レモン・アーヴィン(マッシュル-MASHLE-)の徹底解説・考察まとめ

レモン・アーヴィンとは漫画『マッシュル-MASHLE-』に登場するキャラクターであり、「イーストン魔法学校」の編入試験を経て入学した「アドラ寮」の学生である。経済的に豊かではない家庭に生まれ、家族の為に名門であるイーストン校への入学を目指した。マッシュの事が気に食わない試験教官に取引を持ち掛けられ、「迷路の試練」でマッシュの足止めを行う。しかし途中でマッシュに逃げられたうえ魔物に襲われ、諦めかけたところを戻ってきたマッシュに救われた。以来マッシュに惚れ込み度々マッシュにアプローチしている。

レモン・アーヴィンの概要

レモン・アーヴィンとは漫画『マッシュル-MASHLE-』に登場するキャラクターであり、編入試験を経て「イーストン魔法学校」に入学した「アドラ寮」所属の女子生徒である。裕福ではない家庭に生まれ育ったため、家族の為に名門のイーストン校への入学を目指した。気に食わないマッシュを不合格にさせようと企んだ試験監督教官のクロード・ルッチから、「迷路の試験でマッシュを足止めすれば合格にしてやる」と取引を持ち掛けられ、迷路の試験で強引にマッシュに同行した。しかし途中でマッシュに逃げられてしまい、制限時間ギリギリのところで迷路に配された魔物に襲われる。マッシュを騙した罰だとして攻撃を覚悟したレモンだが、戻ってきたマッシュに救われて迷路を突破しゴールした。

編入試験での出来事がきっかけでマッシュに一目惚れしたレモンは、以降「マッシュの嫁」を宣言し、彼に猛烈なアプローチを仕掛けている。マッシュはレモンのアプローチは「重い」と感じつつも、献身的なレモンの事を大切に思っている節がある。マッシュが「魔法不全者」だと判明して大勢に詰め寄られた際は、石を投げられて怪我をするのも厭わずマッシュの存在を全肯定した。

レモン・アーヴィンのプロフィール・人物像

誕生日:7月7日
痣の数:1本
所属:アドラ寮
身長:162センチメートル
体重:いちご3個分
CV:上田麗奈

金髪のセミロングに赤いリボンをつけている美少女。編入試験の際にマッシュに助けられて一目惚れし、以降「マッシュの嫁」を名乗ってはマッシュに猛アプローチを仕掛けている。自他ともに認める「重い」性格をしており、ストーカー気質がある。基本誰に対しても敬語で丁寧に話している。

レモン・アーヴィンの能力

固有魔法

レビオス・カフス

両手足を拘束する魔法。並外れた筋力を持つマッシュには通じず、あっという間に枷を壊されて逃げられた。

レモン・アーヴィンの来歴・活躍

迷路の試練

「イーストン魔法学校」編入試験では「迷路の試練」が行われていた。試験監督のクロード・ルッチはめちゃくちゃな方法で強引に編入試験を突破していたマッシュ・バーンデッドが気に食わず、マッシュを不合格にするため様々な妨害の罠を仕掛けていた。
マッシュが迷路の中に入って間もなく、金髪・セミロングの美少女レモン・アーヴィンが「一緒に行きませんか?」と声をかけてくる。マッシュは不思議がったがレモンはやや強引に「二人で協力してまわれば効率的です」と説得してマッシュに同行した。
「協力」と言っていたレモンだが、迷路内に仕掛けられた罠に悉くはまっていきマッシュは大幅に時間を取られてしまう。レモンを見捨てて迷路を抜けようとしたマッシュだが、突如レモンから拘束魔法「レビオス・カフス」を掛けられてしまった。「ずっと騙していてごめんなさい。諸事情によりゴールさせるわけにはいきません」とマッシュに告げたレモンだが、マッシュは軽々と拘束を解きゴールへ向かって逃げ出してしまった。

呆然とするレモンのもとに「迷路の番人」が姿を現し、クイズを仕掛けてくる。気が動転していたレモンは答えられず怪我をしてしまうが、「キノコ頭さんを騙していた罰」だと観念して、攻撃を受け入れようとした。しかし突如先に行っていたはずのマッシュが戻ってきてレモンを救出する。なぜ助けてくれたのかと問いかけるレモンに対し、マッシュは「君の諸事情が(家族と平和に暮らしたい)僕みたいのだったら可哀そうだと思って」と返した。
マッシュは怪我をしているレモンを負ぶって厚さ1メートルの迷路の壁をパンチでぶち壊し、制限時間ギリギリでゴールに到着する。
「ズルだ」と騒ぐ生徒の前でレモンは「ルッチ先生に彼を妨害すれば合格させてやると持ち掛けられた」「自分は貧乏な家庭の出身で、家の為にイーストンに入りたかった」と事情を説明した。秘密を暴露され始めは狼狽えていたルッチだったが最後は開き直りレモンとマッシュを不合格にしようとしたが、直後現れたウォールバーグ校長に止められ、最終的にレモンは無事合格してマッシュと同じ「アドラ寮」に配属された。

「迷路の試練」でマッシュに助けられたレモンはマッシュに一目惚れしており、以降猛烈なアプローチを仕掛けていた。怪我をしていた自分を負ぶっていくと行ったマッシュに対しレモンは「私(精神的に)重いですよ」と遠慮したが、マッシュは「僕は(物理的に)重いとか気にしないけど」と答えており、思い込みが激しくストーカー気質のレモンはその答えをプロポーズだと受け取ったのである。

七魔牙の罠

「神覚者」を目指しているマッシュは選抜試験に参加するために必要なコインを順調に獲得していたが、「レアン寮」の中枢を担う「七魔牙(マギア・ルプス)」に目をつけられてしまう。レモンはマッシュを心配し、彼が大好きなシュークリームを模した手作りのぬいぐるみをプレゼントして「あんまり無茶しないでくださいね」と言葉を掛けたのである。
しかしレモンは敵の手に落ちて操り人形にされてしまい、消灯時間の杉田夜の廊下を怪しげに浮遊して姿を消してしまった。「七魔牙」のアジトを捜索していたマッシュ、フィン、ドット、ランスはレモンの後を追いかけると隠された地下への扉を見つける。マッシュはレモンがくれたぬいぐるみを見つめると「ごめん、約束守れそうにないや」と呟き、仲間と共にアジトへと突入した。

マッシュは「七魔牙」のNo.2の実力を持つアビス・レイザーを撃破し、レモンを操り人形にした張本人のアベル・ウォーカーと対峙する。壮絶な戦いの末にアベルに勝利したマッシュは、レモンやそれ以外に人形にされていた生徒たちの解放に成功する。一件落着かと思われたその時、魔法界一の犯罪者集団「無邪気な深淵(イノセント・ゼロ)」の手下であるセル・ウォーが現れて戦闘になる。アベルやアビスの助力もあって撃退に成功したが、この戦いの最中マッシュが魔法が使えないことが周囲の人間にばれてしまったのだった。

緊急会議に掛けられたマッシュは大多数の「神覚者」達の意見により死刑となりかけるが、「マッシュがイノセント・ゼロ」に狙われている事が発覚する。ウォールバーグ校長やフィンの兄であるレイン・エイムズの嘆願などもあり、マッシュの処遇は「神覚者に選ばれるまでは保留、失敗したら即死刑」として猶予期間を得ることができた。
しかし「魔法不全者」を神覚者候補として擁立したイーストン校の前には、最終選抜を前に大勢の人々が詰めかけマッシュを断罪しようと大騒ぎを起こす。レモンはいきり立つ集団の前で、石を投げつけられても「マッシュくんが理不尽な理由で処罰されるというのなら私も一緒に罰を受けます」と堂々と宣言したのだった。
ウォールバーグの出現により混乱は収まったが、マッシュはこれまで以上に神覚者になるという目標を達成することを固く誓った。

無邪気な深淵との闘い

神覚者選抜試験最後の戦いは「イーストン魔法学校」と「ヴァルキス魔学校」による争いだった。「はじまりの杖」という膨大な魔力を持った杖を獲得した者が神覚者に選ばれることになっており、マッシュはランス、ドットのほか、助太刀に入ったマーガレット・マカロン、アベル、アビスと協力し次々強敵を撃破していく。
ついに「はじまりの杖」のもとに辿りついたマッシュだったが、襲撃してきた「イノセント・ゼロ」によって杖が奪われてしまう。「イノセント・ゼロ」は次の日食の日に再襲撃を仕掛けることを予告して退き、マッシュたちは各々修行を行うこととなった。

マッシュは普段封印されているリストバンドを解放して猛烈な戦いを行った影響により、極度の筋肉疲労で動けなくなってしまう。神覚者の1人であるライオ・グランツは、かつてウォールバーグやイノセント・ゼロと共に魔法の修行を行っていた魔術師メリアドールに、マッシュの治療と修業を依頼する。
しっぽとりやゴーレムによる戦闘訓練をこなしたマッシュは直接メリアドールと格闘修行を行うが、極度の疲労によって死の危機にさらされてしまったのである。メリアドールは体力を回復させるぜんまいを巻き続けなければマッシュは死んでしまうと説明し、マッシュを復活させるために必死でぜんまいを撒く。
しかし「イノセント・ゼロ」の脅威によって恐慌状態に陥った国民は、「マッシュを差し出せば命を助けてやる」という言葉に踊らされ、暴徒化してメリアドールの治療院に押しかけたのだった。

メリアドールが騒動を鎮圧化させるためにその場を離れ、ぜんまいを巻く役目はメリアドールの弟子のオチョアに託される。しかし軽々とまわしていたように見えたぜんまいは非常に重く、びくともしなかった。焦るオチョアのもとに現れたレモンは、オチョアと共に懸命にぜんまいを巻く。そこへ助っ人として現れた神覚者カルド・ゲヘナも加わり、みんなの想いが次々と奇跡を呼び起こしてとうとうマッシュは死の淵から生還することができた。

レモン・アーヴィンの関連人物・キャラクター

マッシュ・バーンデッド

マッシュ・バーンデッドとは魔法が使えることが前提の魔法界において、一切の魔力を持たずに誕生した青年である。養父のレグロ・バーンデッドが「自衛のため」化した筋力トレーニングを毎日こなしたために人並外れた筋力と身体能力を保持している。
「魔法不全者」は処刑されるのが魔法界のルールであるが、魔法警察のブラッド・コールマンは「マッシュが神覚者に選ばれれば魔法が使えない事を黙っていてやる」と取引を持ち帰る。レグロと平和に暮らすためにマッシュは取引を受け入れ、名門「イーストン魔法学校」への入学を目指した。

編入試験では筋肉と身体能力による力業を魔法だとごまかして何とか試験を突破していく。しかしマッシュのめちゃくちゃな態度が気に食わない試験監督のクロード・ルッチは、最終試験の迷路でマッシュを失格にするべく様々な罠を仕掛けていたのだった。
レモン・アーヴィンはルッチに依頼されてマッシュを足止めするも、常識はずれの筋力を持つマッシュに逃げられてしまい、足止めに失敗する。更に焦っているところを試練の魔物に襲われ、レモンは「キノコ頭さんを騙した罰だ」と受け入れようとした。しかし戻ってきたマッシュはレモンを救出し、ゴールまで連れていく。そのことがきっかけでレモンはマッシュに一目惚れし、以降「マッシュの嫁」を自称してマッシュたちに関わるようになった。

マッシュはレモンのアプローチに引き気味ではあるが、献身的なレモンに何か思うところがあるような表情ものぞかせている。

renote.net

mtm
mtm
@mtm

Related Articles関連記事

マッシュル-MASHLE-(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

マッシュル-MASHLE-(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『マッシュル-MASHLE-』とは甲本一(こうもとはじめ)によって2020年から『週刊少年ジャンプ』で連載された、ファンタジー漫画及びそれを基にしたアニメ作品である。日常的に魔法が使われる世界で唯一魔法が使えない主人公マッシュが、ひょんなきっかけからイーストン魔法学校に入学し、魔法を使わずに鍛え上げた筋肉で強引に問題を解決していく様を描いている。魔法が使えないにも関わらず、魔法を使っていると錯覚させるコメディ要素が見どころ。

Read Article

マッシュル-MASHLE-の魔法まとめ

マッシュル-MASHLE-の魔法まとめ

『マッシュル-MASHLE-』とは2020年に甲本一によって描かれた、魔法界を舞台にしたギャグファンタジー漫画。主人公のマッシュ・バーンデッドは、魔法がすべての世界において一切の魔力を持たない。育ての親であるレグロと平和に暮らすために「神覚者」を目指してイーストン魔法学校に入学したマッシュは、鍛え上げられた筋肉を使って次々ライバルたちを退けていく。しかしやがて魔法界一の犯罪者集団「無邪気な深淵」にその身を狙われてしまうのだった。本記事では作中に登場した魔法についてまとめて紹介する。

Read Article

フィン・エイムズ(マッシュル-MASHLE-)の徹底解説・考察まとめ

フィン・エイムズ(マッシュル-MASHLE-)の徹底解説・考察まとめ

フィン・エイムズとは漫画『マッシュル-MASHLE-』に登場するキャラクターであり、イーストン魔法学校の内部進学生である。編入試験を突破したマッシュと同部屋になり、魔法学校での生活や「神覚者」になるための条件などをマッシュに教えた。気が弱いフィンは魔法局とのコネを持つ生徒に逆らえずマッシュに嫌がらせを行っていたが、罪悪感に苛まれて嫌がらせ行為を行うことを断る。報復として嫌がらせ首謀者に殴られているところをマッシュに助けられ、以降は親友としてマッシュの事を支えている。

Read Article

ランス・クラウン(マッシュル-MASHLE-)の徹底解説・考察まとめ

ランス・クラウン(マッシュル-MASHLE-)の徹底解説・考察まとめ

ランス・クラウンとは漫画『マッシュル-MASHLE-』に登場するキャラクターであり、イーストン魔法学校の編入試験をトップの成績で通過した優秀な学生である。「アドラ寮」所属。魔力が消えていく難病を患った妹の為に神覚者になることを目指している。他人の為に行動するマッシュを「甘い」と感じて勝負を仕掛けたこともあったが元来は面倒見のいい人物であり、戦いの後は勉強や戦いなど様々な面でマッシュたちに協力するようになった。10万人に1人の割合で出現する2線魔導士。

Read Article

ドット・バレット(マッシュル-MASHLE-)の徹底解説・考察まとめ

ドット・バレット(マッシュル-MASHLE-)の徹底解説・考察まとめ

ドット・バレットとは漫画『マッシュル-MASHLE-』に登場するキャラクターであり、イーストン魔法学校の「アドラ寮」に所属している学生である。「モテる男が死ぬほど嫌い」と公言しており、イケメンのランス・クラウンとはお互いそりが合わない。合同授業の際マッシュと共にトラブルに巻き込まれ重傷を負ったが、マッシュによって救われた。以降は「腐れ縁の友人」としてマッシュたちと行動を共にしている。

Read Article

マッシュ・バーンデッド(マッシュル-MASHLE-)の徹底解説・考察まとめ

マッシュ・バーンデッド(マッシュル-MASHLE-)の徹底解説・考察まとめ

マッシュ・バーンデッドとは漫画『マッシュル-MASHLE-』の主人公であり、「魔法を使えることが前提」である魔法界において一切の魔力を持たずに誕生した青年である。養父のレグロ・バーンデッドから「自衛のため」に命じられた筋トレのおかげで凄まじい筋力を保持しており、魔法の代わりに筋肉と身体能力を駆使した力業で、敵の魔法使いたちの強力な技を次々と破っている。家族や仲間達に対する思いは深く、彼らが侮辱されると激しい怒りをあらわにし、苛烈な攻撃で相手を制裁する。

Read Article

岡崎体育のTwitterはフォロワー55万人超え!ツイートが面白すぎて腹筋崩壊な件

岡崎体育のTwitterはフォロワー55万人超え!ツイートが面白すぎて腹筋崩壊な件

岡崎体育といえば、独特な音楽センスが話題のアーティスト!2018年には俳優としてもデビューを果たしましたよね。そんな彼のツイートが面白すぎるとして話題になっているので、この記事でまとめました。変にウケを狙ってる感じじゃなくて、本当に自然体なツイートです。でも、この飾らない言葉が面白いんですよね。

Read Article

【岡崎体育】紅白落選組の便乗アピールがジワジワ来る件!もう出してくれない…?【ゴールデンボンバー】

【岡崎体育】紅白落選組の便乗アピールがジワジワ来る件!もう出してくれない…?【ゴールデンボンバー】

多くの歌手・アーティストにとって、『NHK紅白歌合戦』への出場は悲願ともいえる出来事。とはいえ、出たい人全員が出られるわけではなく、落選してしまう人も…。でも、落ち込んでばかりもいられません!なんとしても爪跡を残すべく、紅白にちなんだ便乗アピールをしている人がいるので、この記事でまとめました。ゴールデンボンバーが新アルバム『もう紅白に出してくれない』をリリースしたり、岡崎体育がTwitterのアカウント名を「岡崎体育@紅白落選」にしたり。ジワジワ来る面白さで話題になってるみたいですよ!

Read Article

目次 - Contents