推しが武道館いってくれたら死ぬ(推し武道)のネタバレ解説・考察まとめ

『推しが武道館いってくれたら死ぬ』とは、平尾アウリによる漫画作品で略称は「推し武道」。『月刊COMICリュウ』(徳間書店)にて、2015年8月号より連載を開始した。女性地下アイドルグループたちと、その彼女たちを応援するファン・アイドルオタクたちとの様子や生き様を軽やかに描いたコメディ作品。2017年には「このマンガがすごい!2017」オトコ編第12位、第3回「次にくるマンガ大賞」コミックス部門第11位にランクインした。アニメ化やドラマ化などのメディア展開もなされている。

『推しが武道館いってくれたら死ぬ(推し武道)』の概要

アニメで描かれた地下アイドルグループ「ChamJam(ちゃむじゃむ)」の「市井舞奈(いちいまいな)」

『推しが武道館いってくれたら死ぬ』とは平尾アウリによる漫画作品で略称は「推し武道」。『月刊COMICリュウ』(徳間書店)にて、2015年8月号より連載を開始した。2022年10月時点で単行本は1巻から9巻出版されている。岡山県を中心に活躍する地下アイドルグループ「ChamJam(ちゃむじゃむ)」とその「ChamJam」を応援し追いかけるファン(アイドルオタク)たちの様子と生き様を描いているアイドル応援コメディ作品。2017年には「このマンガがすごい!2017」オトコ編第12位となり第3回「次にくるマンガ大賞」コミックス部門では第11位にランクインした。漫画の絵のタッチは可愛らしく描かれている。ほんのりとした百合感もあるのが特徴。百合感とは女性同士のイチャイチャや恋模様を表現している。出てくる女性は主人公以外はみなオシャレな服装をしている。本作の主人公は名を「えりぴよ」と呼ばれ、本名は分からない。その「えりぴよ」と地下アイドル「ChamJam」の「市井舞奈(いちいまいな)」の関係を中心に物語は進んでいく。地下アイドルグループの「ChamJam」は岡山県で活躍する女性7人組グループで、メンバーには不動のセンター・五十嵐れお(いがらしれお)をはじめ、松山空音(まつやまそらね)、伯方眞妃(はかたまき)、寺本優佳(てらもとゆうか)、水守ゆめ莉(みずもりゆめり)、横田文(よこたあや)、そして市井舞菜が所属。主人公の「えりぴよ」は古参にして唯一の舞菜オタ。つまり舞奈のファンは「えりぴよ」しかいない。収入のすべてを舞菜に注ぎ込み、自分は高校時代の赤ジャージを着用するという生ける伝説。アニメの時に付けられたキャッチコピーは、「君のために生きている」。アニメ化やドラマ化などの複数のメディアで展開されている。

『推しが武道館いってくれたら死ぬ(推し武道)』のあらすじ・ストーリー

えりぴよのファン活動

えりぴよが舞奈(まいな)をいかに推しているかをくまさが説明するときのくまさのえりぴよに対するイメージ

岡山県に住む20歳のフリーターのえりぴよは地元の地下アイドルグループChamJam(ちゃむじゃむ)の熱烈なファン。最も推しているメンバーである市井舞菜(いちいまいな)のために、収入のすべてを捧げてファン活動を行なっていた。いつものように地下ライブ会場近くのカフェで同じくChamJamのファンで古株のくまさと新参のファンの基(もとい)とえりぴよでライブが始まるまでお茶をしていた。くまさはChamJamのファンの古参と言われる存在で最も推しているのはChamJamのリーダーである五十嵐れお(いがらしれお)である。古参とは古くからファンとして参加しているという意味。基の推しは、耳の下まで伸ばした青のボブヘアの松山空音(まつやまそらね)。えりぴよとくまさでどっちの推しの方が可愛いかでもめていると、ライブの会場がオープンし入場するというのがいつもの構図。

ライブが始まり、最初の曲はメンバーそれぞれの紹介曲 「ずっと ChamJam」 。最初に五十嵐れお、次が松山空音とそれぞれ紹介されて行き、最後に市井舞奈の紹介がはじまった。紹介が終わると途端にえりぴよが「まいなあいしてる!!」と叫び鼻血を出して倒れた。会場は騒然とし、えりぴよは伝説の人となった。
えりぴよが倒れて休憩室で休んでいる間にライブは順調に進み、ライブは終了となった。ライブが終わるとファンのお待ちかねの握手会が始める。ここでファンたち自分の推しのためにグループメンバー個人曲のCDを1枚1000円で購入する。そのCDの枚数1枚で5秒間の握手する権利が得られるのである。
休んでいたえりぴよも握手会だけははってでも参加する。なぜならばここでCDを購入することが推しである舞奈と会話ができるチャンスだからである。舞奈のファンはえりぴよのみで毎回えりぴよは舞奈のCDを買い占める。買い占めた時間で舞奈とえりぴよは握手と会話をする。だが舞奈はいつもえりぴよに対し冷たい対応だった。
いつも冷たい対応をする舞奈だが、実は舞菜もえりぴよの事を非常に大切に思っており、恋愛に近い感情すら抱いているのだが、アイドルは特定のファンと親しくし過ぎてはならないという暗黙のルールがある。そのため、わざとそっけなく振る舞っていたのである。

初イベントのグループ内人気投票

グループ内人気投票最終日に間に合わない所を必死に走るえりぴよ

地下アイドルグループChamJamでは、グループ内人気投票が開催される事になった。今まではアイドルメンバー内で格差が生まれるのを懸念してグループ内人気投票を開催していなかった。遂に開催されたグループ内人気投票でえりぴよはどうしても舞奈を上位にしたかった。そのため投票券付きCDを買うためアルバイトに励む。睡眠時間を削りに削ってアルバイトに励んでいたえりぴよはフラフラだった。フラフラになりながら歩いているえりぴよは、後ろからやってきた車に飛ばされ足を骨折してしまう。怪我をしてまでお金を稼いだ結果、中間発表で舞菜は見事3位となった。
しかし、投票終了までCDを買い続ける事はえりぴよにはできない。そこでえりぴよは握手券付きCDを買い控える事にする。舞菜はこれによって、えりぴよに会う機会が減るのを淋しく感じていた。握手券付きCDを買い控える事で最近舞奈の所に握手に行かないえりぴよが推しているメンバーを変えたという噂が流れる。有名ファンであるえりぴよの動向が投票結果を左右すると考えた他のファン達はえりぴよの些細な変化を目にしては無根拠に騒ぎ立てていたのである。

そしてグループ内人気投票最終日。ようやくケガが治ったえりぴよは、ギリギリまでアルバイトをし投票券付きCDを一枚でも多く購入しようとしていた。しかし最終日の朝、えりぴよは体調を崩して足を滑らせて川に落ちてしまう。そしてようやくCD販売場所に着いた頃には、投票時間は過ぎてしまっていた。こうして人気投票は終了し、舞菜は結局最下位に終わってしまった。それでも舞奈のために稼いだお金だから舞奈に貢ぎたいと残ったCDを全て購入するえりぴよ。その気持ちを ChamJamの運営スタッフである三崎(みさき)は舞奈にちゃんと伝えた。三崎からえりぴよの思いを知らされた舞菜は、えりぴよの応援に心から感謝し、次回の握手会でこの気持ちを絶対に伝えようと誓った。

初参加の岡山アイドルフェス

岡山アイドルフェスでパフォーマンスする市井舞奈(いちいまいな)

初めて参加することになった「岡山アイドルフェス」。れおの昔の仲間のメイが所属する「めいぷる♡どーる」や、担当カラーはイエローでセクシーな雰囲気を漂わせた伯方眞妃(はかたまき)のいとこである村井夏未(むらいなつみ)がいる「ステライツ」など、ChamJamと関係があるアイドルグループも参加している。
ライブが始まるまで待つための控え室を探し、向かっている途中で、めいぷる♡どーるのリーダーのメイとばったり会う。メイに会ったれおとその他メンバーたちはめいぷる♡どーるが今度武道館でライブをすることを聞く。そのことに衝撃を受けその場に立ち尽くしていた。気を取り直し「今日はよろしくお願いします!」と伝え、その場を離れるのだった。
そしてフェスでのパフォーマンスが始まった。いつものライブ会場よりも数倍は広い会場にChamJamは怖気づいてしまう。何とか全員でライブ会場にたち、その場を見渡すといつものファン達が目に入り嬉しくなるのだった。舞奈もえりぴよをみつけ「わたし自分で思ってた以上に不安だったんだ」と気づき、えりぴよの存在に感謝と嬉しさを感じた。そしてライブが終了し、ChamJamたちは「武道館」でのライブを意識し始める。

初のCM出演と東京でのリリースイベント

初CMのドアストッパー宣伝CM

五十嵐れおと伯方眞妃と、担当カラーはホワイトで目の下にほくろが縦に2つ並んでいる寺本優佳(てらもとゆうか)の3人が、ドアストッパーのローカルCMに出演することになる。普段は地下でアイドル活動しているのでメディアに出ることはなく、多くの人が知る由もなかった。だがCMに出ることで、CMを見た人がライブに来てくれていた。そしてライブを見ることでChamJamの良さが伝わり、固定のファンとして付くようになった。
この時、久しぶりに基の妹の玲奈(れな)がライブに来ていた。玲奈は以前、兄の基に誘われてライブに来ていたが大学受験のためご無沙汰だった。大学受験がおわりまた来るようになったのである。因みに舞奈推しである。舞奈のファンはえりぴよしかいない状態だったが、玲奈が2人目のファンとなっていた。
ファンが増えてきたChamJamをみて運営側はまだまだいけると考えるようになる。新曲を発売するか迷っていたが、運営側は新曲の発売を決意する。そしていつまでもインディーズでCDを売るのではなく、メジャーでのCD発売を計画する。メジャーデビューを目指すために今回のCDのリリースイベントのスケジュールを練り直すのだった。

練り直した計画が突然の東京でのリリースイベントだった。岡山でしか知っている人がいないChamJamにとって無茶な計画だが、きっかけが無いと人気も出ないと決行することに。お金もないので新幹線は使えず、車で10時間かけて行くことになった。突然に決まった東京でのイベントなのでファンたちに「お知らせ」が来たのは、始まる時間の2時間前だった。このお知らせをみた、えりぴよとくまさに基は東京に行くことを考える。流石に2時間では間に合わないのでその日のイベントには参加ができなかった。それを大変に悔しがっていたが、次の日にも開催されていた。2日目のイベントには何としても参加するべく、早速深夜バスに乗り東京に向かうのだった。東京についたえりぴよとくまさ、基はイベントまで時間があったので武道館を見に行くことにした。そして同じタイミングでChamJamたちも武道館を見に行くことを考えていた。
2組とも武道館で鉢合わせるかと思われたが、合うことはなかった。実は武道館とは複数存在していて、通常「武道館」と言えば「日本武道館」のことを指す。が東京には「東京武道館」というのも存在している。なんとChamJamたちはその「東京武道館」の方に向かってしまっていた。岡山で生活していて滅多に東京の土地情報を調べたりしないので知らなかったのだ。因みに、えりぴよ達オタクは日本武道館を見ていた。えりぴよ達は東京でのイベントもしっかり見る事ができ、えりぴよと舞奈のファンとアイドルの信頼を深めていくのだった。

「ステライツ」「神薙ラビッツ(かんなぎらびっつ)」とのツーマンライブ

伯方眞妃のいとこの村井夏未の計らいで対バンをすることに。村井夏未は以前岡山アイドルフェスに出ていた香川のアイドル「ステライツ」に所属していた。対バンとは2組のアイドルがライブすることである。ツーマンライブとも言う。
対バンにあたり、ChamJamはステライツのライブ映像を見る事にした。ライブを見るとステライツのファン層が自分たちと違い女性が多いことに気が付く。その理由がステライツはいわゆる百合営業をすることで、女性ファンを獲得していたのだった。百合営業とはメンバー同士で女性同士のイチャイチャを演出すること。そんなステライツとChamJamが対バンすることを知った、えりぴよとくまさと基は香川県でのツーマンライブを見に行く計画を立てていた。

さらに今度は大阪のアイドルグループ・「神薙ラビッツ(かんなぎらびっつ)」と対バンをすることになる。ちなみに「神薙ラビッツ」は実在のアイドルグループ。ChamJamはそれぞれのメンバーにファンがつくいわゆる単推しが多いのだが、この神薙ラビッツはグループ全体を推す箱推しが多い。
最近対バンが増えてきたことを喜んでいる、えりぴよとくまさ。今回はホームの岡山ということで相手の神薙ラビッツに失礼のないように動画で神薙ラビッツの曲を予習する。そして対バン当日。いつもの定期ライブで使用している会場で始まった。神薙ラビッツのパフォーマンスはきれいに揃っていて、見事なものだった。

夏の浴衣イベントとテレビでのミニコーナー

香川県のローカルテレビに定期的に出演している伯方眞妃(はかたまき)

夏になり浴衣でのライブ開催が決定した。その浴衣ライブのための浴衣を買いに来た舞菜。そこで偶然玲奈に遭遇した。浴衣選びの経験のない舞菜は玲奈に選んでもらうことにする。その浴衣ライブも楽しく終わり、その興奮冷めやらぬままお祭りに直行したえりぴよたちは玲奈に出会う。その彼女の浴衣は舞菜と似ていると感じ、よく見るとどう見ても同じだった。2人はもうすごく仲良くなっていて、だから玲奈はライブにも来ないんだと疑った。その状態からえりぴよは「積むことだけがすべての正解ではないのかもしれないな」と悟っていた。ちなみにここでの「積む」とはたくさんCDを買って推しに貢ぎ、購入した時間で握手や会話をすることである。

ステライツの夏未と親戚のChamJamメンバー眞妃は最近、一緒に香川県のローカルテレビに定期的に出演していた。そこで夏未が突然、ChamJamがグループで香川県の番組に出演することを発表。期間限定でのミニコーナーを受け持つこととなった。親戚の夏未がいきなり発表するもんだから、ChamJamのメンバー全員がビックリの状態。コーナーの内容は香川のいい所をChamJamで訪ねてコメントするというものだ。
この頃ChamJamにはもう1つ悩みがあった。最近チームで始めたYouTube動画の再生数がまったく伸びないというもの。食べ物をたべる動画やみんなで行うチャレンジなど諸々の動画を上げているのだが、再生数が稼げる動画がなかった。

再生数が上がらないChamJamのチャンネルをめいぷる♡どーるのメンバーでセンターのメイが見つけた。このチャンネルを見てメイは旧友のChamJamの五十嵐れおに対し、コラボしないかとのお誘いラインを送る。れおは1週間ぐらいは返信をせず、どうするか悩んでいた。悩みに悩んだ結果、ChamJamのためにはコラボしたほうがいいと考え、「お願いします」と返信した。そしてChamJamメンバーにも、れおとメイが同じグループにいたことを告げて全員で考え、めいぷる♡どーるの動画の生配信に参加することになった。その後、ファン達のえりぴよやくまさ、基の元にも連絡が来た。

YouTube生配信で「めいぷる♡どーる」とコラボ

めいぷる♡どーるとの生配信も来週となった頃、えりぴよは、とある洋服店で服を見ていた。そこは舞奈がよく行く洋服屋で服を物色していたのだ。そこになんと偶然に舞奈が夢と一緒に買い物に来る。偶然のニヤミス。びっくりしたえりぴよはそのタイミングで持っていたクソダサいTシャツを抱きかかえてしまう。それを見た舞奈は「わたしも買います」と勘違いをし、購入して走り去ってしまった。舞奈は走りながら「今度のYouTubeで着ます」と叫んでいた。この今度のYouTubeがめいぷる♡どーるとのコラボ配信となる。因みに、えりぴよはこの洋服店が舞奈のよく来るお店だと思ってきているが、実は最初ここの洋服店の服を着ていたのはえりぴよだった。えりぴよの赤いジャージから見えるTシャツのメーカーを調べ、舞奈はえりぴよに会えるかもという気持ちで、この洋服店に通っていたのだ。

そして配信がスタート。当たり障りのない感じで始まるが、舞菜が変な服を着ていることをイジられる。先日にえりぴよと会った洋服店で買ったクソダサいTシャツを本当に着ていたのだ。視聴者数はなんと15万人。めいぷる♡どーるは武道館でライブするほどの人気なのでそのぐらいの視聴者がいる。その中で舞奈はTシャツをイジられ、追い詰められた舞奈は「480円だったの…」と発言した。変な空気になるかと思いきや、このコメントが受けて視聴者は「480円ちゃん」とあだ名を付けこのコメントで大いに盛り上がるのだった。

この配信後の定期ライブが始まった。ライブには先の配信を視聴してかいつもより、観客が多かった。そして握手会が始まると驚きの光景がえりぴよの目に飛び込んできた。なんといつも自分と玲奈ぐらいしか並ばない舞奈の所に列ができていた。
ただ、めいぷる♡どーるとのコラボ配信を視聴して来た新規のファンは舞奈のことを「480円ちゃん」という名で呼び、「舞奈」という名を覚えていなかった。名前を覚えて欲しい舞奈のことを察したえりぴよは、会場中に聞こえる大声で「この子は市井舞奈って言います!」と叫んだ。こうしてファンも増え、そして舞奈とえりぴよの絆は深まるのだった。

初めて開催される舞奈の生誕祭

fashionheuer
fashionheuer
@fashionheuer

Related Articles関連記事

転生したらスライムだった件(転スラ)のネタバレ解説・考察まとめ

転生したらスライムだった件(転スラ)のネタバレ解説・考察まとめ

『転生したらスライムだった件』とは、伏瀬が小説投稿サイト『小説家になろう』で2013年から連載していた作品を書籍化し、アニメや漫画などのメディアにも展開している異世界ファンタジー。シリーズ総発行部数2500万部突破の人気作で、主人公のリムルをはじめとした仲間が悪逆な敵を倒していく爽快感が魅力である。通り魔に刺されて死んだ日本の会社員、三上悟がスライムとして異世界に転生した所から物語は始まる。元サラリーマンが人と魔物が楽しく過ごせる国を作るべく、仲間を増やして成り上がっていく姿が描かれている。

Read Article

ブルーロック(Blue Lock)のネタバレ解説・考察まとめ

ブルーロック(Blue Lock)のネタバレ解説・考察まとめ

『ブルーロック』とは2018年より、金城宗幸(原作)とノ村優介(作画)が『週刊少年マガジン』で連載している漫画。「最強のエゴイスト」という名にふさわしいストライカーを1名誕生させるため始まった「ブルーロック(青い監獄)」プロジェクト。そこに集められた300人の高校生が生き残りをかけてサッカーでバトルを繰り広げていく。脱落=選手生命の終わりを意味しており、今までなかったデスゲームの要素が加わった新しいスポーツ漫画となっており、ハラハラした展開から目が離せない。

Read Article

IS(インフィニット・ストラトス)のネタバレ解説・考察まとめ

IS(インフィニット・ストラトス)のネタバレ解説・考察まとめ

弓弦イズルによる日本のライトノベルをアニメ化。 第1期は、2011年1月から全12話が放送。第2期は、2013年10月から全12話放送。 監督は2008年放送の『マクロスF』でも監督を務めた菊地康仁。 女性にしか動かせないという新兵器「IS〈インフィニット・ストラトス〉」を男である一夏が動かしたことから、女性だらけのIS学園に入学。一夏のバトルと恋の日々が始まる。

Read Article

魔法科高校の劣等生の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

魔法科高校の劣等生の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『魔法科高校の劣等生』とは、佐島勤(さとうつとむ)によるライトノベル、及びそれを原作としたアニメ、漫画等のメディアミックス作品。 魔法師が職業として存在する架空の近未来の地球が舞台で、日本の魔法師育成機関の一つである「国立魔法大学付属第一高校」に、入試トップの司波深雪が優秀者の集まりである「一科生」として、兄の司波達也が補欠の集まりとして揶揄される「二科生」として入学する所から物語は始まる。 二つのクラスの間には能力差から生じる絶対的差別が存在し、その中からは数々の名言が生まれている。

Read Article

魔法科高校の劣等生(ラノベ・漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

魔法科高校の劣等生(ラノベ・漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『魔法科高校の劣等生』とは2008年より佐島勤がWebサイト「小説家になろう」で掲載しているライトノベル、およびそれを原作とした漫画やアニメ作品である。魔法科高校を舞台に繰り広げられる異色の青春学園ストーリー。魔法に関する技術と知識、さらに類い稀な格闘センスを持つ主人公が、不当な評価を受けつつも、愛する妹や仲間達とたくましく成長していく姿が描かれている。原作のシリーズ累計発行部数は2000万部を超える人気作である 。

Read Article

SYNDUALITY Noir(シンデュアリティ ノワール)のネタバレ解説・考察まとめ

SYNDUALITY Noir(シンデュアリティ ノワール)のネタバレ解説・考察まとめ

『SYNDUALITY Noir』(シンデュアリティ ノワール)とは、文明崩壊後の世界で生きる冒険者たちのスリリングな日常と、世界の謎へと迫る戦いを描いたロボットアニメ作品。3社共同のSFプロジェクト『Project SYN』の中核シリーズ『SYNDUALITY』の、メディアミックス作品の1つである。 荒れ果てた地上を探検するドリフターになることを夢見る少年カナタは、ある時記憶を失った少女型アンドロイドを発見。ノワールと名付けた彼女の協力で己の機体を得たカナタは、ドリフターとして歩み始める。

Read Article

ミイラの飼い方(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

ミイラの飼い方(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ミイラの飼い方』とは、「comico」にて連載を開始した空木かけるによるファンタジー漫画である。主人公の柏木空は、父親から送られてきた小さくて可愛いミイラに「ミーくん」と名づけ、一緒に暮らすことになる。その他にも様々な不思議な生き物たちと出会い、時には事件に巻き込まれていく。個性豊かな仲間たちや、可愛くて癒される不思議な生き物たちとの生活や絆を描いた物語は、女性を中心に人気を博している。また、「サンリオ」の有名キャラクター・ポムポムプリンともコラボし、グッズも販売された。

Read Article

ヤマノススメ(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

ヤマノススメ(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

「コミック・アース・スター」にて2011年9月より連載している、しろ原作の漫画。 女子高生の登山をテーマにした作品で、2013年1月~3月までアニメ第1期、2014年7月~12月までアニメ第2期が放送された。 著者が登山好きなこともあり、作中では実在する山の名前や登山用語・アウトドア用語が沢山登場する。 物語の舞台となった埼玉県飯能市では、アニメ終了後も数々のイベントが開催されている。

Read Article

SHY(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

SHY(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『SHY』(シャイ)とは、ヒーローたちの活躍と葛藤を描いた、実樹ぶきみによる漫画作品。実樹が「3誌合同新人まんが賞NEXT CHAMPION」に応募した同名の読み切り作品にしてデビュー作を連載用に再構成したもので、2023年にはアニメ化された。 ヒーローたちの活躍によって全ての戦争が無くなった世界。日本のヒーロー「SHY」として活動している中学生の紅葉山テルは、ある時スティグマを名乗る謎の少年と遭遇。スティグマが人の心を操る力を持つことを知ったテルは、仲間のヒーローたちと共に彼に立ち向かう。

Read Article

魔法科高校の劣等生の十師族まとめ

魔法科高校の劣等生の十師族まとめ

『魔法科高校の劣等生』は2011年から刊行される佐島勤によるライトノベル。イラストは石田可奈。国立魔法大学付属第一高校を舞台に、劣等生の兄・司波達也と優等生の妹・司波深雪の活躍を描く。 十師族(じゅっしぞく)は日本で最強の魔法師集団である。魔法師の実験開発を目的に設けた研究機関「魔法技能師開発研究所」出身の魔法師で構成されており、計28ある家系から4年ごとに「師族会議」で改選される。達也と深雪は十師族の1つ、四葉家に属する。

Read Article

NEW
魔法科高校の劣等生の魔法・必殺技まとめ

魔法科高校の劣等生の魔法・必殺技まとめ

『魔法科高校の劣等生』は電撃文庫から刊行される佐島勤によるライトノベル、およびそれを原作とするアニメ・漫画作品。国立魔法大学付属第一高校を舞台に、司波達也と司波深雪の兄妹の活躍を描く。 本作における「魔法」はかつて超能力と呼ばれていた先天的に備わる能力が体系化されたもの。事象に付随している情報体に対して「状態の定義」を改変し作用を発生させるものであり、事象そのものを作り出すことはない。

Read Article

ナイツ&マジック(Knight's & Magic)のネタバレ解説・考察まとめ

ナイツ&マジック(Knight's & Magic)のネタバレ解説・考察まとめ

『ナイツ&マジック』とは天酒之瓢によるライトノベル、オンライン小説で、異世界転生や魔法、巨大ロボットを軸としたファンタジー作品である。2010年に小説投稿サイト「小説家になろう」に掲載され、2016年に漫画化。2017年にはアニメ化された。交通事故で命を落としたロボットオタクの倉田翼は、「幻晶騎士(シルエットナイト)」と呼ばれる巨大ロボットが存在する異世界で、エルネスティ・エチェバルリアに転生する。幻晶騎士のパイロットを志して努力し続けた彼は、やがて「銀鳳騎士団」の団長となる。

Read Article

主人公最強・異世界・ハーレムアニメおすすめ作品まとめ!『異世界チート魔術師』や『この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる』など

主人公最強・異世界・ハーレムアニメおすすめ作品まとめ!『異世界チート魔術師』や『この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる』など

主人公最強・異世界・ハーレムをとことん追及してみました。主人公最強にも色々あるので異世界やハーレムアニメに拘っています。簡単なコメントを入れてありますので参考にしてください。『魔王学院の不適合者 〜史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う〜』などをまとめています!

Read Article

思わず見とれてしまう「美男美女」の兄妹キャラまとめ!

思わず見とれてしまう「美男美女」の兄妹キャラまとめ!

「人は顔じゃない」と言いますが、何だかんだ言ってみんな美形の人には惹かれてしまうものですヽ(゜´A`゜)ノ。その悲しい現実が顕著に現れるのが、美形ぞろいのキャラクターが溢れる2次元の世界。という事で今回は、アニメにおける美男美女の「兄妹(姉弟)達」に迫っていきたいと思います!若干気色悪く感じる文面もあるかと思いますが、その点ご了承ください(´д`)ww

Read Article

魔法科高校の劣等生のアニメキャプチャー画像まとめ

魔法科高校の劣等生のアニメキャプチャー画像まとめ

『魔法科高校の劣等生』は体系化された魔法を扱う職業「魔法師」を養成する架空の教育機関「魔法科高校」を舞台とした学園バトルアクション小説である。主人公の司波達也は非常に偏った魔法技能から一般的な評価としては劣等生とされており、妹である深雪は多種類の高度な魔法を駆使できることなどから優等生とされている。

Read Article

司波達也・深雪、同級生の解説まとめ【魔法科高校の劣等生】

司波達也・深雪、同級生の解説まとめ【魔法科高校の劣等生】

『魔法科高校の劣等生』は体系化された魔法を扱う職業「魔法師」を養成する架空の教育機関「魔法科高校」を舞台とした学園バトルアクション小説である。主人公の司波達也とヒロインの深雪の同級生には特徴的な魔法技能を持つものが多い。また達也たちと行動を共にすることが多く、学内のみならず学外でも活躍している。

Read Article

魔法科高校の劣等生の第一高校風紀委員まとめ

魔法科高校の劣等生の第一高校風紀委員まとめ

『魔法科高校の劣等生』は体系化された魔法を扱う職業「魔法師」を養成する架空の教育機関「魔法科高校」を舞台とした学園バトルアクション小説である。劣等生とされる兄の司波達也と、優等生とされる妹の深雪が国立魔法大学付属第一高校に入学したところから物語が始まる。魔法科高校である第一高校の風紀委員会は生徒会と同じく学内で魔法をアシストするCADの携帯が認められている組織だ。主人公の達也も風紀委員会に所属することになる。

Read Article

魔法科高校の劣等生の第一高校生徒会役員まとめ

魔法科高校の劣等生の第一高校生徒会役員まとめ

『魔法科高校の劣等生』は体系化された魔法を扱う職業「魔法師」を養成する架空の教育機関「魔法科高校」を舞台とした学園バトルアクション小説である。劣等生とされる兄の司波達也と、優等生とされる妹の深雪が国立魔法大学付属第一高校に入学したところから物語が始まる。成績優秀者の中から選ばれる生徒会役員は魔法を補助するCADの携帯が認められており、第一高校に首席で入学した深雪も入ることとなる。

Read Article

魔法科高校の劣等生のかわいい登場人物・キャラクターまとめ

魔法科高校の劣等生のかわいい登場人物・キャラクターまとめ

『魔法科高校の劣等生』は体系化された魔法を扱う職業「魔法師」を養成する架空の教育機関「魔法科高校」を舞台とした学園バトルアクション小説である。劣等生とされる兄の司波達也と、優等生とされる妹の深雪が国立魔法大学付属第一高校に入学したところから物語が始まる。作中ではヒロインの深雪を筆頭に多くのかわいいキャラクターが登場する。それは、魔法資質が高い人間ほど骨格が左右対称となる傾向にあるとされることも無関係ではないだろう。

Read Article

司波深雪の壁紙・画像まとめ【魔法科高校の劣等生】

司波深雪の壁紙・画像まとめ【魔法科高校の劣等生】

『魔法科高校の劣等生』は体系化された魔法を扱う職業「魔法師」を養成する架空の教育機関「魔法科高校」を舞台とした学園バトルアクション小説である。劣等生とされる兄の司波達也と、優等生とされる妹の深雪が国立魔法大学付属第一高校に入学したところから物語が始まる。深雪は非の打ち所がない美貌の持ち主で、兄の達也のことを慕っている少女だ。それを隠すこともしないため、周囲からは重度のブラコンという認識をされている。

Read Article

司波達也・深雪の先輩たち最強世代の登場人物・キャラクターまとめ【魔法科高校の劣等生】

司波達也・深雪の先輩たち最強世代の登場人物・キャラクターまとめ【魔法科高校の劣等生】

『魔法科高校の劣等生』は体系化された魔法を扱う職業「魔法師」を養成する架空の教育機関「魔法科高校」を舞台とした学園バトルアクション小説である。劣等生とされる兄の司波達也と、優等生とされる妹の深雪が国立魔法大学付属第一高校に入学したところから物語が始まる。その時の3年生、達也・深雪の二年先輩には十師族の七草真由美、十文字克人や百家の支流・渡辺摩利などの実力者が数多く、作中では「最強世代」と呼ばれていた。

Read Article

七草真由美の壁紙・画像まとめ【魔法科高校の劣等生】

七草真由美の壁紙・画像まとめ【魔法科高校の劣等生】

『魔法科高校の劣等生』は体系化された魔法を扱う職業「魔法師」を養成する架空の教育機関「魔法科高校」を舞台とした学園バトルアクション小説である。劣等生とされる兄の司波達也と、優等生とされる妹の深雪が国立魔法大学付属第一高校に入学したところから物語が始まる。七草真由美は達也たちの2学年上の先輩で、十師族「七草家」の長女だ。小柄ではあるが、バストとヒップは平均的な身長の同世代の平均的な数値と変わらないトランジスターグラマーである。

Read Article

光井ほのかの壁紙・画像まとめ【魔法科高校の劣等生】

光井ほのかの壁紙・画像まとめ【魔法科高校の劣等生】

『魔法科高校の劣等生』は体系化された魔法を扱う職業「魔法師」を養成する架空の教育機関「魔法科高校」を舞台とした学園バトルアクション小説である。劣等生とされる兄の司波達也と、優等生とされる妹の深雪が国立魔法大学付属第一高校に入学したところから物語が始まる。ほのかは深雪のクラスメイトであり、魔法に関して深雪に次ぐ学年総合2位の実力を持つ。「光井」というのは光波振動系に特化した適性を持つ、「光のエレメンツ」のことである。

Read Article

司波深雪のかわいいイラスト・画像まとめ【魔法科高校の劣等生】

司波深雪のかわいいイラスト・画像まとめ【魔法科高校の劣等生】

『魔法科高校の劣等生』は体系化された魔法を扱う職業「魔法師」を養成する架空の教育機関「魔法科高校」を舞台とした学園バトルアクション小説である。劣等生とされる兄の司波達也と、優等生とされる妹の深雪が国立魔法大学付属第一高校に入学したところから物語が始まる。深雪は同級生から上級生まで、男女問わずに認める「校内一の美少女」であり、作中でも人気が高い。当の深雪は兄の達也に心酔している。

Read Article

渡辺摩利の壁紙・画像まとめ【魔法科高校の劣等生】

渡辺摩利の壁紙・画像まとめ【魔法科高校の劣等生】

『魔法科高校の劣等生』は体系化された魔法を扱う職業「魔法師」を養成する架空の教育機関「魔法科高校」を舞台とした学園バトルアクション小説である。劣等生とされる兄の司波達也と、優等生とされる妹の深雪が国立魔法大学付属第一高校に入学したところから物語が始まる。摩利は達也や深雪の二年先輩にあたる人物で、達也を風紀委員に推した張本人である。また渡辺綱の末裔ともされる「渡辺家」の出身で、同家の中でも一人だけ飛び抜けた魔法の才能を持つ。

Read Article

魔法科高校の劣等生の高画質なイラスト画像まとめ

魔法科高校の劣等生の高画質なイラスト画像まとめ

『魔法科高校の劣等生』は体系化された魔法を扱う職業「魔法師」を養成する架空の教育機関「魔法科高校」を舞台とした学園バトルアクション小説である。劣等生とされる兄の司波達也と、優等生とされる妹の深雪が国立魔法大学付属第一高校に入学したところから物語が始まり、魔法を使った迫力のある戦闘や、達也と深雪のまるで恋人同士であるかのような甘いやり取りなどが描かれる。

Read Article

千葉エリカの壁紙・画像まとめ【魔法科高校の劣等生】

千葉エリカの壁紙・画像まとめ【魔法科高校の劣等生】

『魔法科高校の劣等生』は体系化された魔法を扱う職業「魔法師」を養成する架空の教育機関「魔法科高校」を舞台とした学園バトルアクション小説である。劣等生とされる兄の司波達也と、優等生とされる妹の深雪が国立魔法大学付属第一高校に入学したところから物語が始まる。エリカは達也・深雪の友達で、1年時のクラスメイトである。「剣の魔法師」の二つ名を持つ百家本流の一つ「千葉家」の次女であるが、父親が愛人に産ませた娘であるため、父親をはじめ家族仲はあまり良くない。

Read Article

魔法科高校の劣等生の主題歌・挿入歌まとめ【OP・ED】

魔法科高校の劣等生の主題歌・挿入歌まとめ【OP・ED】

『魔法科高校の劣等生』は体系化された魔法を扱う職業「魔法師」を養成する架空の教育機関「魔法科高校」を舞台とした学園バトルアクション小説である。劣等生とされる兄の司波達也と、優等生とされる妹の深雪が国立魔法大学付属第一高校に入学したところから物語が始まる。アニメの第1期は2014年4月から放送され、その主題歌にはLiSAやGARNiDELiA、ELISA、安田レイといった人気アーティストが起用された。

Read Article

柴田美月のかわいいイラスト・画像を集めてみた【魔法科高校の劣等生】

柴田美月のかわいいイラスト・画像を集めてみた【魔法科高校の劣等生】

『魔法科高校の劣等生』は体系化された魔法を扱う職業「魔法師」を養成する架空の教育機関「魔法科高校」を舞台とした学園バトルアクション小説である。劣等生とされる兄の司波達也と、優等生とされる妹の深雪が国立魔法大学付属第一高校に入学したところから物語が始まる。達也の同級生である美月は魔法師の家庭の生まれではないが、隔世遺伝で魔法の素質が発現した少女である。「霊子放射光過敏症」という症状を緩和するために常に眼鏡をかけている。

Read Article

司波達也・深雪の一年先輩の登場人物・キャラクターまとめ【魔法科高校の劣等生】

司波達也・深雪の一年先輩の登場人物・キャラクターまとめ【魔法科高校の劣等生】

『魔法科高校の劣等生』は体系化された魔法を扱う職業「魔法師」を養成する架空の教育機関「魔法科高校」を舞台とした学園バトルアクション小説である。劣等生とされる兄の司波達也と、優等生とされる妹の深雪が国立魔法大学付属第一高校に入学したところから物語が始まる。達也・深雪の一学年上の先輩には生徒会の中条あずさや服部刑部少丞範蔵、風紀委員会の沢木碧などがいる。

Read Article

目次 - Contents