天使なんかじゃない / 天ない

天使なんかじゃない / 天ないのレビュー・評価・感想

レビューを書く
天使なんかじゃない / 天ない
10

心から一直線に恋をした、ただの女の子の学園ラブストーリー

創設したばかりの聖学園での三年間を、主人公冴島翠の視点で物語が進んでいく。
ある雨の日、びしょ濡れの捨て猫を拾った人物の優しい仕草に一目で惹かれた翠。いつか出会えないかと思っていた所に
学園の生徒会長を決める場で運命的ともいえる出会いをする。須藤晃、リーゼントがトレードマークの人物だった。

中学からの友人、聖学園で出会った人々との様々な出来事の中で翠と仲間たちは日々成長していく。
翠自身の恋愛だけでなく、友人の恋愛の悩みや葛藤も時の流れと共に丁寧に描かれている。
キャラ一人一人に魅力があり、物語が進んでいくごとにその内面が分かっていくため、最初は好きになれなかったキャラも
次第に愛着がわくようになっていく。

片想いの切なさ、想い合っているのにどんどんすれ違ってしまうその光景は、漫画の中の世界とはいえいつの間にか感情移入してしまい見入ってしまう。

最終的にどのキャラも苦しみ悩みながらもそれぞれの未来に向けてまっすぐに進んでいるため、読後感が爽快。

卒業式の答辞シーンは必見です。

人生の中で一番の少女漫画は何か?と聞かれたら自信をもってオススメするのがこちらの作品です。
全8巻と内容が一冊一冊にたっぷり詰まっているので短さをほとんど感じません。読みやすさと感動を保証します。

天使なんかじゃない / 天ない
10

ただの恋愛マンガじゃない、人生そのもの

これまでの恋愛マンガの中では断トツに心を打たれた。
まずタイトルに惹かれて、最後まで読むと作者がこのタイトルに込めた思いが分かる。
生徒会という誰もが知ってる学生の青春を軸に、家族愛・友情愛・師弟愛・恋愛などヒューマンドラマが詰まっている。
主人公翠の心の描写が秀逸で、本当は誰もが愛されたいし愛したいけど、結局は天使のようには振る舞えないという事がとても伝わってくる。マンガだけど、「実際こういう感情あるよね。」と共感しやすい。
決して幸福で順風満帆ではなかった生徒会長の晃が、翠との出会いで変わっていく様は見所の1つ。二人の恋愛模様もまさにタイトルに繋がる部分で、何が恋愛の幸せなのかを問われている気がする。相手を思うがゆえに離れることも愛情なんだと気付かされる。また、友情にも本当に胸を打たれる。生徒会の一員のマリリンが翠によって周りに心を開いていくところや一人の人を思い続ける様子は、自分のリアルの友達にもあてはまっていて友達にも読むことをすすめた。
高校生のころハマっていたが、これは社会人に是非読んで欲しい!
仕事に行き詰まったり恋愛や家族との在り方に悩んだら、男性にも読んで欲しい。
単行本だけでなく保存版も発売されていて、カバーがきれいでお洒落なのも魅力の一つである。

天使なんかじゃない / 天ない
10

何度読んでも泣く

これ以上の少女漫画には出会えないと思ってる。
主人公は元気いっぱい天真爛漫の高校生・翠。恋や友情、進路に悩み、傷つき、それでもいつも明るく笑顔を絶やさない彼女は健気で、時々痛々しくなるくらいだ。印象的な場面はいくらでもあげられるが、一つ上げるとすれば、彼女との関係が曖昧なまま海外へ飛び立ってしまった恋人・晃からの電話のシーン。その前のシーンで、晃への思いがこみ上げてしまい、後輩や友人たちの前で涙をながしてしまう彼女。気を使わせまいと先に帰ると家の電話が鳴るのだ。正直、その泣いてしまった所から私も泣いている。もうやめて、晃。翠が限界だよ、と。そのタイミングで鳴る電話が晃からだった時の衝撃と安堵。良かった、これで翠がまた笑ってくれる。と翠以上に涙腺崩壊してしまう。泣きすぎてページが進まず、いつもそこで一旦休憩を入れるハメになる。矢沢先生に、泣き殺されてしまうのではないかと思えるくらい。また、彼女を取り巻く周りのキャラもそれぞれ愛すべき人物ばかり。名言と呼ばれるセリフが数多くあるのも、主人公以外のキャラにファンが多いのもこの漫画の特徴ではないだろうか。大人になった今でも、何度でも読み返したくなる。そして、また号泣する。

天使なんかじゃない / 天ない
10

青春の全てが詰まった名作です

言わずもがな有名な作品です。発売からもう25年以上経つ作品だけど、未だに読み返してしまいます。自分もこういう学生生活を送ってみたかったな、というのが詰まっています。バイクで2ケツとか、好きな人と同じ委員会とか、両想いなのにうまくいかない感じとか、大人になった今でも羨ましいです。大人になったから羨ましいのかな?
主人公の翠が素直で元気で可愛くて、でも綺麗な気持ちだけじゃないっていうのが等身大の女の子に近い感じがして好きです。途中、晃以外の男の子になびいてしまうけどそれもまたリアルに近いんじゃないかなと。
晃は本当にいい男。翠のことを考えているからこその別れだったり、読んでいて本当に切なかった。要所要所の晃からの翠に対する言葉には本当に泣かされました。あと、こんな風に想われたいっていう気持ちがすごい湧きました。晃に恋した読者は多いはず。
その他の登場人物もみんな魅力的で、嫌なだけの悪役が一人もいないのがすごい。それだけそれぞれのキャラクターの背景が描かれているのだと思います。個人的にはマミリンが大好きです。
歳をとったからか学生ものの恋愛漫画にあまりハマれなくなってきたのですが、天使なんかじゃないは未だに楽しく読める作品です。多分これからも読み返す大好きな作品です。