ZYYG / ジーグ(バンド)

ZYYG / ジーグ(バンド)の関連記事 (3/10)

鉄男(SLAM DUNK)とは【徹底解説・考察まとめ】

鉄男(SLAM DUNK)とは【徹底解説・考察まとめ】

鉄男(てつお)とは、『SLAM DUNK』(スラムダンク)の登場人物で、神奈川では名前の知られたケンカ上手。名字と年齢は不明で、学校にも通っていない。 不良だった頃の三井寿の知り合いで、彼に誘われてバスケ部襲撃に加担する。そこで桜木花道と殴り合いになり、勘を取り戻した彼に圧倒され、バスケ部の仲間たちに手を出した分まできっちり仕返しされることとなった。暴力を厭わない一方で仲間想いな一面があり、バスケ部に復帰した三井に「その方が似合っている」との言葉を送った。

Read Article

清田信長(SLAM DUNK)とは【徹底解説・考察まとめ】

清田信長(SLAM DUNK)とは【徹底解説・考察まとめ】

清田信長(きよた のぶなが)とは、『SLAM DUNK』(スラムダンク)の登場人物で、「神奈川の王者」の異名で知られる海南大学附属高校バスケットボール部に所属する1年生。 目立ちたがりの自信家で、他チームの選手に対して上から目線で接するなど無鉄砲にして傍若無人な性格。選手としての能力には目を見張るものがあり、1年生ながら海南高校のスターティングメンバーに名を連ねる。湘北高校の桜木花道とは気質や性格がよく似ており、内心では彼をライバル視している。

Read Article

高頭力(SLAM DUNK)とは【徹底解説・考察まとめ】

高頭力(SLAM DUNK)とは【徹底解説・考察まとめ】

高頭力(たかとう りき)とは、『SLAM DUNK』(スラムダンク)の登場人物で、「神奈川の王者」の異名で知られる海南大学附属高校バスケットボール部の監督。 貫禄のある風貌だが、年齢は意外と若く40歳。徹底した練習で鍛えた選手を中核にチームを作り上げており、「ウチに天才はいない、だがウチが最強だ」と語っている。かつては選手としてバスケに勤しみ、陵南高校の田岡茂一監督とはその頃から互いにライバル視する間柄。監督としての手腕は確かだが、意外と短気で追い込まれるとすぐ激高する。

Read Article

福田吉兆(SLAM DUNK)とは【徹底解説・考察まとめ】

福田吉兆(SLAM DUNK)とは【徹底解説・考察まとめ】

福田吉兆(ふくだ きっちょう)とは、『SLAM DUNK』(スラムダンク)の登場人物で、神奈川県屈指の強豪として知られる陵南高校バスケットボール部に所属する2年生。 バスケセンスはそこまでではないが、猛烈に負けん気が強く、チームの誰もが「別格」として特別視した仙道彰に張り合おうとした。一方で内面は意外なほどナイーブで、監督の田岡茂一のスパルタ式の指導に耐えられず、練習試合中に手を上げる事件を起こしてしまう。この結果無期限の部活停止処分を受けるも、インターハイ決勝リーグで復帰する。

Read Article

赤木剛憲(SLAM DUNK)とは【徹底解説・考察まとめ】

赤木剛憲(SLAM DUNK)とは【徹底解説・考察まとめ】

赤木剛憲(あかぎ たけのり)とは、『SLAM DUNK』(スラムダンク)の登場人物で、湘北高校バスケットボール部の主将。 強靭なフィジカルと精神力に加えて高い技術力を持ち、ゴール下では無類の力を発揮するチームの大黒柱。全国クラスの実力者で、全国制覇を夢に掲げていたが、チームメイトに恵まれず神奈川予選での敗退を繰り返していた。バスケへの情熱はすさまじく、それゆえに熱くなることもしばしばだが、基本的には剛毅で実直な優等生。妹の晴子とはまったく似ておらず、作中でもたびたびツッコまれている。

Read Article

野辺将広(SLAM DUNK)とは【徹底解説・考察まとめ】

野辺将広(SLAM DUNK)とは【徹底解説・考察まとめ】

野辺将広(のべ まさひろ)は、『SLAM DUNK』(スラムダンク)の登場人物で、秋田県代表にしてインターハイ優勝候補筆頭とされる山王工業高校バスケットボール部の選手。 失敗したシュートを空中にある内に回収する“リバウンド”を得意としており、その力を買われて山王工業のレギュラーの座を手にする。インターハイ2回戦で湘北高校と対戦し、相手チームのリバウンダーである桜木花道とマッチアップ。試合序盤は圧倒するも、次第に潜在能力を開花させた花道に後れを取るようになり、ついに交代に追い込まれた。

Read Article

角田悟(SLAM DUNK)とは【徹底解説・考察まとめ】

角田悟(SLAM DUNK)とは【徹底解説・考察まとめ】

角田悟(かくた さとる)とは、『SLAM DUNK』(スラムダンク)の登場人物で、主人公桜木花道が所属する湘北高校バスケットボール部の2年生。 同学年の潮崎哲士とは中学の頃からの友人。バスケ部にやってきた新入生桜木花道の成長を間近で見続け体感してきた人物で、あっという間に実力で追い抜かれたことに悔しさを覚えつつも彼の力を認め、応援している。練習で世話になっているため、花道からは「カク」と愛称で呼ばれ、傍若無人な彼にしては珍しく一定の敬意を払われている。

Read Article

高砂一馬(SLAM DUNK)とは【徹底解説・考察まとめ】

高砂一馬(SLAM DUNK)とは【徹底解説・考察まとめ】

高砂一馬(たかさご かずま)とは、『SLAM DUNK』(スラムダンク)の登場人物で、「神奈川の王者」の異名で知られる海南大学附属高校バスケットボール部に所属する3年生。 有力選手ひしめく海南高校にあってスターティングメンバーを務める実力者で、パワーもさることながらテクニックで相手を翻弄する技巧派のセンター。自分以上の力を持つ選手にも果敢に挑み、試合であれば素人だろうと手を抜かない勝利への執念の持ち主。湘北高校バスケ部の赤木剛憲とは髪型が似ており、それが試合の勝因ともなった。

Read Article

花形透(SLAM DUNK)とは【徹底解説・考察まとめ】

花形透(SLAM DUNK)とは【徹底解説・考察まとめ】

花形透(はながた とおる)とは、『SLAM DUNK』(スラムダンク)の登場人物で、神奈川県屈指の強豪として知られる翔陽高校バスケットボール部に所属する3年生。 ポジションはセンターで、県内全体を見回しても3本の指に入るほどの実力者。同じポジションの湘北高校の赤木剛憲や陵南高校の魚住純とはフィジカルでは見劣りしないもののスタイルはかなり異なり、テクニックやチームワックで相手を崩す頭脳派の選手である。監督を代行する藤真健司の負担を軽くするべく奮闘し、チームの精神的支柱として力を振るった。

Read Article

田岡茂一(SLAM DUNK)とは【徹底解説・考察まとめ】

田岡茂一(SLAM DUNK)とは【徹底解説・考察まとめ】

田岡茂一(たおか もいち)とは、『SLAM DUNK』(スラムダンク)の登場人物で、神奈川県屈指のバスケットボール強豪校である陵南高校の監督。 激しやすい性格の熱血漢。指導者としてはスパルタ気質で、思い返すだけで悲鳴を上げるほどの猛練習を選手たちに押し付けている。かつては「神奈川に田岡あり」と呼ばれた名選手で、海南高校の監督である高頭力とはその頃からライバル関係にあった。鬼コーチだった頃の安西光義を知る作中で数少ない人物で、今でも彼を尊敬すると同時に恐れを抱いている。

Read Article

金平(SLAM DUNK)とは【徹底解説・考察まとめ】

金平(SLAM DUNK)とは【徹底解説・考察まとめ】

金平(かねひら)とは、『SLAM DUNK』(スラムダンク)の登場人物で、インターハイ全国大会の常連校である豊玉高校バスケットボールの監督。 30代前半と、強豪校の監督としてはまだ若い人物。前監督の北野が残したベスト8を上回る結果を出すことを学校側から期待され、意気込んで新監督に就任した。しかし豊玉高校の選手たちは北野を敬愛しており、「俺たちから北野監督のスタイルまで奪おうとしている」と猛反発。摩擦を繰り返し、結果を残せず、それでも勝利を求め続ける生徒たちを見捨てられずに苦悩し続ける。

Read Article

石井健太郎(SLAM DUNK)とは【徹底解説・考察まとめ】

石井健太郎(SLAM DUNK)とは【徹底解説・考察まとめ】

石井健太郎(いしい けんたろう)とは、『SLAM DUNK』(スラムダンク)の登場人物で、主人公桜木花道が所属する湘北高校バスケットボール部の1年生。 メガネに短めのスポーツ刈りという特徴的な格好で、実力を評価されてというよりは選手層の薄さを理由として湘北高校のベンチ入りメンバーとなる。試合で活躍するシーンはないが、花道や主力選手たちが活躍するたびに大きな声援を送った。インターハイ全国大会で敗退後は、自身もレギュラーになるべく練習に励んでいる。

Read Article

堂本五郎(SLAM DUNK)とは【徹底解説・考察まとめ】

堂本五郎(SLAM DUNK)とは【徹底解説・考察まとめ】

堂本五郎(どうもと ごろう)とは、『SLAM DUNK』(スラムダンク)の登場人物で、秋田県代表にしてインターハイ優勝候補筆頭とされる山王工業高校バスケットボール部の監督。 技術指導もさることながら、試合に臨む際の心構えなど精神にも重きを置いた指導をしている。試合自体もただ勝敗に固執するのではなく、あくまで選手たちの力を十二分に発揮させることを目的とし、その結果としての勝利こそ重要だと考える。強豪校の監督としてはまだ若いが、その手腕は高く評価され、全国に名を轟かせている。

Read Article

チエコスポーツ店長/ヒゲ店長(SLAM DUNK)とは【徹底解説・考察まとめ】

チエコスポーツ店長/ヒゲ店長(SLAM DUNK)とは【徹底解説・考察まとめ】

チエコスポーツ店長/ヒゲ店長とは、『SLAM DUNK』(スラムダンク)の登場人物で、神奈川県内にあるスポーツグッズ販売店「チエコスポーツ」の店長。 学生の頃は選手として活躍し、卒業後はインターハイの神奈川県予選決勝リーグを欠かさず観戦するなど、根っからのバスケ愛好家。卒業し、スポーツグッズ販売店の店長となってからは、バスケットシューズの収集を趣味とするようになった。主人公桜木花道がバスケットシューズを求めて来店した際、タダ同然の値段で自慢のコレクションを譲ることとなってしまう。

Read Article

北野(SLAM DUNK)とは【徹底解説・考察まとめ】

北野(SLAM DUNK)とは【徹底解説・考察まとめ】

北野(きたの)とは、『SLAM DUNK』(スラムダンク)の登場人物で、大阪府の豊玉高校を全国大会常連の強豪へと育て上げた同校のバスケットボール部前監督。 「攻撃を中心に教えて、選手にバスケの楽しさを学ばせる」ことを指導方針にしている。このラン&ガンの攻撃特化スタイルは各方面から支持を集め、その穏和な人柄もあって多くの選手から慕われる。しかしこの方針を巡って学校側と衝突し、より良い成績を求める彼らによりクビにされてしまう。湘北高校の安西光義監督とは旧知の間柄で、現在も交流がある。

Read Article

桑田登紀(SLAM DUNK)とは【徹底解説・考察まとめ】

桑田登紀(SLAM DUNK)とは【徹底解説・考察まとめ】

桑田登紀(くわた とき)とは、『SLAM DUNK』(スラムダンク)の登場人物で、主人公桜木花道が所属する湘北高校バスケットボール部の1年生。 湘北高校のバスケ部員の中ではもっとも小柄で、童顔なのも相まって中学生のような雰囲気を持つ少年。インターハイの序盤でも出場機会を与えられるなど、1年生選手の中では比較的実力を評価されている。三井にスポーツドリンクを差し出す、花道たち1年生レギュラーのことを誇りに思っていることを語るなど、ベンチメンバーの中では印象的な出番が多い。

Read Article

高宮望(SLAM DUNK)とは【徹底解説・考察まとめ】

高宮望(SLAM DUNK)とは【徹底解説・考察まとめ】

高宮望(たかみや のぞむ)とは、『SLAM DUNK』(スラムダンク)の登場人物で、主人公桜木花道を中心とする桜木軍団の三バカトリオの一員。 上級生の不良たちからも一目置かれるケンカ上手で、中学の頃は桜木軍団の仲間たちとケンカに明け暮れていた。しかし不良というわけではなく、調子に乗ってハメを外しがちなところはあれど卑劣な行為や弱い者イジメを嫌う正義漢である。好きな女の子に近づきたい一心でバスケを始め、次第に選手として成長すると共にその魅力にのめり込んでいく花道を見守り、応援する。

Read Article

板倉大二朗(SLAM DUNK)とは【徹底解説・考察まとめ】

板倉大二朗(SLAM DUNK)とは【徹底解説・考察まとめ】

板倉大二朗(いたくら だいじろう)とは、『SLAM DUNK』(スラムダンク)の登場人物で、大阪府代表の豊玉高校バスケットボール部に所属する2年生。 大阪地区予選の得点ランキングでナンバースリーに輝く点取り屋で、豊玉高校の特徴であるラン&ガンの攻撃特化スタイルを象徴する選手の1人。言動は荒っぽく、やたらと大声で他人を威嚇する癖があり、短気で挑発に乗りやすい。前監督の北野を敬愛し、彼をバスケ部に呼び戻すため、自分たちが実績を残すことでその正しさを証明しようと全国制覇を目指す。

Read Article

諸星大(SLAM DUNK)とは【徹底解説・考察まとめ】

諸星大(SLAM DUNK)とは【徹底解説・考察まとめ】

諸星大(もろぼし だい)とは、『SLAM DUNK』(スラムダンク)の登場人物で、インターハイ愛知県代表の愛和学院高校バスケットボール部の主将。 全国屈指の実力者で、自分のチームの監督からは“高校バスケ界ナンバーワンプレイヤーである沢北栄治を倒せる唯一の存在”と強く期待されているが、本人は「はっきりいって自信無し」と内心で吐露している。作中ではやられ役や驚き役が多く、目立って活躍するシーンは無いが、最終的に主人公桜木花道が所属する湘北高校を敗退させている。

Read Article

青田龍彦(SLAM DUNK)とは【徹底解説・考察まとめ】

青田龍彦(SLAM DUNK)とは【徹底解説・考察まとめ】

青田龍彦(あおた たつひこ)とは、『SLAM DUNK』(スラムダンク)の登場人物で、主人公桜木花道が通う湘北高校の柔道部主将。 バスケ部主将の赤木剛憲とは幼馴染で、違う分野に進みながらも未だに互いにライバル心を抱き、「先に(自分の分野で)全国制覇するのは俺だ」と言い張っている。剛憲の妹の晴子には小学生の頃から好意を寄せているが、彼女からは「兄の友人」としか思われていない。花道の強靭なフィジカルと並外れた運動能力に目を付け、柔道部に入るよう熱心に誘うも、その都度あっさり断られている。

Read Article

岸本実理(SLAM DUNK)とは【徹底解説・考察まとめ】

岸本実理(SLAM DUNK)とは【徹底解説・考察まとめ】

岸本実理(きしもと みのり)とは、『SLAM DUNK』(スラムダンク)の登場人物で、大阪府代表の豊玉高校バスケットボール部に所属する3年生。 言動荒々しくケンカっ早いところはあるが、チームのムードメーカーでもある熱血漢。大阪府地区予選の得点ランキングでナンバーツーに輝く点取り屋で、豊玉高校の特徴であるラン&ガンの攻撃特化スタイルを象徴する選手の1人。エースの南烈とは幼馴染で、彼や仲間たちと共に豊玉高校の前監督である北野のことを敬愛し、翻って現監督の金平に対しては反発している。

Read Article

野間忠一郎(SLAM DUNK)とは【徹底解説・考察まとめ】

野間忠一郎(SLAM DUNK)とは【徹底解説・考察まとめ】

野間忠一郎(のま ちゅういちろう)とは、『SLAM DUNK』(スラムダンク)の登場人物で、主人公桜木花道を中心とする桜木軍団の三バカトリオの一員。 上級生の不良たちからも一目置かれるケンカ上手で、中学の頃は桜木軍団の仲間たちとケンカに明け暮れていた。しかし不良というわけではなく、調子に乗ってハメを外しがちなところはあれど卑劣な行為や弱い者イジメを嫌う正義漢である。好きな女の子に近づきたい一心でバスケを始め、次第に選手として成長すると共にその魅力にのめり込んでいく花道を見守り、応援する。

Read Article

佐々岡智(SLAM DUNK)とは【徹底解説・考察まとめ】

佐々岡智(SLAM DUNK)とは【徹底解説・考察まとめ】

佐々岡智(ささおか さとる)とは、『SLAM DUNK』(スラムダンク)の登場人物で、主人公桜木花道が所属する湘北高校バスケットボール部の1年生。 前髪を左右に分けた童顔の少年。1年生ながらそれなりの実力は備えており、「選手層が薄い」という湘北高校バスケ部の事情もあって練習試合や公式戦で何度か出番をもらっている。むりやりユニフォームを奪われるなど、傍若無人な気質を特に強く発揮していた物語初期の花道に散々な目に遭わされているが、彼の実力は素直に認め、その活躍に声援を送った。

Read Article

長谷川一志(SLAM DUNK)とは【徹底解説・考察まとめ】

長谷川一志(SLAM DUNK)とは【徹底解説・考察まとめ】

長谷川一志(はせがわ かずし)とは、『SLAM DUNK』(スラムダンク)の登場人物で、神奈川県屈指の強豪として知られる翔陽高校バスケットボール部に所属する3年生。 大人しく無欲な性格で、スポーツマンとしては覇気に欠ける少年。しかし誰よりも努力し、きっかけさえあればチームの主力にもなれる逸材だと仲間たちからは評価されている。中学時代に手も足も出なかった三井寿が不良になり、3年になってから再びバスケを始めたことを知って「高校バスケを舐めるな」と闘志を燃やし、彼にマッチアップを挑んだ。

Read Article