アオハライド(漫画・アニメ・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

咲坂伊緒による累計発行部数1000万部を超える日本の少女漫画。
初恋の人と再会した高校生の“青春”ラブストーリー。
2011年2月号より『別冊マーガレット』にて連載。2014年にはアニメ化され、同年、東出昌大と本田翼主演で映画が公開された。
全12巻。

2月1日生まれ。双葉たちとは別のクラスの男子。双葉とは図書館での恥ずかしい事故がきっかけで出会う。徐々に双葉に惹かれていき、双葉と洸の関係を知りつつも、積極的にアプローチを開始する。中世的な可愛らしい顔立ちとは対照的に、恋に関しては洸よりも男らしく積極的である。バンドを組んでおり、バンド仲間から双葉との関係を茶化されることも多い。しかし双葉と洸の恋を応援する悠里からはあまりよく思われていない。

成海 結(なるみ ゆい)

8月7日生まれ。洸の長崎での友達。双葉たちとは別の高校に通う。父が亡くなり双葉たちの住んでいる近くに引っ越してきた。洸にとって似た境遇の成海はほっておくことができない存在。長崎にいるときから洸が双葉を好きだったことを知るが、自分には洸しかいないと同情でも近くにいてほしいという想いから洸を引き留めている。双葉と洸が近づいたと思ったら離れてしまう背景には成海の存在がある。

『アオハライド』の名言・名セリフ/名シーン・名場面

「いつか思い出した時、それを一緒に経験した皆にとって同じ温度の楽しい思い出になるように!」(2巻・10巻)

2巻では洸が、10巻では小湊と洸が言った言葉。
高校2年のリーダース研修で『学校行事の意義とは』をテーマにしたディスカッションの結論として『楽しい思い出!!』との双葉の答えを洸が付け加えて発表した。その後、修学旅行が長崎となった。洸が母と過ごした地である。洸はみんなでみたきれいな夕日に、最後に母と一緒に見た外の景色がよどんでぼやけた夕日だったことを話す。
夕陽の思い出が、つらく悲しい夕日の思い出だけじゃなく、皆でみたきれいな夕日の新しい思い出としてひとつ増えたことで、洸は長崎でのつらい過去から立ち直った瞬間だった。
洸が言った言葉をこの瞬間に立ち会った小湊が言う。
「いつか思い出した時 それを一緒に経験した皆にとって 同じ温度の」
洸はそれに答える。
「楽しい思い出になるように!!」

「俺ら もっと早く出会えてたらよかったのにな」 (5巻)

成海にかまう洸を心配して家を訪ねてきた小湊。自分の境遇に重ね、成海が新しい環境になじむまでほっとけず、誰かそばにいてやらないといけないという洸。
そんな洸に小湊は、すでに洸がつらい過去を乗り越えたことに気づく。
小湊は「洸 おまえ 本当に辛かったんだなあ 俺ら もっと早く出会えてたらよかったのにな」
「そしたらさ 俺 最初からそばにいてやれたのにな」
心の底から洸を想って言った。
洸もそんな小湊に嬉しさをにじませながら、ねこを見せるという精一杯のおもてなしをするのだった。

『アオハライド』の主題歌・挿入歌

OP(オープニング):CHiCO with HoneyWorks『世界は恋に落ちている』

ED(エンディング):フジファブリック『ブルー』

映画主題歌:いきものがかり『キラリ』

映画挿入歌:金木和也『ラッキー』

『アオハライド』の実写映画(2014年12月公開)

キャスト

吉岡 双葉 ー 本田翼
馬渕 洸 ー 東出昌大
槙田 悠里 ー 藤本泉
村尾 修子 ー 新川優愛
小湊 亜耶 ー 吉川亮
田中 陽一 ー 小柳友
菊池 冬馬 ー 千葉雄大
成海 結 ー 高畑充希

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ストロボ・エッジ(Strobe Edge)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ストロボ・エッジ(Strobe Edge)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『ストロボ・エッジ』(Strobe Edge)とは、2007年から2010年まで『別冊マーガレット』(集英社)にて連載された少女漫画。作者は『アオハライド』『思い、思われ、ふり、ふられ』で知られる人気漫画家の咲坂伊緒。2015年に福士蒼汰・有村架純主演、廣木隆一が監督を務め実写映画化し、第58回ブルーリボン賞受賞。おっとりで素直な性格の主人公仁菜子(になこ)が学年で一番人気の蓮(れん)に初めて恋心を抱く学園青春ロマンスである。

Read Article

思い、思われ、ふり、ふられ(ふりふら)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

思い、思われ、ふり、ふられ(ふりふら)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『思い、思われ、ふり、ふられ』とは、別冊マーガレットにて連載された少女漫画である。作者は咲坂伊緒。2017年に第41回講談社漫画賞にノミネート、2018年に第63回小学館漫画賞少女向け部門を受賞した。内気な市原 由奈と、快活な山本 朱里。性格が正反対な2人の主人公が、恋愛を通して成長していく青春物語である。2020年には実写映画とアニメーション映画が公開された。

Read Article

サクラ、サク。(漫画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

サクラ、サク。(漫画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『サクラ、サク。』は『別冊マーガレット』で2021年3月号から2023年11月号まで連載された、咲坂伊緒による学園青春ラブコメ漫画。大人しくて普通の女の子である藤ヶ谷咲が、見知らぬ人に助けてもらったことをきっかけに、積極的に人助けをするように変わっていく様子を描いている。藤ヶ谷咲の成長と、彼女を中心とする恋模様が見どころの作品。

Read Article

【僕等がいた】恋愛ジャンルのおすすめ少女漫画まとめ【アオハライド】

【僕等がいた】恋愛ジャンルのおすすめ少女漫画まとめ【アオハライド】

少女漫画のおすすめジャンルといえば、やはり恋愛系でしょうか。ヒロインに対してちょっと強引な相手役だったり、壁ドンとか顎クイとか、いろいろ流行りましたよね。この記事では、そんな恋愛系のおすすめ少女漫画についてまとめました。なんだかもう読んでいるうちに全身が痒くなってきそうです。

Read Article

ドキドキが止まらない!胸キュンな恋愛映画【今日、恋をはじめます】

ドキドキが止まらない!胸キュンな恋愛映画【今日、恋をはじめます】

恋愛って、いいですよね。好きな人の姿を目で追ったり、片想いの人と手が触れ合ってハッとしたり…そんなドキドキは青春時代の特権です。この記事では、思わず恋がしたくなるような素敵な恋愛邦画を集めました。忘れてしまったあの頃のトキメキを、ぜひご堪能ください。恋愛って、いいですよね…(遠い目)。

Read Article

注目のイケメン脇役まとめ【ストロボ・エッジなど】

注目のイケメン脇役まとめ【ストロボ・エッジなど】

「ストロボ・エッジ」や「となりの怪物」など、人気少女マンガに登場するイケメン脇役をまとめました。ヒロインへの敵わない思いを抱くなど、決して選ばれない存在である彼ら。そんな切ない立場だからこそ、彼らが発する言葉には心に刺さるものがあります。ここではイケメン脇役の魅力や名言を徹底解説していきます!

Read Article

女優・有村架純の快進撃はここから始まった!『あまちゃん』出演後の変遷を辿る!【ビリギャル、ストロボ・エッジ など】

女優・有村架純の快進撃はここから始まった!『あまちゃん』出演後の変遷を辿る!【ビリギャル、ストロボ・エッジ など】

2013年に大ヒットしたNHKの朝の連続テレビ小説『あまちゃん』。出演していた若手女優達は一様に注目を集め、その中の一人に天野春子を演じた有村架純もいた。『あまちゃん』の放映が終了後、有村架純はCMや映画、TVドラマへに引っ張りだこ。一気に人気女優への道を駆け上がることになる。この記事では、『あまちゃん』後の有村架純の快進撃をまとめてみた。

Read Article

【坂道のアポロン】キュンキュン必至!心理描写が秀逸な少女漫画10選【ストロボ・エッジ】

【坂道のアポロン】キュンキュン必至!心理描写が秀逸な少女漫画10選【ストロボ・エッジ】

少女漫画の中には、心理描写が秀逸なものがたくさんあります。女心はもちろん男の子のキモチもちゃんと丁寧に描かれているし、時に壮大な人間ドラマもあって、素晴らしい名作ばかりですよね。この記事では、胸キュン必至な青春少女漫画を10個まとめました。あの頃のトキメキを思い出したい方は、ぜひ一読を。

Read Article

【僕等がいた】胸キュンおすすめ少女マンガまとめ!【ストロボ・エッジ など】

【僕等がいた】胸キュンおすすめ少女マンガまとめ!【ストロボ・エッジ など】

久しぶりに胸キュン少女マンガを読みたい!けれど、続きが気になるのはイヤ!一度に読み切りたい!そんな人にお勧めの完結済みの少女マンガをまとめました。高校生が主役のものをメインにまとめています!ぜひ最後までご覧ください。 『僕等がいた』は、『ベツコミ』で連載された小畑友紀による漫画作品。2002年に連載を開始し、コミックの累計発行部数が1200万部を突破するヒット作品。

Read Article

目次 - Contents