Da-iCE / ダイス

Da-iCE / ダイス

Da-iCEは、工藤大輝、岩岡徹、大野雄大、花村想太、和田颯からなる、日本の5人組ダンス&ボーカルグループ。所属事務所は、エイベックスである。4オクターブのツインボーカルが、特徴的である。
Da-iCEというアーティスト名は、「DANCE」とサイコロの「DICE」を掛け合わせた造語で、メンバー5人に、ファンを加えた6人で形成されるという意味がある。小文字の部分には、愛を持ったアーティストでありたいという願いが込められている。
2011年1月にグループを結成し、2012年12月にミニアルバムをリリース。2014年1月にメジャーデビューを果たした。2020年11月にドラマの主題歌「CITRUS」を配信限定でリリースし、2021年9月にはストリーミング再生回数1億回を突破。日本レコード大賞も受賞した。2021年には『仮面ライダーリバイス』の主題歌「liveDevil」をリリースした他、同作の映画の主題歌も担当した。

Da-iCE / ダイスの関連記事

Da-iCE(ダイス)の徹底解説まとめ

Da-iCE(ダイス)の徹底解説まとめ

「Da-iCE(ダイス)」とは、日本の5人組ダンス&ボーカルグループである。2011年に結成、クラブで活動をスタートさせ、2014年にメジャーデビューを果たした。 ボーカル2人、ダンサー3人で構成されており、4オクターブの声域を持つツインボーカルが特徴的で話題となった。2021年に『CITRUS』でレコード大賞を受賞し注目を集めるアーティストだ。

Read Article

FAIRY TAIL 100 YEARS QUEST(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

FAIRY TAIL 100 YEARS QUEST(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『FAIRY TAIL 100 YEARS QUEST』とは、真島ヒロによる漫画『FAIRY TAIL』の最終話の続きを描いた、スピンオフ作品である。ストーリーは真島、作画は上田敦夫が担当し、「マガジンポケット」にて連載している。主人公のナツ達が100年間誰も成し遂げた事がないといわれる、100年クエストに挑戦するストーリー。依頼内容は五神竜と呼ばれるドラゴンを封印すること。さらに「ドラゴンイーター」と呼ばれる、新たな勢力も現れ、三つ巴の戦いへと発展していく。

Read Article

極主夫道(漫画・ドラマ・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

極主夫道(漫画・ドラマ・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『極主夫道』(ごくしゅふどう)とは、おおのこうすけによる日本の漫画。実写ドラマ化とアニメ化もされている。「不死身の龍」と呼ばれた元・最凶ヤクザの、主夫業の日常を描いたハートウォーミングコメディ。強面のヤクザが全力で主夫業に邁進するギャップ、および高い画力とシュールな展開が特徴。大筋は主人公の龍がその強面から繰り出す熟練の家事スキルギャップが軸になるが、登場人物たち半数近くがその筋の関係者で彼らも彼らでどこかしらズレており、そのズレの連鎖から笑いの渦を生んでくるパターンも多い。

Read Article

仮面ライダーリバイス(Revice)のネタバレ解説・考察まとめ

仮面ライダーリバイス(Revice)のネタバレ解説・考察まとめ

『仮面ライダーリバイス』とは、テレビ朝日系列で放映されていた、東映制作の特撮テレビドラマ、および作中に登場するヒーローの名称である。全50話が放映された。仮面ライダー生誕50周年記念作品であり、令和の仮面ライダーシリーズ第3弾となる。悪魔と契約して変身する一人二役での仮面ライダーが主役である。敵味方共に多くの悪魔が現れて、激しい戦いが繰り広げられていく一方で、家族のつながりも強調されている。過去の因縁など物語は複雑だが、最初から最後まで見ることで理解が深まる作品である。

Read Article

極主夫道の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

極主夫道の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『極主夫道』とはおおのこうすけによる任侠コメディ漫画である。2018年2月からwebコミックサイト『くらげバンチ』にて連載開始。2020年10月に実写ドラマ化が、2021年4月にNetflixでアニメが配信開始されるなど人気を博している。物語は、元伝説のヤクザ・龍の専業主夫としての一面の中に混じる任侠としての面で、周囲を振り回していくものとなっている。コメディ漫画であるため、インパクトのある台詞や愛妻家の龍ならではの妻を想う名言が読者から評価されている。

Read Article

Da-iCE / ダイスのレビュー・評価・感想

Da-iCE / ダイス
10

もはや、沼!この沼から抜け出せない!

Da-iCEというグループについて紹介。代表曲は「CITRUS」で、『恋ステ』などに出演する工藤大輝やインテリ担当の岩岡徹、釣り好き大野雄大、根っからの音楽好きの花村想太、俳優としても活躍する和田颯の5人組グループである。顔面偏差値75というキャッチコピーと共にデビューした通り、とにかく顔のいい集団である。
バラエティ系の動画などでは、芸人顔負けのボケやツッコミ、トークを繰り広げる。LIVEのMCや曲振りもふざけ倒すなど、ふざけすぎてイヤモニ越しで注意されるとか。
しかし、LIVEでは大人の色気ダダ漏れのパフォーマンスでファンを魅了する。力強くダイナミックな踊りと、ツインボーカルの安定した歌声は最高。
このふたつの振り幅にファンはやられ、沼から抜け出せなくなる。

Da-iCEは、サイコロを意味している。メンバー5人とファンでサイコロが完成する。そのため、Da-iCEのファンの総称は「6面」で、ファンクラブ名は、Da-iCEの真ん中の文字が由来の「a-i」である。
ファンの年齢層も幅広く、大人から子どもまで男女問わない。親子で応援している方も多く見られる。ライブに子どもを連れていくと、高確率でメンバーからファンサ貰えるかも!?

魅力溢れるDa‐iCEのYouTubeなどを是非ご覧ください。あなたも沼に落ちるかも!?

Da-iCE / ダイス
10

私の気合いいれ、ソングです!

私が〘元気がたりない〙〘気合いが足りない〙時、とっても頼りになる歌、ミュージシャンの〘 Da-iCE 〙をご紹介します。

〘 SHOUT IT OUT 〙 メンバーの皆さん、顔面偏差値80で、イケメンさん揃いです。

が、それだけじゃなく、ダンスはインディーズ時代から、下積みされてるので、保証付き。

声も素敵だし、何が良いって、歌詞が、男気があって、すっごくかっこ良く、気合いスイッチが入るんです。

歌詞の[ 目の前の壁を見て 厚みをはかるような前に まず、蹴り破ってやる位 根性、見せな そこからがスタートさ ]

かっこ良いですよね!

何度も、くり返しで聴いて、気合いが入ります。

〘 ハッシュハッシュ 〙 こちらも素敵ですよ!

歌詞にもありますが、twitterにかけているのかな?

タイトルの〘 ハッシュハッシュ 〙も、twitterの[ ハッシュタグ ]の部分が入ってるのかな?

[ 振り返れば、見える 刻まれた足あとに ウソは無いから ]

足あとと、ハッシュタグをかけてて、シャレがかかってますね。

〘 BACK TO BACK 〙 最近の注目曲です。

歌詞でも、[ 楽しんで行こうぜ 肩の力抜いて ]

仕事も、私生活(プライベート)も、何気なく、力が入り過ぎてたり、しますよね。

私も、よくあるので、歌を聴いて、
気合い入れのオン、オフを使い、別けしてます。

この歌は、[ 攻めるけど、じっくりね ]という時に、オススメですよ!

Da-iCE / ダイス
10

Da-iCEの魅力

Da-iCEはリーダーの工藤大輝さん、花村想太さん、大野雄大さん、和田颯さん、岩岡徹さんからなるavex所属の5人組ダンス&ボーカルグループです。メンバー一人ひとりの顔面偏差値が高いとも言われ、デビュー当時からグループの目標であった日本武道館公演も2016年に行われ、とても注目すべき熱いグループの1つです。一人ひとりが多彩な才能を持ち、ドラマでの演技、タップダンス、DJなど様々なジャンルで活躍しています。メンバーの1人である花村想太さんはハイトーンボイスの持ち主であり、その声で多くの人を魅力してきました。大野雄大さんは趣味である釣りを武器に、魚を釣りに行き捌いて料理をするという動画配信も行っています。工藤大輝さんは自ら作詞作曲をし単独ライブをしています。和田颯さんは深夜ドラマで俳優をしており、岩岡徹さんは自身でファッションブランドを立ち上げグループを盛り上げています。
子供からお年寄りまで幅広い年齢層から支持を受け、ライブではお客さん全員が一体となって楽しめるような考え尽くされたライブ構成になっており、MCでは笑いあり涙ありのパフォーマンスを見ることができ一人ひとりが最高のエンターテイナーだと思います。

Da-iCE / ダイス
10

彼らの魅力を伝えたい

Da-iCEとは、5人組のダンス&ボーカルグループです。
ちなみに構成はボーカルが2人、パフォーマーが3人です。
彼らはライブを主に活動しており、テレビ出演は少ないため、知名度はあまり高くありませんが、AAAの弟分みたいな感じと説明すれば、納得されます。
彼らのパフォーマンス力と歌唱力は本当に高いです。
ボーカルの花村想太くんと大野雄大くんは、他のアーティストに負けないくらい歌が上手いです。
想太くんは高め、雄大くんは低めの4オクターブが出るので、それを使いこなした歌唱力の高さです。
また想太くんは、女性並みのハイトーンを出してきます。
ライブで生で聴いた時はもう凄すぎて鳥肌ものです。
その中でも「FAKE ME FAKE ME OUT」という曲はおすすめです。
ラスサビ前の高音はぜひ皆様に聴いて欲しいです。
高音の地声で、さらにそこまで出るのか!という感じです。
雄大くんは力強い低音ボイスがとても魅力的です。
ライブでも音程が非常に安定していて、聴いていて安心感があります。
パフォーマーは工藤大輝くん、岩岡徹くん、和田颯くんの3人です。
大輝くんは、パフォーマンス中に表情がコロコロ変わるので、見ていてとても楽しいです。
徹くんは、表現力が豊かなパフォーマーさんです。
颯くんは、最年少ながらダンス歴が1番長いので、無駄のない柔らかいダンスが魅力的です。
さらに、ボーカルはダンスもバリバリ踊れるので、5人揃ったダンスはとてもかっこいいです。
彼らの歌を一度聴いてみてください。
YouTubeにダンスプラクティスも上げているので、彼らのダンスも見てください。
気になったらぜひライブに行ってみてください。
きっと彼らの凄さにハマります。

Da-iCE / ダイス
10

タイトルなし

はじめは小さな箱で何人か来れば良い…というグループだったのに今では武道館でライブ(チケット完売)や幕張メッセなどでもライブをするくらいに成長しました。
ボーカルの花村想太と大野雄大、この2人の4オクターブには鳥肌が立たずにはいられないくらい声量・声の綺麗さがあります。また、アップテンポな曲からしっとりとしたバラードなど何を歌わせても聞いていて心地が良い声をしています。
パフォーマーの和田颯、岩岡徹、工藤大輝この3人もステキな表現をしてくれ、それぞれの持ち味の良さが楽曲ごと生かされています。
そんな5人がおりなす表現が合わさった感じはCDやYouTubeで聞くのではなく是非生でライブへ出向いて思う存分聞いて欲しいと思います。Da-iCEのライブは曲のセトリがファンなら完璧!と思う仕様になっていますが、それだけでなくMCが楽しい。楽しいだけでなく泣ける事も言ってきます。曲でも盛り上がったり泣かせてきたりと本当に時間が経つのがあっという間に過ぎていきます。

子タグ