だから私はメイクする(漫画・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『だから私はメイクする』とは、シバタヒカリによる日本のヤングレディース漫画。原案は、劇団雌猫によるエッセイ集『だから私はメイクする 悪友たちの美意識調査』。『FEEL YOUNG』2019年8月号より2021年4月号まで連載された。メイクが好きすぎてあだ名が「マリー・アントワネット」の女、推しのためにセルフネイルに励む女、自分のしたいおしゃれと周囲の目で板挟みになっている女など、メイクを通して現代の戦う女性を描いたオムニバスストーリー。2020年にテレビドラマ化もされている。

『だから私はメイクする』の概要

『だから私はメイクする』とは『FEEL YOUNG』(祥伝社)2019年8月号より2021年4月号まで連載された、シバタヒカリによる日本のヤングレディース漫画。原案は、劇団雌猫によるエッセイ集『だから私はメイクする 悪友たちの美意識調査』。2020年10月にテレビ東京系「ドラマパラビ」で全6話でテレビドラマ化されている。主演は神崎恵で、志田彩良、吉田朱里、島崎遥香などが出演している。
凄腕のBA(ビューティーアドバイザー/美容部員)の熊谷すみれを主軸に、メイクが好きすぎてあだ名が「マリー・アントワネット」の女、推しのためにセルフネイルに励む女、自分のしたいおしゃれと周囲の目で板挟みになっている女など、メイクを通して現代の戦う女性を描いたオムニバスストーリー。

『だから私はメイクする』のあらすじ・ストーリー

あだ名がマリーアントワネットの女

BLオタクで地味顔の錦織笑子(にしきおりえみこ)は、高校時代、クラスメイトに興味本位でメイクの話を聞いてみた。するとクラスメイトはアイプチ等を使って笑子に化粧を施し、自分の顔が激変したことに衝撃を受ける。すっかりメイクの虜になった笑子は友人の心配をよそに、メイク道を大爆進。大学生となって久々に友人は笑子と再会するが、笑子のバッチリメイクのあまりの変化に驚愕する。
大学では、気合の入った濃いメイクからついたあだ名が「マリー様」(マリー・アントワネット)だと言う。また、すっぴんとメイク後の顔があまりに違うため彼氏から振られるが、笑子自身はそこまで変われる自分に喜びを感じていた。
月日は流れ30歳になった笑子は、婚活に勤しむ日々を送っていた。メイクが不評で落ち込む笑子だったが、祥伝(しょうでん)デパートに凄腕BAがいると聞き、立ち寄ることに。そこには熊谷(くまがい)すみれという美しいBAがいて、「自分がしたいメイクばっかじゃダメなんですかね」と相談する。すると熊谷は「どんな理由でメイクするかに関わらず、自分のことを好きになれることが大事だと思います」と返した。高校時代にメイクで感動した自分を思い出した笑子は元気になり、再びメイク道を爆進するのだった。

推しネイルを始めた女

少女漫画家の川松奏子(かわまつそうこ)は、大好きな五人組男性アイドルグループがいるおり、グループの推しネイルを始めようと決心する。しかしセルフネイルを始めて2週間、思うようにネイルがうまくいかず落ち込んでしまう。
ある日、出版社で雑誌の企画のためにやってきた熊谷とエレベーターで偶然出会う。思わず失敗したネイルを隠してしまうが、熊谷はそれを素敵な色だと褒めた。奏子が応援しているアイドルグループの色だと言うと、熊谷は「いつでも自分の好きが目に入るのって、楽しいですよね」と笑った。奏子はセルフネイルが上手くいかないと相談すると、かつては自分もそうだったと熊谷は言った。しかし、お客様にネイルの色を褒められ、会話が弾んで嬉しくなり、ネイルをするのが楽しくなったと言う。奏子は「反省さえも糧にして、私の大好きを描こう!」と決意してセルフネイルを再開。
漫画の原稿も終わり、出版社に赴くと気になっていた男性社員、中村(なかむら)とバッタリ会う。中村はイキイキとしている奏子を見て、雰囲気が変わったと照れるように言った。それを見た担当編集者の竹(たけ)は、奏子と中村をくっつけるために飲み会のセッティングをしようと提案する。普段なら断っていた奏子だが、応援してくれる推しネイルを見て、「お願いしてみようかしら」と返すのだった。

周りの添削行為にうんざりする女

転職したばかりのOL亀山(かめやま)は、笑子と奏子のオタク仲間でファッションやメイクが大好き。しかしオシャレをして出勤すると、会社の男性達から髪型やメイク、ファッションを干渉されうんざり。翌日シンプルな格好で出社すると男性たちは、今日はフツーだねとかやっぱり化粧は薄い方がいい等再び干渉してくる。それに亀山は再び苛立ちを募らせた。終業後、亀山がオフィスを出ようとすると、偶然年上同期の吉成(よしなり)と一緒になる。たまたま同じ駅で降りた亀山と吉成は駅前のトイレで別れた。亀山はメイク直ししようと一旦トイレへと戻り出てくると、そこにはバッチリメイクにオシャレなファッションに着替えた美しい吉成の姿があった。驚く亀山だったが、お互い祥伝デパートのコスメ売り場が目的だったため一緒に向かうことに。そこには熊谷がおり、一緒にタッチアップすることとなった。タッチアップ中、吉成は亀山になぜこんな格好するか聞かないのかと驚きながら聞く。それに対し亀山は「ファッションて自己表現の手段だと思ってるので、私は吉成さん自身の話を聞きたいと思っています!」と答え、吉成は嬉しくなる。熊谷が会社で好きなことを出来ないのは辛くないかと聞くと、吉成は自分にとっては怒っていないことが一番大事で、こんなドキドキを「ちくしょー!」だなんて思っていたくないじゃないですか。と答えた。それを聞いた亀山は、私も大好きなものを前に、いつも笑っていたいと心から思うのだった。それから亀山と吉成は、会社では地味な格好をして、終業後自分の好きなファッションやメイクで着飾って二人で出かけるのが日課となった。

ワーク・ビューティー・バランスメソッドを持つ女

敏腕OL北郷兎咲(きたごううさ)はロボットアニメオタク。取引先と午前過ぎまで飲み会、翌朝7時出勤に関わらず、スーツにシワ一つなく肌もツヤツヤで、プレゼンまで完璧にこなす敏腕社員だ。
後輩の岡田がどうやって美と仕事を完璧に両立しているのか聞くと、北郷はそれを「ワーク・ビューティー・バランスメソッド」と名乗り、まず一つ目は「金」と答えた。
まだ仕事を始めたばかりでボロボロだった頃の北郷は、高校時代の友人熊谷のコスメ売り場を訪れ、熊谷から高級な化粧品を提案された。その値段に躊躇する北郷だったが、熊谷は「どんな方法でも笑っていられればいんだと思う。頼っちゃおうよ!」と言った。自分のために罪悪感なくお金を使っていいことに気づいた北郷は、栄養ドリンクや足をすっきりさせるシート、むくみを取るマッサージ家電やパックなどを使い、時間を有効活用することに。また、自分の力を一番発揮させてくれるメイクやネイル、ファッションという装甲をまとい、戦う体を作り上げることも大事だと熊谷は言った。しかし今後服装規程が厳しくなる北郷の会社。北郷はスーツの下に仕立てのいいスケベな下着を身に着けるなど、見えないところで楽しむ工夫も忘れないことが大事だと言った。
そして北郷には誰にも内緒にしている最後の「ワーク・ビューティー・バランスメソッド」がある。仕事終わり昔の男性の友人を居酒屋へ呼び出し、セックスしないかと打診した。肌がツヤツヤとなった北郷は社内コンペでも優勝し、自分に遠慮なく生きる道を突き進んでいくのだった。

謙遜してしまう女

月野輪子(つきのりんこ)は公民館で水彩画教室の先生を務めている。友人の熊谷から打診を受け、ドバイの美容サロンで働くことになった。ドバイの美容サロンではフェイシャル、ヘアケア、ネイル、ワックス脱毛も扱っている。ドバイでは宗教上の理由から全身を布で覆った女性達が来店するが、布を取ると皆美しくゴージャスで、美を楽しんでいた。またネイルでは自分の顔を描いてもらうなど、自分自身を愛しており、輪子は少し戸惑う。
ある日、輪子が買い物をしていると、見知らぬ女性に身につけていたアクセサリーを褒められるが、そんなことはない、ただの安物だと返してしまう。お気に入りの物のはずだったのに謙遜してしまう自分に恥ずかしくなり、自分を変えようと決意する。そして自分の通う美容サロンを訪れ、全ての施術をお願いする。頭の先からつま先まで美しくなった輪子は、自分を愛する大切さを知り、自信を取り戻す。

「私なんか」と自信が持てない女

祥伝デパートで働く凄腕で美しいBAの熊谷。しかし6年前までは猫背で地味な女性だった。コスメの世界に憧れていたが自信がなく、祥伝デパートでも後方業務を希望したが、人手不足でコスメカウンターに配属される。「私なんか」というスタンスで、薄いメイクで野暮ったい熊谷。指導員の猫田(ねこた)にメイクを施され、「私なんかで思考停止して目曇らせんな!」と笑う猫田に少しずつ自信をつけていく。
それから美しい立ち姿にメイクや髪型をバッチリ決め、自信に満ちた姿で仕事をし、いつしか凄腕BAと噂されるようになった。
月日は経ち祥伝デパートが閉店することとなった。営業最終日、指導員の猫田だけでなく、熊谷によって変わった多くのお客様達が訪れる。転職先は引く手あまたの状態だったが、熊谷はそれを全て断って国家資格を取得し、新たな道へと進んでいくのだった。

推しのためにイメチェンする女

女性アイドルグループ、ギルティメルティーのまほ(通称まほきゅん)の大ファンの珠緒(たまお)。珠緒は普段男にモテることを目的としてメイクをしていた。とある合コンで女性アイドルファンであることを小馬鹿にされた珠緒。そんな中ギルティメルティーの好きな所を聞いてくれる男性が一人おり、後に付き合うことになる。
ある日のギルティメルティーの握手会で珠緒はまほに「可愛いねっ」と褒められる。そして珠緒は男ウケのファッションやメイクから、まほのためのファッションやメイクにシフトチェンジする。ライブを全力で楽しめる為に崩れにくいファンデにしたり、まほの憧れの中性的な格好の為に髪もショートにし、ファッションもカジュアルになった。彼氏に男ウケする格好じゃなくてごめんと謝るが、彼氏は珠緒が楽しいならそれでいいと笑った。
そしてまほに会うたびコスメをプレゼントして喜ばれるが、数ヶ月後まほは突然アイドルを卒業してしまうのだった。
それから時は経ち、珠緒は新しい推しを見つけ、仲間と推し活を楽しんでいた。自分の好きなスタイルで推し活に励む珠緒。まほと出会ったおかげで世界で一番オシャレを楽しんでいると思う珠緒だった。

アイドルとして自信が持てない女

アイドルに憧れ17歳でその世界に飛び込んだ播堂真帆(ばんどうまほ)。ギルティメルティーというアイドルグループで通称まほきゅんとなった真帆は半年が経ち、自信の持ち方がわからなくなっていた。ある日、メイクが上手くできずに悩んでいると、グループの子からオススメのコスメカウンターを紹介される。
そこへ向かうと真帆の前にBAの猫田が現れた。「メイクをしてどんな気持ちになりたいかお聞きしていいですか?」と猫田が尋ねると、「大丈夫って思えるようになりたいんです…でもどうしたらなれるのか…」と真帆は言い、「皆どうやって正解を見つけていくんだろう…」と続けた。すると猫田は「正解なんてないですよ!どうありたいかがあるだけで、だからここにあるものは全部お客様の願いを叶える可能性がある!その中から素直な気持ちに従って選んだものは、きっとお客様の大丈夫を作ってくれますよ!」と言った。それから真帆は少しずつ自信を持ち、自分と向き合えるようになるのだった。
それから数年経って24歳となった真帆は、アイドルを辞め、ブランドの企画デザイン部で慌ただしい毎日を送っていた。自分と向き合い、自分のやりたいことを見つけたのだ。

ロリータ服を着続ける女

天馬翔子(てんましょうこ)はロリータ服好きのOL、30歳。大学生の妹と二人暮らしをしている。ある日、ネットショップで購入したロリータ服が似合わず、その原因が加齢であることに気づいてショックを受ける。稼いだお金の大半をロリータ服に捧げてきた翔子に、妹の由仁子(ゆにこ)は 「少女でもないのに少女趣味はやめて、30らしい服着りゃいいじゃん」と言い放った。その言葉を元に翔子と由仁子は喧嘩してしまう。
翌日の仕事帰り、翔子は一人でファミレスへと赴いた。その斜め後ろにBAの猫田と熊谷が偶然座り、翔子はつい聞き耳を立てる。猫田には子供が一人おり、マタニティ服が柔らかい印象のものが多いことから、かっこいいマタニティ服を作ろうとしていると言った。それに対し熊谷は「こうあるべきの息苦しさってありますよね」と返した。それに続けて「通ってきた道を戻ることは出来ないけれど、整備することは出来る」と言い、その言葉が翔子に刺さる。
その後家に帰った翔子はロリータ服の断捨離を始める。それに対して由仁子は「お姉ちゃんのロリ服への愛は、うちなんかの一言で変わっちゃう程度なんだ」と煽った。
週末、二人で出かける予定をしていた翔子と由仁子。支度をした由仁子が翔子の部屋へ入ると、そこにはロリータ服を着た翔子がいた。翔子がクローゼットを漁っている時、昔似合わなかった派手なロリータ服を着てみると今になって似合うようになっていたり、捨てられないロリータ服をどう着こなそうか研究していたのだ。
翔子は由仁子に「傷ついたのは少なからず私もそう思ってたからなんだと思う」と言い、「それでも今は、おばあさんになるまで着続けるぞ〜って言いたい!」と続けた。
ロリータ服を着続けるのは98%自分のため。残りの2%は由仁子が自分が大事なものを自分勝手な理由以外で手放さないように願ってのことだと翔子は心の中で思うのだった。

理想の自分のために努力する女

中丸千鶴(なかまるちづる)はグラビアアイドル磯山●やかに憧れるあと少しで29歳を迎える女性。しかし理想とは裏腹に、千鶴は胸同士が離れていて、トップの位置が低いバストの持ち主だった。しかも年を取るにつれてバストが溶けかけのアイスのように垂れてきていることに気づく。30歳を迎えるまでにどうにかしようと千鶴は補正下着を買おうと下着屋へと向かう。補正下着は完成までに2、3ヶ月かかり、しっかりしたカウンセリングに思わず恐縮してしまう。また普段着けているブラジャーのサイズが合っていないことを指摘され、正しいサイズや着け方をレクチャーされる。
それから一週間、正しくブラジャーを着けていると、離れていた胸が寄り、トップも少し高くなっていた。29歳の誕生日、友人にパーソナルに通い始めたことを告げ、バストは磯山●やか、腹筋はTW●CEのモモりんを目指すと言う。
それから2ヶ月後、補正下着を受け取った千鶴は気づけばFカップとなっており、30歳の自分がきっと素敵になると胸を膨らまるのだった。

メイクをせず走り続ける女

insani777
insani777
@insani777

Related Articles関連記事

君の花になる(きみ花)のネタバレ解説・考察まとめ

君の花になる(きみ花)のネタバレ解説・考察まとめ

『君の花になる』(きみ花)とは、売れない男性アイドルグループと、彼らの寮母となった主人公の奮闘を描くドラマである。主人公である元高校教師で挫折した経験のある寮母と、「デビューしたい」という夢を追い求めて生きる男性グループ(8LOOM)が、今の現状で満足していいのか、諦めるのかを悩みながらも夢を叶えようと奮闘していく。主人公が挫折した事のある経験から8LOOMへ後悔のないように今を精一杯生きて欲しいと願い、夢を叶えきる事や自分と向き合うことの大切さが描かれている。最終回の視聴率は5.4%である。

Read Article

かそけきサンカヨウ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

かそけきサンカヨウ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『かそけきサンカヨウ』とは、家族との関係性や淡い恋心を描いた2021年公開の日本映画。人気作家・窪美澄の短編集『水やりはいつも深夜だけど』に収録されている物語を、今泉力哉監督が映画化した。幼い頃に母親が家を出たきり父親と2人で生活してきた国木田陽は、家事を全て任されてきた。陽が高校生になる頃に父親の再婚が決まり、新しい母親と4歳の連れ子との4人での生活が始まる。陽は新しい暮らしに戸惑い、実の母親への想いも強くなる。同じく家族のことなどで悩みを抱えている同級生の清原陸との淡い恋模様も描かれた。

Read Article

mellow(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

mellow(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『mellow』とは、2020年に公開された、おしゃれな花屋と廃業寸前のラーメン屋を舞台に様々な片想いが交差する日本映画。監督は『アイネクライネナハトムジーク』などを手がけた恋愛映画の旗手である今泉力哉監督が担当した。主演には、今泉監督と初タッグを組む田中圭が抜擢される。主人公・夏目誠一(演:田中圭)の周りで起こる、叶わなくても伝えたい想いの数々が描かれた今泉監督のオリジナル恋愛作品である。

Read Article

AKB48グループ・坂道シリーズのスキャンダルまとめ

AKB48グループ・坂道シリーズのスキャンダルまとめ

AKB48グループ・坂道シリーズは、秋元康がプロデュースする女性アイドルグループ・AKB48および姉妹グループ、坂道シリーズのことである。恋愛禁止を掲げるアイドルグループとしても有名であるが、スキャンダルや騒動が後を絶えない。ついにはグループに在籍しながら結婚宣言を行ったメンバーも現れ、世間を騒がせている。

Read Article

NMB48の元メンバー「あかりん」こと吉田朱里のセクシー水着画像集

NMB48の元メンバー「あかりん」こと吉田朱里のセクシー水着画像集

NMB48のメンバーとして活躍を見せてきた吉田朱里。グループを卒業した今はコスメ関係の仕事も数多くこなしており、美容系YouTuberとしても活動していることから、女性からも大きな支持を得ています。この記事では、そんな「あかりん」こと吉田朱里のセクシー水着画像を集めました。アイドル時代の彼女の姿を、とくとご覧ください。

Read Article

NMB48吉田朱里がAKB48の紅白選抜で上位躍進を遂げた理由まとめ

NMB48吉田朱里がAKB48の紅白選抜で上位躍進を遂げた理由まとめ

2016年の『NHK紅白歌合戦』への出演をかけて行われたAKB48の紅白選抜。HKT48やNMB48など、様々な派生グループからメンバーを選べるようになっているのですが、同年の紅白選抜で大きな躍進を遂げたのが吉田朱里(よしだあかり)でした。AKB48の総選挙では77位の結果に終わったのに、なんと紅白選抜では6位だったのです!一体なぜここまであかりんが上位に食い込むことができたのか。この記事でその理由をまとめました。

Read Article

【ドラゴン桜】超懐かしい!平成時代の学園ドラマで青春を振り返る【GTO】

【ドラゴン桜】超懐かしい!平成時代の学園ドラマで青春を振り返る【GTO】

「学園ドラマ」と聞いて、あなたはまず何を思い浮かべますか。ひとくちに学園モノといっても、生徒が主役なのか教師陣にスポットを当てているのか、恋愛がメインなのか友情やスポーツが中心なのかなど、作品によって大きくテーマが分かれます。時代が変わっても、学園ドラマは私たちに何か大切なことを教えてくれている気がしますよね。この記事では、そんな学園モノを平成時代に放送されたものの中から紹介しています。

Read Article

スタイル抜群!元NMB48太田夢莉の水着画像まとめ

スタイル抜群!元NMB48太田夢莉の水着画像まとめ

2012年にNMB48の3期生としてデビューを果たした太田夢莉(おおたゆうり)。あどけない表情などが人気を集め、「人気総選挙」では上位に食い込むなどの活躍ぶりを見せた。そんな彼女は雑誌の特集記事などでたびたびフレッシュな水着姿を披露している。本記事では元NMB48・太田夢莉の水着画像をまとめて紹介する。

Read Article

【名探偵谷川】NMB48谷川愛梨が大ブレイク!ドッキリ企画で名探偵コナンばりの推理をして話題!

【名探偵谷川】NMB48谷川愛梨が大ブレイク!ドッキリ企画で名探偵コナンばりの推理をして話題!

フジテレビの「芸能人が本気で考えた!ドッキリさせちゃうぞGP」にて、NMB48の谷川愛梨(たにがわあいり)が「名探偵コナン」ばりの推理をして話題となった。この番組は今までになかったドッキリを芸能人が考え、同じく芸能人を引っかけるという内容である。谷川はドッキリを仕掛けられる側で出演している。

Read Article

AKB48グループで握手対応が神なメンバーとエピソードまとめ!SKE48須田亜香里「私が彼女になる」

AKB48グループで握手対応が神なメンバーとエピソードまとめ!SKE48須田亜香里「私が彼女になる」

ここではAKB48グループの中で、神すぎる握手対応で伝説となったメンバーとエピソードをまとめた。彼女にフラれたという男性に「あかりじゃだめ?」と言い切ったSKE48須田亜香里や、10時間ぶっつづけで握手対応を続けても一切疲れた素振りを見せないNMB48山本彩などを紹介している。

Read Article

新旧アイドルが歌うクリスマスソングまとめ【ジャニーズや松田聖子など】

新旧アイドルが歌うクリスマスソングまとめ【ジャニーズや松田聖子など】

新旧の人気アイドルが歌うクリスマスソングを集めました。KinKi KidsやTOKIO、嵐をはじめとするジャニーズ勢や、ももいろクローバーZ、AKB48グループといった現代の音楽シーンを引っ張るアイドルだけでなく、松田聖子や菊池桃子といった一世を風靡したアイドルたちの曲を一覧で紹介していきます。

Read Article

世界を巻き込む大問題に!欅坂46のナチス風ハロウィンコスプレ騒動を徹底解説!

世界を巻き込む大問題に!欅坂46のナチス風ハロウィンコスプレ騒動を徹底解説!

10月の一大イベントとして世界中で親しまれているハロウィン。日本でもその人気は年々高まっており、音楽イベントなどでも積極的に取り入れられている。一方でそのコスプレのデザインが世界を巻き込む大騒動に発展してしまったのが、欅坂46のメンバーが着用していた「ナチス風衣装」である。本記事では総合プロデューサー秋元康や衣装デザイナーのコメント、そして世界中からの反応を含めて、分かりやすく騒動の全容をまとめて紹介する。

Read Article

「第5回AKB選抜総選挙」不出馬メンバーとその理由をまとめてみた!

「第5回AKB選抜総選挙」不出馬メンバーとその理由をまとめてみた!

2013年に開催された「第5回AKB選抜総選挙」に出馬しなかったメンバーと、その理由についてまとめました。立候補制度が導入され、出馬・不出馬の意志はメンバー自身に委ねられたこの年の総選挙。ここでは不出馬を決断した当時の現役メンバーや、出馬を望まれた卒業メンバーの心境などを紹介していきます。

Read Article

目次 - Contents