ノー・ガンズ・ライフの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ノー・ガンズ・ライフ』とは、カラスマタスクによって「ウルトラジャンプ」で連載されたSF漫画作品である。本作は読みきりを2回経て、2014年に連載が開始された。
主人公は、作中で「拡張者」と呼ばれるサイボーグ、乾十三(いぬいじゅうぞう)。十三は、街で「処理屋」というトラブルシューターを営んでおり、頭頂部が拳銃になっているという、かなり奇抜な見た目のキャラクターである。
古臭い探偵小説のような物語である本作では、鉄の塊のような、武骨な男の言うハードボイルドなセリフが印象的である。

クローネン・フォン・ヴォルフ

オリビエの部下で、EMSの実行班の班長。拡張者の動力伝達系に針を打ち込んで、動きを封じる技術を持つ。職務に忠実だが、神経質で融通の利かない男であり、上司であるオリビエの命令を無視して行動することもある。

十三とは犬猿の仲で、会うたびに口喧嘩が絶えない。

いいか、この車は大戦前の年代物で、ここまでの状態の物は他には存在しない お前達拡張者のように何でも代用品があると思っている奴らには、その価値は理解出来んだろうがな

第2巻出典

十三はオリビエに依頼されて、EMSから脱走し、殺人事件を起した過剰拡張者ゴンドリーを捜査していた。十三は被害者の1人である復興庁の高官フィリップ・ルカレの屋敷を捜査し、部屋の中にあった写真から、ゴンドリーが殺していたのは戦時中配属されていた自分の部隊の仲間であったことを知った。そして、初の全身拡張者でゴンドリーの同胞だった、メガ・アームド斎時定を次の標的にするのではないかと推察した。十三の言葉に従い、クローネンは十三と行動をともにすることになった。
時定の下にはクローネンの車で行くことになったが、その車は年代物のスポーツカーで、車に入った十三がタバコを吸おうとすると、クローネンは車に匂いがつくと言って、有無を言わさずにタバコを放り捨てた。そして十三に「いいか、この車は大戦前の年代物で、ここまでの状態の物は他には存在しない お前達拡張者のように何でも代用品があると思っている奴らには、その価値は理解出来んだろうがな」と言って険悪な眼差しを向けた。

クローネンは、少年漫画でいう所の主人公(十三)のライバルキャラで、拡張者の動力伝達系に針を打ち込んで、拡張体の動きを封じる特殊技能を持っており、並みの拡張者であれば対等以上に渡り合うことができる。
拡張者を嫌っており、十三とは犬猿の仲であるが、時には協力しあうこともある。それでも彼に敵意を消し去ることは無く、「お前が悪行に手を染めるなら、命に変えても捕らえてみせる」とまで言い放っている。十三とは反目しているが、己の職務を命がけで全うする姿など、どこか2人は似た一面を持っている。
ストイックな性格のクローネンだが、車に対してだけは並みならぬこだわりを持っており、彼の個性の一旦が分かる興味深い場面である。名言にはクローネンの車への思い入れが分かる一方、拡張者に対する嫌悪も込められている。

コルトの名言・名セリフ

コルト

移民の少年。家族を養うために、非正規の拡張処理を受けて、建設現場で働いている。手癖が悪く、よく物を盗むが、根は快活で、家族を思いやる優しい心根の持ち主である。
メアリーを先生(メディコ)と呼んでいることから、スペイン系の移民のようである。
わずかな間に鉄朗と心を通わすが、悲しい最後を迎えてしまう。

ならお前がオレの家族に言ってみろよっ 奴らを殺すのは悪いことだからお前達は我慢して死んでくれってさあ!!!

第3巻出典

ある日、鉄朗はメアリーに自分の手足に取り付けた拡張体の調整をしてもらっていた。そんな時に大家のクリスティーナが道端に拡張者の少年が倒れていると言ってきた。少年の名はコルト。移民の少年で、病弱の母に代わって幼い妹二人を養うべく、手足を拡張体にして建設現場で働いていた少年で、以前に同じように道で倒れていた所をメアリーが助けたことがあった。コルトの拡張体は、違法なやり方で処置を施されたために、負担が大きく道端で倒れてしまったのである。
意識を取り戻したコルトは、メアリーに代金代わりに珍しい手の拡張体を渡して立ち去ったが、その際、補助脳を沈静させる薬を盗んで行った。
それを目の当たりにした鉄朗は、ハルモニエで彼の動きを一時的に封じて取り返そうとしたが、鉄朗のハルモニエの力に無邪気に驚くコルトは鉄朗を仕事に誘う。鉄朗がコルトから伝えられた場所にメアリーを伴って来ると、コルトがベリューレンの私設列車に爆破テロを行おうとしていた。
「人を殺した金で家族を養うつもりか」と言って止めようとした鉄朗にコルトは言った。「ならお前がオレの家族に言ってみろよっ 奴らを殺すのは悪いことだからお前達は我慢して死んでくれってさあ!!!」
その言葉を聞いた鉄朗は、黙り込んでしまった。

本作の舞台となっている街では、拡張者だけでなくコルトのような移民も存在している。彼らの社会的待遇は良いとは言えず、街では拡張体でないと就けない仕事もあるようなので、コルトのように非正規の拡張処理を受けて仕事にありつくしかなかった。そんな時、ベリューレンが新型歩行補助用の拡張体の被験体となれば拡張体を無料で提供してくれると言ったので、コルトの母親は被験者となったが、補助脳との相性が合わず、神経をやられて寝たきりとなってしまう。
ベリューレンはお互いの了承の上での事と言い、コルト達に補償を出さなかった。コルトには母の手術代と妹達を養うための金が必要だった。そんな時にスピッツベルゲンから、ベリューレンの役員の乗る私設車両を爆破するという仕事を貰ったのだ。ベリューレンへの復讐心も合わさって、コルトは車両を爆破しようとしたが、ベリューレンの私設兵に粛清されかかってしまう。間一髪のところで鉄朗がコルトを救い出したが、彼の体は限界に達していた。

現実の世界でも、社会的弱者がテロや犯罪に走ってしまう例は数多くある。その多くの理由は貧困によるものであったり、社会に対する不満によるものである。彼らの境遇を自己責任という者も多いが、コルトのように、移民や未成年というだけで職につけなかったパターンもある。
コルトの言葉には、テロに加担するしか手段を見出すことが出来ない社会的弱者の悲哀が込められている。

ベリューレンの私設兵の攻撃を受けて、致命傷を負ったコルトは、鉄朗のハルモニエの助力でどうにか拡張体を動かして、家族の待っているアパートの近くにたどり着き、最後はメアリーと鉄朗に看取られて息を引き取った。

コルトの死は、鉄朗の心に深い悲しみを植えつけることとなった。

ペッパーの名言・名セリフ

ペッパー

ベリューレンのお抱えの処理屋で、ガンスレイブユニットの1人であるセブンのハンズ。粗暴な言動が目立つ少女で、ゴンドリーの事件で十三を見てから、彼に執着する。
小柄な体に合わず、長柄のバトルアックスを武器とする。
アレルギー体質なのか、硝煙の匂いを嗅ぐと、くしゃみが出てしまう。

印刷された言葉は「物」になる 「物」は手にとって自分の「所有物」に出来る

第4巻出典

警備局の依頼で、スピッツベルゲンのテロリストを捕獲した十三が自分の事務所に戻ると、見知らぬ2人組が事務所に居た。1人は十三のデスクにふんぞり返っている荒っぽい少女。もう1人は十三と同じガンスレイブユニットの拡張者であった。ただし、十三がリボルバーであるのに対し、この拡張者の頭部はオートである。少女の名はペッパー、拡張者はセブンという名前であった。
ペッパーは右手を拡張体に変えていた。その腕は、ガンスレイブユニットの制御を解除できる専用デバイスで、彼女はガンスレイブユニットのパートナーであるハンズであった。
2人はベリューレンのお抱えの処理屋であり、ゴンドリーをハルモニエの複製品を使って操り、事件を起こしていた張本人であった。
事の発端は、メガアームド斎時定が戦時中の元同僚からノーズスコットの事件で脅迫され、そのために元同僚を思わず殺してしまったことにあった。時定と裏で繋がっているベリューレンは、彼の犯行を揉み消すために、ペッパー達に事件の処理を依頼したのであった。この一件で十三を目撃したペッパーは、彼に興味を持ったために、十三の事務所に侵入したのだ。

事務所を眺め回したペッパーは、部屋に物があまり置かれていないことに呆れたが、デスクの上に本が置いてあるのを見て、「あたし本が好きだな」と呟き、「印刷された言葉は「物」になる、「物」は手にとって自分の「所有物」に出来る 」と言った。

見るからに荒くれものに見えるペッパーであるが、本が好きであったり、所有物に対する哲学的な考え方をする彼女の意外な一面を表したセリフである。

ペッパーは孤児で、ベリューレンの実験体として買われた。住む場所は借り物、自分の持ち物は何も無く、「セブン」と名付けた蜘蛛だけが心の拠り所であったが、その蜘蛛も別の孤児の元に行ってしまった。自分の所有物を持ったことの無い彼女は、次第に自分自身の存在が希薄になってきていた。そんな彼女に運命の転機が訪れた。拡張体との適合性の低さから、廃棄処分寸前だった彼女に最後のチャンスが与えられた。それは、ガンスレイブユニットの制御システムであるハンズの移植手術に耐えて、ベリューレンが唯一所持するガンスレイブユニットの7番機(後のセブン)を制御下に置くというものであった。
ペッパーは精神面が不安定であるために誰にも懐くことの無かったセブンを自分の物とするべく、自分の血を口移しで与え、強引に手なずけた。そして、ハンズの移植手術に耐えて、セブンを自分の所有物としたのである。

ペッパーは、自分自身の存在の希薄さを解消するための何かを心の奥底で求めていた。そのために、所有欲が人一倍強い少女となってしまったのだ。淡々と放つ言葉の中にも、物を所有することに執念を燃やす彼女の心が反映されている。

唾つーけた♪

第4巻出典

ペッパーは十三のことを気に入り、己の所有物にしたいと思って十三の事務所に相棒のセブンと供に侵入した。そして十三に、「あんたの持ち主はどこ?」と聞いた。彼女は十三にもハンズがいると思っていたのだ。そして、十三を強引にねじ伏せて自分の物にするために、セブンの体に備わっているガンスレイブユニットを解き放った。セブンの猛攻に、ハンズのいない十三はどんどん押されていき、とうとう左腕を破壊されてしまう。
満身創痍となった十三だが、なおもペッパーの所有物になることを拒んだ。十三が自分の信念を貫こうとする姿を見て、ペッパーはますます十三のことが欲しくなり、持っていた斧でさらなる攻撃を加えようとした。そこへ鉄朗が立ちふさがり、セブンをハルモニエを使って操り、ペッパーの斧を掴ませた。
騒ぎが大きくなり、ペッパーはその場を離れようとするが、その前に十三の顔を舐め「唾つーけた♪ 」と言って立ち去っていった。

ペッパーは自分の物と決めた物はマーキングをして自分の所有物であることの証をつける癖があるようである。彼女の所有欲の高さが現れている場面であり、ペッパーは第6巻の回想シーンでセブンにも自分の血を付けて同じ事をやっていた。
所有物に関する彼女の並みならぬ執念を表した行為とセリフだが、はっきり言って品がいいとは言えない。名言ならぬ迷言である。

セブンの名言・名セリフ

セブン

ベリューレンが所持する唯一のガンスレイブユニット。気弱な少年のような性格で、ハンズであるペッパーに依存している。飴玉に含まれた鎮静剤を使っている。リボルバー式の十三とは違い、頭部の銃の形状はオート。

最低だよ本当に お前にこんなことを頼むなんて …乾十三僕の代わりにペッパーを頼む

t_akac4
t_akac4
@t_akac4

Related Articles関連記事

PERFECT BLUE(パーフェクトブルー)のネタバレ解説・考察まとめ

PERFECT BLUE(パーフェクトブルー)のネタバレ解説・考察まとめ

PERFECT BLUEとは今敏監督によるアニメーション映画。日本では1998年2月28日に劇場公開された。 主人公・未麻はアイドルグループ『チャム』の一員として人気を博していたが、女優業のために突如アイドルを引退する。アイドルのイメージを払拭するために、さまざまなことに挑戦していくがその裏で周囲の人間が次々と襲われ始める。

Read Article

DEATH NOTE(デスノート)のネタバレ解説・考察まとめ

DEATH NOTE(デスノート)のネタバレ解説・考察まとめ

『DEATH NOTE』とは、原作:大場つぐみ、作画:小畑健による日本の少年漫画作品。アニメ、実写映画化、舞台化など幅広くメディア展開している。2003年12月から2006年5月まで『週刊少年ジャンプ』に連載された。名前を書いた人間を死なせることができるという死神のノート『デスノート』を使って犯罪者を抹殺し、理想の世界を作り上げようとする夜神月と、世界一の名探偵・Lたちによる頭脳戦を描く。

Read Article

賭博黙示録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

賭博黙示録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

1996年~ 1999年に「週刊ヤングマガジン」で連載された福本伸行によるギャンブル漫画、及びそれを原作とするアニメ、映画のこと。働きもせず、しょぼい酒と博打に明け暮れる自堕落で最悪な毎日を送る若者カイジが、保証人としてかつてのバイト仲間の借金を返済するためギャンブルの世界へ足を踏み入れ、その後様々なギャンブルに挑んでいく様が描かれる。

Read Article

寄生獣(岩明均)のネタバレ解説・考察まとめ

寄生獣(岩明均)のネタバレ解説・考察まとめ

『寄生獣』とは、岩明均による漫画作品、及びそれを原作とするアニメ、実写映画。人間に寄生し、人間を食らう寄生生物。そんな生物(ミギー)が右手に寄生してしまったため、数奇な運命に翻弄されることになった泉新一。単なるモンスター物、ホラー物ではなく高度な哲学性、テーマ性が物語を彩っており、今なお根強い人気を誇っています。

Read Article

BLACK LAGOON(ブラック・ラグーン)のネタバレ解説・考察まとめ

BLACK LAGOON(ブラック・ラグーン)のネタバレ解説・考察まとめ

「BLACK LAGOON」は、作者の広江礼威(ひろえ れい)が月刊サンデージェネックスで連載中のガンアクション漫画、およびそれらを原作とした小説・アニメ作品。裏社会の人間が闊歩する犯罪都市・ロアナプラに放り込まれた日本の商社マン・岡島緑郎ことロックは、運び屋の一員となり荒事を請け負うようになる。

Read Article

賭博破戒録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

賭博破戒録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

2001年~2004年に「週刊ヤングマガジン」で連載された福本伸行によるギャンブル漫画、及びそれを原作とするアニメ、映画のこと。自堕落でどうしようもない毎日を送るカイジが、保証人としてかつてのバイト仲間の借金を返済するためギャンブルの世界へ身を投じていく様を描いた前作「賭博黙示録カイジ」の続編として、再びカイジが勝負の世界で奮闘する様子が描かれる。

Read Article

賭博堕天録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

賭博堕天録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

2004年から「週刊ヤングマガジン」にて連載されている福本伸行によるギャンブル漫画。保証人としてかつてのバイト仲間の借金を肩代わりさせられたことをきっかけにギャンブルの世界へのめりこんでいく様が描かれた「賭博黙示録カイジ」、そして膨れ上がった借金の代償として地下労働を強いられ、そこから地上へと戻ってくるまでが描かれた「賭博破壊録カイジ」の続編として、再びカイジが勝負の世界で奮闘する模様が描かれる。

Read Article

ノーゲーム・ノーライフ(No Game No Life)のネタバレ解説・考察まとめ

ノーゲーム・ノーライフ(No Game No Life)のネタバレ解説・考察まとめ

『ノーゲーム・ノーライフ』とは、榎宮祐によるライトノベル、またはそれを基にしたアニメ作品である。天才ゲーマー兄弟が、「全てがゲームで決まる」異世界に召喚され、世界を攻略していく作品である。そのほかインターネットラジオなどのメディア展開も多い作品である。漫画版が『月間コミックアライブ』で連載され、2014年4月よりアニメが放送された。その後アニメ劇場版が2017年7月に上映されるなど、世界的にも注目を集めている。

Read Article

時をかける少女(時かけ)のネタバレ解説・考察まとめ

時をかける少女(時かけ)のネタバレ解説・考察まとめ

『時をかける少女』とは、2006年に公開された、アニメーション映画である。監督は『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』などを手がけた細田守。筒井康隆の原作を元に作られており、原作の20年後が舞台となっている。時間を跳躍する力を手に入れた主人公が、その力を使いながら、本当に大切なものは何なのか気づいていく、青春SF作品。

Read Article

サマーウォーズ(アニメ映画)のネタバレ解説・考察まとめ

サマーウォーズ(アニメ映画)のネタバレ解説・考察まとめ

サマーウォーズ(Summer Wars)とは2009年8月1日から公開された日本のアニメ映画である。監督はアニメ映画版『時をかける少女』や『おおかみこどもの雨と雪』で知られる細田守であり、今作品は監督初の長編オリジナルアニメーション作品となっている。 仮想世界が発達した世界を舞台に主人公である小磯健二が先輩の篠原夏希とその家族らとともに仮想世界と現実世界の危機に立ち向かう物語である。

Read Article

MONSTER(モンスター)のネタバレ解説・考察まとめ

MONSTER(モンスター)のネタバレ解説・考察まとめ

『MONSTER』とは、浦沢直樹による漫画およびそれらを原作としたアニメ作品。 舞台は1980年代後半から90年代後半のヨーロッパ。 日本人の天才脳外科医・テンマは強盗事件にまきこまれ重傷を負った少年・ヨハンの命を助ける。しかし、その9年後にヨハンと再会したテンマは、彼が平気で殺人を繰り返す殺人鬼であることを知る。 殺人鬼・ヨハンを生き返らせてしまったことに責任を感じたテンマは、その責任を果たすため、ヨハンを抹殺する旅に出る。

Read Article

NANA(ナナ)のネタバレ解説・考察まとめ

NANA(ナナ)のネタバレ解説・考察まとめ

『NANA』とは矢沢あいによる音楽と恋愛を描いた長編漫画。実写映画化、アニメ化もされた人気作。1999年から『Cookie』にて連載、2009年8月号から作者急病のため休載している。大雪で足止めされた新幹線の中で、同じ名前で同い年の2人が偶然隣り合わせる。それぞれ目的を抱え東京へ向かっていた2人だったが、ひょんなことから同居することになるのだった。恋愛に生きる奈々と音楽に生きるナナのふたりを中心に、喜びや悲しみ、挫折と成功を繰り返す「夢の実現」と「現実の厳しさ」を感じさせる作品である。

Read Article

はじめの一歩の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

はじめの一歩の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『はじめの一歩』とは、1989年より『週刊少年マガジン』で連載中の「森川ジョージ」作による、ボクシングを題材とした漫画である。登場人物の多くに実在選手を投影している。「登場人物全員が主人公」という作者の言葉通り、脇役やライバル達の物語も詳細に描かれている。作者自身も実際にボクシングジムのオーナーで著名なプロボクサー達と親交があり、誌上やコミックスなどでもインタビューや応援コメントの寄せている。コミックスは120巻を超えている長期連載漫画である。

Read Article

電脳コイル(アニメ・小説)のネタバレ解説・考察まとめ

電脳コイル(アニメ・小説)のネタバレ解説・考察まとめ

『電脳コイル』とは、マッドハウス製作、磯光雄(原案・監督)のアニメ作品。 近未来という設定でありながら、昭和感漂う寂れた町並みや駄菓子屋などが懐かしい日本が舞台。 大黒市へ引っ越してきた主人公ヤサコと謎の少女イサコを中心に起こる事件・都市伝説・電脳世界の謎を追いながら、笑える日常劇から徐々にシリアスな展開へ続いていく。

Read Article

X(エックス)のネタバレ解説・考察まとめ

X(エックス)のネタバレ解説・考察まとめ

『X』とは、CLAMPによって1992年から『月刊ASUKA』にて連載が開始された漫画。 劇場版やアニメが公開され、ゲーム等も発売された。不定期更新中で現段階では休止中。 劇中には他のCLAMP作品のキャラクターも登場している。 ストーリーの内容に生死の選択がありグロテスクなシーンやBL要素を含む描写もある。 主人公の神威は母の遺言により幼い頃に過ごしていた東京に戻ってきた。 神威は地球の未来を左右する運命を背負っており、幼馴染の封真や小鳥も戦いに巻き込まれていく。

Read Article

魍魎の匣(もうりょうのはこ)のネタバレ解説・考察まとめ

魍魎の匣(もうりょうのはこ)のネタバレ解説・考察まとめ

「魍魎の匣」とは、「京極夏彦」による長編小説。百鬼夜行シリーズの第二作目。2007年に実写映画化され、2008年にマッドハウス製作でアニメ化した。キャラクターデザインは漫画家「CLAMP」が担当。百鬼夜行シリーズは古本屋「京極堂」を営む陰陽師「中禅寺秋彦」が事件を解決するストーリー。「魍魎の匣」では、美少女「柚木加菜子」が人身事故に遭った所から事件が次々と起こっていく。

Read Article

サクラ大戦(ゲーム・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

サクラ大戦(ゲーム・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

サクラ大戦とは1996年9月27日にセガゲームスより発売されたアドベンチャーゲーム。 蒸気機関が普及する「太正」時代を舞台に、主人公(プレイヤー)が特殊部隊「帝国華撃団・花組」を率いて都市に巣食う闇の勢力と対決する。 テレビアニメのほか、OVA、ドラマCD、小説、舞台、マンガ、パチンコ・パチスロなど幅広く展開されている。

Read Article

カードキャプターさくら(クリアカード編)のネタバレ解説・考察まとめ

カードキャプターさくら(クリアカード編)のネタバレ解説・考察まとめ

『カードキャプターさくら』とはCLAMPの魔法少女漫画作品。ひょんな出来事から魔法少女となったさくらが身の回りに起こる不思議な出来事に立ち向かいながら成長していく物語。前編では主人公のさくらが魔法のカードを集めを完了し、すべて自分のカードにしたところで物語は完結している。本編ではその続きとして、自分のものとしたはずのカードが透明になって魔力を失い、また同時に不思議な出来事を解決する度に新たな透明の魔法のカードが現れ始めるという新たな現象を主軸に物語が描かれる。

Read Article

妄想代理人(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

妄想代理人(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『妄想代理人』とはマッドハウス製作の今敏監督によるテレビアニメ作品で2004年2月2日からWOWOWにて全13話放送された。癒し系マスコットキャラクター・マロミを生み出した事で一躍脚光を浴びたクリエイターの鷺月子は、次のヒットキャラクターを期待する周囲にプレッシャーをかけられていた。ある日月子が通り魔・少年バットに襲われ、その後も次々と被害者が出る。少年バット事件を担当する刑事の猪狩慶一と馬庭光弘は、捜査を進める中で被害者が他人に言えない秘密や心の闇を抱えているという共通項に気付く。

Read Article

NANA(ナナ)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

NANA(ナナ)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『NANA』とは矢沢あいによる音楽と恋愛を描いた長編漫画で、実写映画化、アニメ化もされた人気作だ。最初は2話のみの読み切りとして描かれていたが、「連載して欲しい」という要望が多数あったため連載がスタートした作品。1999年から『Cookie』にて連載、2009年8月号から作者急病のため休載している。恋愛に生きる奈々と音楽に生きるナナのふたりを中心に、喜びや悲しみ、挫折と成功を繰り返す「夢の実現」と「現実の厳しさ」を感じさせる作品である。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の念能力・必殺技まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の念能力・必殺技まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは1998年に連載が開始された冨樫義博氏が描く少年漫画である。 くじら島出身の少年、ゴン=フリークスが、父親であるジン=フリークスを追い求める冒険の中での様々な人との出会い成長していく。熱いバトルが繰り広げられる冒険譚である本作品を楽しむためにはかかせないのが念能力の存在。念能力は作中に登場する特殊能力で、その方向性によっていくつかの系統に分けることが可能である。

Read Article

いちご100%(河下水希)のネタバレ解説・考察まとめ

いちご100%(河下水希)のネタバレ解説・考察まとめ

『いちご100%』とは、河下水希が週刊少年ジャンプにて連載していた漫画作品、あるいはこれを原作としたアニメ作品である。ジャンルはラブコメディー。 頼りないが夢に対してはまっすぐで情熱的な少年真中淳平をめぐって様々な恋模様が展開される。それらを通じて人間関係のすれ違いや将来の夢への苦悩を経験する中で登場人物が内面的に成長していく様子が描かれている。本筋に関わる部分でのヒロインたちの繊細な心情の描写とそれ以外の部分でのお色気、ギャグといったコメディ要素とのギャップが大きな魅力の一つである。

Read Article

人魚シリーズ(人魚の森・人魚の傷・夜叉の瞳)のネタバレ解説・考察まとめ

人魚シリーズ(人魚の森・人魚の傷・夜叉の瞳)のネタバレ解説・考察まとめ

『人魚シリーズ』とは、高橋留美子が1984年から週刊少年サンデーで不定期連載していた、人魚の肉を巡る不老不死をテーマにした漫画作品の総称、およびそれを原作としたOVA、テレビアニメ、小説、ラジオドラマ作品である。 人魚の肉を食べたことにより不老不死の体になった漁師の湧太と人魚に育てられた少女・真魚(まな)の二人が旅をする中で、人魚伝説の永遠の命や永遠の若さに翻弄されていく人間の愚かさや強欲にとらわれた人々の悲哀が描かれたシリアスな作品である。

Read Article

カードキャプターさくら クリアカード編(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

カードキャプターさくら クリアカード編(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

「カードキャプターさくら クリアカード編」とは、CLAMPによる漫画作品、およびそれを原作としたアニメ作品。 中学に進学したさくらは、香港から帰国した小狼に再会した夜、フードを被った謎の人物と対峙する不思議な夢を見る。さくらが目を覚ますと夢の中に出てきた新たな封印の鍵を握りしめており、さくらカードは透明なカードに変化し魔力を失っていた。夢の鍵と透明なカードに導かれ、さくらの新たな物語が始まる。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)のネタバレ解説・考察まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)のネタバレ解説・考察まとめ

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)とは、1998年から『週刊少年ジャンプ』で連載されている日本の漫画作品。原作は幽遊白書などでお馴染みの冨樫義博。くじら島に住む少年ゴン=フリークスは、居ないと思っていた父親が優秀なハンターであることを知り、強い憧れを抱く。そしてゴンはハンターを目指し、くじら島を旅立つ。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の幻影旅団まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の幻影旅団まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画作品、及びそれを原作とした映画やアニメなどのメディアミックス作品である。 父親であるジンを探すため、そして憧れていたハンターになるためにゴンは旅に出る。その先で、キルア、クラピカ、レオリオという仲間と出会い、ゴンは様々な冒険を繰り広げる。 「幻影旅団」とは、A級賞金首達が集う盗賊集団である。敵キャラでありながらも個性的な面々が集う幻影旅団は、ファンからも深く愛されている。

Read Article

ちはやふるの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

ちはやふるの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

綾瀬千早、真島太一、綿谷新を中心とした『競技かるた』に青春をかける少年少女の物語。作者は末次由紀。『BE・LOVE』(講談社)において2008年2号から連載中。アニメーション制作会社『マッドハウス』によってテレビアニメは第二期まで放送された。実写映画(上の句・下の句・結び)がある。 『ちはやふる』の登場人物たちの名言は、高校生だけではなく、社会人にも響く名セリフとして取り上げられている。

Read Article

ちはやふる(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

ちはやふる(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

「ちはやふる」とは、末次由紀による少女漫画。2011年10月~2012年3月に第1期、2013年1月~6月に第2期のアニメが放映。2016年3月、実写映画「ちはやふる 上の句」2016年4月「ちはやふる 下の句」が公開。2018年「ちはやふる 結び」の公開が決定された。 転校生・綿谷新との出会いにより綾瀬千早と真島太一は競技かるたの世界にのめり込んでいく。

Read Article

ワンパンマン(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

ワンパンマン(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

漫画家ONEによるWeb漫画作品で現在も更新中。並行して漫画家の村田雄介によりリメイクされ現在も「となりのヤングジャンプ」にて連載されている。2015年3月にはリメイク版をベースとしたTVアニメ化も発表。 様々なヒーローが活躍する世界、規格外の強さを身につけた主人公「サイタマ」が、あらゆる敵をワンパンで粉砕していくギャグテイストアクション漫画である。

Read Article

宇宙よりも遠い場所(よりもい)のネタバレ解説・考察まとめ

宇宙よりも遠い場所(よりもい)のネタバレ解説・考察まとめ

『宇宙よりも遠い場所』とは、マッドハウス製作のオリジナルアニメ作品である。 何かを始めたいと思いながらも何も始められない高校2年生の玉木マリは、周りに無理と言われ続けながらも夢を諦めない少女、小淵沢報瀬と出会う。周りに馴染めず高校を中退した三宅日向と、タレントをしている為友達を作ったことのなかった白石結月の二人も巻き込み、女子高生四人が宇宙よりも遠い場所『南極』を目指す青春ストーリー。

Read Article

Paradise Kiss(パラダイス・キス)のネタバレ解説・考察まとめ

Paradise Kiss(パラダイス・キス)のネタバレ解説・考察まとめ

『Paradise Kiss』とは1999年より矢沢あいが女性ファッション雑誌『Zipper』に連載していた漫画、およびそれを原作としたアニメ、映画作品である。母親の期待に応えるため受験勉強に明け暮れていた早坂紫が、矢澤芸術学院服飾科のジョージ、美和子、嵐、イザベラたちパラダイス・キスのメンバーと出会い、モデルを目指す物語。恋愛と将来の夢、家族との関わりを通して、成長していく姿と作中のオシャレな服が魅力的。ジャンルは少女漫画。矢沢あいの作品『ご近所物語』の続編作品である。

Read Article

CLAYMORE(クレイモア)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

CLAYMORE(クレイモア)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『CLAYMORE』とは、 月刊ジャンプ・ジャンプスクエアで連載をした作者八木教広によるダークファンタジー漫画作品。2007年には監督田中洋之でアニメ化もされた。人に化け、人を喰う「妖魔」妖魔を倒すため人間は「組織」と妖魔を見極めることが出来る半人半妖の戦士を作りだした。その組織と戦士を人間は「クレイモア」と呼んだ。物語は主人公クレアが幼少期に妖魔から助けてもらった戦士テレサと一緒に旅をする中、テレサが殺されてしまいその敵を討つという物語だ。

Read Article

カードキャプターさくら(CCさくら)のネタバレ解説・考察まとめ

カードキャプターさくら(CCさくら)のネタバレ解説・考察まとめ

『カードキャプターさくら』は1990年代を代表する作品のひとつで、人気漫画家集団CLAMPによる漫画およびそれらを原作としたアニメ作品。強大な魔力を秘めた「クロウカード」の封印を解いてしまった小学生・木之本桜が、クロウカードの守護者・ケルベロスと協力しながら、クロウカード集めに奔走する。

Read Article

YAWARA!(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

YAWARA!(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『YAWARA!』とは浦沢直樹による漫画及びそれを原作としたアニメ作品である。ビッグコミックスピリッツで1986年から1993年まで連載され、単行本は全29巻、発行部数は約3000万部。 1989年にはアニメ化されて大ヒットし、世に女子柔道ブームを巻き起こした。祖父に英才教育を受けた柔が、オリンピックや世界選手権で世界の強豪とぶつかる柔道漫画。柔は柔道に後ろ向きであったが、松田や富士子、ジョディらとの出会いによって次第に前向きに取り組んでいく。また、純愛ラブストーリーとしての側面も魅力である。

Read Article

目次 - Contents