V/テテ(BTS)の徹底解説まとめ

V/テテとは、韓国出身の歌手で、韓国のアイドルグループ「BTS(ビーティーエス)」のメンバーである。2013年に「BTS」の7人目のメンバーとしてデビューを果たした。2016年に初のソロ曲「Stigma」が収録されたアルバム『WINGS』が発売された。サブボーカルとリードダンスを務めている。「BTS」の中でも特にイケメンで、「世界イケメンランキング」では1位を獲得するなど、そのビジュアルは世界中のファンを魅了している。

V/テテ(BTS)の概要

「V/テテ(BTS)」とは、韓国の7人組男性アイドルグループ「BTS」のメンバーで、グループのサブボーカル兼メインダンサーである。愛称は「テテ」「テヒョン」である。
幼い頃は14年間祖父母に育てられ、父親のアドバイスからサックスを習い、大会で優勝するほどの腕の持ち主だった。2011年、友人の付き添いでオーディションに行ったところ「Big Hit Entertainment(現 HYBE LABELS)」に声をかけられる。後日非公開オーディションを受け、見事合格する。テテは非公開練習生として、事務所に入所することになる。入所後、韓国芸術高等学校に転校し、練習と学業を両立して頑張っていた。
2013年に「BTS」の7人目のメンバーとして、プロフィールに写真が公開され、デビューを果たす。テテは最終兵器として存在を隠され、「BTS」の最後のメンバーとして公開された。存在を秘密にしていた理由は、事務所が他の事務所にテテを取られないためだった。2014年に韓国芸術高等学校を卒業後、グローバルサイバー大学に入学する。韓国芸術高等学校では「BTS」のメンバーであるJIMINと共に卒業する。「BTS」としての活動だけではなく、テテは2016年に『花郎』で俳優デビューを果たし、2018年には第13回Soompi Awardsの最優秀アイドル俳優を受賞する。
テテは「BTS」で、サブボーカルとして活躍しており、その歌唱力は世界中から広く称賛されている。特に低音ボイスが魅力で、楽曲には欠かせない存在である。また、ハンサムなルックスとオーラのあるパフォーマンスはまるで「彫刻のように美しい」と称賛されている。クールな見た目のテテだが、メンバーとの会話やライブのMCでは天然な一面が見られ、そのギャップも人気の1つだ。
テテはソロアーティストとしても活躍しており、2019年には「Scenery」をサウンドクラウド上で公開し、リリース後約2週間で1億回再生を突破した。また、2020年に放送された大人気ドラマ『梨泰院クラス』の挿入歌である「Sweet Night」を自身で作詞・作曲した。

V/テテ(BTS)の活動経歴

Big Hit Entertainmentへ非公開練習生として入所

高校生時代のジミン(左)とテテ(右)

テテは2011年、友人の付き添いでオーディションの見学に行く。そのオーディションの帰りに「Big Hit Entertainment(現 HYBE LABELS)」の人に「後日オーディションにおいで」と声をかけられ、その後行われた非公開オーディションで唯一の合格者となった。非公開練習生として事務所に入所すると同時に、韓国芸術高等学校に転校する。

防弾少年団(BTS)としてデビュー

デビューしたてのBTSテテ(1番左)

2013年に「BTS」のメンバーとしてデビューを果たす。当時のグループ名は「防弾少年団」だった。このグループ名には「10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止めて自分たちの音楽を守り抜く」という意味が込められていた。デビュー当時はヒップホップグループとして活動しており、その頃の韓国では知名度は低く、あまり人気がなかった。この頃ジョングクは中学校の卒業目前であり、ジョングクは1年遅れて2014年にソウル公演芸術高校に入学した。入学式には「BTS」のメンバー全員が駆けつけてくれた。
2014年に発売した「NO MORE DREAM -Japanese Ver.-」で日本デビューをする。当時のジョングクは「東京ドームでライブがしたい」と話していた。

防弾少年団(BTS)の転機

2015年に発売したミニアルバム「花様年華Pt.1」からヒップホップ調を抑えた楽曲がメインとなり、徐々に注目を集めていく。『花様年華Pt.1』に収録されている「Hold Me Tigh」はテテがプロデュースに関わり、作詞・作曲を行なった。2016年10月に発売したフルアルバム『WINGS』では23カ国で「iTunes総合アルバムランキング」の1位を獲得する。『WINGS』ではテテの初のソロ曲「Stigma」が収録されている。
韓国では、韓国人歌手初のビルボードランクインや「Mnet Asian Music Awards」などで大賞を受賞した事が話題となった。

防弾少年団からBTSへ

2017年には韓国を飛び出し、ワールドツアーも行うなど海外での活動も活発になった。そして、グループとしてのコンセプトを「現実に安住することなく、夢に向かって絶えず成長していく青春(Beyond The Scene)」に変更し、グループ名も海外でも覚えやすい「BTS」へと変わった。そして、アメリカの「American Music Awards」に招待され、そこで「DNA」を披露し会場を沸かせた。この頃に日本の音楽番組でも度々姿を表すようになった。
2018年にはミニアルバム「LOVE YOURSELF 結 'Answer'」でビルボードで1位を獲得した。このアルバムには2曲目のソロ曲である「Euphoria」が収録されている。

俳優として賞を獲得

花郎でハンソン役を演じたテテ

2016年に時代劇の『花郎(ファンラン)』で最年少役のハンソンとして俳優デビューを果たした。このドラマは俳優として有名なパク・ソジュンも出演している。また、エンディング曲の「死んでも、君だ」は「BTS」のジンとテテが歌っている。テテの演技力はSNSでも話題となっており、2018年に「第13回Soompi Awardsの最優秀アイドル俳優」を受賞した。

世界中で大ヒットした「Dynamite」をリリース

2020年には「BTS」として初めての英語曲である「Dynamite(ダイナマイト)」をリリース。コロナ禍で世界中が暗い雰囲気の中、ポジティブで明るいメッセージが話題となり、世界中で大ヒットを記録した。2021年には「Dynamite」で韓国人初のグラミー賞にノミネートされさらに世界中で「BTS」が注目される事となった。コロナ禍でライブが行えない状況だったが、たくさんの人が「BTS」の楽曲を聴いていた。そんな中、「BTS」の最年長であるジンが兵役のため近いうちに入隊する事を発表し、グループとしての活動が少なくなっていった。

ソロとしての活動

カルティエのアンバサダーを務めるテテ

2019年にはソロ曲「Scenery」を事前予告なくリリースした事で話題となり、リリース後15日で1億再生以上を記録した。この曲はテテが作詞・作曲を行なった。2020年には人気ドラマ「梨泰院クラス」の挿入歌である「Sweet Night」をリリース。アメリカのビルボード・デジタル・ソング・チャートDigital Song Sales部門で2位を獲得した。2023年にはカルティエのグローバルアンバサダーに就任するなど、その活動は多岐に渡っている。

V/テテ(BTS)のプロフィール・人物像

本名:キム・テヒョン
生年月日:1995年12月30日
身長:178cm
体重:62kg
血液型:AB型
出身地:韓国大邱広域市
ペット:ポメラニアン(名前:ヨンタン)
兄弟:弟、妹

テテは「BTS」で7人目の最後に参加したメンバーで、サブボーカルとリードダンスを担当している。「BTS」の中でもトップクラスのイケメンで、「世界イケメンランキング」で1位になったことがある。世界イケメンランキングとは、海外のオンラインメディアが投票を行うもので、Instagram、Tiktok、Youtubeを通して投票を行う。テテの美しい低音は「BTS」の楽曲になくてはならない存在である。クールそうな見た目には反して天然な一面もあり、メンバーの中でも愛されキャラである。ファンやメンバーからは四次元キャラと言われており、四次元とは、不思議な事を言ったり、理解ができない人の事である。
テテはの性格は、社交的で誰とでもすぐに仲良くなれるそう。実際にアーティストや俳優など交友関係が広く、共演者とすぐに仲良くなるそう。
テテはポメラニアンを飼っており、名前はヨンタンという。ヨンタンをとても可愛がっており、SNSにも度々登場する。「BTS」のメンバーもヨンタンを可愛がる姿が見られる。

dachi0
dachi0
@dachi0

Related Articles関連記事

花郎<ファラン>(韓国ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

花郎<ファラン>(韓国ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『花郎<ファラン>』とは、2016年から2017年にかけて韓国のテレビ局KBSで放送された時代劇ドラマである。新羅王国の親衛隊「花郎」として活躍する青年たちに焦点を当て、賤民から花郎になったソヌと正体を隠して花郎となった真興王が様々な困難に立ち向かいながら成長していく様子や恋愛模様を描いている。当時人気上昇中のパク・ソジュンが時代劇に初出演したことで話題となった。またBTSのV(テテ)やZE:Aのパク・ヒョンシクなど多数の男性アイドルが出演したことでも有名。

Read Article

BTS(防弾少年団・バンタン)の徹底解説まとめ

BTS(防弾少年団・バンタン)の徹底解説まとめ

BTS(防弾少年団・バンタン)とは、2013年に韓国でデビューした7人組ボーイズアイドルグループ。 公式サイトでは「ヒップホップグループ」と紹介されている。 圧巻のダンスパフォーマンスで多くのファンを獲得し、韓国を代表するグループとして注目を集めている。 2014年に日本デビューを果たし、日本オリジナル曲を発表してライブツアーを行うなど日本でも精力的に活動している。

Read Article

第3世代K-POPアイドルまとめ

第3世代K-POPアイドルまとめ

第3世代K-POPアイドルとは、2013年~2019年にデビューし活躍した韓国のアイドルグループのことである。主なメディア媒体がテレビやラジオからインターネットへと移行し、K-POPの市場規模が急拡大した世代として知られる。代表的な第3世代グループは「BTS」や「TWICE」、「BLACKPINK」など。SNSを通じたライブ配信も行われるようになり、国境を越えてファンとコミュニケーションをとれるようになった。

Read Article

HYBE(韓国芸能プロダクション)の徹底解説まとめ

HYBE(韓国芸能プロダクション)の徹底解説まとめ

HYBE(ハイブ)とは、韓国の総合エンターテイメント企業である。2005年にパン・シヒョクが設立したBig Hitエンターテインメントが母体。6つのレーベルから「BTS(防弾少年団)」、「SEVENTEEN」、「NewJeans」、「LE SSERAFIM」など人気アーティストを輩出している。また日本の系列会社には平手友梨奈、アメリカの系列会社にはアリアナ・グランデやジャスティン・ビーバーらが所属する。

Read Article

【EXO】K-POP界で空前のもっこりブーム?閲覧注意な画像まとめ【防弾少年団】

【EXO】K-POP界で空前のもっこりブーム?閲覧注意な画像まとめ【防弾少年団】

韓国だけではなく日本でも受け入れられつつあるK-POP。そんな韓国のトップアイドルたちに、空前のもっこりブームが到来しているようです。この記事では、EXO(エクソ)や防弾少年団(BTS)など、超人気アイドルたちのもっこり画像をいろいろとまとめました。閲覧には気をつけてください。…といいつつも、ファンにとっては嬉しい悲鳴かな?

Read Article

BTSのジョングクやSEVENTEENのミンギュまで謝罪…クラスター発生の梨泰院訪問問題を徹底解説!

BTSのジョングクやSEVENTEENのミンギュまで謝罪…クラスター発生の梨泰院訪問問題を徹底解説!

K-POPの人気アイドルグループに所属する4名が、コロナウイルスのクラスター感染が発生した梨泰院エリアのクラブを訪問していたことが発覚して問題になりました。BTSのジョングク、SEVENTEENのミンギュ、ASTROのチャ・ウヌ、NCTのジェヒョンと、いずれも現役屈指の人気アイドルだけに衝撃が広まっています。

Read Article

韓国の音楽バラエティ番組『覆面歌王』に出演した「歌が上手い」K-POPアイドルまとめ!原曲MV動画と併せて紹介

韓国の音楽バラエティ番組『覆面歌王』に出演した「歌が上手い」K-POPアイドルまとめ!原曲MV動画と併せて紹介

本記事では韓国の音楽バラエティ番組『覆面歌王』に出演していた「歌が上手い」K-POPアイドルを、原曲のMV動画と併せてまとめて紹介している。『覆面歌王』は職業や年齢などを隠して覆面を被った出演者が有名な楽曲を歌唱するというコンセプトの番組で、出演者たちの歌の上手さがダイレクトに伝わってくるという部分が魅力だ。記事中ではBTSのジョングクやTWICEのジヒョなどの動画を多数掲載している。

Read Article

BTSのメンバー・JIMIN(ジミン)の画像まとめ【防弾少年団】

BTSのメンバー・JIMIN(ジミン)の画像まとめ【防弾少年団】

日本をはじめ、世界各国で絶大な人気を集めている韓国発の男性アイドルグループ「BTS」。そのメンバーの一人JIMIN(ジミン)はメインダンサーとリードボーカルを務めており、芸術学校に首席で合格するなど大変優秀な人物である。メンバーの中では最も小柄だが、ダンス技術は卓越している。本記事ではBTSのメンバー・JIMINの画像をまとめて紹介する。

Read Article

超絶人気!BTSのメンバー紹介とMVまとめ【防弾少年団】

超絶人気!BTSのメンバー紹介とMVまとめ【防弾少年団】

本土韓国だけではなく、日本や欧米諸国でも絶大な人気を誇り、数々の賞を受賞している韓国発の男性アイドルグループ「BTS」。しかし「曲は効いたことあるけど、誰がいるのかよく知らない」という人も多いのではないだろうか。本記事では「BTS」のメンバーの詳しいプロフィールと、代表的な曲のMV(ミュージックビデオ)をまとめて紹介する。

Read Article

【BTS】クラスター発生…韓国アイドルの「梨泰院クラブ訪問」報道についての反応を紹介!【SEVENTEEN】

【BTS】クラスター発生…韓国アイドルの「梨泰院クラブ訪問」報道についての反応を紹介!【SEVENTEEN】

2020年、韓国有数の繁華街「梨泰院」のクラブでコロナウイルスの集団感染、いわゆる“クラスター”が発生。政府から行動を自粛するよう指示が出ていたにも関わらず、ここをBTSやSEVENTEENなど数名の有名芸能人が訪れていたことが明らかとなり、所属する各々の芸能事務所が謝罪する事態にまで発展した。 この問題に対するファンの反応を紹介する。

Read Article

BTSのメンバー・SUGA(シュガ)の画像まとめ【防弾少年団】

BTSのメンバー・SUGA(シュガ)の画像まとめ【防弾少年団】

日本をはじめ、世界各国で絶大な人気を集めている韓国発の男性アイドルグループ「BTS」。そのメンバーの一人SUGAは、幼いころにラップ音楽と出会い、以降独学で音楽を学び続けてきた努力家である。グループ内ではラッパーとして活動しているほか、プロデューサーとしての一面を持っている。本記事ではBTSのメンバー・SUGAの画像をまとめて紹介する。

Read Article

BTS(防弾少年団)のNHK紅白歌合戦出場は絶望的…原爆バンザイTシャツやナチスの帽子が物議

BTS(防弾少年団)のNHK紅白歌合戦出場は絶望的…原爆バンザイTシャツやナチスの帽子が物議

世界中で絶大な支持を得ているBTS(防弾少年団)。日本でも大人気な彼らが『NHK紅白歌合戦』に出場が内定しているとのウワサがありましたが、どうやらそれは絶望的になりそうです。なぜなら、原爆などの画像がプリントされたTシャツを着ていたり、ナチスのコスプレをしたりしていたから。反日感情はどうしようもないかもしれないけど、だからといって日本国民の心を傷つけていいはずがありません。ナチスの件もそう。こんな、世界を敵に回すようなことをして…。一体彼らは何がしたいのでしょうか。

Read Article

BTSのメンバー・J-HOPE(ジェイホープ)の画像まとめ【防弾少年団】

BTSのメンバー・J-HOPE(ジェイホープ)の画像まとめ【防弾少年団】

日本をはじめ、世界各国で絶大な人気を集めている韓国発の男性アイドルグループ「BTS」。そのメンバーの一人J-HOPE(ジェイホープ)は、グループ内でダンサー兼ラッパーとして活躍している。天真爛漫な性格でグループ内のムードメーカーであり、「怖いものが苦手」という一面も魅力的だ。本記事ではBTSのメンバー・J-HOPEの画像をまとめて紹介する。

Read Article

BTSのメンバー・JUNG KOOK(ジョングク)の画像まとめ【防弾少年団】

BTSのメンバー・JUNG KOOK(ジョングク)の画像まとめ【防弾少年団】

日本をはじめ、世界各国で絶大な人気を集めている韓国発の男性アイドルグループ「BTS」。そのメンバーの一人であるJUNG KOOK(ジョングク)は、グループ内では最年少にあたるものの、メインボーカル・リードダンサー・サブラッパーを務めるマルチな才能の持ち主だ。本記事ではBTSのメンバー・JUNG KOOK(ジョングク)の画像をまとめて紹介する。

Read Article

目次 - Contents