ザ・ファブル(漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ザ・ファブル』は日本の青年漫画。作者は南勝久。講談社の『週刊ヤングマガジン』で2014年49号から2019年51号まで第1部が連載された。伝説の殺し屋「ファブル」は組織の命令によって佐藤明という偽名を付けられ、誰も殺さない一般人として生活する。移住先の大阪で、明はパートナー洋子とともに周囲の優しさに触れる。しかし、明たちはトラブルに相次いで巻き込まれていく。2019年、岡田准一が主演を務めて実写映画化され、2021年に第2作が公開される。

宇津帆の部下で、性欲のはけ口にされている。ヒナコは両親を殺されていて、犯人を捜すために宇津帆に近づいていた。しかし、宇津帆が明と戦う際、公になっていない事実を宇津帆が口走ったことから宇津帆が犯人だと気づく。車いす生活を余儀なくされているが、明のアドバイスをもらいながらリハビリしたことで立てるようになる。

バッファローのマスター

演::六角精児
明と洋子が移り住んだ街にあるバー「バッファロー」のマスター。氏名は不詳。

河合ユウキ(かわい)

演:藤森慎吾
女性好きなイケメン。バー「バッファロー」の常連客で、女性を落とすことが趣味。バッファローで見かけた洋子に一目ぼれし、酔わせて持ち帰ろうとするも、逆に洋子に2度にわたって潰されてしまう。

ジャッカル富岡(じゃっかる とみおか)

演:宮川大輔
「なんで俺もやね〜ん」を持ちネタとするお笑い芸人。明が推している唯一の芸人で、ドラマ俳優としても活躍する姿を見て尊敬の念を抱いている。ほとんど感情を表に出さない明だが、ジャッカル富岡のギャクを見ると声を上げて大笑いする。一方で、洋子はその面白さが分からず、「三流芸人」と評している。

カシラ

ボスの「ペットを飼え」という命令により、明が移住先で飼い始めたスグロシロハラインコ。名前を付ける際、頭(カシラ)と呼んだところ鳴いたのでこの名前になった。

『ザ・ファブル』の用語

組織・呼称

ファブル

主人公の佐藤明が裏社会で呼ばれている通称。もともとは、明が所属する組織そのものの呼び名だった。裏社会では組織や明の存在自体が明らかになっていないため、「寓話」という意味を持つ「ファブル」という呼び名がいつの間にか付けられていた。

組織

明が所属する暗殺する組織。詳しいことは全く明らかにされていない。「ファブル」などと呼ばれていることもあるが、ボスや明たちは「組織」と呼んでいる。

真黒組(まぐろぐみ)

大阪府太平市(架空の街)にある暴力団。小さな組織ながらも生き残れているのは、「組織」とのつながりがあるためだとされている。

オクトパス

明と洋子が移り住んだ街にある個人で経営するデザイン会社。アルバイトとして働く明は、配送と雑用係として雇われたが、のちに独特な世界観の絵のセンスが認められ、デザインの仕事もするようになる。

go-11631
go-11631
@go-11631

目次 - Contents