チェンソーマンの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『チェンソーマン』とは、デビルハンターたちの戦いの日々を描いた藤本タツキによる漫画作品。
父の借金を返すために悪魔退治をして金を稼ぐ少年デンジ。ある時ヤクザのボスにハメられて命を落とすも、相棒でもあるチェンソーの悪魔・ポチタと融合することで復活。魔人となったデンジの前にマキマと名乗る美女が現れ、公安所属のデビルハンターにならないかとスカウトしてくる。
鬼才藤本タツキの描く奇想天外な物語は、赤裸々にして残酷な名セリフの数々で彩られ、読者を魅了すると共に深い印象を残した。

『チェンソーマン』の概要

『チェンソーマン』とは『週刊少年ジャンプ』2019年1号より連載中の藤本タツキによる漫画。ジャンルはダークアクション。作者の藤本タツキは『ジャンプ+』で連載していたデビュー作『ファイアパンチ』に続いて本作が2作目の作品となる。
連載当初からその尖ったアクションやギャグとシリアスの緩急が見事なキャラクター同士の軽妙な掛け合い、血や臓物が噴き出す容赦ないバイオレンス描写や頭部が異形と化したビザールな悪魔の造形がネットを中心に大きな話題を呼ぶ。
『みんなが選ぶTSUTAYAコミック大賞2019』では9位、『第5回次にくるマンガ大賞』では2位、『このマンガがすごい!2020』のオトコ部門では4位を獲得している。
シリーズの累計発行部数は単行本第7巻発売時点で210万部を記録。

悪魔と呼ばれる異形の存在が人間を害する世界。
極貧の少年・デンジと、一見変な犬にしか見えないチェンソーの悪魔であるポチタは、デンジの父親が残した借金返済の為悪魔を駆除するデビルハンターの仕事で稼いでいた。ある日デンジは自分に仕事を斡旋していたヤクザに騙され、ゾンビの悪魔によってポチタと共に殺害される。しかしポチタはデンジの血を飲んで甦り、自らがデンジの心臓となることで彼を生き返らせる。ポチタと合体してチェンソーの悪魔へ変身したデンジはゾンビの集団を駆逐し、現場に駆け付けた公安のデビルハンターであるマキマに即戦力としてスカウトされる。
鬼才藤本タツキの描く奇想天外な物語は、荒唐無稽なようで計算され尽くされたジェットコースターのような代物で、ある場面では赤裸々、ある場面では残酷な名セリフの数々で彩られている。それらは読者を魅了すると共に、各々の心に傷跡のように刻まれ、少年漫画とは思えないほどの深い印象を残した。ここではそれを紹介する。

デンジの名言・名セリフ/名シーン・名場面

「お前を助けてやるから…俺を助けろ やっぱ俺も死にたくねえ…」

雨が降る中で出会ったデンジとポチタ。この時の契約が後の展開に大きく関わってゆく。

父が借金を抱えて自殺してしまい、一人残されてしまったデンジ。生きるか死ぬかギリギリのところまで追い込まれたデンジは、チェンソーの悪魔・ポチタに出会う。怪我を負って弱っていたポチタを救う決意をしたデンジは「俺の血はタダじゃねえ…これは契約だ」と告げ、血を与えた。ポチタが血を口にしている間、デンジは「お前を助けてやるから…俺を助けろ やっぱ俺も死にたくねえ…」と呟く。父親が遺した借金を抱えていかなければならない自分には、明るい未来は待っていない。人生を諦めていたデンジだったが、懸命に生きようとするポチタの姿を目にして、本音が漏れ出る。悪魔と人間の契約は強力な力を持つもの。デンジの本心を聞き入れたポチタはデンジと行動を共にし、やがてかけがえのない存在となっていく。

「俺は軽~い気持ちでデビルハンターになったけどよぉ この生活続ける為だったら死んでもいいぜ」

命を懸ける理由に貴賤無し。志は低くとも、デンジは常に本気である。

東京本部に連れてこられた初日、アキと引き合わされたデンジは彼に路地裏に連れ込まれる。アキはデンジを殴り、生半可な気持ちでデビルハンターをするなら長続きしない、さっさと辞めろとを脅す。デンジはそんなアキにやり返し、他の誰がどう言おうと今の生活を守る為なら何でもすると宣言する。ヤクザに畜生のようにこき使われてきたデンジは、マキマに初めてうどんを食べさせてもらい、こざっぱりした服を与えられた。デビルハンターになる理由に軽重はないと思わされる、過酷な人生経験に裏打ちされた言葉。

「み~んな俺んヤル事見下しやがってよお……復讐だの 家族を守りたいだの 猫救うだの あーだのこーだの みんな凄い夢を持ってていいなァ!じゃあ夢バトルしようぜ!夢バトル!!」

高尚な夢を抱いていれば偉いのか。下賤な夢を抱くヤツはダメなのか。デンジが激する時、そこには常に生々しい感情の動きがある。

ヒルの悪魔と対峙したデンジは、ヒルの悪魔に夢を問われて「女の胸を揉むことだ」と堂々答える。それを聞いたヒルの悪魔に馬鹿にされ、キレたデンジの言葉。他のメンバーのように誰かを助けたい、守りたい、復讐したいだのの信念は持たないが、何もなかった自分に漸くできた目標を蔑まれたデンジは、怒り狂ってヒルの悪魔に立ち向かっていく。デンジの痛快なまでのキレっぷりが伝わるセリフ。

「テメエが俺に切られて血ィ流して!俺がテメエの血ィ飲んで回復……!永久機関が完成しちまったなァァ~!!これでノーベル賞は俺ンもんだぜ~!!」

舞うは血風、散るは臓物。この苛烈な描写こそ本作の真骨頂である。

永遠の悪魔を倒す為にデンジが閃いた方法とは、わざと永遠の悪魔に食われ、その体内で滅茶苦茶に暴れ回ることだった。デンジは三日三晩永遠の悪魔の体内を切り刻み、傷口から噴き出す血を飲んで回復し、自分から死にたくなるまで痛め付ける。デンジのイカレっぷりに痺れるセリフ。

デンジvsアキ(銃の悪魔)

銃の悪魔に憑依されたアキを前に、デンジは非情な決断を迫られる。

銃の悪魔に乗り移られ、破壊の限りを尽くすアキ。それを止めようと、必死に呼びかけ続けるデンジ。一方的に叩きのめされ、何発もの銃弾を浴び、ついに力尽きるデンジを逃げ惑うことしかできなかった人々が助け起こす。
デンジの活躍をテレビで見た、どうか助けてほしい。そういって自身に血を捧げる人々を見て、デンジは彼らを守るためにはアキを殺すしかないことを悟る。
人々の希望を背負って脅威に立ち向かいながら、家族同然の仲間をその手で殺すしかないという絶望に苦しむデンジの姿が、痛々しいほどに印象的なシーンである。

「恋しいよ…」

色気もロマンも無い狭いゴミ箱の中、デンジたちは情愛に満ちた言葉を交わす。

マキマとその部下たちの猛攻によって気を失ったデンジ(=チェンソーマン)が目を覚ました時、眼前には死んだはずのパワーがいた。再会を喜ぶ二人だったが、助けに来たというパワーに対して、デンジは「もういいんだ」と諦念を口にする。
美味いものをたくさん食べて、女とイチャイチャして、みんなでゲームして、借金地獄の中にいた頃の自分からすれば夢のような生活ができた。これ以上生きていてもきっといいことなんか無い、だから「もういい」。虚無感に囚われたデンジは、この再会をも夢だと考えたのか、パワーがもう自分の側にはいないことも理由に付け加える。それに対して「アホ」と連呼し、そんなにイジけるほど自分のことが恋しいのかと問うパワーに対し、デンジが返したあまりにも素直な言葉が見出しのものである。
いつも騒がしく言い争い、何かあれば互いに責任を擦り付け合っていたデンジとパワー。それでもどこか似た気質を持つ二人の間には、友人として、家族として、あるいは男女としての情愛が存在していたことを感じさせる、叙情溢れるシーン。この場面はまるで古い名画のごとく影を落とした演出が為されており、息もかかるような距離で見つめ合っていた彼らがどんな顔をしていたのかは、読者の想像に委ねられている。

「マキマさんってこんな味かぁ…」

「事実上ほぼ不死身の存在であるマキマをどうやって倒すのか」。突き付けられたこの難題に、デンジは奇想天外かつ尋常ならざる策で対処する。

あらゆる負傷を、“日本人の誰か”に事故や病気の形で押し付けて復活するマキマ。全ての日本人を殺さない限り倒すことができず、事実上日本の全国民を人質に取っているような状態である彼女をどうやって滅ぼすのか。デンジが知恵を絞って閃いた策は、「食べた悪魔を完全に消滅させる」というチェンソーマンの能力を使うことだった。
その場で丸呑みにするでも、チェンソーマンの姿で貪るでもなく、恐らくは“無力化してから肉塊になるまで解体し、料理にして毎日少しずつ食べる”という手段を選んだことにデンジの決意と異常性が見て取れる。かつてマキマは「チェンソーマンに食べられてその一部になるなら光栄」といった主旨のことを口にしているが、デンジに味わわれながら少しずつ消滅させられていくことに何を思うのかは、まさに神のみぞ知るといったところである。

shuichi
shuichi
@shuichi

Related Articles関連記事

チェンソーマン(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

チェンソーマン(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『チェンソーマン』とは、『週刊少年ジャンプ』2019年1号より連載中の藤本タツキによる漫画。主人公・デンジは、チェンソーの悪魔である相棒の犬・ポチタとともに悪魔退治をして死んだ父親の莫大な借金を返済していた。明日をも知れない極貧生活の中、デンジは自分を飼っていたヤクザのボスにハメられて殺されかけるが、ポチタと融合して彼自身がチェンソーの悪魔へ変身しヤクザたちを皆殺しにする。そんなデンジをマキマと名乗る美女が、公安所属のデビルハンターにならないかスカウトにくる。

Read Article

チェンソーマン(第二部)のネタバレ解説・考察まとめ

チェンソーマン(第二部)のネタバレ解説・考察まとめ

『チェンソーマン(第二部)』とは、人の世で暴れる悪魔と、それを追うデビルハンターと、彼らに振り回される人々を描いた藤本タツキによる漫画作品。第一部はその巧みな構成とバイオレンスさで大きな話題となり、藤本の才能を世に知らしめる出世作となった。 高校生の三鷹アサは、悪魔に襲われて命を落とすも、戦争の悪魔がその体に入り込んだことで蘇生。肉体を共有しつつ、ヨルと名乗り始めた戦争の悪魔から「自分に協力しないと殺す」と脅されたアサは、命じられるまま噂のデビルハンターチェンソーマンを探すこととなる。

Read Article

チェンソーマンの悪魔・魔人まとめ

チェンソーマンの悪魔・魔人まとめ

『チェンソーマン』とは、超常的な力で人々に仇なす悪魔たちの脅威と暗躍と陰謀と、それを「美味い飯を食べたい、女の子にモテたい」という俗っぽい欲のために死に物狂いで倒していくデビルハンターの少年デンジの活躍を描いた漫画作品である。 作中には数多くの悪魔と、悪魔が人間の死体に取りついた存在である魔人が登場し、時には敵として、時には味方として物語を盛り上げている。本記事ではそれらの悪魔と魔人、そして主人公のデンジと相棒のポチタを含む「悪魔でも魔人でもない存在」について紹介する。

Read Article

チェンソーマンの公安対魔特異課まとめ

チェンソーマンの公安対魔特異課まとめ

『チェンソーマン』とは、超常的な力で人々に仇なす悪魔たちの脅威と暗躍と陰謀と、それを「美味い飯を食べたい、女の子にモテたい」という俗っぽい欲のために死に物狂いで倒していく少年デンジの活躍を描いた漫画作品である。 公安対魔特異課(こうあんたいまとくいか)は作中に存在する組織で、主人公であるデンジもここに所属している。対悪魔を想定した実戦部隊で、高い給与と充実した福利厚生で知られる一方、その職務内容から殉職者や離職する者が非常に多い。作中でも大半の構成員が様々な形で退場している。

Read Article

チェンソーマンの歴代OP・ED主題歌・挿入歌まとめ

チェンソーマンの歴代OP・ED主題歌・挿入歌まとめ

『チェンソーマン』とは、少年漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』で連載された、藤本タツキによる悪魔と人間の残酷な戦いを描いた漫画。チェンソーの悪魔「ポチタ」と共に極貧の生活を送っていた少年デンジが、ポチタの力をその体に宿した不死身のチェンソー人間となったことで公安のデビルハンターとして戦っていくことになる。従来の少年漫画とは一線を画した過酷な展開、容赦のない残酷な死、そして誰にも予測できない物語が漫画界に衝撃を与えた。2022年にMAPPA制作のアニメが公開された。

Read Article

チェンソーマンのデビルハンターまとめ

チェンソーマンのデビルハンターまとめ

『チェンソーマン』とは、超常的な力で人々に仇なす悪魔たちの脅威と暗躍と陰謀と、それを「美味い飯を食べたい、女の子にモテたい」という俗っぽい欲のために死に物狂いで倒していく少年デンジの活躍を描いた漫画作品である。 そのデンジを含む、“悪魔と戦う”ことを生業とする者たちを「デビルハンター」と呼ぶ。銃火器で武装している者から友好的な悪魔と契約している者まで、戦闘スタイルは多種多様。公的な組織の者から民間の者まで、時には共闘、時には敵対しながら活躍するデビルハンターたちを紹介する。

Read Article

公安対魔特異課(チェンソーマン)の壮絶な過去を持つキャラクターまとめ

公安対魔特異課(チェンソーマン)の壮絶な過去を持つキャラクターまとめ

人気漫画『チェンソーマン』に登場する「公安対魔特異課」(こうあんたいまとくいか)は、悪魔を駆除することを職務とする公的機関であり、その死亡率の高さを知ってもなおここで働くしかない“壮絶な過去”を持つキャラクターが多く身を置いている。 才能に恵まれたがために他の生き方ができなくなった岸辺。復讐のために戦い続け、やがて気力を失っていった姫野。実家の貧困が理由で他の選択肢を失った東山コベニ。ここでは、公安対魔特異課に所属するキャラクターの中でも特に壮絶な過去を持つ者たちを紹介する。

Read Article

チェンソーマンの壮絶な過去を持つキャラクターまとめ

チェンソーマンの壮絶な過去を持つキャラクターまとめ

チェンソーの悪魔と融合してしまった少年デンジを中心に、人を襲う悪魔とそれを狩るデビルハンターたちの血で血を洗う戦いとドタバタの日常を描いた『チェンソーマン』には、壮絶な過去を持つキャラクターが数多く登場する。 貧困の中で親を殺し、その記憶を封じて生きてきたデンジ。己の命と人生を懸けて家族を殺した怪物を追い続ける早川アキ。初めて芽生えた愛情のために悪魔の言いなりとなるパワー。孤独に苛まれ、理解者を求め続けたマキマ。ここでは、特に壮絶な過去を持つ『チェンソーマン』のキャラクターたちを紹介する。

Read Article

デビルハンター(チェンソーマン)の壮絶な過去を持つキャラクターまとめ

デビルハンター(チェンソーマン)の壮絶な過去を持つキャラクターまとめ

人気漫画『チェンソーマン』に登場するデビルハンターには、「人間を襲う凶悪な悪魔を退治して報酬を得る」という仕事の内容上、いつ大きな怪我をするか、または命を落とすか分かったものではなく、その危険な職務に相応の理由と重たい過去を持つ者が多数存在する。 デビルハンターとしての栄達のため多くのものを犠牲にしたサムライソードのような者もいれば、多くの謎を残したまま暗躍を続ける吉田ヒロフミのような者もいる。ここでは、作中のデビルハンターの中でも、公安に未所属かつ壮絶な過去を持つ者について紹介していく。

Read Article

悪魔(チェンソーマン)の壮絶な過去を持つキャラクターまとめ

悪魔(チェンソーマン)の壮絶な過去を持つキャラクターまとめ

人気漫画『チェンソーマン』に登場する悪魔たちは、その多くが人間を襲う危険な怪物だが、同時にそれぞれが人格と様々な過去を持つ個性的なキャラクターでもある。彼らは時に時として、時に味方として主人公デンジと仲間たちに関わり、物語の裏に隠された謎の一端を紹介する役目を担ってきた。 何人もの人間を破滅させてきた永遠の悪魔。恐るべき大虐殺を行い、世界中を戦慄させた銃の悪魔。チェンソーマンへのリベンジを果たさんと執念を燃やす戦争の悪魔。ここでは、悪魔たちの中でも特に壮絶な過去を持つキャラクターを紹介する。

Read Article

魔人(チェンソーマン)の壮絶な過去を持つキャラクターまとめ

魔人(チェンソーマン)の壮絶な過去を持つキャラクターまとめ

人気漫画『チェンソーマン』に登場する魔人は、悪魔が人間の死体に入り込んだ存在であり、“人でも悪魔でもない存在”として独特のドラマを背負っている。同じく“人でもあくまでもない存在”である主人公のデンジの対になる存在として、敵としても味方としても物語を大いに盛り上げた。 ここでは、魔人の中でも特に壮絶な過去を持つキャラクターを紹介する。信頼する仲間にして家族同然の存在であったにも関わらずデンジと私闘を繰り広げた銃の魔人、人間側の自我と共存しながら活動する戦争の魔人と、様々なタイプが存在する。

Read Article

ポチタ/チェンソーの悪魔(チェンソーマン)の徹底解説・考察まとめ

ポチタ/チェンソーの悪魔(チェンソーマン)の徹底解説・考察まとめ

ポチタとは『チェンソーマン』の登場キャラクターでチェンソーの悪魔。鼻先からチェンソーの刃が生えた仔犬のような愛らしい見た目をしている。怪我をして倒れていたところをデンジに拾われ、血を与えられる代わりにデンジを助ける契約を交わした。その後は2人でデビルハンター稼業をして細々と暮らしていたが、雇い主のヤクザにデンジが殺害されると「自分の心臓をデンジにあげる代わりにデンジの夢を自分に見せてほしい」と言ってデンジの心臓と一体化した。その正体は悪魔さえ恐れる地獄のヒーロー「チェンソーマン」。

Read Article

デンジ(チェンソーマン)の徹底解説・考察まとめ

デンジ(チェンソーマン)の徹底解説・考察まとめ

デンジとは、藤本タツキによるアクションスリラー漫画『チェンソーマン』の主人公でデビルハンター。「チェンソーの悪魔」ポチタと契約したことで、頭部がチェンソーの怪人に変身できるようになった。 極貧の暮らしから救ってくれたマキマに好意を抱いており、彼女と付き合いたいという目的のために公安のデビルハンターとして働くことになる。同僚の早川アキや「血の魔人」パワーらと共に常識外れのはちゃめちゃな大活躍を繰り広げ、いつしか「チェンソーマン」の名は世界中の人に知られることになった。

Read Article

マキマ/支配の悪魔(チェンソーマン)の徹底解説・考察まとめ

マキマ/支配の悪魔(チェンソーマン)の徹底解説・考察まとめ

マキマとは『チェンソーマン』の登場人物で、内閣府直属のデビルハンター。公安退魔特異4課を取り仕切るリーダーでもある。長い髪を三つ編みに束ねるミステリアスな美女で、主人公・デンジにとっては憧れの存在。基本的に物腰柔らかいが時折シビアで残忍な言動を見せ、空恐ろしさを感じさせる。 人間の姿をしているが、正体は作中最強クラスの能力を持つ「支配の悪魔」。終盤では「チェンソーマンの力でより良い世界を作る」という本当の思惑が判明し、黒幕としてデンジを利用していたことが明らかとなった。

Read Article

早川アキ(チェンソーマン)の徹底解説・考察まとめ

早川アキ(チェンソーマン)の徹底解説・考察まとめ

早川アキとは、『チェンソーマン』の登場人物で公安退魔特異4課所属のデビルハンター。主人公デンジの先輩でもあり、最初は反発しあっていたものの徐々にかけがえのない仲間となっていく。銃の悪魔に家族を殺された過去があり、復讐を果たすため公安に入る。性格は温厚で常識的だが、内に強い信念を抱く激情家。家族の仇を追い求めて、自分の命を削りながら悪魔との死闘を繰り広げる。

Read Article

銃の悪魔(チェンソーマン)の徹底解説・考察まとめ

銃の悪魔(チェンソーマン)の徹底解説・考察まとめ

銃の悪魔とは『チェンソーマン』に登場する悪魔。非常に強大な悪魔として知られており、13年前初めて出現した際は7分ほどの内に世界各国で120万人弱を殺害した。その後銃の悪魔は姿を消したものの、その事件で悪魔そのものへの恐怖が高まり悪魔全体がパワーアップするなど世界に大きな影響を与えている。その姿は山にも匹敵する巨体で、頭が拳銃を模した形になっているほか背中と腕に大量のマシンガンが生え、胸部には無数の人の頭が付いている。

Read Article

沢渡アカネ(チェンソーマン)の徹底解説・考察まとめ

沢渡アカネ(チェンソーマン)の徹底解説・考察まとめ

沢渡アカネとは『チェンソーマン』の登場人物でヘビの悪魔の契約者。元々は民間デビルハンターだったが、なんらかのきっかけで「銃の悪魔」と契約し、チェンソーの悪魔であるデンジの心臓を狙うようになる。金髪のショートカットが特徴の少女で、常に冷静沈着にふるまう。自身の爪などを代償に契約しているヘビの悪魔を呼び出し、対象を丸呑みにさせたり呑んだものを吐き出させたりすることができる。最終的に公安に捕縛されたが情報を聞き出す前にヘビの悪魔に首をはねられ死亡した。

Read Article

パワー/血の魔人(チェンソーマン)の徹底解説・考察まとめ

パワー/血の魔人(チェンソーマン)の徹底解説・考察まとめ

パワーとは『チェンソーマン』の登場人物で、主人公デンジのバディとなる血の魔人。人間と敵対する魔人ではあるが、知能が高いため公安特異4課所属のデビルハンターとして働いている。利己的な言動で周囲を振り回すが、本質的には臆病で憎めない性格。最終的に初めての友達であるデンジを助けるため、圧倒的な力を持つマキマに逆らい命を落とした。

Read Article

東山コベニ(チェンソーマン)の徹底解説・考察まとめ

東山コベニ(チェンソーマン)の徹底解説・考察まとめ

東山コベニとは、チェンソーマンの登場人物で、公安退魔特異4課のデビルハンターである。 主人公デンジとはほぼ同期の関係になる。引っ込み思案な性格で、いつもオドオドしているが、先輩である姫野からは「かなり動ける」と評されている。実際ヤクザグループが襲撃した際には、コベニの活躍によりデンジを救い出した。家族との関係はあまり良くない。 作中最後まで生き残る数少ない登場人物である。

Read Article

クァンシ/弓矢の悪魔(チェンソーマン)の徹底解説・考察まとめ

クァンシ/弓矢の悪魔(チェンソーマン)の徹底解説・考察まとめ

クァンシとは『チェンソーマン』の登場人物で凄腕のデビルハンター。中国政府からの依頼でデンジを捕らえるため来日する。右目の眼帯と銀髪が特徴の美女で、傍らには常に4人の魔人達を愛人として侍らせている。デンジ捕獲の指令を受けたのも魔人達に人権と義務教育を与えるため。常に気だるげな雰囲気を漂わせているが戦闘能力は非常に高く、かつてのバディだった岸辺からは「素手で殴り合いをさせたら人類最強」と評されている。また、弓矢の悪魔に変身する能力を持つ。

Read Article

闇の悪魔(チェンソーマン)の徹底解説・考察まとめ

闇の悪魔(チェンソーマン)の徹底解説・考察まとめ

闇の悪魔とは、藤本タツキの漫画『チェンソーマン』に登場した地獄に住む最強の悪魔。悪魔は現世で死ぬと地獄に生まれ、地獄で死ぬと現世に生まれるという輪廻転生を繰り返しているが、地獄に生まれてから一度も死なずに生き続けている悪魔が存在する。闇の悪魔はそんな悪魔の1体で、「超越者」「根源的恐怖の名前を持つ悪魔」などと呼ばれてあらゆる悪魔から恐れられている。 アーティスティックでおぞましい登場シーンは読者の心に大きなインパクトを残した。

Read Article

レゼ/爆弾の悪魔(チェンソーマン)の徹底解説・考察まとめ

レゼ/爆弾の悪魔(チェンソーマン)の徹底解説・考察まとめ

レゼとはチェンソーマンの登場人物で、とある雨の日主人公デンジが電話ボックスの中で出会った女性。カフェ「二道」でバイトをしている。きゃしゃで物腰穏やかな美少女であり、右側にリングの付いたチョーカーを首につけている。デンジとレゼは夜の学校に忍び込んだり一緒にお祭りに行ったりしながら徐々に距離を縮めていく。しかしレゼの正体はデンジの心臓を狙うソ連の工作員で、「爆弾の悪魔」と融合し頭部を爆弾に変えられる武器人間だった。

Read Article

永遠の悪魔(チェンソーマン)の徹底解説・考察まとめ

永遠の悪魔(チェンソーマン)の徹底解説・考察まとめ

永遠の悪魔(えいえんのあくま)とは、藤本タツキの漫画『チェンソーマン』に登場するチェンソーマンの心臓を狙う悪魔。空間を捻じ曲げ、外部と完全に遮断された脱出不可能な領域とすることができる。デンジの中にあるチェンソーの悪魔の心臓を狙って公安4課の面々をホテルのフロアに閉じ込め、デンジを差し出すように要求する。対処不可能な状況にコベニが錯乱し、荒井がデンジを差し出そうとする中、「永遠の悪魔が死にたくなるまで痛めつける」という作戦を思いついたデンジによって殺される。

Read Article

岸辺(チェンソーマン)の徹底解説・考察まとめ

岸辺(チェンソーマン)の徹底解説・考察まとめ

岸辺とは『チェンソーマン』の登場人物で、公安に所属するベテランのデビルハンター。初登場時は退魔特異1課だったが、後に人員不足のため1、2、3課が特異4課に合併されると、4課の隊長に就任した。生身の人間としては作中最強クラスの戦闘能力を持ち、デビルハンターとしての戦い方をデンジやパワーに指導する。「悪魔が恐れるデビルハンターは頭のネジがぶっ飛んでるヤツ」という持論を持ち、自身も酒の力で頭のネジを外してエキセントリックにふるまっているが、根は人情家であり教え子に深い愛情を抱いている。

Read Article

吉田ヒロフミ(チェンソーマン)の徹底解説・考察まとめ

吉田ヒロフミ(チェンソーマン)の徹底解説・考察まとめ

吉田ヒロフミとは『チェンソーマン』の登場人物で民間デビルハンター。デンジが各国の刺客から狙われた際、護衛としてマキマに雇われる。作中では珍しい民間のデビルハンターながらその戦闘力は非常に高く、作中最強キャラクターの1人であるクァンシの攻撃も素手で受け止めている。契約悪魔は「蛸の悪魔」で、蛸足による攻撃のほか墨での攪乱や索敵など様々な用途に使用可能。色気のある顔立ちで風格も十分だが、実は現役高校生である。

Read Article

荒井ヒロカズ(チェンソーマン)の徹底解説・考察まとめ

荒井ヒロカズ(チェンソーマン)の徹底解説・考察まとめ

荒井ヒロカズとは『チェンソーマン』の登場人物で公安退魔特異4課に所属する新人デビルハンター。契約悪魔は狐の悪魔。堅物で面倒見のいい性格で、趣味は俳句である。指導役である先輩デビルハンターの姫野は「実力不足だけどやる気は十分」と彼を評している。当初デンジに対して反感を抱いていたが、「永遠の悪魔」との戦いを通してデンジの実力を認めるようになる。テロリストグループによる特異課襲撃の際、同僚でバディの東山コベニを庇って銃撃され死亡した。

Read Article

暴力の魔人/ガルガリ(チェンソーマン)の徹底解説・考察まとめ

暴力の魔人/ガルガリ(チェンソーマン)の徹底解説・考察まとめ

暴力の魔人(ガルガリ)とはチェンソーマンの登場人物で、公安退魔特異4課所属の魔人。ガスマスクとペストマスクを合わせたような仮面を装着し、パーカーを被っている男性。魔人でありながら強すぎるため、常に毒の出る仮面で力を制御されている。他の魔人と比べて人間の脳が多く残っていることから理性が高く、争いを嫌う気さくな性格。バディである東山コベニとの仲も良好で、「自分はマスクで食べられないからコベニが幸せそうに食べてる姿を見たい」とよく食べ物をおごっている。

Read Article

天使の悪魔/エンジェル(チェンソーマン)の徹底解説・考察まとめ

天使の悪魔/エンジェル(チェンソーマン)の徹底解説・考察まとめ

天使の悪魔(エンジェル)とは『チェンソーマン』の登場人物で、公安退魔特異4課に所属する悪魔。「天使」という名前の通り、背中に翼を持ち頭の上には天使の輪が浮かんでいる。中性的な見た目だが男性で、人間の寿命を吸い取るという特殊能力を持つ。姫川の死後、後任として早川アキのバディとなるが、「働くくらいなら死んだ方がマシ」と公言するほどの怠け癖から当初は不仲であった。しかしレゼや台風の悪魔との戦いを通して、徐々にアキとバディとしての絆を深めていく。

Read Article

ニャーコ(チェンソーマン)の徹底解説・考察まとめ

ニャーコ(チェンソーマン)の徹底解説・考察まとめ

ニャーコとは、藤本タツキの漫画『チェンソーマン』に登場する血の悪魔、パワーの飼い猫。パワーが公安に捕らえられる前にパワーと出会い、友達になる。コウモリの悪魔にニャーコを捕らえられたパワーはニャーコを助けるためにコウモリの悪魔の言いなりになっていた。公安でバディとなったデンジを差し出し、ニャーコを助けようとする。デンジはコウモリの悪魔を殺してパワーとニャーコを助け出した。この件の後、パワーはデンジと共にアキの家で暮らすことになった。

Read Article

姫野(チェンソーマン)の徹底解説・考察まとめ

姫野(チェンソーマン)の徹底解説・考察まとめ

姫野とは『チェンソーマン』の登場人物で公安退魔特異4課所属のデビルハンター。黒髪に眼帯の女性で、契約悪魔は「幽霊の悪魔」である。明るく茶目っ気のある性格だが、過去に5人のバディを失った経験から心のうちに暗い部分を抱えている。現在のバディである早川アキに好意を抱いており、彼が公安を辞めて穏やかに生きることを願っていた。酒乱であり、酔うと誰彼構わずキスしようとする悪癖がある。最期はサムライソードと沢渡アカネの襲撃を受け、アキを守るために自らの全てを幽霊の悪魔に捧げて死亡した。

Read Article

銃の魔人(チェンソーマン)の徹底解説・考察まとめ

銃の魔人(チェンソーマン)の徹底解説・考察まとめ

銃の魔人とは、藤本タツキの漫画『チェンソーマン』に登場する銃の悪魔が早川アキの死体に入ったことで生まれた魔人。銃の悪魔の意識はほとんどなく、子どものアキがデンジと遊ぶ夢を見ている。破壊力は銃の悪魔に遠く及ばないが、周囲の建物や人をほとんど認識しておらず、無軌道に破壊と殺戮を続ける。デンジは民間人を守りながら必死にアキを呼び続けたが、その想いが届くことはなく、アキが目を覚ますことはなかった。銃の魔人と化したアキの死によって物語はクライマックスへ向かっていく。

Read Article

ビーム/サメの魔人(チェンソーマン)の徹底解説・考察まとめ

ビーム/サメの魔人(チェンソーマン)の徹底解説・考察まとめ

ビームとは『チェンソーマン』の登場人物で公安退魔特異4課に所属するサメの魔人。頭部の上半分がサメの頭と背鰭になっており、戦闘時は頭部全体をサメに変えて対象を噛みちぎる。壁の中や地面などどこでも泳ぐことができ、短時間なら悪魔本来の姿に戻ることが可能。パワーが血抜きで不在の間、代理でデンジとバディを組んだ。デンジのことを「チェンソー様」と呼んで慕っており、「台風の悪魔」とレゼとの戦いではデンジを背中に乗せて抜群のコンビネーションを見せた。

Read Article

ナユタ(チェンソーマン)の徹底解説・考察まとめ

ナユタ(チェンソーマン)の徹底解説・考察まとめ

ナユタとは、藤本タツキの漫画『チェンソーマン』第一部の最終回に登場した支配の悪魔。デンジとの戦いの末にマキマが死亡し、新たに人間界に転生した。生まれる前のマキマとしての記憶は一切ない。中国にいたところを岸辺がさらってきた。日本政府に預けるとマキマのようにすべてを意のままに支配する悪魔になってしまうため、デンジが預かって面倒を見ることになった。食べたいものを聞かれたナユタが答えたのは「食パン」だった。

Read Article

サムライソード/刀の悪魔(チェンソーマン)の徹底解説・考察まとめ

サムライソード/刀の悪魔(チェンソーマン)の徹底解説・考察まとめ

サムライソードとは『チェンソーマン』の登場人物で主人公デンジに敵対する敵役。デンジと同様に刀の悪魔の心臓を移植されており、左手首から刀を抜くことで悪魔の姿に変身できる。自分の正当性を疑わない独善的な性格で、かつてデンジに祖父のヤクザを殺されたことを恨み、沢渡アカネと組んで公安特異課襲撃事件を計画した。初めての対決では目にもとまらぬ居合斬りでデンジを圧倒したが、再戦時には修行を経てパワーアップしたデンジによって体を真っ二つにされ敗北した。

Read Article

未来の悪魔(チェンソーマン)の徹底解説・考察まとめ

未来の悪魔(チェンソーマン)の徹底解説・考察まとめ

未来の悪魔とは、藤本タツキの漫画『チェンソーマン』に登場し、早川アキと契約して未来を見る力を与えた悪魔。公安の地下に収容されている高位の悪魔で、狐の悪魔と呪いの悪魔の力を使えなくなったアキが新たに契約した。樹木で出来た人間のような姿をしており、常に「未来最高!」と叫んでいる。人間にも「未来最高」と叫ぶことをたびたび要求する。 アキの人生の悲惨な結末を知り、それを見届けるために破格の条件で契約した。戦闘においてはアキを大いに助けたが、たびたび「最悪の未来」を見せてはアキの苦悩を楽しんでいた。

Read Article

トーリカの師匠/真のサンタクロース(チェンソーマン)の徹底解説・考察まとめ

トーリカの師匠/真のサンタクロース(チェンソーマン)の徹底解説・考察まとめ

トーリカの師匠(真のサンタクロース)とは『チェンソーマン』の登場人物で北国に暮らすデビルハンター。弟子であるトーリカと山中で狩りをして暮らしている。国からの依頼でデンジの心臓を奪うべくトーリカと共に来日した。一見柔和な女性に見えるが、ターゲットに気づかれることなく複数回の攻撃を加えるなどデビルハンターとしての力量は高い。その正体はドイツからの刺客・サンタクロースを操る真のサンタクロース。マキマを殺害するため地獄に潜む「闇の悪魔」の肉片を取り込み異形の姿と化すも、デンジによって倒された。

Read Article

目次 - Contents