ザ・ファブル(漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ザ・ファブル』は日本の青年漫画。作者は南勝久。講談社の『週刊ヤングマガジン』で2014年49号から2019年51号まで第1部が連載された。伝説の殺し屋「ファブル」は組織の命令によって佐藤明という偽名を付けられ、誰も殺さない一般人として生活する。移住先の大阪で、明はパートナー洋子とともに周囲の優しさに触れる。しかし、明たちはトラブルに相次いで巻き込まれていく。2019年、岡田准一が主演を務めて実写映画化され、2021年に第2作が公開される。

海老原の愛車。

『ザ・ファブル』の名言・名セリフ/名シーン・名場面

熱い物が食べられない佐藤明

明は熱い物が食べられない。明の分かりやすい特徴の一つで、殺し屋としての強さを裏付ける反応でもある。幼少期、殺し屋の技術を養うために山で生活していた際、毒のある草、ヘビ、虫などを食べてきたことで、「身体に入れてもいいものか」を見極めるために舌が敏感に。相手に狙われた際、毒殺などにも対応できるようになっている。

額を指でトントン

謎に包まれた明の謎の行動。一般人と殺し屋のスイッチを入れ替えるための動作だという。なぜ額を指でつつくことでスイッチが入るかは謎だが、明にとってはこの方法が一番という。ミサキの救出や山岡ら殺し屋と戦う際、この方法で殺し屋のスイッチを入れていた。

テキーラ飲み比べ

テキーラの飲み比べは、移住先で暇を持て余した洋子が趣味にしたもの。物語を盛り上げる代表的なシーンの一つでもある。洋子は、自分に自信を持った男性や酒が強いと豪語する男性とテキーラを飲み比べをして、酔い潰すのを楽しんでいる。

ジャッカル富岡「なんで俺もやね〜ん」

「なんで俺もやね〜ん」という台詞は、明が好きなお笑い芸人、ジャッカル富岡のギャグのこと。映画版でもジャッカル富岡を演じる宮川大輔が「なんで俺もやね~ん」を披露している。物語を盛り上げる一つのセリフとなっている。

河合ユウキ「ペッ…だい……ヨ……ちゃ……」

「ペッ…だい……ヨ……ちゃ……」という台詞は、洋子とのテキーラ飲み比べで酔いつぶれた河合が話した言葉。「ぺっ、だいじょうぶ。ようこちゃん」と言いたいところが、あまりにも酔いすぎて言葉にならず、「ぺっだいよちゃ」となった。このあとから、洋子は河合のことを「ペダイヨチャ」と陰で呼ぶようになる。

佐藤明「もう誰も殺したくないと思った」

「もう誰も殺したくないと思った」という台詞は、明がミサキに語り掛けた言葉。人を殺すことに対して一切の私情をはさむことがなかった明。それは、長年にわたって受けてきた厳しい訓練が影響しているとみられ、ふだんの生活の中でも感情の起伏はほとんどなくなっていた。しかし、組織の命令で殺すことを禁じられた上、移住先で一般人として生活を送ってきた明は、人としての当たり前の感情が芽生えた。殺し屋とは真逆の平和な生活を送るうち、周囲を思いやる気持ちを持つようになっていた。

佐藤明「6秒だ」

「6秒だ」という台詞は、明や洋子ら組織の人間が対峙した敵に向けて使われる言葉の一つ。6秒以内に相手を倒すという意味で、明たちが所属する組織では、格闘の際に心構えとして教え込まれている。相手の動きなどを先読みし、圧倒的な殺しの技術が詰め込まれている。物語の中でも、明は瞬時に敵を倒してしまう。

『ザ・ファブル』の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

go-11631
go-11631
@go-11631

目次 - Contents