円谷光彦(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

円谷光彦(つぶらやみつひこ)とは『名探偵コナン』シリーズの登場キャラクター。帝丹小学校の1年生で、少年探偵団のメンバー。両親が教師ということもあり、礼儀正しく同級生にも敬語を使って話す。少年探偵団の中でも頭脳派キャラで、知識量も小学生とは思えないほど。ことわざやうんちくにも詳しい。性格は真面目で協調性があり、紳士的で女子を守るという気持ちが念頭にある優しい男子。連載当初は、自意識過剰な表現もあったが近年は推理力があがり、成長している姿が見れる。前髪はセンター分けで、そばかすが特徴である。

円谷光彦の概要

円谷光彦(つぶらやみつひこ)とは『名探偵コナン』シリーズの登場キャラクター。
帝丹小学校の1年B組で、吉田歩美(よしだあゆみ)と小嶋元太(こじまげんた)と同じ少年探偵団のメンバー。
両親が教師ということもあり、礼儀正しく同級生にも敬語を使って話す育ちの良い少年。
少年探偵団の中でも頭脳派キャラで、知識量もハンパなく、小学生とは思えないほどである。
ことわざやうんちくにも詳しいため、時には江戸川コナン(えどがわこなん)や灰原哀(はいばらあい)も驚き、感心するほどのひらめきがある。
性格は真面目で協調性があり、紳士的で女子を守るという気持ちが念頭にある優しい男子。
連載当初は、自意識過剰な表現もあったが近年は推理力があがり、成長している姿が見れる。
以前は歩美のことを好きだったが、徐々に哀に対して恋心を抱いている。
前髪はセンター分けで、そばかすが特徴である。

円谷光彦のプロフィール・人物像

円谷光彦(つぶらやみつひこ)
年齢:6~7歳
誕生日:不明
職業:帝丹小学校1年B組、少年探偵団
家族構成:教師の両親、姉の円谷朝美(つぶらやあさみ)

CV:大谷育江
※425話~436話、劇場版映画『名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌』では折笠愛が代役。

前髪はセンター分けで、顔のそばかすが特徴である。
理屈っぽい喋り方をし、おばけや怪談話は信じないと言いながらも、ヒーローに憧れてたりする子供らしい一面も。
小学生とは思えない豊富な知識を持っているため、コナンが居ない時の事件に役立つときもある。

円谷光彦の来歴・活躍

円谷光彦の初登場回

原作漫画での初登場は第2巻FILE8「恐怖の館」。
のちに結成する少年探偵団のメンバー歩美が近所にお化け屋敷のような怖い空き家があるからおばけ退治にいこうという提案をする。
光彦は科学を信じているのでおばけなんてテレビの中だけにしてほしいと言う。
それを聞いた元太は「歩美が嘘ついてるっていうのか?!」と怒り、光彦も一緒に行くことになる。

アニメでの初登場は1話で、元太、歩美と一緒にトロピカルランドに遊びに来ているという設定で登場。
コナンが工藤新一(くどうしんいち)姿で解決したジェットコースター殺人事件に関係している。
原作の1話ジェットコースター殺人事件では全くでてこないため、アニメ化に伴い内容が変更された。

幽霊屋敷殺人事件~消えた死体殺人事件

吉田歩美(よしだあゆみ)は円谷光彦(つぶらやみつひこ)と小嶋元太(こじまげんた)を誘って、近所にあるお化け屋敷にお化け退治に行こうと提案した。
光彦は科学を信じていたので「お化けなんて、テレビの中だけにしてほしい」と言った。
元太が歩美をかばい怒ったため、光彦も一緒に行くことになった。

ある日光彦は歩美と元太と共に、江戸川コナン(えどがわこなん)と東都タワーで暗号解読ゲームに参加した。
そこで歩美の持っていた紙袋とイタリアの強盗団の紙袋が、入れ替わってしまった。紙袋の中には暗号を書いたメモがあり、強盗団が奪った金の隠し場所が示してあった。

強盗団に捕まってしまったコナンたちは、天井に吊るされたお金に強盗団が気を取られているうちに紐を引っ張り、彼らの頭上に大量のお金を落とした。
その後交番に助けを求め、事件は解決しコナンたちのお手柄になった。

光彦と歩美と元太は少年探偵団を結成した。コナンは阿笠博士(あがさはかせ)にトランシーバーになる探偵バッチを作ってもらった。探偵団は学校で、「事件の依頼を受ける」と宣言した。
放課後猫を探してほしいという依頼がきた。猫を探していると、ある家から血まみれの人が出てきて、風呂場に血まみれの死体があった。

警察に連絡し目暮警部(めぐれけいぶ)と家の中を探すが、死体はどこにもなく少年探偵団は嘘つき扱いされてしまった。
この事件は兄を殺した犯人の弟が兄になりすまし、警察やコナンたちを騙していた。
コナンは1人で家に忍び込み、トランシーバー機能で犯人の自供を目暮警部に聞かせ事件は解決した。

歩美ちゃん誘拐事件~帝丹小学校七不思議事件

公園でかくれんぼをしていたコナンと光彦たちだったが、歩美の姿が見えなくなった。歩美が隠れていた車が、発車してしまったのだった。コナンたちとは探偵バッチで連絡を取り合ったが、トランクには幼女誘拐事件の犯人かもしれない物があった。

コナンたちは博士が作ったターボエンジン付きのスケボーで車を追いかけた。
実は車の持ち主は帝丹(ていたん)大学で行なわれる演劇の出演者だった。車内での誘拐犯の会話は劇のセリフ合わせだった。

阿笠博士は光彦たちのためにおもちゃを用意して、親戚の残した洋館で宝さがしをすることにした。その洋館の屋根裏部屋で白骨化した遺体を発見した。遺体は病死で偽札を作らされていたようだった。
原盤を持ち逃げされた依頼主が、拳銃を持って洋館にやって来た。コナンがボイスチェンジャーを使い犯人を驚かせて捕まえた。

光彦が「帝丹小学校には七不思議がある」と話し、気になったコナンたちは夜の学校に忍び込んで七不思議の謎を解いた。

黒の組織から来た女 大学教授殺人事件~青の古城探索事件

「孤城」での事件より

コナンたちのクラスに、転校生の灰原哀(はいばらあい)がやって来た。光彦たちは少年探偵団として活動していることを灰原に説明した。
お兄さんを探してという依頼があり灰原も捜査をした。お兄さんは絵の才能があったため、犯人に拉致され偽札を作らされていたという事件だった。

サッカースタジアムで観客を人質にした、身代金の要求事件が発生した。
犯人は2人組で、主犯の男がどこにいるか分からなかった。光彦たちは試合の映像に犯人が映った瞬間見切れることを見つけた。
そのことから、カメラマンが主犯格だと分かり事件は解決した。

阿笠博士の車でキャンプにやって来たコナンたちは、テントを忘れたため近くの孤城に泊まることになった。
孤城は大旦那が残した遺産を見つけるための暗号があり、隠し通路だらけの城だった。

コナンと博士が行方不明になったため、灰原と光彦たちで探すことにした。その後元太もいなくなり、コナンのメガネを見つけた光彦もいなくなった。
灰原と歩美は犯人に追いかけられたが、コナンたちに助けられた。光彦がメガネの追跡機能を使って、コナンたちの監禁場所を突きとめたおかげだった。

最後の上映殺人事件~迷宮のフーリガン

「鍾乳洞」での事件より

映画館で映画の上映中、映写窓に死体が釣られた。目暮警部に光彦たちはどのシーンで死体を発見したのか証言した。
コナンは灰原と光彦たちの協力を得て、自殺に見せかけた殺人のトリックと犯人を暴いた。

コナンたちは廃ビルで学芸会の演劇練習をしていた。そこに逃げ込んだ容疑者を追って佐藤(さとう)刑事と高木(たかぎ)刑事が現れた。
容疑者を確保した佐藤刑事は、手錠の鍵を失くしてしまった。容疑者が無実を訴えるので、コナンたちが高木刑事と再捜査した。
光彦たちの働きとコナンの推理で、真犯人を突き止めた。

キャンプ場でコナンたちは「入るなキケン!」と書いた看板が立ってる鍾乳洞で、強盗犯が死体を隠しているのを目撃した。
急いで鍾乳洞の奥へ逃げたが、コナンは銃で撃たれ重症を負ってしまった。

出口を探すと卵型の置物があり、奥に5本の道があった。コナンは倒れる前に「卵」「と」「龍」と言った。
光彦は元太が卵を「王子」と読み間違えた話とコナンのヒントから、将棋だのことだと確信し出口の穴を見つけた。

歩美は放火魔を目撃した。警察に来たコナンたちは佐藤刑事のお父さんが殉職した、18年前の「愁思郎事件」(しゅうしろうじけん)の話を聞いた。
「愁思郎事件」の犯人が分かった高木刑事は、犯人に襲われ行方不明になった。佐藤刑事の車で待機していた光彦たちは、放火魔を見つけて追いかけてしまった。
佐藤刑事は「愁思郎事件」の犯人の元へ、灰原は放火魔の犯行現場へ白鳥警部と向かい光彦たちを救出し事件を解決した。

コナンたちは、阿笠博士と松茸狩りにやって来た。
今まで歩美に好意を寄せていた光彦だったが、灰原に惹かれていた。光彦は灰原のことを「優しくて博学多才で大人っぽい」とコナンに言った。しかしコナンには「光彦の手には負えない」と言われてしまった。

いなくなった元太を探すため、灰原と光彦がペアになった。光彦たちは猟銃で撃たれた死体を発見し、コナンたちと一緒に行動しているハンターの中に犯人がいるのを見た。
光彦たちはキノコで暗号を作り、犯人をコナンに知らせ事件は解決した。

毛利蘭(もうりらん)がコナンたちの顔型のチョコレートを作ったので、毛利探偵事務所(もうりたんていじむしょ)を訪れた。
そこに「妻の形見の時計を探して欲しい」という依頼人が現れた。毛利小五郎(もうりこごろう)は依頼人を追い払ったが、コナンたちは無料で時計を探してあげることにした。その家で起きた殺人事件をコナンが解決した。

コナンたちは、サッカーチームの「東京スピリッツ」の試合を観戦した。帰りの電車で、イヤホンで他の試合の中継を聞いていた光彦の耳に灰原が顔を近づけた。灰原は気にしていないが、光彦は真っ赤になって意識してしまった。
その電車の中で、殺人事件が起こりコナンが解決した。

迷いの森の光彦

光彦がラジオ体操を毎週日曜日に休むようになった。心配したコナンたちは姉である円谷麻美(つぶらやあさみ)に、光彦の部屋を案内してもらった。
光彦の両親は教師で、言葉遣いに厳しかった。
コナンたちは光彦が行った山へ向かった。そこで連続殺人犯の沼淵己一郎(ぬまぶちきいちろう)を追う群馬県警に遭遇した。

光彦は沼淵と遭遇してしまった。
沼淵は手錠をしていたが、光彦も何かを隠すように持っていて両手が使えない状態だった。

灰原は「沼淵は、『黒の組織』(くろのそしき)の末端の末端だ」とコナンに話した。
驚くコナンは光彦が危険だと焦っていると、沼淵が光彦を抱えて現れた。

光彦は灰原と歩美の「蛍を見たい」という願いを叶えるため、蛍を取りに山に向かったのだった。
沼淵も監獄に入る前に蛍が見たくて、警察から逃げたのだった。

悪意と聖者の行進~奇抜な屋敷の大冒険

サッカーの優勝パレードで高木刑事の車が爆破された。光彦がパレードを撮っていたビデオカメラのテープを見直すと、来るはずの郵便収集車が来ていないことが分かった。
パレードに乗じて郵便収集車を奪い、郵便局強盗をするという事件だった。
コナンの推理で先回りした警察が郵便局に向かい、事件は未然に解決した。

歩美は雛人形を譲ってもらうため、コナンたちと一緒に知り合いの家まで行った。
その家で2千万円の掛け軸がなくなり、コナンが推理し掛け軸を見つけた。

歩美はそのマンションの階段が夕日に赤く染まると雛段のようになるので、コナンとお内裏様とお雛様のような記念写真を撮りたかった。
しかし写真は、全員が一番上に座った瞬間に撮影された。

コナンたちは元女優で工藤新一(くどうしんいち)の母である工藤有希子(くどうゆきこ)に連れられて、仮面ヤイバーの映画の試写会にやって来た。
試写会が遅れていたのでスタッフの部屋で仮眠を取っていると、隣りの部屋で殺人事件が起きた。部屋は散らかっているのに、物音が聞こえなかったことに違和感を感じたコナンが真相を突き止めた。

マンションで殺人事件が起こり、登校中のコナンたちは怪しい男を見たと証言した。男は非番の千葉(ちば)刑事の部屋にいた友人だった。特撮ヲタクの千葉刑事は、犯行時間に友人と少年探偵団とで仮面ヤイバーのビデオを見ていた。光彦たちが録画の仮面ヤイバーを見ている間に、コナンが事件を解決した。

船で釣りに来ていたコナンたちは、釣り愛好会のメンバーが毒殺される事件に遭遇した。歩美と光彦は警察が来るまで、メンバーを事情聴取した。コナンが事件を解決し、被害者も命をとりとめた。光彦たちは元太が釣った大きな黒鯛を、博士の誕生日のプレセントにした。

キャンプに来たコナンたちは、光彦が見つけた古い灯籠を見に行った。古い屋敷の灯籠には三水吉右衛門(さみずきちえもん)と記されていて、ダイヤモンドの在りかが書いてあるようだった。沼に死体が沈んでいたので、犯人が近くにいると思われた。
ダイヤモンドを狙って怪盗キッド(かいとうきっど)が来ているとも予測された。カラクリ技師の三水吉右衛門が仕掛けたカラクリだらけの屋敷で、お宝探しをしながら事件を解決した。

探偵団に注目取材~赤と黒のクラッシュ

少年探偵団が雑誌の取材を受けることになり、担任の小林澄子(こばやしすみこ)先生と家に行くとライターが頭から血を流して死んでいた。大人顔負け推理をするコナンに灰原が、もう少し子どもらしくした方がいいと忠告した。コナンは推理を光彦たちと分担して説明し、小林先生の不審な目を回避した。

潮干狩りで知り合った大学生グループの1人が、車の中で死亡した。自殺と思われたがコナンは殺人と推理した。光彦たちが毒の塗ってあるペットボトルのキャップを探し出し、犯人を追い詰めた。

小学校の学級活動の時間に小林先生が怪人二十面相に連れて行かれ、クラス全員で暗号を解読することになった。暗号を簡単に解いてしまうコナンを小林先生が呼び出した。
光彦たちはコナン抜きで、暗号を解くことになった。

これは転校生の東尾マリア(ひがしおまりあ)と、ケガのため休んでいた坂本たくま(さかもとたくま)をクラスに溶け込ませるための小林先生の策だった。
コナン抜きで見事暗号を解読し、灰原に誘導されながらみんなで小林先生の隠れた場所を突き止めた。

テレビ局で偶然サタン鬼塚(さたんおにづか)と遭遇した光彦は、姉から頼まれていたサインを貰った。控室には折り鶴があって、「悪魔のイメージが崩れるから、内緒にしてくれ」と頼まれた。
その後、サタン鬼塚の所属事務所の社長が殺される事件が発生した。

コナンは光彦たちと共にバイキングを食べにホテルにやって来た。そこで殺人事件が起こり、FBI捜査官のアンドレ・キャメルが容疑者になってしまった。光彦たちはキャメルの人相の悪さから、殺し屋と疑ってしまった。その後FBI捜査官のジュディが呼ばれ、コナンと一緒に事件を解決した。

shinecralis
shinecralis
@shinecralis

Related Articles関連記事

名探偵コナン(漫画・アニメ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

名探偵コナン(漫画・アニメ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『名探偵コナン』とは『週刊少年サンデー』で1994年5月号から連載されている青山剛昌原作の推理漫画である。漫画だけでなく、テレビアニメ・小説・ゲーム・実写ドラマなど多数のメディアに展開されている人気作品。主人公である高校生探偵の工藤新一が、ある事件に巻き込まれ幼児化してしまう薬を飲まされ、小学生の姿に戻ってしまう。その後江戸川コナンと名乗り、薬を飲ませた黒づくめの男たちの手がかりを探すストーリーとなっている。2017年8月にはコミックの総発行部数が2億部を突破した。

Read Article

名探偵コナンの警視庁・公安警察・FBI・CIA・MI6まとめ

名探偵コナンの警視庁・公安警察・FBI・CIA・MI6まとめ

『名探偵コナン』とは青山剛昌原作の推理漫画およびそれを原作としたメディアミックス作品である。原作漫画は1994年から連載、1996年からテレビアニメが放送されている。高校生探偵工藤新一(くどうしんいち)はある日口封じで毒薬を飲まされ、体が縮んでしまった。新一は正体を隠し江戸川コナン(えどがわコナン)となり、数々の事件を解決しながら新一の姿を取り戻す為に謎の組織に立ち向かってゆく。作中には警視庁・公安警察・FBIなどに所属するキャラクターが多く登場し、それぞれの立場で事件解決に携わっている。

Read Article

名探偵コナンの恋愛関係・カップル・カップリング・夫婦・恋人まとめ

名探偵コナンの恋愛関係・カップル・カップリング・夫婦・恋人まとめ

『名探偵コナン』とは青山剛昌原作の推理漫画およびそれを原作としたメディアミックス作品である。原作漫画は1994年から連載、1996年からテレビアニメが放送されている。高校生探偵工藤新一(くどうしんいち)はある日口封じで毒薬を飲まされ、体が縮んでしまった。新一は正体を隠し江戸川コナン(えどがわコナン)となり、数々の事件を解決しながら新一の姿を取り戻す為に謎の組織に立ち向かってゆく。物語の主軸となる事件・ミステリーと共に、作中では登場人物たちの恋愛模様も描かれており、多種多様なカップルが登場する。

Read Article

名探偵コナンの赤井家・世良家まとめ

名探偵コナンの赤井家・世良家まとめ

赤井家とは、『名探偵コナン』に登場する家族である。『領域外の妹』と自称するメアリー・世良、FBI捜査官である赤井秀一、蘭達と行動を共にする世良真純など、その家族全員が『名探偵コナン』における重要人物となっている。 2020年にこの赤井家がメインとなった映画『名探偵コナン 緋色の弾丸』の公開が決まり、注目が集まっている。

Read Article

名探偵コナンの発明品・秘密道具・アイテムまとめ

名探偵コナンの発明品・秘密道具・アイテムまとめ

『名探偵コナン』とは青山剛昌原作の推理漫画およびそれを原作としたメディアミックス作品である。原作漫画は1994年から連載、1996年からテレビアニメが放送されている。高校生探偵工藤新一(くどうしんいち)はある日口封じで毒薬を飲まされ、体が縮んでしまった。新一は正体を隠し江戸川コナン(えどがわコナン)となり、数々の事件を解決しながら新一の姿を取り戻す為に謎の組織に立ち向かってゆく。作中にはコナンの協力者阿笠(あがさ)博士による発明品が登場し、コナンたちをサポートしている。

Read Article

名探偵コナンの「青山剛昌の名探偵図鑑」まとめ

名探偵コナンの「青山剛昌の名探偵図鑑」まとめ

『名探偵図鑑』とは、青山剛昌による人気漫画およびアニメである『名探偵コナン』の単行本カバー裏表紙折り返し部分に記載されている、ファンサービス・特典。青山が「名探偵」として認定した登場人物・キャラクターを、自身の描き下ろしイラストで解説している。青山作品に登場するキャラクターのモチーフとなった人物なども多数紹介しており、興味深い内容となっている。

Read Article

名探偵コナンの料理・食事・食べ物・お菓子・飲み物まとめ

名探偵コナンの料理・食事・食べ物・お菓子・飲み物まとめ

『名探偵コナン』とは、青山剛昌原作による日本の推理漫画作品で、本作を原作とした一連のメディアミックス作品の総称である。 『週刊少年サンデー』にて連載され、史上最長の連載期間となる長寿漫画である。主人公・工藤新一が事件に巻き込まれて幼児化し、江戸川コナン(えどがわこなん)として過ごすこととなる。作中には美味しそうな料理やお菓子などが多数登場し、「コナンカフェ」という期間限定のカフェでは実際に食べることができ、話題となっている。

Read Article

名探偵コナンの米花町まとめ

名探偵コナンの米花町まとめ

米花町(べいかちょう)とは、青山剛昌の推理漫画『名探偵コナン』に登場する架空の町である。小説家アーサー・コナン・ドイルの有名な推理小説『シャーロック・ホームズ』に登場するロンドンのベイカーストリートが名前の由来。主人公の江戸川コナンやその幼馴染の毛利蘭などの主要人物が住む町であり、物語の中では様々な店や施設などが登場する。物語の都合上、犯罪発生率が異様に高い。スピンオフ漫画『犯人の犯沢さん』では犯罪都市扱いされており、米花駅で下車する犯沢さんを乗客達が止める場面もあった。

Read Article

黒の組織(名探偵コナン)のコードネームまとめ

黒の組織(名探偵コナン)のコードネームまとめ

『名探偵コナン』とは、青山剛昌原作による日本の推理漫画作品で、本作を原作とした一連のメディアミックス作品の総称である。 『週刊少年サンデー』にて連載され、史上最長の連載期間となる長寿漫画である。主人公・工藤新一が事件に巻き込まれて幼児化し、江戸川コナン(えどがわこなん)として過ごすこととなる。宿敵である黒の組織のメンバーはそれぞれお酒に由来したコードネームで呼ばれており、多種多様な名前が存在している。

Read Article

名探偵コナン「黒の組織」に関する伏線・考察まとめ

名探偵コナン「黒の組織」に関する伏線・考察まとめ

「名探偵コナン」の主人公・高校生探偵の工藤新一を子供の体にした元凶であり、多くの謎に包まれている「黒の組織」。その謎は、作品が進むにつれ徐々に明らかになってきた。 作品を読み返すと、一見「黒の組織」とは関係なさそうな新一の日常が描かれた話のさりげないシーンの中にも、「黒の組織」に関するヒントが隠されていたことに気づかされる。 この記事では、日常の話の中にさりげなく張られた「黒の組織」の巧みな伏線を紹介していく。

Read Article

名探偵コナンの回収済み・未回収の伏線・謎まとめ

名探偵コナンの回収済み・未回収の伏線・謎まとめ

『名探偵コナン』とは、青山剛昌原作による日本の推理漫画作品で、本作を原作とした一連のメディアミックス作品の総称である。 『週刊少年サンデー』にて連載され、史上最長の連載期間となる長寿漫画である。主人公・工藤新一が事件に巻き込まれて小学生の姿になってしまうが、その原因となった「黒の組織」や関連する登場人物・キャラクターなどには伏線や謎が多く張り巡らされている。まだ回収できていないものも多数存在し、考察するファンで盛り上がっている。

Read Article

名探偵コナンの都市伝説・豆知識/裏話・トリビア・小ネタまとめ

名探偵コナンの都市伝説・豆知識/裏話・トリビア・小ネタまとめ

『名探偵コナン』とは、青山剛昌原作による日本の推理漫画作品で、本作を原作とした一連のメディアミックス作品の総称である。 『週刊少年サンデー』にて連載され、史上最長の連載期間となる長寿漫画である。主人公・工藤新一が事件に巻き込まれて幼児化し、江戸川コナン(えどがわこなん)として過ごすこととなる。作品を巡って様々な都市伝説や裏話などが存在する。黒幕説や現実世界でコナンが行動したらどうなるかなど、ファンの間で楽しく考察されているものばかりである。

Read Article

名探偵コナンの少年探偵団まとめ

名探偵コナンの少年探偵団まとめ

『名探偵コナン』とは、青山剛昌原作による日本の推理漫画作品で、本作を原作とした一連のメディアミックス作品の総称である。 『週刊少年サンデー』にて連載され、史上最長の連載期間となる長寿漫画である。主人公・工藤新一は事件に巻き込まれて小学1年生の姿で生活することになる。小学校の同級生である吉田歩美(よしだあゆみ)、円谷光彦(つぶらやみつひこ)、小嶋元太(こじまげんた)、灰原哀(はいばらあい)と共に「少年探偵団」を結成し、事件解決を目指す。

Read Article

名探偵コナンの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

名探偵コナンの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『名探偵コナン』は週刊少年サンデーで絶賛連載中の青山剛昌が描く推理漫画。高校生探偵の工藤新一が「黒の組織」の人間に体が小さくなる薬を飲まされる。その後、新一は江戸川コナンと姿を変え、数々の難事件を解きながら、黒の組織を追う物語である。主人公である江戸川コナンは勿論、彼をとりまく仲間や事件の犯人達と様々な人たちが人生の指針ともいえるセリフを残している。

Read Article

灰原哀/宮野志保(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

灰原哀/宮野志保(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

灰原哀(はいばら あい)/宮野志保(みやの しほ)とは、『週刊少年サンデー』で連載の青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』に登場する人物で、「黒の組織」と通称される犯罪組織の元幹部。組織内では科学者として活動していたが、自身の開発した薬品「APTX4869」を服用して体が幼児化してしまう。 姉の死の謎を探る中で組織に狙われ、同じく幼児化した工藤新一への接触を図る。阿笠博士によって「灰原哀」と命名され、江戸川コナンと同じ帝丹小学校に転入し、小学生として暮らしている。

Read Article

水無怜奈(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

水無怜奈(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

水無怜奈(みずなし れな)とは青山剛昌原作漫画である『名探偵コナン』に登場する人物で、日売テレビアナウンサー。本名は本堂瑛海(ほんどう ひでみ)。ニュース番組のキャスターを務めており、熱狂的なファンも存在する。子どもにイタズラをされても怒らず優しい言葉で逆に子どもを励ますという優しい性格の持ち主。一方、コードネーム「キール」を与えられた黒の組織の一員でもあるが、その正体は組織に潜入しているCIA諜報員。両親は既に亡くなっており、唯一の肉親は弟の本堂瑛祐(ほんどう えいすけ)。

Read Article

フサエ・キャンベル・木之下(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

フサエ・キャンベル・木之下(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

フサエ・キャンベル・木之下(フサエ・キャンベル・きのした)とは、『週刊少年サンデー』の漫画、及びそれを原作にしたTVアニメ『名探偵コナン』の登場人物。主人公である江戸川コナン(えどがわコナン)/工藤新一(くどうしんいち)の隣に住む発明家である阿笠博士(あがさひろし)の初恋の相手である。フサエ・キャンベル・木之下も、彼に恋心を抱いているが、すれ違いにより両思いにはなっていない。

Read Article

安室透/降谷零(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

安室透/降谷零(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

安室透(あむろ とおる)/降谷零(ふるや れい)とは、『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌の漫画作品『名探偵コナン』に登場する人物で、「眠りの小五郎」こと私立探偵の毛利小五郎の弟子。 小五郎の傍について探偵のいろはを学ぶため、探偵事務所の階下の喫茶ポアロでアルバイトをしている。自分自身も探偵として様々な依頼を受けているため、突然ポアロのアルバイトを休むこともしばしば」。しかしそれは表の顔で、正体は公安警察から組織に潜入している捜査官降谷零である。愛車は白のMazda RX-7。

Read Article

工藤有希子(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

工藤有希子(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

工藤有希子(くどう ゆきこ)とは、『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』に登場する人物で、「黒ずくめの組織」の毒薬によって幼児化し江戸川コナンになった工藤新一(くどう しんいち)の母親である。変装術が得意で、たびたび日本に帰国しては江戸川コナンのピンチを救っている。美貌と演技力をもって19歳で数々の賞を受賞する天才女優として伝説を残した。世界的に有名な推理小説家の工藤優作との大恋愛の末に結婚して20歳であっさり芸能界を引退した。

Read Article

諸伏景光/スコッチ(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

諸伏景光/スコッチ(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

諸伏景光(もろふし ひろみつ)とは青山剛昌が原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』に登場する人物で警視庁公安部に所属する警察官。黒の組織にコードネーム「スコッチ」として潜入していた。 幼い頃一家で事件に巻き込まれ、両親が殺害される。兄は長野県警の諸伏高明(もろふし たかあき)。兄とは違う親戚に引き取られたため、別の環境で育った。組織潜入中に自分の正体がバレてしまったため拳銃自殺をし殉職。

Read Article

世良真純(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

世良真純(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

世良真純(せら ますみ)とは、『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』に登場する人物で、女子高生探偵。主人公の工藤新一や、ヒロインの毛利蘭が通う帝丹高校にやってきた転校生。武術にも長けていてジークンドーを得意とし、ボーイッシュな見た目で、一人称は「ボク」。赤井務武・メアリー世良夫妻の長女で、赤井秀一や羽田秀𠮷の年の離れた妹。バイクの免許を取得しており、愛車はヤマハの「XT400Eアルテシア」。

Read Article

高木渉(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

高木渉(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

高木渉(たかぎ わたる)とは『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』の作品に登場する人物で、警視庁刑事部捜査第一課強行犯捜査三係に所属する巡査部長。目暮十三警部・白鳥任三郎警部・佐藤美和子警部補の直属の部下として働いている。同じ課の佐藤美和子警部補とは恋仲の関係。主人公の江戸川コナンには、よく推理の実験台にされたり、事件の捜査を手伝わされたりと、信頼をおかれている。また、少年探偵団の保護者的存在であり、事件があると真っ先に呼ばれることが多い。

Read Article

松田陣平(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

松田陣平(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

松田陣平(まつだ じんぺい)とは、『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』に登場する人物で、かつて警視庁警部機動隊爆発物処理班に所属していた警察官。3年前に起きた爆発事件で殉職してしまった。原作では一度きりの登場。しかもすでに故人であったため、近しかった人物たちの回想のみという形での登場であった。それでも、ファンからは根強い人気がある。手先が器用で、メールを打つのが早かった。ヘビースモーカー。

Read Article

榎本梓(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

榎本梓(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

榎本梓(えのもと あずさ)とは、青山剛昌原作の漫画である『名探偵コナン』に登場する人物で、毛利探偵事務所の下にある喫茶ポアロの従業員。喫茶ポアロの看板娘であり、推理で疲弊した毛利小五郎を癒す存在でもある。時折、小五郎に事件の依頼をすることもしばしば。明るく優しい性格である一方、おっちょこちょいな一面も持ち合わせている。喫茶ポアロがグルメ雑誌に掲載された際には「美人店員の梓さん」と紹介されるほどのかわいらしいルックスをもつ。もとは原作コミックスには登場していないアニメオリジナルキャラクターだった。

Read Article

宮野明美(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

宮野明美(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

宮野明美(みやのあけみ)とは、『名探偵コナン』シリーズの登場キャラクター。当初、アニメ制作チームは原作が長く続くとは思っておらず、単なる1つの話の登場人物だった。しかし連載が続き、黒の組織から逃げ出してきた重要キャラクターの灰原哀(はいばらあい)を宮野明美の妹として設定するため、アニメ版で大幅に内容修正。漫画版初登場の話をベースに生まれ変わったアニメ版の回の犯人として再登場した。最期は黒の組織のジンに撃たれ死亡。その後は、物語の重要人物との関わりが強いため、回想シーンで度々登場していく。

Read Article

萩原千速(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

萩原千速(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

萩原千速(はぎわらちはや)とは『名探偵コナン』シリーズの登場キャラクター。初登場は原作コミックス101巻、アニメ第1,073話「風の女神」。神奈川県警交通部・第三交通機動隊(ホワイトエンジェルズ)小隊長で階級は警部補。弟は警視庁機動隊爆発物処理班の萩原研二(はぎわらけんじ)。作中の7年前に殉職している。ブロンドのロングヘアーで端正な顔立ちをしている。前髪の雰囲気が研二とよく似ており、「風の女神」と評されたほどの美人である。バイクが大好きで、ハンドルを握ると人格が変わる。

Read Article

黒田兵衛(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

黒田兵衛(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

黒田兵衛(くろだ ひょうえ)とは、『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』に登場する人物で、警察庁所属。現在は警視庁捜査第一課の管理官。階級は「警視」。大柄で白髪にヒゲをたくわえており、隻眼。何かの事故に巻き込まれたらしく、10年ほど意識不明の状態で入院していた。主人公であるコナンのことは、「眠りの小五郎の知恵袋」と評している。コナンが追う組織のNo.2である”ラム”候補のひとり。紅茶党。

Read Article

山村ミサオ(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

山村ミサオ(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

山村ミサオ(やまむら みさお)とは『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』の登場人物で、群馬県警刑事部捜査一課の警部。初登場の時は刑事だったが、異例のスピードで警部にまでのし上がった。普段はとんちんかんな推理を披露するが、警察関係者の中で唯一、江戸川コナンに時計型麻酔銃を撃たれ、探偵役を務めている。「黒ずくめの組織」と関係があるかは不明だが、山村警部が時折見せる言動から、江戸川コナンは組織のヒントを得ている。

Read Article

阿笠栗介(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

阿笠栗介(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

阿笠栗介(あがさくりすけ)とは『名探偵コナン』シリーズの登場キャラクター。初登場は原作12巻、アニメ第163話。主人公江戸川コナン(えどがわこなん)の正体が工藤新一(くどうしんいち)だと知る数少ない人物で発明家である阿笠博士(あがさひろし)の伯父。近所では名の通った大富豪だったが、小さい頃から病弱で別荘にて静養しており、博士が2歳だった約50年前に他界している。残された別荘には肖像画が残されており、絵描きを家に招いてまで肖像画をかかせるほどの金持ちであったと予想できる。

Read Article

佐藤美和子(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

佐藤美和子(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

佐藤美和子(さとう みわこ)とは『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』の登場人物で、警視庁刑事部捜査第一課強行犯捜査三係に所属する警部補。目暮十三警部・白鳥任三郎警部の直属の部下として働いている。 美人で男勝りな性格から、警視庁の男性陣からは絶大な人気を誇るが、現在は同じ課の高木渉巡査部長と恋仲の関係。主人公の江戸川コナンのことを「よく気が付く子」と認めている。勘が鋭く、眠りの小五郎の正体や、黒ずくめの組織の存在を探ろうとする。

Read Article

赤井秀一/沖矢昴(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

赤井秀一/沖矢昴(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

赤井秀一(あかいしゅういち)/沖矢昴(おきやすばる)とは、『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』に登場する人物で、FBIの捜査官。狙撃の名手で有効射程距離は1300ヤード。赤井務武・メアリー世良夫妻の長男で、羽田秀𠮷と世良真純の兄。ジークンドーの達人で、得意技はフィンガージャブ。いつも黒いニット帽を被っていて、口癖は「50:50(フィフティ・フィフティ)」。ブラックコーヒーとバーボンウイスキーを愛飲している。ヘビースモーカーで左利き。

Read Article

工藤優作(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

工藤優作(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

工藤優作(くどう ゆうさく)とは、『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』に登場する人物で、「黒ずくめの組織」の毒薬によって幼児化し江戸川コナンになった工藤新一(くどう しんいち)の父親である。世界的に有名な推理小説家で、代表作『闇の男爵(ナイトバロン)』シリーズなどで世界的ヒット作を数多く生み出している。江戸川コナン以上の優れた推理力と知識の持ち主であり、今まで江戸川コナンは推理で一度も工藤優作に勝った事は無い。

Read Article

諸伏高明(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

諸伏高明(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

諸伏高明(もろふしたかあき)とは『名探偵コナン』の登場人物。長野県警刑事部捜査一課の警部。知的な見た目通り推理力に優れており、知識も豊富。『三国志』に登場する賢人が残した教訓や中国の故事などを好んで用いる。そのため、同僚の大和勘助(やまとかんすけ)警部からは「コウメイ」というあだ名で呼ばれている。一見冷静沈着に見られる高明だが、推理に入ると周りが見えなくなるほど没頭し、一度決めたら危険をも顧みずに突き進むという一面も持っている。名前の由来とモデルは『三国志』に登場する軍師・諸葛亮孔明。

Read Article

キュラソー(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

キュラソー(名探偵コナン)とは【徹底解説・考察まとめ】

キュラソーとは、青山剛昌による推理漫画『名探偵コナン』の劇場版第20作目『名探偵コナン 純黒の悪夢』に登場するゲストキャラクター。映画公開まで”謎の女”として名前が伏せられていた。黒の組織のNo.2”ラム”の右腕であり、高い身体能力と並外れた記憶能力を持つ情報収集のスペシャリスト。本名や国籍は不明で、銀髪のロングヘアーとオッドアイが特徴。任務中に記憶喪失になり少年探偵団と出会ったキュラソーは子供たちと接しているうちに心変わりする。最後には組織を裏切り少年探偵団のみんなを守るために命を落とす。

Read Article

目次 - Contents