【ぬらりひょんの孫】奴良組キャラクターまとめ/徹底調査

意外と知られていない(?)傑作妖怪漫画「ぬらりひょんの孫」。数多くの魅力的なキャラクターが登場する中で、今回は主人公も属する「奴良組」の特徴にスポットを当てていきます。

狒々(ひひ)

・奴良組幹部で、猩影(しょうえい)の父親。
・かなりの大柄
・犬猿の妖怪
・400年前から奴良組に居た古株だったが、四国八十八鬼夜行の「ムチ」に部下共々殺された

奴良鯉伴(ぬらりはん)

・奴良組二代目総大将で、リクオの父
・妖怪と人間の血が入った半妖でありながら、奴良組の全盛期を築き上げる
・その分敵も多く、最終的には山ン本五郎左衛門の策略によって殺害された
・後にリクオが多用する事になる「鬼纏」を生み出した張本人

山吹乙女(やまぶきおとめ)

・鯉伴の前妻で、元は江戸に生きた武家の娘
・鯉伴とは相思相愛の仲だったが、ある日突然奴良組から姿を消す
・鯉伴暗殺の黒幕である安倍晴明の陰謀で羽衣狐の寄り代となって現代に復活。リクオと対峙した

奴良若菜(ぬらわかな)

・鯉伴の妻にしてリクオの実母
・悪霊にとり憑かれていたところを鯉伴に助けられる
・実は極道の妻で、有事には懐に持った隠し拳銃を使用する

雪麗(せつら)

・初代総大将の時代にぬらりひょんの百鬼夜行だった雪女
・氷麗の母親
・ぬらりひょんに惚れていながら、その座を珱姫に明け渡した苦い過去を持つ
・そのせいもあってか、娘の氷麗には「奴良家の男の唇を奪ってこい」と言い放つ事も

関連

renote.net

©椎橋寛/集英社コミック文庫
©ぬらりひょんの孫 百鬼繚乱大戦 Wiki*

ch_06110
ch_06110
@ch_06110

Related Articles関連記事

ぬらりひょんの孫(ぬら孫)のネタバレ解説・考察まとめ

ぬらりひょんの孫(ぬら孫)のネタバレ解説・考察まとめ

『ぬらりひょんの孫』とは、椎橋寛によって、『週刊少年ジャンプ』(集英社)で2008年から2012年まで連載されていた、妖怪任侠漫画である。妖怪の総大将・ぬらりひょんの血を継ぐ奴良リクオは、一見普通の男の子だが、祖父のような立派な妖怪の首領(ドン)になることに憧れを抱いている。現代の日本を舞台に、各地の妖怪同士が死闘を繰り広げる妖怪任侠活劇となっている。

Read Article

ジャンプの歴代ヒロインまとめ

ジャンプの歴代ヒロインまとめ

日本でもっとも発行部数の多い漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』は、人気でも知名度でも漫画という文化の頂点に位置する存在であり、幾多の傑作を生み出してきた。少年漫画であるだけにほとんどの作品の主人公は男性キャラクターだが、彼らを盛り立てるヒロインもまた魅力的な造形の人物ばかりである。 大人に子供、主人公に守られるだけの存在から共に戦う相棒、正規のヒロインを蹴散らして主人公と結ばれた者、“少年漫画”の常識を超えたヒロインかつ女性主人公というタイプ。ここでは、ジャンプ作品を彩ったヒロインたちを紹介する。

Read Article

岩元先輩ノ推薦(漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

岩元先輩ノ推薦(漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『岩元先輩ノ推薦』とは、椎橋寛による伝奇ロマン漫画。2021年3月号から『ウルトラジャンプ』にて連載され、『ぬらりひょんの孫』を描いた椎橋の作品として注目を集めた。物語の舞台は、明治時代である1910年代の日本。陸軍直属・栖鳳中学に通う岩元胡堂が、軍の訓令により全国各地で起こる超常現象を調査し、軍事利用可能な異能者を学園に推薦し、仲間として共に敵国・英国の異能者たちとの対戦に臨む様子が描かれている。美しい絵柄と悲哀やゾッとする怖さがあるストーリーが魅力である。

Read Article

【着物好き必見!】和服イラスト・キャラが魅力的な漫画について

【着物好き必見!】和服イラスト・キャラが魅力的な漫画について

豪華な装飾が施された洋風ドレスなんかもうっとりするほど素敵ですが、見ていて心が落ち着くのはやはり昔ながらの日本を感じさせるイラストです。今回は主に着物を羽織っているキャラクターのイラストをまとめてみました。尚、筆者の好みによる偏りがあるのでそのへんはご了承ください。

Read Article

【人気漫画】2007年~2018年の週刊少年ジャンプ打ち切り・終了マンガまとめ!

【人気漫画】2007年~2018年の週刊少年ジャンプ打ち切り・終了マンガまとめ!

週刊少年ジャンプ連載作品で、2007年1号以降に終了した作品をすべて順に紹介します。『週刊少年ジャンプ』は、集英社が発行する日本の週刊少年漫画雑誌。略称は『ジャンプ』『WJ』 。1968年に『少年ジャンプ』として月2回刊誌として創刊し、翌1969年より週刊となり『週刊少年ジャンプ』に改名した。

Read Article

目次 - Contents