動物のお医者さん(漫画・テレビ)のネタバレ解説・考察まとめ

『動物のお医者さん』とは佐々木倫子による日本の少女漫画。白泉社「花とゆめ」に連載された。獣医師を目指す西根公輝が北海道札幌市にあるH大学獣医学部で個性豊かな友人や教授、動物と関わりながら成長していくコメディ作品。主人公・ハムテルの飼い犬・チョビが話題を呼び、シベリアンハスキーブームを起こし、H大のモデル、北大獣医学部に志望者が殺到するなどの社会現象を起こした。2003年にテレビドラマ化された。

H大獣医学部病院学講座の教授。H大付属家畜病院の病院長。
知人の床下で生まれたシベリアンハスキーの仔犬を引き取り、大学内で育て、貰い手を探していたのだが、チョビだけは引き取り手が見つからず、仕方なく自分で飼うことを決意。しかし直後にチョビが行方不明になり探していると、良い飼い主になりそうな高校生・ハムテルと出会った。ハムテルに「君は獣医になる」と予言をし、ハムテルにチョビを押し付けた。
アフリカがとにかく好きで、教授の部屋はアフリカのアートで溢れている。これは以前アフリカに赴任していた時に現地のドクターと賭けをして手に入れたものが多い。しかし、勝率は高くなく、漆原が負けた場合には赴任先の借家の家電製品などを渡していた。
ガサツで常識はずれな行動が多く、学生からは「破壊の神様みたいな人」「教授が困ると周囲はその10倍困る」と言われている。しかし、気合と集中力が必要な治療は得意で、周囲からも一目置かれている。
激務を苦にしない漆原は、牛の出産のため連日大学に泊まり込んだりしている。
楽しいことが大好きなため、ハムテルが挑戦していた犬ぞりレースに参加したり、大学の屋上に水をまき、スケートリンクを作製し階下で国家試験に向けて勉強中の学生がいるにも関わらずシャーシャーと滑る騒音をまき散らした。

美人の奥さんと2人の娘が居る。しるこドリンクが大好きで、寒い時にはストーブの上で温めよく飲んでいるが、一度爆発させたことがある。

菅原(すがわら)

画像左が菅原教授

H大学獣医学部公衆衛生学講座の教授。イギリス紳士風な風貌を持つ温厚で上品な教授。とにかく馬が好き。菅原教授の前でうっかり馬の悪口を言った学生は単位を貰えず留年し、その後退学になり結婚に失敗してその後の人生にケチがついてまわったという伝説があるほど。
講座の学生たちから几帳面な性格をしていると思われていたが、転属してきた嶋田小夜が度を越して几帳面で綺麗好きだったため、ずぼらな学生の分まで菅原教授が小夜に怒られてしまい繊細な神経を持つ菅原はだいぶ参っている。
漆原とは学生の頃からの腐れ縁の親友。公衆衛生が専門のため、臨床からは長く遠ざかっており、手術や注射のような治療は苦手。
既婚者で、気の強い妻の尻に敷かれている。シャーリーという名のポインター犬を飼っている。

高屋敷 一郎(たかやしき いちろう)

H大学獣医学部病院学講座の助教授。女性一般を大変苦手としている。身なりが派手な学生には厳しい言葉をかける。同じ講座の漆原教授に振り回されることが多い。常識的な人物。
口下手なため、娘が飼っていたスナネズミが死亡した時に「解剖して死因を調べてあげる」と娘に言い、口を聞いてもらえなくなった。そのため娘のご機嫌を取るために、ハムテルからスナネズミを譲り受けている。

ブッチャー

流暢な日本語を話す外国人男性。趣味で犬ぞりレースをやっている。H大学構内でチョビをスカウトし、若いハムテルをマッシャー(犬ぞりの操縦者)に任命した。ハムテルたちは、本場アラスカでウン十年も犬ぞりレースをやっていたプロだと思っていたのだが、実は日本に住んでウン十年で、犬ぞりのキャリアはやっと1年くらい。昨年軽い気持ちで出た犬ぞりレースで予想外の好成績を収めたことで犬ぞりにのめり込んだ。

加藤 百合子(かとう ゆりこ)旧姓:鬼丸(おにまる) / ユリちゃん

H大学付属家畜病院に飼い猫すみっこを連れてくる女性。穏やかで優しげな風貌をしている高齢の女性。病院の待合室で他の飼い主と症状について話したりしているが、その読みは鋭く、先生よりも当たると評判になっていた。
学生たちは漆原が加藤さんを苦手に思っていると感じており、どうしたら無神経な漆原に勝てるか分析し、加藤さんの持つ「無心」が漆原の弱点ではないかと突き止めた。
実は加藤さんは漆原や菅原が大学時代の薬理学の助教授で、穏やかな雰囲気と名字が変わっていたことで、漆原や菅原はかつての恩師だと気付かなかったのだ。当時の加藤さん(鬼丸百合子助教授)の授業は「ユリちゃんの薬理」と呼ばれ難しくて厳しくて有名だった。怒ると黒板を投げつけるほど厳しい人だったが、漆原が解剖の肉を盗んで焼肉をした時も、焼きイモでボヤを出した時も、学校の馬にソリをひかせて金儲けをした時も退学からかばってくれた優しい一面も持つ。これらの経緯から漆原は鬼丸先生だと気づく前からなんとなく嫌な感じがして、頭が上がらないのだ。
この過去を知った学生たちは「どうして退学にしてくれなかったんです!」と加藤さんに詰め寄っていたが、加藤さんは「ホホホホホホ」と笑って流していた。

磯貝(いそがい)

M大学獣医学部教授。かつて磯貝教授の弁当を漆原教授が間違って食べてしまったことからいがみ合いが始まった。同じような研究をしているため、競争意識はあるのだろうが、結局のところ相性が悪い。学会では磯貝教授の弟子だと知らずに漆原は嫌がらせのようにベルをチンチンと鳴らしてしまい、乱闘騒ぎにまで発展した。

二階堂 里穂(にかいどう りほ)

二階堂の従妹で九州在住の高校3年生。大学を2校受験したが不合格になり、どこか遠いところへ行きたいと考えた時、親戚である二階堂が北海道で獣医になったと思い出し、H大で獣医を目指すと思いついた。
二階堂いわく、羊を指して「プードル」という程、「獣医に向いていない片鱗を見せていた」ようだ。要領が悪く、試験会場の近くにあったクラーク像もポプラ並木も見つけられず、吹雪の中迷い、行き倒れているところを二階堂やハムテルに助けられた。
里穂は、二階堂と待ち合わせて獣医学部を見学しようとしていたのだが、二階堂を見つけられなかったため、仕方なく自分で獣医学部を探し、一通り見学をした。しかし、行き倒れて目が覚めた際に、自分が見学したところが獣医学部ではなかったこと、牛糞の匂いから思わず避けたところが本物の獣医学部だったこと、倒れているところを犬に牛糞を引っ付けられたこと、その犬は獣医学部の犬であることなど、真実を知った。
その真実に嫌気がさし、「こげん大学受からんでよか!!」と叫び、浪人することになった。里穂の宣言は合格発表より前だったのでかろうじて負け惜しみとはならなかった。

先々代の西町家畜診療所院長

ハムテルの自宅の近所にある動物病院の院長。当時は牛馬専門の家畜の病院だった。若い頃の西根タカが下痢気味だった愛犬コロを連れて来院した時には、仕方なく受付、検査のためにコロの尿を持ってくるように指示した。一回分の尿でで良かったところを、一日分の尿を大変な苦労をしてタカは採取したのだが、匂いを嗅いだだけで漢方の大黄が原因と判断し、大した検査もせずに捨てられてしまったタカはショックを受け、「飼い主の心の機微がわからないじいさん」として逆恨みをしている。
また、「もう治っとる」と言われ、何の収穫もなく出てくるのがくやしかったという理由でコロの爪を切ってもらい、コロの爪から血が出てしまった。

西町家畜診療所院長

先々代の院長の孫。容貌は先々代の院長ととても良く似ている。ハムテル開業のためにはライバルとなりうる西町家畜診療所の偵察をしようと、タカはチョビを連れて訪れた。チョビにみかんを食べさせ、便にみかんが混ざった物を持っていき、黄色のつぶつぶが動いた、と嘘をつき、院長の反応を確かめたのだが、院長は的確に黄色の粒がみかんであることや、動いたというのは勘違いであることを見破った。治療したわけではないのでお代はいらないという恩情会計、清潔な設備と的確な診断、医者としては信頼できるのだが、持ってきたチョビの便や、ミケが休日にした異常な便(異様な外見だが、実は消化不良の冷麦がそのまま出てきたもの)を処分せずに持ち帰らさせたため、デリカシーがないと言われている。
後継がおらず、困っていたため漆原教授に相談すると、二階堂を紹介されたのだが、二階堂が齧歯類を苦手としていると知り、後継の話は無くなった。まだ幼いひ孫が獣医師に興味を持っているが、その際には新しい器具を揃えてやりたいとして、古い器具は自分が働きたいだけ働いたら、近所で開業予定のハムテルに譲ると約束した。

倉嶋(くらしま)

漆原教授の大学時代の後輩。ハムテルの研修先として紹介された倉嶋動物病院の院長。部屋が片付いていて服装がきちんとしていて誠実そうな人という第一印象をハムテルは持った。さらに、治療費が高いと言われれば月賦でいいと提案し、専門用語は飼い主に分かりやすいように噛み砕いて説明する。就業時間が終わっても急患なら受け入れるという柔軟性を持っている。何よりも頼れる感じがとてもいいとハムテルは憧れを持った。
しかし、ハムテルの研修は午後からで午前中は来なくていいと言われていることが気になり、その謎を解明しようと予約を午前中に入れてみようとしたのだが、常連からは午前中は避けたほうがいいと言われてしまい謎が深まった。試しにミケを連れて日曜の午前中に病院を訪れたところ、「うおおおお」という雄叫びとゴンゴンという音が聞こえ、額から血を流しながら笑顔で現れた倉嶋を見て驚愕した。実は倉嶋は朝が弱くぼーっとして不機嫌になってしまったりする、昼夜で能力差があるのだ。低血圧は女性に多いため、ハムテルに知られるのが恥ずかしいとして午後からの勤務にしていたのだが、知られてしまったためフルタイムの勤務となった。

狂犬病の予防接種では、元気な犬は注射の痛さのあまり吠えかかったりするので、飛びすさって躱していたのだが、疲れがたまってきた時に犬に飛びかかられ狂犬病予防の注射が自身の手の甲に刺さってしまい人医(人間の医者)のところへ行くことになった。そのため、狂犬病の予防接種はハムテルたちに任されることになった。

シーザー

ブッチャーさんの飼い犬。オスのハスキー犬。犬ぞりレースのリーダーを務めている。非常にやる気があり常に「オレはやるぜオレはやるぜ」と張り切るので、チームの犬の士気が高まっている。落ち着きがなく、レース前は特に興奮して吠えまくるため、体力を消耗してしまう。

ma_2486c7
ma_2486c7
@ma_2486c7

Related Articles関連記事

アイアムアヒーロー(I Am a Hero)のネタバレ解説・考察まとめ

アイアムアヒーロー(I Am a Hero)のネタバレ解説・考察まとめ

『アイアムアヒーロー』とは2009年から『ビッグコミックスピリッツ』で連載されていた、花沢健吾による日本のSFホラー漫画である。謎の感染症が世界中で流行り、ほとんどの人間がゾンビになっていく。そのゾンビと戦い、感染から逃れる数少ない人間は、引きこもりやニートといった社会に劣等感を抱いていた者たちが中心となっている。この漫画に出てくるヒーローたちは、人間臭いリアリティーのあるヒーローだというのも見所のひとつ。

Read Article

ブラッディ・マンデイ(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

ブラッディ・マンデイ(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ブラッディ・マンデイ』とは龍門諒の漫画作品を原作とした三浦春馬主演の連続テレビドラマ。2008年に放送され、2010年にはシーズン2も始まり大きな話題となった。2020年に発表された「三浦春馬が最強にかっこよかった作品ランキング」では1位を取得するほどの人気作品である。 天才ハッカー高木藤丸(たかぎふじまる)が家族や友達、日本をウイルステロから救うために持ち前のハッキング技術を活かしてテロ組織に立ち向かう。豪華俳優陣が描くヒューマン・ビジネスサスペンスである。

Read Article

君と世界が終わる日に(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

君と世界が終わる日に(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『君と世界が終わる日に』とは、2021年1月から3月まで日本テレビでドラマ放送された、竹内涼真主演のゾンビサバイバルドラマである。物語は主人公の間宮響が恋人の小笠原来美を探しながら、生存者たちと一緒にウイルスに感染した人間のゴーレムと戦い、ゴーレムのいない安全な場所を目指して旅するストーリーである。人間を襲うゴーレムを倒しながら、生存者たちの仲間の絆が深まっていき、みんなで助かろうと一生懸命に生きる姿を見られるドラマ。主人公の間宮響の諦めの悪い性格や襲ってくるゴーレムとの闘いも見どころのひとつ。

Read Article

【はたらく細胞】小説・漫画・ビジネス書などの「忘れられない名言・一節」が刺さる件【動物のお医者さん】

【はたらく細胞】小説・漫画・ビジネス書などの「忘れられない名言・一節」が刺さる件【動物のお医者さん】

小説や漫画、ビジネス書など、世の中には大量の書籍が溢れ返っています。それらを読んでみた時、心にグッと刺さる名言・名セリフや一節に出会った方もいらっしゃるのではないでしょうか。この記事では、主にTwitterに挙がっているものの中からみんなの忘れられない名言・名セリフ・一節についてまとめました。もしかしたら、その中にあなたの人生を変えるフレーズがあるかもしれません。

Read Article

【アイアムアヒーロー】グロい・エグい・おもしろい…三拍子揃ったオススメ漫画!【アポカリプスの砦】

【アイアムアヒーロー】グロい・エグい・おもしろい…三拍子揃ったオススメ漫画!【アポカリプスの砦】

衝撃的な展開で読者の度肝を抜くのは、昔から娯楽作品の定番の手法である。そしてその過激な描写がちゃんと物語のおもしろさと直結している作品こそは、世間から傑作や名作という評価を受けるようになる。 ここでは、そんなグロさ・エグさ・おもしろさを兼ね備えたマンガやアニメを紹介する。

Read Article

【アイアムアヒーロー】ハマること間違いなし!おすすめのゾンビ映画・ドラマまとめ【ウォーキング・デッド】

【アイアムアヒーロー】ハマること間違いなし!おすすめのゾンビ映画・ドラマまとめ【ウォーキング・デッド】

日本にゾンビ映画旋風を巻き起こした「アイアムアヒーロー」や、全世界で大ヒットした海外ドラマ「ウォーキング・デッド」など話題となったゾンビ作品全10作品をまとめました。作品のあらすじや見どころを、ファンの声を交えながらどんどん紹介していきます!

Read Article

【モンキーピーク】パニックホラー漫画まとめ!怖いくても読まずにはいられない作品を紹介【アイアムアヒーロー】

【モンキーピーク】パニックホラー漫画まとめ!怖いくても読まずにはいられない作品を紹介【アイアムアヒーロー】

名作といわれているパニックホラー漫画をまとめました。製薬会社の社員に巻き起こる惨劇を描いた『モンキーピーク』や、実写映画化もされた『アイアムアヒーロー』などを掲載。各作品のあらすじや見どころ、読者の感想を紹介していきます。

Read Article

メイプル超合金が映画『アイアムアヒーロー』で大泉洋と共演し話題に!迫力満点なゾンビ役

メイプル超合金が映画『アイアムアヒーロー』で大泉洋と共演し話題に!迫力満点なゾンビ役

本記事ではお笑いコンビ「メイプル超合金」の安藤なつとカズレーザーが、映画『アイアムアヒーロー』にゾンビ役として出演し、話題となっていた件をまとめて紹介している。メイプル超合金は結成後すぐに『アイアムアヒーロー』のオーディションを受けて2人で合格し、コンビで出演を果たした。主演を務めた大泉洋は『M-1グランプリ』で大ブレイクしたメイプル超合金の活躍ぶりに対し、「驚いた」とコメントを残している。

Read Article

目次 - Contents