ダリとカムジャタン~真逆なフタリ~(韓国ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ダリとカムジャタン~真逆なフタリ~(韓国ドラマ)』とは2021年9月22日から11月11日にKBS2で放送されたテレビドラマ。
金儲けの才能に長け父とともに財を成したが無知で無学なムハクと、高学歴で育ちは良いが生活力ゼロのダリが織りなすロマンチックアートラブコメディー。物語は美術館を中心に展開する。オランダで出会ったムハクとダリは、韓国に帰国して債権者と債務者という立場で再会。危機に陥ったチョンソン美術館の再興に向け協力し、ぶつかり合いながらも互いに惹かれ合っていく姿が描かれる王道ラブコメ。

『ダリとカムジャタン~真逆なフタリ~』の概要

『ダリとカムジャタン~真逆なフタリ~(韓国ドラマ)』とは、2021年9月22日から11月11日にKBS2で放送された韓国のテレビドラマ。監督は『ヒーラー~最高の恋人』のイ・ジョンソプ、脚本はソン・ウネ。ムハク役には「キムサブ」での看護師役が注目され、その後多くのドラマに主演を果たしているキム・ミンジェが、ダリ役には「セレブリティ」のパク・ギュヨンが抜擢された。

カムジャタンチェーン店を経営するドンドンF&B常務のムハクは、仕事はできるがお金が大好きな上に教養が全くない。一方学識高く気品に満ちたダリは、語学堪能で賢いが生活力が全くない。そんな真逆の2人はオランダで出会い、ハプニングに見舞われながらも楽しい時間を過ごす。そして帰国後、偶然債権者と債務者という立場で再会を果たす。ダリの父が残したチョンソン美術館を舞台に、負債を抱える美術館を守りたいダリと、債権者としてやってきたムハクがぶつかり合いながらも惹かれ合うロマンチックアートラブコメディー。

ラブコメらしいテンポの良さに加え、登場人物のファッション・髪型などアート的要素も満載で、ストーリーだけでなく視覚的にも楽しむことができる。主演のムハク役を演じたキム・ミンギェは、KBS演技大賞にて「優秀演技賞(男性部門)」を受賞した。また、もう一人の主演であるパク・ギュヨンとともにベストカップル賞も受賞。

『ダリとカムジャタン~真逆なフタリ~』のあらすじ・ストーリー

ダリとムハクの出会い

オランダのセイントミラー美術館で働くキム・ダリは、育ちも良く優秀な人物だが生活力に欠けている。ひとつのことに夢中になると、寝ることも食べることも忘れて没頭してしまう。数日間美術館に寝泊まりすることも多く、館長からはいつも注意されている。ある日ダリは、急用ができた館長の代わりに空港へ展覧会のVIPを迎えに行くこととなる。到着ゲートで落ち合った後、VIPの男性を車に乗せて会場まで送り届けるダリ。しかし彼には不思議な点があった。美術の知識が豊富であるはずなのに、とてもそうとは思えない。彼の取る行動に疑問を感じていると、なんと本来案内する予定のVIPではないことが判明する。パーティー会場にダリが送った人物は、特別ゲスト「チン・ヒトナリ」ではなく、カム・ジャタンチェーン店を経営するドンドンF&Bの常務「チン・ムハク」だった。ムハクはこの日、オランダ養豚協会に招かれてオランダ出張へ来ていたのだった。お互いの勘違いにより起こってしまったことで、2人はケンカになる。しかし結果的にパーティーは無事に終了する。そして本来の特別ゲストはムハクの養豚業界パーティーへ向かい、楽しく過ごしたことも判明した。

その日の夜、クレジットカードが使えずホテルに泊まれないハプニングに見舞われたムハクは、ダリの家に泊めてもらうことになる。ムハクは泊めてくれるお礼に料理を作り、2人は共に楽しい時間を過ごした。翌日、ムハクは仕事を終えて帰国する前にダリの働く美術館を訪れると約束する。ムハクは「そのときにまで持っていて」とダリに自身の腕時計を付け、2人は笑顔で別れた。しかしムハクはこの後彼女と会えないまま帰国することになってしまう。彼は韓国へ帰国してからもダリのことが気になって仕方がない。最後に遠くから見たダリの泣き顔のことも引っかかっていた。そのため、秘書であるヨ・ミリに彼女を探すよう指示していた。しかしなぜか見つからないままだった。

債権者と債務者としての再会

ムハクは、兄でありドンドンF&Bの企画部チン・ギチョルからチョンソン美術館への資金提供の話を持ち掛けられる。直感的に良いイメージを持てず難色を示したムハクだったが、兄の頼みということもあり館長であるキム・ナクチョンに会った上で資金提供を決定する。しかしそれからしばらくしてチョンソン美術館の館長が急逝する。館長の死後、美術館の経営難により提供した資金の回収ができなくなることを危惧したムハクの父チン・ベグォンは、早急に20億ウォンの回収をするようムハクへ命じる。新館長にはナクチョンの娘が後継となったと聞く。ムハクは早く資金を回収するため、新館長を脅すつもりでチンピラのような恰好をし、部下を引き連れ美術館に乗り込んだ。しかし、そこにいたのはオランダで再会を約束したダリだった。ダリがナクチョンの娘であり新館長であると悟ったムハクは、目の前に現れた彼女に驚きを隠せない。

思わぬ再会を喜ぶダリだったが、ムハクは彼女を突き放すような態度を取る。債権者と債務者としての予期せぬ再会だった。ビジネスとして20億ウォンを回収する義務のあるムハクは、この後ダリへ返済を何度も求め始める。しかし一方でダリのことが気になって仕方がない。ムハクは、父の店を手伝うことが多かった幼少期、学校にあまり通えなかった過去がある。そのため、ダリと違って教養がなく無学なところがある。しかし一生懸命商売をして財を成していった。そのため商才の能力に長けており、生活力にも溢れている。世間知らずでお嬢様育ちのダリを見ていると、とても返済能力があるとは思えない。いつもは金にならないものには興味がないムハクだが、借金まみれとなったダリを何故か放っておくことができず、返済を迫りながらも何かと彼女の手助けをしていくようになる。

話題に事欠かないチョンソン美術館

チョンソン美術館はダリが新館長になってから、悪い意味で何かと話題になってしまう。ムハクたちがチンピラのような恰好をして美術館に乗り込んだことが原因でSNSに写真が載ったり、あるときは歪曲されたダリの私生活がさらされ、評判が下がることもあった。頼りがいのない新館長に不安を抱くチョンソン美術館の職員たちは不満の声を上げ、いとこであるキム・シヒョンもダリに冷たく当たる。シヒョンは、自分が館長の座に就けなかったことでダリに不満を抱いていた。ダリは思うようにいかない現状に落ち込む。

チョンソン美術館の抱える返済を自分の力でどうにかしようとするダリだったが、想像以上に厳しい現実に打ちのめされていく。あるとき、美術館と取引のある企業の社長と従業員が美術館の危機的状況を知って乗り込んできた。大変な状況となったがムハクのおかげでなんとか事態は収拾する。しかし問題は次から次へと起こっていく。父の残した負債があまりに膨大なことを知ったダリは、思い出の家を手放すなどして職員たちの給料を払うことを決意する。家を売り払いレストランで涙を流してお酒を飲んでいると、そこへムハクがやって来た。ダリを心配するムハクは、同じ時間を過ごしそっと彼女に寄り添う。「私は美術館を守れるでしょうか」と問いかけるダリに対して、ムハクは「無理です。俺の助けなしでは」と返答する。債権者と債務者という関係の2人だが、誰もがダリに冷たく当たる中、ムハクの行動や言葉には彼女は救われるのだった。

反発し合いながらも惹かれ合う二人

落ち込んでいるばかりのダリだったが、危機的状況を脱するべく行動に出る。私生活が報道されたことを逆手に取り、展覧会の宣伝をすることにしたのだ。ダリの計画はうまくいき、宣伝は大いに成功。落ちぶれるばかりのチョンソン美術館にとっても嬉しいニュースだった。ムハクもまた、話題性やインパクトを世に与え、宣伝効果を広げるために芸能人やインフルエンサーなどを美術館へ呼び込む手配をかけた。功を奏し展覧会も大成功に終わったが、ダリは終了後あることを知る。それはムハクがお金で人を雇い、美術館の宣伝をしたということだった。ムハクは負債を抱える美術館のため、収益のために取った行動だったが、ダリにとっては理解できない上に許せないことだった。そして「美術館は商売じゃない」とムハクへ怒りをにじませる。そんなダリに対してムハクは、毅然とした態度でその考えを突っぱねる。その後も2人は言い争うが、きれいごとだけではやっていけない、甘い考えのままではチョンソン美術館を守ることはできないということを、ダリはムハクを通して気付かされていく。

美術館のオープニングイベントで共に忙しく動いていたダリとムハクは、互いにすれ違った時間を過ごしていく。そして無事にイベントが終了した後、誰もいなくなった夜の美術館で静かに語り合う二人。そしてムハクから亡き母の思い出話を聞かされたダリは、涙ぐむ彼に思わずキスをしてしまった。後日、喜びを隠せないでニヤニヤしているムハクに対し「あれは間違いだった」とダリが伝えたとき、ムハクは表情を一変させる。そして真剣な眼差しで「間違いでキスをするんですか?俺はしない」と言ってダリに自分の思いをストレートに伝えた。

元婚約者テジンの野望

セギグループの企画室長であるチャン・テジンは、5年前ダリと結婚するはずだった。しかしダリがナクチョンの養子と知って婚約を一方的に解消した。エリート意識の強いテジンは、「養子」であるダリを受け入れることができなかった。しかし、結局ダリを忘れることができず、彼女がチョンソン美術館の館長となってからはよりを戻そうとあらゆる手段を取る。テジンはダリが帰国後、彼女と接点を持とうと試みる。しかしなぜかダリの隣にはいつもムハクがいる。そのためムハクの存在を煩わしく感じていた。ムハクのことを部下に調べさせ、自分とは違い底辺から成り上がって財を成したことを知り、ますます彼を軽視する。

ある日、テジンはダリを連れてムハクの会社が経営するカムジャタン店を訪れる。個室に入ったテジンはそこで、ムハクの会社が美術館周辺の土地を買収していることをダリに伝える。そして彼を信用するダリに「君は善人だから分からないだけ。ムハクは信用できるのか?」と問う。その後接客対応に入ってきたムハクに対し、テジンは辛辣な言葉を投げかけて蔑んだ。失礼な態度を取るテジンにやめるよう促すダリだが、テジンに止める気配はない。しかし失礼な態度を取られても、ムハクは終始冷静に大人の対応を見せる。ムハクは仕事に誇りを持っているし、嫌な客にも慣れているからだ。冷静なムハクに対してテジンは、彼を逆なでするように「土地を買い占めている理由は?弁明をしてみろよ」と挑発した。しかしムハクは「俺でも知らない会社の情報をなぜあんたが知っている?」と言い返すのみだった。

実はムハクの兄ギチョルは、アン・サンテ議員に取り入り美術館周辺の開発事業に関わろうと土地の買収を試みていた。ギチョルは建設業に乗り出すことで会社に利益をもたらし、義父であるムハクの父に認めてもらいたいという思いで動いていた。しかしギチョルのこの行動は、テジンによって利用される。実は美術館周辺の開発事業を推し進め、裏で糸を引いているのはテジンだった。開発により美術館を閉鎖に追い込めば、再開発が進み莫大な利益がセギグループに入る上、窮地に陥ったダリは自分を頼るしかなくなる。アン・サンテ議員もテジンにとっては駒のひとつにすぎない。テジンは、手に入れたいもののためには冷徹になれる人物だった。

それぞれの思惑

シヒョンの父でありダリの叔父であるキム・フンチョン教授が韓国へ帰国した。息子と同じく、ダリが館長であることを認めたくないフンチョンは、マスコミにダリが「養子」であることをリークする。世間はこのニュースで持ち切りになり、ダリはフンチョンから「館長を退くよう」促される。父の残した美術館を自分の手で守りたいダリは、悲しみに暮れる。

一方テジンは、開発事業を水面下で推し進めていた。テジンの思惑を何も知らないダリだが、テジンは美術館長をダリからシヒョンへ変更する計画を進めていた。ダリを窮地に立たせることで、彼女は自分を頼ってくるしかなくなり戻ってくると思い込んでいるからだ。アン・サンテ議員を動かし密かに動いていたテジンだが、ダリの「養子」問題が世間に露呈したことを知り、計画を一旦中止にする。「養子」であることを理由にダリとの婚約を破棄した過去を思い出し、彼女の気持ちを考えてのことだった。

一方、過去に薬物に手を染め素行が悪いことでナクチョンを困らせてきたダリのいとこシヒョンは、アン・サンテ議員やテジンに弱みを握られ従う形になっていた。そして何よりシヒョンはダリの代わりに館長となり、美術館を売却してお金を得たいと考えている。サンテは権力を手に入れたい、テジンは莫大な利益とダリを手に入れたい…。3人の思惑は、開発事業を推し進めることで利害が一致する形となっていた。

距離を縮めていくムハクとダリ

韓国へ帰国しチョンソン美術館の館長となってからのダリは、ムハクと関わっていくうちに彼に惹かれていく。

ダリが館長となってすぐ、ダリはムハクに助けられたことがあった。あるとき、美術館の経営に不安を覚えた関連企業の社長らが、チョンソン美術館へと乗り込んできた。言い争いがエスカレートしていき、カッとなった社長は思わず美術館の女性職員ソン・サボンに手を挙げてしまう。それを見たダリが、暴れる社長を制止しようとしたとき、社長はダリの胸ぐらをつかんで殴りかかろうとした。そのときムハクが現れ、社長の腕を強く掴んでダリを助けに入ったのだ。

またあるときは、ダリを傷付けた強盗犯をムハクが蹴り飛ばしたこともある。ダリが父と暮らした家を手放しモーテルに泊まった際、換金したお金を強盗に奪われるという事件があった。後日捕まった犯人を確認するため警察署へ行くものの、ダリは事件の日を思い出し怖くなってしまう。強盗犯は悪びれる様子もなく騒ぎ立て「通報した女を見つけたら…」と不敵な笑みを浮かべていた。すると次の瞬間、ムハクが後ろから現れ強盗犯を蹴り飛ばした。「もう一度言ってみろ」と今にも殴りかかる勢いで掴みかかり、怖がるダリを守ろうとする行動を見せた。

さらにダリの心の傷みを優しく包み込んでくれた。ダリが養子であるという事実が世間に知れ渡ったとき、彼女は5年前の婚約解消の件を思い出し雲隠れしてしまう。夜の美術館で隠れるようにひっそりと一人でいると、そこにムハクがやって来た。ダリが養子であることなど全く気にも留めないムハクは、「そんなことで電話に出なかったのか?」と不思議がる。「養子」と知り態度を豹変させたテジンとは違い、ダリ自身を見てくれるムハクに彼女は思わず涙を流した。ムハクはそんなダリをそっと抱きしめ頭を撫でる。そして「前館長とダリの顔があまりに違うから、うすうす気づいていた」と言い、「でも泣き顔は前館長に似てるかも」などと冗談を言って心を痛めるダリを、笑顔にもしてくれるのだった。

実直な性格のムハクは、いつも正直な思いや気持ちを言葉に表す。そして二人は何かとぶつかり合いながらも距離を縮めていく。ムハクの行動は結果的にいつも彼女の心を癒し、やがて二人は結ばれ晴れて恋人同士となる。

父の死の真相

ムハクの兄ギチョルは、テジンのセギグループをドンドンF&Bの味方につけようと画策するがうまくいかない。そこで最後の切り札にと取っていたある動画をテジンの元へ送る。それは、ナクチョンが亡くなった日の動画だった。テジンはこの日、シヒョンとともにナクチョンと面会していたのだ。そこには、発作を起こして倒れたナクチョンに薬を手渡そうとするシヒョンをテジンが止める姿が映っていた。ナクチョンの死にテジンが関わっていたことが分かる重要な動画だった。

テジンは、シヒョンが麻薬に手を染め密売していたこと知っていた。それをネタにナクチョンにゆすりをかけ、美術館の立ち退きを迫ったのだ。美術館が今の場所から立ち退けば、再開発が進み莫大な利益がセギグループにもたらされる。テジンはナクチョンに、再開発に協力して移転すればシヒョンが麻薬を密売していたことも目をつぶると持ちかける。しかしナクチョンはこれを断固として拒否し「お前たちを許さない」と言って直後発作を起こして倒れてしまう。テジンたちより前にナクチョンの元を訪れていたギチョルは、この3人の様子を違う部屋から撮影していた。一方ダリは、刑務所にいるシヒョンの元を訪ねていた。シヒョンはテジンに振り回された後に結局裏切られ、麻薬密売の罪で逮捕されていたのだ。シヒョンはダリに、ナクチョンが亡くなった日の出来事を伝え、父の死の真相を知ったダリは泣き崩れる。

この動画が世間に知れ渡れば、セギグループも自分も大変なことになる。そう感じたテジンはギチョルを呼び出し、動画と引き換えにセギ建設の下請け業者にドンドンF&Bの傘下であるドンドン建設を組み入れることを約束する。ギチョルはこれで義父に認めてもらえると喜んだ。しかしテジンは部下を使い、帰宅するギチョルを襲って亡き者にしようとしていた。兄の不可解な行動を不信に思い後をつけてきたムハクは、襲われそうになった兄を助けようとして刺されてしまう。

愛する人とともに

刺されたムハクは病院に運ばれ一時危険な状態に陥るも一命を取り留める。ムハクの父ベグォンは傷ついた息子を見て心を痛め、ダリに「息子と別れて欲しい」と懇願する。それでも愛する人とともにいたいダリは、ベグォンを説得しようと試みる。「愛する者同士は一緒にいるべきです。ムハクさんからわたしを奪わないで。わたしからもムハクさんを奪わないでください」と説得した。

ギチョルは弟を傷付けたテジンを許すことができず、動画を世に出した。ダリはこの動画を見て泣き崩れ、美術館にやってきて弁明するテジンに向かって、「あなたは怪物よ」と言い放つ。そしてさらに弁明を続けるテジンにムハクの口癖のように「クソくらえ」と言うと立ち去って行った。ショックを受けたテジンはこの後、警察へ出頭する。

時は流れ1年後、お互いに忙しいダリとムハクは約束していた旅行にも行けないほど多忙な日々を送っていた。計画していた旅行を延期し、急遽出張することを決めたダリに不機嫌になっていたムハクだが、彼女が帰国してすぐプロポーズをする。幸せに満ちた2人の姿を、美術館の職員やムハクの秘書はそっと影から見守り祝福した。

『ダリとカムジャタン~真逆なフタリ~』の登場人物・キャラクター

主要人物

チン・ムハク(演:キム・ミンジェ)

han-pun
han-pun
@han-pun

目次 - Contents