舞妓さんちのまかないさん(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『舞妓さんちのまかないさん』とは、2017年より小山愛子が『週刊少年サンデー』にて連載している和風料理漫画である。第65回小学館漫画賞に少年向け部門作品として受賞している。京都の舞妓が暮らす「屋形」で、まかないさんとして日々の食事を担う少女「キヨ」を主人公とした物語。一般の家庭料理や京都の昔ながらの料理、キヨの地元である青森の郷土料理など、たくさんの料理が登場する。舞妓の普段の食生活や稽古の様子、日常が垣間見える作品となっている。

『舞妓さんちのまかないさん』の概要

『舞妓さんちのまかないさん』とは、2017年より小山愛子が『週刊少年サンデー』にて連載している和風料理漫画である。
京都・祇園を舞台にした舞妓の物語で、舞妓が暮らす屋形のまかないとして働く「キヨ」と、舞妓を目指す少女たちの日常が描かれている。
キヨの作る家庭料理や、舞妓を目指して一緒に京都にやってきた幼馴染の「すみれ」の稽古の様子や日常、その他にも同じ屋形で暮らす舞妓や舞妓候補の仕込みさんとの暮らしや、青森での思い出のシーンもある。
料理は青森の郷土料理や、一般家庭で作られるごく普通の料理が中心であり、時たま京都の伝統料理や人気店の甘味なども登場する。
もう1人の幼馴染「健太」との恋の様子も描かれ、少女らしい甘酸っぱい面も見られる。
日本の四季を通じて行われるイベントや行事にも注目しており、日本文化や舞妓文化が知れる作品として海外でも人気を集めている作品である。
TVアニメはNHKワールドJAPANでは2021年2月より、NHKEテレでは2021年10月より放送。

『舞妓さんちのまかないさん』のあらすじ・ストーリー

仕込みさん時代

キヨがまかないさんとして働くきっかけになった親子丼

舞妓さんになるべく、青森から京都へとやって来た少女「野月キヨ(のづききよ)」とキヨの幼馴染である「戸来すみれ(へらいすみれ)」。2人は中学のときに舞妓に憧れを持ち、京都の屋形「市」の舞妓候補である仕込みとして芸の稽古に励んでいた。おっとりした性格と着付けや芸の覚えが悪いキヨは、もう芸の修行はしなくてもいいと「お止め」を言い渡され、青森へと帰ることになってしまった。そんなときに屋形のまかないをしていたおばちゃんが倒れ、舞妓たちの食事は出前やお弁当ばかりになってしまった。ちゃんとしたご飯を食べられずに元気がなくなっていく舞妓や、自炊をしようとしてボヤ騒ぎを起こす舞妓がいた中、キヨは冷蔵庫にある具材でさっと「親子丼」を作った。出前やお弁当ばかりで参っていた舞妓たちは、久しぶりの温かいご飯を食べてホッとした様子であり、元気を取り戻していった。無事に屋形の危機を乗り越え、これをきっかけとしてキヨは屋形のまかないさんとして働くことになった。

キヨとすみれが京都に行くときにおばあちゃんが作ってくれたみそ貝焼き

キヨは青森のおばあちゃんの手伝いをしているときに教えてもらった家庭料理や、前任のまかないのおばちゃんに教えてもらったレシピで様々な料理を作る。舞妓の夜ご飯はお座敷の前になるため、準備ができた人から順番に食事を済ませるのでとても慌ただしくなる。そのため屋形のみんなでゆっくりご飯を食べるのは朝と昼になる。舞妓は芸の稽古やお座敷で体力を使うためご飯はボリュームがあるものが多いが、育ち盛りの年代もあってか揚げ物などもぺろりと綺麗にたいらげてしまう。

舞妓さん時代

舞妓としてデビューする店出しの時は、おしろいをおかあさんに塗ってもらう。

キヨと一緒に京都へとやってきたすみれは努力家で、稽古の師匠にも天才と言われるほどの才能をもっていた。芸の飲み込みも早く、仕込みの仕事や姉たちのフォローまで完璧にこなし、同期の仕込みの中では一番早くに店出しすることが決まった。店出しをし、舞妓としてデビューしたすみれは「百はな」という名前になる。みんなが百はなと呼んでいる中、昔からのあだ名「すーちゃん」と呼ぶキヨであったが「キヨちゃんだけはすーちゃんでええよ」とすみれも嬉しそうであった。

舞妓の夜ご飯は着付けをして化粧をしたあとに済ますので、化粧が落ちないように一口サイズのご飯になる。仕込み時代から舞妓が食べる一口サイズに憧れていて「うちもはやく、小っちゃいサンドイッチ食べたいなぁ…」と言ってた。それを聞いていたキヨは、すみれがお茶屋さん見習いとして初めてお座敷に行く時は「小っちゃいカツサンド」を作っていた。

青森で雪かきの後によく食べていたひっつみ汁

舞妓となったすみれは日々の稽古にも一層励み、舞妓の見習いから一人前の舞妓へとなった。お座敷に呼ばれるようになってからはお客さんにも芸を褒められるような人気の舞妓に。
芸舞妓が普段とは違う特別な舞を披露する「春のをどり」や、花街のハロウィンのようなイベント「節分のお化け」、お客さんとご飯を食べる「ご飯食べ」などの花街でのイベントがあり、すみれは舞妓としてキヨはまかないさんとしての日々を送っている。
すみれは芸の稽古も姉舞妓のフォローも完璧にこなすが、自分を追い込み必要以上にのめりこんでしまう性格であるため、自分の体や日々の生活をおろそかにしがちである。すみれが少し疲れているときや内心焦っているとき、他の舞妓には気づかれないが、ずっとすみれを見てきたキヨにだけはバレてしまう。そういうときの晩御飯には、すみれが思わずパクパク食べてしまうような「イカメンチ」などの青森の料理や、好物の唐揚げが食卓に上がる。

すみれはキヨが雪かきをしている姿や音が好きで、キヨがコツコツと雪かきをしているところを見つめている。青森で雪かきをした後には、キヨのおばあちゃんがよく「ひっつみ汁」を作ってくれていたので、雪かきの後は「ひっつみ汁」が食べたくなる2人であった。
キヨとすみれは仲がよく、休みの日にはキヨがいつも行っているスーパーへ買い出しに行ったり、喫茶店ですみれがいつも食べているサンドイッチを食べたりと、お互いの日常を体験し合ったりして過ごしている。

男衆のお兄さん「ジンジャーエールって作れるんやな。」

キヨは手のかかる料理も好んでやり、コツコツとこなすタイプ。ジンジャーエールも手作りしたり、梅干しや紅生姜、ぬか漬けなども自分で作っている。青森のおばあちゃんや前任のまかないのおばちゃんから教わった料理の他に、図書館で借りてきたレシピ本も参考にしていて、本を冷蔵庫の後ろに落としては男衆のお兄さんに助けを求めることもよくある。黙々と料理の仕込みをする様子に、嫌なことがあった舞妓がキヨの手伝いをしにきたり、以前は着物に匂いが付くからとあまり台所にこなかったおかあさんも、料理を作るキヨを見ているうちに台所へとよく来るようになっていた。男衆のお兄さんも着付けをいつまでも覚えられずにいたキヨがまかないさんとして立派に働く姿を見て「あのキヨがなぁ…」と関心していた。

姉舞妓になる

新しい仕込みさん「理子」が市へとやってくる

キヨとすみれが京都へ来てから1年が経ち、新しい仕込みさんとして「理子」がやってきた。理子はバスケットボールをしていたため背が高く、思ったことをすぐ口に出してしまう素直な性格である。サバサバとしており、女の子同士の馴れ合いも嫌いだと言っている。つる駒の忘れ物が多いことや、理子がつる駒のことを「メガネさん姉さん」と呼ぶなど、些細なことで姉舞妓のつる駒とはよく喧嘩をしている。
理子が仕込みとしてやってきたので、屋形の掃除や洗濯などの家仕事は理子が行うようになり、姉舞妓となったすみれはより一層舞妓として精進していく。

風邪を引いて寝込んでいたキヨと、おばあちゃんが剥いてくれたうさぎの形のりんごを持つすみれ。

キヨがインフルエンザになったとき、少しの間屋形のご飯は出前やお弁当になった。豪華な出前に少しはしゃいでいた舞妓とおかあさんでだったが、台所からいつもの音が聞こえないことや普段のご飯が食べられないことに寂しくなってしまった。
すみれは幼い頃にキヨが風邪を引いたときのことを思い出す。風邪を引いて寝込んだキヨを心配して、習い事を休んでまで看病していたが、すみれが不安そうな顔をしているとキヨまで不安そうな顔をしてしまうことに気づく。おばあちゃんがうさぎの形のりんごを剥いてくれて笑顔になると、キヨもとたんに笑顔になるので、すみれはキヨが寝込んでいる間も慌てずに普段どおりでいることを心がけることにした。

健太との再会

京都で再会する健太(左)とキヨ(真ん中)とすみれ(右)

キヨとすみれは中学を卒業すると共に京都に行ってしまったが、もう1人の幼馴染である「中渡健太(なかのわたりけんた)」は青森に残り、高校に進学して野球をしていた。健太は口数が少なく、マメに連絡を取るタイプではないので、キヨとすみれに連絡することはほとんどなかった。キヨの誕生日も欲しい物を聞くだけで、特にお互いの近況などは報告したりはしていなかった。ある日、おばあちゃんが送ってくれる荷物の中に地元新聞の切り抜きが入っており、健太がピッチャーとして地元で大活躍していることを知ったキヨとすみれはとても喜んだ。2人は球技にご利益がある神社のお守りと、手作りしたマドレーヌを箱に入れて健太へと贈り、健太は内心とても喜んでいたが返事の仕方に悩み、「どうも」と一言だけ書いた手紙を2人に送った。

その後、健太は修学旅行で京都へとやって来たが、キヨとすみれには知らせていなかった。住所だけは知っていたため、健太はキヨとすみれの暮らす祇園(ぎおん)へと来てみたものの、人が多くてなかなか見つけられない。偶然にも稽古帰りのすみれと会うことができたが、キヨとは時間が合わずに会うことができなかった。キヨに会いたそうにしていた健太を見て、すみれは健太がいる三十三間堂に行くようにキヨに伝える。無事に2人は再会することができ、後からきたすみれはとてもうれしそうな健太を見て安心していた。3人が次に会う時は甲子園でという約束を交わし、健太は青森へと帰っていったが、出場した野球の試合で怪我をしてしまいマウンドには上がれなくなってしまった。

健太の怪我を心配して泣くすみれ

fb-11949701739364914
fb-11949701739364914
@fb-11949701739364914

Related Articles関連記事

とある魔術の禁書目録(インデックス)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

とある魔術の禁書目録(インデックス)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

「とある魔術の禁書目録」は、鎌池和馬によって書かれたライトノベル作品。 科学によって超能力を発現する「能力開発」をカリキュラムに組み込んだ、大規模な教育機関「学園都市」。その街に住む高校生「上条当麻」のもとにある日現れたシスター「インデックス」を巡って、上条は魔術の世界に踏み込んでいく。オカルトと科学、相反する二つの世界を描くバトルアクションとして、深いストーリーや名言の評価が高い作品である。

Read Article

NEW
とある魔術の禁書目録(インデックス第1期)のネタバレ解説・考察まとめ

とある魔術の禁書目録(インデックス第1期)のネタバレ解説・考察まとめ

『とある魔術の禁書目録』とは、鎌池和馬のライトノベル『とある魔術の禁書目録』を原作とする、J.C.STAFF制作によるサイエンス・ファンタジーアニメ作品。第1期は、2008年10月から2009年3月まで放送された。第1期以降、2020年までには、第2期、第3期までが放送されている。『とある科学の超電磁砲』、『とある科学の一方通行』などと合わせて「とある」シリーズと呼ばれており、本作『とある魔術の禁書目録』はその中核的な位置づけの作品である。

Read Article

ウィッチクラフトワークス(Witch Craft Works)のネタバレ解説・考察まとめ

ウィッチクラフトワークス(Witch Craft Works)のネタバレ解説・考察まとめ

『ウィッチクラフトワークス(Witch Craft Works)』とは、講談社『good!アフタヌーン』に掲載されている水薙竜のファンタジー漫画、およびそれを原作とするアニメ作品。 とある普通の高校生(多華宮君)と全校生徒から姫様と敬愛される美少女クラスメートの魔女(火々里さん)を中心に多華宮君を巡って繰り広げられる魔女たちと多華宮君の物語である。

Read Article

探偵オペラ ミルキィホームズ(ゲーム・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

探偵オペラ ミルキィホームズ(ゲーム・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『探偵オペラ ミルキィホームズ』とは偵都ヨコハマを舞台にしたアニメで、探偵を目指す四人の少女を中心としたものである。ゲーム版『探偵オペラミルキィホームズ』を原作にしており、J.C.STAFFによって製作された。2010年10月から12月まで1期が、2012年1月から3月まで2期が放送された。2013年7月から9月から3期が、2015年1月から3月まで4期が放送された。

Read Article

殺戮の天使(第1話『Kill me... please.』)のあらすじと感想・考察まとめ

殺戮の天使(第1話『Kill me... please.』)のあらすじと感想・考察まとめ

見覚えのないビルの最下層で目を覚ました少女、レイチェル。わけもわからないまま、出口を求めてビルの中をさまよっていると、顔を包帯で覆い、大きな鎌を持った殺人鬼、ザックが現れる。 「3秒数えてやる。だからさぁ、逃げてみろよ!」 今回は「殺戮の天使」第1話『Kill me... please.』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents