宮本由美(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

宮本由美(みやもとゆみ)とは、『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』に登場する人物で、警視庁交通部交通執行課所属の婦警。同じく警視庁の刑事部捜査第一課に所属している佐藤美和子とは親友で、将棋棋士の羽田秀𠮷の彼女でもある。後輩の三池苗子とともに、交通違反者がいないか日々巡回している。度々ミニパトを他県まで飛ばすなど少々職権を乱用しているが、そのおかげで事件が解決することもしばしば。犬を2匹飼っている。

宮本由美のプロフィール・人物像

氏名:宮本由美
身長:不明
体重:不明
誕生日:不明
年齢:推定28歳
家族構成:不明
CV:杉本ゆう

警視庁交通部交通執行課の婦警。階級は、初登場時は巡査部長だったが、いつの間にか昇進して警部補になった。
後輩の三池苗子とともにミニパトに乗り込み、交通違反者がいないか日々巡回している。

刑事部捜査第一課の佐藤美和子とは学生時代からの親友。
美和子と高木渉との進まない恋模様に焦れて発破をかけるなど、2人の恋愛関係の発展には大きく貢献した。
一方、自分が後輩に先を越されるのは嫌だからと、苗子が千葉和伸といい感じになると関係がそれ以上進まないように阻止したこともある。

合コンが好きで、警視庁のメンバーでの合コンが開催されるときはよくセッティングをしていた。相手の男性たちのお目当てはだいたい美和子である。
また、麻雀も好きで度々徹夜で麻雀をしている。
ペットに2匹の犬を飼っており、名前はスタとハチ。コナンに指摘されるまで自覚はなかったが重度の猫アレルギー持ちでもある。

学生時代に付き合っていた羽田秀𠮷とは警察官になる際に一度別れたのだが、後述する事件のときに再開した後ヨリを戻して同棲を始めた。
秀吉が将棋棋士であることは、秀𠮷が意図的に伏せていたために長らく知らず、そのため、当初は秀𠮷のことを初心者落語家か何かだと思っていた。
街頭ビジョンで秀𠮷へのインタビューの模様が流れたとき、ようやく棋士だと知った。

年齢については正確には明かされていないが、美和子が警察学校時代の一期先輩の刑事と同期生である降谷零が29歳であり、その一期下ということから美和子は28歳であると考えられ、美和子とは学生時代からの親友である由美も28歳だと考えられる。

名前の由来

『名探偵コナン』のキャラクターのほとんどは由来があるが、由美の場合は不明である。
一応、宮本百合子、松尾由美という小説家の方がいるが、関連性は不明。

愛犬の名前「スタ」と「ハチ」はアメリカのテレビドラマ『刑事スタスキー&ハッチ』から。

宮本由美の来歴・活躍

初登場:「本庁の刑事恋物語」

アニメ:File146~147話「本庁の刑事恋物語 前編」
漫画(原作):第21巻 File8「桜田門の変!?」

高木渉の回想シーンにて初登場。
前日の夜に美和子と呑み、酔った美和子から「捜査一課に好きな人がいること」を聞き出して、高木に教えた。
「ひょっとするとひょっとするかもよ!」と高木を小突いて背中を押している。

「本庁の刑事恋物語」の概要

数日前に起きた事件の事情聴取のために警視庁に来ていたコナンと少年探偵団。
3日前の銀行強盗事件の陣頭指揮を執ることになった目暮警部の代わりに高木が事情聴取を担当することになったのだが、そこへ強盗被害にあった銀行の支店長の増尾桂造が訪れる。

美和子によれば、増尾の妻の加代が強盗事件当時人質にされたときのことで思い出した点があるから夫婦で2時に警視庁に来ることになっていたそうだが、高木は加代から「ひとりで5時に行く」と聞いていた。
増尾が銀行に寄るため警視庁で落ち合うことになっていたと言うが、加代はまだ来ていない。そこで増尾が自宅に電話をかけ加代と話している最中、電話口から突然悲鳴が聞こえてきた。

急いで増尾の自宅に向かうと、背中を刺されて息絶えた加代が倒れていた。
当初は銀行強盗犯が新たな証言をされないように加代の口を封じるために殺害したと考えられたが、実は増尾があるトリックを使って加代を殺害した。

加代は毎日昼の2時にエアロビバイクを漕ぐのが日課になっていた。
増尾はエアロビバイクの後ろにある2つの本棚のうちひとつには本をぎっしり詰めて倒れないようにし、もうひとつは一番上の棚だけに本をぎっしり詰め、本と本棚の隙間にナイフを設置、気付かれないようナイフの上に本を横向きに置いた。そして、ナイフを仕掛けた本棚にカーテンをかけて棚の中身を隠し、画鋲で釣り糸を留める。

その釣り糸の先をエアロビバイクのペダル部分に固定することで、加代がエアロビバイクを漕ぐと自動的に本棚が倒れ、背中にナイフが刺さる仕掛けを作った。
後は、加代がエアロビバイクを漕ぎ始める昼の2時に電話をかけ、警視庁で刑事たちとともに加代の悲鳴を聞けば、これ以上のアリバイはないのだが、コナンのヒントにより美和子と高木に見抜かれてしまった。

誘拐犯を見逃してしまう:「シカゴから来た男」

ランディ・ホークというアメリカ人が世界を股にかけてアニマルショーの興行をしていた。
阿笠に連れられてそのアニマルショーの日本公演を見に来たコナンと少年探偵団。

終演後、記者たちに囲まれている外国人男性がいた。
記者たちはランディだと思ってインタビューしようとしていたが、コナンは彼が「can't」を「カント」と発音したことから、アメリカ人のランディ本人ではなくイギリス出身者だと見抜き、記者たちからその男性、ジェイムズ・ブラックを助け出す。

助けてもらったお礼にランチを奢るからと車を取りに行ったジェイムズは、ランディと間違えられて男たちに拉致されてしまう。
ジェイムズが持っていた歩美の探偵バッジから現在地を割り出したコナンからの連絡で、たまたま交通事故の現場整理をしていた由美が渋滞に並ぶ車の中に怪しい車がないかチェックしていたが、犯人たちのある策略のせいで見逃してしまった。

実はこの男たち、車の塗装をパトカーそっくりに塗り替えて、刑事のフリをしてジェイムズに近づいた。
そして、由美が車をチェックしに来たときも刑事のフリをして、コートで顔を隠して被疑者のフリをさせたジェイムズの実況見分に行かなきゃならないからと偽って、渋滞を抜けたのだった。

ジェイムズが残したストラップの「Paul & Annie」の文字の「P」「&」「A」に血がついていたことから、「ピーアンドエー」、「P AND A」となり、ローマ字読みすると「パンダ」になることから白黒の車体を持つパトカーに乗っていると推理。
イギリスでもパトカーの車体が白黒だったことがあり、ジェイムズの世代には「パンダカー」の愛称で親しまれていたのだ。

パトカーで逃走している犯人たちを捕まえるため、コナンは複数台の車で犯人たちのパトカーを囲んで一斉に急ブレーキをかけ、急ブレーキに犯人たちが怯んでいる隙にジェイムズを救出することを提案。
そのための人数集めとして、由美が合コン仲間の警察官に協力を要請し、作戦は無事成功した。

花嫁の替え玉に:「本庁の刑事恋物語 偽りのウエディング」

小五郎の知り合いの結婚式に参列した小五郎と蘭、コナン。
式場には他にも幸せいっぱいの新郎新婦がいたのだが、その中には高木と由美の姿も。
だが、2人が結婚するというわけではなく、ある新郎新婦の替え玉だということだった。

何でも、ある強盗殺人犯が本物の新郎新婦の命を狙っているという。
しかし、新郎・平正輝のたっての希望で結婚式は予定通り執り行いたいので、正輝と新婦の益戸麗によく似ている高木と由美が替え玉をすることになったのだ。

強盗殺人犯の正体は新郎の正輝だった。
正輝曰く、麗は資産家のご令嬢だったため、強盗するよりも結婚した方がもっと金が手に入ると考えたそうだ。

だから、正輝とともに強盗殺人を犯してきた相棒が麗の自宅に押し入った際に麗を助けたのだが、相棒には何度説明してもそれを分かってもらえず、脅迫状まで送られてきたために、正輝は相棒を見限り手にかけた。

今まさに誓いを立てようというときにその事実を暴かれた正輝は逃走を図るが、蘭が蹴り飛ばして制圧した。

元カレとの再会:「現場の隣人は元カレ」

由美と苗子が警ら中、苗子の携帯に幼なじみの桜子から人が亡くなっていると電話があった。
現場のマンション名に聞き覚えがあった由美。マンションに到着すると顔見知りのコンシェルジュがいて「お久しぶりでございます、由美様」と声をかけられた。

嫌な予感を感じながらも現場の部屋へ向かうと、部屋の住人である伊丹千代子が首を吊って亡くなっていた。
現場には遺書もあったことから自殺かと思われたが、一応詳しく調べるために通報者の桜子から話を聞くと、「記憶力に優れた無精ヒゲの隣人」の話が出た途端、思わず悪寒が走る。

その隣人からも話を聞くために隣室に向かうと、中から出てきたのは由美の元カレの羽田秀𠮷だった。

遺書は鑑定の結果千代子の直筆で、夫のケガのこと、息子の試験のこと、姪の七五三のことが書かれており、実際に夫の長信は左目に痣を作っていて、息子の康家は自動車免許の学科試験を控えており、姪の市子は7歳の七五三を控えていた。

しかし、実はこの遺書は4年前に起きた飛行機事故の際に千代子が死を覚悟して書いたものだった。
当時長信は足を骨折しており、康家は大学受験を控えていて、市子は3歳の七五三だった。

千代子は株取引にハマっており多額の借金をしていたのだが、いくら注意してもやめようとはせず、前日の夫婦喧嘩で殺意が頂点に達した長信が千代子を殺害。
4年前の遺書を利用して自殺に偽装しようとした。

誘拐されてしまう:「太閤恋する名人戦」

名人戦の最終局2日目の対局直前、差出人に由美と書かれた封筒を受け取った秀𠮷。
封筒の中には体を縛られてガムテープで口を塞がれて横たわっている由美の写真と、「首無し棋士」を名乗る人物からの脅迫状と暗号が入っていた。

脅迫状には、由美を誘拐したこと、助けたかったら暗号を解いて自分がいるところまで来ること、他言無用で警察は禁じ手と書かれていた。
由美を助けるために脅迫状に従うことにした秀𠮷は、対局が始まるとすぐに「長考します」と言って席を立ち、暗号の答えの場所へと向かった。

無事助け出された由美は、もう間に合わないからと対局に戻ることを諦めている秀𠮷に「あんたこの車(ミニパト)ナメてんじゃないの?」と言い、都内から山梨県の常磐ホテルまでミニパトを飛ばした。
当然山梨県警の白バイ隊員に止められたが、この隊員は秀𠮷のファンだったため、ホテルまで白バイがミニパトを先導するという、職権を乱用しまくる展開になった。
なお、この時はまだ秀𠮷が棋士だと知らなかった由美はこの名人戦を「素人落語大会」か何かだと思っていた。

暗号は第一局から第三局まであり、ひとつの暗号を解いて答えの場所に行くと次の暗号がある、というパターンで最後の答えの場所に由美がいる。

第一局

七つの神社の内の一つが、盗賊に襲われ
宝物殿が二日で空になり、井戸に身を
潜めていた神主の娘も連れ去られた。

”七つ”というのは将棋のタイトルの「名人」「竜王」「棋王」「王将」「王座」「棋聖」「王位」を示しており、”宝物殿が空に”というのはこれらのタイトルから「王」が付くものを除外することを意味している。
残った「名人」と「棋聖」のうち、”二日”制なのは「名人」だけ。
「名人(めいじん)」が名前に入る”神社”は「明治神宮」ということになる。
”井戸”は明治神宮内の「清正の井戸」を指しており、第二局の暗号は井戸のそばに隠されていた。

第二局

「香車」の駒
裏側に「逆Tの字」と、それを挟むようにして
「〇」で囲まれた「七」と「三」が書かれている

”香車”はどこまでも真っ直ぐ進むことから「槍」と言われており、”七”と”三”はそれぞれ「賤ヶ岳の七本槍」と「天下三名槍」を示しており、”逆Tの字”は「墓地」の地図記号を示す。
「賤ヶ岳の七本槍」の武将の中で「天下三名槍」を所有していたのは「福島正則」のみ。
彼の供養塔のひとつが港区の幽霊坂の途中の「墓地」にあり、第三局の暗号はそこにあった。

第三局

盤面に将棋の駒が9つ接着剤で張り付けられている将棋盤
数字の「7」のような駒の配置になっている

・2四のマス→角行(側面に「見栄っ張り」)の上に重なって一緒に釘で串刺しになっている飛車
・3六のマス→角行
・4七のマス→歩兵
・1九のマス→香車
・2九のマス→桂馬
・3九のマス→銀将と重なっている金将(底に「なまけ者」)
・5九のマス→王将

これらの駒は「七つの大罪」を示している。それぞれの駒を「七つの大罪」に当てはめると、

・”見栄っ張り”の角行→「虚飾」
・もうひとつの角行→駒の位置から見て新しく打たれた駒=新しく七つの大罪に加わった「嫉妬」
・”なまけ者”の金将→「怠惰」
・銀将→怠惰の金将と重なっていることから「憂鬱」
・飛車→虚飾の角行と重なっていることとその位置が高飛車な構えであるから「傲慢」

となる。飛車に釘が刺さっていたのは、飛車が示す「傲慢」がつく地名に行けということ。
「傲慢」を英語にすると「プライド」。近隣で「プライド」とつく場所は「ホテル杯戸プライド」のみ。
この暗号は第三局であることから最後の暗号となり、由美が監禁されているのはホテル杯戸プライドということになる。

暗号を解いた秀𠮷がホテル杯戸プライドに向かうと、薬で眠らされた由美と「首無し棋士」こと谷森棋士がいた。
谷森は、10年前の秀𠮷との対局の際、「二手指し」という禁じ手をやらかしてしまい、さらに秀𠮷から「対局後の感想戦は必要ありませんよね」と言われたことを逆恨みし続けていた。
由美を誘拐したのは、10年前の対局の続きをやって当時の雪辱を晴らしたかったから。

なお、10年前の秀吉の言葉は、対局前に谷森が病院から入院中の妻の危篤を知らされていたのを聞いていたため、早く病院に行けるようにという配慮からだったのだが、思わず失礼な態度を取ってしまったとのこと。

女性警官ばかりが狙われる:「標的(ターゲット)は警視庁交通部」

警視庁交通部の女性警察官、百崎橙子と八木紫織が何者かに相次いで殺害された。
2人の遺体のそばには、それぞれひしゃげた100円玉が置いてあり、100円玉に描かれている桜は日本警察の象徴であることから、警察官に恨みを持った犯人からの宣戦布告と思われた。

由美は、百崎は指で、八木は顔の向きで、「駐車禁止」の道路標識指示していたことを見抜いた。
また、八木のスマホのリダイヤルには「7155」という数字が残されていた。

一連の事件をテレビのニュースで知った秀𠮷は、由美を心配して何度も電話をかけたのだが、10分おきとあまりにもしつこすぎたので由美から着信拒否にされてしまった。

「標的(ターゲット)は警視庁交通部」の概要

事件の1週間前、青野健吾という男は恋人から「サヨナラ」というメールをもらい、自殺を止めるべく急いで彼女の会社に向かっていた。
その道中、運転中にスマホをいじっていたことと免許不携帯で百崎と八木から取り締まりを受けた。その事情聴取中、百崎は「由美」という人物とカラオケの約束の電話をしていた。
そのため、青野は「取り締まりで足止めされていなかったら彼女の自殺をとめられたのに」と彼女たちを恨み、百崎と八木を殺害して「由美」を探していた。

何かを禁止する道路標識のデザインが〇に斜めの棒なのはなぜなのかというと、アルファベットの「N」と「O」を重ねた形で「NO」を意味するから。日本の道路標識はイギリスのものを参考にして作られているので、アルファベットがデザインされている。
百崎と八木は青い「駐車禁止」の道路標識を指し示すことで「青」と「NO」、つまり犯人は青野だと伝えようとしていたのだ。

また、「7155」は道路交通法第71条5の5「自動車を運転中に携帯電話を手に持って通話したり、その画面を注視してはならない」を指していて、運転中にスマホをいじっていて取り締まられていた青野を示していた。

百崎が電話していた「由美」は百崎と八木の高校時代の友人の「由美子」というホステスのことであり、宮本由美とは別人である。由美は危うく人違いで殺害されるところだった。
百崎たちがカラオケの相談をしていたのは、免許も持たずに慌てて運転していた青野をそのまま行かせたら事故を起こしかねないため、落ち着かせる時間が必要だとだと判断したから。

さらに、青野の恋人は「サヨナラ」のメールを送った直後に会社の屋上から飛び降りていたため、取り締まりを受けていなかったとしても自殺は止められなかったのだ。

宮本由美の関連人物・キャラクター

10black9
10black9
@10black9

Related Articles関連記事

名探偵コナン(漫画・アニメ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

名探偵コナン(漫画・アニメ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『名探偵コナン』とは『週刊少年サンデー』で1994年5月号から連載されている青山剛昌原作の推理漫画である。漫画だけでなく、テレビアニメ・小説・ゲーム・実写ドラマなど多数のメディアに展開されている人気作品。主人公である高校生探偵の工藤新一が、ある事件に巻き込まれ幼児化してしまう薬を飲まされ、小学生の姿に戻ってしまう。その後江戸川コナンと名乗り、薬を飲ませた黒づくめの男たちの手がかりを探すストーリーとなっている。2017年8月にはコミックの総発行部数が2億部を突破した。

Read Article

名探偵コナンの警視庁・公安警察・FBI・CIA・MI6まとめ

名探偵コナンの警視庁・公安警察・FBI・CIA・MI6まとめ

『名探偵コナン』とは青山剛昌原作の推理漫画およびそれを原作としたメディアミックス作品である。原作漫画は1994年から連載、1996年からテレビアニメが放送されている。高校生探偵工藤新一(くどうしんいち)はある日口封じで毒薬を飲まされ、体が縮んでしまった。新一は正体を隠し江戸川コナン(えどがわコナン)となり、数々の事件を解決しながら新一の姿を取り戻す為に謎の組織に立ち向かってゆく。作中には警視庁・公安警察・FBIなどに所属するキャラクターが多く登場し、それぞれの立場で事件解決に携わっている。

Read Article

名探偵コナンの恋愛関係・カップル・カップリング・夫婦・恋人まとめ

名探偵コナンの恋愛関係・カップル・カップリング・夫婦・恋人まとめ

『名探偵コナン』とは青山剛昌原作の推理漫画およびそれを原作としたメディアミックス作品である。原作漫画は1994年から連載、1996年からテレビアニメが放送されている。高校生探偵工藤新一(くどうしんいち)はある日口封じで毒薬を飲まされ、体が縮んでしまった。新一は正体を隠し江戸川コナン(えどがわコナン)となり、数々の事件を解決しながら新一の姿を取り戻す為に謎の組織に立ち向かってゆく。物語の主軸となる事件・ミステリーと共に、作中では登場人物たちの恋愛模様も描かれており、多種多様なカップルが登場する。

Read Article

名探偵コナンの赤井家・世良家まとめ

名探偵コナンの赤井家・世良家まとめ

赤井家とは、『名探偵コナン』に登場する家族である。『領域外の妹』と自称するメアリー・世良、FBI捜査官である赤井秀一、蘭達と行動を共にする世良真純など、その家族全員が『名探偵コナン』における重要人物となっている。 2020年にこの赤井家がメインとなった映画『名探偵コナン 緋色の弾丸』の公開が決まり、注目が集まっている。

Read Article

名探偵コナンの発明品・秘密道具・アイテムまとめ

名探偵コナンの発明品・秘密道具・アイテムまとめ

『名探偵コナン』とは青山剛昌原作の推理漫画およびそれを原作としたメディアミックス作品である。原作漫画は1994年から連載、1996年からテレビアニメが放送されている。高校生探偵工藤新一(くどうしんいち)はある日口封じで毒薬を飲まされ、体が縮んでしまった。新一は正体を隠し江戸川コナン(えどがわコナン)となり、数々の事件を解決しながら新一の姿を取り戻す為に謎の組織に立ち向かってゆく。作中にはコナンの協力者阿笠(あがさ)博士による発明品が登場し、コナンたちをサポートしている。

Read Article

名探偵コナンの「青山剛昌の名探偵図鑑」まとめ

名探偵コナンの「青山剛昌の名探偵図鑑」まとめ

『名探偵図鑑』とは、青山剛昌による人気漫画およびアニメである『名探偵コナン』の単行本カバー裏表紙折り返し部分に記載されている、ファンサービス・特典。青山が「名探偵」として認定した登場人物・キャラクターを、自身の描き下ろしイラストで解説している。青山作品に登場するキャラクターのモチーフとなった人物なども多数紹介しており、興味深い内容となっている。

Read Article

名探偵コナンの料理・食事・食べ物・お菓子・飲み物まとめ

名探偵コナンの料理・食事・食べ物・お菓子・飲み物まとめ

『名探偵コナン』とは、青山剛昌原作による日本の推理漫画作品で、本作を原作とした一連のメディアミックス作品の総称である。 『週刊少年サンデー』にて連載され、史上最長の連載期間となる長寿漫画である。主人公・工藤新一が事件に巻き込まれて幼児化し、江戸川コナン(えどがわこなん)として過ごすこととなる。作中には美味しそうな料理やお菓子などが多数登場し、「コナンカフェ」という期間限定のカフェでは実際に食べることができ、話題となっている。

Read Article

名探偵コナンの米花町まとめ

名探偵コナンの米花町まとめ

米花町(べいかちょう)とは、青山剛昌の推理漫画『名探偵コナン』に登場する架空の町である。小説家アーサー・コナン・ドイルの有名な推理小説『シャーロック・ホームズ』に登場するロンドンのベイカーストリートが名前の由来。主人公の江戸川コナンやその幼馴染の毛利蘭などの主要人物が住む町であり、物語の中では様々な店や施設などが登場する。物語の都合上、犯罪発生率が異様に高い。スピンオフ漫画『犯人の犯沢さん』では犯罪都市扱いされており、米花駅で下車する犯沢さんを乗客達が止める場面もあった。

Read Article

黒の組織(名探偵コナン)のコードネームまとめ

黒の組織(名探偵コナン)のコードネームまとめ

『名探偵コナン』とは、青山剛昌原作による日本の推理漫画作品で、本作を原作とした一連のメディアミックス作品の総称である。 『週刊少年サンデー』にて連載され、史上最長の連載期間となる長寿漫画である。主人公・工藤新一が事件に巻き込まれて幼児化し、江戸川コナン(えどがわこなん)として過ごすこととなる。宿敵である黒の組織のメンバーはそれぞれお酒に由来したコードネームで呼ばれており、多種多様な名前が存在している。

Read Article

名探偵コナン「黒の組織」に関する伏線・考察まとめ

名探偵コナン「黒の組織」に関する伏線・考察まとめ

「名探偵コナン」の主人公・高校生探偵の工藤新一を子供の体にした元凶であり、多くの謎に包まれている「黒の組織」。その謎は、作品が進むにつれ徐々に明らかになってきた。 作品を読み返すと、一見「黒の組織」とは関係なさそうな新一の日常が描かれた話のさりげないシーンの中にも、「黒の組織」に関するヒントが隠されていたことに気づかされる。 この記事では、日常の話の中にさりげなく張られた「黒の組織」の巧みな伏線を紹介していく。

Read Article

名探偵コナンの回収済み・未回収の伏線・謎まとめ

名探偵コナンの回収済み・未回収の伏線・謎まとめ

『名探偵コナン』とは、青山剛昌原作による日本の推理漫画作品で、本作を原作とした一連のメディアミックス作品の総称である。 『週刊少年サンデー』にて連載され、史上最長の連載期間となる長寿漫画である。主人公・工藤新一が事件に巻き込まれて小学生の姿になってしまうが、その原因となった「黒の組織」や関連する登場人物・キャラクターなどには伏線や謎が多く張り巡らされている。まだ回収できていないものも多数存在し、考察するファンで盛り上がっている。

Read Article

名探偵コナンの都市伝説・豆知識/裏話・トリビア・小ネタまとめ

名探偵コナンの都市伝説・豆知識/裏話・トリビア・小ネタまとめ

『名探偵コナン』とは、青山剛昌原作による日本の推理漫画作品で、本作を原作とした一連のメディアミックス作品の総称である。 『週刊少年サンデー』にて連載され、史上最長の連載期間となる長寿漫画である。主人公・工藤新一が事件に巻き込まれて幼児化し、江戸川コナン(えどがわこなん)として過ごすこととなる。作品を巡って様々な都市伝説や裏話などが存在する。黒幕説や現実世界でコナンが行動したらどうなるかなど、ファンの間で楽しく考察されているものばかりである。

Read Article

名探偵コナンの少年探偵団まとめ

名探偵コナンの少年探偵団まとめ

『名探偵コナン』とは、青山剛昌原作による日本の推理漫画作品で、本作を原作とした一連のメディアミックス作品の総称である。 『週刊少年サンデー』にて連載され、史上最長の連載期間となる長寿漫画である。主人公・工藤新一は事件に巻き込まれて小学1年生の姿で生活することになる。小学校の同級生である吉田歩美(よしだあゆみ)、円谷光彦(つぶらやみつひこ)、小嶋元太(こじまげんた)、灰原哀(はいばらあい)と共に「少年探偵団」を結成し、事件解決を目指す。

Read Article

名探偵コナンの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

名探偵コナンの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『名探偵コナン』は週刊少年サンデーで絶賛連載中の青山剛昌が描く推理漫画。高校生探偵の工藤新一が「黒の組織」の人間に体が小さくなる薬を飲まされる。その後、新一は江戸川コナンと姿を変え、数々の難事件を解きながら、黒の組織を追う物語である。主人公である江戸川コナンは勿論、彼をとりまく仲間や事件の犯人達と様々な人たちが人生の指針ともいえるセリフを残している。

Read Article

灰原哀/宮野志保(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

灰原哀/宮野志保(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

灰原哀(はいばら あい)/宮野志保(みやの しほ)とは、『週刊少年サンデー』で連載の青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』に登場する人物で、「黒の組織」と通称される犯罪組織の元幹部。組織内では科学者として活動していたが、自身の開発した薬品「APTX4869」を服用して体が幼児化してしまう。 姉の死の謎を探る中で組織に狙われ、同じく幼児化した工藤新一への接触を図る。阿笠博士によって「灰原哀」と命名され、江戸川コナンと同じ帝丹小学校に転入し、小学生として暮らしている。

Read Article

水無怜奈(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

水無怜奈(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

水無怜奈(みずなし れな)とは青山剛昌原作漫画である『名探偵コナン』に登場する人物で、日売テレビアナウンサー。本名は本堂瑛海(ほんどう ひでみ)。ニュース番組のキャスターを務めており、熱狂的なファンも存在する。子どもにイタズラをされても怒らず優しい言葉で逆に子どもを励ますという優しい性格の持ち主。一方、コードネーム「キール」を与えられた黒の組織の一員でもあるが、その正体は組織に潜入しているCIA諜報員。両親は既に亡くなっており、唯一の肉親は弟の本堂瑛祐(ほんどう えいすけ)。

Read Article

フサエ・キャンベル・木之下(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

フサエ・キャンベル・木之下(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

フサエ・キャンベル・木之下(フサエ・キャンベル・きのした)とは、『週刊少年サンデー』の漫画、及びそれを原作にしたTVアニメ『名探偵コナン』の登場人物。主人公である江戸川コナン(えどがわコナン)/工藤新一(くどうしんいち)の隣に住む発明家である阿笠博士(あがさひろし)の初恋の相手である。フサエ・キャンベル・木之下も、彼に恋心を抱いているが、すれ違いにより両思いにはなっていない。

Read Article

安室透/降谷零(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

安室透/降谷零(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

安室透(あむろ とおる)/降谷零(ふるや れい)とは、『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌の漫画作品『名探偵コナン』に登場する人物で、「眠りの小五郎」こと私立探偵の毛利小五郎の弟子。 小五郎の傍について探偵のいろはを学ぶため、探偵事務所の階下の喫茶ポアロでアルバイトをしている。自分自身も探偵として様々な依頼を受けているため、突然ポアロのアルバイトを休むこともしばしば」。しかしそれは表の顔で、正体は公安警察から組織に潜入している捜査官降谷零である。愛車は白のMazda RX-7。

Read Article

工藤有希子(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

工藤有希子(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

工藤有希子(くどう ゆきこ)とは、『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』に登場する人物で、「黒ずくめの組織」の毒薬によって幼児化し江戸川コナンになった工藤新一(くどう しんいち)の母親である。変装術が得意で、たびたび日本に帰国しては江戸川コナンのピンチを救っている。美貌と演技力をもって19歳で数々の賞を受賞する天才女優として伝説を残した。世界的に有名な推理小説家の工藤優作との大恋愛の末に結婚して20歳であっさり芸能界を引退した。

Read Article

諸伏景光/スコッチ(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

諸伏景光/スコッチ(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

諸伏景光(もろふし ひろみつ)とは青山剛昌が原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』に登場する人物で警視庁公安部に所属する警察官。黒の組織にコードネーム「スコッチ」として潜入していた。 幼い頃一家で事件に巻き込まれ、両親が殺害される。兄は長野県警の諸伏高明(もろふし たかあき)。兄とは違う親戚に引き取られたため、別の環境で育った。組織潜入中に自分の正体がバレてしまったため拳銃自殺をし殉職。

Read Article

世良真純(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

世良真純(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

世良真純(せら ますみ)とは、『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』に登場する人物で、女子高生探偵。主人公の工藤新一や、ヒロインの毛利蘭が通う帝丹高校にやってきた転校生。武術にも長けていてジークンドーを得意とし、ボーイッシュな見た目で、一人称は「ボク」。赤井務武・メアリー世良夫妻の長女で、赤井秀一や羽田秀𠮷の年の離れた妹。バイクの免許を取得しており、愛車はヤマハの「XT400Eアルテシア」。

Read Article

高木渉(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

高木渉(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

高木渉(たかぎ わたる)とは『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』の作品に登場する人物で、警視庁刑事部捜査第一課強行犯捜査三係に所属する巡査部長。目暮十三警部・白鳥任三郎警部・佐藤美和子警部補の直属の部下として働いている。同じ課の佐藤美和子警部補とは恋仲の関係。主人公の江戸川コナンには、よく推理の実験台にされたり、事件の捜査を手伝わされたりと、信頼をおかれている。また、少年探偵団の保護者的存在であり、事件があると真っ先に呼ばれることが多い。

Read Article

松田陣平(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

松田陣平(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

松田陣平(まつだ じんぺい)とは、『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』に登場する人物で、かつて警視庁警部機動隊爆発物処理班に所属していた警察官。3年前に起きた爆発事件で殉職してしまった。原作では一度きりの登場。しかもすでに故人であったため、近しかった人物たちの回想のみという形での登場であった。それでも、ファンからは根強い人気がある。手先が器用で、メールを打つのが早かった。ヘビースモーカー。

Read Article

榎本梓(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

榎本梓(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

榎本梓(えのもと あずさ)とは、青山剛昌原作の漫画である『名探偵コナン』に登場する人物で、毛利探偵事務所の下にある喫茶ポアロの従業員。喫茶ポアロの看板娘であり、推理で疲弊した毛利小五郎を癒す存在でもある。時折、小五郎に事件の依頼をすることもしばしば。明るく優しい性格である一方、おっちょこちょいな一面も持ち合わせている。喫茶ポアロがグルメ雑誌に掲載された際には「美人店員の梓さん」と紹介されるほどのかわいらしいルックスをもつ。もとは原作コミックスには登場していないアニメオリジナルキャラクターだった。

Read Article

宮野明美(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

宮野明美(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

宮野明美(みやのあけみ)とは、『名探偵コナン』シリーズの登場キャラクター。当初、アニメ制作チームは原作が長く続くとは思っておらず、単なる1つの話の登場人物だった。しかし連載が続き、黒の組織から逃げ出してきた重要キャラクターの灰原哀(はいばらあい)を宮野明美の妹として設定するため、アニメ版で大幅に内容修正。漫画版初登場の話をベースに生まれ変わったアニメ版の回の犯人として再登場した。最期は黒の組織のジンに撃たれ死亡。その後は、物語の重要人物との関わりが強いため、回想シーンで度々登場していく。

Read Article

萩原千速(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

萩原千速(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

萩原千速(はぎわらちはや)とは『名探偵コナン』シリーズの登場キャラクター。初登場は原作コミックス101巻、アニメ第1,073話「風の女神」。神奈川県警交通部・第三交通機動隊(ホワイトエンジェルズ)小隊長で階級は警部補。弟は警視庁機動隊爆発物処理班の萩原研二(はぎわらけんじ)。作中の7年前に殉職している。ブロンドのロングヘアーで端正な顔立ちをしている。前髪の雰囲気が研二とよく似ており、「風の女神」と評されたほどの美人である。バイクが大好きで、ハンドルを握ると人格が変わる。

Read Article

黒田兵衛(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

黒田兵衛(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

黒田兵衛(くろだ ひょうえ)とは、『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』に登場する人物で、警察庁所属。現在は警視庁捜査第一課の管理官。階級は「警視」。大柄で白髪にヒゲをたくわえており、隻眼。何かの事故に巻き込まれたらしく、10年ほど意識不明の状態で入院していた。主人公であるコナンのことは、「眠りの小五郎の知恵袋」と評している。コナンが追う組織のNo.2である”ラム”候補のひとり。紅茶党。

Read Article

山村ミサオ(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

山村ミサオ(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

山村ミサオ(やまむら みさお)とは『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』の登場人物で、群馬県警刑事部捜査一課の警部。初登場の時は刑事だったが、異例のスピードで警部にまでのし上がった。普段はとんちんかんな推理を披露するが、警察関係者の中で唯一、江戸川コナンに時計型麻酔銃を撃たれ、探偵役を務めている。「黒ずくめの組織」と関係があるかは不明だが、山村警部が時折見せる言動から、江戸川コナンは組織のヒントを得ている。

Read Article

阿笠栗介(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

阿笠栗介(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

阿笠栗介(あがさくりすけ)とは『名探偵コナン』シリーズの登場キャラクター。初登場は原作12巻、アニメ第163話。主人公江戸川コナン(えどがわこなん)の正体が工藤新一(くどうしんいち)だと知る数少ない人物で発明家である阿笠博士(あがさひろし)の伯父。近所では名の通った大富豪だったが、小さい頃から病弱で別荘にて静養しており、博士が2歳だった約50年前に他界している。残された別荘には肖像画が残されており、絵描きを家に招いてまで肖像画をかかせるほどの金持ちであったと予想できる。

Read Article

佐藤美和子(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

佐藤美和子(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

佐藤美和子(さとう みわこ)とは『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』の登場人物で、警視庁刑事部捜査第一課強行犯捜査三係に所属する警部補。目暮十三警部・白鳥任三郎警部の直属の部下として働いている。 美人で男勝りな性格から、警視庁の男性陣からは絶大な人気を誇るが、現在は同じ課の高木渉巡査部長と恋仲の関係。主人公の江戸川コナンのことを「よく気が付く子」と認めている。勘が鋭く、眠りの小五郎の正体や、黒ずくめの組織の存在を探ろうとする。

Read Article

赤井秀一/沖矢昴(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

赤井秀一/沖矢昴(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

赤井秀一(あかいしゅういち)/沖矢昴(おきやすばる)とは、『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』に登場する人物で、FBIの捜査官。狙撃の名手で有効射程距離は1300ヤード。赤井務武・メアリー世良夫妻の長男で、羽田秀𠮷と世良真純の兄。ジークンドーの達人で、得意技はフィンガージャブ。いつも黒いニット帽を被っていて、口癖は「50:50(フィフティ・フィフティ)」。ブラックコーヒーとバーボンウイスキーを愛飲している。ヘビースモーカーで左利き。

Read Article

工藤優作(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

工藤優作(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

工藤優作(くどう ゆうさく)とは、『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』に登場する人物で、「黒ずくめの組織」の毒薬によって幼児化し江戸川コナンになった工藤新一(くどう しんいち)の父親である。世界的に有名な推理小説家で、代表作『闇の男爵(ナイトバロン)』シリーズなどで世界的ヒット作を数多く生み出している。江戸川コナン以上の優れた推理力と知識の持ち主であり、今まで江戸川コナンは推理で一度も工藤優作に勝った事は無い。

Read Article

諸伏高明(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

諸伏高明(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

諸伏高明(もろふしたかあき)とは『名探偵コナン』の登場人物。長野県警刑事部捜査一課の警部。知的な見た目通り推理力に優れており、知識も豊富。『三国志』に登場する賢人が残した教訓や中国の故事などを好んで用いる。そのため、同僚の大和勘助(やまとかんすけ)警部からは「コウメイ」というあだ名で呼ばれている。一見冷静沈着に見られる高明だが、推理に入ると周りが見えなくなるほど没頭し、一度決めたら危険をも顧みずに突き進むという一面も持っている。名前の由来とモデルは『三国志』に登場する軍師・諸葛亮孔明。

Read Article

キュラソー(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

キュラソー(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

キュラソーとは、青山剛昌による推理漫画『名探偵コナン』の劇場版第20作目『名探偵コナン 純黒の悪夢』に登場するゲストキャラクター。映画公開まで”謎の女”として名前が伏せられていた。黒の組織のNo.2”ラム”の右腕であり、高い身体能力と並外れた記憶能力を持つ情報収集のスペシャリスト。本名や国籍は不明で、銀髪のロングヘアーとオッドアイが特徴。任務中に記憶喪失になり少年探偵団と出会ったキュラソーは子供たちと接しているうちに心変わりする。最後には組織を裏切り少年探偵団のみんなを守るために命を落とす。

Read Article

目次 - Contents