制されて獣医学部に入ったが、反発しており、元々の志望であったヴィジュアル系ミュージシャンのような格好で大学に通っていた。
普通の獣医学生は、おしゃれをしても見てくれるのは動物ばかりで、早々に化粧やおしゃれを諦めるのだが、小林だけは派手な髪色、髪型でポリシーを貫いていた。
動物には割と親切で「父親に職業を強制されたのが面白くないだけで、獣医師になることが嫌なわけじゃない」と気づいてからは、性格が丸くなり、服装も大人しくなってきた。
実習で、馬に赤い髪を毟られたことで動物不信に陥ったことがある。
赤いスポーツカーを持っている。

小泉(こいずみ)

ハムテルたちの後輩で病院講座に所属。小林とは学年が違うが幼馴染。
子供の頃、地獄の番犬のような犬に追い掛け回されて以来の犬嫌い。近くで見ていたものからすると、中型犬と追いかけっこをしているような微笑ましい光景だったという。
犬が苦手であることは、獣医師としては良くないと自覚しているので、周期的に犬嫌いを直そうとする克己心が湧き上がるらしく、大人しいチョビと繋がってみたり、狂犬病予防接種の助手などをして犬に慣れようと努力している。
ハムテルの犬ぞりチームの恐ろしい顔のハスキー犬、プチは、エサを与えるとお礼にプチの宝物をくれるらしいと聞いた漆原教授は、小泉を犬に慣らすため、その宝物をもって帰って来いと課題を出した。しかし実際には、宝物は見せるだけでくれるわけではなかった。この課題をこなすため、肉を持ってプチの所へ行った小泉は、お礼にと見せてくれた宝物をその手から奪って逃げてしまった。そのため、怒ったプチから追いかけられてしまい、犬嫌いに拍車がかかった。

星野(ほしの)

ハムテルや二階堂の1年先輩。獣医学部病院講座に所属。
漆原教授や高屋敷助教授が帰宅後に持ち込まれた急患に対処できず、ハムテルたちに処置を押し付け、自転車で手放し運転をし、両手で謝りながら逃げてしまった。
後に開業しているのだが、工事の遅れで開院が遅れ、繁忙期を逃し経営不信に陥っていると愚痴を言っていた。

菱沼 聖子(ひしぬま せいこ)

獣医学部公衆衛生学講座に所属する大学院生。博士課程を卒業するが就職が決まらなかったためオーバードクター(研究費を払って大学で研究を続けること)として大学に残った。
非常にマイペース、常人よりも動作や話す速度が遅い。早く話そうとすればできるのだが、頭の回転が追いつかないため、やはり遅くなってしまう。菱沼の吹き出しは遅さを表現して細かい波線で書かれている。
研究中、貴重な大腸菌を発見したことがあり、商品化したこともある非常に運の強い女性。
体温計に表示されないほど体温が低く、痛覚が非常に鈍い。盲腸で入院した時には局所麻酔だったため意識を失わず、「退屈だったから」という理由でライトに映った自分の手術をずっと見ていた。その後に自分の腸を乱雑に扱ったとして担当医師に文句を言っている。
怒ると静電気を発生する特異体質があり、PCを扱う学生から恐れられた。
オーバードクターの時に、丸大製薬という会社に就職が決まり、勤め始めたのだが、研究も並行して行っているためちょくちょく大学に現れる。

綾小路(あやのこうじ)

獣医学部伝染病学講座の博士課程の大学院生で、菱沼の同期。人よりもトロい菱沼が有用な発見を2度もしたことを快く思わず、何かとちょっかいを出す。
公衆衛生学講座の吸光光度計の真下にヒヨコが置かれ、計器の中にヒヨコの毛が入り込み計器が壊れたことがある。これは綾小路の仕業として、菱沼は綾小路に抗議をしたのだが、完璧に論破されてしまった。
トロい喋り方を「口にハエがとまるんじゃないの?」と綾小路に揶揄された菱沼は「失礼ね!アタシだってはやく喋ろうと思えば喋れるのよッ」と言い返したのだが、その後の言葉が続かない。「口は動くんだけど頭の考えるのが追いつかない」と菱沼は発言し、綾小路は「こんな頭にハエのとまったような人に私は負けたのかしら」と悔しがっていた。
家がお金持ちのため就職はせず、オーバードクターとして大学に残っている。

張(ちょう)

中国人の公衆衛生学講座の国費留学生。中国語と英語しか話せなかったが、同じ講座の菱沼が日本語でしか会話しなかったため、日本語で話せるようになった。しかし、敬語の使い方はおかしく、「お前のおかげさまで話せるようになったよ」と菱沼に言ったり、「ラットさんのお子さん」と言ったりしてしまう。
ドイツ語とフランス語も堪能。

神矢(かみや)

元公衆衛生学講座に所属していた乳酸機飲料メーカーに勤める社会人。菱沼の同期。
乳酸菌飲料メーカーの人事として後輩を勧誘しに来た時に、菅原教授から「菱沼をどうにか入社させろ」と言われ、推薦したことがある。内定寸前まで話は纏まりそうだったのだが、仕事内容が、一定の期間一定の量の乳酸菌飲料を飲み、体にいいことを証明する、というもので、菱沼の特異体質だったら証明できるかも、という理由で採用されると聞いた菱沼が怒り出し、就職を断ってしまった。
神矢も会社の上司と反りが合わず、会社を辞め公衆衛生学講座に戻ることになった。以前はそうでもなかったのだが、会社でのトラウマかいつも暗い雰囲気を醸し出している。
菱沼と同時期に外国の獣医学専門誌に論文を提出したのだが、論文審査を申し込む前置きの手紙が無かったことがとても失礼であると主査の怒りを買って、論文を返されてしまった。
菱沼も同じように、手紙を添えず論文のみを提出したのだが、チェックが入ったものが送られてきたため、チェック部分を修正して再提出となっている。

漆原 信(うるしはら まこと)

ma_2486c7
ma_2486c7
@ma_2486c7

Related Articles関連記事

アイアムアヒーロー(I Am a Hero)のネタバレ解説・考察まとめ

アイアムアヒーロー(I Am a Hero)のネタバレ解説・考察まとめ

『アイアムアヒーロー』とは2009年から『ビッグコミックスピリッツ』で連載されていた、花沢健吾による日本のSFホラー漫画である。謎の感染症が世界中で流行り、ほとんどの人間がゾンビになっていく。そのゾンビと戦い、感染から逃れる数少ない人間は、引きこもりやニートといった社会に劣等感を抱いていた者たちが中心となっている。この漫画に出てくるヒーローたちは、人間臭いリアリティーのあるヒーローだというのも見所のひとつ。

Read Article

ブラッディ・マンデイ(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

ブラッディ・マンデイ(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ブラッディ・マンデイ』とは龍門諒の漫画作品を原作とした三浦春馬主演の連続テレビドラマ。2008年に放送され、2010年にはシーズン2も始まり大きな話題となった。2020年に発表された「三浦春馬が最強にかっこよかった作品ランキング」では1位を取得するほどの人気作品である。 天才ハッカー高木藤丸(たかぎふじまる)が家族や友達、日本をウイルステロから救うために持ち前のハッキング技術を活かしてテロ組織に立ち向かう。豪華俳優陣が描くヒューマン・ビジネスサスペンスである。

Read Article

君と世界が終わる日に(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

君と世界が終わる日に(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『君と世界が終わる日に』とは、2021年1月から3月まで日本テレビでドラマ放送された、竹内涼真主演のゾンビサバイバルドラマである。物語は主人公の間宮響が恋人の小笠原来美を探しながら、生存者たちと一緒にウイルスに感染した人間のゴーレムと戦い、ゴーレムのいない安全な場所を目指して旅するストーリーである。人間を襲うゴーレムを倒しながら、生存者たちの仲間の絆が深まっていき、みんなで助かろうと一生懸命に生きる姿を見られるドラマ。主人公の間宮響の諦めの悪い性格や襲ってくるゴーレムとの闘いも見どころのひとつ。

Read Article

【はたらく細胞】小説・漫画・ビジネス書などの「忘れられない名言・一節」が刺さる件【動物のお医者さん】

【はたらく細胞】小説・漫画・ビジネス書などの「忘れられない名言・一節」が刺さる件【動物のお医者さん】

小説や漫画、ビジネス書など、世の中には大量の書籍が溢れ返っています。それらを読んでみた時、心にグッと刺さる名言・名セリフや一節に出会った方もいらっしゃるのではないでしょうか。この記事では、主にTwitterに挙がっているものの中からみんなの忘れられない名言・名セリフ・一節についてまとめました。もしかしたら、その中にあなたの人生を変えるフレーズがあるかもしれません。

Read Article

【アイアムアヒーロー】グロい・エグい・おもしろい…三拍子揃ったオススメ漫画!【アポカリプスの砦】

【アイアムアヒーロー】グロい・エグい・おもしろい…三拍子揃ったオススメ漫画!【アポカリプスの砦】

衝撃的な展開で読者の度肝を抜くのは、昔から娯楽作品の定番の手法である。そしてその過激な描写がちゃんと物語のおもしろさと直結している作品こそは、世間から傑作や名作という評価を受けるようになる。 ここでは、そんなグロさ・エグさ・おもしろさを兼ね備えたマンガやアニメを紹介する。

Read Article

【アイアムアヒーロー】ハマること間違いなし!おすすめのゾンビ映画・ドラマまとめ【ウォーキング・デッド】

【アイアムアヒーロー】ハマること間違いなし!おすすめのゾンビ映画・ドラマまとめ【ウォーキング・デッド】

日本にゾンビ映画旋風を巻き起こした「アイアムアヒーロー」や、全世界で大ヒットした海外ドラマ「ウォーキング・デッド」など話題となったゾンビ作品全10作品をまとめました。作品のあらすじや見どころを、ファンの声を交えながらどんどん紹介していきます!

Read Article

【モンキーピーク】パニックホラー漫画まとめ!怖いくても読まずにはいられない作品を紹介【アイアムアヒーロー】

【モンキーピーク】パニックホラー漫画まとめ!怖いくても読まずにはいられない作品を紹介【アイアムアヒーロー】

名作といわれているパニックホラー漫画をまとめました。製薬会社の社員に巻き起こる惨劇を描いた『モンキーピーク』や、実写映画化もされた『アイアムアヒーロー』などを掲載。各作品のあらすじや見どころ、読者の感想を紹介していきます。

Read Article

メイプル超合金が映画『アイアムアヒーロー』で大泉洋と共演し話題に!迫力満点なゾンビ役

メイプル超合金が映画『アイアムアヒーロー』で大泉洋と共演し話題に!迫力満点なゾンビ役

本記事ではお笑いコンビ「メイプル超合金」の安藤なつとカズレーザーが、映画『アイアムアヒーロー』にゾンビ役として出演し、話題となっていた件をまとめて紹介している。メイプル超合金は結成後すぐに『アイアムアヒーロー』のオーディションを受けて2人で合格し、コンビで出演を果たした。主演を務めた大泉洋は『M-1グランプリ』で大ブレイクしたメイプル超合金の活躍ぶりに対し、「驚いた」とコメントを残している。

Read Article

目次 - Contents