ゾイド -ZOIDS-(初代・無印)のネタバレ解説・考察まとめ

『ゾイド -ZOIDS-』は、タカラトミーの玩具「ゾイド」をモチーフにした、TBS系列で放送されたテレビアニメ。全67話。原作はタカラトミー。辺境の村に住んでいる少年バンは、ある日遺跡の中でカプセルの中に封印された少女フィーネと、オーガノイドのジークと出会う。記憶喪失のフィーネが呟いた「ゾイドイヴ」という言葉を手がかりに、愛機シールドライガーを駆り、世界を巡る冒険がはじまる。ゾイドを全てトゥーンレンダリングによる3DCGで描いており、ゾイドのリアリティや躍動感が魅力。

『ゾイド -ZOIDS-』の概要

『ゾイド -ZOIDS-』は、トミー(のちのタカラトミー)の玩具「ゾイド」をモチーフに制作された、ロボット、アドベンチャーの日本のテレビアニメ。TBS系列で1999年9月4日から2000年12月23日まで全67話放送された。ゾイドは、ZOIC(動物の)とANDROIDS(アンドロイドの複数形)を由来とする造語であり、動物や恐竜をモチーフとしている。当時では珍しく、ゾイドを全てトゥーンレンダリングのよる3DCGで描かれている。その為、ゾイドのリアリティが高く躍動感を感じられることが魅力。また、『ゾイド -ZOIDS-』以降、物体や特殊効果としてCGが導入されることになり、その枚挙に暇がない。
ゾイドというコンテンツの価値を押し上げた作品であり、直接の続編である『ゾイド新世紀スラッシュゼロ』、『ゾイドフューザーズ』、『ゾイドジェネシス』へと、「ゾイド」シリーズが続いていく原点となった作品。

惑星Zi(ズィー)では、金属生命体ゾイドが存在している。惑星Ziにあるヘリック共和国とガイロス帝国は、長年戦争をしてきた。現在は停戦しているが、またいつ戦争が再開されるかも分からない程緊迫した状態だった。
物語の主人公・バンは、辺境の村ウィンドコロニーに住む少年である。姉と二人暮らしをしていたバンは、ある日、遺跡の中でカプセルに封印されているフィーネとオーガノイド(体長2~3mの小型ゾイド。大型ゾイドと合体することで、そのゾイドの性能を向上させたり、形状を変化させたりできる能力を持つ)のジークと出会う。記憶喪失だったフィーネが呟いた言葉「ゾイドイヴ」。この言葉を手がかりに、バンはフィーネとジークと共に、フィーネの過去に迫るべく、ゾイドイヴを探す旅にでる。

『ゾイド -ZOIDS-』は、バンが仲間達と共にゾイドイヴを探す冒険をしている中、惑星の支配者として君臨しようと暗躍するプロイツェンの野望を打ち砕く為に戦う第一部(少年編)。2年後、共和国と帝国の戦争が終結し、両国は和平を結んだ。しかし、再び戦乱を起こそうとする未知の敵が現れる。両国はこれに対抗する為に、共和国と帝国の垣根を超えた特務部隊ガーディアンフォースを設立。バンがこの部隊の一員として、活動していく第二部(ガーディアンフォース編)。この二部で構成されている。

『ゾイド -ZOIDS-』のあらすじ・ストーリー

第1部:少年期

バンとフィーネの出会い

シールドライガーのコクピットに座るバン(左)と遺跡で眠っていた少女フィーネ(右)。

金属生命体ゾイドが住む惑星Zi(ズィー)。その中にあるヘリック共和国の辺境にある村、ウィンドコロニーにバン・フライハイトという少年が住んでいた。

ある日バンは遺跡探索をしている最中に盗賊が操縦するゾイドに襲われる。バンは地面からわずかに浮かぶスケートボードのような乗り物ホバーボードに乗り、とある遺跡に逃げ込んだ。遺跡の中で大きなカプセルを2つ見つけた。バンがカプセルを開放すると、小型の恐竜型ゾイドが入っていた。目覚めたそのゾイドはバンを威嚇するが、バンの明るい人柄を見抜いたのかすぐに懐く。バンはそのゾイドに、亡くなった自分の父親の相棒だったシールドライガーと同じジークという名前を付けた。

するとバンを襲っていた盗賊がしつこく追いかけてきてバン達がいる遺跡に攻撃を始める。するとジークがバンとフィーネを連れて遺跡を飛び出した。そしてジークは、今はもう動かない、死んでしまった状態の父親の相棒のシールドライガーにバンを連れていきコックピットに座らせる。ジークは光に包まれながらシールドライガーと同化し、シールドライガーは完全復活を遂げた。バンはシールドライガーを操って盗賊の撃退に成功する。

遺跡に戻ったバンは、もう1個のカプセルにもゾイドが入っているのかもと期待を膨らませてカプセルを開放した。しかしその中にはゾイドではなく、バンと同じ年頃の少女が入っていた。少女は自分の名前も何もかも覚えていなかった。かろうじて会話はできるがとんちんかんな内容であり、バンはそれに頭を抱える。仕方なくバンは少女をウインドコロニーに連れて帰ることにした。その途中で少女の名前がフィーネであることがわかる。バンはジークとフィーネを、自身の姉であるマリアに紹介した。

バンがフィーネ達に村を案内していると、突然村が襲撃された。バンがやっつけたはずの盗賊がボスを連れてやってきたのだ。目的はジーク。ジークはオーガノイドと呼ばれる特別なゾイドであり、その価値に目をつけた盗賊団デザルト・アルコバレーノのボス・ロッソがジークを奪おうと村人を脅し、マリアを人質にとった。バンはシールドライガーに乗り込みマリアの救出に向かう。そしてジークと力を合わせてロッソ達を撃退し、マリアを無事に救い出した。

バンはこのまま村に留まればまた襲われるかもしれないと考え旅に出ることを決意する。ウインドコロニーの人々に見送られ、バンはフィーネとジークと共に旅に出るのだった。

レッドリバー戦線

バンとフィーネは旅の途中でアーバインという青年と出会う。旅の中で何度か出会い、なんだかんだとアーバインと旅を共にしていく時間が増えていった。さらにバン達はムンベイという運び屋を生業にしている女性と出会う。ムンベイはガイロス帝国に爆薬を運ぶ途中だった。そのため嗅ぎつけたヘリック共和国のスリーパーゾイドに襲われる羽目になってしまう。スリーパーゾイドは、領土防衛や奇襲用に各地に配置された無人稼働ゾイドであり、ムンベイの乗るイモムシ型ゾイド・グスタフをどこまでも追ってくる。積荷を捨て、その爆薬を爆発させることでバン達はなんとかその場を脱することに成功した。

しかしバン達の災難はまだ続く。一段落して野宿をしていると、レッドリバー基地のロブ・ハーマン大尉達が現れた。そして帝国の爆薬を運んでいたのではないかと疑われ捕まってしまう。バンとアーバイン、フィーネとムンベイは別々の牢屋に入れられた。アーバインは爆薬を隠し持っていたため難なく脱出することができた。とりあえずフィーネ達を残し逃げたバンは、ジークが動かすシールドライガーと再会する。

バン達が共和国の追手と戦っている傍ら、ムンベイはハーマン大尉の部下であるオコーネル中尉に交渉を持ちかけていた。ムンベイは緊迫した雰囲気を持つレッドリバー基地の様子を見て、もうじきこの場所で帝国軍との戦いがあることを予想。ムンベイは自分達を自由にする代わりに、共和国軍の手助けをするという契約を結んだ。

後日、レッドリバー基地にガイロス帝国のカール・リヒテン・シュバルツ少佐が率いる帝国軍隊がやってきた。ハーマンとシュバルツは対峙して言葉を交わす。その会話の節々からは、お互いが戦闘になることを避けようとしていることが読み取れた。しかし戦争肯定派の思想を持つシュバルツの部下マルクスが行動を起こし、戦闘が開始されてしまう。バン達はムンベイが勝手に結んだ契約に則り、共和国軍の手助けをした。谷にかかる橋を落としたことで帝国軍を孤立させることに成功する。狙い通り帝国軍は撤退をし、レッドリバーでの戦争は終結した。

レイヴンとの出会い

逃亡中のレイヴン(左手前)と同じく逃亡中のバン(奥右)とフィーネ(奥中)。

レッドリバー基地を出る際、バン達はフィーネの失われた記憶の手がかりである「ゾイドイブ」に関する情報を得た。ヘリック共和国の首都・ニューヘリックシティにある国立科学研究所であれば何かわかるかもとハーマンに助言をもらったのだ。バン達は研究所を尋ねるためにニューヘリックシティを目指す。

ニューヘリックシティまでの道中、バン達はドクター・ディーと名乗る変わった老人に出会う。一人山に籠もって、人工的に雪を降らせるための研究をしていたドクター・ディーは、国立科学研究所で働いていた経験があるという。バン達はドクター・ディーに「ゾイドイブ」について尋ねてみたが、手がかりはつかめなかった。

ドクター・ディーと別れて旅を続けていると、再び共和国軍の兵士に遭遇する。ピリピリした空気をまとった兵士達はバン達を拘束しようとする。アーバインとムンベイは、ハーマンの紹介状を見せて事なきを得た。一方逃げることに成功したバンとフィーネは、黒い髪をした一人の少年と出会っていた。レイヴンという名前のその少年は黒いオーガノイド・シャドーを連れており、その正体は帝国軍の兵士だという。先程バン達を捉えようとした共和国軍はレイヴンに部隊を攻撃されており、オーガノイドを連れた少年を探していたのだった。

バンはレイヴンが自分を追ってきた共和国軍を蹂躙していく姿を見て、レイヴンを止めようとシールドライガーとジークと共に戦った。しかしレイヴンの実力は圧倒的で、シャドーの力を使わずに純粋なゾイドの操縦技術だけでバンを返り討ちにする。レイヴンはバンにとどめを刺そうとしたが、帝国軍から通信が入りその手を止め撤退していった。バンはレイヴンとの実力差に打ちひしがれる。

その後バンはもう一度レイヴンと戦うことになる。レイヴンに一矢報いることに成功するが、それがレイヴンの逆鱗に触れてしまった。レイヴンはシャドーの力も使ってバンを蹴散らす。二度もレイヴンに負けてしまったバンは激しく落ち込んだが、フィーネ達の叱咤激励によりなんとか持ち直すことができたのだった。

ニューヘリックシティ攻防戦

バン達はニューヘリックシティに到着し、そこでドクター・ディと再会する。そして国立科学研究所を案内してもらい、ガリル遺跡にフィーネの記憶の手がかりがあることを掴んだ。

その頃ニューヘリックシティにはガイロス帝国軍の魔の手が忍び寄っていた。首都の防衛を担うマウントオッサ要塞と、ニューヘリックシティに帝国軍の攻撃の手が及ぼうとしていたのだ。指揮官であるガイロス帝国軍元帥のプロイツェンは、ヘリック共和国大統領のルイーズに無条件降伏か全滅するかの2択を迫った。

ルイーズは夫であり故人の前大統領であれば、民の無事を優先し降伏するだろうかと思い悩む。しかしそこにハーマンからルイーズに連絡が入った。ハーマンは実は大統領の子息だったのだ。ハーマンの「もし前大統領ならば勇敢に帝国と戦う道を選ぶだろう」と言い、現在進行中の作戦を伝えた。

ハーマンとの縁もあり、バン達もニューヘリックシティ攻防の作戦に参加する。そこでレイヴンと再び戦うことになり、今度は互角の戦いを見せる。シャドーはバンのことを「自分を楽しませてくれる相手」だと認識し、去っていく。

バンの奮闘もあり、ハーマンの作戦は成功。同じ頃、ガイロス帝国では皇帝であるツェッペリンが崩御し、孫のルドルフ皇太子が一時的に全権を預かることになっていた。争いを好まないルドルフ皇太子は、共和国に進軍中の帝国軍に撤退を命令。ルイーズ大統領に変わらぬ和平を望むと伝え、戦争は終結した。

ルドルフとの出会い

バン達が過去に出会った盗賊団デザートアルコバレーノのロッソ達はルドルフ誘拐を目論んでいた。それと同時にルドルフの元にプロイツェンからの刺客が送り込まれる。次期皇帝のルドルフが邪魔であるプロイツェンが、ルドルフを暗殺しようとしていたのだ。ロッソ達は成り行きでルドルフを暗殺者達から守ることになり、行動を共にするようになる。

一方バン達はガリル遺跡に到着して調査をしていた。しかし目ぼしいものはすでに帝国軍が持ち去った後であり、デスザウラーという謎のゾイドの名前以外、これといった収穫はなかった。ガリル遺跡を出発したバン達は立ち寄ったオアシスでルドルフに出会う。ロッソ達とはぐれてしまったルドルフを迷子だと思ったバンは、ルドルフと共にロッソ達を探し始めた。しかしそこにジェノザウラーと呼ばれる黒いゾイドに乗ったレイヴンがルドルフを殺そうと現れる。ジェノザウラーはプロイツェンが帝国で秘密裏に行っている研究過程で産まれた凶悪なゾイドだ。バン達はその場に駆けつけたロッソ達の命がけの行動で逃げることができた。

窮地を脱したバン達は、ゾイドの心臓といえるゾイドコアが抜かれたゾイドの死骸の山を見つける。その場には何故かドクター・ディーがいた。この惨状の原因を探っているという。そこでバン達はガリル遺跡で見つけたデスザウラーというゾイドに関する壁画の映像をドクター・ディーに見てもらった。するとドクター・ディーは顔色を変える。デスザウラーとは、はるか昔に実在していたゾイドであり、一夜にして1000体のゾイドを討ち滅ぼす程の強大な力を持っているのだという。ドクター・ディーは帝国がデスザウラーを蘇らせようとしていると考え、レイヴンとジェノザウラーはその過程で産まれたものだと推測した。そしてバンに次にジェノザウラーと出会ったらすぐに逃げろと警告をする。

しかしルドルフをレイヴンに攫われてしまったバンは、ジェノザウラーと戦うことになってしまう。そして荷電粒子砲という大技にシールドライガーのゾイドコアを撃ち抜かれてしまい、シールドライガーは石化し死んでしまうのだった。

ブレードライガー誕生

ジークの力によって誕生した新たなゾイド・ブレードライガー。

シールドライガーを失ってもバンの心は折れていなかった。それどころかルドルフを助けるために前向きな姿勢を見せる。シールドライガーなしでバンはなんとかルドルフの奪還に成功し、シールドライガーの元へと戻った。するとシールドライガーは不思議な光の繭に包まれていた。中にはジークとフィーネがおり、シールドライガーに何かを施しているようだった。バンはそのことがショックで堪らず、ホバーボードに乗り1人その場を離れた。ルドルフはそんなバンを追いかける。

一方その頃、スティンガーという男がプロイツェンの暗殺一味を従えていた。一般人になりすましたスティンガーはアーバイン達に近づき、だまし討にする形でアーバインやムンベイ達を拘束してしまったのだ。それを知ったバン達は暗殺一味のゾイドを奪い、アーバイン達を助けに行く。そこでピンチに陥ったバンは、突然光の繭の中に吸い込まれる。バンはそこでフィーネの声を聞き、次の瞬間、死んだはずのシールドライガーのコクピットに座っていた。光の繭が解け、姿を表したのはシールドライガーが進化した全く新しいゾイド・ブレードライガーだった。

バンはブレードライガーを操り、スティンガーや暗殺一味の撃退に成功する。バン達はルドルフを守ることに成功したが、代わりに暗殺一味に皇位継承の証である皇家の指輪を奪われてしまった。一方でフィーネはシールドライガーをブレードライガーに進化させたことによって、失っていた記憶を取り戻していた。フィーネはかつて惑星Ziを支配していた一族・古代ゾイド人と呼ばれる特別な一族の生き残りだったのだ。

帝都攻防戦

帝国では皇家の指輪を手に入れたプロイツェンが皇帝の座に就こうと話を進めていた。バンた達はプロイツェンが帝位に就くのを阻止するために急いでルドルフを帝都ガイガロスへ送り届けようと旅を急ぐ。道中帝国軍の妨害を受けるが、シュバルツ大佐の助力などもあり、なんとかガイガロスに辿り着いた。ルドルフはのホマレフ宰相と合流することができ、プロイツェンが近くの川の上流にある古代遺跡で何らかの研究をしていることを聞いた。バンはその遺跡にすぐに向かおうとしたが、危険だと周りの人間に止められたてしまった。

バンはその日の夜、フィーネとジークを連れて単騎で遺跡の研究所を目指す。遺跡の中に侵入すると、中ではプロイツェンが待ち構えていた。プロイツェンの語る思想があらためて危険だと思ったバンは、プロイツェンを倒すことを決意する。包囲網をかいくぐり、なんとか遺跡の外に逃げ出す。そこで古代ゾイド人であるフィーネの力に共鳴したデスザウラーが復活してしまった。だがデスザウラーは未完の状態であり、特大の荷電粒子砲を撃つと活動を停止してしまう。

遺跡から戻る途中、バンはジェノザウラーを操るレイヴンと再戦する。バンは苦戦を強いられ追い詰められ、ジークとの合体も解けてしまう。しかしバンは諦めることなく、レイヴンに立ち向かう。ブレードライガーのブレードが、ジェノザウラーが撃った荷電粒子砲を切り裂くようにして迫っていき、ついにジェノザウラーの口にブレードを突き立てた。ジェノザウラーは、体内に収束していた荷電粒子が暴走し爆発してしまった。バンはレイヴンに勝ったのだ。

一方その頃、ルドルフは自身の葬儀会場へと向かっていた。自分が生きていたことを明かし、プロイツェンの野望を食い止めるためだ。葬儀会場でプロイツェンは、ルドルフに向かって自分が皇帝であると言い、この惑星を力で支配すると豪語する。そして地下からデスザウラーを呼び寄せた。デスザウラーは事態を危険視して帝都近郊までやってきていた共和国軍だけでなく、帝都を防衛する帝国軍にまで攻撃を始める。プロイツェンの意識はすでにデスザウラーの凶悪な思念に取り込まれていたのだ。

バンは、アーバインやムンベイ、共和国軍のハーマンや帝国軍のシュバルツなどの助けを得て、デスザウラーに立ち向かっていく。そしてドクター・ディーが推測した、デスザウラーの弱点と思われる腹部を攻撃するために連携する。絶え間なく放たれる荷電粒子砲をなんとか止め、バンはブレードライガーでゾイドコアごとデスザウラーを突き破る。プロイツェンはデスザウラーが敗れたことを認められないまま、デスザウラーの爆発に巻き込まれていった。

数日後、ルドルフの皇帝即位の式典が行われる。だがそこにバンの姿はなかった。その頃、バンはシールドライガーで荒野を歩いていた。ガラじゃないからと式典を断ったバンは、フィーネとジークと共に旅を続けるのだった。

第2部:GF編

GF(ガーディアンフォース)設立

デスザウラーの事件から2年が経過し、帝国・共和国は平和だった。

成長したバンは共和国軍でゾイドの腕を磨いていた。そして訓練生の課程を修了し、久しぶりに故郷のウィンドコロニーに帰っていた。バンが自宅で寛いでいると突然ジークが外に飛び出す。ジークを追いかけるとそこには大破したグスタフがあり、中には遺跡を回っているはずのドクター・ディーとフィーネが乗っていた。バンが二人を自宅に連れ帰り手当をしていると、今度は突然姉のマリアの悲鳴が聞こえてくる。バンが悲鳴のしたほうへ駆けつけると、倒れているマリアと飛んでいく赤いオーガノイドを見つけた。

直後、ウインドウコロニーはステルスバイパーというゾイドに突然襲われる。バンはブレードライガーでこれを撃退。村を守ることに成功した。それを遠くから赤い髪の男と赤いオーガノイドが見ていた。男の名はヒルツ、オーガノイドの名はアンビエントと言った。ヒルツは世界を混乱の渦へ落とそうと、これから様々な事件を引き起こしていく。

調べによるとそのステルスバイパーは、帝国・共和国軍の軍事基地を襲っていたものと同じ個体であることが判明。新たな脅威が迫っていることを隠した両国の首脳陣はGF(ガーディアンフォース)という国の平和を守るための機関を設立する。バンはGFのメンバーとしてフィーネの護衛を任務とし旅に出るのだった。

ay1220
ay1220
@ay1220

目次 - Contents