ヒメゴト〜十九歳の制服〜(漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ヒメゴト〜十九歳の制服〜』とは峰浪りょうが2010年から2014年に描いた漫画作品。全8巻。
キャッチコピーは「ヒメゴト」を持つ3人の19歳が繰り広げる「ヨクボウ」と「セイフク」の物語。惜しげもなく描かれる裸、マイノリティな性の悩みを赤裸々に語る登場人物たちが魅力的。ジャンルは青年漫画、LGBT。マイノリティな性の悩みを世間に訴えている。
由樹は男っぽい19歳の女子大生だが、本心では女の子らしくなりたいと願っていた。女装が趣味の佳人と売春を繰り返す未果子との出会いで成長していく物語。

『ヒメゴト〜十九歳の制服〜』の概要

『ヒメゴト〜十九歳の制服〜』とは峰浪りょうが2010年から2014年に描いた漫画作品。
東京を舞台に主人公の櫟原由樹(いちはら ゆき)たちのセックス、セクシャル・マイノリティとレズビアン、売春、強姦といった性的な悩みと葛藤を描いたエロチシズムな青春物語である。櫟原由樹(いちはら ゆき)は、「ヨシキ」という愛称を持つ外見も言動も男のような女子大学生だった。物心ついて以来の男性的な振る舞いを女性らしいものに改める機会を逸したまま大学生にまでなってしまった。気づけば周囲から浮いた存在となっていたことに悩んでいる。ユキが唯一所有する女の子の服は高校時代の制服だけだった。制服を身につけたときだけ女の子になれる気がした。制服を着るとユキは体をまさぐり自慰行為をしてしまう。女の子らしくなれない自分を叱りつける誰かを妄想し、性欲を吐き出していた。

惜しげもなく描かれる裸、マイノリティな性の悩みを赤裸々に語る登場人物たちが魅力的。マイノリティな性の悩みを世間に訴えている。

『ヒメゴト〜十九歳の制服〜』のあらすじ・ストーリー

櫟原由樹(いちはら ゆき)は外見と言動が男の子っぽい19歳の女子大生。幼馴染のショウから「ヨシキ」と命名され今でもそれが定着してしまっている。
いつもメンズTシャツにジーパンとスニーカーで、下着はスポーツブラとボクサーパンツを着用している。性同一障害などの疑惑を向けられているが、本心では女の子らしくなりたいと願っている。

気恥ずかしさとショウが自分を男扱いすることが足かせとなり、さらにコンプレックスを募らせていった。
ユキは唯一もっている高校の制服のスカートを一人暮らしの部屋で着ているときだけ、女の子の気持ちになることができた。
アンバランスな心と身体は成長していき、高校の制服を着て自慰行為をすることが習慣になっていた。

永尾未果子(ながお みかこ)は学内で評判の美少女。 ひらひらとした女の子らしいスカートルックの服を好み、童顔で清楚にして、おしとやか。
生粋のお嬢様のようにふるまうミカコには秘密がある。夜の街で黒いセーラー服を着て、自らの年齢を15歳と偽り売春をくりかえしていた。

相葉佳人(あいば かいと)は学内で有名な美形のオシャレ男子。中性的な外見で彼が歩くと黄色い声と熱い視線が飛び交うのだった。
しかし彼にはマイノリティな秘密があり、彼の趣味は自分が憧れる女の子と同じ格好をして、町を歩き羨望のまなざしをおくられることだった。
19歳になったカイトはいつまで自分は女装して女の子になることができるだろうかと、終わりがくることを恐れていた。そのため女性で実は美人なのに、オシャレを楽しまないユキに苛立ちを感じていた。

ユキとミカコ、カイトの性的コンプレックスは複雑に絡み合い乱れていく。

ユキの大学生活

初夏、キャンパスを歩く女学生たちはスカートや短いボトムスを着ていたが、ユキはメンズTシャッと分厚いジーパンと薄汚れたスニーカーを履いていた。
授業を受けながら男友達のショウが先生がムダに巨乳なのが気になると言うと「確かにエロいババアだな」と男のように答える。

そんなユキたちのやり取りを見て、学内で評判の美少女ミカコが「男の子みたい」と笑った。ショウが「男の子みたいじゃなくて、本当に男なんです、こいつ」と口をはさむ。
ショウがユキのことをヨシキと呼ぶから、自分たちもヨシキとユキのことを呼んでいいかと言われてしまう。
「…勝手に、どうぞ」とユキは去っていく。

ご飯を食べに行こうと言うショウの誘いを断って、家に帰って自慰行為をするユキ。
制服を着たときだけ女の子の気持ちになれるのだった。

女装したカイトに出会う

キャンパスを歩く女学生たちはスカートや短いボトムスを着ていたが、ユキは相変わらずの恰好でいた。

ユキはミカコの友人の杏と莉奈から、人数が足りないから合コンに来てほしいと頼まれる。
女の子扱いされたことに喜び参加するが、結局は男の子扱いされてしまう。ユキは途中から合コンを抜けて夜の渋谷を歩いた。
するとミカコの後ろ姿を発見する。

おもわず肩をたたくが振り返ったその人は、ミカコと同じワンピース姿の相葉カイトだった。
カイトはウィッグをつけメイクをして女の子になっている現場を、ユキに目撃されてしまうのだった。

大学でカイトはユキに女装の件は誰にも言わないように頼む。
ユキはカイトが同性愛者だと思い込み、「ホモだと思ってたんだ。それがプラスオカマだっただけだろ?」と苦笑いするが、カイトは「ちょっと!一緒くたにしないでよ!いろいろあんのよ!?」と怒る。

カイトの反応にユキは珍しそうな目で見て「おー、リアルだ」と言ってしまう。
「…ちょっと、何珍しがってんのよ。アンタとアタシは性別は逆でも同族じゃない」とカイトは指摘する。
それに対してユキは「アンタはやりたくてやってる。自分はそうじゃない」と悲しそうに否定するのだった。

あまりに周りが自分を男の子扱いするから、みんなが求める自分を演じていたら、女の子の中にも男の子の中にも馴染めなくなってしまったとふりかえるのだった。
目の前のユキが自分を持て余していることに腹が立ち、カイトは胸を鷲掴みにした。シャツをめくりスポーツブラをつけているユキを馬鹿にして笑う。

そんな強姦と勘違いされても仕方ない場面を、カイトがあこがれているミカコに目撃されてしまうのだった。ミカコは男が女を暴力で従えるような真似をするなんて許せないと怒った。
咄嗟にユキは嘘をつきカイトをかばうのだった。

女の子らしくなりたいユキはカイトに女装癖をバラされたくなければ、自分の女友達になるよう言う。はじめこそ険悪だった二人は、今まで誰にも話せなかった葛藤を話すことができる仲になる。
ユキの好意が深まるのを知りながら、それは恋愛感情ではないとカイトはユキにはもっとふさわしい男がいると考えていた。

ミカコの秘密

ミカコはセーラー服を着て年齢を15歳と偽りホテルで売春を行っていた。
相手の男は神父の恰好で、少女を金銭で買うことを懺悔しながらミカコの下半身をむさぼる。

シャワーの後ミカコに、客の男が誕生日はいつか尋ねる。さらに「次の誕生日が来ても君は15歳になるのだろうね」と告げた。
ショックのあまりミカコはドライヤーを落とす。
男はミカコが本当は15歳ではないことを知っていたのだった。

学内を歩いているとなんと昨日の男性を見かけてしまう。男は大学関係者だったようだ。
気を取られてよそ見しているミカコはカイトにぶつかり、カイトは手を差し出すが男性にふれられるのは嫌と拒絶されてしまう。

気分のすぐれないミカコを介抱したユキに、ミカコは強く惹かれはじめた。
ミカコは「ヨシキちゃんは男じゃなくて男の子なんだ。少年なんだよ」と目を輝かせた。

ミカコはユキに本当にカイトと付き合っているのか尋ねる。
カイトが女装していることを内緒にしてほしいとユキに頼んだ時、ユキのシャツを脱がそうとしている現場をミカコに目撃されてしまっている。

同じ服を着るほどにミカコに憧れているカイトに同情したユキが、なりゆきでカイトと付き合っていると嘘をついてかばったのがはじまりだった。
ミカコの気持ちに答えられないからと、カイトと付き合っているという嘘をまた重ねてしまうユキであった。

はじめての女の子の私服

傷心のユキと一緒に眠るカイト。これからは人の目をきにせず、女の子になっていいと話す。

カイトはミカコが着ている同じ服を買い、ユキにも似合う服をプレゼントしてくれた。
一見いつも着ている服とかわらないが、襟首が広いシャツは鎖骨をのぞかせ、ショートパンツとニーハイソックスはユキにとって初めての女の子の私服となった。

そこに旧友のショウが現れる。ショウはミカコから、2人が付き合っていると話をきいてユキに確かめに来た。
女の子の服を着ているユキをみて自分以外の男と付き合っていいわけがないと激怒し、胸元から大きくシャツを破る。

ユキはショウの股間に蹴りを入れるが、ショウはユキの頬を激しく平手打ちをする。ユキはショウの顔をひっかいて抵抗する。
ショウにハサミを向けて「絶交だ。二度とあたしの前に現れんな!消えろ!」と叫んだ。どしゃぶりの雨の中ショウは号泣していた。ユキも泣いていた。

翌日、大学でカイトはユキがプレゼントした服を着てくることを期待していた。しかし、現れたのはボサボサな髪の毛でいつも以上に色気のない姿だった。
荒んだ表情のユキを心配するミカコに、自分とカイトが付き合っていることをショウに話したことを咎めるのだった。

カイトはユキの家の前で女の子の姿で待ち伏せしていた。事情を聞きその日はずっとそばにいてくれるのだった。

ミカコは売春帰りに自分とそっくりそのままの服装で外を歩く女性に気がつく。
違うのは女は傘をさしていることだけだった。

正体をたしかめるためマンションに入った女を待ち伏せする。でてきたのは先ほどの女性と同じ傘を持っているユキだった。
ミカコの恰好をして歩いていたのはカイトで、ユキは彼の傘をかりただけなのだが、ミカコはユキが自分のことをリスペクトするほど好きなんだと勘違いをしてしまう。

ユキに声をかけようとしたミカコの前にショウが現れる。ショウはユキにしたことをミカコに打ち明け、このままだと友情さえも失ってしまうから、なんとか許してもらいたいという。

ショウにミカコはユキに群がる悪い害虫として、あざとく誘惑する。
誘惑に負けたショウをミカコは見下し「駆除終了」と笑う。

共同生活とミカコのトラウマ

カイトはユキとミカコが自分の家で生活することを許可する。
条件は健全な女の子として生活すること。3人での女友達生活がはじまった。

カイトに選んでもらった服で大学に行ったユキは注目の的となる。ミカコの友達の杏と莉奈は、ユキのイメチェンに驚きつつ、髪を切ってくれたり化粧を教えてくれた。
ショウをユキに接触させたくないため、大学を休んでショウと自宅にいたミカコは心配して家に来たユキの姿を見て驚く。

あるときミカコは、売春相手の客から代金を受けとろうとするが男は手を放さない。
値段が高すぎると文句をいわれ、過去にもミカコの客だった男はミカコを覚えていたのだった。これからは1万円でやらせろという男に恐怖したミカコはホテルから飛び出す。
追いかけてきた男がミカコの腕を掴んだ時、誰かが男の腕を掴んで止めてくれた。

自分の私服と同じ服をきていることから、ミカコはユキが助けてくれたと思い込むが、実はその人物がカイトであったことに驚く。
カイトは女装趣味をカミングアウトしミカコの本性を知る。カイトは彼女からユキを遠ざけるようになり、ミカコの真似をするのをパタリとやめてしまう。

ミカコはカイトに自分が着ている黒いセーラー服を特注で用意し、売春の手伝いをさせるようになる。
ミカコへの気持ちが憧れから母親のような保護者目線へと変化し、自らが抱える老いることへの恐怖をミカコがどう乗り越えるのか気になりはじめる。

ショウは大学仲間からユキとミカコがレズビアンのような関係になっていると聞き、久しぶりに大学にやってきた。
髭を生やし、髪はボサボサで虚ろな目をしたショウはユキに自分とミカコが関係をもっていることを伝えようとするが、ミカコに遮られてしまう。
ミカコはショウに無理やり襲われたと嘘をつきショウは反論するが、ユキに汚いものをみるような目でにらまれる。

完全に拒絶されてしまったショウを残し、ミカコはショウがユキに連絡をとれないようにユキの携帯でショウを着信拒否にする。
さらに自宅に帰るのは危険だからと、カイトの家に夏休みのあいだ2人で住もうと提案する。カイトはミカコの提案に難色を示すが、3人で暮らすならいいと許可する。

3人での女友達生活がはじまった。
3人の生活のルールは健全な女友達として接することだった。

ミカコは初めて鍋を食べて喜んだ。いわゆる家族ごっこのような暮らしは楽しくもあり、辛いものでもあった。
カイトは若い二人の魅力に耐え切れず我慢の限界がきてしまう。

男の姿となり、売春相手のユズカのところへ性欲を満たしに出かけてしまう。その隙にミカコはお風呂に一緒に入ったり、ユキをセックスに誘うのだが、ユキに拒否されてしまう。
カイトはこの環境に居続けることは、ユキにとって何のプラスにもならないと説得する。ユキも自分にとっても良くないとわかっていたので了承する。
しかしミカコには家を去ることを話さなかった。

ミカコは今の生活を大切にしたい一方、夜の売春で性欲とアイデンティティを満たしたいと、カイトと芝居をして父親の家に1日帰ると嘘をつく。するとユキもアキオからバーベキューに誘われるのだった。
ユキはカイトに髪を結ってもらい、服を選んでもらう。実家に帰って、いちから女の子をやり直すと話す。
しかし、カイトがこれからアキオと会うといったことからカイトの嘘をを知る。

ユキのもとにショウからメールが届き、そこにはカイトとミカコが売春していたことが暴露されていた。ミカコの目的はユキの周りの男を落とすことで、カイトとも肉体関係があると書かれていた。
カイトとミカコが制服でホテルに向かうとユキが現れる。ユキは裏切りに「これで完全に、あんたらと縁切る気になれたわ。バイバイ」と立ち去っていく。

ユキを追いかけようとするミカコをカイトは止める。
ユキの代わりに自分が代わりにそばにいるからというと、ミカコはセックスしてくれるならいいと答えた。

カイトは迷った末に受け入れようとする。
そしてミカコに一緒に死なないか問いかけた。カイトはミカコの首を締めるが「もっと強く締めないと死なないよ」と首を締め返される。
激しくせき込むカイトにミカコは暴言を吐きカイトの携帯を奪って出ていく。

ユキは制服に着替え、自慰していた。するとカイトからのメールが届く。
「今、アンタの家の前にいる。いるなら開けて」と言われユキは扉を開ける。
そこにいたのはカイトの携帯を持ったミカコだった。

「カイトからのメールなら開けてくれるんだね」と無理やり部屋に入って押し倒す。ユキが平手打ちで抵抗するがミカコはまったくひかない。
「私が帰ってきたら笑顔で『おかえり』って言ってくれるって約束したじゃない!」と激しく怒る。
ところが今度はにっこり笑って「でも大丈夫!あれはなかったことにして。もう一度やり直そ!」と笑顔になるのだった。

笑顔に同調しないと再び怒りをあらわにするミカコ。そしてショウを誘惑したことを暴露する。

ミカコの血のつながっていない父親は、13歳のミカコを習慣的に強姦していた。
ある日、現場を見てしまった母とミカコは目が合う。助けてもらえると思ったミカコだったが、母はミカコを捨てて蒸発してしまう。

さらにミカコが16歳になると関係を持っていた教師から受け取るお金が減っていった。
ミカコは自分の価値が年をとるにつれて小さくなっていくように感じた。

カイトの影響で女の子らしくなったユキを受け入れられないミカコは怒りを爆発させる。
「全部あんたのためにやったの!あんたに集る迷惑な虫を私が全部払ってあげたの!!なのにどうして、あんなつまんない女装男に惹かれるの!!変わらないで!!」
ミカコがユキからショウを遠ざけるため自らの身体を犠牲にしたことを知るユキだった。

「ありのままのあたしが好き?そんなのどこにいるの?見つけられなくて、グチャグチャに歪んで、こんな姿になったってゆーのに…」とユキは拒否する。
ミカコはユキの制服をハサミで切り刻み、こんなものを拠り所に生きていく必要はないという。

そしてカイトが結ったユキの髪をつかんで切ろうとするが、髪だけは必死で守ろうとするユキ。
その瞬間、ミカコには過去の自分の姿が見えた。
髪を坊主頭のように切られ母親のように淫らな女になるなと、女の子らしい服をまったく着せなかった祖母が自分にしたことを、同じように自分がしていることに気が付く。

「あたしはあんたの望むものにはなれない!」そもそもミカコが何をユキに望んでいるのかわからないと言う。
ユキはミカコに「あたしに、なんの役をやらせたいの?」と聞くと、ミカコは「わかった。もういいおしまい」とつぶやき、静かにユキのもとを去る。

ミカコがユキのもとを去るとカイトがやってきて、ミカコとの関係を説明する。
ミカコが売春を重ねていたことも嘘偽りなく話す。

「彼女は自分が少女である証明をするため、男を騙すことに執念を燃やす。それが永尾未果子の秘密の顔」とカイトは話す。
自分の若さへの執着とそれが似ていたから共鳴していたこと、ミカコが望むのなら大人になる前に二人で死んでもいいと思ったことを打ち明ける。

ミカコがカイトを自分の鏡と言ってくれたから、完璧な姿のときに死んでほしいと思ったカイトだった。
だがユキに「誰かの鏡になっちゃたら、そこにカイトいないじゃん」、「あたしの大好きなカイトを殺さないで」とカイト自身を認めてもらうことで、若さへの異常な執着を手放すことができた。
ユキとカイトは制服と女装をといて本来の姿で身体を重ねるのだった。

ミカコの後悔

灰皿を振り上げて客の男を殺そうとするミカコ。
彼女にとって客の男たちは憎い父親の存在そのものだった。

ミカコはショウとホテルにいた。
客がミカコを襲うタイミングでショウがきてお金を没収するはずだったが、揉みあいになったはずみでショウは灰皿で客の男を殴り倒してしまう。
男は頭から血を流し気を失ってしまった。殺してしまったのか聞くミカコに対し、ショウは全部ミカコのせいだと逃げ出してしまう。

過去の辛い思い出がフィードバックし、ミカコの言動は狂い始め自暴自棄に陥る。
血まみれの男が起き上がりミカコを組み敷くと、心の底から拒絶した。
そしてユキに自分はなんてひどいことをしてしまったのだろう、私だってあんなに嫌だったのにと泣いて後悔するのだった。

カイトはミカコがホテルにいることを予想し、ユキと急いで向かっていた。ミカコを救えるのはユキしかいないとわかっていた。
過去に父親に強姦されたとき、殴られるのが怖くて受け入れてしまったこと、「19歳になったから、今なら否定できるよ」と灰皿を持ち上げるミカコ。
ミカコは客を過去の父親に見立てていたのだった。振り上げた腕をユキが駆けつけてとめる。

「ちゃんと見ててよ!!今からお父さんを殺すから!!もうさせないから!!お父さんとセックスしないから!!どうしてわたしを思ってくれないの!!」というミカコの言葉を聞いて、ユキとカイトは胸がしめつけられる。

「私ずっと戦ってきた。笑ったあの一瞬の私を守るために、あれが罪じゃないって証明するために。でももう疲れた。だから、お父さんは倒せなかったけど、代わりにこいつを倒すから、そしたら私を許してくれる?」
ユキはようやくミカコが自分になにを求めているのか理解することができた。
「頑張ったね。お家帰ろっかミカコ」。ミカコはヨシキ(ユキ)に母親のような愛を求めていたのだった。

カイトはユキにミカコを連れて逃げるようにすすめる。
このままでは3人とも警察に捕まってしまうからだ。今のミカコを守れるのはユキにしかできない、ふたりでこの子を助けてあげようと3人は抱き合い別れる。

ホテルを出ると立っていたショウにミカコはユキの手を託す。
うろたえるショウに「男にしてやっただろうが!!お礼に望みの一つくらい叶えろよ!!」とすごむ。ショウはユキの手を引いて走る。

自分の名前を何度も叫ぶユキに振り返りキスするミカコ。「練習じゃないよ。愛してた。ヨシキ。幸せな女の子になってね」と手をふりながら、ミカコはホテルに引き返しカイトのもとへもどった。

「男に借りをつくりたくないし。あんたも行っていいよ。今なら二人に追いつけるでしょ」というミカコに、カイトは乗りかかった船だから一緒に沈んであげるという。
ミカコは血の付いたセーラー服をもう着れないと脱ぐ。
2人は大学を退学となり殴られた男も無事に助かった。

ユキとカイトのその後

事件から1年後、カイトは女装して町を歩いていた。
誰かがひそひそ声でなにか言っていても気にもならなかった。

女の子の姿で売春相手だったモモとユズカに会う。
彼女たちは男相手に売春して捕まってしまったこと、警察から何人の大人が自分を買ったのか言うようにいわれていると話す。
しぶしぶ口止め料をもらったカイトは微笑んで「アタシのほうがきれいだなって、ずっと思っていた」と微笑む。

久しぶりにユキと会うと、ユキは髪はボサボサ、服は全然オシャレじゃない。
どうしてそんなコーデなのかとカイトは怒る。するとユキは、これは杏と莉奈に「カイトと一番長くいられる勝負服」をと頼んで服を選んでもらったのだと舌を見せて笑う。
「さすが、女の子ね」とふたりは買物に向かうのだった。

ミカコは杏と莉奈と再会した。全然変わってないねといわれると、「援交がばれて退学したから、すごい派手なビッチギャルにでもなってると思った?」とかつてみせていたミカコではなく、本音で語っていた。
「今、ロリコン・ドM男専門の風俗で働いているの、セーラー服着てね」と話すミカコにふたりは青ざめるが、ミカコの人気ブログが本になったら大学でゲリラサイン会をやろうと盛り上がる。

ミカコは自分の名前が嫌いだった。「実り熟れることへの嫌悪、だからお前は実るな」、そんな呪いがかかった名前だと思っていた。
ユキが最後に何度も名前を叫んだ時に自分の名前が洗われた気がして、最後にキスをしたことを思い出す。

成人式をむかえたミカコは、未成年の自分は死んだという意味を込めて着物の喪服で歩いていた。通り過ぎた振袖の女が不吉と愚痴をこぼすと、冷たい表情で中指を立てた。
ユキは可愛らしいあでやかな成人式の振袖に身を包んでいた。地元の友人たちがあか抜けたユキをほめる。
すごく可愛いが自分で選んだのか聞かれて、彼氏のプロデュースであることを答えるユキ。

彼氏はどんな人か聞かれると、人差し指を立てて「ヒミツ」とユキは言うのだった。

『ヒメゴト〜十九歳の制服〜』の登場人物・キャラクター

櫟原由樹(いちはら ゆき)

dc127bc
dc127bc
@dc127bc

目次 - Contents