クロックタワー / CLOCK TOWER

クロックタワー / CLOCK TOWER

『クロックタワー』は、1995年にヒューマンから発売されたゲームである。『クロックタワー』シリーズの1作品目であり、当初はスーパーファミコン版のみの発売であったが、Windows 95とPlayStationに移植されている。
主人公のジェニファーは、母と亡くし、父が行方不明になってしまったためグラニッド孤児院で育った。友人のローラ、アン、ロッテと共にメアリー先生の引率の元バロウズ邸に行くことになるが、そこで様々な怪奇現象に出くわし、殺人鬼シザーマンに追われることになる。ゲームのシステムとしては、とにかくジェニファーがシザーマンから逃げ、手段を尽くして回避していくことが重要になる。ボタンを連打することでシザーマンやトラップを回避することが可能だが、ジェニファーの体力が万全でない場合はゲームオーバーになってしまうこともある。
敵やトラップを回避しながらバロウズ邸の謎を解き明かしていくことになるが、行動によってはベストエンディングに到達せずバッドエンドを迎えてしまう仕組みになっている。1回目のプレイでエンディングSを見ることはなかなか困難であるが何度もプレイし、謎を順序良く地道に解いていくことが解決への近道となる。

クロックタワー / CLOCK TOWERの関連記事

クロックタワー(CLOCK TOWER)のネタバレ解説・考察まとめ

クロックタワー(CLOCK TOWER)のネタバレ解説・考察まとめ

『クロックタワー』とは1995年にヒューマンからリリースされたスーパーファミコン専用のアドベンチャー・ホラーゲームソフト。ゲーム会社・ヒューマンが発売した『セプテントリオン』、『ザ・ファイヤーメン』に続くパニックソフトシリーズの完結作である。屋敷の中に潜む殺人鬼から逃れるために主人公ジェニファーを脱出させるのが目的であり、のちにシリーズ化される「クロックタワーシリーズ」の第1作でもある。

Read Article

クロックタワー2(CLOCK TOWER 2)のネタバレ解説・考察まとめ

クロックタワー2(CLOCK TOWER 2)のネタバレ解説・考察まとめ

ホラーゲーム「クロックタワー」シリーズの2作目。ストーリーは前作の続編となっており、前作の主人公「ジェニファー」と、その保護者「ヘレン」が主人公となる。前作からキャラクターやモチーフは引き継がれているが、主人公が二人いることで、主人公ごとに展開の異なる謎解きやストーリーが楽しめる。また、ハードがスーパーファミコンからPlayStationに移行したことで、前作に比べて演出面が大幅に強化された。

Read Article

初代クロックタワーの思い出。正直今でも怖すぎる!

初代クロックタワーの思い出。正直今でも怖すぎる!

クロックタワーシリーズは、1995年にSFCで発売された一作目を筆頭に、ホラーゲームの金字塔として有名なゲームです。SFCで1、PSで2、PS2で3と、三部作となっています。2や3も怖いですが、中でも1はとにかく怖い!徹底的に怖い!一体なんでこんなに怖いのか!そんなクロックタワーの思い出を振り返ってみましょう。

Read Article

クロックタワー / CLOCK TOWERのレビュー・評価・感想

New Review
クロックタワー / CLOCK TOWER
8

ヒューマン株式会社より発売されたホラー!「クロックタワー」とは

グラニット孤児院で養育されていた少女ジェニファーと友人たちのもとに養女として引き取りたいという申し出が舞い込んできたのはその年の9月のことである…。
おそろしい洋館を舞台に少女ジェニファーと仲間たちが不死身の怪物シザーマンから逃げまどいながら洋館の脱出を目指す、ヒューマン株式会社のパニックホラーゲームです。
プレイヤーはジェニファーを誘導しながら屋敷から脱出を目指します。
洋館から謎のシザーマンを相手に逃げるホラーものとしても完成度が高く、
またプレイヤーが直接ジェニファーを操作することができずBボタン連打(PS版では×ボタンの連打)で脅威となるシザーマンの攻撃から一時的に逃れる方法をとることと、
画面内のアイテムをとる、調べるなどのコマンドの支持程度のことしかできずプレイヤーとしてはかなりやきもきしたゲームともいえるでしょう。
スーパーファミコンの荒々しいグラフィックで表現される残虐な描写が非常に生々しく、この表現がまたこのゲームの恐怖感をあげている一因ではないかとも感じます。
エンディングによっては簡単に館から出られるものもありますがその場合、主人公は悲惨な目に合うものがほとんどで一筋縄では安全に脱出できない恐怖感があります。

クロックタワー / CLOCK TOWER
7

殺人鬼の徘徊する時計塔からの脱出劇!クロックタワーとは!

殺人鬼の徘徊する時計塔屋敷から脱出するホラーゲーム「クロックタワー」は株式会社HUMANの発売したスーパーファミコン用ゲームソフトです。
主人公は恐怖の殺人鬼を相手にほとんど逃げることしかできない非力な少女ジェニファーです。ある朝のこと、グラニット孤児院にて養育されていた彼女と仲間たちは顧問の先生の先導で恐怖の時計塔屋敷へと足を運ぶことになります。館の方に挨拶してくると先に行った教師メアリーを追って恐怖の館を探索することになります。
ジェニファーは基本的に敵に遭遇しても銃や鈍器のようなものは一切持ち合わせておらず抵抗らしい抵抗もできない状態なので逃げることが最優先されます。
屋敷内でジェニファーと仲間たちを襲う恐怖のギミックはスーパーファミコンで出た当時から非常に凝ったものが多く、例えば今では当たり前となった動く人形に襲われる、はさみを持った殺人鬼に追われるなどバリエーションも豊かです。散り散りになってしまった仲間たちを探しながら時計塔からの脱出を目指します。
魅力は劇中出くわすカラスの死骸、殺害された仲間などスーパーファミコンとは思えないほどリアルでグロテスクな恐怖場面の数々です。スーパーファミコンならではの画質の粗さでそれがまた恐怖感を強く感じさせます。

親タグ

兄弟タグ